FC2ブログ
『成り済まし』(?)が執拗で困っ
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
『成り済まし』がしつこく、本当に迷惑している。

私は、どこにも書いて居ませんので、どうぞ判って下さると助かります。自分のブログすら書いて居ませんので…

ああいうのは、決して私ではありませんので、どうぞ宜しく。一度もああいう事はして居りません。


では、料理に掛ります。
スポンサーサイト



編集 / 2014.03.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
『流出関連で一言…』投稿後
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫

《2013年09月14日22:29》【訂正箇所】:訂正=本文内の赤字の部分(ザマス)。『22:29』→『23:29』


   14:25頃に投稿した『流出関連で一言…』が先程23:00頃に未だ投稿が反映されていなかった為、23:03に再度出したところ、最初の1434付けの記事が、2度目と同時に公開されました。(22:59にデジカメで撮影した、『流出関連で一言…』(その壱)が未だに反映されていなかったトップ画面の証拠画像アリ)。
(今アップしたx4。↓)</font>

◇22:59=『流出関連で一言…』No.1【14:34投稿済みのはずだったもの】は、未だ投稿が反映されていなかった。↓
evid01


 ◇22→23:29=『流出関連で一言…』No.2【23:03投稿した】と同時に纏めて投稿されていた。↓
evid02

◇この記事送信後、まだ出て来て居なかった↓
 evid03 

◇送信数分後には反映されました。↓
evid04 
 
   成り済ましや誹謗中傷が証されて何故、された私が一種の圧迫を受け始めて居るのでしょうか...??
した者が嫌がらせ、圧迫etc.を発注しているのかな?



編集 / 2013.09.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
流出関連で一言…
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
某匿名掲示板での流出云々のおかげで、犯人による成り済ましも誹謗中傷もバレて、私に擦り付けられたデマやとんでもない疑惑や誤解・思い違い・誤ったイメージなどが払拭されて行くのかなと、確かに期待はありましたが、解決に向かう様子は、少なくとも地域生活では殆ど皆無です。
寧ろ逆の対応がありますが、
何故でしょうね…

この流出さえもがさらに多重に誤魔化されてはいないか気になるところです。

何度か検索してみましたが、私は未だそれらを読んで確認しきれずに居ます。
編集 / 2013.09.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
no title
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫


私には、前科も何も無いのに、まるでその様な人物といった様なデマが流されているか、その様な情報にされている気がして来ました。

人聞きの悪い表現等々出たり引っ込んだりしています。


しかも、一昨日は小樽運河辺りの観光地へチラッと訪ねたのですが、そこでも変な応対の連続がありましたが、至る所、まるで万引き魔か何かとして警告でも流されて居るのではないかと疑いたくなる様な不審な嫌な扱い等々が有りました。

(過去に記事にもしたように、嘗ては、頻繁な嫌がらせや破損の難に遭う度に警察に来て貰い、玄関で聞いて貰う事が多かったのですが、その度に、何故か私の方を嘲る様に見て行く野次馬が増えて来て、被害者なのにまるで私「が」職務質問か何か嫌疑で訊かれているかの様に、事実を『逆に』摩り替えて近所に振れ回る嫌がらせがあった時期も過去にならありましたが、その事も思い出しました。)

編集 / 2013.05.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
先日のYoutube記事き関して
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
先日書いた《TRANSCRIPT》Youtube:『...Jesse Ventura "Brain Invaders"』ですが、
ダンカン博士の言葉は、話されている通りに書きました。
グラマーですが、ダンカン博士は、書籍でも(書き言葉)、普通のグラマー通りには書いておらず、読むにも難しいです。(多分頭が良過ぎて、一度に言いたい事があり過ぎる等から、要約して大事な点だけでまとめてしまう、とか…知りませんが、)
私でなく、博士がグラマーを踏まずに説明しておられますし、尊重してそのままにして置きました。
編集 / 2013.05.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
[書き足しあり@14:48]レス
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
昨日書き込みが拒絶されたので、記事にして置く。記事というよりは、webのlog=字の如し扱い〜
(アンカーだけふせたが、本来ふせるのは黄身が悪いので絡まれないなら安心して戻すかも知れない。:

  ダブル・バインドでよく見かける表現が、ターゲットについての一『長所(=好印象のあるイメージ用語など)』と、加害者側が印象操作したい(=世間に与えたいターゲットについての印象)と思っている全く関連性の無い『短所(=悪い/ネガティヴな性質をあらわす言葉)』をパッケージにして文章にしてしまうやり方です。
下記の例では、不健康なカルト思考回路の水路付けを与えるものの考え方・受け取り方を「出来たら知りたくもなかった」と言った場合、被害者を装った表現で、『盲目として』【幸福に】歩んでいる(盲目と幸福は同一とは言えないにもかかわらず。)、だとか「見猿聞か猿言わ猿」という消極的な認識態度と同意義に書き込み、さりげなく要点を変えていくため、あたかもターゲットが盲目的な態度を幸福な歩みであると思ってでも居る様な勘違いを植え付けてしまう、などです。
 この点にこだわっているのではありませんが、いちいち過去の書き込みなどを遡って見つかる他のダブルバインド風の『ターゲットの長所&工作員の吹き込みたいネガティヴ語』を一纏めのパッケージにした書き込みがちょくちょくあるため、一度は触れておこうと思い、ごく最近の例として取り上げてみた訳です。
 精神的にも健康である為には、精神的なウイルスや『バイキン』を出来るだけ避けるのが、普通の反応で、書き込みなどでも、これは変だ、と思ったら、普通特別な事情がない限り深読みを避けたりすると思うのですが、これは別に『知らぬが仏』的な消極的な認識態度のことではなく、自己管理の上で情報やアイディアの選択の意志を働けせているだけなのに、やはりカルトは自分たちの様な破壊的・不健康な思考回路を与えて洗脳したいでしょうから避けられるのは嫌なのではないでしょうか?そこで、ここにあるように。自分たちカルト思考避けて通ろうとすると『盲目』だという事と一パッケージにしたり、「見猿聞か猿言わ猿」態度を選んだからであるかのような誤った説明を入れて、一種の圧力にしようという意識がうかがわれます。

