FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
4年前に亡くなった娘の写真がテロ行方不明者として使われていた?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
【Seesaaから持ち込み on 07-June-2017. ORIGINAL Blog Time=2017-05-26 10:29:58】


今回のマンチェスターで起こったとされる自爆テロで行方不明になっている、とされる方々の写真の中に、4年前に既に亡くなられているご自身の娘さんの写真が使われていた。
数え切れない人達が、この亡くなられたとされる22人の写真を見ていますが(私は見ていなかったが)、何時もの事ですが(この手のケースは過去にも聞いていますよね)、今回のテロによる行方不明者として世界中に拡散された画像は一体どなたのものなのかすら、知り得ませんね。最も感情的にチャージされた時に、複雑な思いが最も高揚して居る状態で見つめた画像は深~く焼き付いてしまうものですので、「出鱈目/デタラメ」の罪は重いのです。カルトなんかも、人を騙し、印象操作し、誤導するためにわざと危害を与えようとするものについて最も深い感情がチャージされる情報を添付し(無関係でも、例えば身体的な痛みや不快感やむかつきなをその瞬間に与えられると、その痛みと無関係な話や画像や対象が併行していると一組にされやすい、と言う心理的な弱点)、最も複雑な思いに誘導し(複雑だと、いちいち瞬時に冷静に分析して居られないので、騙されやすい)、特定の画像を見せられると、デタラメでもそれらの情報と心の深層で合体してしまうので、利用された物や人に与えた被害は過大なものなのが判りますよね。この方の場合はそんな事もなさそうですが、もし悪用された画像が意地悪にフォトショップされていたら、印象破壊効果は増幅しますよね。これらのように画像が悪用される例も同時に使われることも多いのが、激しい成り済まし活動で、
その場合、成り済まされた人物の「印象」どころか、「人間性」、「人格」、「思想や感情」までが作られてしまうので、激しい被害になります。大抵は、その成り済ましをする加害者自身のアイデアですので、その成り済ます加害者自身の変な人格や犯罪などの悪がなすりつけられ続け、成り済まされた人物に付いてのように心の深層に埋め込まれる危険があるので、大きな犯罪だと思います。 本人が思っても異な事を、考えても居ない人物に対してのように書かれたり、こっちが一番軽蔑する考えられない事を考えたり感じたりして居ることにされたり、めちゃくちゃな話になっていたとしても、成り済ましをされていることを必ずしも全て即判るわけではないので、手も打てずに進行している可能性も多いのが、この犯罪です。最も卑劣な害悪です。匿名性をフル活用して、未だに、まるで私のことのように勘ぐって読まれたら堪らない、と言う書き込みがされていましたので、解決などしていないようなものです。 恐らく「勝手にそれを私についてではないだろうか?と勘ぐる方が間違いだ」という言い逃れを用意してやっていると思います。
成り済ましも、他人の写真を貼るのも、人違いに誤導するのも同じメカニズムですが、偽メールも含めて、悪用された人や物の性質自体が、全く別の創作された内容とすり替えられれたまま心に食い込まされる仕組みを狙っていて、もの凄く悪質な、大きな加害行為なのです。:
MIRROR より 【転載開始】
Mum horrified after picture of daughter murdered by ex used in collages of 'missing in Manchester
[画像は上記サイトでご覧下さい]
Jayden Parkinson, 17, was murdered by her ex-boyfriend who was jailed in 2014

The mother of a murdered teenager has blasted trolls who used her daughter's photo in collages of missing people in the Manchester bombing.

Samantha Shrewsbury was horrified to see images of Jayden Parkinson, 17, who was murdered by her ex-boyfriend and dumped in a graveyard, circulating online.

Ben Blakeley strangled Jayden in Didcot, when she told him she was pregnant and was jailed for 20 years in 2014.

【甜菜終了】
参考: https://youtu.be/zd81g60KEQ8
http://www.mirror.co.uk/news/uk-news/mum-horrified-after-picture-daughter-10497332
(この方の事件自体がむごすぎるので、寧ろ副次的にそっちも知って貰いたくて報道になった話なような気もするので、詳しい事はここにはこれ以上書きませんが。)
スポンサーサイト
編集 / 2017.05.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
[夕方追記アリ]大昔からそうだったそうですが
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
【Seesaaから持ち込み on 07-June-2017. ORIGINAL Blog Time=2017-04-27 12:20:04】
2017-04-27 12:20:04


大体トランプさんは前からそう言っていますよずっと古くから
故Norman Vincent Peale牧師さん(=あの『Power of Positive Thinking』―賛否両論― の著者で、メーソンな牧師でもあるらしいが。)の教会に属していたそうです。
1年以上前からあえてBorn Again(向こうでは伝統的に形式上クリスチャンの人が多いので―だからといって一概に本物でないのではない―、BornAgainとは 個人が本当に体験して積極的にそうなったっ場合。日本で言う幼児洗礼だけで成人して信仰告白を行った場合に近い) の騒ぎでしたが、Born Again クリスチャンの応援で(NWOグローバル化のサタンのバビロン反対で)当選したような側面もありますしあっちでは良く有名人がそうなったとかならないとかnの話は絶えませんし、事実ロッキーのスタローンさん(や、元YESのキーボードのRickWakemanも)のように、本当にそうなった熱心な有名人も多いですし、〈削除〉こういうが出る事も割と多いようですし、怪しい噂でも何でもセンセーショナルに飛びついてそれをよりセンセーショナルにして昨日今日の特ダネ/出来事のように触れ回るのは危険
TRmed2.pngTRmed1.png

《削除》=新記事


編集 / 2017.04.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
遅報! LONDON Parliament Attacked ...!
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
【Seesaaから持ち込み on 07-June-2017. ORIGINAL Blog Time=2017-03-23 15:53:54】

遅報!
LONDON Parliament Attacked !
1 The Guardian [Online]
”Houses of Parliament attack: five dead including police officer ”
2 BBC
”London attack: Students hit by car on Westminster visit”
3 The Telegraph
”Westminster attack: Everything we know so far”
4 【Youtube】
”UK Parliament Attack: Man Shot After Cop Stabbed at UK House of Commons”
などなど
ここの最新記事もよろしく


編集 / 2017.03.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
From A Magazine "Foreign Affairs"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
  Just reminded me of this older article, so digged it back again, and re-skimmed. I am not from a political or journalistic field.
  I am not subscribed to this magazine, but would like to introduce one of their 2012 article:
https://www.foreignaffairs.com/articles/2012-04-20/mafia-states
From Google search:

Mafia States | Foreign Affairs
https://www.foreignaffairs.com/articles/2012-04-20/mafia-states
Mafia states enjoy the unhealthy advantages of their hybrid status: they're as nimble as gangs and as well ... Essay May/June 2012 Issue Law & InstitutionsLaw ...

An Excerpt:
"...
An important obstacle to combating the spread of mafia states is a basic lack of awareness among ordinary citizens and policymakers about the extent of the phenomenon. Ignorance of the scope and scale of the problem will make it difficult to defend or increase the already meager budgets of government agencies charged with confronting international crime, especially in a time of fiscal austerity. But such awareness will be hard to generate while so many aspects of the process of state criminalization remain ill understood -- and therein lies an even larger problem. Devoting public money to reducing the power of mafia states will be useless or even counterproductive unless the funds pay for policies grounded in a robust body of knowledge. Regrettably, the mafia state is a phenomenon about which there is little available data. The analytic frameworks that governments are currently applying to the problem are primitive, based on outdated understandings about organized crime. Addressing this dearth of knowledge will require law enforcement authorities, intelligence agencies, military organizations, media outlets, academics, and nongovernmental organizations to develop and share more reliable information...."



[ Originally Posted to my seesaa Blog ""『組織ストーカー』/『聖書の預言』:Organised Stalking/Bible Prophecy" " @ 2017-02-16 11:16:13 / Added to this blog at 2017-02-27 17:51:50/ ]
編集 / 2017.02.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
しっかり育てられていたからなのでは?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

[5日AM]5日分はこの紺色部分など
   自分で、あそこまで生き延びられただけの知恵やら勘も身に付いているし、懸命賢明に判断もしたし、
お仕置きで車から降ろされたくらいで、先行きの判断もできなくなるほど動揺していなかった様で、
良い親密で健康な親子関係無くてはあそこまでサバイバルするのは、むしろ不可能だったのではないですか?

