NEW ENTRIES
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
念を押す必要を感じ、記事に致します。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

[2015-12-07 14:40-ish]追記部分:
この緑色
。(あいまい過ぎて、誤解を生むので説明を追加。)

   繰り返しますが、私はネット掲示板などには居りません(!!!!!!!)。最近でも、時折、チェックするたびに、あの常連が自分の話に、読者が私の事で はないかと連想してしまいやすい詳細を織り混ぜ、そこにいる者、あるいは話されている人物が、あたかも私の事なのではないか?と勘繰らせる意図の書き込み があります。そう勘繰る事によって、私を侮蔑する要因となるよう、そう誘導をしている、いわゆるネガティヴ・プロパガンダです。

   繰り返しますが、どれも私でもなければ、私についてでもありません。悪意の意図で私だと人違いをさせようとしている可能性もあるのですが、詳細が嘘だら けですので、追求されれば、私についてなどではない、と言い逃げられるよう、リングネームや、実在する自分の知人や掲示板の相手などとのやり合いを装って いるのが最近は多いです。

 く り返しはっきりさせておきますが、私は何度も申している通り、自分のブログでしか書いておりませんし、もともと何所の掲示板にも、もともと居りません。 固定HN等ではない、と書くと、今度は「名無し」になって隠れている等と書き始めたり、実際自分たちでそれをやっていたりしてる様ですが、
何度も申します通り、私の気性がら、匿名で顔も判らず、逃げやすく、嘘の簡単なあんな出鱈目な人間関係など大kkkkkkっきらいですので、入って行きません(!!!!!!!!!!!!!!!!)

こんなにはっきり何度も言っているのにも関わらず、そこにいる誰かが私だと思いこむのはなぜなのでしょうか???
  ま た、仲間割れか何か存じませんが、仲間から攻撃されたり嫌われていると、すぐさま、そういう自分が私ではないかと勘違いさせる意図でもあるように、私を連 想するキーワードや詳細などを書き始めるようです。それは、嫌われたり攻撃されている自分が、私であるように誤らせたいからでしょう。しかし、はっきり何 度でも何度でも何度でも繰り返すしかないのですが、そう言ったところに私は最初から居りません(!!!!!!!!!!!!!!)。裏の方のそうかのドア番がはじまりましたね。

  何度も申しているのに、何故一部は、何時までも、そういったところに居るのは私であり、ここで書いて居る事が嘘か誤魔化しででもあるかのように、そんな卑劣な馬鹿な人間だと思い続けている人達がいるのか、その方が信じられません(!!!!!!!!!!!!!!)

   私は、何所にも書きに行っておりません(!!!!!!!!!)。また、この状態のままでは、例え興味深い会話の所に、クリスチャンのもあり、書きたくても、これが解決しないうちは、どこにも書きに行かずにいる位です。相かのドア番がょり激しくなっていますね。

  先ほど来られた方と言い、何故私が変に見られているのでしょうか?あれなどは、掲示板のあの人物を私だと人違いをしているのではないかと、只今、ふと思いましたので、こうして書いております;そう勘違いしている人が多いのではと、不審に思う状況多くなってきております。

何度も、何度も、何度も、何度も書くしかございませんが、 ここに何度も書いて来ている通り、そのようなのは、決して私のする事では御座いません。その者が幾らしつこく、私ではないかと誤らせる書き込みを挿入しよ うと、私はそういう所には居りません!一々見つける度に、こうして訂正をしているわけにも行きませんし、そうした反応を喜ぶようだとも聞きましたので、放 置して来ていますが、時折、真に受 けて鵜呑みにしている一般の対応があれば、酷過ぎるので、こうして書きます。人違いです。

  私は常に独身ですし、その人物は既婚者です。既婚者ならではの関心事や心理には判り兼ねるところもありますし、クリスチャンなので、そうではない社会の通念やそこでは多くあるようなこと[=婚外関連・不誠実(複数相手のこと)・その他不自然な対象や倒錯した刺激などなどの事。]も通じておりませんが、そう言う関心は持っておりません。 [注: 私がそうではないと言っているだけで、そういうことを好きでしている方々を指弾しているのではありません。]


  先日、あることをされ、110番で助けて戴いて居る所なのですが、私が何かをしたわけではありません。ですから、それと関連が無いのであれば、やはり、ネット上か何かで、未だに私だと勘違いをさせる書き込み活動が続いているか、過去の成り済ましで人違いをしたままの人達が多くいるからかではないかと疑わされております。

  どこかの掲示板かコメント欄か何かで、私と人違いさせるような場所でもあるのではないでしょうか?はっ きりとした《成り済まし》ではなくても、別の名前やリングネーム、また実在の別人についてであっても、そこに私の事を挿入しているのではないかと連想させ る、という紛らわしい書き方をする事によって、その内容のどこまでがその人物自身のことであり、どこまでが作り話かも判らなくさせる書き込みも多くされて います。しかし、そのどれにも私は居りませんし、そのようなごちゃ混ぜな書き込みを、勝手に鵜呑みにしないで、頂きたいと思います。

  間違い無く、人違いをしている人たちが居ります。あの人物の話を、私の事だと思い込んで、お角違いすぎる批判をしてくる人たちも、未だ、おります。
恐ろしい経験をつづけております。

   何年も前の些細で差し障りの少ない事を例にとれば、私の行く先々の、たとえば店舗の駐車場等で、戻ると私の真ん前の車輛や、とにかく目に付くところで、 多く『翼』が出て来ていました。そのHNの者が、ROMしていた先々で、一か所の掲示板に限らず多く見受けた時期でした。それは私でありません。何度も申 しますが、掲示板等で書きまくりなどは、してきておりません。何故私がいたと思いたいかは存じませんが、私ではない者は私ではありません。どうして全部開 示しないのですか???とにかく私ではありません。で、続けますが、あとで振り返り、まさかそのHNが私では、と思われていたのでは?と思い、厭な気持に なっています。大体、何故それが私ではと思ったのかすら、romしながら頻繁に出て来ていたhnでしたが、さっぱりそれがどうして私と取り違えられ得るか も、思い当たらないのに、どうしてそう思ったかも判りません。これくらい、めちゃくちゃになっているのです。なぜ、本人を確認しようともしないのですか? 良く知りもしない間柄にも関わらず、いきなり結論に突っ走られ、つらいです。しかも、どこかのお遊びで終わらないのです、こうして、実生活で可笑しな対 応、変な嫌がらせやあらゆる不快な事がこっちにかぶさり続け、私自身は、実際の場面では、何だかわからないが嫌な思いをするのです。殆どが、人違いや、そ うした微妙な成り済ましのネット上の、追い付き切れない被害のせいであれば、やってられません。何故、本人に確認もせず、事実を把握しもせずに、何時まで も別人の話や、別人の書き込みなどを、私だと決めつけて、攻撃したり嫌がらせをしたり...どうして、こんなに簡単に騙されてしまうのでしょうか?

   外出先等で、可笑しなこと、露骨な変な対応があるたびに、私は、自分の何がそんなに変か、悪いか、おかしいか、と点検しますが、おそらく、そうする人た ちは、『集ストのストリート・シアター軍』以外は、恐らく『人違い』をしているのではないですか?つまり、あの成り済まし狂の、デマ流しの人と、その被害 者の私が入れ違いにされてしまっているのではないのでしょうか?・??? 物凄く辛い話です。そして、そう思い込む人物の認識力程度では、私を目の前にし ても、まだ、この私が、ネットの掲示板等というあいまいなところで私自身が軽蔑している活動をしていてもおかしくない、と思い込める人達なのでしょう。  第一、私は、あの人物が思い込んでいるような人間ではありません。


  今でも、別人についての話を、私に向けて批判するショーが数か所あったくらいです。人違いしたまま、情報が送られている可能性もまだ多くあります。


   『掲示板』『SNS』がsourceでしたら、私はそのようなところにも、面白い記事のブログ先のコメントにも、居りません。そう言うところで拾った内 容を、勝手に私だと決めつけてプロフェッショナルインヴェスティゲータ―などに送信しないで、人物確認を先行させてください, please。


イ ンターネットの、総てが誰が書いたか全て100%表に出て、そののちもそのままになるまでは、インターネットは、満足いきませんよね、人違いがあるうちは 少なくとこそうでしょう。私は、そうしてもらって構いません。その方が助かるくらいです。(←私自身の話をしているだけです。)