 これ以外にあった『事実上の長所と工作員の印象操作用のネガティヴ語の融合化』の例は、時間があったら持ち込んで、書き足しておきます。
 書き足した際は、ブログタイトルに【補充】とでも入れていこうと思います。



>>●8△ の
「>盲人として」×「幸福に歩んでいる」も
↑『ダブル・バインド』型。↑:
・知る必要の無い『(加害者側の)悪徳不健康思考回路』を知らない、又は「知りたく無い」事が『>盲人』なのではなくて、キチガイの不健康な思考回路の水路付けは「百害あって一利なし」だから。
通路に汚物が落ちていたら避けて通るし、「見たくも無かった」と思うのと同じで、『見ざる言わざる聞かざる』とは似て非なる話です。
自分達の刷り込みたいカルト思考を相手が拒んだら「盲目として歩んでいる」だとか『見ざる言わざる聞かざる』と言うのはカルト側の人間の屁理屈。

「>盲人として」で無ければ「幸福に歩」めない訳も無い。寧ろ逆。
祐徳な事に聡(さと)く在るには盲目では居れないし、逆に不健康な思考回路が祐徳な事に対して盲目にする事も多々ある。
カルト思考が祐徳な思考に逆流する。

寧ろ知ってはならない事を知るようになることで、知るべきことに対して盲(めくら)になるのかも知れない。
人間の脳は、使った思考回路に応じて、思考の『水路付け』が出来てしまうからである。

タゲや第三者が、加害者側の悪徳思考に疎く在りたいからと言って、決して「盲目」として歩んでいるのではない。

それが汚物か否か、有害思考回路か否か…を見極めるには寧ろ視界が明晰で無ければ難しいからです〜

編集 / 2013.03.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
もう成り済ましは辞めて欲しい
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫

成り済ましは狡猾で最も卑劣な潰し手段!
本人が取ってもいない悪態をついてみせると同時に、
また、その本人が実際に書いた事を別人のHN人物が書いたかの様に誤解させる、
...等も同時に織り込んであった。

不毛な労力不必要な心労を押し付けて来て、周囲にカリカリした不健康な状況を強要する、
「本当の、真正の、『キチガイ』が扇動して関係者を纏めてキチガイに仕込んでいる、」
...という印象を、と言うか、確信を抱かさせて戴きました...。

因みに、関連する時間帯の私のネット利用状況は…:


11月17日:
[15:34]
・書き込んだ×1レス

11月18日:
[21:31]
・質問スレで書いた。

(以下、全く書いていない時間帯。)

[21:32]
・ログオフ。

[21:33]
・バッテリー&SIMカードを取り出した。

[〜22:30位まで]
・針仕事

[〜22:35]
・手洗い/ヤカンで湯沸かし/コーヒー&お菓子の準備

[22:35〜]
・SIMカード&バッテリー挿入

[22:36〜]
・h板リストの1ページ目をROM

[〜22:42]
・スレを4コ見てみた

[22:43]
ネット終り

[22:54〜]
・ネット再アクセス
・シベリアROM

[23:07〜]
・h板トップページ再アクセスでROM
・スレッドを二つROM

[23:11]
・シベリアを二秒見て、

・悩んでから、
これをブログ投稿して置く事にした。


編集 / 2012.11.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
書いていなかった時間帯もう一つ
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
2012年09月24日【月曜日】午後9時前後頃、心とか宗教関連や今現在538やその他類似箇所。



私が堪らなく思う点は、何故、こういう匿名掲示板の悪意の書き込みを鵜呑みにし、間違われた者の心や人間性を誤られ、実際的な決断を下されたりする事。
本当に書いたのは当人ではないのに本気で憎んだり恨んだり軽蔑したり好きになったり…あらゆる現実的な『決断』に至ってしまう事(!)。




編集 / 2012.09.29 / コメント:: 1 / トラックバック:: - / PageTop↑
日記かな?…報告かな~?(また【成り済まし】?)
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
 今日は夕方帰って来た。A4ペーパー山ほど買って来たら、家に入るまでかなりもたついた。

急いで夕飯の準備に入ったけど、お腹がすき過ぎていたので簡易になってしまったら、本当に美味しくなかった。
夜7時ちょっと過ぎに食べ終えてからプリント類の整理をして、針仕事にとりかかった。

今、夜9時半頃やっと携帯から掲示板とか見始めた。
帰宅後、どこにも書き込みは、していない。(出かける前にヘリやあくびに付いて書き込んだ。)

