NEW ENTRIES
【Youtube】『遠隔心理操作:21世紀のテロリズム』(Remote influencing technologies, the new terrorism of the 21st century)【Transcript】
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》

映画
【Youtube】
Remote influencing technologies,
the new terrorism of the 21st cenctury
『遠隔心理操作:21世紀のテロリズム』
at
Open Mind Conference
September 20-22,2012
in
Skanderborg, Denmark

[Speaker]
ICAACT* European Regional Director
Lars Drudgaard

【TRANSCRIPT】





インプラント、DEW、思考盗聴・盗撮や関連する仄めかし等々...日本で『ハイテク被害』と云われているものと、『ローテク被害』といわれる集団ストーカー・嫌がらせ・風評工作(名誉・信用毀損)・張り付き・人間関係破壊其の他、このシステムに於いては分かつ事の出来ない一つのシステム(Social Engineering/Behaviour Modification Techniques etc.)の多面として状況をざっと網羅...デンマークからの報告。


 [1:26:33-]
’...
"Psychotronic Weapons
are weapons-system
that
can influence
the thinking process.’
「『サイコトロニック兵器』とは、
思考を遠隔から影響を与えることの出来る
(軍事)兵器システムのことです。」



Prologue部分:

―加筆start―
[0:00:25-]
My name is Lars Drudgaard.
I came from the International Centre Against Abuse of Covert Technologies.
And I have a background in an Electronic Development Engineering and Sound Engineering.

I became exposed to an interest in those technology about 3 and a half years ago when I sent
off a job application to the Danish Defense Intelligence Service. ;
I didn't make much offer at that time. And after a couple of month, I was declined...meaning
I did not get the job.

But straightaway, and gradually increasing this Spring that followed I was exposed to some of
those technologies "on the receiving end".
So, since then it has been an investigation into those technologies, and I'm going to show
you a little bit of what has come out of it so far.

I'll start with a little bit of History, skipping through some of the things pretty fast, 
and then I'll into some of modern day science, what we are researching today, or what is "being
researched" today.

And I'll end up with the ICAACT  International Centre Against Abuse of Covert Technologies,
and what we are all about.

So I won't be covering my personal stories very much.
It is more like 'what those technologies are all about'.
―加筆end―


Some of the things that started in the early 1900's with the Eugenics Movement, was about racial Predators, and became heavily funded by some of the Industrialists in ... with Rockerfellers and ...

And they ...  were very much funding the Social Engineering sciences, and the Behaviourist sciences, and a lot of the technologies that come today have a basis in Behaviourist sciences.

(deleted 2 lines=9 words)(for no significant reason)



[2014-08-12 02:49-ish 追加]部分:

[51:55-53:10]
The other system is a lot more sinister.
It basically locks the brain into a specific topic.
They either record or are sent back a brain pattern, to the brain when it's on the specific topics so they force your brain on to a topic they want to explore.
And then they let go. And the brain automatically goes off in a different direction, so they want to go in so they
can keep doing this repeatedly for days weeks and months... until they have explored every aspect of this topic area.
The research has been funded in those by the FBI, the Navy and CIA especially.

It's officiallty said to be MRI, but at the same time it says that the CIA is "Street Testing"it(!?) I don't know;
Have you seen a big MRI? travelling around on tracks?  I haven't...
...So the technology does work on the other techniques as well.

By the way this is a torture beyond imagination. and you are forced, and are no longer in
control...


抜粋部分:
[1:05:36-1:13:17 in one go.]
"So... what we are finding some of the statistics say that that were out? in total?) by surveys of a big American organization, they say that approximately 70-80% of the victims are female.

And we are basically collaborating this;  we had 82% of females of the symptomatic group, 60.7% were female, 39.29 were male.
The females tested 82.35% positive; and 17.65 negative.
Males; 84.5 positive; and 15.5 negative.

The symptomatic group that came up positive were 89.2% had auditory symptoms....(i.e.) some kind of sound were pointed to them...