  自分であそこまで出来るには、それだけ安心できる世界観が育まれ、同時に割と心豊かに育てていたからなのではないかとも受け取られます。
むしろ普通以上に強く豊かに安定した心に育てていたのではないか、という印象を持ちました。

  むしろ、育て方が正しかった(その子に向いていた)ことが証明された、と言って、褒められても良かったくらいの結末だったのではないでしょうかね。子供に謝る必要もなかったとも思いますし。

  [ 5日02:45 追記 ] 立ち去る保護者の車を追うのではなく、別の方角(『ジエタイさん』の集まる辺りを目掛けて?)へ猛進した反骨精神も、その様なお仕置きを ika削除 

  今世界中で、子供などだけでなく家族をばらばらにしてしまうNWOのアジェンダにまんまと干渉されてしまいかけているだけでは、という懸念がありますね。新世界秩序は、家庭を破壊し性を乱し、世界中で、何かというと子供やその他家族を家族から引きちぎる政策が暗に進みかけていますから。(森の中のサバイバルと大人の心理学者の誘導尋問サバイバルは全く別の能力なので、今後の子供(や老人)への誘導尋問には目を光らせていてほしいですよね。)

編集 / 2016.06.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Beast Out of The SEA&EARTH/Trafalgar Sq.&Times Sq.のバールの神殿
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
[23:42 13th,April1,2016]: この記事で書いたところの New York Times Square での神殿レプリカはキャンセルされたことが今朝確認されました @Perry Stone Live & Rense Radio
[14日午後追記] が、Londonは中止していないそう。その後NYの方をどうやるかだそう(Londonの続きとして一番良いシナリオを、という風に聞こえましたよね。)。
[21:58 15th,April,2016]追記: この色。

A Beast Out of The Sea & A Beast Out of The Earth
WITH
"The Evil Temple of Baal Replica" By Nancy Neeter on Rense Radio

   Trafalgar Sq.&Times Sq.のバールの神殿(+1,000ケ)(日本では何所ドコですか?)は、エルサレムの『第三の神殿』のための布石だそうですね。
   
  テンプル・マウントには、ドームやアル・アクサを破壊せずにそのままにしておいても第三の神殿は建てられるらしい事は既に報告されていましたよね、[Added on 10thApr2016:]ドームを無くさない限り聖書的には不可能だという意見もあります。そこに、モスクと神殿だけではなく、カトリックの教会か何かも立つ可能性があるそうですね。

  ここ(リンク先)でニーターさんが語られているのは、バールの神殿を世界中に建てるための布石というか第三の神殿建設に必要なプロセスらしいということは、三大一神教がオリブ山で、他の宗教がバールの神殿を使う形でNWOにするのか、もしくはエルサレムの三大宗教が既にエキュメニカルですから、そこも他宗教全てのためなのか、ですが、私はバールもめー損も詳しくないので、詳細は省きます。

以下が、バールの神殿の一連の画像と、情報リンクのページです:

  & NYとLondonのバールの神殿のアーチは中国製らしいですね。鳥居(というより)中華門の形にも見えますが。

  バールもめー損の信仰もあちらの事には詳しくないのでその辺については詳しく説明出来ませんが、  
関連して、
Revelation Ch.13:
13:1の
"And I stood upon the sand of the sea, and saw a beast rise up out of the sea, having seven heads and ten horns, and upon his horns ten crowns, and upon his heads the name of blasphemy."
(フリーズして自分の『コピペできる聖書サイト』にさえアクセス出来ていないので、今手で読んで打っていますので、打ち間違えがあれば後程修正いたします。)

13:11=
"And I beheld another beast coming up out of the earth; and he had two horns like a lamb, and he spake as a dragon."

と、一節目に「a beast rise up out of the sea」とあり、
11節目には「another beast coming up out of the earth」となっています。
  以前英国でメサイアニックの先生の集まりで習ったことがあることに関連するのですが、その先生によると、聖書のタイプというかシンボルとして、
"sea/ocean"  と"land/earth"の対比があり、
前者 "sea/ocean"の場合は、「Gentile」を指し、対して、
後者 "land/earth"が「イスラエル」のことだそうです。

  リンク先の番組では、イスカリオテのユダについても触れられていました。
私がずっと何度も各所から聞いていた『イスカリオテ』の指すところだと、単に、「他は皆田舎者の素朴な出の使徒たちなのに、ユダは都会人だった、」など、説得力が余り無かったものだったにも拘らず、他の解説が出てこないので、一応わだくすの頭の一時ファイル扱いだったのですが、
今回の情報が、一時ファイル期終了の運びとなるのではないでしょうか。
  つまり、この方[=Ms. Nancy Neeter]さんの調査を追ってチョロリと検索しただけでしたが、沢山出て来ますね。それによると:
イ スカリオテはクリオスというモアブ人の都市らしいですね。ですので、再確認前段階ですが、あのユダがモアブ人であった可能性があるのですが、詳細を待たず とも、というか、何人(=なにじん)であってもモアブ人でも何であっても本物の信者になれるわけですから、重要なのはイスカリオテのユダが機能上どういう 働きの人物だったのか、と いう点です。ユダは、主イエスがそれも知って選んだ一人ですが、一緒の活動中にも本物になる信仰が育たず、時至ってサタンが入っただけではなく、最初から 機能上は『潜伏者』であり、いわば、その後の信徒の集まりの象徴というか型でもあったのかも知れず、その意味では、後世の皆の教育的な目的もあったのかも 知れないですね。(故David Mayer牧師さんが頻繁に仰ってましたが、「20人集まったら、既に潜伏が一人入っていると思え」、と教えられた、とか。)

  もし、このゲストのNeeterさんの意見のように、イスカリオテのユダに反キリストの手掛かりとなる共通点や情報があったとしたなら、思い出すのが、この黙示録13:1&11部分です。:

黙示録13:1の"sea/ocean"に対比される
13:11の"land/earth"は、イスラエル、というよりは、
Gentilesに対するところの広義に『セム族地域』とすれば、
二番目の獣がセム地域からの者なのかもしれませんね。

[8th,April 14:15-ish追記] : イスラムのSunni派という方のが、イスラエルのDan族だったという情報もありましたね。
なので、もしこのスンニ派からであれば、Revelation13:1、11の「land/earth」が、広義に「セム族から」、となり得るのかを待たずとも、「land/earthがイスラエルを指す」でも良くなりますね。
[15 日]ドイツにDan族の姓名の人が多いということから、Dan族はドイツに行った、という説も強かったですが、コーカシアンのドイツ人ではない中東のドイ ツ人の多くがDan族ということなのでしょうが、スンニ派の多い中東諸国からのドイツ移民が多いのも、重なってきますね。
では。


また下痢のような音のヘリコプターが来ますた。@15:23
また来ますた。@15:25
また来ました。@15:28

This article was Originally Posted to my seesaa @ 2016-04-08 09:36:43
Pasted to this Blog @ 23:47:26 13th-Feb-2016.




編集 / 2016.04.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
"Holy Relics(Grail)" and Hagia Sophia
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

   前回黙示録のAnti-Christ/False Prophetに関連してMidnight Expressについて触れましたが、

   それについては、Vaticanの事は間違いなく語られてきていますが、Vaticanは西方教会であって、東方の[ギリシアとロシア正教]は
Hagia Sophiaが基ではなかったでしょうか?

   Midnight Expressの中に、イエス様の顔を覆っていた布とされているRelicの顔の影(跡?)とされているものがサブリミナルに使われていないか、という記事を書きましたが、Relicsと言えば、Hagia Sophiaで.
Hagia Sophia=聖ソフィア大聖堂がその後Ottoman Empireでモスクにされてしまったままだと思い込んでいたところ、いつの間にかとうの昔に博物館になっていたというデータだらけになっていて慌てマスタ。
   このSophiaですが、このSophiaとはカトリックやオーソドックスの聖人の一人から取った名称なのでは?と思っていたのですが、ちょっとWebを上滑りしただけで、どうもこれは神性の『知恵』を象徴する名称としてつけられたようにあるのです。それだと、私がまず思い出した外典に出てくるSophiaという女性と一致する側面だらけですので、外典を再確認したのですが、超Gnosticな文献なので読み続ける意欲があまりなくなって途中で放置していたやつなのですが、内容は割と冒涜的にGnosticです。Holy Grail等に関係してくるのではないかと思うのですが、NewAgeの言うGaiaと似ているのでしょうか?よく知りませんが、Gaiaって、NewAgeの人の言う母なる大地の神的なのですよね?これをそうした異端やそっちの解釈にすれば、Hagia Sophiaは一般的に注目する以外の別なそっちの方の重要性が浮かびます。
   私がHagia  Sophiaに触れてのは、学生時代の中世の美術史の勉強の中からで、実際この建物の美術史上の重要性と言うか美しさとOriginalityの側面が大重要なのですが、Webじょうほうなどだとその話ばかり「過ぎ」て、宗教上や政治の関連の話は、美術史や建築のの化的な情報で溢れ返り過ぎ、中々普通n探し方では掴めなくなってしまっているので、スモークスクリーンをかけて居ないかと疑いたくなりますね。

   あと、ある私のSubscribeしているYoutubeChannelの何所かで(後で見つけて貼ります)
NewWorldOrderに向けて、東西教会の再統合の段階について触れられていましたが、
Pope Francisがチリだったっけ?Cubaか?のOrthodox Churchの教皇に会いに行ってしまったし、
矢張り、Hagia Sophiaは、美術史的にだけ扱わない方がよいのではないかと思い、
一度昨日非公開にしてしまって、今こうして書いているこれのオリジナルのseesaaに出した記事を、今書いて居るように再編して再公開しようとしたのに、私の全てのseesaaブログは、編集も更新はもちろん、公開・非公開などの再設定まで、しようとするとPC自体がフリーズしてしまっております。


このFC2までフリーズされたら大変なので、再読せずに一応今投稿しました。追って校正します。

編集 / 2016.02.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
一日[以上(15:30-ish)]記事
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
[Originally posted to my seesaa @ 13:18 2016-01-06
Pasted to this Blog @ 12:18:46 14th Feb, 2016]

