NEW ENTRIES
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
Beast Out of The SEA&EARTH/Trafalgar Sq.&Times Sq.のバールの神殿
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
[23:42 13th,April1,2016]: この記事で書いたところの New York Times Square での神殿レプリカはキャンセルされたことが今朝確認されました @Perry Stone Live & Rense Radio
[14日午後追記] が、Londonは中止していないそう。その後NYの方をどうやるかだそう(Londonの続きとして一番良いシナリオを、という風に聞こえましたよね。)。
[21:58 15th,April,2016]追記: この色。

A Beast Out of The Sea & A Beast Out of The Earth
WITH
"The Evil Temple of Baal Replica" By Nancy Neeter on Rense Radio

   Trafalgar Sq.&Times Sq.のバールの神殿(+1,000ケ)(日本では何所ドコですか?)は、エルサレムの『第三の神殿』のための布石だそうですね。
   
  テンプル・マウントには、ドームやアル・アクサを破壊せずにそのままにしておいても第三の神殿は建てられるらしい事は既に報告されていましたよね、[Added on 10thApr2016:]ドームを無くさない限り聖書的には不可能だという意見もあります。そこに、モスクと神殿だけではなく、カトリックの教会か何かも立つ可能性があるそうですね。

  ここ(リンク先)でニーターさんが語られているのは、バールの神殿を世界中に建てるための布石というか第三の神殿建設に必要なプロセスらしいということは、三大一神教がオリブ山で、他の宗教がバールの神殿を使う形でNWOにするのか、もしくはエルサレムの三大宗教が既にエキュメニカルですから、そこも他宗教全てのためなのか、ですが、私はバールもめー損も詳しくないので、詳細は省きます。

以下が、バールの神殿の一連の画像と、情報リンクのページです:

  & NYとLondonのバールの神殿のアーチは中国製らしいですね。鳥居(というより)中華門の形にも見えますが。

  バールもめー損の信仰もあちらの事には詳しくないのでその辺については詳しく説明出来ませんが、  
関連して、
Revelation Ch.13:
13:1の
"And I stood upon the sand of the sea, and saw a beast rise up out of the sea, having seven heads and ten horns, and upon his horns ten crowns, and upon his heads the name of blasphemy."
(フリーズして自分の『コピペできる聖書サイト』にさえアクセス出来ていないので、今手で読んで打っていますので、打ち間違えがあれば後程修正いたします。)

13:11=
"And I beheld another beast coming up out of the earth; and he had two horns like a lamb, and he spake as a dragon."

と、一節目に「a beast rise up out of the sea」とあり、
11節目には「another beast coming up out of the earth」となっています。
  以前英国でメサイアニックの先生の集まりで習ったことがあることに関連するのですが、その先生によると、聖書のタイプというかシンボルとして、
"sea/ocean"  と"land/earth"の対比があり、
前者 "sea/ocean"の場合は、「Gentile」を指し、対して、
後者 "land/earth"が「イスラエル」のことだそうです。

  リンク先の番組では、イスカリオテのユダについても触れられていました。
私がずっと何度も各所から聞いていた『イスカリオテ』の指すところだと、単に、「他は皆田舎者の素朴な出の使徒たちなのに、ユダは都会人だった、」など、説得力が余り無かったものだったにも拘らず、他の解説が出てこないので、一応わだくすの頭の一時ファイル扱いだったのですが、
今回の情報が、一時ファイル期終了の運びとなるのではないでしょうか。
  つまり、この方[=Ms. Nancy Neeter]さんの調査を追ってチョロリと検索しただけでしたが、沢山出て来ますね。それによると:
イ スカリオテはクリオスというモアブ人の都市らしいですね。ですので、再確認前段階ですが、あのユダがモアブ人であった可能性があるのですが、詳細を待たず とも、というか、何人(=なにじん)であってもモアブ人でも何であっても本物の信者になれるわけですから、重要なのはイスカリオテのユダが機能上どういう 働きの人物だったのか、と いう点です。ユダは、主イエスがそれも知って選んだ一人ですが、一緒の活動中にも本物になる信仰が育たず、時至ってサタンが入っただけではなく、最初から 機能上は『潜伏者』であり、いわば、その後の信徒の集まりの象徴というか型でもあったのかも知れず、その意味では、後世の皆の教育的な目的もあったのかも 知れないですね。(故David Mayer牧師さんが頻繁に仰ってましたが、「20人集まったら、既に潜伏が一人入っていると思え」、と教えられた、とか。)

