NEW ENTRIES
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
『成り済まし』(?)が執拗で困っ
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
『成り済まし』がしつこく、本当に迷惑している。

私は、どこにも書いて居ませんので、どうぞ判って下さると助かります。自分のブログすら書いて居ませんので…

ああいうのは、決して私ではありませんので、どうぞ宜しく。一度もああいう事はして居りません。


では、料理に掛ります。
FC2 Management
編集 / 2014.03.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
私の子供時代の写真を再度アップしました。が...
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》


  再び、Plug Inに私の子供の頃の写真をアップいたしました。

2002年に帰国したころは、ボブが伸び過ぎかかった感じでしたが、
それからずっと伸ばしています。前髪はいつもざっくりとあります。
伸びて、大抵の場合は後ろでまとめて上げています。

あの成り済まし加害者は、今はこの私の子供のころの写真のような短い7/3のボブなのですか?
髪形などどうにでもなるので、髪型で、個人を判断することはないと思いますが、もしかしたら、あたかもこの写真が自分の子供の頃のものである、と偽って、無断でアップでもされているのでしょうか?
この写真が、盗まれて、そのような嘘のためにどこかでアップされているのでしょうか?

写っているのは私と私の両親です。

これらの写真を盗用されているのであれば、どうか、どなたか、アップされているサイトを教えてください。
因みに、『
Ye Olde De-Backsliding Blog 』=http://broken-alabaster.seesaa.net/
は、私自身のブログで、そこのみが、この写真をアップしたサイトですので、
ここと、上記の
Ye Olde De-Backsliding Blog 』=http://broken-alabaster.seesaa.net/
の、二箇所だけが、私自身がブログで写真をアップされたサイトで
す。

この二箇所以外で、あれば、私自身に依るものではありません。

また、再度申しますが、私は現在は、このような短めの7/3ボブはしておりません(長くて、後ろで上げています)。

あの成り済まし加害者は、私になりたいのでしょうか???
なぜ、いつも、自分と私を摩り替えたいのでしょうか?

編集 / 2014.02.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
[校正]私へのメールコンタクト方法について
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

[校正@28日  07:00-ish]







  皆さん、お変わり御座いませんか?

ところで、いきなりですが、今朝起きざまに「まさか?」とハッとさせられた事があり、今、どうしても記事にしておくべきかと思い立ち、わざわざPCの電源を入れに来ました。

それは何かというと、

私のブログを尋ねた方々の中で、
私に(Plug Inに備えてあるアドレスを使って)メールを下さった方はおられますか?

私には、個人からは一切届いておりません。

以前、ある人物がこのメールアカウントを使って私に成り済まし、ある知人に成りすましメールを出した形跡がありましたが...

何人かの方々からも、「返事をしない」、という批判を仄めかされたこともあります。

その他全ては書けませんが、

まさか、私のメールアカウントを利用して、Plug Inに出してある私のYahooアカウントには反映されない形で、(一部を抜き取ってやり取りをするなど?)可能なのでしょうか?


これらは質問です。



とにかく、

私自身は、どなたからも、個人的なメールは受け取れておりませんので、ここ数年はメールのやり取りはなくなってしまっております。
数年前?に、、数度Teacupの方二人と一度づつメールを受けることが出来た頃が最後です。
[2014年01月31日 13:36追記:ですが、ネット上でのやり取りは、一切した事は御座いませんし、しておりません(!)。]



そこで、

どうか、
以前私と名乗る者とメールのやり取りがあった方を含め、
もう一度、その者に、
「やり取りが(私)本人であったなら、メールではなく、
電話、郵便、または、直接会うなどの方法で、(私本人)であったことを確認したい」、と
要求していただけませんか?