あっちの受けるべきものがなぜこっちにくるのか、等々、ネットならではではないでしょうか????
    それによって、成り済ましの猿真似コピー屋ぶりっこと、成り済まされコピーされてきたターゲット被害者の宿命と言うか運命(カルマ?)の一摘みや二摘 みが一時的にしろ入れ替わられてしまう、という恐ろしい事も起こると言う事も経験しました。私がいつでも大切に真面目に積んできた良い事が成り済ましに起 こり、 成り済ましが受けるべき酷い取り扱いなどを、そのような事を一つすら受ける筋合いの無い真面目でよい子が経験させられる、等、ほんの数年だけでも大きな大 変恐ろしい事であり、決してあってはならない事でした。必ず、その入れ違いの清算があるでしょうが。


  さっき来た設置人等のような、変なおかしな誤解した不快な接し方が増えているのは、恐らく人違いしているからではないかと思い、書く事にしました。他からも、その手の変な取り違えられているかのような不快な対応がまたエスカレートしているので。
スポンサーサイト
編集 / 2015.12.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【Youtube】(成り済ましの可能性の)Anonymous「ISIS22日世界中で...」??
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》

(ただの)情報横流し週間(延長あり)

[22日 11:20]追加:
   攻撃拠点の詳細を発信したのは、本物のアノニマスを攻撃するための『成り済まし』アノニマス「の可能性」が多少あ るらしいですね。「あっち向いてホイ!」と言うよりは(=ではなく)、(実際に「あっち向いてホイ!」をする事もあるのでしょうが、
必ずしもそれだけでは なく)偽物 の発信が実際の話と違うため「誤導されていた」可能性もあるのではないでしょうか?重複の同名アカウントが増えているらしいです。
https://youtu.be/NaVmIEeaWUw
anon1.JPG
【Tweet of...】 Rebelutionary Z:
It's quite strange that Anonymous accounts I both trust and distrust are
saying the same thing now:"we don' know where this info is from".
Anonymous Alert! Suspicious Claims May be Designed to Target Real Anons!

[04:07]以降辺り大事。
[04:45]「最後には、”Alphabet Gangs"(チンピラ、パ知り)化した群衆が(例:あなた)に目を付けて攻撃を始めます。」
...ところで、あの”Subtitles"ですが、以前にも書いたのですが、コンピューターが音声を分析しているだけなので、正確ではありませんので要注意ですね。


映画
【Youtube】
URGENT: ISIS Plans Attacks Syas
URGENT: ISIS Plans Attacks Says Anonymous

   アノニマスがISISの最新情報をHackしたそうです。
で、ISISは世界中を狙い世界中をカオスにしようとしているなどなど:

...ISIS is planning to attack worldwide tomorrow(=November22nd).
[00:36-]
...shared a list of locations in France, and Lebanon, and Italy, and Indonesia, and the United States
they say are at risk, for tomorrow November 22nd, 2015...
" The goal is to make sure that the whole world, or at least the people going to these events know that there have been threats, and that there was a possibility of an attack to happen.
Another goal is to make sure that ”Desh”???=that's what they call for ISIS-  knows that the world knows and cancells the attacks, which will then disorient them for a while."
In other words, what the Anonymous is saying that there is no doubt that ISIS is planning on to do some  worldwide attacks overnight...
& http://www.express.co.uk/news/world/621120/Anonymous-publish-a-


  ”DIVERSION"=「あっち向いてホイ!」があり得るので、これらの拠点とは限らないことは念頭にある方が良いらしですね。
Youtubeだけとってもこの牧師さんの情報の早さが凄いですよね、メインラインを抜き続けているそうですね。
編集 / 2015.12.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
ここでresponse
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
1 :名無しさんの主張:2015/10/31(土) 02:27:40.41 ID:???
    ・集団ストーカーの正体
    集団ストーカーは特定の団体ではない。
    インターネット等で語られる噂に右翼団体、プロ市民などの左翼団体、ヤクザ等の暴力団、統一教会や創価学会などの宗教団体、公安警察、探偵、マスコミ、
    在日韓国朝鮮人、ユダヤ人、部落同和関係者などが、主に語られているが、どれも存在のすべてを語ってない。
    集団ストーカーはそれらの団体すべてに浸透しネットワークを持っていると思われる。
    ネットワークは広大でおそらく世界中に広がってると思われる。

― それらすべてにネットワークを持っている『悪者集団』。悪者に声がかかり、本当に悪いと、「OK~」で、繋がる。そして、悪い事、残酷な事、卑劣ないじ
編集 / 2015.12.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
再び『成り済まし』被害関連
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
[2015-10-03 16:53]:  自分が実際に思っている事でなら、人は(少なくとも私は)、人 からいくら攻撃されようが軽蔑されたり嫌われても、あまり気にならないものですが、成り済ましが、私に馬鹿にされて欲しい/恨まれていて欲しい、等々の理 由で行われた事等がいつまでもぼんやりと脳裏に焼き付けられたままの人々が未だウジョウジョ(?)いるのであれば、本当に(言葉を選ばなければ!)大きな 被害に遭った事になります。ね。
  あと、本当に嫌がらせたくてしている嫌がらせなのか、成り済ましやデマなどに騙された結果している事なのかの区別も、こっちではなかなか区別がつかなくなっています。少なくともその辺の事も配慮した嫌がらせにして下さい(プッ)。

 
  『成り済まし』によって本人が思っても言ってもいない事を書き込んだり言ったりされるのは、とてもつらい被害です。
しかも、不思議な事に、大体にして、どんなにインターネットの経験が豊富な人物でさえ、信じられないほど、HNや書き込み文章だけでは、どうも、全然、同一人物すら見抜けていないのが実情の様に見える事もあります。


   もし、『成り済まし』が、私を名乗って、例えば有名人等他分野で活躍している人物などへ
私に成り済ました悪意な、よくない言動をインターネット上など公の場でしていた事等もあった場合も、
どうか正式にご調査お願い致します。それもしないままで、私に成り済まして行なったそうした方々に関する言動を、頭ごなしに私になすりつけ続けないで頂けないでしょうか?
どうか、思い込む前に調査お願い致します。


  何度もここで繰り返している通りです:  2010年4月に、集団ストーカー/組織ハラスメント/CoIntelPro系の被害対処のためにのみの目的でfc2と個のブログを作り始めました。
それまでは、何度も書いて来ている通り、その問題関係の他の方数件へのコメント等で、お返事をいただけていたので、それらはこちらにも転載しております。

   それ以外、殆ど日本のサイト状況等に詳しくも無く、ブログとホームページと掲示板の区別さえ知らない状況でしたし、英語が抜けてしまう事を危惧しする余 り、殆ど日本語のやり取りはありませんでした。帰国初期の1-2年は、Yahooのオークションで買い物をしたので、それは日本語でした。暫く、殆どの メールも英語が主でした。これらは全て調べればわかる事ではないのですか?
  この様にいちいち細かく、成り済ましの被害にあった側が、書いていなければならない事自体理不尽だと思っています。


  何につけ、見抜いて貰えていればこの様な被害も可なり最小限に食い止められていたのではないかと思います。
また、こちらに対して証拠を「突き付ける」積もりが無いのであれば、どうか代替に、そちらで調査しまくるなど、見抜けない分の捕捉にするなど、とにかく手を打っておいては貰えないでしょうか?

  上記に書いた私に「付きつける」と は、正に、その証拠のプリントなりサイト自体を目の前に見せ、「これはあんたでしょ!!!」(例えば)等はっきり私に付きつける事です。一人で怖いのであ れば十人でも、匿名郵送でも良いのでは? もし郵送が本当に多々止められているのであれば(最近、我が家の固定電話が、特定人物に対して通話不可能になっ ており、同時に相手側からこちらへかけた電話も機械音だけで決して私に判る呼び出し音にならなかったそうです。しかもその方が試した際の着信記録さえ皆無 でした。郵便も以前書いたように、個人的なものは帰国後殆ど皆無です)、繰り返しになるのですが、見つからない様にということであれば、例えば、門にある 郵便受けに見つからない様に投函するのでも良いのですから、どうしても何らかの書き込み、郵便などが私だと思いたいのであれば、私自身に対して突き付ける と良いわけです。

  再度お願い致しますが、思い込む代わりに、何らかの手段を取るようにお願い致します。それなしで、ただ頭ごなしに、成り済ましの言動を、私だと思い込み続けたいのであれば、寧ろ私に突き付けるべきではないのですか?
  全くの別人格扱いをされ続ける事になり、被害者、ここでは、私に、なすりつけられたままでは、つらいわけです。自分が思っても言ってもいない事をいつまでも知らない所で思い込み続けられ、手段が取れないまま、という事は、あってはならない事です。
"Justice delayed is justice denied." なのです。
  成 り済ましが、万が一、上記のように芸能界スポーツ界」などの、テレビ通(?)にとって詳しい有名人等につて、またはそれらの方々に対して等、書き込みか何 かがあったのであれば、調査お願い致します。私は知りません。私自身では詳しくな過ぎるし、関心も薄すぎ、私がそのようなところで活躍する方々に付いて (対して?)書くことは、有り得ない事です。

こ の件に付いて以前にも書いたとおり、私は暫く英国にいましたので、国内事情等、海外では、情報も追い付いてもいませんし、私の場合、特にテレビも見ない方 ですし、テレビもありませんし、もともとテレビの前に座って過ごすという事もしませんし、芸能界も詳しくありませんし、スポーツは趣味から外れていて殆ど 無関心で、知らない世界です。とにかく、芸能界もスポーツも、いわゆるテレビ通な方々の趣味も関心もありませんし、従って、意見もありません。 誰でも、 関心の薄い事、詳しくない世界、等、いちいち考え無いものですし、詳しくなければ、意見すら持つのが難しいのではないのですか??? 