  もし、このゲストのNeeterさんの意見のように、イスカリオテのユダに反キリストの手掛かりとなる共通点や情報があったとしたなら、思い出すのが、この黙示録13:1&11部分です。:

黙示録13:1の"sea/ocean"に対比される
13:11の"land/earth"は、イスラエル、というよりは、
Gentilesに対するところの広義に『セム族地域』とすれば、
二番目の獣がセム地域からの者なのかもしれませんね。

[8th,April 14:15-ish追記] : イスラムのSunni派という方のが、イスラエルのDan族だったという情報もありましたね。
なので、もしこのスンニ派からであれば、Revelation13:1、11の「land/earth」が、広義に「セム族から」、となり得るのかを待たずとも、「land/earthがイスラエルを指す」でも良くなりますね。
[15 日]ドイツにDan族の姓名の人が多いということから、Dan族はドイツに行った、という説も強かったですが、コーカシアンのドイツ人ではない中東のドイ ツ人の多くがDan族ということなのでしょうが、スンニ派の多い中東諸国からのドイツ移民が多いのも、重なってきますね。
では。


また下痢のような音のヘリコプターが来ますた。@15:23
また来ますた。@15:25
また来ました。@15:28

This article was Originally Posted to my seesaa @ 2016-04-08 09:36:43
Pasted to this Blog @ 23:47:26 13th-Feb-2016.




スポンサーサイト
編集 / 2016.04.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【Youtube】"Sophia, The Robot"
カテゴリ: ◇YouTube
Daniel書にある、最後の足の”Iron & Clay”とは、
Cyborg(a human+A.I. &BCI Robot)によるということなのでは?という意見があります。
Revelation 17:11にある
  " And the beast that was, and is not, even he is the eighth, and is of the seven, and goeth into perdition."
の、「even he is the eighth, and is of the seven」という奇妙な表現についても、"the eighth"  が "the seven" のクローンかロボットの可能性もある、とおっしゃっているDr.もおられます。
 
  前回触れたのはHagia Sophia のSophiaの位置づけでしたが、やはり、Illuminati の典型的な名前なようです。(1Illuminatiの詳しい思想については熱心に追求する気が余り無いのでこれいじょう言及いたしません)。
  で、今見つけたのが、以下の、最新Robot ”Sophia" の Youtube です:
  
  この人形というかRobot関連が取り上げて居るヘッドラインは、「このロボットが人類を破壊すると言った!」となっているのですが、
実際の会話では、この男性がSophiaに「じゃあ、人類を破壊してしまいたいの?お願いだから "No!"と言ってね~!!」と、プログラムしておいた通りのシナリオの流れの一部のように訊ねていて、それに対してプログラムされた通りな様子で、Sophiaなる人形と言うか Robotoga,「O.K.!じゃあ、人類を破壊するわよ。」と答えただけで、:
Dr.David Hanson:   "Do you want to destroy humans? Please say,’No’~!"
                Sophia:    "O.K., I will destroy humans."
Dr.David Hanson:   "No~!!!!...
  別に、制作者である人間に謀反してその意思がある、と驚かせたのではなかったようでした。
「じゃあ...」とプログラム通りな返事をしています。  
58.gif
【Youtube】
"Sophia The Robot"

https://youtu.be/641D5QQ3b5o
↑Gone!↑

Originally Posted to my seesaa Blog @ 2016-03-25 00:58:33.
Pasted to this Blog  @  2016-04-17 00:45:41
Re-uploaded as @ 2016-03-25 00:45:41

編集 / 2016.03.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《期間限定記事》Profile編集に来ました。
カテゴリ: ◇Misc.
《期間限定記事》
  PlugInのPROFILE部分の再編をいたしました。
どうぞ宜しく。

...この記事は、実は単に[スポンサーサイト]なるものを消すためだけ...でしたが、確認二度目以降は、拍手ボタンの下に下劣なテーマのスポンサーリンクが出ており、消せませんね。



編集 / 2016.03.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
"Holy Relics(Grail)" and Hagia Sophia
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

   前回黙示録のAnti-Christ/False Prophetに関連してMidnight Expressについて触れましたが、

   それについては、Vaticanの事は間違いなく語られてきていますが、Vaticanは西方教会であって、東方の[ギリシアとロシア正教]は
Hagia Sophiaが基ではなかったでしょうか?