私のメールはもとより、どうせネットも張り付かれていると同然のようで、安全でもありませんし、
『成り済まし』や『嘘』の簡単な、『Internetで』はなく、ここではっきり書いて居ります通り上記のような方法で確認を
要求して下さいませんか?。

このブログ主が誰かは調べれば判ります。

「返事をしない」と批判を表現した方々は、皆、英語圏の方々でした。

その他にも、こちらの思い当たる節のない「対応の変化」やその他、判らない理由での嫌がらせの勃発も頻繁でしたし、それは振り返れば、私の口癖のようにもなってしまっている位で、頻繁に訴えているところのものです。
口癖のような「思い当たる節がないんだよね...」も、動機のはっきりしないタイミングが多かったのも、皆関係があるかも知れませんね。



再度、お願いしたいと思います。:

以前私と思った上でメール・コンタクトをとった方々は、どうか、もう一度、私と名乗るその者に、
電話(転送工作無しの前提)、もしくは、郵便(転送工作無しの前提)、(一番良いのが、この住所で会うのが一番なのでしょうが)、確認お願い致します。

第三者の(ここでは「私の」)陰口の場合、一番良いのは、そのものを私の前でそれを復唱させるのが良いのでしょうけど、

私本人は、喜んで直接私にそのメールのプリントでも何でも受け取りたいところですので、突きつけるなどして下さい。

その者が、他の方法でのコンタクトを拒絶したなら、
その者が誰であったのか、確認、調査お願いいたします。

当面は、Yahoo以外でこういったところに使えるメールを用意して居られませんので、
少なくとも、それまでの間は、
...もしどうしてもPlugInのメールアカウント:
oil8of8joy-wsheep@yahoo.co.jpを使いたい方々は...、
是非、積極的に送信し、確認の電話その他の方法を要求するなり、
其の他、どんな方法でも、
皆さんが人物ID確認に出来ると思った方法を要求していて下さい。

私本人に届いた場合は、それ以前に何があったのか、同じアドレスなどからやり取りがあったのか、など、お教えください。

私本人は、一度も、上記のように、何一つ個人的なメールは受け取れて降りませんし、
しかも、何年も前までには頻繁にあったコンタクト(向こうに居た頃からずっと続いていた関係など)も、ある時期を境に、一度にどこからも返事が来なくなるわ、拒絶されて送り返されるわで、一気に途絶えてしまい、ずっとメールは使っていないも同然の状態になっております。

犯罪のような損害を生じる方法でなく、正当で真っ直ぐでさえあれば、私の示唆した方法に捕われる事無く、どんな方法でも
どうぞ、そのものが誰であったのか、確認お願い致します。

私の方は、個人からの私宛の(スパムのことではない)受け取っておりませんし、スパム内にも届いておりません。

また、ついでにはっきり申し上げますと、というか、既に過去記事に書いてきていることですが、どなたのサイトでもやり取りがあったのは以前の2010年の記事に出した通りの方々と、その関連の『◎◎しに良くある...』の方へfc2でのIDでたまに書き、お返事を戴いておりましたが、それ以外で2010年に数件コメントを出してみましたが、ほとんどすべてが、リンチ的反応をされたり、返答もしてくれなかったので、もうどこにも書いておりません。
にも関わらず、極最近まで、「いちいち返事をするな」、等といった忠告まで受けて来ていて、不審に思う件があるのですが、

まさか、どこかで、私に成り済まして、または、成り済まし犯人自身の自演で、私と称していちいちどこかでヤリ合っていることにされているのですか???

どうか、そういったサイトを教えて下さい(!)
私をそういったサイトへ連れて行ってください。

成り済ましサイトなど、検索しようにも何で検索すれば良いのか判らずに居ますし、実は、面倒くさいのですが、見たくもないという気もしますし、とりあえず、簡単に見つける方法が判りませんので、教えて下さい。


 

上記のYahooアドレスだけでなく、どのアドレスでもですが、私が使っているアカウント以外で(私の知りもしないメールアカウントで)私に成り済ましてるのであれば、私に、それらもどうか知らせては下さいませんか?