  わざわざ書くのはめんどくさかったのですが、とにかく、私ではありません(!)。



[2015-10-02 23:33追記]:
   新しい所へ行った際、私にとってだけ初対面のグループと接し、そこに居る知らない人達が、こっちの知りもしない、変な思い込みを持っていて、しかも、 こっちが思った事も言った事も無い、成り済ましのしたことを私だと思い込んでいて、厚い壁になっている事があります。かといって真偽を突き止めようともせ ず、直接私を知ろうともせず、その厚い壁が立ったままでは、残酷過ぎます。

編集 / 2015.12.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《編集画面から複製》さっき洗い物の最中にふと気がついたある「可能性」の件
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
   こんな記事を書く必要があるのかもまだ未確認ですが、勘違いをされて居たくもないので、一応書きます。:
   あるかも知れない盗聴器にはいま説明いたしましたが(プッ)、
今 さっき洗い物をしながら、また「なぜ私が、あんなに世界も何もかも違う人物(達)に絡まれてきている(た)のか?」頭をかしげつつ、ぶつぶつと考えていま して、ふといきなり...まさか、そう思われていた可能性があったのだろうか?と、慌ててしまった可能性にやっと気がつきましたので、こうして記事にして おこうかと思い、来ました。


  そうしてみると、本当に、現在に至るまで続けられている集ストの実際司令塔から末端に至る殆どは、ひょっとしたら、その世界(風とか水)の人達がかなり多いのではないでしょうか?

  つまり、集ストのその多くが、CoIntelPro等を理由としている組織か何かの発信元が作った、ターゲットを潰すためのデマ自体に騙され、踊らされたり挑発されて続けられている二次的集団による可能性が多くあるのではないでしょうか?  関係無いかもしれませんが、勘違いされたくもないので書きますと、
  幾らなんでも、全く接点(同職・同種能力・同目的・等々)の無い人物に絡まないと思うのですがね。 例えば、年恰好だけでは例えいくらなんでも一々種類の違いすぎる人間に自分を擦り合わせてなど来ないと思うので、だから何があってあの世界の人物に絡まれているのだろう?と不思議に思い続けて来ていたわけです。

  しかし、もし、CoIntelProのように全く発端を別にするところからの風評被害があった場合、そのような風評被害源で制作された誤情報にそっくり騙された国内の風や水関係が、私にまるで商売敵かライバルか何かと勘違いをして比べ様が無いにも拘らず比較対象と感じ、目を付け、潰すために絡み始めた、という可能性はあるでしょうか?

   長くなりましたが、短く書いて誤解されるのも嫌なので、丁寧に書こうとしているのですが、もしそうであるなら、あの成り済まし司令塔にもはっきり伝えておいて欲しいのですが、上に書きました通り、そのような(風やら水のような)経験は全然=全く、一度も!無く[注 意:悪意の書き込みにご注意下さい(!)絶対に一度も風や水などに関わった事は決してありません。このような記事を書くと、すぐさま逆の話を作って激しく 書き込む者達が居るのがインターネットの常なのでしょうか? それとも、私が集ストなどのターゲットだからでしょうか? そのような事をする必要は決して ありませんでした(!)。―これ以上反応しない方が良いのかも知れませんので、以後は放置致します。]クリスチャンとしてそれはありませんし、そうまです る関心も、ご存じのようにありませんし、
少 し考えれば、有り得ない矛盾に気がついて貰えるレベルの件なのですが、あの様に思い込みと粘着が異常に激しい場合は思い込むのかもしれませんので、 ひょっとしたら「発端」にそのようなデマが(「娼婦」など)無かったか確認するよう、促してみておいてくれないでしょうかね... その上で、私がそのよ うな事に全く関わった事が一度も無い人物であるのを確認してもらってくれないでしょうか? ですので、実際私は風や水の経験の全く無い人間なのですが、そうででもあるかのように、まるで商売敵かライバルか何かに対するような激しさで、一々 激しいイメージ破壊プロパガンダを局限的に悪質に流され続けて来ているので大迷惑ですが、私は完全に別世界の人物ですので、間違っても商売上ご心配なく。 そちらの生活源で土台である顧客層の脅威になど全くなっていませんので。逆にこっちはそのような対象となり得る可能性等あるように思われただけで死ぬほど 気持が悪くて泥をぶっかけて逃げ切りたいと思う方ですので。全くの別世界の話ですので、安心してください。私には関係のない世界ですので。全く別種の人間 ですので。
そのせいではないのかもしれませんが、もしそのように思われた事でもあったのがきっかけにあったとしたら、どうか脳内調整して下さい。

   集団ストーカーや、主にCoIntelPro系の被害ターゲットの場合は間違いなく風評被害を受けますし、繰り返しになりますが、これによって第一段階 (?)の社会的抹殺の殆どや孤立化を目論まれる仕組みなので、私も過去の記事で多くのこうした被害例として、他からこの被害の例や傾向等を転載してきてお りますので、どうぞご参照下さい。

   実は内容に関しては単純明快と言うか、「悪口と言えるものなら何でも」使われて行くようで、殆ど全てが網羅されると言っていい状況ではないでしょうか?  ですので、どの例を参照しても、おそらく大抵の風評被害内容のリストは同じように『考え得る殆ど全種類の悪口』のリストで、思いつく限りの悪口の殆どが 網羅されているのです。 その一つとして、特に女性に対してはもれなく娼婦等々と言うのが含まれていますが、これは多くの被害者の方々の被害報告でもよく確認されるものですので、他の集スト(ローテク)被害者情報も重ねてご確認下さい。
もっと書く必要、あるベカ?
編集 / 2015.12.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
転載:『(LRAD) 神の声 兵器 』に付いて
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
  私自 身はこの被害は受けては居ないのですが(同時に扱われている各種の被害の中でも、この組織的嫌がらせ・ハラスメント・ストーキングetc. ―名称はさておき― は、対象にもっとも効果のある組合せの謂わば『テイラーメイド』になっているようなのも判るので、ターゲット間で経験の有無は頻 繁)、親も受けていましたし、よくあるみたいなので、自分が受けていないものであっても広報して広く情報共有を求めるのも大事かと思いますので、今回はこ の(LRAD) 神の声 兵器/"Voice of God" Weaponに付いての情報の一部を転載いたします。 被害には遭っていなくても実際にある事だというのは良く判る事で、これを機違いだとしつこいのは、隠蔽したい訳のある立場の者だけなのでは、と思っています。

  私もこれまで科学者でこの技術の開発に一役を担っていたかつてのCIA/DOD員であった事もあるDr.Robert Duncanの生の声をはじめとして、既にYoutube から TRANSCRIPTS に起こし、記事にして来ては居たわけですが[↓例↓]、
  • etc.