[2016-01-07 11:38-ish]の校正=この色。
[2016-01-06 08:24-ish]の校正=この色。
[2016-01-05 23hour-ish]の校正=この色。

   昨日の記事 『IF "Predictive Programming" is applied...』の削除部分の一部を復活させますた。

    ...ひょっとしたらあの記事で取り上げた内容のどこかで、何か変なボタンでも押してしまったかも知れません。気味が悪いので止めてみます。あれは凄 く政治的な側面のある映画らしいですし。仄めかしや集団ストーカーのタイミング合わせに混じる普通の車両等のように、こっちもいつ何で誰かにとって意味深 なものを取り上げてしまっているかも判ったものではありません。
   兎に角、直接的でなく、何もかもが仄めかしや深読みに依存した以上に非常に間接的なこのInternetは、兎に角私の性分に合いません。
   この網の目をくぐって成り済ましなどの攻撃も逃げ口上が出来やすくなり、余計やられる結果にもなり易いので、何を取り上げるにも注意が必要になっていますね。
   とはいっても、何所に魚雷が埋まっているのか判らないと、避けようもありませんが。
   特に、私の場合等、書籍や映画などの作品類は、「判らないけど沢山何層にも内容が詰まっている」作品ほど、何度でも繰り返し観賞したり読み直したりしませんか?
   映画で言えば、(フィクションの本は嫌いで殆ど読まない)私の場合、広く多く見ないで、決まったものを何度も何度も見る方ですが、そう言う傾向ありませんか?
   私の場合、何故か、Die Hardを、9・11までは何度も見た一人で(私だけでない!)あとMidnight Expressも、二十歳前後の頃初めて神田の岩波ホールに来たのを見て、(あの頃の岩波ホールはややサブカル的なのやマイナーなのを掘り起こせる感じの映画館でした。今もありますか?)あそこにはよく通って色々数を見ましたが、中でも気に入ると、朝から行って最終まで座って観たひとつで、英国でも(VHSビデオテープの時代)レンタルビデオで 何度も見たひとつだし、一家に一台ヴィデオデッキがある頃にはSecondHandのデッキでこれを買って見ていたし、DVDになってからも買ってあるも のの一つです。20代の中間頃は、思い余ってMidnightExpressのサウンドトラックのLPまで買ってありますから。あとNakedGun(I) ですが、あれも可なり最初から最後までメッセージが詰まっていますよね。おかしくて笑うためもありましたがそれにしては何度も細部まで注意してみさせられ てきたものの一つです。すると、色々ぎゅうぎゅう詰めの映画だった事に日に日に判ってくるひとつですよね。前にも触れましたが。触れた点以外に色々ある中 で、触れていなくて意味を汲めないひとつが、JapaneseFightingFishを数匹飼っていて、そこに、天皇陛下Hirohitoからの戦時中 か何かの欽定品の高級ペンをそこに間違えてミサイルのように遠くから飛ばし入れてダメにしてしまうシーンです。あれは何ですか? あと、成り済ましのオペ ラ歌手が出て来て本物しばりつけて隠蔽ている間に、成り済ましが登場し下手でも歌うはめになり、最初は渋い顔をする慣習観衆でしたが、そのうち「見て!ポラtッツォよ!」「ほんとだ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!リーゴ(?)・ポラtッツォ!...と喝采されていったり、あと、ELFでコントロールされてピストルを向ける人たちや、挙げれば上げるほど変なボタンを押してしまう可能性もあるし、後で判って危ないので言えないものもあるし、
  知らないうちにこっちへ攻撃ボタンを押していると困るので怖いですね。

上と下からスモークスクリーンあるのではないでしょうか?。





編集 / 2016.01.06 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
IF "Predictive Programming" is applied...
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
[Originally posted to my seesaa @ 08:44 on 2016-01-04
Pasted to this Blog @ 12:15:08 14Feb2016 ]


...ところで,あの 映画のあちこちに前もって起こる(起こ「す」?)べき大事件や世界・社会の変化や開発されていく科学の新境地等々~をちりばめておいてある奴を "Predictive Programming" と呼ぶらしいです。 

[DELETED]
"Midnight Express" の[DELETED]ヘイズが、鍵束を投げてもらえて恐 る恐る脱出しますよね。それを取り上げ、外界への扉を開けるあのシーンです。メイン・テーマが 流れ始め、次にカメラが外側から、出てくるウィリアム・ヘイズの、解放の瞬間の眩しい表情を捉えるシーンです。外界の空気を吸い込むその慎重な一息を胸一 杯に追体験できる場面です。ところで、この名画がしばしばクリスチャンの間でも、福音を象徴[=示唆]して作られている筈だと言う話にしばしばなる映画な のですが、
   この開けた扉の外側に、うっすらと、レリックとして知られている(あの布に染みた面長のキリストの顔の影(跡)とされている[下記参照]あの顔)とそっくりの陰影がサブリミナルに使われていないでしょうか??。..[DELETED]


...ヘイズが紅海やヨルダン川ならず、トルコ国境を亘り、ギリシャへ出られたのは、1075年10月4日だそうです。
Hayes4thOct.JPG12:15:
[DELETED](どのYoutubeか判らなくなりましたが、その方の分析からRaptureと関係ある日付だったようだったので。)

しかも、『夜』の事です、紅海をわたった時のように、また主が来られるという夜中のように...

[10:06-ish] 追記:ついでにここで書いておこうと思うのですが、例えば、このシーンがRaptureの隠喩とします。
ノ アの洪水についてTheBook Of Jasherに記されているところでは、洪水の間、方舟の中では、楽チンだったのではなく嵐に打たれていて、方舟の片方に連れて来た動物が全員打ちつけら れてひとかたまりになる等、大変で、ノアは神様にやっと泣き叫んで、やっと聞き入れられたところで外の大嵐が治まったようなのです。で、以前書いたダニエ ルのライオンの穴の件や、シャデラク・メシャク・アベネデゴの火の牢獄なども考慮に入れると、K挙があるとしても、ヘイズやのノアやダニエルやシャデラク・メシャク・アベネデゴのように、迫害などのなかでも信仰を守って「やっと」ではないでしょうか?では。

[5Jan2016 15:43追加]:  "Relics Associated with Jesus" (Wiki)


HayesGrailAdd1.jpgTurin_plasch.jpg


https://youtu.be/ZdJWAHbYBfs


[DELETED] 


編集 / 2016.01.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
1930年代のドイツがユダヤ人をどの様に釣っていたのか?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
   それでは、当時、ヒトラー政権下のドイツは一体「どの様にしてユダヤ人を「釣って」いたのか? 警察は、ユダヤ人である、という理由では捕まえて収容所へ連れて行く訳にもいかなかったのだが、『ユダヤ釣り(?)』(と訳すの??)という方法がはやったらしいです。ね。 計画的に、ユダヤ人だと知られているものに対して執拗な嫌がらせなどを行うことによって心理的に追い詰め、ギャフンと言わせ、その部分を、自分たちがしてきていたことから切り離し、悪意な内容に摩り替えて報告することによって、警察に引き渡すなどしていたらしい。[ 集団ストーカー(="Gang Stalking")と同様の例を近い過去の歴史から拾っていた方の資料から。] 
   さらに、集団ストーカー/Gang Stalking)と同様の方法が見られたのが、近い過去においてはKKKが有色人種などに対して取られた手法...
   そして、ご存知のCoIntelPro(、というか、そこから学んだ手法)に於いては、対象が人種など、客観的に判るカテゴリーではない点は、上記二件との違いですが、それだけ、対象やその関係者への波及傾向と執念も上記と異なり、次世代などに対しても続いているのが特徴のようです。これは、権力や地位などに就く立場の個人などによる、ごく個人的な理由から来る特定個人に対する脅威など、より客観的な正当性に欠いているにつけ、より原因の追跡が困難になるか、そうするかの理由で、終結が困難になっているからではないでしょうか?
 

 
[p.14]

"  Similar methods of attack have been identified with extremist
organizations.  One example is the KKK in America that is
known to have used covert warfare against American Africans.
   Some say they started and refined the practice, dating its
inception back to the early '90s.   Evidence exists that suggests
the methods were in use way before this time.  The American
FBI's COINTELPRO program, set up to keep perceived threats
in society in line, more especially communists and American
Africans, targeting those who were considered ringleaders,
even if potentially so, uitlized the same methods to isolate,
break, then eliminate not only perceived threats, but the
remotest of potential for their creation.  This program was so
deep reaching it would take into account heredity, so that the
direct descendants of those who had reacted to the system in
certain ways were prone to be harassed, prevented from
succeeding in life, or incapacitated in other ways, even when
these individuals were not in the know of what their ancestors
had done; only because such a link was seen to make them
potential risks."
 