室内生放送はされて居ない!(生には特定時間帯があり、
成りすましはそれを知っていてその時間帯は避けているかもしれない。
他に極一部では常時やっていて、録画作成をし、捏造編集後のものを配布しているのだろう!
だから、誰も真実に触れられていないのだと思う。)
常時生放送されていたら、私がその時何をしているかorいたかはすぐに判る! それによって、私ではないことがすぐに解った筈だ。
見る事が出来ていたら、「私の書き込みかも」と勘違いさせようとする様な紛らわしい書き込みが私では無い事は直ぐ判る!
 別にプライバシーの生放送を奨励しているのではない!最初からそのようなこと(盗聴・盗撮・個人情報漏えい悪用など)が可能でさえなければ、ここまでの犯罪もなかったはずだ。

(成り済ましの書き込みをしている人物は私の携帯の『下書き』を読んでいる気がした。)

(あの人は、私が決して使わない言葉・表現・取らない態度・等…知らない。
逆に、何故、何時も私だと騙されるんだろう…?
私がそんな事が起こっている事に気付くずっと前から、私の成り済ましが暗躍して、
その者の言い方・態度のマネの方を私と取り違えられて来たから?)特定個人に何か言いたい事があったなら掲示板なんかではなく、
直接その人に話してます。書けば書く程書いた事が利用される。


[2012年9月29日16:10頃] 
これを本来の投稿時間(2012-09-27 21:47:54)から最初の携帯投稿時間(2012-09-27 21:38:23)に変更。
& 最初のは削除!

[2012年9月30日13:10頃] 
書き足しあり。






編集 / 2012.09.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
「荒らし(?)」に付いて
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫

先週下書きをした記事です。


[未校正]

匿名掲示板は、お互いに知っている仲(や、二次的にそうなった常連)で進行させている人達自身にとっては余り気にならないのかも知れませんが、読んで居ると、そこにいきなり殴り込んで攻撃する者が一時的に現れて荒らし、スッと消え去る…(どうもこういうパターンがあります)、その発言内容は、強く印象に残されてしまいがちです。

最近になって、ひょっとしてその一部は「アクセス数稼ぎ」とか「書き込みを促す為の『サクラ』」かも知れない、と思う事もありますが、そうと知っているのは、仲間内だけで、その他の数知れないROM読者は恐らく私同様にその殴り込み者の発言内容に対して(仲間内で流しているだけなのが明瞭な場合は読者も流して読むだけでしょうが)より集中して読み込みしてしまいがちです。

注目を引き兼ねない「殴り込みとの抗戦」が、私のROM先では、必ずと言って良い頻度で起こります。また、そうした『殴り込み』の荒らしが自分のアイデンティティーをそれとなく織り混ぜる事に依って人物特定を促す時は、8割方が私に付いてと思われる個人情報(真偽共々)とだぶる為、故意に私への印象操作やなりすましによる名誉毀損を狙った潰し工作ではないか、と勘繰らない方が却って難しいレベルで頻繁に起こります。

案の定、必ずそうした荒れた書き込みは読まれている様で、しかも断片的にしか読まず分析も出鱈目な無責任な立場のROM専読者が事実から完全に逸脱した誤解をしている為、反感を表す為に一言、また一言と、事情も知らない読者が他の読者をより誤解へ引き込み、なりすまされ、荒らしの目的通りに狙った特定人物や特定人物像に結びつけて批判を増やすので、
成り済ましをされ、人物像を歪められ、一般レベルからの誤解が増幅され、…実生活にまで支障をきたし、知人が本当に騙されて来たたきらいがあり、人間関係が破壊され、成り済ましや荒らしが私自身が思っても感じてもいない事を巻くし立て続ける事で、内容を大事な関係者の心に刷り込む様にあちこちで繰り返す為、由縁のない批判や攻撃を浴びる様にもなる…
特に、私自身が軽く他愛の無いふざけた感じの書き込みをしてしまった直後に、成り済ましの荒らしが激しくなる傾向もあり、具体的に「(今日は・今月はetc.)私は書いて居ません」と明言し難くもされたり、可なり狡猾になって居ます。

それは、どんなジャンルにROM(継続的に)しても同じタイプの『(荒らし)演出』が使われるため、より「またあの同一人物に違いない!」と、誤解が深まるというカラクリ(?)です。


よく「スルー」と言いますが、私の場合、スルーすると余計加害者にとって都合が良いらしく余計ヤリまくられる傾向があります。
これは、単に私自身を心理的に追い込むばかりが目的ではなく、事実私に対する世論や少なくとも関係者を誤らせ私に対して酷く誤った認識を植え付け、反感・批判どころか『激しい憎しみ』や『完璧な軽蔑』を止むこと無く執拗に植え付けて来られている状態です。実に、私も、書き込みが実際にどれだけが知人自身のものか見極めがつき難いので、「もしこれが本当に〇〇の本心なら…」という『猶予付き』で読んだとしても、それだけでかつてあった信頼関係や相互に育んで来た筈の敬意や思いやり等を大方破壊し出すに十分であったりします。常に側に居る相手なら余り差し障りは無いかも知れませんが…。


深く読まない一般読者は、一部分を摘み食いして乱暴な内容の発言をする事もあります。例えば、決められた条件の人以外には書き込みを許可していない掲示板等がありますが、そこで理不尽な書き込みが幾ら増えても、対象人物は何も発言させて貰えずに無言で苦しみます。そうした場所で見つけた事を、理解無く非難に乗じ、あたかも対象が『いつでも』『常習犯的に』『性(悪)癖として』そのような事を行う人物であるかの様に思い込み、各所で非難を喚起する者が現れ、二重三重の被害が与えられる事も珍しくありません。

そうした被害を踏み台にした
『アクセス数稼ぎ』

『書き込み数稼ぎ』
が、常に起こっているという事でしょうか―?