So that's what we are finding. And we are working...we are currently at phase 1 and phase2, we are working towards getting phase 3 and 4.  And we hope to manage to get all the way to phase 4 this year.


The challenges we are finding at the moment is that there is a whole research field of electronics that I or (?) had just jumped:
and that is Organic electronics. There are a lot of new technologies that we cannot see on imagery systems. They are completely invisible to x-rays or MRI scans or any type of these things.
We can still find them, or (Mike?) could find them with the RF detectors.
But it will be very difficult to convince a doctor if you don't get phase2 with the image to back it up.
That's one thing we are facing at this implementation of the areas of Organic electronics.


So, that's our big challenges so we hope to prove basically that these crimes do occur while the all technologies are still around.

There are a couple of known cases.

Robert Naeslund from Sweden had an implantation in the 1970's, and his was removed, with these big pictures over here...:
And also there are a lot of Vietnum veterans were implanted.
They were somewhat different; they were to stimulate insulin,  ...or what was it called?  ... to make them aggressive.  And this .... What?  "adrenalin---?, yes. And basically to make them aggressive at certain point...
The question is they have sued recently last year aginst the US government. But the question is whether or not this was consented. At least it was not full as (other suits consent?).

So the next one here is David A. Larson, a politician in the States.
And what we see here is a part of one of those implants that was removed from him.
But you see the little round thing is a part of a coin; how small they are.
His implants were of a medical type device.
They were different than the encapsuled systems, and it comprised in several parts that fell apart basically as it was taken out.

Bob Boyce is an inventor, and he had a (faculty?)(=x) where has had some testing and he detected some strange redio frequencies he couldn't work out where they came from.
And then he
after contemplating and checking all these equipments....He had to conclude that the frequencies was coming from him.
And then unfortunately he had got cancer, and had that removed, and in the cancer, you see, there was an embedded microchip.

So that's the danger of this.
The redio frequencies are dangerous and cause cancer where they are implanted.

So, some other things that you also do is do questioneers to work out what people have experienced and to see whether there are any correlation to find out.
It's very hard to find correlations among the victims; it seems to be very broad.
We have majority are female.

Psychiatry is a false, reversed enemy.
Even though I have showed you these technologies have been around for 50 years.
It has been done for 50 years now.
If you ever mention that you might have a microchip into you, it's very likely you will get the committed with a delusional disorder.
Recently, we had a Danish victim, who did, unfortunately telling it straight up
He thinks he was immplanted, and he was committed.
There was nothing they want to listen, they don't have time to investigate the possibility or the feasibility, or even doing this kind of test or anything.

So that's of course that we're up against.
And that’s to utilized the system to keep it from being exposed.


Another thing that's very common is that almost all stories of the victims are nearly identical.

They have been personalized to
the surrounding of the individual.

And they are almost identical, and that usually starts with things that are moving in your apartment: some kind of surveillance.

Sometimes Break-in without things being stolen. Things being moved around in your apartment, letting people know that they are under the system.

Then there is a phase with Gang Stalking: basically when people are harrassed and Gang Stalked by the surroundings.

And then usually turns on to more physical and psychological torture types of harrassment.
And in some cases, Gang Stalking continues,
and in the other cases it disappears;
it changes over the time.

But the stories of them are very consistent basically around the globe.

And also a lot  of the victims have physical pains.

Some of the pains are truly physical; but we are very certain () that a lot of the things that people experience are due to what is called NLP, Neural Linguistic Programming. were basically a person can be programmed to perceive anything.

It was originally developed by Dr. Richard Bandler.
He was a co-creator of the system.
And he of course created for a humanitarian purpose to help people,
but it is also known that he did teach the CIA and FBI and other agencies
how to use it in a negative fashion.

So we know the system is used, and that could account for some of the physical symptoms because it's all perception.
But we have some, a lot of people who are burn-marked, etc. so that's there are more technologies in place. 