   Midnight Expressの中に、イエス様の顔を覆っていた布とされているRelicの顔の影(跡?)とされているものがサブリミナルに使われていないか、という記事を書きましたが、Relicsと言えば、Hagia Sophiaで.
Hagia Sophia=聖ソフィア大聖堂がその後Ottoman Empireでモスクにされてしまったままだと思い込んでいたところ、いつの間にかとうの昔に博物館になっていたというデータだらけになっていて慌てマスタ。
   このSophiaですが、このSophiaとはカトリックやオーソドックスの聖人の一人から取った名称なのでは?と思っていたのですが、ちょっとWebを上滑りしただけで、どうもこれは神性の『知恵』を象徴する名称としてつけられたようにあるのです。それだと、私がまず思い出した外典に出てくるSophiaという女性と一致する側面だらけですので、外典を再確認したのですが、超Gnosticな文献なので読み続ける意欲があまりなくなって途中で放置していたやつなのですが、内容は割と冒涜的にGnosticです。Holy Grail等に関係してくるのではないかと思うのですが、NewAgeの言うGaiaと似ているのでしょうか?よく知りませんが、Gaiaって、NewAgeの人の言う母なる大地の神的なのですよね?これをそうした異端やそっちの解釈にすれば、Hagia Sophiaは一般的に注目する以外の別なそっちの方の重要性が浮かびます。
   私がHagia  Sophiaに触れてのは、学生時代の中世の美術史の勉強の中からで、実際この建物の美術史上の重要性と言うか美しさとOriginalityの側面が大重要なのですが、Webじょうほうなどだとその話ばかり「過ぎ」て、宗教上や政治の関連の話は、美術史や建築のの化的な情報で溢れ返り過ぎ、中々普通n探し方では掴めなくなってしまっているので、スモークスクリーンをかけて居ないかと疑いたくなりますね。

   あと、ある私のSubscribeしているYoutubeChannelの何所かで(後で見つけて貼ります)
NewWorldOrderに向けて、東西教会の再統合の段階について触れられていましたが、
Pope Francisがチリだったっけ?Cubaか?のOrthodox Churchの教皇に会いに行ってしまったし、
矢張り、Hagia Sophiaは、美術史的にだけ扱わない方がよいのではないかと思い、
一度昨日非公開にしてしまって、今こうして書いているこれのオリジナルのseesaaに出した記事を、今書いて居るように再編して再公開しようとしたのに、私の全てのseesaaブログは、編集も更新はもちろん、公開・非公開などの再設定まで、しようとするとPC自体がフリーズしてしまっております。


このFC2までフリーズされたら大変なので、再読せずに一応今投稿しました。追って校正します。

編集 / 2016.02.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
お知らせ:現在私のseesaaブログが編集・更新不可能になっています
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

   現在、私のseesaaブログ 
【 
『組織ストーカー』/『聖書の預言』:Organised Stalking/Bible Prophecy
    
Ye Olde De-Backsliding Blog
    コピペできる聖書サイト
   
Away from  "***"
  】

全てで、記事投稿・編集(既に投稿した記事の公開・非公開設定の変更も含む)を試みるとPC自体がフリーズしてしまう状況にありますことを一応こちらでお知らせしておきます。
 
一度非公開にした記事を再度公開しようとしてもフリーズする状態なので、非公開記事で手元に原稿のBackUpもない記事は、何とか書き直してこちらに挙げられるものは挙げておきます。



編集 / 2016.02.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【Youtube】 "Dramatic Expression"
カテゴリ: ◇YouTube
[Originally posted to my seesaa @ 02:28 2016-01-13]

[2016-01-17]追記:私の代行で登場!(17日夜追記:このハムスターの事!)
Originally Posted @ 2016-01-13 02:28:41

Volumeを下げてから始めることをお勧め致します。。。


58.gif
【Youtube】
"Dramatic Expression"



[2016-01-17夜]追記 : "Whaaaat?"