私は、そうした『荒らし』や『なりすまし』、ステマの起こっている場所をいちいち全て見つける事は出来ません。



「スルー」を試して慣れていた矢先、それとは裏腹に、関係者達は「荒らし」に騙され、私に対して多くの勘違いを抱いたり、納得し難い行き違いも多々生じてきていましたから、逆に何故皆お互いにこんなに簡単に騙され、匿名にも関わらず荒らしに対しては特定してしまったヤリ合いが始まるのか、逆に不思議な位です。




[結]無し記事になります。
(他にもやる事があるので落ち着かないです)。

追記か新しい記事として[結]を完成させるかもしれません。  
9月27日09:20-ish=minor改訂あり]

かしこ。
編集 / 2012.09.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
おかしなイメージ
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
皆、私の人間性を決めつけ過ぎて居て
おかしな、おかしな、偏った、現実離れし過ぎた思い込みにがんじがらめになってしまって居ます。

そのおかしな変なガリガリなカラカラなゲソゲソなキリキリな奇妙な独特の
凄いイメージ・思い込みが

私をもがんじがらめにして、
あたかもそのイメージと矛盾しない様なおかしな感じで進行させなければ周りの思い込みとそぐわないという圧力のようだ。
私の自然な自己表現をもがんじがらめにして、自由で居られなくなりそうな窮屈さを感じてしまいます。
そうなったら、私自身でいる機会さえ与えて貰えない…

みんな、私に付いての、おかしな、変な決めつけたイメージでがんじがらめです!

人間性の詳細が、全て、決めつけで作り上げられてしまって居る。
一体どこから出て来て誰が作り上げた『イメージ』かは知らないが、異様で独特過ぎて、そんなの実在するのか「私なら」違和感が過ぎて疑ってしまって居ますが、人工的なイメージです…

それが、「この私でなんかない事」に、気が付けないで居る状態です。

強烈に刷り込まれ、洗脳状態です。だから、私と生でちゃんと接してその洗脳から解かれる時、目を覚まされたくない、洗脳から解かれたくない、という「洗脳の特徴的な反抗状態(?)(=正式な表現忘れた)」を体験するので、また、私が思うに、現実の私と、そのおかしな変なガリガリイメージとが余りにも矛盾しすぎていて統合出来ない腹立たしさやもどかしさも加わって、
激しい葛藤を経験して、大抵の心理的なキャパシティーを保てなくなるのだと思う。


誹謗中傷や風評被害が、凄かったのだろう。

今でも、マスコミやインターネットで巧妙な表現で続いて居ます。
人の人生を狂わせる過大な犯罪です。
編集 / 2012.09.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
[転載]『ネットイナゴの狂気と病巣』
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫



匿名掲示板ユーザーの偏執的行動


匿名掲示板ユーザーの異常者特有の偏執的行動の具体的な例
「今日は車でコンビニにビールを買いに行った」と掲載されたブログ記事に対して→匿名掲示板ユーザー「こいつは飲酒運転だ通報しろ」
といった非常に主観的かつ短絡的な法解釈をこじつけ攻撃材料にする。
正しいかどうかより、自分達が気に入るか気に食わないか、が基準
スレッドの最初の100レスぐらいで大体の方針(リンチするか擁護するか)が決まり、後はその方針通りに進行していく。反対意見はどんなに優れていようが、敵対者として攻撃する

このような匿名掲示板の利用者の(精神)年齢層は低く、「ゲーム」として個人情報晒しと中傷、電凸と呼ばれる迷惑電話や一方的で理不尽な謝罪強要を楽しんでいる層
リアルから虐げられた低所得者が復讐として謝罪要求による支配欲の発露、ネットリンチで得られる一体感と達成感を求める。

日本人の民度そのものに根ざした陰湿性と排他性が顕著な2ch文化。
島国社会、村宇宙の儒教意識で集団で個人の過去をしつこく何十年もほじくり返す。
閉鎖的なコミュニティでヒステリーや狂気が密度を増していくと、どういった怪物が生まれるかということは2chという社会の地下で見ることができます。

ネットイナゴの幼態である社会不適応者に居場所を与えて開き直らせてしまった2chの罪はとてつもなく重い。
そして狂ってるのはこうした下層だけではない。
むしろ致命的作用として「逃避」と「発散」が主たる用途であるネットコミュニティでは普通に生きてる日本人の野蛮性をむき出しにしてしまう。
そしてその「野蛮の文化」の中で育った子供達がどうなるか。
ネットの狂気は、すでに実社会が侵し始めている。