  以下(転載)は日本内の記事ですので、どんどん調べていってみてください... 
[『転載記事』の転載部分につきましては、転載内容をそのまま貼っていますので、詳細に至るまで全く意見が一致しているという意味ではありません。あくまでも原文は原文に戻ってご対応下さい。]
[転載開始]

1件目
《-http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1102-》
より:

(LRAD) 神の声 兵器 投稿者:棘の紀氏 投稿日:2012年 5月15日(火)14時36分47秒   通報 返信・引用
イルミナティは新しいマインドコントロールの方法を示した|akazukinの ...
2011 年12月17日 - Inception(差し込み)は、「Insertion(挿入)」というべきだ。 行動をものすごく変化させる 思考の挿入の適用をみせているということで、意味深い。 イルミナティのゴールは、我々 を奴隷にすることです。 マインドコントロールは、選ばれた方法です。http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry- 11109048387.html

音声送信(V2K)を使ったマインドコントロール Part 1 - 偽装ストラテジー ...
この動画は音声送信が集団ストーキングの被害者に対して電子ハラスメントの一環 として行われるかを説明し ... http://www.youtube.com/watch?v=AXE5Qfqviro

米軍が長距離音響装置(LRAD)を神の声 兵器(voice of god weapon)としてHAARPがらみで使っているという ..http://tarzan007.cocolog-nifty.com/
HAARP で神の声(voice of god weapon)を聞かせる事ができるとか何とかって、雑誌やネットで見ましたし、集団ストーカー被害者も音声送信されている現実がありますから、ちょっと 調べてみました。すると売上貢献に活躍しているテクノのジーがあるらしく現に130%以上の売り上げを伸ばすことができているとかいうオーディオ・スポッ トライトの動画を見つけました。これらの動画、耳に聞かせるタイプの音声送信技術でしょう。
オーディオ・スポットライト130%以上の売り上げを伸ばすことができます
こ の技術はダルシィ地下基地でだいぶ前に研究され完成されたとものと我輩は思いますがネットで色んなのがでてきました。DARPA(米国防総省の国防高等研 究計画庁)のソニックプロジェクター 。米空軍は、人々の頭の中で音を作る電子レンジ(彼らは可能な心理戦のツールと呼ばれた)、の実験を行った。アメリカの技術のオーディオビームは、その特 許を取得しHyperSoundを持ち特定のターゲットに聞かせる。そして、それらは驚くほど効果的。米軍が長距離音響装置(LRAD)を神の声兵器 (voice of god weapon)としてHAARPがらみで使っているという興味深い報告もある。
ハ イパーソニックサウンド(HSS)メッセージを伝えるための"ささやきチューブ"笑。実質的には可動部分が全くなく、空気を移動させる従来のスピーカーと は違いコンサートで、最前列に座っている人々の眉を歪めるような荒々しさはなく遠くでコンサートの音楽を聴く感覚。ハイパーソニックサウンド(HSS)の しくみはオーディオ周波数の超音波周波数で"一緒に撹拌される"とし、人間の耳には聞こえない"複合周波数"として送信される。
我 輩が今回聴かされたのは、これらのテクノロジーでしょう。【脳内音声装置】聴覚を介さず、頭蓋内に音を直接送信できるという「Voice-to- Skull」(脳内音声)技術。米陸軍のサイトが、この技術について定義した項目を掲載していた。すでに削除された同項目によると、この技術を使えば、潜 在意識に訴えかける音声メッセージを人々に送ることも可能だという。集スト被害者がヘリや飛行機の音がしても実際には、飛行物体がいない時は耳に聞かせる タイプか脳に聞かせるタイプのこれですね。
【脳内音声装置】定義:(1)パルス波形にしたマイクロ波を照射することで、人または動物の頭蓋内に音をマイクロ波送信する電磁神経刺激装置、および、(2)人または動物の頭蓋内に音を送信できるサイレントサウンド[耳に聞こえない音]装置などを含む非殺傷型兵器。
「V2K」 [「Voice-to-Skull」(脳内音声)の略]という技術を使った兵器に関して、米陸軍が作成していた実に奇妙なウェブページが削除された。この ウェブページが存在していたこと自体も奇妙だが、削除されたことはさらに奇妙だ。『Google』で検索すると、「Voice-to-Skull device」(脳内音声装置)を定義した項目の米軍サイトのページがヒットするが、リンクをクリックしても「ページが見つかりません」と表示される。
米 国科学者連盟(FAS)の、政府の機密や防衛政策に関する文書を集めたウェブサイトでは、問題の項目を掲載していたページの写し、脳内音声装置の定義を、 現在でも公開している。最初にウェブページが削除されていることに気づいたのは、イギリスの団体『マインドコントロールに反対するキリスト教徒』だ(同団 体は削除される前のウェブページのスクリーンショットも保存している)。同団体の代理人の話では、ウェブマスターに連絡を取ったと
ころ、問題の項目は「恒久的に削除した」とだけ言われたという。
6
お そらく携帯の基地局のアンテナからもマインドコントロールの電波が出ているのをばれたくないのでカモフラージュとして全てHAARPだと言っているか、も しくはHAARPと携帯の周波数とで交差しプラズマを発生させているのではないでしょうか?1+1は2ではなく【6】になるようにね笑。東京に出来た世界 一の電波塔スカイツリーも634m。6+3+4=13。イルミナティ悪魔の13血流。悪魔▲に胡麻すりタワーですね。それとも311で生贄捧げたので御褒 美でしょうか?

昨年の311地震の来る前の電離層が赤くなっていたり、HAARPの足跡なる動きがあります。
一枚目の画像は2011年3月8日に、かなり広範囲で異常なまでに電離層がヒートアップしている。

国 際秘密結社の悪魔イルミナティが音楽業界を独占しているのは皆さん御存知かと思いますが、「平均律A=440Hz」を悪用し楽器のチューニングをこの周波 数に標準化して、人間の脳に悪影響を起こすように仕込んでいるという「平均律A=440Hz」を耳にした者に人間を攻撃的にし、社会的動揺を与え、精神的 苦痛を与え、人間牧場を作り家畜化し、ただ只管、羊飼いの管理人のとおり動くようにマインドコントロールされる羊。メェェ~メェェ~w
そ れを、企んでいるのがイルミナティの富裕層である。「平均律A=440Hz」俗名→ミュージック・カルト・コントロール(music Cult control)音とは振動であり、水や空気の振動(音波)として伝わり、音として聞こえる。我々、集団ストーカーの被害者の中の特にテクノロジー被害者 は音楽業界の仕込んでいるCDを聞かずとも強制的に指向性ビームで「平均律A=440Hz」のようなものを聞かせられているはずである。
音 波を伝える速度は物質により異なるが水中では大気中の5倍程の速度で伝わる。人間のほとんどが水分であるからして、音の影響を受けやすいわけだ。周波数や 仕込み具合によっては、人を凶暴化させる。そして、何かに夢中にさせる。特定の歌手に夢中にさせるようにCDに仕込む事もできるだろう。聞いている本人は 心地良いと思いながら暮らし知らず知らず脳に刷り込まれ罠にはまって歌手に夢中になりライブなどで集団的ヒステリーになるということです。でも歌手の人も 利用されているだけで、仕込んでいる連中が悪いのです。
で すから、仕込みようによっては、我々集団ストーカーの被害者同士を喧嘩させるのなんて【お茶の子さいさい】であって、当人同士は、よくよく考えても、たい したことでもないのに怒り狂い後で何で喧嘩したかも分からない状態。それは家族でも同じで、なぜか、むかつくから余計な事を言ってしまった。面倒くさく考 える人は、ただあいつが悪いんだろう的な何も不思議な行いに気づかず思考停止させられてしまうのでしょう。
だ から我々集団ストーカー被害者は辛いですけど大人になって常に互いに操られているんだと自覚し相手を敬い優しくしなければ悪魔の操り人形(Puppet) になってしまい仲間まで攻撃してしまう。これと似た周波数をHAARPで送信している可能性もありますが、それについては次回に書きたいと思います。こ の、人を家畜化する「平均律A=440Hz」の真逆が「C=528Hz」俗名【愛の周波数】ジョンレノンはこれを知っていたから殺されたと、レオナルド・ G・ホロウィッツ著(徳間書店)に書かれているようです。
「C=528Hz」 俗名【愛の周波数】古代宗教音楽の中で中心的な音であり神との結びつきに重要であった。精神的にもリラクゼーションもできるし、放射性物質で傷めたDNA までも修復する優れものである。勿論、悪魔イルミナティは、この「C=528Hz」は知っている。「平均律A=440Hz」を聞かせ世界を奴隷化しようと 企んでいるイルミナティからは、邪魔な周波数なのです。
6 は悪魔の数字でありますが、絶対的パワーを得るための数字でもあり、この【愛の周波数528】を計算して見るとビックリです。5+2+8=15→6。身体 に良いのを知ってるから使わせたくないのでしょうね。奴ら悪魔達は、この6を使わせない為に、あえて6は悪魔の数字だと宣伝しているのでしょう。遠ざけよ うというプロパガンダ。ということは逆に我々が6を頻繁に使えばパワーが得られることになりますから使いようによっては世界が良い方に変わるかも知れませ んね。今度、車のナンバーを666にしようかな(爆)
こ の【愛の周波数528】を世に広めようとした人に対し、おとり捜査官のグレッグ・シマンスキーと、デビッド・ロックフェラーの協力者であるベンジャミン・ フルフォードが、この方の 528Records.comに潜入して破壊工作をしたという。ベンジャミン・フルフォードって、あの人かな?超~くわばらくわばら。本当ならドン引きだ よねw
【528Records.com】サイト↓

http://help.yahoo.co.jp/group/toraijinkenkyuu/

2件目
《-http://daily2.sakura.ne.jp/70.html-》
より:

他人に聞こえない音声照射
米空軍は、人間の頭の中で音を作り出すマイクロ波の実験を行なってきた(彼らは心理戦ツールと呼んでいる)。そして今度は、米国防総省の国防高等研究計画庁(DARPA)が、『Sonic Projector』という新たな計画でこの流れに乗ろうとしている。

Sonic Projector計画の目標は、他人に聞こえない音声を使い、1キロメートルの距離で通信する手法を、特殊部隊に提供することだ。この技術は、空気中で音が非線形に相互作用する原理を応用し、超音波信号を可聴範囲の音に変換する。

DARPAは、強力な音響変換器と信号処理アルゴリズムを用いて、Sonic Projectorを人間に適用

可能なシステムとして開発する予定だ。これが生み出す音は、目指す標的には聞こえるが、それ以外の場所ではまったく聞こえないか、はっきり聞き取ることができない。

このシステムは、特殊作戦部隊や人質救出作戦で音声による通信を隠したり、敵の活動を混乱させたりするのに使用される可能性がある

詳細はこちら http://wiredvision.jp/blog/dangerroom/200706/20070607124127.html
2007.6.7
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
脳内音声装置
パルス波形にしたマイクロ波を 人の頭蓋内に照射する装置は、米陸軍が開発した非殺傷型兵器である。

この音は耳に聞こえない音(サイレントサウンド)で、変調して送信される音は、潜在意識に働きかける音声メッセージになる可能性があるということだ。耳に聞こえない(FMに変換した)催眠術を送信する方法。

音声周波数変換器を使って「音声」を作り、パルス状のマイクロ波として 離れたところから脳内に送る。出力はおおよそ連続音になる。

耳鳴りに似ているが、催眠術者の声が埋め込まれている。

下図は、人間の脳が感知できる周波数のマイクロ波信号の短パルスを表わしたもので、縦線1本が短パルス1つに該当する……。脳はこの連続したマイクロ波パルスを変換し、「耳では聞こえない音声」を聞く。

このような催眠に対する意識的な防衛は不可能。

1974年には実行可能だった!各マイクロ波パルスのタイミングは、音声波の下降曲線と交わるごとに制御される (1974年にJoseph Sharp博士が考案した方法)

可聴範囲の上限近くの連続音、例えば周波数1万5000ヘルツ

催眠術者の音声、例えば周波数300ヘルツ~4000ヘルツ

[マイクロ波をパルス波形にして人に照射すると、頭の中から発せられたような音を聞く事ができる現象 → http://wiredvision.jp/news/200801/2008011022.html

詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200805/2008051321.html
2008.5.13
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
合成テレパシー
ブ レイン=コンピューター・インターフェー(BCI)では 人々の「考え」をお互いに伝えられるようにする。例えば、ある兵士が伝えないメッセージを「考え る」と、コンピューター上の会話認識システムが、そのEEG信号を解読する。解読された思考(翻訳された脳波)は、送信システムを使い、特定のターゲット に向けて送られる。

詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200808/2008082523.html
008年8月25日
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「考え」だけで会話
兵士たちが連絡を取りたくなったときは、お互いの思考を読むようになる。

詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200905/2009051923.html 
2009年5月19日
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
声にしなくても会話ができる
首に巻いたネックバンド内に組み込まれたワイヤレスセンサーが脳から声帯に送られる神経の動きを読み取り、その動きをデジタル化して音声に変えるというテクノロジー。

本来、脳性麻痺やパーキンソン病などで声を失った患者に再びコミュニケーションをとるチャンスを与えるという医療目的で開発されたという。

TI開発会議での デモンストレーションで、声を使わずに携帯電話をかけるという世界初の試みが試された。

以下省略

詳細はこちら http://megalodon.jp/2008-0529-0146-52/itnp.net/category_betsu/8/1194/
2008年4月1日
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
思考がパスワードに
カナダのカールトン大学の研究者たちは、人の思考を使ってID認証を行なうバイオメトリクス・セキュリティー装置の可能性を探求している。

脳波による署名を「パスワード」ならぬ「パス思考」として使うという着想は、脳波はそれぞれの個人に固有のものという前提に基づいている。

同じことを考えているときでさえ、脳の測定可能な電気インパルスは個人ごとにわずかに異なる。

この電気インパルスには 思考でログインできるシステムを作成するのに 十分な差異があると、一部の研究者は考えている。

カールトン大学でAnil Somayaji氏、Adrian Chan氏と共同でこのプロジェクトを進めているJulie Thorpe氏は、「人の脳と信号は、個人によって違うことが分かっている」と語る。

「何百、何千ビットの情報をエンコードした、ユーザーが制御可能な信号を、反復可能な方法で計測できるだろうか? 実際に問題となるのはこの点だ。われわれは、可能かもしれないと考えている」

以下省略

詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200705/2007051522.html
2007年5月15日
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「思考盗聴」とは・・
カリフォルニア大学の神経科学者 ジャック・ギャラント博士らが進める実験では、ついに脳内に思い浮かべるシーンを動画でコンピュータ上に映し出すことに成功した。

言葉を失った人などに、脳解析で表現力を取り戻せるようにと、研究が進められてきたそうです。今後は動画解析精度を高めて、よりリアルに視覚化させられる技術開発が続けられるようです。

実用化されれば、訴訟手続きも変わってしまうのかもしれません。

詳細はこちら http://www.gizmodo.jp/2009/12/post_6506.html

2009年12月10日
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
脳を読んで判決下す
fMRI(ヒトの脳や脊髄の活動に関連した 血流動態反応を 視覚化する方法)が 殺人がらみの裁判の証拠として認められたんです。fMRIは、反社会的な傾向に伴う反応を、リアルタイムに目で見ることが出来るんだそうです。

今回fMRIを裁判が証拠として認めたのは シカゴで、アメリカでも初の事だったとか。FMRIは DNAのように科学的なものだし、客観的な判断材料になるのかもしれません。

fMRIによると Brian Dugan被告の脳は 精神的に異常であると判断されたので、死刑を免れるべきでした。しかし、陪審員の長時間による審議の末、彼を死刑にすべきと判断しました。

以下省略

詳細はこちら http://www.gizmodo.jp/2009/12/post_6465.html
2009年12月8日
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マイクロ波の悪用

遠隔マインド・コントロール・テクノロジーの歴史は アメリカにおいてロス・アディー博士及び彼の同僚による60年代後期の研究、CIAに資金供給されたパンドラ・プロジェクトから始まった。
アディー博士は1Hzから20Hz帯域のELF(超低周波)信号(それは0.1Hz増加するごとに異なる効果を持つ)が生体と精神状態に影響する効果を持つことを発見した。

その研究はCIAにとって重要なものだった。なぜならば、彼らは遠隔から人間をマインド・コントロール出来る(RMCT)周波数を求めていたからです。

パンドラの研究者達は 6から16Hz帯域が脳及び神経系及び内分泌系に対して強烈な効果を持つことを発見した。それはターゲットに 大きな機能障害を引き起こすことができた。

以上 部分転載
詳細はこちら http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/Tim_Rifat.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
超音波の悪用

超音波発信機を、放送機器または無線機として悪用したものである。

不 特定個人のプライベートに関する情報を、24時間、監視下において加害者数人で情報収集を行い、第二に、特定・不特定個人のプライベートに関する情報をか すかな音声として加害者数人が役割分担を行って放送し、第三に、超音波を体の各部位にスポット照射し、暴行等、有形力行使に似た示威行為を組織的に行う等 である。

超音波の可能性
まず、かすかな音声、音として認識し得ること、体の部位にスポット照射された場合違和感が有ることから、空気の振動である音波と考えられる。

電気製品が誤動作をおこすこと。

人体に照射されると、痛みを伴うという現象は、超音波が音圧レベルの強力な音波であるという特性から説明でき、窓を閉め切っても人の声がするという現象は、超音波が伝播する媒体は固体・液体・気体を問わないという特性から説明できる

この犯罪における超音波の悪用方法は、まず、超音波を利用した潜水艦や魚群を探知するソナー探知機を、人を探知するために、地上の人に対して行うもので、超音波発信機(ソナー)にマイクに類似したものを装着して、超音波放送を行うものである。