編集 / 2016.02.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
一日[以上(15:30-ish)]記事
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
[Originally posted to my seesaa @ 13:18 2016-01-06
Pasted to this Blog @ 12:18:46 14th Feb, 2016]

[2016-01-07 11:38-ish]の校正=この色。
[2016-01-06 08:24-ish]の校正=この色。
[2016-01-05 23hour-ish]の校正=この色。

   昨日の記事 『IF "Predictive Programming" is applied...』の削除部分の一部を復活させますた。

    ...ひょっとしたらあの記事で取り上げた内容のどこかで、何か変なボタンでも押してしまったかも知れません。気味が悪いので止めてみます。あれは凄 く政治的な側面のある映画らしいですし。仄めかしや集団ストーカーのタイミング合わせに混じる普通の車両等のように、こっちもいつ何で誰かにとって意味深 なものを取り上げてしまっているかも判ったものではありません。
   兎に角、直接的でなく、何もかもが仄めかしや深読みに依存した以上に非常に間接的なこのInternetは、兎に角私の性分に合いません。
   この網の目をくぐって成り済ましなどの攻撃も逃げ口上が出来やすくなり、余計やられる結果にもなり易いので、何を取り上げるにも注意が必要になっていますね。
   とはいっても、何所に魚雷が埋まっているのか判らないと、避けようもありませんが。
   特に、私の場合等、書籍や映画などの作品類は、「判らないけど沢山何層にも内容が詰まっている」作品ほど、何度でも繰り返し観賞したり読み直したりしませんか?
   映画で言えば、(フィクションの本は嫌いで殆ど読まない)私の場合、広く多く見ないで、決まったものを何度も何度も見る方ですが、そう言う傾向ありませんか?
   私の場合、何故か、Die Hardを、9・11までは何度も見た一人で(私だけでない!)あとMidnight Expressも、二十歳前後の頃初めて神田の岩波ホールに来たのを見て、(あの頃の岩波ホールはややサブカル的なのやマイナーなのを掘り起こせる感じの映画館でした。今もありますか?)あそこにはよく通って色々数を見ましたが、中でも気に入ると、朝から行って最終まで座って観たひとつで、英国でも(VHSビデオテープの時代)レンタルビデオで 何度も見たひとつだし、一家に一台ヴィデオデッキがある頃にはSecondHandのデッキでこれを買って見ていたし、DVDになってからも買ってあるも のの一つです。20代の中間頃は、思い余ってMidnightExpressのサウンドトラックのLPまで買ってありますから。あとNakedGun(I) ですが、あれも可なり最初から最後までメッセージが詰まっていますよね。おかしくて笑うためもありましたがそれにしては何度も細部まで注意してみさせられ てきたものの一つです。すると、色々ぎゅうぎゅう詰めの映画だった事に日に日に判ってくるひとつですよね。前にも触れましたが。触れた点以外に色々ある中 で、触れていなくて意味を汲めないひとつが、JapaneseFightingFishを数匹飼っていて、そこに、天皇陛下Hirohitoからの戦時中 か何かの欽定品の高級ペンをそこに間違えてミサイルのように遠くから飛ばし入れてダメにしてしまうシーンです。あれは何ですか? あと、成り済ましのオペ ラ歌手が出て来て本物しばりつけて隠蔽ている間に、成り済ましが登場し下手でも歌うはめになり、最初は渋い顔をする慣習観衆でしたが、そのうち「見て!ポラtッツォよ!」「ほんとだ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!...と喝采されていったり、あと、ELFでコントロールされてピストルを向ける人たちや、挙げれば上げるほど変なボタンを押してしまう可能性もあるし、後で判って危ないので言えないものもあるし、
  知らないうちにこっちへ攻撃ボタンを押していると困るので怖いですね。

上と下からスモークスクリーンあるのではないでしょうか?。





編集 / 2016.01.06 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
執拗な「成り済まし風」未だあります
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
[Originally posted to my seesaa @ 21:14 on 2016-01-04
Pasted to this Blog @ 12:16:56 14thFeb2016]


[2016-01-05 23:14-ish]校正=この色。

   先程の記事はさておき、(サウンド・トラックが個人的に気に入っている名画にただ勝手にこじつけてみているだけです)
   わざわざ書いた方が矢張り良いのではないかと思っているところなので、再度明記しておきますが、

   私は、自分のブログ以外にはどこにも書いておりません。
   今日新たに、さっきのヤツと、『コピペできる聖書サイト』にヨブ記の一部を出して置いた二件です。

   今まで一々このようにして明記するにあたって、しばしば「自分のHNの一部を利用して、読者に私ではないだろうかと勘繰らせる」為にされてきていた方法など、よく触れてきましたが、だからと言って、
普通に判っていただけているとは思いますが、だからと言って、べつにHNではないところの『名無し』等と言われるの「なら」書いている、とでもだまくらかそうとしてしているのか、最近は、名無しとして、あたかも私が、卑劣に陰湿に陰険に、名無しと言われる形で、
意地&性格の悪い、陰湿な、呪いのような事を書きにでも言って行っていると誤解させる形式を数度にわたって発見しています。
  HN無しの、名無しで、突如調子の狂った=『酷く浮いた』態度と言うか文体をとる中に、私ではないかと思わせる内容を挿入して書いている手法が年末年始あたりに「も」、過去にも多かったように、多く見つかりました。