2chチンピラに絡まれたときの対策
まず言葉で対抗しない

相手はどうしようもないチンピラです。やってることは強盗・山賊と一緒なわけですが
とっかかりとしてわざとぶつかってきて文句を言います。仮に後ろからぶつかってこられても
「お前がボーっと歩いてるからぶつかったんだコラ」など、いくらでも責任を押し付け、金品などを要求してくるでしょう。つまり、相手の投げかけてくる言葉に対して返答してはいけません。
論理的に対抗しようとするほどチンピラにとっては好都合です。勝手に無実の罪をおわせて、謝罪要求するネットヤクザに過ぎません。そのまま110番で警察もしく弁護士に連絡して名誉毀損で刑事告訴しましょう。


ネットイナゴ=悪霊の本質

スウェデンボルグの解説から抜粋


そこで、私が見てきた悪霊の本質を述べてから話を進めよう。 悪霊は、善とは何かを理解している。
しかし、悪とは何かをまったく理解していない。
彼らは、霊にも人間にもさまざまな悪事をするが、それが悪事だとはまったく思っていないのだ。
なぜなら、彼らは悪なるものが存在していることさえ気づいていないからだ。
彼らは善とは何かを知っていると言ったが、彼らの善とは、実は悪なのだ。
たとえば、他人を支配するのが好きだとか、他人の嘆きを見て喜ぶといった心情を、 霊になっても浄化しきれていない霊がある。
その霊にとっては、他の霊や人間を苦しめることは嬉しいこと、喜ばしいことである。 そして、自分にとって嬉しいこと、喜ばしいことが、彼らの善なのだ。
彼らの中では善悪が逆転している。 このような形で善を理解している彼らに、悪などは当然存在しないことになる。
人間を苦しめることは、彼らにとっては嬉しいこと、喜ばしいことであり、 それが彼らの善なのであって、悪ではないのである。

このような本質を持つ悪霊の本性は、さまざまな不幸を人間にもたらして、 人間を破壊することにある。
この世にいろいろなタイプの悪人がいるのと 同様に、悪霊にもいろいろなタイプがある。
なかでも、もっとも凶悪で、大きな不幸や災難、苦しみを人間に与えるのは、 復讐の悪霊というべきタイプである。
この世の人間に対して復讐の念を 燃やす悪霊は実に多い。
復讐心は、普通の人間の世界では、公然と口にしたり、行動に移したりするのは許されていない。
それだけに、人間だったときの彼らの心の中に積もり 積もって、それが霊界に行っても浄化されないためかもしれない。
彼らは復讐のことを“喜び”と呼んでいるくらいだ。

彼らに見舞われた人間は 不幸のどん底に落とされる。彼らはさまざまな手を使って復讐の喜びを果たすが、 対象にした人間をひどい病気にして、その身体を破壊するぐらいでは 満足しない。
その人間の心まで狂わせて、愚行や悪行を行なわせる。
彼らは悪のテクニックにも長けているので、最初は善霊のような顔をして 近づいてくる。
私も、善霊だと思ってつき合っていた霊が復讐の霊だったと 知ったときには、彼らの詐術の巧みさにびっくりした経験がある。
霊の世界で聞いたところでは、彼らは集団をつくって行動しているという。
復讐の念に燃える悪霊は数えきれないほどいる。
だから彼らは、自分たちだけの団体をつくっているというわけだ。
彼らの団体の内部統制はしっかりしていて、同じ団体の者どうしでは互いに 傷つけ合うことはないのだという。

悪霊の特徴は、さまざまなテクニックを使うことである。
悪霊がやってくるときには、地獄の光景とでもいうべき恐ろしいビジョンが 見えてきたりする。
しかし、これは比較的単純な悪霊の場合で、たいていは少し悪知恵があり、 美しいビジョンを見せて人間を誘う。
(略)
悪霊はこのほかにも、恐怖のビジョンを自在につくり出して、恐怖に おののかせたあとで、自分の思うとおりに人間を操ろうとする。
また、恐怖だけでなく、人の心をかき乱すことで人間を不安にしたり、 逆に信じ込ませて安心させたりして、人間を自由に操ろうとする。
彼らはそれを、類いまれな演技力や創作能力を使って行なう。
彼らの演技力や創作能力には、どんな名優も劇作家もかなうものではない。 彼らは人間にはない才能を持っているからだ。
彼らの演技力や創作能力の中でも、特に目立つのはウソやでっち上げを 自由自在に行なうことである。
彼らは、あることないことをまことしやかに でっち上げ、それを真実らしく語る

2chネットイナゴが行った残虐行為・ネット陵辱の被害者証言まとめ

・男は全員2chネラーにチェーンソーでずたずたに切られて殺された。
・女性は全員2chネラーに強姦された後に殺された。
・幼児は岩にたたきつけられたり汚物槽に生きたまま落とされた。
・2chネラーは乳房や男性器を切り落とし部位ごとに整理して積み上げた。
・母親は助かりたかったら代わりに自分の子どもを殺すよう命じられた。
・妊娠後期の妻が夫の眼前で腹を割かれ,夫は「ほら,こいつを食え」と胎児を顔に押し付けられた。



>
編集 / 2012.09.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
何が始まっているんですか?
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
少し見た範囲では、なりすましや誹謗中傷が始まった形跡は、私には見つけられては居りません。

私には判らないところで、誹謗中傷や荒らしやなりすましが始まって居ますか?

それとも、直接私に付いて聞かせてかきまわし…ですか?