待ちしております。

編集 / 2014.01.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
再度、『成り済まし』による被害関係
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

  先日、『1930年代のドイツがユダヤ人をどの様に釣っていたのか?』という記事の中で、 私は未だFACEBOOKを作っていないこと、以前東南アジア人に、同名でFACEBOOKを作っていたものを発見したことがあった件などにも触れておきましたが、

このブログで再三訴えているように、私は成り済ましの被害を受けてきていて、それが日に日に図星であることが確かになっていっていること、また、自分で各種の掲示板内でそれと思われる書き込みを見つけるたびに、状況によっては「これ(ら)は私の書き込みではありません。」的なレスを書くようにもなっていました(最近は放置していて、何も書かないようにしています)。(書いていると思った方は、再確認をして下さることと、そのレスを示して下さい。私は書いていません。)

  しかし、どうも、私の写真を使って成り済ましに因るブログ(か何か)もやられて来てはいないでしょうか?
 あたかもその者が私に対する成り済ましなどの『加害者として』、つまり、「この私自身の顔写真こそが私の訴えてきている成り済ましである」と、あべこべに誤解させるための、すり返た内容になってはいないでしょうか?(つまり、私自身の顔写真を出しておいて、それがこのブログの私ではなく、私が訴え続けている加害者と誤判断させるよう作成されていないでしょうか? 、の意。)
繰り返しになりますが、 その成り済ましブログ(?)サイトを閲覧している一般の方々は、外出先で私を目撃した際に、私を私の加害者として認識してしまうよう、私自身の顔写真などを出すことで、すり替えをされていないでしょうか? 悪い人物として敬遠したりさげすまれたりで、全く心当たりのない反応を集中的に受ける時期が、周期的にあるのですが、...。
(因みに、今日=13日、私は昼過ぎに回りまわって宮の沢にあるスーパーの地下1階に寄り、エスカレーターで食品のある1階に上がりました。あれは、私であって、加害者ではありません。)

  また、しばしば、「私と、その成り済まし加害者がものすごく似ている」とよく言われている様ですが、実際はそう似ていませんが、なぜか頻繁に誇張して言われて来ています。
私の写真を利用しているからこそ、執拗に「すごく似ている!」とプロパガンダしているのではないでしょうか? 

例えどんなに似ている手先を見つけて(あの加害者自身ではない。)利用していたとしても、一卵性双生児でもない限り、区別に苦しんだり、間違える程似ているわけがありませんので。
この私は私の成り済ましや風評被害の加害者人物でな区、この私自身名のですから、私を見て一発で私の加害者と断定する一般人がそれほど多いとすれば、私の写真を使って成り済まし、活動をしている可能性が十分あります。
私は、自分で写真を出していないわけですから。
以前、子供のころの写真を出しましたが、それとわざわざ比較して断定できるまでの人もそういないでしょう。

  
  成り済まし被害で、大規模かつ長期にやられて(私自身が気づかないまま年月がたっていた場合など)、特に辛いのは、
それによって、
成り済ましによる書き込みを長年私の書き込みであると思い込んでいつもいつも読んだり、ともすればやりあったりされていた方々の場合、
あの成り済ましの文体や感性を、いまだに私の文体であり、感性であるとインプットされてしまっていて、あの成り済まし加害者工作員が「成り済ましとしてではなく、自分で」書き込みをしてるのを見ても、ピンと私だと思い込んでしまい、
あらぬ怨念を抱かれていたこともありましたし、笑われたことも良くあるのです。 

私自身は全く心当りがないのに、そうした人物などから、今でもその刷り込まれ、誤った、『直感』で、あの工作員の意地悪な書き込みを、私の書き込みだと自動的に誤認識して、疑われることです。