また、超音波には、発熱・研磨・切削作用といった動力的作用がある。

超音波で思考が読み取られる可能性
脳は弱電で働く神経細胞(ニューロン)素子の集合体からなる弱電装置であり、各種情報の伝達・思考は微弱な電気信号によって行われている。つまり、刺激を受けて神経細胞が興奮すると、神経細胞の細胞膜で、パルス状の電位の変化、活動電位が発生する。

脳 における各種情報の伝達・思考は、この活動電位が神経細胞上(細胞体から軸索)を移動し、神経細胞末端のシナプス(軸索の末端の終末部と隣接する神経細胞 とが一組となったもの)の終末部までくると、神経伝達物質ある化学物質が放出され、次の神経細胞の受容体に作用して活動電位を生じさせることで行われる。

脳の神経細胞は、各部位によってそれぞれ情緒・思考・記憶・認知・動作等といった異なる機能をつかさどる。各種機能をつかさどる神経細胞で発生する活動電位は、それぞれ固有のパルス状の電位を有する。

活動電位は、エネルギー変位に置き換えられる。超音波は空気の振動(粗密)であり、超音波もまた、パルス状のエネルギー変位に置き換えられる。活動電位はエネルギー変位を媒介にして、空気の振動である超音波に置き換えられる。

被害者に、脳の神経細胞の活動電位のエネルギー変位と同調する超音波が照射されていると、次のように、被害者の脳の情報は、超音波を介して加害者の脳で読み取られる。

被 害者の脳で、情緒・思考・記憶・動作等の情報が神経細胞で処理されると、各種神経細胞において固有の活動電位が発生・伝達する。被害者の頭に、このような 活動電位と同調する周波数の超音波が当てられると、各種活動電位が、超音波の空気の振動と同調して、電気エネルギーから空気の振動エネルギーへ変換が行わ れる。

活動電位から変換した空気の振動である超音波は、反射波として加害者の脳へ返される。

加 害者の脳では、被害者の脳の情報である各種機能をつかさどる神経細胞の情報伝達を行う活動電位の情報が空気の振動として与えられる。すると、加害者の脳で は、各種機能をつかさどる神経細胞が同調し刺激を受けて、活動電位を発生・伝達させて被害者の脳の情報を知ることとなる。

こ の犯罪の立証に関し、上記思考が読み取られる現象についての立証には、多くの時間と費用を必要とする。しかし、名誉毀損等不実放送の証拠立証方法、超音波 を頭部に照射されたことに対する傷害・暴行罪等、刑法該当行為のみに立証の焦点を絞れば、比較的小額な時間と費用で、犯罪認定は可能となる。

詳細はこちら ↓ 
http://nazo.googlegroups.com/web/data_001.pdf?gda=6mU-qz4AAABnDW3
_fULHrtImNRwAFJxC4uVnmMTHyjSDmmW_
-lEBxgAWA76WYgqhGsTOrKmPjJrjsKXVs-X7bdXZc5buSfmx&hl=ja

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
五感操作(総務省資料)

総務省は2000年11月から「五感情報通信技術に関する調査研究会」を発足した。

遠 隔地間におけるコミュニケーションをリアルタイムでかつ、対面コミュニケーションと差異の無い環境を提供する技術開発が活発になっている。将来的には画像 や音声に加え、触感や味、匂い、その他深部感覚や平衡感覚に関してもコミュニケーション相手との間で交換・共有することが当然となることが予測される。

1975 年のマイクロチップの発明により、情報のデジタル伝送が実用化され、五感全体に情報通信の可能性が模索される時期となった。

1989 年には世界初の商用VR(Virtual Reality)システムが発表され、以降マルチメディア情報通信の本格化に伴い、視覚については3D 映像の研究が、触覚については再現ディスプレイの研究が盛んになり、視覚・聴覚・触覚の3感を利用したシステムの実験が開始された

手 術場面においては、視覚を通して患部を感知することに加え、触覚を介した患部の情報、聴覚によるスタッフとのコミュニケーション等が必要であり、これらの 情報を五感情報通信として伝達することが可能となれば、遠隔手術の可能性が広がり、診察の場面と同様に、僻地医療の充実および医療全体の底上げを期待でき る。

2040~年以降には、脳への直接アクセスによる五感コミュニケーションが実現する。

詳細はこちら http://oo7.syogyoumujou.com/143.html

五感情報通信技術に関する調査研究会 報告書(総務省)http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_2.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
モバイルSQUID 脳磁界計測装置の開発

高温超伝導磁気シールド装置と低雑音のSNS(超伝導体/常伝導金属/超伝導体)接合のSQUID を組み合わせることによって、モバイル脳磁界計測装置を実現している。

この装置は、パーマロイ磁気シールド室を用いる従来のSQUID より百倍以上高感度である。

SQUID 装置の最大の長所の一つは、動物ではなく、ヒトの脳を非侵襲に測れる点にある。

SQUID 装置はミリ秒の応答速度を持ち、脳モデルの検証に向いており、長潜時で、注意、学習、記憶などを調べることができる。

自閉症、注意欠陥多動性障害、学習障害などの解明への寄与が期待される。

2003 年、幕張メッセ国際展示場で開催された「ナノテク2003 」においてデモ実験を行い、雑踏の中での脳磁界計測の成功により、心のケアのための移動診療所への一歩を踏み出し、脳磁界のデータを蓄積しつつある。

S Q U I D(超伝導量子干渉計)は、超伝導電流の波動としての干渉を用いた高感度磁束計である。脳や心臓などから発生する微弱な磁界を検出することができ、X線CTやMR I に続く第三のCTスキャナー(断層撮影装置)として期待されている。

SQUID-CT は、神経電流が発生するごく微弱な磁界を検出することによって診断を行うため、X線CTなどに比べ人体に与える害がないなどのメリットがある。

SQUID は 「脳が寝ているのか」「ものを考えているのか」などの機能を調べるのを得意としている。

SQUID はf-MRI に比べ応答が早く、人間の感情の起伏などに追随できる。このSQUID-CTの開発に当たっては、低雑音のSNS 接合の開発と、大型の高温超伝導体磁気シールドの製作の二つが大きな問題であった。脳の神経電流が発生する磁界は 非常に微弱で、その強さは地磁気の約1

億分の1 である

詳細はこちら 
http://act.nict.go.jp/mwd/details/squid/kihou_tokusyuu.pdf
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「電磁波攻撃」に禁止判決

米国に住む 「James Walbertさん」という男性は 昔の職場の同僚に 電磁波攻撃を受けているとして これをやめさせる裁判を起こして勝訴した。 被害者の男性は 陪審員団との意見の違いが生じたとき、元同僚から「放射注入」するぞと脅しを受けた。

その後、しばらくして電磁波攻撃が始まった。電気ショックの感覚 電磁波による騒音攻撃、耳の中ではじける音  鳴り響く音を感じるようになった。

2008年12月30日(米国時間)、裁判所は 嫌がらせをしている元同僚に 「嫌がらせをやめろ」と電磁波攻撃を禁じる画期的な保護命令を出した。被害者の男性に有利な判決が下った。

詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご報告:電磁波洗脳被害に関する警察とのやりとり
詳細はこちら http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/417.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
電磁波マインド・コントロール装置に対する安全で効率的な対策
http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/963.html

電磁波マインド・コントロール装置に対する対抗策の追加と犯罪組織の対抗行動http://asyura.com/0403/bd35/msg/512.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
電磁波被害者のブログ

http://www.asyura.com/sora/bd13/msg/605.html
Re: 電磁波によるパソコンや人への悪戯

http://www7.plala.or.jp/london/index.html#top
電磁波等による犯罪被害実態の報告

音声送信被害者のブログ
http://gdnds167.blog.so-net.ne.jp/

電磁波犯罪と思考盗聴
http://blog.goo.ne.jp/madtyler 

2010.9.16~12.28


[転載終わり]


   また、このように『"Voice Of God Weapon"/神の声兵器』と命名されているだけあって,
特 に宗教に関わる信者に対して効果があるのは誰でも予測がつくものですが、例えば、自分の本当の親や配偶者が目の前で話している間に誰かが「私はあなたの 父・夫(その他)である、ユーコト聞け!」と言ってきても、本物の本人が側に居るのに、効果あるでしょうか? なので、ある意味で資金医師(←変換の仕業100%)[☜削除すればいいのにしないでおいてこう書き足す。]試金石でもありますね。


↓ [2015-08-17 13:05:44]付けの記事編集不可状態を削除するため、こちらへ持ち込みます ↓:

「 過去記事全く編集作動していません。編集不可状態です。
目の前で、編集と全く違う画面になり、フォントの色もくるくると変えられていますので、皆さんにどのような記事となって見えているのか、もう判りません。
また、操作してもいないページやサイトにまで勝手に移動しています。
また、先ほどの記事内に挙げたものを含め過去に貼ったYoutube記事を確認していたところ、埋め込んだYoutubeミニ画面が無くなっていて、Youtubeタイトルだけがリンク付きで残されてあり、そのリンクが全く別のYoutubeにすり替えられているものがありました[]ので(元の動画が削除された等ではなく!!!)、
本来のYoutubeを見つけ、リンク先と挿入動画をつけ直し中です。が、Windowsが一度に消滅するなど、何度も繰り返しながらの作業です。 」


[2015-08-17 15:49-ish]追記: 今は殆どいつも通りの状態で作動していますが、さっきの編集中の状態は、相当激しかったですね。
Window内が部分的~全体に真っ黒になりフリーズしたり、全く編集用のカーソルが現れてくれなかったり、Windowsの消滅を繰り返したり、...
編集 / 2015.12.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
今夜の収穫:【Youtube】"Kuroshio Sea - 2nd largest aquarium tank in the world - (Please Don't Go by Barcelona)"
カテゴリ: ◇YouTube
Kuroshio Sea
- 2nd largest aquarium tank in the world -
"Please Don't Go"
by
BARCELONA

Kuroshio Sea - 2nd largest aquarium tank in the world - (Please Don't Go by Barcelona)

https://youtu.be/u7deClndzQw

(Full Screenで観てくださいね~⤴画面のダブルクリックで...)
(鮫とエイと人の他に鰹が判った。鯛もいますね。
あの鰹に似た小型のイケメンは鯵でしょうかね。
その中間のサイズの少しスリムなのはバッテラの材料ではないでしょうか?)



"Please Don't Go"
by
BARCELONA⤵
Barcelona - Please Don't Go (with lyrics)

https://www.youtube.com/watch?v=COqx-TCxrSk





編集 / 2015.12.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
また『成り済まし』が始まりましたか?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

[31日06-47] 1, タイトルを『またですか?』から『また『成り済まし』が始まりましたか?』へ変更] ; 2, この真下にあった[追記]部分を削除。

[8月1日11-47] 校正・変更・追加=この深緑部分

 何度も書いて来ている事を繰り返す事になりますが、
私は、書くとしたらこのように自分のブログなどに来ていますが、
その他のどこにも遠征して書いては居りません。
 昨日もある方に聞いてもらっていたのですが、何度も何度もこのようにはっきり書いているというのに、
どこかでされているやり取りの誰かが私ではないか、などと思うらしいのですが、
そのように人違いも頻繁にあれば、成り済まして故意に勘繰らせる悪意な一種の『成り済まし』系の挿入も(最近は減りましたが、)あり、
や り取りを掻き回したり、本人が知りもしない事で勝手な勘繰りや決めつけや思い込みがいとも簡単なこのインターネットというもののそうしたあいまいで出鱈目 が可能な匿名性主体の性質自体が、何度も言ってきているのですが、私の性に合わないというのか、居心地が悪く、敬遠しがちで居るのですが、
それをまた繰り返しにこうして来なければならなくなっているようなので、
来ました。
 で、繰り返しますが、私はどこにも遠征していませんし、いわゆる『コテ』などという活動(?)をした一切ございません。
 また、例えばこっちの知らない所で何らかのやり取りがあり、何かが原因で誰かがその中の誰かを罵って激しい批判を書いたりすると、
罵られているのが私ではと、殆ど自動的に、矛盾も何もかも窓の外でそう思い込む傾向の人達もいるのではないでしょうか?(えば、私がチェックしがちなサイトで、誰かがそこにいる常連の誰かに対して「**をしもしない〇〇などに!」とあると、―そこにいるその〇〇とはっきりあるにも関わらず、いきなり何故か、「**をしもしない〇〇」 が、ここでこうして書いている『私』ではないか、と思いこんで、突つかれ始めたりするのですが。人違いも甚だしいのです。) 私自身が良くチェックしに読 むところなどでも、読んでいて、「ああ、こう思う人たちと逆の意見の人達がまた抗議し合っているようだな、こう思う人はこのように考えているのだな、逆の 立場はこのように感じるものなのだな...」などと思いつつ、また別の処をチェックし... ところが、そうした集まりの中で何かがあり、批判や罵りが激 しいものになると、―同じく読んでいた私が、「へ~」と他人事で通過しているというのに、何故か激しい罵りが入ると、批判されているのが常に「私」だと感 じる者(達)が居るのでは?という事です。これも、大迷惑ですね。 (…ひょっとして、余りにも悔しい事でもあった者が、余りにも私が人から残酷に罵られ 攻撃されて欲しい余りに、激しい攻撃を読むたびに、こっちと無関係と知りつつ、「(私)がやられている」という妄想に陥るために私をダブらせて読むことで スリルを感じる癖が板についてしまい、どこでも残酷なバッシングがあれば即、私に対してであるという勘違いに自分で浸っているのかもしれませんね。)[← ややこしい文章ですが、普段いちいち考えてもいない性質の話題は、中々うまく表現出来るものではないです。]内容から察して、どう読んでもこっちなど関係 ないというのか、第一、どこにも書きに行ってもいないというのに、思いこみが激しく、自分と関係もないやり取りでさえ一々勘繰って、根拠もなく詳細を決め つけて結論に突っ走るタイプは(いろいろな人がいますから)、居るでしょうね。
 勝手にどこかで議論が過熱している中にいちいち私が居るだとか、それで頭にきた誰かが某所で罵っているのは一々私に向けられている、と思われていたら、一種やってられません。しかも、成り済ましてこじらせるチャンスだと解釈するのか、「また私に違いない」、と敢えて勘繰るように誘導する意図の成り済まし(風)の出現がまた始まるのですが、
私は、本当に、どこにも居りません。
  また、以前にも何度も書きましたが、最近だんだん無くなって来ましたが、私が訪ねた途端に、そこで大騒ぎを始める、という傾向ですが、その内容は、くだら ない愚かな乱投で、おそらくサクラが何人か居るか、あるいはその者の一人何役可なのではないかと思われる、どこでも同じような配役で展開する傾向でした。 まず、バカ娘が可なり低劣な乱投をはじめ、そこに、おとうさん役風、おかあさん役風、先生風、等がどんどんと激しくいさめ始める、そのうち、そに最初のバカ娘風が、みじめで軽蔑をそそる幼稚な薄弱者風に「みなさん、すみませんでした!」的にべちょべちょに謝り始め、大人風訳がそれぞれ『上から目線』の封印を押す、。。。この繰り返しが、(…思えばこれも、その者の悪意な願望を演出したものかもしれません)、私が尋ね始める各所で始まっていた事があるのですが、
そういうところに私が居た事は一度も御座いません。
 このように、書いている相手が誰なのかもわからないのに、決めつけてやり取りをするのがインターネットという場所のようですし、
昨 日も聞いてもらった事なのですが、インターネットが無い頃に似た事がもし可能だったとしても、せいぜい偽手紙でしょうが、それであれば、その手紙自体が存 在してくれていますし、古いやり方ですので、作成方法も捜査してもらえますし、それ以前に、成り済ますために書かれた相手(受け取り手の知人になり済ませ ば、その相手に)「なんてひどい事を書いてきたの?」などと、酷ければ実際に相手との会話になるでしょうから、成り済まされた方は驚いて、直ぐに嘘の偽造 手紙であったと解るのではないかと思うのですが、インターネット上で、「誰誰に違いない」という憶測だけで、勝手にこっちでもない誰かが(私)に違いな い、などと本人の知らない所で誤解されていばかりか、思いこみ、結論付けて、現実の接触でその勘違いに従ってこっちに対して不審な応対をされてもこっちは知りもしないことだったりするわけです。当たっている事も多いですが、私はどこにも居りませんし、一切、『コテ』その他の常連的な者だった事がありません。
こうして何度も書くと、今度は、そうした場所の常連の一部がどんどん消えました。あたかも、私がこうして訴えている事が、まるで「最近は」を省略しただけで、あたかも「以前は居た」とでも言わんばかりであるように誘導している気配もありますが、何度も言うように、もともと居りません!。何度か書いたのですが、ブログを作ったのが2010年の4月です。それ直前頃に、自分の場所を作れば気兼ねなく書けるし、と思い作るきっかけとなった他所でのコメントなどは、ここのブログに持ち込んでございます [ mixedtribes.blog131.fc2.com/blog-category-31.html &  http://wanted-sheep-found.seesaa.net/category/12976174-1.html]   。それが2008-9年頃で、2008は、 やっとこさ日本では『集団ストーカ』と名称があると知り、具体例や直接関わった情報はやはり国内の情報でなければな、と、携帯から『集団ストーカー』を入 れた検索から知り始め、検索結果の中によくあった「2ch」なども、誰かのホームページの名称かも位にしか分からず、有用と思われる個所をプリントするな どしていました。そのうち、そこには、他のテーマもたくさんそろっているようだと分かり、たどり着いたのは「ポストモダン」の美学美術史上の(こっちが専 攻した事のある分野)(最終:BA(Hons.))定義についてのものすごく面白いやり取りで、どうしても言いたいと思う事があり、書き方を探るうちに、 黒丸が無いので書けません、と知り、黒丸は購入するものだが、最初は、一つだか何か書き込めるために貰えるなど、よくわかりませんが、試せるところは試 し、書き込むためのボックスに打ってみると書き込めるのですが投稿方法に至らず諦めた事があります。それがおそらく2008位ではなかったでしょうか?そ のうち、Googleからではなくそのサイト内で検索出来、当時の状況に直接関わる業者名などでの検索などから「集団ストーカー」周辺問題をあさり始めて いました。
[追記]その後、集スト被害系某ブログ主の方から2c正式な入口に導いて貰い、そこで初めて全てのジャンルの一覧も解り、それからより仕組みを知って行ったのですが。[End of追記]
   以前にも何度か書きましたが、それ以前は、英語中心で居たかったので、日本のサイトに慣れてしまうと日本語がガッポリと戻ってしまったら大変だと感じ、 英語が抜けない様に、と出来るだけ英語サイトに居残って、出来る限り日本のサイトには行っていませんでしたので、(当初は数年でまた向こうに戻る予定でし たので)殆どの当初の理解は、Gang Stalking/Cause Stalkingや、それ以前からの関心テーマのかずかずで、こちらでの事に通じていませんでした。
  ついでですが、例えば盗聴盗撮があろうが、公共の乗り物や人の集まるところで見ず知らずを眺めるのと全く同じで、正式に人間関係を成立させて進展させもし ないで、ただ口もきかずにただ眺めていても何も解っていない、という事に、盗撮の場合は気付き難いのではないでしょうか? 隠れてながめていれば、見てい る相手に関して何を考えていても、どんなでたらめな解説を心の中でつけまくろうが、相手から注意も訂正も入れられる心配もないので、相当無責任な考えに耽 溺するものなのではないでしょうか?
  口もきいた事のない様な誰かをただ見物し、対象が何かをする理由やしない理由、した理由、しなかった理由・・・etc. ...が、ほぼ全て自分の脳内の材料で出鱈目な動機をあてがっていませんか?聞いたら、なぜそんな馬鹿が実在すると思ったのだろうか?と驚くような、どこ から出てきたのかわからない解説を付けられながら見物されているとしたら、大迷惑ですが、される側に立って考えてザワットこないでしょうかね...