[The following portion is added on 2014-08-11 16:28]:

 [1:26:07-40]
...As Yeltsin had left the office, strange devices were found in the panels in his office: "Psychotronic Weaponry".
So, when you have Yeltsin in your mind as someone with a vokka too much - it might not have been vokka - ,
it caused some outcry in Duma? , and in 2000 one day outlawed Psychotronic Weapons completely in Russia.
"Psychotronic Weapons" are weapons-system that can influence the thinking process.

 
*International Center Against Abuse of Covert Technologies

WWW.ICAACT.ORG

ICAACT was setup to obtain evidence of Serious Human Rights abuses for Victims of Electronic Terrorism worldwide.

FC2 Management
編集 / 2014.08.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
イオン一階にて
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》

   先程、午後8:00-8:45-ishに、
わたくしは、イオン発寒店1階にて食品等々の購入に駆けつけて参りましたのですが、
一体今回は何があったのでしょうか? レジなどの店員の方々どの箇所でも、皆様は、あたかも私が知能の低い白痴の馬鹿か何かとでも流されていたのではないでしょうか?例えば、イオンカードの翳(かざ)し方すらいつまでも解らない頭の足りない、自分でそれすら出来ないという話のようでしたが、
今回のデマは、本当にそうした内容だったのでしょうか?
  ターゲット被害者のよく訪れる店舗などには特に集中的に酷いデマや注意などが流れる、というパターンは既にあるようですので、私も大体慣れて来ても良さそうなのですが、矢張り事実に即していな過ぎる内容であるのが通常ある『デマ流布』というものですので、驚くし、可なりショックですね。

  先程も記事に致しました、成り済まし犯罪者も、そういえば同様の店舗名に触れておりましたが、偶然であったとしても、イオン様としては店名を明記されてあった方が、より記事に気が付いて下さり易くなるのではないかと察しましたので、あえて私自身の今夜と昨夜の経験等、参考にして戴いて、くれぐれも特定人物に対する悪意なデマ流布に振り回されることの無い様、ついては認知して戴き、事実無根の悪口を信じて心当たりの無い当該人物に入れ替わり立ち変わりの多種多様な内容の『悪口』、また、誤った接待を誘引することによって当該人物を激しく傷つけたり不快にする結果になるといった事が無くなる様、事実関係を辿る内容はどうか調査を徹底し、また、軽弾みに鵜呑みにした対応をしてしまわないよう、御考慮の程お願い致したく存じます。
  勿論これは、この特定店名に限ってお願いするものでは在りませんが、何分、成り済まし犯の内容の一部に具体的な店名等があった場合は、当該店舗はそういったものの書き込みに注意が行き、その傍ら嫌な経験をして来ている者の記事には、あえて固有名詞を書いて来なかった為に、気が付いて貰えないのであれば損だ、といった懸念が生じた為、今回に限りあえて明記して対応を伺わせて戴こうと思うに至りました。

  出来る事でしたら、具体的に何が起こっているのかな等知りたいところではありますが、
とりあえずは、私は、こうした対応が適切と云える様なタイプの人物ではありませんでしたので、認知を期待したくこうしているところで御座います。

  何卒、ご考慮の程御願い申し上げます。
編集 / 2014.07.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
成り済まし(なりすまし)による書き込みについて再度ご注意(お願い)
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
  内容の殆どが、成り済ましの被害を受ける私の実際の行動内容(尋ねた店舗名や、電話内容、普段の活動の様子から伺われるのであろう一般的な印象、等々...)を多く織り交ぜ、―これによって、一般の閲覧者が私を想起し、「(私)の書き込みなのではないか?」と勘繰る様誘導します。
  また、固定ハンドル名を作り、しかも、似た内容を何度も繰り返すなどを含め、また、激しい頻度で書き込むことによりより注意を引き、その上で
その内容に、コッチの思っても居ない考えや気持ちを意地悪に織り混ぜられる等、実際の私等の信用が激しく侵害されるよう誘導する性質のものです。