ネット内であるなら、どこでされて居るか、どなたか教えて下さい。



宜しく。

かしこ
編集 / 2012.09.12 / コメント:: 2 / トラックバック:: - / PageTop↑
もう一度『なりすまし』に付いて 【18:30の追記あり】
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
何度も書いて来ている
『なりすまし』に付いてもう一度。


私だと思わせる書き込みで、関係者がそれを私の書き込みかも知れない、と思う可能性を悪用した激しい名誉毀損に付いてです。

私は割りと決まった極一部にばかりROMしがちで、その中で、なりすまし、つまり私では?と思わせる様な書き込みをされる訳ですが、
今まで気が付く度に、こうしてブログで「またされているようだ」という主旨を何度も書いていたのですが、

これも、私が見つけられた範囲内だけでしか出来ない事なのは説明に及びません。

最近でこそ、気が付いた中で何とかここではっきりそれらが私のものではない事を明らかにしようと努めて来ました。

問題は、私自身が見つけられて来ているなりすましの書き込みは、余りにも限られているばかりか(誰もそのすべてを見つけるなど出来っこありません)、
私が既に読んだ書き込みの中で「誰だろう?」と暫く勘繰って判らない、しかし内容は自分の置かれた状況とタイミングや詳細が合致していていい気持ちはしなかった…
それらの「誰だろう?恐い人がいるな…」と読んでいた幾つかが、
もしかすると、「誰だろう?…」どころか、私が書いたと思わせるものだった可能性があるのです。と、一ヶ月以上も 経った今になって、気が付いたのですが、

ただ、内容が余りにも醜悪で鬼の心でどぎつ過ぎたので、
「すごい女がいるんだな…」と呆れ返っていた為、
今になるまで、まさか『あれ』までが…?とは
思いもよらず、今すごくショックです。
余り昔から訪ねていたわけではない板だと流れも傾向も判らないので、気が付き難かったのですが、当時の前後関係をもっと注意して見てみると、どうもその前後でいきなり流れが変わり、所謂「荒れて」いたりするので、
もしその度に私のなりすましが悪態をつく、というのであれば尚更、大変な事です。

先程気が付いた書き込みに付いて、もしそれが「私による」書き込みだと思われた方がいらして、注意のレスをされたのであれば、気が付いていただきたいと思いますが、

私は7月26日にも、
何も、
書き込みを して 居りません(!)。
特に、『地〇』とかいうスレですが、7月26日は私は関わってきて居りません。ただ、異様なので気にしていました。


が、
26日は、
書いて居りません(!)。

[9月8日18-26追記: あと重ねて言い忘れましたが、
先日9月5日の質問スレでの馬鹿荒らしも、私ではありません(!)、が、その後まるで私だとでも思われている節が確実にあるため、再度ここでも(横レスでの警告以外に)公言いたしますが、私ではありません!
私はあんな未熟な事を考えておりません。
性格も全く違います。
また、50代の女があんな事を連投しに行きません。]



かしこ。
編集 / 2012.09.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
今夜は台所作業づくめだったデス![∴いかなる書き込みもナシ!]【6日20:58追記】
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫

今夜は台所作業づくめだったデス![∴いかなる書き込みもナシ!]
(届いた珍しい野菜類や鶏肉の下ごしらえや、冷凍保存用の作業で夜十時頃から一時近く迄、数時間立ちっぱなしでした。)


今日9月5日、自分のところ以外では
書き込みは一切していません。



20:53追記:
ちょっと今他のスレを1,2覗いてみたのですが、
私があまりいつも見ないスレでも、以前成りすまされていた事のあるスレでは今日も私の成りすましと思われるレスが連続していました。

こうした工作は悪質ですね。

ちなみに、私に成りすます文体で私自身は実際には使わないが成りすましが良くレスの終わりに付けるのが、
「私に言えるのただそれだけです。」
です。

成りすましの態度や内容は常に醜く、常に一般からの反感を買う『態度』です。







編集 / 2012.09.06 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
わざわざ書くのもめんどうだったのですが・・・
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
面倒臭かったのですが、2件 。

[その1]

久し振りのブログ更新なのにこんな事をわざわざはっきりさせるのもうんざりなんですが、暫く前に『生活保護(?)』に関するNHKの番組にも時間内には間に合わなかったのですが番組宛てのメールをしたり、思い返すと身近な親戚まで、そういえば変な返事をしていたのを思い出したし…、一々工作デマの可能性を察知する度にこうしてブログの様なアウトレットでわざわざ言わなくても良いかと放置していたのですが、内容から言ってはっきり公言しておいても良いかも知れないので、はっきり公言しておきます― :

私は、以下の様なモノを一切受け取ってなど居りません(!):

・『生活保護(?)』(正式な名称は知りません。)
・『ドータラ年金』
・『コータラ年金』
・『ウンタラ保護』
・その他一切の金銭物品等の援助』
・(以前、麻生さんの頃だったかに「みんなが」一度受けられた、消費を促す為だったかのおこづかい風の名前は忘れてしまいましたが、あれは頂きましたが…。)


-また、ついでに言えば、私は何の障害もありません。ので如何なる障害何とかなるモノも貰っていません。

-あと、私は帝王切開で心持ち早産でしたが、これを『発達障害』とは言いませんので。


以上。





[その2]