おそらく、あの成り済ましが派手にやっていた、いやらしい演歌的に粘っこく、私の感性からすれば、激しく日本東洋的な感性での変な『好き好きアピール』なるものが、私によるものだと思い込んでいた男性がおられましたが、其の方があんなに容易に私と勘違いして騙されたのも、其の成り済ましの文体や感性が、ずっと私に成り済ましてきていた者のモノだからなのではないのですか? あれが私の文体や感性であると刷り込まれてきていた方々であれば誰でも、簡単に、ピンと私のものだと誤認識するでしょうし、
逆に私自身がそのような連投を見つけても、本人の私自身にとっては、初めてみるそのような書き込み内容や感性が自分のものとは違うので、成り済ましとまでは感じないまま素通りしてしまうことも多いのではないでしょうか? 幾分かは自分に当てはまっていたとしても、あまりにも自分と違う感性や発想なので、逆に、誤解されるのを恐れた程度で、あまり心配しな過ぎていたかもしれない、と後悔している位です。
[↑このグリーン地帯に、かなり文章の改善を加えた。@2014-01-14 15:10-ish]


「知りもしないことで、怒ったり嘲られたり、...」が、未だに、または延々と、(そうした方々の誤認識が作動する限りは)起こり得るという点、私とそうした方々との間の人間関係/信頼関係に亀裂が何度でも入ってしまって、誤認識し勝ちになってしまった方々も私自身も何のことやらわからないままお互いに辛い関係になってしまいがちである、ということです。今日も、ある方と話していて、また同じようなすれ違いが何箇所にも入って来てしまい、考えていたところなので、面倒でも、認知の必要上、再度記事にしました。

 


  もうひとつあります。

質問です。:

  私を装って、私の私生活などをネタにした、あるいは、一般的に私のことではないか、と連想させる、云わば仄めかし的に、私についてらしい内容で、
  
いわば、私に成り済まして、
 
  誰か、小説でも出版してはいないでしょうか
?

  私は、子供の頃からのフィクション嫌いの大苦手のせいで、小説・フィクション等をもともとまるで読まないので、(殆どすべて実話(報道・論文・データなど実際のものばかりですし)、ましてや、帰国後いまだに日本語がガタピシしていますし、まさか私が小説など書けると思っている方も少ないかもしれませんが、 騙される人というのは、常に「何も考えていない」ようで?、少し考えれば絶対ありえないことまで信じていたりしていますし、
  また、決して私が、内容を提供する訳も御座いません(!)。

  もしその様な出版物・小説などがあるなら、徹底的に調査して下さい。
もちろん、私にも、そのような出版物があれば、どうか、報告して教えてください。

私は、知りませんし、私自身ではありませんし、まさか、内容を与える訳も御座いませんし、許可も一切出していませんので、報告して下さい。

  また、もしそのような小説を出版している者が、「(私と)全く関係の無い内容であり、全く別のネタである」と断言する場合、どうぞその通りに受け取り、決して、如何に私と近似した内容を多く含んだものであろうとも、二度と私と重複させて読まないで下さい。

私自身、知りませんし、話によると、私の私生活をとても卑しめる解釈や、馬鹿にされるような侮蔑に値するよな恥ずべき心理状態であるとか、考え、その他、心の中の話をあたかも、なりきったかのように立ち入った描写をし、
私の精神生活を相当 低劣に、粗悪に、下品に、醜く、不快に、卑劣に、...描写することによって、読者が心から私を侮蔑できるように草案されているようです。

  ぜひ、そのような悪質な、ストーカー(他人の私生活にヒソヒソと物陰から張り付いて、悪意で醜く卑しめた解釈を施した上で外に流布する、悪人気質のものなど、誰も欲しがらなくなるべきです。