編集 / 2015.07.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
集ストが再開されていますが?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
  一応記録を兼ねて記事に書いておこうと思うのですが、
また先週から露骨に集ストが可なりはっきり再発と言うのか再開と言うのか、『発症』していますね。
心当たりがどうもいまいち無いのですが...
  まさかラッコの映画な訳もないし~...(笑)、
  一応毎年庭のつつじやバラが咲き誇ると嫌がらせは始まりますが...これはそれらとは別個に再開していますよね...何ででしょう?
   ...45年(位)経った(引っ越して来て直ぐ塀を立てなかったので正確に思い出せない。裏の方からうちの水を借りに来ていた人が居たヨ~ン!あと道が 舗装されていなかったので春先の雪解け水が道路の脇で小川を作って雪の下で流れているのが見え隠れして、溶けかけた雪から見えるその流れの周辺で、草の緑 が春の日差しに感じて見え始めるし、あれは最高のシーンだったヨ~ン...あとこの辺にはまだ蛍が沢山居たヨ~ン!少し上にはサンショウウオも泳いでいた し、野生の水仙やスミレが群生していたし、クロアゲハなどのアゲハ類も飛びまくっていて背の高い男の子が目の前で捕まえてしまったヨ~ン!笑、向かいの空 き地には殿様バッタが沢山いたヨ~ン!キリギリスもたくさん鳴いていたというのに私には到底捕まえられなかったヨ~ン!歩いて行ける近くの小山にはスキー 斜面が何か所にもあったヨ~ン!どんな吹雪でも‐耳が冷え過ぎて痛いのを通り越してどう感じているのか解らないくらいになったり、呼吸困難になるような向 かい風でも‐行けたヨ~ン!後、あの子供の頃は、コドモ浴衣を着て盆踊りにも飛んで行ったヨ~ン!―「あの頃は変な集ストがどこからともなくワラワラと出てきたりしなかった、という懐古の感と、そういう昔の事を良く覚えていますがね」という意味―では、本題に戻り、)舗装を頼めることになったらだろうか?45年経ってオンボロで崩れかけた門を治せる事になったからだろうか?塀の一部の補修が出来て綺麗になったからだろうか?(←誤解や邪推の可能性を避ける為に、敢えて書き変えました) ...←どれも全く攻撃の正当性完全に無し(!)
  ...あと何があるのか、本当に判りませんね。どこかにまた発狂した人がいて、そういう事をする軍団(?)「...を動かす!」と言って始まった変な変な原因位しか無いのでは???????
[追記1]
  ...今日は我が家にとって一応特別な日なのですが、未だ安全性の問題があり、見送ります。
編集 / 2015.06.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
人違いの可能性に備えて...
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
  人違いか、加害者側の故意の誤情報による情報錯綜の結果かは知りませんが、
地域にてしばしばあの成り済まし加害者の水や風関係の世界の既婚のねらーと私がごっちゃにされている個所があるのではないでしょうか?
  今日の午前中-昼前頃、ダイエーに行ってパンやコーヒー豆を買いに行ったのは、私ですが...???
人違いでなければ、新たに私に付いてのデマがまた新たにダイエーなどに流されてでもいたでしょうか?
  ついでに言えば、そのあとホームセンターへ行き、薔薇用の噴霧薬やら、庭を動物のトイレにされないための薬やナメクジ退治薬やセンサーライトのバルブなどを買いに行きました。
  [夜の追記]私は美容整形等々も全く関心もないし、全く違ってしまいたくもないのでそこまで怖い事をしてまで何とかしようと思いません。そういうアイデアは私の思想に矛盾します。私は一人っ子で、クリスチャンですが教会通いはしなくなって久しいです。教会は、どこか見つかれば飛んで行きたいところですが、帰国後はどこにも属しておりません。従ってもし通っているのでしたら私ではありません。又、訪 問や道端等の宣教は私の思うところのふさわしい事とは思っていないので、もししていたら私ではありません。又、記事に何度も繰り返してるのですが、私は匿 名掲示板等々には居りません。私はペットは飼っていません。又、移動は殆ど全て自家用車を運転しています。本当は体にも良いですし嫌いではありませんが長 距離を歩いたり、公共交通機関などで見かけるのであれば私ではありません。インターネット上で匿名やHNなどで書いて居たら、私ではないでしょう。ここの プラグインにもある自分の作ったサイト以外には、完全に解決するまでは、他のどこにも書かない方が良いのではないかと思って居ります。出来たら海外サイト くらいでなら、徐々に会話をしたいとは思っていますが。
  自分の受けてきている被害の加害者とすり替えられたり、取り違えられている苦痛には、言葉にしがたいものがあります。
  
編集 / 2015.06.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Profile

mixedtribes

Author:mixedtribes
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
30年位前に滴礼受洗(Sprinkling)を受け、
20年位前に英国にて浸礼(Full Emersion Baptizm)を申し出て受け、
その機会に教会籍を英国の教会に移籍した事がある。
 北海道在住。
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。
 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。
街宣での自己紹介内容を私のブログ特長にダブらせる説明を取り入れて個人特定を誤らせる『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 ここは所謂陰謀論サイトではありませんが、
歴史・世界情勢・学術文献の引用等の殆どは、海外滞在期間(1990代)から揃え始めた自持ちの原書(&オリジナル英文サイト)と、
それ以前のうちにもともとあった日本語文献です。
 私は所謂反ユダヤではありません。『反***』の殆どどれもしていません。
『陰謀論=ユダヤ』的な短絡思考を推進している関係とは、関連がありません。
Name:R.S.
DofB:October(During The Feast).

Calendar
01 | 2016/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
Search form
Amazon.co.jp  洋書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。