ついでに、もう一つ箇条書きにしたい事があります。
以前おかしな癖のある人が居て、自分が私に言った事を、裏では主語を摩り替えて、自分が私に言ったのに、逆に「私が」その人に言った話として騙し聞かせていた人が居たようです。 どうやって気が付いたかと言うと、ある時期第三者等からの私への「忠告(?)」が増え始め、その内容が一様に、その人が自分自身の話として私に話していた内容と一致していたからです。なので、私に聞かせた話の中で確認出来ていない他のネガティブ自爆談もひょっとしたら同様に主語を自分から私へ入れ替えた上で話していた可能性もあるので、以下に箇条書きにしておきます。一応思い出すだけ書いて置きますが、以下のものは私が言ったのではなく、その人が自分の事として私に話したものなのに、後に何故か「私の事として」第3者から謂れ無く忠告等をされたものの一例です。 (『偽証』であり『名誉棄損』に違いない。):

・「料理が出来ないの。」
・「ブスでしょ?」
・「聖書みたらムカムカする事ある。見たくもない気分…」(風な話でした)
・「
・「…教訓だった」
・「(怒ったら)家で家族に向かっても物投げるよ!」(←私もヒスなら物を投げますが、人間や鉢植えや人形や食べ物等、後で損をする物に向かっては投げない、というどこが冷静過ぎるモノが脳裏で働いていて、上手くかわす投げ方をついしてしまうのが私流。)
【9月5日追記:↑これは、私の『経験談』であって『性癖』でも『常習的・習慣的』と言う意味でありません。また、歳とも全く関係ございません!】
・ ...等々。
…後は、矢張り、その人の本当の告白かも知れないとも思えるものなので、書きません。



(気分的に殆どどうでもよくなっているので)余り色々思い出せなかった・・・(が、後から書き足しに来るカモ知れない)


[注釈:私はこれらが「誰に付いて」かを一切書いて居ませんし、探り得る如何なる情報も付加して居ません。
逆怨みしないで下さい。]。
編集 / 2012.08.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
転載:犬の飼い方|天使か?悪魔か
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫



最近私もペットに付いて考える事があり、さっきも犬に付いて少しだけ検索をして思った事があって…

犬を飼う際に注意すべき点としてあまり擬人化するな、と、犬の気持ちも書いてあり、逆に割りと人間と変わらない部分に思いが行ったので記事にしてしまおう~

例えば、嫌な嫌がらせ加害者等には近寄られたくないので噛みついたりなんなりして追い払おうと必死になる場合もあり、いやらしい嫌がらせ末端工作員達への防衛体制と普通の関係は、最初から一つの話として成り立たない(こっちでゴメンです。少なくとも1kmは離れて欲しい。嫌がらせ末端雑魚は遠ざかって欲しい)。考慮の外。繊細なところが通じていたら、誰も大きく表現しないでしょう。(わざわざ説明が要るのはどんな目的の人達?)
…犬だってそんな感じで、悪い人間には吠えても、きっと飼い主には細かなコミュニケーションを知って取れているのではないのかなと思わされながら見ているのでした。

犬の飼い方などを検索したら、この事以外にも解る部分が…以下のブログで見つけました(本当に解って欲しい部分)。

一部分転載させていただきます~(但しこれは犬の場合であり、一個の人間に付いてではありません。犬はオスもメスも飼い方は同じかな)(犬でさえ人を選別し、飼い主を見分けていますから、人間は尚更「誰でも」とは言えないでしょうが):


犬の飼い方 | 天使か?悪魔か?  

http://blog.nashural.com/?eid=208368

ここで問題がひとつあって、人間の上に立つのは
犬にとって荷が重いのだそうだ。
信頼できる強さを持つ人間の下にいるのが
犬にとって、一番生きやすいらしい。

この上下関係を人間の平等論とはき違えるからいかんのだ。
犬と人間の違いを理解してないヤツが
これに関して、イヤな顔をするんだよな。

犬が一番幸せなのは、上に強いボスがいて
仕事がある規則正しい生活。
警察犬や盲導犬や牧羊犬など、最上の生活なわけだ。

犬は決して、やりたい放題を望んではいない。
とても真面目で働き者の性質を持った生き物なのだ。
それを過小評価して甘やかすと、犬は動揺して荒れる。
犬の我がままはストレスの証し。
「甘えてるのね」 なんて、ノンキに解釈すな。
家庭内でも、犬だけがする仕事を作ってあげろ。
(新聞を持ってくるとか)

教訓:犬を飼うなら君臨しろ





(?)


関連の聖書の教え寄せ集め:
主は教会の頭、我らの主イエス・キリストの頭は父なる神。私たちは主以上ではない。弟子は主のようであればそれでよい。主は父なる神のなさる事をなさった。女は長い髪で頭を覆うのでなければ、帽子を被れ。

…心行くまで試すのは良いのかもと思います。
編集 / 2012.07.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
当Blog 過去記事より 関連Links
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫

当Blog 過去記事より 最近書いた関連の Links:


◆1:トラクト3種


◆2:知りもしない人間に付いての妄想

◆3:ノアの子ハムの罪と現代の監視罪

◆4:【再度】嘆願


◆5:『目の梁』


◆6:no title


◆7:WORDPRESS BLOG転載:『人格暗殺』


◆8:一般人を簡単に利用:Youtube『Gang-Stalking How They Do It…』


◆9:私の『替え玉/なりすまし』が… ?