  先日(21日)にお知らせとして買い手は置きましたが、いよいよその書き込みが逆に過激になっていました。

  先日も書いたとおりですし、何度も繰り返しておりますが、

  私の書き込みでは御座いません。

しかも、「考え」や「気持ち」の部分は、その残虐な加害者が、「私にこういう(ネガティヴな)気分で居て欲しい、」或いは、「人からその様に考えている変な奴だと思われる様になって欲しい」、...等の動機から創作されたような、不快なものであり、、私自身の気持ちは一切反映されておりませんので、
一般閲覧の皆さんは、(見抜いては居られるのかも知れませんが)どうぞ、鵜呑みにしたり勘繰りを誘導されて「(私)では?」と思い込んだ閲覧態度などにならぬ様、どうぞご注意お願い申し上げます。

  ...アレは、『成り済まし中毒』病者ですよね(!)。


  再度申し上げますが、21日に前回の記事をこのブログに出し、その前は2014年7月17日 02:43に、私の別ブログである『コピペできる聖書サイト』にREVELATION Ch.22』を出し、その前は『Ye Olde...』に写真を薔薇の出しただけであり、他に何処にも一切何も書いてはおりません(!)。
  

編集 / 2014.07.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
お知らせ[ 成り済まし ( なりすまし ) 再発に関するご注意(=お願い) ]
カテゴリ: ◇Misc.
   私は 2014年7月17日 02:43に、私の別ブログであるコピペできる聖書サイト』に

REVELATION Ch.22

を投稿しましたが、

それ以来、

インターネットの、何処にも、一切 何一つ、全く、 何も 書いてはおりません。

[ 上記17日にREVELATIONの19~22章をアップし、それ以前には号月の2014年7月の4日にseesaaブログで記事(『被害ブログ』)を出し、その後も今日に至るまで、自分のブログ(一覧)以外で一切、何一つ、何処にも、全く 書きに行って居りません(!)。 ]

  しかも、何度も書いてきておりますが、
匿名の、成り済ましの温床であるインターネット、ましてやあのような掲示板などにグジグジと愚痴ることは御座いませんので、
例え私自身が毎日盗撮で大変辛い毎日を送っているのは事実であっても、
また、私自身の実際に訴えている内容や表現を写した様に全く同じ様な表現が私自身のブログなどのサイト以外で見つかっても、それは必ずしも私の書き込みでは御座いません。[22日追記:今回の某固定ハンドルによる書き込みの発端が、私の親類にかけた電話内容であり、その翌日にあの人物がそっくり電話内容を書き込みにしたのですから、盗聴されているという事です。]

   とある巨大掲示板上の、集団ストーカー関連のスレッドにおいて、私自身の実際に訴えている内容や表現を写した様に全く同じ表現で苦痛を訴えている者が居るのですが、あれは、私ではありません。 
一応、成り済ましと解釈しております。 大変迷惑であり、苦痛です。

  何度も繰り返すことになりますが、私は、あのような匿名掲示板は、とても性に合わず、「話す代わりに書き込む」という習性も全く御座いませんし、厭ですので書いておりません。 
  まして、あのように、ネチョネチョと愚痴を垂らすことは御座いません。 私の性分では御座いません。 その様な習慣も、身についておりません。 むしろ、何かある際は、あのような判らない処ではなく、自分のブログなどの記事にするくらいでしょう。

  
   ...わざわざこのようにして書く気も無かったので暫く放置していたのですが、
いよいよ執拗で目に付く書き方になってきていたので、
はっきりさせたく、こうする事に致しました。



編集 / 2014.07.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
今年の我が家のAusjollyで雨宿りをする蝶(
カテゴリ: ◇Misc.
1: 今年の我が家のAusjollyで雨宿りをする蝶(チョウチョ) 