編集 / 2014.01.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
1930年代のドイツがユダヤ人をどの様に釣っていたのか?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
   それでは、当時、ヒトラー政権下のドイツは一体「どの様にしてユダヤ人を「釣って」いたのか? 警察は、ユダヤ人である、という理由では捕まえて収容所へ連れて行く訳にもいかなかったのだが、『ユダヤ釣り(?)』(と訳すの??)という方法がはやったらしいです。ね。 計画的に、ユダヤ人だと知られているものに対して執拗な嫌がらせなどを行うことによって心理的に追い詰め、ギャフンと言わせ、その部分を、自分たちがしてきていたことから切り離し、悪意な内容に摩り替えて報告することによって、警察に引き渡すなどしていたらしい。[ 集団ストーカー(="Gang Stalking")と同様の例を近い過去の歴史から拾っていた方の資料から。] 
   さらに、集団ストーカー/Gang Stalking)と同様の方法が見られたのが、近い過去においてはKKKが有色人種などに対して取られた手法...
   そして、ご存知のCoIntelPro(、というか、そこから学んだ手法)に於いては、対象が人種など、客観的に判るカテゴリーではない点は、上記二件との違いですが、それだけ、対象やその関係者への波及傾向と執念も上記と異なり、次世代などに対しても続いているのが特徴のようです。これは、権力や地位などに就く立場の個人などによる、ごく個人的な理由から来る特定個人に対する脅威など、より客観的な正当性に欠いているにつけ、より原因の追跡が困難になるか、そうするかの理由で、終結が困難になっているからではないでしょうか?
 

 
[p.14]

"  Similar methods of attack have been identified with extremist
organizations.  One example is the KKK in America that is
known to have used covert warfare against American Africans.
   Some say they started and refined the practice, dating its
inception back to the early '90s.   Evidence exists that suggests
the methods were in use way before this time.  The American
FBI's COINTELPRO program, set up to keep perceived threats
in society in line, more especially communists and American
Africans, targeting those who were considered ringleaders,
even if potentially so, uitlized the same methods to isolate,
break, then eliminate not only perceived threats, but the
remotest of potential for their creation.  This program was so
deep reaching it would take into account heredity, so that the
direct descendants of those who had reacted to the system in
certain ways were prone to be harassed, prevented from
succeeding in life, or incapacitated in other ways, even when
these individuals were not in the know of what their ancestors
had done; only because such a link was seen to make them
potential risks."
 
    さらに歴史を遡ると、一般的に知られているところの、中世ヨーロッパが、都合の悪い人物などを魔女と称して魔女狩りにしていた際の捕らえ方も同じく、マッチポンプ(=False Flag Ope.)で単なる個人をひき渡していた例。
 
(編集中、∴以下一時的に削除)
 

  ただ違うのは、明らかに巻き込んだスケール、最初の動機がみみっちい私怨でも起こしうるようになった、等々、インターネットによって、思うに、嘘をつき大勢を騙し易くなっているでしょうし(匿名性、間接的過ぎるなど)(私は作っていないのですがFACEBOOKなどでは、他人の写真を使ってまでしているケースもあるらしいです。)(万が一、FACEBOOKに私と思われるものがあったなら、どうか調査してください。私はまだFACEBOOKを持っていません。一度も作っておりません。以前は、自分の名前で-姓も日本人で、名前もスペルがそう多くないにも関わらず、東南アジアに、太目の女の子で、信じられないファッションをまとい、ものすごいお化粧でして、説明も一部私とダブる部分を含め、その他の部分は逆にとても私なら耐えられない内容の自己紹介のFACEBOOKがあり、ショックでTwitterでだったか、「わたしはFACEBOOKを作っていません(英語で)」と慌てて書いておいたことがあります。)(その人物を説明した際に、海外の一部の方には、日本人が東南アジア人に対して人種差別的に見下していると誤解されて消した記憶があります)[←余談]、また、FBIやCIAなどの手法や研究室のものが一般に使われる頻度など、まさに基地外に刃物になってしまっていること、ーそれというのも、知られているように、そうした機器などが間違った手に回ってしまった、そして、全ての部署に間違ったものたちが入ってしまった(Infiltrated)、...