  掲示板その他自分のところ(BLOG)以外には一切書いておりません(!)。

  成り済ましが私を演じると、私の性格や雰囲気ではなく、何というか、ネチネチ陰湿で暗くてえないナヨナヨの病的なイメージを装う傾向がありますね。人に私の事をそう思わせたくてやるのでしょうが。
 兎に角、一緒に居たくなくなるような暗くて病的なグレーなイメージを演出します。私は、全くグレーっぽくありません...グレーの服やコートはよく着ますが。 あのネチネチグレーな感じに注意を呼び掛けると、次はまた別の厭な感じや手法を演じるのでしょうか...。
編集 / 2016.01.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
IF "Predictive Programming" is applied...
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
[Originally posted to my seesaa @ 08:44 on 2016-01-04
Pasted to this Blog @ 12:15:08 14Feb2016 ]


...ところで,あの 映画のあちこちに前もって起こる(起こ「す」?)べき大事件や世界・社会の変化や開発されていく科学の新境地等々~をちりばめておいてある奴を "Predictive Programming" と呼ぶらしいです。 

[DELETED]
"Midnight Express" の[DELETED]ヘイズが、鍵束を投げてもらえて恐 る恐る脱出しますよね。それを取り上げ、外界への扉を開けるあのシーンです。メイン・テーマが 流れ始め、次にカメラが外側から、出てくるウィリアム・ヘイズの、解放の瞬間の眩しい表情を捉えるシーンです。外界の空気を吸い込むその慎重な一息を胸一 杯に追体験できる場面です。ところで、この名画がしばしばクリスチャンの間でも、福音を象徴[=示唆]して作られている筈だと言う話にしばしばなる映画な のですが、
   この開けた扉の外側に、うっすらと、レリックとして知られている(あの布に染みた面長のキリストの顔の影(跡)とされている[下記参照]あの顔)とそっくりの陰影がサブリミナルに使われていないでしょうか??。..[DELETED]


...ヘイズが紅海やヨルダン川ならず、トルコ国境を亘り、ギリシャへ出られたのは、1075年10月4日だそうです。
Hayes4thOct.JPG12:15:
[DELETED](どのYoutubeか判らなくなりましたが、その方の分析からRaptureと関係ある日付だったようだったので。)

しかも、『夜』の事です、紅海をわたった時のように、また主が来られるという夜中のように...

[10:06-ish] 追記:ついでにここで書いておこうと思うのですが、例えば、このシーンがRaptureの隠喩とします。
ノ アの洪水についてTheBook Of Jasherに記されているところでは、洪水の間、方舟の中では、楽チンだったのではなく嵐に打たれていて、方舟の片方に連れて来た動物が全員打ちつけら れてひとかたまりになる等、大変で、ノアは神様にやっと泣き叫んで、やっと聞き入れられたところで外の大嵐が治まったようなのです。で、以前書いたダニエ ルのライオンの穴の件や、シャデラク・メシャク・アベネデゴの火の牢獄なども考慮に入れると、K挙があるとしても、ヘイズやのノアやダニエルやシャデラク・メシャク・アベネデゴのように、迫害などのなかでも信仰を守って「やっと」ではないでしょうか?では。

[5Jan2016 15:43追加]:  "Relics Associated with Jesus" (Wiki)


HayesGrailAdd1.jpgTurin_plasch.jpg


https://youtu.be/ZdJWAHbYBfs


[DELETED] 


編集 / 2016.01.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
過去記事最確認のお願い
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《自分のコメント持ち込み転載》
[Originally posted to my seesaa @ 22:07 on 2015-12-26
Poaqsted to this Blog on 14 Feb 2016]


   かれこれ4ヶ月近く前になりましたが、こういう記事も出してありますので、どうか、もう一度丁寧に読んで再確認して頂けると助かりますので、どうぞ宜しく。(今、勝手にこの編集画面がスクロールされました!)
   (別世界の住人による粘着の発端はこのようなところにあるではないか、という辺りの質問記事です。)

編集 / 2015.12.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Profile

mixedtribes

Author:mixedtribes
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
04 | 2016/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Search form
Amazon.co.jp  洋書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。