    さらに歴史を遡ると、一般的に知られているところの、中世ヨーロッパが、都合の悪い人物などを魔女と称して魔女狩りにしていた際の捕らえ方も同じく、マッチポンプ(=False Flag Ope.)で単なる個人をひき渡していた例。
 
(編集中、∴以下一時的に削除)
 

  ただ違うのは、明らかに巻き込んだスケール、最初の動機がみみっちい私怨でも起こしうるようになった、等々、インターネットによって、思うに、嘘をつき大勢を騙し易くなっているでしょうし(匿名性、間接的過ぎるなど)(私は作っていないのですがFACEBOOKなどでは、他人の写真を使ってまでしているケースもあるらしいです。)(万が一、FACEBOOKに私と思われるものがあったなら、どうか調査してください。私はまだFACEBOOKを持っていません。一度も作っておりません。以前は、自分の名前で-姓も日本人で、名前もスペルがそう多くないにも関わらず、東南アジアに、太目の女の子で、信じられないファッションをまとい、ものすごいお化粧でして、説明も一部私とダブる部分を含め、その他の部分は逆にとても私なら耐えられない内容の自己紹介のFACEBOOKがあり、ショックでTwitterでだったか、「わたしはFACEBOOKを作っていません(英語で)」と慌てて書いておいたことがあります。)(その人物を説明した際に、海外の一部の方には、日本人が東南アジア人に対して人種差別的に見下していると誤解されて消した記憶があります)[←余談]、また、FBIやCIAなどの手法や研究室のものが一般に使われる頻度など、まさに基地外に刃物になってしまっていること、ーそれというのも、知られているように、そうした機器などが間違った手に回ってしまった、そして、全ての部署に間違ったものたちが入ってしまった(Infiltrated)、...

  他に聞くのが、本当に、実際、最古パスなどを中心に選んで巻き込んでいるらしいという点でしょう。
それ以外で一番数の多いカテゴリーは、一般的な集合らしく、弱みを握られる(それなりの規模のマッチポンプを人知れず既にやられている可能性がありますね。)などなんでしょうが、要素がかなりあり過ぎてここだけで簡単に流したくないので割愛します。

 

編集 / 2014.01.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
再生記事『昔の娯楽映画に織り込まれている現代的な問題』
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
[Originally Posted to my other Blog @2013-01-08 17:27:00;
republished to this blog @2013-01-26 14:24:39;
readjusted the blog-time to the original @2013-01-26 14:36]

   いつか削除したのかも知れないが管理画面から見つからないので再発行。

   サイボーグ的な人体実験自体冒涜であることが、技術に平伏ししがちな現代では聴くことも稀。
 遥か以前から、こうした現代の技術に至るあらゆる科学や他の現代文明の担い手も闇に葬られて来ている事は、殆ど気付かれる事が無い状態の様です。闇に埋没できなければ、汚名が付く、などらしい。傀儡社会です。(←以下の記事の趣旨とは別の話です。):

原文[2012-09-25 00:54]
再生記事
『昔の娯楽映画に織り込まれている現在的現代的な問題』


   一部の組織(?)が倫理を故意に崩していこうとしていることは間違いないと思っています。

   あらゆる 背徳が社会に蔓延するように、そうやって国民を、国自体を、世界を、崩壊している、と言う筋書きも見える気がする。
倫理の崩壊にもあらゆる側面があり、それらの地雷は各所に置かれてあるのは、計算さ れたものであって、個々の偶発的な集まりではないといった印象も受けたことがあります。

   ターゲットに限らず、一般に、どの地雷を先に踏むかによって巻き込まれる問題・誘惑の性質や内容は違ってく るでしょうが…。

   あらゆる背徳的誘惑です。


   20+年前の映画等を懐かしくて見ると、ほとんどどれにも現在起こって居るこうした問題を予見していたり、示唆する部分があるのによく驚かされます 。特に全く関連の無いようなコメディや無害な娯楽ストーリーに、含ませてある。 
ほんの一部の娯楽映画の例ですが、まだまだあの時代の軽いストーリーには数々織り交ぜられています...

  映画"Die Hard I"も、冒頭の旅客機内でジョン・マクレーンが同席のビジネスマンと話していたシーンでは、ビジネスマンがマクレー ンにホテルに付いてからやった方が良いというアドバイスをする:"...take off you shoes and socks, and make fists with your toes"(「足でこぶしを作る運動が効き目があるよ」)、不信な顔を向けるマクレ ーンに対してこう言う:"Trust me, I've been doing it for 9 years! ...better than having a shower or a cup of coffee~! :) " 着陸時, マクレーンは立ち上がり、 手荷物を上から取り出そうとした時、上着の内ポケットから(警官なので)見えた銃に驚くビジネスマンに対して、"That's OK,I'm a cop. Trust me I've been doing it for 11 years!” そして、到着したNakatomiプラザが、あのTwinTowerの様に上階で"点火"するシーン... 

  映画Naked Gun 1”の冒頭でも、イスラム過激派のテロリストたちと共産圏の リーダー(たち)が密会をして、アメリカを潰す陰謀を立てる...(もち論可笑しなそっくりサン達をどこからか集めたシーンなので(ゴルバチョフの額を布巾で拭いたら痣-あざ-が取れたなどのシーン)、ただ当時は笑わされ ていただけ。今、笑って見られない部分がたくさん組み込まれている。 このNaked Gun I ...中盤では、暗殺方法を企んでいるところへ秘書の女性が呼ばれる。 社長が引き出しから小さなリモコンを出して秘書に向 ける、するといきなり秘書の血相が変わり、社長の引き出しへ直進してピストルを出し、"I must kill Pashmina, I must kill Pashmina..."と言いながらその客に向かってピストルを向け近寄って行く。そのとき 社長は再度リモコンを秘書に向けると、ただちにピストルを手放し、何も覚えていない。「あら!こんな所にピストルが落ちてますよ!」...他にも、タレこみとのやり取りや、盗聴、Mind Control など、当時は無知に笑 っていた。

  映画"TOY": 軍による盗聴盗撮、室内に侵入した盗撮用のおもちゃや、潜伏した(悪化)勢力はいつしかその工場の雰囲気を「徐々に」変容させていき、工場で製造されるおもちゃが殺傷能力のある製品(武器)へ変容され始めるし、最終的には「この無害な場所こそが自分の戦場となるのだ、」「やっと自分の時が来た!」と言い("And so it begins...Now is "MY" time! It was not Korea; it was not Vietnum, BUT NOW.  Tonight on this battleground... this Field Of Innocence... this show would be my final war! I can almost hear the ticking of the second-hand of Destiny of a moment! My Wonderful moment (...自分で書いた字が読めないので後日確認...) my fate takes your hand and THIS IS MY MOMENT!")震撼する軍の司令部、それから工場の後継ぎを狙って『おもちゃのママの押す乳母車の中の可愛いおもちゃの赤ちゃんから銃撃が始まる』...。 気づくと生産されたおもちゃ各種それなりの兵器になっているし、どうも見ているとそうしてもそれらの兵器化したおkもちゃ軍は末端を象徴している印象は取りのけ難かった。また、最終的には寄せ集められて戦闘に向かったおもちゃの群れ―――犬、銃撃してくる赤ちゃん、トントンと道に弾んで来るサッカーボールかバスケットボールから攻撃する人形が現れる、キャラ化されたゴキブリ、アヒルやペンギン、ある者はブリキ人形であるため、オズの魔法使いのブリキマンをも彷彿とさせる、中身の空っぽな歩兵たちです...etc・・・ロビンフッドの呼び集めた森の住民軍を彷彿とさせる『雑多のゲリラ軍』。軍が製造したおもちゃの戦車軍との対決(で、両方のおもちゃが全滅し、工場は無くなる...


編集 / 2013.01.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
《TRANSCRIPT》【YouTube】BBC:"...Al-Qaeda Never Existed..."
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
[Pasted from my other Blog at   2012-09-27 11:33:56]


BBC:
"Osama bin Laden was CIA agent
&
Al-Qaeda Never Existed
- Invented by CIA"

http://youtu.be/sbkvz4hezmU

**



TRANSCRIPT


[5:02-ish から~]

But the near conservatives has now increasingly locked into this fantasy.
And next, they've set out to uncover the network in the America itself.

Bush: "And make no mistake about it; we got a war here just like we got a war abroad."

But in reality, there is very little evidence that any of those arrested had anything at all to do with the terrorist plots.

Bush: "We're (b?) terrorists on the run. We keep them on the run.
One by one, the terrorists are learning the meaning of American justice."

In Briatin, too, the goverment and the rest of the media have created an overwheming impression that there's a hidden network of AL-Quaeda sleeper-cells waiting to attack.

And yet again, there's very little evdience for this.

Of the 664 people arrested under the terrorism acts since the September the 11th, none of them have been convicted of belonging to Al-Quaeda.

The majority of people convicted under the terrorism act since Septermber the 11th have actually been members of the Irish Terrorists groups like the UBF, or the real IRA.

And even the most frightnening and high proifiled plots uncovered turned out to be without foundation.

CBS NEWS: "CBS News Exclusive: About the captured Al-Quaede leader who says his fellow terrorists have the Know-How to build a very dangerous weapon and get it to the United States."

And the media took the bait. They portrayed the Dirty Bombs as an extraordinary weapon to kill thousands of people.

But in reality, the threat of the Dirty Bombs was yet another Illusion.

The scale of this Fantasy just kept growing as more and more groups realized the power that gave them.
Above all, the group who had been instrumental in first spreading the idea were the Near-Consevatives.

Becuase they now found that they could use it to help them realize their vision.

The driving force behind these new Global Policies in the War on Terror was the power of the Dark Fantasy.

The sinister web of the hidden and interlinked threads have stretched around the World.

And such was the power of that Fantasy, but it also began to transform the very nature of politics.

Because increasingly, politicians have discovered their ability to imagine the future and the terrible dangers at home, gave them a new and heroic realm around the world.

But now, the war on terror allowed the politicans (deliberately omit) to portray the new grand vision of the future.

But this vision was a Dark one, of the imagined threats, and the new force began to drive politics; The Fear of The Imagined Future.


: " They are imagining what could happen that there is no limit: 'what if they had access to it?', 'What if they could effectively deploy it?', 'What if we weren't prepared ?'..."

What is is a shift from the scientific 'what Is' evidence-based decision-making to this speculative, imaginary 'what if'-based worst-case-scenareo.

And this principle has now began to shape the government policy around the War on Terror.


But in both America and Britain, individuals are detained in high security prisons not for any crimes they have commited, but because the politicians believed, or "imagined", that they "might commit" an atrocity in the future even though there was no evidence they intended to do this.

"The society that believes in NOTHING, "FEAR" becomes the only agenda.

What the 20th century was dominated between a conflict, between a free-market right, and the socialist left: Even though both of those outlooks have their limitations and their problem; at least they "believed in SOMETHING". whereas what we are seeing is a society that believes in NOTHING.

And the society that believes in NOTHING is particularly frightened by people who believe in anything.
And therefore we label those people as "Fundamentalists" or "fanatics."



編集 / 2012.09.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
《加筆》『孤独死』防止のための企画が『一人暮らし』者の孤独を維持するアイデアである矛盾に付いて
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

【15分以上前に出したのに、また行方不明になったかもしれないので、再送信する(!)】

「『孤独死』をなくす」ための、『見守り推進委員会』というものが考案されていると最近聞き付けた。
それに依ると、近所等周りが、一人暮らしの老人【等】を対象にした『見守り活動』をする、その組織ならない組織活動であり、
その一端として周囲が外から
・最近姿を見かけない
・夜間、電気が点灯しているか
・カーテンが開閉されているか
・新聞、郵便物がたまっていないか
・ゴミ出しが行われているか
等、何か異変に気づいたら委員に連絡する、という呼びかけである。


これは正に言われている通り「『孤独』死防止」が大義名分。

ところがその企画は、周囲が上記の箇条書きにある様な点等を注意深く観察したり、気づいた事や「キャッチした情報」は「一人で抱え込まず」委員などに連絡することが勧められるが、
孤独死の防止にも関わらず、一人暮らしの見守り対象者(老人)へ直接声をかけて確認してあげる等の関係づくりは推進されておらず、殆ど全ての交流は委員会内での頻繁な情報交換等で大部分が成立されている様で、そこには、一人暮らしの『見守り』対象者への本質的な思いやりや、正にその方々の『孤独…』の防止や解決に直接応える事の出来るところである、親切な交流や会話等の人間関係作りには一際言及されておらず、代わりに郵便受けや窓(カーテン等)やゴミ出し状態をもっぱら熱心に(ソッと)「監視/観察」するばかりの企画に見受けられる。

 しかも、掲示板に一度書きましたが、上記(箇条書き5項目)の様な『異変』に気が付いた時には、もう手遅れです。
そのような場合には、悠長に委員会に連絡などするのではなく、先ず直接そのお宅へ接触し、通報すべき所へ通報しなければならないのではないのですか...?


さらに、切り抜き記事の中には、老人(や障害者)の一人暮らしに限らず、より若い世代の『孤独死』が極低い割合ではあっても発生している事実に触れ、要するに一人暮らしを監視する雰囲気を臭わせる。しかも、監視される対象への確認や直接的な会話を一際交えずに、「気づいた事・キャッチした情報を『一人で抱え込まずに』委員会に連絡する」など、新たな『集団/赤の他人ストーカー』の再燃に繋がり兼ねない。たまたま一人暮らしであったが為に勝手に一方的に『見守り(プッ)』対象にされて居ても気付かず、しかもこっちが勝手に「好きでしている事・しない事」の数々を、一方的な『監視/観察』で勘違いされたり深読みや邪推されては、こっちの全く知らないうちに「一人で抱え込まずに見守り委員会へ報告」されて、知らないうちに見守りリストに入れられたり、勝手な解説をつけられたおかしな情報が上部へ上がり、上からは対処法(&マニュアル?)が末端へ降りて来て、何でもないこっちの勝手な生活が問題ありな対象としてヘンテコな見守りアイデアでもって集団で一方的に『見
守り』されている気配にこっちが気付いたら、またこっちは「なんですか?何かあったんですか?」と誰かに訊かずには気味が悪くなるでしょうし、訊かれた末端も自分ではどう返答して良いか自分では決められず、誤魔化したり黙りこくったり、裏でペチャクチャになる。それがよりこっちには陰湿に映るのであり、直接的な会話が無くなり、相互誤解が深刻化する…



 もし万一何かの異変ではないかと気になる事があったなら、必ず当人にまずは確認してみて貰う必要がある。



注:[もし、この記事が原因で新たな『騒音/ガスライティング etc.ハラスメント』等が始まったら、どこかの部署でこの『見守り』企画を、正にここで書いた問題点を造り上げる為に利用する策謀があり、その点を指摘された事に対する報復威嚇と受け取らずにいられないところです。

 既に、一人暮らしでゴミが毎回溜らない事もあり敢えて出さない日がある我が家では、ウチでゴミを出さなかった日に出されるゴミ回収員の奇声に嫌な思いをさせられ続けて居ます。だからといってわざわざゴミを十分に作って週5日毎日無くても出す積もりにはなりませんので、誰が私のゴミ出しを監視しているのかは知りませんが、過剰干渉は止めて下さい。]
編集 / 2012.04.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
自分の国の言葉が…(!)
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
『言葉』というのは考える為の『道具』で、既に抱いている観念へ宛がった『名称及びシンボル』ですが、最近のマスコミetc.(インターネットではなく)で気になる傾向として、まるで私たちが初めて聞く外国語の語彙を辞書で引いて何とかその言葉の観念を把握しようとしても完璧に把握出来ない段階で、その言葉を使う文章を自分で作ってみる学び方がありますが、まるでそうやって出てきた文章の様に、模索しながら使い方を取り違えているのと変わらない、「使い方/(外国語勉強風の)観念」がズレた表現がよく見当たる点です。


更に、こうした誤用された、若しくは『真新しい(辞書にある説明から少しズラした/劣化された)意味』で使われた表現が、異様に集中的に一定時期氾濫する、という変な傾向もあります。

これらに因って、考え無しに新たなニュアンスで「連呼」される為に、それに最終的には「慣れて」しまうと、思考に欠かせない&便利な道具(=本来のスケールの概念のままの言葉)が、つまり、本来の複雑概念ごと劣化され、つまり、使い道の無い劣化観念で上書きされていくと、余計正確に考えるのが困難になります。
まるで、まっすぐ走らなくなったり、意図するスピード通りのスピードを出さなくなった車ばかりが車庫を埋めて行く様なものです。


常に良く考えて居れば、おかしな(外国語の新語彙を試しに使って、使い間違えたみたいな)箇所に気が付き易くなりますが、
ところで、これは

1:「故意」なのか、
2:本格的に基本概念が貧相になってしまったからか、
3:そういう『層』がそうした作業場を占める様になってしまったからか…?

その辺りが、良く判りませんが、その全てかも知れません…。
[追記(2012-03-15 23:01ish): つまり「1→3→2」]


その気がある人個人で注意しながら自分のMINDを守るのが、先決でしょう…。


考えられない世界になっちもーた(!)。
編集 / 2012.03.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

"SYSTEM"




The System

   Many people grow up in society never realising that the world is not really controlled by just governments but it’s also controlled by a system.
 Some people might consider this system similar to another government that operates outside of the mainstream government.
 The system is more structured and less democratic than many of us realise, or are willing to believe.

 The system that really exists and that controls society is really made up of the powerful and elite, Corporations and Governments.
 The powerful elite, do not care who is in government, because they will always have the primary say with how things go, and what the final outcome is.
 The same has become true for corporations, and powerful interests.
 Then there is the will of the government, the body that appears to be elected by the people, but who is there to really serve the will of these powerful interests.
 To keep the system in place and running smoothly, there are appendages that are set in place to teach the population how to act, think, behave, and yes how to conform to the system.
 The system wants people to come up thinking that they are completely free and can act, think, and feel however they choose to.
 This is true to an extent, as long as your interest do not run too contrary to what the system has in mind.
 
 Once your interest start to run contrary, or you do something to step out of what the system considers acceptable boundaries, that is when you enter the Targeted Individual zone.


School
 
  This is the first appendage that the system has in place.
 School is suppose to be there to educate you, to let you know how wonderful your life is in this democratic country.
 How lucky you are to have democracy, freedom, the right to free speech, free thought, and the right to act.
 Some of this is true, but in reality, you have these rights as long as your actions do not run too contrary to what the system wants and desires, again once this happens it’s another ball game.
 Today the hyper-active child is sought out and put on medication to keep them in line.
 What was normal childhood behavior 50 years ago, is now medicated away.
 If parents refuse, their children can be forcefully drugged against a parents will.
 Thisis just one way a parent could find themselves an enemy of the state if they resist this.
  What happens now even before children get to school, and will be happening more frequently is that families will be receiving visits from the health nurse.
 This person will come into your home and make sure that you are doing everything from the start to raise your children up in a way that is agreeable to the state.
 This in another time period might have been seen as somewhat envasive, but in countries such as the UK, this will become the norm over the next few years.
 Once children are in school, their education of conformity and control continues.
 Years before they ever enter school, their conditioning will have begun with the media and the television.
 Once in school they are taught to be susceptible to peer pressure.
 They are taught to obey authority figures.
 They are taught in subtle ways to not question the system.
 They are taught how to act inways that will make them be good andacceptable citizens as they growolder.  The once that fit into the system the most, advance the quickest.

 The ones that do not, will often have many obstacles to face.


 In one major Canadian city it was noted that 50% of ethnic minority males often dropped out, or were pushed out of schools before the ageof 16.
 Due to the new zero tolerance programs that had been implemented.
 When reviewed it was discovered that those programs were targeting these ethnic minority students.
 The zero tolerance program is being revamped, but not before it was able to provide a generation of young ethnic males whohad no education, very few choices,and were very much at the mercy of thestate, and their desire to create a generation of civilian spies who are loyal to the state.


Work

   Often by the time school the media and any religious affiliations are finished with us, we go off to look for a job.
 We go to these institutions never questioning why things should be this way.
 Work is just another branch of control and conformity.
 Those who can pretend to get along well, or who fit into the structure the most advance. 

 Others who do not, or who question the system in some way, will be bullied, mobbed, out of the system.


Religion 

   Religion is primarily another system of control and conformity.
 Most individuals are aware to a degree of how structured religion can be.
 They should be aware that people can and have been socially annexed. 
 Religious views, values and beliefs are deeply regulated. 

 In society we often think that we have made great strides when it comes to separating church from the state, but the control and conformity the church loses, the state picks up the slack.


The Media
 
   They call it television programing fora reason.
 Everything we see, hear, absorb from the media again teaches us how to conform, what we should strive for, how we should look, think, act, feel.
 It’s again another way we are controlled and socialized.
 Most of us are plugged into the mediain one form or another from the time we are born, until we die.
 We trust it, and it often helps to tell us what our views values and beliefs should be.
 Most people do not realise the impact this has on them, but it has a great impact on molding what people think, believe, and even how they act.

 When subtle social conformity fails what happens next?
 That is what we are seeing now.
 When these forms of subtle social conformity are not enough to do the job, then other forms of control are put into place.


Targeted Individuals
 
   When these more conventional methods of control and conformity fail, then individuals can become targeted by the system in several ways:

Socially annexed
Mobbed/Bullied
Contelpro Programs
Gang Stalking
The Buzzsaw



Covert War

   There are many ways that individuals can be made to be brought in line, from the simple, subtle methods of peer pressure, to the more extreme.
 Many Targeted Individuals found that something about them, and their personality profiles made them fall into this category.
 From experience many of the Targeted Individuals that I have come across have a lot of the same characteristics.
 They would fit very nicely into the reasons people are targeted for bullying.



  -The girl at work who is sexually harassed, and decides to take the corporation to court, and will not stop fighting the system, could easily become a Targeted Individual. 

  -The student who is mobbed or bulled out of school that decides to take the facility to task, might also become a future Targeted Individual.

  -The parent that goes up against the school board, or who refuses to give their child the latest newly approved STD vaccine, might have problems if they refuse to comply.

  -The journalist who goes after the story that the state would rather see killed. 
Such as Journalist who go after 911 truth, and other such stories. 
They will find themselves at the mercy of the buzzsaw.

  -The Activists and Dissidents who are too outspoken, such as Judi Bari.
They might find themselves targets ofCointelpro, or other such programs.

  -The whistle-blower, who told on the big bad corporation, might also find themselves targeted by the state.

  -The church member that has decided that they do not wish to be part of that new church that they had just joined, might find themselves being stalked and harassed in the same way.

  -The unknowing person, who just happens to upset that powerful person who is apart of a powerful brotherhood, who has connections. 

  -They might also find that their lives and future career goals and ambitions, are subtly stripped away.

  -The wife who tries to leave her abusive ex-spouse, who just also happens to have the right connections.

  -Many spouses of police officers, have reported similar types of stalking and Targeted Individual types of harassment.

  -The average guy who stands up for that other average guy who is being bullied. 

  -If you accidentally step into the wrong situation, and thaw the efforts of some of these people, you could find yourself the next target of their harassment.



    The examples above are just a small sampling of how someone might become a Targeted Individual.
 Once you fall into this category, your harassment might range from subtle harassment, to outright gang stalking, and electronicharassment. Society is not what mostpeople think it is. What we see, theworld around is an illusion in many ways, the sooner we come to that realisation the better off we are.
 
   Once targeted by the system, many of us are unable to find help or assistance and will face a lifetime of harassment.
 To date the best thing that we can do for ourselves, if exposing what is happening.
 Most of society takes part in these sorts of harassment in some way shape or form and so it is very imperative that we be cognizant of the bigger picture, and realise that we are up against a system of control and conformity.

編集 / 2011.05.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
《復刻》『アメリカのテロ対策と悪化勢力スパイ増加』について【進化社会】記事より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》



-以前大量に自分の記事をミラーからともども大量に削除してしまった記事の一つ。-
ORIGINALは2010年10月10日16:56の記事

復刻》
『アメリカのテロ対策と悪化勢力スパイ増加』について
【進化社会】記事の《コピペ》とその私訳。

【進化社会】記事より。
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10591182894.html#cbox

2010-07-24


アメリカのテロ対策関係者85万人 中に悪化勢力スパイ増加
Americans Involved in the COnter-Terrorism Acts rose to 850,000
Within it are increasing number of moles from the
"Depraved" the Diabolical and Destructive Forces


テーマ:総合
Theme: General Articles

 アメリカの有力紙、ワシントン・ポストは19日、アメリカ政府の諜報活動について、2年にわたる取材の結果を特集記事で伝えた。その中で、アメリカ政府は、9年前の同時多発テロ以降、テロリストへの対応を強化した結果、テロ関連の最高機密情報を扱う機関は大幅に増えて、政府と、政府から委託を受けた民間の機関をあわせて3000を超え、その拠点はアメリカ国内だけで、およそ1万か所に上ると伝えた。また諜報活動のための去年の予算は、9年前の2.5倍余りの日本円にして6兆5000億円に上り、活動に当たる関係者は、首都ワシントンの人口の1.5倍のおよそ85万人。元政府高官は、ワシントン・ポストの取材に対して「プロジェクトの数が多すぎて誰も全体を把握できていない。アメリカが、より安全になったかどうかすら確認できない」と話している。記事の中で、去年の12月にアメリカを飛行中の旅客機の中で起きたテロ未遂事件などを例にあげて、事前の情報が生かされなかったのは、組織が巨大化したことによる連携不足が原因だとして、諜報機関の整理統合の必要性を指摘。
  A major American Newspaper, Washington Post reported on the 19th that
it released the the outcome of their research of the past 2 years of
investigations into Ametican government's own Intelligence gathering efforts
into series. The report says that during the 9 years since the terrorists attack
on the Twin Tower, the American government has enforced its defence
strategies significantly, and as a result, the number of organizations which
was involved with the highest security intelligence has increased its number
unanimously, that both governmental and non-governmental organization
which received the order rose to over 3,000, with the stations designed for
the activities numbered around 10,000 within the U.S.A soil only.
Also, the budget towards the Intelligence gathering for the last year rose to
2.5 times more than that of 9 years ago, which was 日本円にして6兆5000億
円, the number of individuals involved with this action increased by 1.5 times
within the same frame to approximately 850,000. Then-Secretary in the
government spoke to Washington Post, "No one is able to grasp the whole
picture of it because of too many number of projects being run for it. We
cannot even claim that the situation in America has improved by it or not
either." In the same article, it also states adding the reflection of the
attempted Terrorists attack in the American Passenger Plane which took
place in December last year, that the Intelligence Organization needs more
reorganizing and cooperation because it failed to prevent the incident( of
December) as it could not pass the information in time because of the
inflamed size of the organization itself, resulting failure of the flow of
information.


9.11同時多発テロ(September 11)

 部落在日軍は、9.11同時多発テロは、Al-Qaedaだけでなく、Bush政権やユダヤ勢力の陰謀だったと宣伝し、情報を配信した。そこでインターネットに、そのようなページが氾濫している。それにユダヤ側から説明や反論が無いから、多くの日本人は、そう思っている。部落在日軍の主張が正しいかどうかユダヤ勢力が説明してもらいたい。
Alien population militia groups within Japan have been propagating to the
Japanese citizens that the 9/11 terrorists attack was not done by Al-Qaeda,
but by the Bush Government and the Jewish Hierarchy who conspired it.
Becauese of this, we see flood articles that back it up flooding the recent
websites. The Japanese population now believe it because the we hear
no objection or explanation from the Jewish side at all. We would love to
hear the explanations regarding this whether what the assetion of those
populations inside Japan as above are truthful or not.

アメリカ版情報省?
DHS Department of Homeland Security

 アメリカ国土安全保障省(アメリカこくどあんぜんほしょうしょう、
U.S.Department of Homeland Security、DHS)は、アメリカ合衆国連邦政府の組織の1つである。 テロリストの攻撃と自然災害から国土の安全を守るために、2002年11月に設立された。
DHS, Department of Homeland Security is one of the U.S.A. government,
established in November, 2002, for the purpose of Protection of the
American soil from Terrorists attacks and Natural Disasters.

 しかしテロ対策より、悪化勢力に反対する人達を監視したり、脅迫する、その他のおかしな行動で注目されるようになった。
However, it became more obvious that instead of defending
people from terrorists attacks, it began surveillancing people
who are against the "depraved" forces, and then by using
intimidation and other suspicious activities against them.

 DHSの秘密を最初に暴露したのは、日本の女社長だ。今では、部落在日軍が、DHSのすべてを暴露し、裏で日本の情報省と似たことをしていると言いふらしてる。
The first person who exposed the secrets of DHS was a japanese female
CEO. By now, every segment of alien populations inside Janan is
exposing it and are boasting that they are now ably doing things what only
the Intelligence Ministry could.

 情報省は、『警察やマスコミ各社の受付をスパイで押さえている。悪化技術を回収した技術者は、届けに訪ね、警察やマスコミの受付で門前払いされた。そこで装置をFBIに届けようと渡米した。その技術者は、DHSの捜査官に入国を阻止され、強制送還された。その後、技術者は、大使館にVisaを申請したのに、DHSは拒絶した。』などと広報してきた。スパイ捜査官がテロを応援するのか、DHS全体がテロを応援するのか、調査する必要がある。
The Itelligence Ministry has been making a public comment as,"the spies
are controlling the Police Force and Mass Media. A Technician who went to
the Police Dept. and the Media to remove the bugging systems out of them
were rejected at the entrance. So the person left to the U.S.A. in order to
pass the device to the F.B.I. The Technician was then refused to make the
entrance clearance by the DHS Security officer at the port, and was forced
to be sent back to Japan. The technician then visited the American
Embassy to obtain the Visa for that purpose but again the DHS had the
person refused."
There is a need to investigate whether the Spy inspector or the whole
DHS that is supporting terrorists.

(続きはリンク先で確認して下さい:『進化社会』
 
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10591182894.html#cbox )
*************************************


編集 / 2010.12.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
An Exerpt from Wikipedia:
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》


From Wikipedia, the free encyclopedia
(Redirected from
Black operations)

 A black operation or black op is a covert operation typically involving activities that are highly clandestine and, often, outside of standard military protocol or even against the law. A key factor in making an operation "black" is that it is carried out with great secrecy; in many cases no records of the operation are kept. Similarly, a secret budget (such as for military or intelligence operations) is called a "
black budget".[1][2]

Origins

 
 
Black ops missions often fit into the
plausible deniability category, in which there is no claim of responsibility for the action, and/or a false flag operation is used to give the appearance that another actor was responsible, or – most often – black operations involve extensive arrangements so as to be able to hide the fact that the black operation ever occurred. Black military operations, or paramilitary operations, can be used by various secret services to achieve or attempt to achieve an unusually sensitive goal. The methods used in black operations are also used in unconventional warfare. Depending on the precise situation in a given case, and the level of authoritarianism of the national government or other responsible party, some tasks will be conducted as black operations, while there are usually other activities that can be admitted openly. Black operations may include such things as assassination, sabotage, extortion, spying on allied countries or one's own citizens, kidnapping, supporting resistance movements, torture, use of fraud to obtain funds, use of child soldiers, human experimentation, trafficking in contraband items, false flag bombing, etc. "These super-secret operations involve carrying out targeted killings and conducting severe interrogations, even working with foreign intelligence and security services and commando forces to carry out dirty work that the nation's law prohibits."[3] 

  In business any high-risk assignment, proposed and funded by the employee using his own time on company equipment with the manager's consent and understanding that the company owns the results, is also referred to as a black operation, because no entries exist for said project in the company's task planning or scheduling.

 If the project fails, then the employee pays the price of their failure. If the project succeeds, the employee is compensated and even, sometimes rewarded for initiative.

Examples in recent American history

In 2007, United States president George W. Bush authorized the CIA to undertake "black operations" in Iran in order to promote regime change as well as to sabotage Iran's nuclear program.[4][5]

■General Stanley McChrystal authorized "black" operations to find and kill senior terrorist and insurgent figures in Iraq during the Iraq War there.[6][7]

■In 2007 the
Central Intelligence Agency declassified secret records detailing illegal domestic surveillance, assassination plots, kidnapping, infiltration and other "black" operations undertaken by the CIA from the 1950s to the early 1970s. The secret illegal CIA activities included wiretapping of major columnists, and the surveillance of other American journalists, CIA surveillance of thousands of peace activists, and a number of CIA break-ins in the U.S. [8]


管理人注:
また、CIAは、世界の主なカルトを作り上げ、指導し、動かしてきたと言う調査・情報も多く突き当たっております。
軽率にCIAやアメリカ軍に日本のカルトからの救援を求めるのは
1、愚の骨頂
(万が一にもまともに取り合われてしまった暁には、日本の被害者全員が手渡されたと同じ状況にする位、あちらにしてみれば朝飯前でしょう!!)
 2、軽率であり、稚拙ですので、注意が必要です。


編集 / 2010.12.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
アブラハム・リンカーンが集団ストーカーを軽蔑していた事が判る「名言」を残している。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
アブラハム・リンカーンが集団ストーカーを軽蔑していた事が判る「名言」を残している!!


 先日の記事に載せたリンカーンの名言:

◇"It is true that you may fool all of the people some of the time;
  you can even fool some of the people all of the time;
  but you cannot fool all of the people all of the time."
  - Speech at Clinton, Illinois, September 8, 1854
 「 すべての人を一時的に騙す事は出来る;
   一部の人を騙し続けることさえ出来る;
  しかし、すべての人を騙し続けることは出来ない。」
     (Translated by this blogger) 
     (...therefore this is NOT the best translation!)

   ...の詳細を(間違えたく無かったので)調べ直したついでに、他にも気に入ったアブラハム・リンカーンの言葉をもう少し写しておいた。

 その一つで、どうしてもこのBLOGに出しておきたいと思ったのが以下の名言 by Abraham Lincoln。
これは、アブラハム・リンカーンがどんなに集団ストーかを軽蔑していたかを見事に表す一つだったので、紹介します。

"  You cannot help the poor by destroying the rich;
   You cannot strengthen the weak by weakening the strong;
   You cannot bring about prosperity by discouraging thrift;
   You cannot lift the wage earner up by pulling the wage payer down;
   You cannot further the brotherhood of men by inciting class hatred;
   You cannot build chqaracter and courage by taking away men's initiative and independence;
   You cannot help men permnanently by doing for them what they couold and should do for themselves."


「  金持ちを破滅させる事によっては、貧乏人を助ける事は出来ない;
   強い者を弱くする事によっては、弱い者を強くする事は出来ない;
   節約をさせないことで、繁栄をもたらす事は出来ない;
   雇い主を引き降ろす事によっては、雇われ者は昇格することが出来ない;
   階級間の憎悪をあおる事によっては、人々の間の友愛を深めることは出来ない;
   主導性と独立心を奪うことによっては、人間性と勇気を築き上げることは出来ない;
   自分で出来る事とすべき事をしてあげる事によっては、結果的に助けてあげる事は出来ない。」
(Translated by this blogger)
(...therefore this is NOT the best translation!)











編集 / 2010.10.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【復旧】『隠れ蓑としてのアミシュ』より。by C.Wheeler & F.Springmeier[Originally posted @ 2010-10-19 02:57:47]
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
[Originally posted to my mirror @ 2010-10-19 02:57:47]


投稿しなおし。(一度マインド・コントロール下に置かれた様で削除してしまった!)

 大人しく,一見無害なアミシュが、イルミナティにとっての格好の隠れ蓑であり続けて来たらしい、フリッツ・スプリングメイヤーとシスコ・ウィーラーの共著の中にあった、アミシュについての説明が、異様に日本の数年前までの(今も?)日本人にそっくりで居心地の悪いものを感じた部分を抜き出してみた。


[ Brackets & Emphses = mine]
(omit 2 paras)

   He (=Frits) also knows first-hand that Illuminati slaves, some of who are programmers, have been infiltrated by the Illuminati into Mennonite churches. 
(omit lines =For the details,see the complete version on the link)

(omit 3 paras)
   However, there is an active witchcraft practicing occult group within the Amish which is like a box within a box within a box.  It is very secret.  (omit 1 line)

   The rise of Satanism within their ranks is simply a natural outgrowth of the spritual dynamics.  There were two trees in the Garden of Eden, one was
(( omit))

   The Tree of the Knowledge of Good and Evil (religion)(=original brackets) includes both Law (good)(=original brackets) and license (evil)(=original brackets).  As soon as a group gets legalistic, they fall from grace.  They then separate themselves by their performance and say in effect "look at what we're doing" which is a form of pride. (omit lines)

   When a group gets legalism, they also get liecense, because the two grow from the same tree.  (omit 6 lines) A lot of compromise and looking the other way is done for the sake of peace.  "Peace" at any price is the name of the game.「集団(集合体)が形式主義を取り入れると、そこに放縦も同時に存在する、というには、この二つは同じ一つの木に成る実だからである。(omit 6 lines)「多くの妥協と見てみぬ振りが、平和維持の為にされて来ている。何はさておき『平和』が何より大事なのである。」
Even before prayer is said in church the minister calls out, "Wenn  mer eenich sin, wella mer bete." This translates, "If we are in one accord, then let us pray." Because peace is so important, they are out of balance in getting it.  They place peace far above truth.  In order to have the appearance that everything is well, secrecy pervades everything like the air one breathes.  Because their whole culture is secret, children raised in it aren't aware of how strong it is, it is simply a way of life, like it is for the Illuminati.
「『平和』が余りにも大切であるが為に、本末転倒してさえいる。というのも、『平和』であることのほうが『真実』よりもより重要視されてしまっているのである。全てが難なく行っているかの様な外見を維持しようとしているので、『隠蔽』が呼吸をするように何にでも染み渡ってしまっているのである。(彼らの)文化の全てが『隠蔽』であるが為に、そこで育った子供達にとって、それがどんなに強烈であるかに気が付いていない。それは単に当たり前の生活形態なのである、イルミナティにとっても同様なように。」

   Legalism values conformity.  Conformity prefers robotic obedience over understanding. In fact, one Bishop told Fritz, co-author of this book, "We don't want our young folks to understand why they do what they do, we only want obedience.  Understanding is dangerous." Does the reader begin to see how the Amish make both the perfect setting for Monarch Mind Control and the perfect cover.  「形式主義は《右へ倣え》(=「周りとの調和・服従・迎合」)(=
conformity) を重視する 。《右へ倣え》は、機械的に服従する事を、理解に基づくそれ以上に尊重する(好む)。実際、この共著者であるフリッツに対してある聖職者が言った事が、「私たちは、若者に自分のする事に付いて理解出来る様になってもらいたくない。ただ、従順だけ求めている。『理解』は危険なものだ。」 読者あ、これを読んで、アミシュではどの様にモナーク・マインド・コントロールの奴隷と、完璧なカバ-が同時に作り上げられているか、見えて来たであろうか。」 (omit lines).

(omit lines)
  
   (omitted lines)  Most Amish are content to know that the way they do things " was always done this way" and that their elders and forefathers were gifted men who examined things very closely.  Their social norms were not intellectually questioned by most Amish, but then American society has been very isolationist in the world and few Americans question their society & norms.
「アミシュの殆どは、自分達の暮らし方に満足していて、長(おさ)や父祖達こそが物事を詳細に検討しテイテもっとも知恵がある。 殆どのアミシュは自分達の社会通念に付いて知的に問い直すことは無い。が、アメリカの社会とて世界的に比較して可なりの分離主義であって、自分達の社会やその通念に付いて問い直そうとするアメリカ人は殆ど居ない。」

   American even rebel in the prescribed fashion, whatever the elite tell society is the "in" "cool" "hot" stylish way to do things.  The Amish are similar to the Mid-east culture in that they have a very indirect approach to saying things.  They do not consider it proper to speak with a negative connotation about anybody. They also instinctively give pat answers to outsiders to blunt questions.  These pat answers border on being rigid, prejudiced, and simple...「アメリカ人は、物事に反抗するにも,社会のトップが“これが今の主流だ(の反抗の仕方だ)、かっこいい、受けているやり方だ、”と、示す通りにしか反抗しない。 アミシュは、中東部の文化(精神風土)に似ていて、非常に遠隔的な(間接的な・回りくどい)言い回しをしようとする傾向がある。彼らにとって、誰に付いても、否定的な意味合いで話す事をお行儀が良いとしない。また、彼らは外部の人間に対しては本能的に決まり文句で返答し、そうする事によって、角が立たない様に済ませようとするのだ。こうした決まり文句に到っては殆どギクシャクして、固定観念に縛られていて、そっけない程である...(omit lines).
   The Spirit of Witchcraft never left the Amish.  It has always been with them.  The folk witchdraft is called Brauche, and the craft is kept secret by old men who pass the icantations down in secret.  When the Amish moved to Pennsylvania, they moved in the next door to Rosicrucians.  When the Rosicrucian settlements fell apart they joined the Mennonites, thus bringing their hermetic magic along with them.

   Somewhere within the Amish were some families that were under cover for the Jesuits, and were sent in as spies long ago because they were corrupt.  These familes have been generational Satanists, which practice pedophilia and other crimes in the safety of their isolation.  They were placed within the Amish to help the Catholic church destroy the Amish.
 
   In Europe that happened under Hitler, when all the Old Order Amish were arrested in 1938 and wiped out of Germany. Prior to WWII, the Nazi's part of the Illuminati sent over a number of programmed multiples which set up an unnamed cult in upstate New York.  This cult was to help Hitler take power in the U.S. when the Nazi's won the war.  They did not win the war, but 60 years later this Satanic cult still operates.  Now 2nd and 3rd generation programmed multiples are now part of this cult.

   Somehow this Illuminati mission coordinates with the Illuminati project to get Hitler's bloodline hidden among the Amish although the authors are aware of Hitler's descendants being in Oregon, and Washington as well as Pennsylvania.  One of them in Portland, Oregon works for the Federal government.  Lancaster County is sometimes referred to as the mother church.  This was one of the original counties which the Amish settled in when they first came over to the New World.  William Penn invited Rosicrucians, Amish, and other dissident religious groups to Pennsylvania.
......






編集 / 2010.10.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
再読のススメ:“PROTOCOL of ZION #10"(夕べ大量に記事を削除してしまいました~(笑)!ここに一部を復活させます~!)
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

Originally Posted on 2010-10-17
〈 再読のススメ 〉

PROTOCOLS
OF
THE LEARNED ELDERS OF ZION



Protocol 10[PART] - 
Complete Version 



"  How indeed are the goyim to perceive the underlying meaning of things when their representatives give the best of their energies to enjoy themselves?"


"  By inculcation in all a sense of self importance, we shall destroy among the goyim the importance of the family and its educational value and remove the possibility of individual minds splitting off, for the mob, handled by us, will not let them come to the front nor even give them a hearing; it is accustomed to listen to us only who pay it for obedience and attention.  In this way, we shall create a blind mighty force which will never be in a position to move in any direction without the guidance of our agents...  The people will submit to this regime because it will know that upon these leaders will depend its earnings, gratification and the receipt of all kinds of benefits."
「 ゴイムに自己重視の意識を植え付け、家庭とそこでの教育の重要性、また、そうやって心が分かたれてしまう可能性を避けようとする(努力)等をことごとく破壊してしまい、我々に動かされているところの群集が彼等に前面に出て来る事も、また、その声が聞かれる事も無い様にてしまう。 それというのも、群集は従順に心して、我々の言う事以外には耳を貸す事が無い様に慣らされれてしまっているからである。 こうして、我々は、我々が送り出す者(=Agent)のガイダンスに拠らないでは、(自主的には)決してどの方向にも行ける立場には無くなった盲目な勢力に作り上げられてしまう ... 人々は、そういった政策(=Regime)に服従する、というのも、群集は生活の糧も、満足も、又その他全ての利益を、こうしたリーダーに完全に依存しているからである。」

"  When we introduced into the State organism the poison of Liberalism its whole political complexion underwent  a change.  States have been seized with a moral illnes - blood poisoning.  All that remains is to await the end of their death agony.  Liberalism produced Constitutional States which took the place of what was the only safeguard of the goyim, namely, Despotism.... Then it was that the era of republics became a possibility that could be realised; and then it was that we replaced the ruler by a caricature of a government - by a president, taken from the mob, from the midst of our puppet creatures, our slaves.   This is the foundation of the mine we have laid under the goy people."


"  The recognition of our despot ... will come when the peoples, utterly wearied by the irregularities and incompetence --- a matter which we shall arrange for --- of their rules will clamour, "Away with them and give us one king over all the earth who will unite us and annihilate the causes of discords - frontiers, nationalities, religions, State debts - who will give us peace and quiet which we cannot find under our rules and representatives."


"  Thus we must utterly 'exhaust humanity with dissention, hatred, struggle, envy and even to use torture, starvation, the inoculation of disease and want, so that the goyim see no other course open to them than to take refuge in our complete sovereignty in money and in all else.  But if we give the nations of the world a breathing space the moment we long for is hardly likely ever to arrive."
「 この様にして、我々は完璧に “分裂・憎しみ・闘争・羨望、また、拷問も利用し、疾病や飢餓を蔓延させる事によって人類を消耗させ、そうする事に因って、ゴイムは我々による金銭とその他全ての上への完全なる君臨の内に逃避して来る以外にとる道を見出せなくさせる。 但し、仮にも世界の諸国に息継ぎをする猶予を与えてしまった場合には、我々の望んでいる結果が到来する可能性は殆どなくなってしまう。」








編集 / 2010.10.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
06 | 2019/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。