  他に聞くのが、本当に、実際、最古パスなどを中心に選んで巻き込んでいるらしいという点でしょう。
それ以外で一番数の多いカテゴリーは、一般的な集合らしく、弱みを握られる(それなりの規模のマッチポンプを人知れず既にやられている可能性がありますね。)などなんでしょうが、要素がかなりあり過ぎてここだけで簡単に流したくないので割愛します。

 

編集 / 2014.01.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
再公開した記事のお知らせ:『【Youtube】:Ultra Orthodoxラビの預言? メシアの名は『イエス』;再臨は…?』
カテゴリ: ◇現代・政治・世界

2012年01月27日の記事↓を再公開いたしました。

【Youtube】:Ultra Orthodoxラビの預言? メシアの名は『イエス』;再臨は…?



(Ariel Sharonが)まだ亡くなってもいないのに「いつ死ぬか?」と好奇心を持たれ乍ら病床で暮らすのは(いくらcommaとはいえ)酷過ぎるので後から非公開記事にしておいていましたので...。


追記(@17:44)

もう、記事自体をここに張ってしまいます (↓):

【TRANSCRIPT】したものです。





Orthodox Rabbi Reaveals Name of Messiah "JESUS", "Yehoshua" or "Yeshua"(Hebrew)
      


 【TRANSCRIPT】


  On the April 30th of 2007, just a little over 3 years ago, "IsraelToday" ran this amazing
 Headline Story.
A Rabbi reveals the name of The Messiah.

  Rabbi, Yitzhak Kaduri, was famously known for his memorization of the Bible, the
Talmud, and other Jewish writings.

  He was a teacher and a revered master at "(?)Nachallah Yitzhak Yeshiva(?)" Seminary.
  He knew Jewish sages and celebrities of the last century and rabbis who lived in the
Holy Land who kept the faith alive before the State of Israel was even born.


  Kaduri was not only highly esteemed because of his age of 108, but he was charismatic
and wise.  Chief Rabbi has looked up to him as a righteous man. Thousands visited him to
ask for counsels or healing.
  His followers speak of many of miracles, and students say that he was a prophet of
many disasters.
   A few months before Kaduri died at the age of 108, he has surprised his followers when
he told them that he had personally met the Messiah.
  The Messiah had appeared to him.
 
 "He wrote the name of Messiah in a note," he said. His official website had mentioned
"The Messiah Note."

   David Kaduri, the Rabbi's 80 year old son confirmed that in his last year, his father had
talked and dreamed almost exclusively about the Messiah and His coming.
  "My father has met the Messiah in a vision," he said, "and he told us that he's coming
very soon." 

  Kaduri gave a message in a synagogue on Yom Kippur, the Day of Atonement, teaching
how to recognise the Messiah. 
He also mentioned that Messiah would appear to Israel
after Ariel Sharon passed.


  -Google.jpの 『シャロン死去
  -『イスラエルのシャロン元首相が死去』 (ウォールストリートジャーナルジャパン)

  When Kaduri died, January the 28th,2006, more than 200-thousand people joined the
funeral procession on the streets of Jerusalem to pay their respects as he was taken to
his final resting place.
 

 Shortly before he died, this teacher of Israel wrote the name of the Messiah on a small
note, which he requested would remain sealed for one year.

 One year later, the note was opened, in 2007.
 When the note was opened, it read as follows:

【Concerning the letter abbreviation of the Messiah's name, He will lift the people and
prove that his word and law are valid.】

 The Hebrew sentence with the hidden name of the Messiah reads like this:

【Yarim Ha'Am Veyokhakh Shadvaro Vetorato Omdim】 

   -The acronym of that sentence that is the letter abbreviation that Kaduri spoke of,
or the first initials of each word, spelled the Hebrew name of "JESUS", or "Yehoshua"
or "Yeshua"; the Hebrew root word of "Salvation." 

  When the name of Yehoshua appeared to Kaduri's message, Ultra Orthodox Jews
from his Seminary in Jerusalem argued that their master must not have left the exact
solution for decoding the Messiah's name. 


  The revelation received scant coverage in the Israel's media.  Only the Hebrew website,
NewsFirstClass and Kaduri.net mentioned the Messia's note, both of them insisting that
it was authentic.

  IsraelToday spoke to two of Kaduri's followers at Jerusalem who had admitted that
 the note was authentic, but very confusing for his followers as well ;
"We have no idea how the Rabbi got to this name of the Messiah," one of them said.
 

  I know this; the answer of the identity of the Messiah as JESUS,
given to Kaduri supposedly, is absolute truth.
  As such, I believe, it had to have been revealed from JESUS Himself appearing to
Kaduri much the same as JESUS appeared to the Jewish Pharissee, Paul,
on the road to Damascus 2000 years ago;

   It is amazing that the leading Jewish teacher of Israel, until 2006,
would, on his death bed, proclaimed in a message, that JESUS CHRIST is the Messiah,
and IS SOON TO RETURN(<- this capitalizing is my own emphasis!).


   That is astounding, and almost unthinkable.


  It is also amazing that he was specifically told that JESUS would return
shortly after Ariel Sharon's death. 

  As of the making of this film, Ariel Sharon is still alive... -in a comma-.


   Could it be, that this modern day apostle Paul, received from the Lord JESUS,
that His return is indeed very, very soon....?

...


編集 / 2014.01.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
”Follow The White Rabbit”
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》

画像だけの記事にしようと思ったが、気が変わり、少し書きますが、
このブログでも扱って来ている『集スト』被害("CoIntelPro", "Machurian Candidate-MKUltra, Project Monarch, etc.") に付いてではなく、『集スト』開始の側面に付いてだけいえば)が、日本人の場合(わだくすのように海外に居た場合でさえ)1996-7あたりが間違いなく明らかな被害開始でしょう。
また、それが国内でのある(政治的な?)変化と関連がある/同期でもあるらしいですが、
この集ストという被害が世界的である事も皆が確認しているのも事実です。
実際に、1996年に始められたそうです。

White rabbit in Matrix 3White rabbit in Matrix 4 

 alice and WR 1
alice and WR 2 
playboy logo 


↓ オマケ(関係ない)。
white rabbit

編集 / 2013.12.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Profile

mixedtribes

Author:mixedtribes
プロフィール
  28年位前に滴礼受洗(Sprinkling)を受け、18-9年位前に英国にて浸礼(Full Emersion Baptizm)を申し出て受け、その機会に教会籍を英国の教会に移籍した事がある、『信仰歴(?)(=…生まれて初めて聞いた言葉でしたが―に敢てこだわる積りなら)』42年位の北海道在住。高校から滴礼にありつく数年前後と、渡英前後数年は信仰生活堕落期。帰国後の『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、この「集団・組織的ストーカー」等の時期は『試み』であり自分からではないです。
帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。東京近辺の親類にも会いたいですが、まだ予定がたちません。
また、私自身は未だ一切(集ストやテク犯など)『街宣』等にも参加した事は御座いません。街宣での『成り済まし(風)』もありましたので(内容をほかの被害者ブログにすり合わせる発表にする等、個人特定を誤らせる意図のもの)、どうか注意してください。

 ここは所謂陰謀論サイトではありませんが、歴史・世界情勢・学術文献の引用等の殆どは、海外滞在中の後半期(1997-9~辺り)から蒐集して読んだ自持ちの原書(&オリジナル英文サイト)と、それ以前の日本語文献です。  また、私は、反云々(反ユダヤ等々)ではありませし、そうであったこともございません。常に正統派に満足。何でも正統派が一番美しい!所謂陰謀論と言われるものの概念がはっきりしませんが(読んだり聞いたりしたものが自動的に自分の考えになりませんので)、『陰謀論=ユダヤ』的な短絡思考を推進している関係と自分とは全く関連がありません。

メールアドレス:mixedtribes@yahoo.co.jp

Calendar
03 | 2014/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Search form
Amazon.co.jp  洋書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。