Aus with Bfly 2 2014  


2: 今年の我が家のAusjolly, June, 2014

Ausjolly in Rain 1



3: 今年の我が家のAusjolly, June, 2014

Ausjolly June 2014 #1 


   ...この春は、このAusjolly と Maid Marionの最も大切な中央付近の強い枝が、夜間何者かによって折られてしまったり、等ありましたが、
  薔薇と言うのは、折られた枝の代替に、その直ぐ傍から新たな枝を伸ばす性質があるのですね;
  おかげさまで、今はこれらには新しい代替の健康な強い枝が伸びていますよ。

   もう一つ、薔薇について最近聞いた話: 
...まるで自然そのものが薔薇の敵...と言うより、薔薇を狙う害虫の数は群を抜いて多く、取り囲むその種類だけでも、ざっと何千種にも及ぶとか...。


追記:
   ...被害対策用が動機で作ったせいもあるし、所謂インターネット用語で言う『リア充』と言うか(もともとそんな名前だし)からも手伝い、被害が減っていくにつれて更新も減っていきますが、
ずるずるとゆっくり更新でもして維持しようと思っています。(ヨロスク)
編集 / 2014.06.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
『成り済まし』や単純な人違い関連
カテゴリ: ◇Misc.
今でも、ネットの何処かで何方かとやり取りをしている何方かが私であると思い込んでいる方々が居られるようですので
再度書かせて頂きたく存じます。

  以下に繰り返してありますサイトリストが、私の書いているところの全てです:

  『これら全て』、調べて頂ければ私と判る、よって、書いてある事の真偽も判るからこそ書いており、「どうせ判らないだろう」と高をくくって書いているものではありません。それ故に庭の写真や防犯カメラの映像等も(そして、自分の幼少時代のものも)私であると示唆したく添付しております(なりすましに盗用されてしまう事にまでは考えが及ばなかった件は以前触れた通りですが)。

  その上で繰り返しになりますが、私は何処でも誰ともやり取りはしておりません。
  何度も書いている通りです;それでも尚且つどこかでなされているやり取りが、私ではないかと勘繰られても、これ以上何と明言して良いのかもう判りかねています。

  (また、改ざんされているサイトが以下のリスト内にあるのかも知れませんが、万一何か言いたい事が御有りでしたら、どうか直接私にコンタクトを取って下さい。以前、別のサイトで憤っておられる方々が居られましたが、その時はプリントスクロール → 『スクリーンショット』 (2014/06/07 02:08-ish訂正) と携帯画面のデジカメ画像を張ってみました。その必要が他の記事でもあるようでしたら、そのような意思表示をして頂きたいと思います。こちらの判らないところでやられても、本当に何があったのかどちらの側も実態を解明することが出来ないままでしょうから。)

  再三になりますが、私は、匿名状態のこのネット自体が余り性に合っていなく、一番良いのが顔を合わせて話す事だと思っております。(会っても、手が回って2度目3度目急変していることもあります)ネットで成り済まされ、また、私が実際に書いているこれらも改ざんされている可能性があれば(『なりすまし』で具具っても私の記事は一切出て来ません(!))、私には気が付かず手も打てないままでは解決出来ませんので、是非何とかコンタクトを取って確認して下さい。

【私自身のサイト】LIST:

1,ここ: Organized Stalking/Bible Prophecy
http://mixedtribes.blog131.fc2.com/

2,seesaa: 『組織ストーカー』/『聖書の預言』:Organised Stalking/Bible Prophecy
=上記と同じもの(ミラー)
http://wanted-sheep-found.seesaa.net/

3, Livedoor (放置状態) : mixedtribesのブログ
(=1,2,と同じもの/予備ミラーの積もりだったが放置状態)
http://blog.livedoor.jp/mixedtribes/

4,youtube (放置状態) : mixedtribes

5, Yahoo (放置状態): mixedtribesのブログ,
(=3,と同様)
http://blogs.yahoo.co.jp/mixedtribes

6,seesaa: Ye Olde De-Backsliding Blog
http://broken-alabaster.seesaa.net/

7, Twitter (ちょっとご無沙汰中): Twitter@mixedtribes,
https://twitter.com/mixedtribes

8, Twitter (使っていない): (本姓名:英語スペルで)(知っている人は度ーぞ) (使っていませんが)

[2014-05-28 08:35-ish]追記:
ただ今、Twitterで私の名前の検索をしたところ、他にも同名を利用しているアカウントが見つかりました。
私自身のこちらのツイッターは、ツイートが2件だけで全く使用しておりません。画像は、黄緑色の背景の『卵』のままです。
子猫の画像を利用しているものの方は(他にも居ましたら、それらも)、私ではありません。]

9, seesaa (休止状態): Away from "***"
http://getbehindmesatan.seesaa.net/

10, FC2bbs(休止状態) 心に蘇る御言葉を英語聖書で
http://saskia.bbs.fc2.com/

11, fc2 (休止状態): Ye Olde De-Backsliding Blog fc2
http://oilofjoy.blog.fc2.com/

12, seesaa: コピペできる聖書サイト
http://freebible.seesaa.net/

13, (Hatenaのmixedtribes,⇒見つからなかった... )(後で確認したら復活していた) Wanted Sheepの日記 (個人設定=非公開設定になっていたのでそのまま)
http://d.hatena.ne.jp/mixedtribes/

14, hatena Blog (は、上記を再発見できたついでに設立し、ここ『『組織ストーカー』/『聖書の預言』:Organised Stalking/Bible Prophecy』をおそのまま引っ越して非公開中(集ストと待った区別のことを書こうかと検討中)

だけです。

他にあれば、私ではありません。

他にあった場合は教えて下さい。

編集 / 2014.06.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
『成り済まし ( なりすまし )』
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》


[2014 06 03 18:39-ish]追記:いつの間にか非公開になっていた(!)ので、今慌てて公開いたしました。

繰り返す必要もありませんが、『成り済まし ( なりすまし )』は、非常に残虐卑劣で、とても恐ろしい犯罪です。


本人が、言ってもいない、考えた事さえない、感じてもいない、した事もない事を

私を装って書き込み、人々を欺きます。人間関係に入り込まれ、酷い事にもなります。



以下削除:

理由:わざわざ書くと、かえって面白がる者も居る、と言う忠告を思い出したから。

(コピーはありますので、ご要望にも依ります。。。。)
編集 / 2014.05.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Profile

mixedtribes

Author:mixedtribes
プロフィール
  28年位前に滴礼受洗(Sprinkling)を受け、18-9年位前に英国にて浸礼(Full Emersion Baptizm)を申し出て受け、その機会に教会籍を英国の教会に移籍した事がある、『信仰歴(?)(=…生まれて初めて聞いた言葉でしたが―に敢てこだわる積りなら)』42年位の北海道在住。高校から滴礼にありつく数年前後と、渡英前後数年は信仰生活堕落期。帰国後の『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、この「集団・組織的ストーカー」等の時期は『試み』であり自分からではないです。
帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。東京近辺の親類にも会いたいですが、まだ予定がたちません。
また、私自身は未だ一切(集ストやテク犯など)『街宣』等にも参加した事は御座いません。街宣での『成り済まし(風)』もありましたので(内容をほかの被害者ブログにすり合わせる発表にする等、個人特定を誤らせる意図のもの)、どうか注意してください。

 ここは所謂陰謀論サイトではありませんが、歴史・世界情勢・学術文献の引用等の殆どは、海外滞在中の後半期(1997-9~辺り)から蒐集して読んだ自持ちの原書(&オリジナル英文サイト)と、それ以前の日本語文献です。  また、私は、反云々(反ユダヤ等々)ではありませし、そうであったこともございません。常に正統派に満足。何でも正統派が一番美しい!所謂陰謀論と言われるものの概念がはっきりしませんが(読んだり聞いたりしたものが自動的に自分の考えになりませんので)、『陰謀論=ユダヤ』的な短絡思考を推進している関係と自分とは全く関連がありません。

メールアドレス:mixedtribes@yahoo.co.jp

Calendar
07 | 2014/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Search form
Amazon.co.jp  洋書