◆10:…の記事のUPDATEや補足…


◆11:やっと気が付いた…


◆12:"BRAINWASHING Ch.9:National Neuroses (コンプレックスの治し方を悪用して逆にそれを植え付ける、共産圏発信の破壊方法)"[An Excerpt] -Edward Hunter



編集 / 2012.05.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
過去記事リンク&他のサイト記事紹介
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
《過去記事より》

共謀するプロフェッショナル
http://mixedtribes.blog131.fc2.com/blog-entry-112.html

Youtube:【印象工作】by カルト・マインド・コントロール
http://mixedtribes.blog131.fc2.com/blog-entry-109.html

加害者による心理学の誤用に付いて
http://mixedtribes.blog131.fc2.com/blog-entry-88.html
より抜粋:
[加害者による心理学の誤用について]
...翻訳中に思ったこと。

EXERPTS
from
"PEOPLE OF THE LIE"
by
M. Scott Peck, M.D.


1983,
by M. Scott Peck,M.D.
A TOUCHSTONE BOOK
Simon & Schuster, New York.
Chapter 7
"The Danger and A Hope"
[pp.258-260]

THE DANGER OF THE MISUSE OF SCIENCE

" The gravest misuse of science may be attributed not to those scientists themselves who proclaim personal opinions in the guise of scientific truth but to the public - industry, government, and poorly informed individuals - which employs scientific findings and concepts for dubious purposes. 
《―略― 》"
「 科学の最たる悪用は、科学的と称して個人的な意見を主張するタイプの科学者によってより、むしろ一般の人々-つまり、産業界、政府、また、教養に欠けた一般人-といった、科学的な発見やその概念を疑わしい目的に使おうとしている人々の方である。
《―略― 》」


...(omitted a few paras.)...


" Finally, an increasing public sophistication about the psychology of evil will itself serve to prevent the abuse of that psychology. Although we need research to know much more about evil, we already know a few things beyond doubt. One is the tendency of the evil to project their evil onto others. Unable or unwilling to face their own sunfullness, they must explain it away by accusing others of defects. As we develop the psychology of evil, this fact - already common knowledge among scholars - will surely be more widely publicized. We will become more rather than less discerning about those who cast stones. As scientific interest in the phenomenon of evil filters down to the public, our consideration of it should become increasingly thoughtful.
「最後に、悪(意)についての心理学が一般により洗練された形で知られてくれば、それ自体によって心理学の悪用も未然に防ぐのではないか。 悪についてはより詳しく研究を重ねる必要があるが、事実、私達が既に幾つか疑問の余地無く知っている事がある。その一つが、悪というものが、自分のそれを他の人間へ投影させる癖があるという点である。自分自身の罪に気が付かないか、或いは気づく積りが無いかが原因で、他人を責める事ばかりによって、自分が言い逃れをする為に使う。 私たちが悪(意)についての心理学をより進めていく中で、学会内ではもう常識となっているこの事実についても、より広範囲に認識されていく事であろうと期待する。 我々は、人に向かって石を投げる者達を逆により正しく識別できるようになっていくのではないだろうか。" 」 

「誹謗中傷・虚偽プロファイリングを流布する加害者、出鱈目な悪口を喜んで証拠もなしに信じる二次・三次加害者が、自分達の罪をターゲットに投影してるだけです。『うわさについて』からの抜粋ですが、以下のように、美味しい噂の具の大方は、噂を耳にして楽しむ人自身の心の内にあるものだと、著者は言っていますが、その通りでないでしょうか?

"... Nobody is invulnerable to the power of the rumour and all the juicy stories. For they are not made merely by incidents, nor by the false and careless words; nor by Axis agents; they are a part of the stuff which is inside those who listen to them."
The Rumour(p138)



【風評被害】:阿修羅掲示板より
http://mixedtribes.blog131.fc2.com/blog-entry-46.html


転載: 「集団ストーカー教程」
http://mixedtribes.blog131.fc2.com/blog-entry-.html


◇◆◇◆◇◆◇


《他のサイトへのリンク》

集団ストーカー教程(集団ストーカー活動の基本的な手順の解剖)

http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/128.html
集団ストーカー教程4
http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/161.html

編集 / 2012.04.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
五感まで征服されている人達も居
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫

先日も、自分が「暗い/熱い/臭い」と感じても周りが「暗くない/熱くない/臭くない」と言えば「暗く/熱く/臭くなくなる」人に出会いました…
周りが赤い林檎を指して「青い」と言えばそれがいきなり青く見える様になる様なだから、集団でデマを主張し、実際にそれで『刷り込み完成』…

地球のこっち側では「本人にまで」嘘を押し付けようとする厚顔が異常に多い(!)。あるまじきレベルでそれが起って来た。こういうのは本当に“良くて(保てれば)”トラウマになる。(悪くて…)。今確認あったのは、これもサタニズムの実社会への実践ですね。

…という完璧に征服された人達は、未だに可なり多くそこらへんに居る様で、私が単に余りそういうタイプと関わりが無いだけかも知れないのですが、ひょっとして、そういうタイプは単に集スト末端だったからかも知れないと、驚いて暫くしてから思い返しました。
そうなると、明瞭に識別し得る試金石が、「『主体性』や『自分で考える力』が破壊されているのが末端」…?。




編集 / 2012.02.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego