FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
Scriptures about Gang Stalking [Frequently Added]
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《聖書から》 / テーマ: Christianity / ジャンル: ライフ

*FREQUENTLY ADDED!* therefore, Still UNDER CONSTRUCTION! Please be patient w.me!TY!

Bible Verses Describing Gang Stalking


I Corinthians 4:9
9For I think that God hath set forth us the apostles last, as it were appointed to death: for we are made a spectacle unto the world, and to angels, and to men.

Hebrews 10:30-33
30For we know him that hath said, vengeance belongeth unto me, I will recompense, saith the LORD. And again, The LORD shall judge his people.
3It is a fearful thing to fall into the hands of the living God.
32But call to remembrance the former days, in which after ye were illuminated, ye endured a great fight of afflictions;
33Partly, whilst ye were made a gazingstock both by reproaches and afflictions; and partly, whilst ye became companions of them that were so used.

Isaiah 55:14-17
15Behold, they shall surely gather together, but not by me: ...

John16:1-3
1These things have I spoken unto you, that ye should not be offended.
2They shall put you out of the synagogues: yea, the time cometh, that whosoever killeth you will think that he doeth God service.
3And these things will they do unto you, because they have not known the Father, not me.

Luke 21:10-19
10Then said he unto them, Nation shall rise against nation, and kingdom against kingdom:
11And great earthquakes shall be in diverse places, and famines, and pestilences; and fearful sights and great signs shall there be from heaven.
12But before all these, they shall lay their hands on you, and persecute you, delivering you up to the synagogues, and into prisons, being brought before kings and rulers for my name's sake.
13And it shall turn to you for a testimony.
14Settle it therefore in your hearts, not to meditate before what ye shall answer:
15For I will give you a mouth and wisdom, which all your adversaries shall not be able to gainsay or resist.
16And ye shall be betrayed both by parents, and brethren, and kinsfolks, and friends; and some of you shall they cause to be put to death.
17And ye shall be hated of all men for my name's sake.
18But there shall not an hair of your head perish.
19In your patience possess ye your souls.

Matthew 23:13-15,24 & 34-36
13But woe unto you, scribes and Pharisees, hypocrites! For ye shut up the kingdom of heaven against men: for ye neither go in yourselves, neither suffer ye them that are entering to go in.
14Woe unto you, scribes and Pharisees, hypocrites! For ye devour widows' houses, and for a pretence make long prayer: therefore ye shall receive the greater damnation.
15Woe unto you, scribes and Pharisees, hypocrites! For ye compass sea and land to make one proselyte, and when he is made, ye make him twofold more the child of hell than yourselves.

24Ye blind guides, which strain at a gnat, and swallow a camel.

34Wherefore, behold, I send unto you prophets, and wise men, and scribes: and some of them ye shall kill and crucify; and some of them shall ye scourge in your synagogues, and persecute them from city to city:
35That upon you may come all the rightous blood shed upon the earth, from the blood of righteous Abel unto the blood of Zecharias son of Barachias, whom ye slew between the temple and the altar.
36Verily I say unto you, All these things shall come upon this generation.


Acts 17: 5
5 But the Jews which believed not, moved with envy, took unto them certain lewd fellows of the baser sort, and gathered a company, and set all the city on an uproar, and assaulted the house of Jason, and sought to bring them out to the people.

Ecclesiastes8:11
11Because sentense against an evil work is not executed speedily, therefore the heart of the sons of men is fully set in them to do evil.

Isaiah 59:13-15
13 In transgressing and in lying against the LORD, and departing away from our God, speaking oppression and revolt, conceiving and uttering from the heart words of falsehood.
14 And judgment is turned away backward, and justice standeth afar off: for truth is fallen in the street, and equity cannot enter.
15 Yea,truth faileth; and he that departeth from evil maketh himself a prey. And the LORD saw it, and it displeased him that there was no judgment.


Verses Relating to the Gang Stalking -2-


Exodus 23:1-9

1 Thou shalt not raise a false report: put not thine hand with the wicked to be an unrighteous witness.
2 Thou shalt not follow a multitude to do evil; neither shalt thou speak in a case of decline after many to wrest judgment:
3 Neither shalt thou countenance a poor man in his cause.
4 If thou meet thine enemy's ox or his ass going astray, thou shalt surely bring it back to him again.
5 If thou see the ass of him that hateth thee lying under his burden, and wouldest forbear to help him, thou shalt surely help with him.
6 Thou shalt not wrest the judgment of thy poor in his cause.
7 Keep thee far from a false matter; and the innocent and righteous slay thou not: for I will not justify the wicked.
8 And thou shalt take no gift: for the gift blindeth the wise, and perverteth the words of the righteous.
9 And thou shalt not oppress a stranger: for ye know the heart of a stranger, seeing ye were strangersin the land of Egypt.

II Chronicles 20:15
15 And he said, Hearken ye, all Judah, and yeb inhabitants of Jerusalem, and thou king Jehoshaphat, Thus saith the LORD unto you, Be not afraid nor dismayed by reason of this great multitude; for the battle is not your's, but God's.

PSALMS
A lot found in the Psalms.

Acts 23:10-15
10And when there arose a great dissention, the chief captain, fearing lest Paul should have been pulled in pieces of them, commanded the soldiers to go down, and to take him by force from among them, and to bring him into the castle.
11And the night folowing the LORD stood by him, and said, Be of good cheer, Paul: for as thou hast testified of me in Jerusalem, so must thou bear witness also at Rome.
12And when it was day, certain of the Jews banded together, and bound themselves under a curse, saying that they should neither eat nor drink till they had killed Paul.
13And they were more than forty which had made this conspiracy.
14And they came to the chief priests and elders, and said, We have bound ourselves under a great curse, that we will eat nothing until we have slain Paul.
15Now therefore ye with the council signify to the chief captain that he bring him down unto you to morrow, as though ye would enquire something more perfectly concerning him: and we, or ever he come near, are ready to kill him. 








スポンサーサイト
編集 / 2010.04.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
『とらの巻』第5書30章:TORAH SCROLL
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《聖書から》 / テーマ: Christianity / ジャンル: ライフ

TORAH  SCROLL

『とらの巻』 第5書18章〔デヴァリム〕 
18章19節

Deuteronomy 30:19
"19 I call heaven and earth to record this day against you, that I have set before you life and death, blessing and cursing: therefore choose life, that both thou and thy seed may live:"

SCRIPTURE TEXTS: King James Version[Authorised Version]


**************************
申命記 30:19
"19 わたしは、きょう、天と地を呼んであなたがたに対する証人とする。わたしは命と死および祝福とのろいをあなたがたの前に置いた。あなたは命を選ばなければならないそうすればあなたとあなたの子孫は生きながらえることができるであろう。"

申命記:口語訳聖書〔日本聖書協会〕(1980年刷)



編集 / 2010.04.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
『とらの巻』第3書19章:TORAH SCROLL
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《聖書から》 / テーマ: Christianity / ジャンル: ライフ

TORAH  SCROLL

『とらの巻』
 
第3書19章〔ヴァイクラ〕
18章11節~18節

LEVITICUS 19:11-18

11 Ye shall not steal, neither deal falsely, neither lie one to another.
12 And ye shall not swear by my name falsely, neither shalt thou profane the name of thy God: I am the LORD.
13 Thou shalt not defraud thy neighbour, neither rob him: the wages of him that is hired shalt not abide with thee all night until the morning.
14 Thou shalt not curse the deaf, nor put a stumblingblock before the blind, but shalt fear thy God: I am the LORD.
15 Ye shall do no unrighteousness in judgment : thou shalt not respect the person of the poor, not honour the person of the mighty: but in righteousness shalt thou judge they neighbour.
16 thou shalt not go up and down as a talebearer among thy people: neither shalt stand against the blood of thy neighbour: I am the LORD.

17 Thou shalt not hate thy brother in thine heart: thou shalt in any wise rebuke thy neighbour, and not suffer sin upon him.
18 Thou shalt not avenge, nor bear any grudge against the children of thy people, but thou shalt love thy neighbour as thyself: I am the LORD.

*************************

レビ記 19章11-18節

11, 汝等竊(ぬす)むべからず僞(いつはる)るべからず互に欺(あざむ)くべからず 
12, 汝等わが名を指して僞り誓ふべからずまた汝の神の名を汚すべからず我はエホバなり
13, 汝の鄰人(となりびと)を虐(しへた)ぐえからずまたその物を奪うべからず傭人(やとひゞと)の値(あたひ)を明朝(あくるあさ)まで汝の許に留めおくべからず
14, 汝聾者(みゝしい)を詛(のろ)ふべからずまた瞽者(めしひ)の前に礙物(つまづくもの)をおくべからず汝の神を畏るべし我はエホバなり
15, 汝審判(さばき)をなすに方(あた)りて不義を行ふべからず貧窮者(まずしきもの)を偏り護るべからず權(ちから)ある者を曲げて庇(たす)くべからず但(ただ)公義をもて汝の鄰(となり)を審判(さばく)べし
16, 汝の民の間(うち)に往きめぐりて人を讒(そし)るべからず汝の鄰人(となりびと)の血をながすべからず我はエホバなり
17, 汝心に汝の兄弟を惡(にく)むべからず必ず汝の鄰人(となりびと)を勸戒(いまし)むべし彼の故によりて罪を身にうくる勿れ
18, 汝仇(あだ)をかへすべからず汝の民の子孫(ひとヾ)に對(むか)ひて怨(うらみ)を懐くべからず己のごとく汝の鄰(となり)を愛すべし我はエホバなり


編集 / 2010.04.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
A Scar in an Oyster(copied from past log)
カテゴリ: ◇Bible Studies/聖書研究 / テーマ: Christianity / ジャンル: ライフ


My Journal

upon reading
"The Rumour"(p138)
and also relating to
"Matthew 13:45-46" & "Mark 14:3-9".


by Blog Host:"R.S."
on 13th, April, 2010.

The text says:
" ... Nobody, he writes, is invulnerable to the power of the rumour and all the "juicy" stories. For they "are not made merely by incidents, nor by the false and careless words; nor by Axis agents; they are a part of the stuff which is inside those who listen to them"... "
("The Rumour, p138")

   However, the problem that needs be solved is NOT so much about understanding of the mechanisms and the universality of this "rumour mills", neither is it about its psychological analysis: The quest is "why we" became the targets(subjects) of such apparently calculated "rumour campaigns" and "why" the targets' lives were so thoughtlessly and so thoroughly ruined that way, and "whether" the lost times and all the rest of the precious things that were removed from us ever are going to be in some way redeemed in as tangibly as the rumours took place was reality. We were chosen as the recipients of this heartless and senseless "rumour-mills", but we are the same humans and we exist in reality with a whole same set of human dignity as anybody else has.

   Most of the victims' lives are so fundamentally ruined that even if the lies about us in the form of rumours are cleanly removed and were to be amended by the truths of our real lives, the time lost will never come back to us; but even more tragic is the fact that it has made a penetrating scars in our psyche.

   It, I am certain, is redemptive, and the scars to our hearts are not necessarily ugly ones, which are no less valuable than the scar that is made inside an Oyster shell, or an alien object that reached inside of it, it is the rumour itself which was spread about us is an alien to us, and it at least has a capacity to form the ether pearl in the innermost recesses of the souls of the victims. This I am certain. (But I will not let the person who did not go through this process thus not having the pearl inside to agree with with me that easily and vainly.)

   What about the negative side to this ruin that still remains with needs to be redeemed? It, in addition to the lost time, is the change in our perception of life in general. This is not necessarily a deformation: We all change after every turn of our lives and will never be able to go back the same again, either in good or bad. We can make this scar likely; whether to the good or to the bad.

   The change that was made in the victims' souls after this massive and calculated rumour campaign is by a kind of new insight to the world in general, and it had our eyes opened to the utter vanity of the temporal limelight in a span of one life story. We cherish some aspects of it as much as we lost it as we received the totally opposite thing so abruptly. Still the realization, or the eye-opening shift, of our souls to see through life's incidents as temporal and vain as these really are, enabled us to begin to seek different things in the remaining life. "They" might still provoke us to lapse into running for the same limelight of the stage of, say, the "vanity fairs", but we seem to have been established in more real and lasting value system "than before" so thoroughly that no provocation by the Prince of this World might inflame my soul to that kind of aspirations any more again.

   This, too, is one of the most typically misunderstood trait, because most people have never had to go through this transformation in their lives. This means that we find few to support or explain on our behalf why this could ever be true to a person to see things this way at all. But it is true, that after the refining, our souls can go to the sightings that made us witness the vanity fairs as they really are, and the far more precious than a pearl is found in other places where few people are looking for. Then we sell all what we ever had to buy this pearl. i.e. We sell of the temporal vanity fairs of this world, (and the friendship to "the prince",) which everyone else usually is after, all that once gripped our hearts just as anybody else, were nothing compared to the weight and the worthiness of the pearl that we have found farther away through the temporal. In this way, we rejoice even in our affliction.

   It is when we became able to voluntarily break our costly Alabaster box, to offer the whole contents in it to the Eternal value that cannot be compared to anything "created." He, the true Prince, our LORD Jesus Christ, broke Himself for me there, to save me from the whole lot of worldly junks.
(BLOG管理人:R.S.)

p/s: I find "English" as a language is capable of dealing with things with much higher intricacy...




編集 / 2010.04.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
"RUMOUR CAMPAIGN" with 《転載》
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
About Gang Stalking : [Rumour Campaign] 

The article below is from another T.I.'s blog site, which I found to be very helpful.

I have printed out articles like this before, bundled them, and distributed them both in the locals and to friends and acquaintnaces several years ago.

What surprised me was, as a result, although about a half of those who received them have read them with such sincerity, with realization to some of the aspects of the problems surrounding me in this new revelation, but on the other hand, the rest of the half made no improvement. Worse still, the ones in the latter category were either hardened themselves or had gone even worse, and so continued their harassment activities even more.

Let me introduce one of those articles to you once again, here, this time, in my newly opened Blog .
  The reason is because I recently found out that some of the T.I.s have actually turned around and have become a part of the perps. and began vicious attacks on other T.I.s.

1, Also, there are ones who themselves are putting up articles of some expose of conspiracies, and are apparently on the revealing of the sensitive information around for the public awareness. It certainly placed themselves in a vulnerable position to the same attacks, and in fact, themselves and also their friends apprently are experiencing attacks and blockings themselves. Despite all these, they couldn't even see me through, as they themselves are already hearing and believing those ridiculous and even brutally evil lies about me. Doing the expose, and receiving attacks, and how come they can't discern the truth in front of them, and show sheepish obedience to the liers regarding "individuals" around themselves in real?
(After all, doing the expose for the public awareness doesn't automatically mean they are themselves discerning, courageous, and the lovers of the truth at all. Many of these expose people by now could only be no better than old wives' gossippers, but gossippers of "World Affairs, Politics and Economics", instead of "the next door neighbours". )

2, There also were blog hosts of Gang Stalking Diaries to whom I have posted some comments before. Although they didn't respond to my comments at all, and I dind't mind much, they left my comment uploaded and was in the public view for a long time. However, when I had contacts in a different ways and made myself identifiable, this person suddenly deleted my comment. It was hurting, not because it was deleted, but it was deleted upon hearing about me in more details after a long time! Meanwhile, the church suddenly started to upload some extremely venomous sermons directed at me by no mistake, unlike the quality sermons they used to upload for year after year. What a change? and what was it that changed them from being lovely christians to diabolical agencies of the falsehood and the accuser of the brethren, and without absolutely no evidence of any of the rumour(?)'s validity or credibility at all!! None of them ever contacted me at all. I haven't even met them. How come they chose to believe such evil rumours of unknown origins about someone they know nothing about? Not just believing such rootless stuff; believing something is up to them but WHY DO THEY ACT UPON IT, AND with BRUTALITY??" By the way, the blog host might as well have made a turncoat, and he might no longer be a T.I. any more.

  It is hurting to be attacked by people who themselves were supposed to be T.I.s; not the false T.I.s, but those who used to be genuinely T.I.s and were really suffering, but seems they didn't have to learn to be understadning and caring towards other victims of the same kind of social torture.

*******************************

What does it take to make conspiracy expose canpaigners so blind to the reality of a victim of the very conspiracy they are attacking when the victim appears right in front of them in real, and attack the victims of the conspiracy they are attacking instead????...

This kind of inconsistency hurts me deeply.

The following is an article from a blog of one of the T.I. in Japan, which I found to be of a good help for any real victims. I am putting this up again adding to the prints I distributed several years ago:

[ My translation will follow later; (not tonight!!!)]

以下、
"集団ストーカーについて"

より:



集団ストーカーについて
加害者は被害者の悪口を捏造します。被害者を孤立させ、
嫌がらせをするためにはどのような汚い手も使ってきます。



風評被害

2008-02-22 09:29:44 |

>【風評被害】と集団ストーカー

2008年02月20日13:39

【風評被害】
「風評」は、世間の評判、うわさ、とりざたといった意味です。そこで「風評被害」を単純に言い換えれば、「うわさによる被害」となります。

 うわさは、人物や物事について陰で話すこと。当事者に直接、事実を確認したわけではなく、何の根拠もない誤った情報や、意図的に言いふらすデマ、流言飛語《りゅうげんひご》も含まれます。もちろん「火のない所に煙は立たぬ」で、根拠は存在するがあいまいな点が残るという場合もあります。

集団ストーカーとは、ターゲットを精神的に追い詰める集団のことを言います。

非常に巧妙で、水面下でターゲットの悪評を吹聴して、ターゲットの知らないところで、ターゲットを悪人に仕立て上げ、悪評を吹き込んだ人間を巻き込んで一緒にターゲットを追い詰めるという、加害者が増加していく加算式の嫌がらせを繰り返します。

すり替えて噂をばら撒きますが、ほとんどの場合、自分たちと被害者の名前をすり替えて吹聴する傾向があり、置き換えれば、聞いた話で酷いと思えるものは、実は吹聴する自称、被害者が本当の被害者にしていることに過ぎないのです。

集団ストーカーは増え続ける一方ですが、その行動は一定しており、どの被害者もまったくと言っていいほど、同じことをされています。

ターゲットを定めると、まず、仲間内で、バラバラにそのターゲットをじわじわと精神的に追い詰めていきます。

ターゲットはわけがわからず、ただ何かおかしいとは感じるため、何がおかしいのかを探ろうとして、一見奇怪な行動を取るようになります。

敵の姿も目的もはっきりしないため、疑惑だけが深まっていき、「もしかしたら自分はおかしいのだろうか?」と思い込むように仕向けます。

いざという時に自分たちが怪しまれることのないよう善人の仮面をかぶり、あちこちにいい人のふりをしたりして、下準備をしておきます。

そして、ターゲットが精神的にまいってしまい不安と疑惑がピークに達した時に一気に牙を向けます。

下準備として、ターゲットに嫌がらせをされていると言うでたらめをあちこちで相談や噂話としてばら撒いているため、攻撃されているターゲットがまわりに相談しても中々信用されません。

集団ストーカーは、ターゲットが嘘つきであることを匂わせる相談をしているため、その相談を受けている人は先入観があり、真の被害者の言葉を無意識に摩り替えて聞いてしまうため、ターゲットを疑い、一緒に攻撃するようになっていきます。

このすり替えも実に巧みで、まず、噂をばら撒く相手をターゲットの親しい人達に定めます。

繰り返し繰り返し何ヶ月もかけて相談するフリをしながらターゲットの異常性や嫌がらせの被害を相手の脳裏に植え付けて洗脳していきます。

こうすることで、ターゲットが相談しても、すでに洗脳されているため、信じてもらえず、精神疾患患者であるように吹聴されていきます。

ターゲットが人間不信になるように仕向け、孤立させ、追い詰めて、本当の精神疾患者にするか、自暴自棄になり犯罪に走るか、自殺させるか、社会的抹殺させることが最終目的であり、その目的を果たすまでは逃げても執拗に探し出し嫌がらせの手を休めることはありません。

昨日までの友人が今日には敵にまわり、嫌がらせをするようになるため、ターゲットは振り回されて、一見不可解な行動を取るようになり、それを集団ストーカーたちは自分たちがしいぇいることだけは巧みに隠して、ターゲットの頭がおかしいように吹聴します。

非常に巧妙で恐ろしい集団とされており、この被害にあった場合、自分だけでの解決や、親しい人への相談や助けは二次被害、三次被害へと続き、百人単位の人間が巻き込まれることになり、加害者は被害者の仮面をかぶり、被害者と加害者の名前を入れ替えて吹聴しているため、複雑に絡み合って、収拾がつかなくなるため、また、非常に悪質な集団であるため、必ず警察へ相談することが望ましい。

今現在、HN【r○bbit】という人と【う○ぎ】という人弱視の【ちゃ○ちゃん】という3人の女性がさだまさしのファンの間に私がいかに酷い人間であるかを、自分たちが私にしたことを、さも私が彼女たちにしたようにすり替え、吹聴しています。

現在この女性を含む嫌がらせ集団ストーカーグループはギタリストのある方に接触を試みており、取り込まれた可能性が大きく、また、取り込まれて増加していく新たな加害者の特徴に暴走するということが上げられますが、先ほどこのギタリストの方も暴走されました。

取り込まれたのかどうかは不明ですが、以前このメンバーはそのギタリストの方にはさほど興味がないように申していたことを考えて、いきなりの総メンバーでの接近には不審感を隠せない次第であります。

同じような被害に合われている方が、もしこの日記に辿り着くことがありましたら、警察へ相談に行くことを強くおススメします。

なお、仮にもストーカーという名称で呼ばれていることを忘れないように十分注意を払って下さい。

黙っていればいずれはやめるだろうという甘い考えは捨てて下さい。

ターゲットが死ぬか狂うか犯罪者になるかのいずれかになるまで何年でも追いかけてきます。

泣き寝入りしても、ターゲットに気付かれないように水面下で行動を続けます。
長期化することが殆どで、諦めるということはまずありえません。

ターゲットは自分たちの、善人の仮面を取った本性を知っている唯一の生きた証人になりますから、生きていたり、その発言が信用される状態でいてもらうと、自分たちが困るため、新しいターゲットへバトンタッチするためにも、たーげっとを抹殺しないわけにはいかなくなりますから、諦めるということはまずありえません。

また、警察へ相談に行く際には、必ず、相談している間の会話のすべてを録音保存しておき、担当の警察官の名前を頭に叩き込んでおいて下さい。

警察は、相談を受けなければならない義務があるため、もし、門前払いや「あんたもわるいんじゃないの?」などと冷たくあしらわれてしまった場合の動かぬ証拠になります。

そして、門前払いや暴言にはきちんとした対処法があります。

ここまではネットで簡単に調べられますし、ターゲットにされてしまった方たちには寝耳に水、初めて聞くことが多いと思われますが、加害者の集団ストーカーたちにはすでに周知の事実となります。

ここから先は、公に出来ない裏ワザにもなりますので、メッセージにてご質問下されば、それなりのお答えも出来るかも知れません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

非常によく風評被害について書いてある。
これはMIXIのある人の日記だが、被害者だろう。
普通の人は最初おかしなことがあったとしても、すぐに集団ストーカーだなどと考えることはない。
その前に集団ストーカーということすら知らないのが普通だろう。
何度もおかしな偶然が重なることにより、自分の身の回りで何かが起こっていることに気づくのである。
このときにもまだ集団ストーカーという犯罪については知らない。
ネット上で探して集団ストーカーに辿り着き、自分の身の回り起こっていることと一致し、自分が集団ストーカーの被害者・ターゲットになってしまったことを知るのである。
しかし、何故ターゲットになったのか心当たりすらないのが普通である。
加害者の逆恨みにより始まるであろうからだ。

メールをくれた方に返信をしようとしたのだが、返信できない状態である。
返信に書き込むことができないのである。
これはIE7に更新したせいなのか、何か別の悪意ある力が働いているのかはわからないが、返信できるときにしたいと思っている。
返信できなくて申し訳ない。 




編集 / 2010.04.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》:集団ストーカーについて:『風評被害』より
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
集団ストーカーについて:『風評被害』より《転載》

 ここにコピペする記事は、私も以前読んでとても助けになったものの一つです。
この方の記事を含め、何種類かプリントし、近隣知人等の一部に配布もしたことがありました。
不思議なのは、半数は気づいてくれたのに、例えば近所に住む幼友達などを含め、受け取った半数は悪化するか、或いは、tsの様に相変わらず加害を加えて来ていた例、等々、大体のところ首謀(=『オーダーした人』の意。始まりにはそれより上の存在もかなり濃厚なので、「喜んで乗った者達」の意と取っても良い。その後、幾らでも「自分達だけで、上層部から学んだその方法とツルんだ仲間で、ターゲットを好きなように苦しめられる様になった、」とも取れる。)に近いのが誰なのかは、こうしたプリントの配布などの活動で浮かび上がって来るもでのもあります。

ここに改めて、今は、このように自分のBLOGもありますし、もう一度コピペで紹介させていただきます。
その理由が、何かを知って下さい
 再度、この様な資料をご紹介するのは、多くのターゲットであった筈の方々のうちには、他のターゲットに対しては加害者に加担してしまっていた方々が多かったからです。

1、 一つは、『暴露』『陰謀論』的な情報の紹介をしていて、かなり挑戦的なメッセージをアップしてきて、自分や同種の活動をする仲間のことは、
「真実を暴露しているので、危険な状態;色々な妨害に遭っている!」
様子なのにも関わらず、いざ、目の前に、実際に、そんな陰謀集団から攻撃されて残虐な風評被害に遭っている私にあうと、何故か、何一つ実態を見抜くに程遠く、嘘と本当を見分けられず、悪質な話を鵜呑みにし、残忍な攻撃を上乗せしてくる、というように、事実確認も、事実と嘘の識別も出来ない人達がいたからです。ものすごく傷つけられたのです。
2、 「全く同じ」と言って良い位に似た被害に苦しんでいるからこそ、コメントを出したのに、(暫くは一言の返事もありませんでしたが、それでも、何ヶ月も私のコメントがアップされていたのに)、HNだけじゃなく、私のことを知ったらいきなり私のコメントを一言も言わずに削除してしまわれました。それと同期に、その人自身か、或いはその人の行っている教会のリーダーかは判りませんが、猛毒入りの説教をアップするようになりました。
その方は、どうも、もう集団ストーカーの被害者 "なんか" ではなくなったのかもしれません。その様なメッセージはもうアップされません。

 同じ被害者だと思ったのに、自分以外が風評被害【Character Assassination】に遭っていると、それを鵜呑みにして、真相を求めもせずに信じて、地獄的な憎しみで、知りもしない、会った事も無い私を真っ黒な悪の塊のように、残忍な攻撃をしてきました。

 自分が同じようなパターンの、集団ストーカーにあれほど苦しんだのに、何故、同じ苦しみを負っている他の被害者に対しては、他の加害者顔負けの心理的虐待をしてくるのか?

*******************************

又、何故、危険を冒して?『陰謀暴露』的な活動をしているらしいのに、実際に目の前に現れた被害者を見抜いてくれず、過激な流言飛語をそっくり鵜呑みにして、首謀より何倍にも残酷に攻撃します。なぜ、実態を全く見抜けないのでしょう? あんなに暴露?活動をしているからには、わたしを攻撃したら、その暴露している『悪』に加担している事になるのに、攻撃します。危険を冒している?かもしれない割に、無批判・自動的に、知りもしない、会った事も無いある個人についてのデマを、そっくり信じて攻撃に加担する、...

その盲目さ・残忍さが、矛盾しすぎていて、とても残念です。

以下の記事は、ある被害者の方による、解り易い被害の説明をお借りしたものです。改めて、プリント配布に加えさせて頂きます:


 集団ストーカーについて
加害者は被害者の悪口を捏造します。被害者を孤立させ、嫌がらせをするためにはどのような汚い手も使ってきます。』
より:


風評被害

2008-02-22 09:29:44 |

>【風評被害】と集団ストーカー

2008年02月20日13:39

【風評被害】
「風評」は、世間の評判、うわさ、とりざたといった意味です。そこで「風評被害」を単純に言い換えれば、「うわさによる被害」となります。

 うわさは、人物や物事について陰で話すこと。当事者に直接、事実を確認したわけではなく、何の根拠もない誤った情報や、意図的に言いふらすデマ、流言飛語《りゅうげんひご》も含まれます。もちろん「火のない所に煙は立たぬ」で、根拠は存在するがあいまいな点が残るという場合もあります。

集団ストーカーとは、ターゲットを精神的に追い詰める集団のことを言います。

非常に巧妙で、水面下でターゲットの悪評を吹聴して、ターゲットの知らないところで、ターゲットを悪人に仕立て上げ、悪評を吹き込んだ人間を巻き込んで一緒にターゲットを追い詰めるという、加害者が増加していく加算式の嫌がらせを繰り返します。

すり替えて噂をばら撒きますが、ほとんどの場合、自分たちと被害者の名前をすり替えて吹聴する傾向があり、置き換えれば、聞いた話で酷いと思えるものは、実は吹聴する自称、被害者が本当の被害者にしていることに過ぎないのです。

集団ストーカーは増え続ける一方ですが、その行動は一定しており、どの被害者もまったくと言っていいほど、同じことをされています。

ターゲットを定めると、まず、仲間内で、バラバラにそのターゲットをじわじわと精神的に追い詰めていきます。

ターゲットはわけがわからず、ただ何かおかしいとは感じるため、何がおかしいのかを探ろうとして、一見奇怪な行動を取るようになります。

敵の姿も目的もはっきりしないため、疑惑だけが深まっていき、「もしかしたら自分はおかしいのだろうか?」と思い込むように仕向けます。

いざという時に自分たちが怪しまれることのないよう善人の仮面をかぶり、あちこちにいい人のふりをしたりして、下準備をしておきます。

そして、ターゲットが精神的にまいってしまい不安と疑惑がピークに達した時に一気に牙を向けます。

下準備として、ターゲットに嫌がらせをされていると言うでたらめをあちこちで相談や噂話としてばら撒いているため、攻撃されているターゲットがまわりに相談しても中々信用されません。

集団ストーカーは、ターゲットが嘘つきであることを匂わせる相談をしているため、その相談を受けている人は先入観があり、真の被害者の言葉を無意識に摩り替えて聞いてしまうため、ターゲットを疑い、一緒に攻撃するようになっていきます。

このすり替えも実に巧みで、まず、噂をばら撒く相手をターゲットの親しい人達に定めます。

繰り返し繰り返し何ヶ月もかけて相談するフリをしながらターゲットの異常性や嫌がらせの被害を相手の脳裏に植え付けて洗脳していきます。

こうすることで、ターゲットが相談しても、すでに洗脳されているため、信じてもらえず、精神疾患患者であるように吹聴されていきます。

ターゲットが人間不信になるように仕向け、孤立させ、追い詰めて、本当の精神疾患者にするか、自暴自棄になり犯罪に走るか、自殺させるか、社会的抹殺させることが最終目的であり、その目的を果たすまでは逃げても執拗に探し出し嫌がらせの手を休めることはありません。

昨日までの友人が今日には敵にまわり、嫌がらせをするようになるため、ターゲットは振り回されて、一見不可解な行動を取るようになり、それを集団ストーカーたちは自分たちがしいぇいることだけは巧みに隠して、ターゲットの頭がおかしいように吹聴します。

非常に巧妙で恐ろしい集団とされており、この被害にあった場合、自分だけでの解決や、親しい人への相談や助けは二次被害、三次被害へと続き、百人単位の人間が巻き込まれることになり、加害者は被害者の仮面をかぶり、被害者と加害者の名前を入れ替えて吹聴しているため、複雑に絡み合って、収拾がつかなくなるため、また、非常に悪質な集団であるため、必ず警察へ相談することが望ましい。

今現在、HN【r○bbit】という人と【う○ぎ】という人弱視の【ちゃ○ちゃん】という3人の女性がさだまさしのファンの間に私がいかに酷い人間であるかを、自分たちが私にしたことを、さも私が彼女たちにしたようにすり替え、吹聴しています。

現在この女性を含む嫌がらせ集団ストーカーグループはギタリストのある方に接触を試みており、取り込まれた可能性が大きく、また、取り込まれて増加していく新たな加害者の特徴に暴走するということが上げられますが、先ほどこのギタリストの方も暴走されました。

取り込まれたのかどうかは不明ですが、以前このメンバーはそのギタリストの方にはさほど興味がないように申していたことを考えて、いきなりの総メンバーでの接近には不審感を隠せない次第であります。

同じような被害に合われている方が、もしこの日記に辿り着くことがありましたら、警察へ相談に行くことを強くおススメします。

なお、仮にもストーカーという名称で呼ばれていることを忘れないように十分注意を払って下さい。

黙っていればいずれはやめるだろうという甘い考えは捨てて下さい。

ターゲットが死ぬか狂うか犯罪者になるかのいずれかになるまで何年でも追いかけてきます。

泣き寝入りしても、ターゲットに気付かれないように水面下で行動を続けます。
長期化することが殆どで、諦めるということはまずありえません。

ターゲットは自分たちの、善人の仮面を取った本性を知っている唯一の生きた証人になりますから、生きていたり、その発言が信用される状態でいてもらうと、自分たちが困るため、新しいターゲットへバトンタッチするためにも、たーげっとを抹殺しないわけにはいかなくなりますから、諦めるということはまずありえません。

また、警察へ相談に行く際には、必ず、相談している間の会話のすべてを録音保存しておき、担当の警察官の名前を頭に叩き込んでおいて下さい。

警察は、相談を受けなければならない義務があるため、もし、門前払いや「あんたもわるいんじゃないの?」などと冷たくあしらわれてしまった場合の動かぬ証拠になります。

そして、門前払いや暴言にはきちんとした対処法があります。

ここまではネットで簡単に調べられますし、ターゲットにされてしまった方たちには寝耳に水、初めて聞くことが多いと思われますが、加害者の集団ストーカーたちにはすでに周知の事実となります。

ここから先は、公に出来ない裏ワザにもなりますので、メッセージにてご質問下されば、それなりのお答えも出来るかも知れません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

非常によく風評被害について書いてある。
これはMIXIのある人の日記だが、被害者だろう。
普通の人は最初おかしなことがあったとしても、すぐに集団ストーカーだなどと考えることはない。
その前に集団ストーカーということすら知らないのが普通だろう。
何度もおかしな偶然が重なることにより、自分の身の回りで何かが起こっていることに気づくのである。
このときにもまだ集団ストーカーという犯罪については知らない。
ネット上で探して集団ストーカーに辿り着き、自分の身の回り起こっていることと一致し、自分が集団ストーカーの被害者・ターゲットになってしまったことを知るのである。
しかし、何故ターゲットになったのか心当たりすらないのが普通である。
加害者の逆恨みにより始まるであろうからだ。

メールをくれた方に返信をしようとしたのだが、返信できない状態である。
返信に書き込むことができないのである。
これはIE7に更新したせいなのか、何か別の悪意ある力が働いているのかはわからないが、返信できるときにしたいと思っている。
返信できなくて申し訳ない。 






編集 / 2010.04.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》:【‘集団ストーカー’についてのご注意】より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
ー‘集団ストーカー’についてのご注意ー
http://www.geocities.jp/gizumotic/syu-suto.htm

 最近、特定個人に対する悪質で巧妙な中傷行為の被害が増えています。
この被害を受けた被害者の証言がインターネットの掲示板等を通じて
数多く集まっており、その証言には細部に渡る共通点が見られます。
手口の巧妙さと再現性の高さから、被害は組織的でマニュアル化された
ものである可能性が濃厚です。
 被害者が被害を受ける発端は、企業のリストラ・企業等の情報漏洩に関わる
トラブル・ある団体の構成員からの逆恨みトラブル等が目立ちますが、きっかけ
の解らない被害者も多く存在します。
 あなたの周囲に、次のような人はいませんか?

 1. 社会的信用や品位を疑われるような噂、人から妬みを買いかねないような
   噂の絶えない人がいる。
 2. その人に関する一つの噂が消えかかると、その人物の新たな内容の噂が
   どこからともなく流れて来るという現象が長期に渡って続いている
 3. その人に関する噂は、どのような方法で集められたか解らないほど、
   具体的で立ち入った内容の情報が多い
 4. あなたがその人に関する噂を聞く時は、‘たまたま’‘偶然’その場に
   居合わせたかのような第三者から聞かされる事が多い
 5. 情報は、言質を取られないような表現(比喩や暗喩を多く用いた
   いわゆる‘ほのめかし’)で聞かされる事が多い

これらに該当する状況にある人物は、もしかすると‘集団ストーカー’の被害者
かもしれません。

 集団ストーカー行為を受けている被害者(ターゲットと呼びます)の身近な人物は、
共通して次のような対人操作を受けます。

 a.ターゲットに対し、優越感と嫉妬心・妬みという相反する感情を抱かせるような
  情報を、‘ほのめかし’によって聞かされる
 b.上記によって、ターゲットの身近な人物(ターゲットの人物評を出来る立場に
  ある人)は、ターゲットに対し容易に攻撃や敵意を抱き易いような心理状況に
  置かれる
 C.これらの操作になかなか乗らず、ターゲットと良識的な関係を保とうとする
  人物は、被害者が影で受けているのと同様の攻撃を受け、情報の撹乱や
  精神的疲労により、ターゲットとの信頼関係を断ち切るような方向に誘導される。

これらの対人操作により、ターゲットの周囲にいる第三者は、誤った認識からなる
‘善意の忠告’や実際にはありもしない‘行過ぎた行為へのいましめ’を行うよう
になるなど、知らず知らずのうちに加害行為に荷担してゆきます。

その他よく見られるパターンとして、ターゲットが精神疾患になりかかっていると
いったような内容の中傷流布がありますが、これは精神医学の情報を断片的に切り取り、
局所的にターゲットの言動にあてはめて第三者に説明するといった方法であり、
被害者の訴えを無効化する目的で非常に頻繁に用いられている手法です。
他にもターゲットが夫婦者の場合などは、どちらか一方あるいは双方に対し、
パートナーが浮気をしているといったような仄めかしを聞かせる事もあります。

 嫌がらせは間接的な表現や露骨な暗喩、一般人を装った工作者を多用している為
証拠が取りづらく、被害者は非常に苦しい状況を長期に渡って耐えつつ生活しています。

 私達被害者は、これらの被害に関する多くの情報を求めています。
特定個人に関する興味深い(多くはその人物の尊厳を貶める)内容の
噂を耳にした時は、どうか情報をうのみにする前に、その情報の伝播
方法に不自然な点は無いか観察してみて下さい。

 そして、我々にあなたの情報を提供してください。

 被害の深刻さに反し、これらの被害の‘つかみどころのなさ’のため
警察や弁護士も何の救済措置も行えない状況です。
この問題に関する更に詳しい情報が以下のページにありますので、是非ご参照下さい。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%bd%b8%c3%c4%a5%b9%a5%c8%a1%bc%a5%ab%a1%bc

 情報は、是非以下のアドレスへお願いします。。↓

     gizumotic@yahoo.co.jp





編集 / 2010.04.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》:【風評被害】阿修羅掲示板より
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
*阿修羅掲示板*
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/164.html
より。


  『風評工作』は対象の居住する近隣・自治会から職場、店舗・飲食店・金融機関・不動産業者・医療機関・交通機関・運送会社など、およそ対象と関わるあらゆる人々を感化させるだけでなく、その活動に協力加担させていく活動でもある。

これだけの『風評工作』は誰が考えても素人の俄仕込みでできることでも、テキトーデタラメでできる芸当でもありません。
これは『風評工作』に関する原理原則に基づく技法を駆使する『プロ』の活動というものを想定しなければ到底説明できることではありません。
『風評工作』に限らず、そもそも集団ストーカーとは『プロ』を中核とした活動であると看做す必要があります。
集団ストーカーが『プロ』の活動であるならば、その『風評工作』もプロの技法が駆使されていると看做せます。

> §Ⅳ 風評工作対処法
米軍マニュアル『FM-33-1-1』が示すことから風評工作に対する対処法として、
まず『風評工作』に対する予備知識を誰もが持つ必要があるということです。
それは、

1.予備知識
①一般人(社会人)に対する『影響力と信用のある人物』を利用するか、それを装う、化ける。
②対象に関する事実関係を把握しそれを脚色・誇張・歪曲・曲解させる。
③聞き手が勝手にネガティブに解釈するような曖昧な表現、暗示的表現を効果的に使用してくる。
④レッテル化するような内容。

2.対処法
①特定人物に関する不審な話についてはその話の出所を聞く。
②特定人物に関する不審な話をする者が防犯関係者であればその人物の氏名・住所・電話番号、所属先の住所・電話番号と身分証明書を提示させる。
③警察情報に基づくとする場合、どの部署のなんという名前の警察官かを明示させる。
④明示できないならその理由を聞き、納得できるか否かを判断する。
⑤風評を流布される対象となった人に接近し心当たりがあるか否かを聞き反応を観察する。
⑥特定人物に関する悪い噂を口にする者の背景を考える(特にカルト的な団体の構成員であるか否か)

~~~~~~~~~~~~


風評被害にはターゲットの耳には入れないようにする、というのもあるはずだ。
ターゲットが気づく頃には、すでにその悪意ある大嘘は一人歩きをしている状態になっていることが多いだろう。
従って被害者は否応なしに後手後手にならざるを得ない。
これをどうにかしなければならないのではないだろうか。
被害者は一人で立ち向かわなければならないが、加害者は大勢でやってくるのである。
上記の対処法は間違ってないと思うし、そうできれば理想である。
が、集団ストーカーの被害をまだ甘く捕らえていると思う。
どういった風評被害を流されているのか、被害者が気づく頃にはすでに手遅れになっていることが多いのではないだろうか。
少なくとも私はそうであった。
集団ストーカーという犯罪について知るころには、すでに凄まじいほどに自分の悪意に満ちた大嘘の噂は広がっていたのである。
一番大事なことは、この犯罪の被害者は特別な人間だったから被害に遭っているのではなく、誰でも被害に遭う可能性が高い、ということを理解してない人が多いということだ。
そして加害者は人間の心など被害者に対して全くもっていない、ということである。
キチガイを相手にしなければいけないのである。
それを見抜けない人間が多すぎる、ということである
[強調by管理人]






編集 / 2010.04.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【過去ログ】からコピペ:vol.2[From*他の方のBLOGへの投稿からその1]
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《自分のコメント持ち込み転載》
2010/04/01 11:45 AM
続き:(ところで、この***の各ページの上に出てくるマンガありますよねぇ~。先程の『犠(いけにえ)』の話で途切れたコメントを投稿した際出てきた真新しいマンガのコマが「だいじなお願いには ― いけにえが必要なのよ!」になってマシタ。) 話を戻します!自分の都合で他の人間をイケニエに、つまりスケープゴートにして自分自身の視野の外の自分の影(ユングの何って言いましたっけ)を此方に投影して来て、此方には本来全く縁の無い話を擦り付けて来られるので、気が付いた時には集ストの被害者は『加害者群の心のゴミ箱』になってしまって居ますよね!火の無いところに煙を立て、火が加害者のモノで、その知らない事の責めを加害者は自分達に向けられず此方に全部投げる:正に被害者が犠(いけにえ)です。しかも、自分達の『影』だけじゃなくて、此方の長所や強みを殊更に「裏返した内容」を言い広められました。強みの部分を故意に反対の話に造り変えて広められたのです。又、嘘をつかない種類の人達だとず~っと思い込んでいた或人達が一番熱心に裏返した嘘を広めていたのです。それどころか、自分が私に言った事を裏では私が言ったと摩り替えて牧師とかに自分の悪意を私にカコツケて相談されていたんです。それを事実か確認せず鵜呑みにし
| 名有り| | (=この管理人。)

2010/04/01 5:36 PM
続き《最終編》:...鵜呑みにして言い伝えられて...



...以下の、ネットからの抜粋は、完全にこれを説明していました。:
[ネットから抜粋 =(自分の携帯のScreen Memoから)]

  ☆大阪在住が報告する集団ストーカー
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1189929013/

典型的な在日・帰化人の犯罪者の手口を使っています。
① 【事実でない事を事実として話しを展開させる】
② 【自身の事を対象者になすりつける】
③ 【対象者についての話しを逆にする】
 
 

...上記についての、全く同じ訴えを他の被害者さんからも、見つかり、読んだ事があります。
そこには、在日・帰化とは記述されていませんでした。恐らく、他の被害者さん達には、私のように加害者についての判断材料に可なり乏しくされている現状もあるかと思います~ 

...あと、最近良く耳にする、この在日・帰化(+部落・同化 etc.)による乗っ取りですが、こういった情報が入る前から、私も気が付いていた点というのが、ありました。こういった情報がそういう認識と全く矛盾しないので確信しやすい定義です。 特にオカシイのが、キリスト教会・グループの多くが、今韓国人にどんどん進入されていて凄いです。例えば、知っている多くの教会の、歴史あるところまで今、新しく韓国人を牧師に迎えていっています。一箇所位であった頃は別に何も思いませんでしたが、ちょっと生半可な規模でないのです。調べればモットはっきりする事です。


編集 / 2010.04.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
『死』に勝利!
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《聖書から》 / テーマ: Christianity / ジャンル: ライフ

JESUS CHRIST,
The Resurrection and LIFE,
The VICTOR Over the "Death"
「私は復活であり命である。」
主は『死』に勝利された



Revelation 1: 17-18
" 17 And when I saw him I fell at his feet as dead. And he laid his right hand upon me, saying unto me, Fear not; I am the first and the last;  
18 I am He that liveth, and was dead, and, behold, I am alive for evermore, Amen; and have the keys of hell and of death."
黙示録 1: 17-18
" 17 わたしは彼を見たとき、その足もとに倒れて死人のようになった。すると、彼は右手をわたしの上において言った、「恐れるな。 わたしは初めであり、終りであり、
18 また、生きているものである。わたしは死んだことはあるが、見よ、世々限りなく生きている者である。 そして、死と黄泉とのかぎを持っている。
"

Matthew 28: 18
"18 And Jesus came and spake unto them, saying, All power is given unto me in heaven and in earth."
マタイによる福音書 28: 18
18 イエスは彼らに近づいてきて言われた、「わたしは、天においても地においても、いっさいの権威を授けられた。」"

1st Corinthians 15: 51-55 "
51 Behold, I shew you a mystery; We shall not all sleep, but we shall all be changed.
52 In a moment, in the twinkling of an eye, at the last trump: for the trumpet shall sound, and the dead shall be raised incorruptible, and we shall be changed.
53 For this corruptible must put on incorruption, and this mortal must put on immortality.
54 So when this corruptible shall have put on incorruption, and this mortal shall have immortality, then shall be brought to pass the saying that is written, Death is swallowed up in victory.
55 O death, where is thy sting? O grave, where is thy victory?"
コリント人への第一の手紙 15: 51-55
"51 ここで、あなたがたに奥義を告げよう。わたしたちすべては、眠り続けるのではない。終りのラッパの響きと共に、またたく間に、一瞬にして変えられる。
52 というのは、ラッパが響いて、死人は朽ちない者によみがえらされ、わたしたちは変えられるのである。
53 なぜなら、この朽ちるものは必ず朽ちないものを着、この死ぬものは必ず死なないものを着ることになるからである。
54 この朽ちるものが朽ちないものを着、この死ぬもが死なないものを着るとき、聖書に書いてある言葉が成就するのである。
55 「死は勝利にのまれてしまった。   死よ、おまえの勝利は、どこにあるのか。   死よ、おまえのとげは、どこにあるのか。」"

John 11:25-26
" 25 Jesus said unto her, I am the resurrection, and the life: he that believeth in me, though he were dead, yet he shall live:
26 And whosoever liveth and believeth in me shall never die. Believest thou?2
ヨハネによる福音書 11:25-26
" 25 イエスは彼女に言われた、「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。:
26 また、生きていて、わたしを信じるものは、いつまでも死なない。あなたはこれを信じるか」。"

John 14: 6
" 6 I am the way, the truth, and the life: no man cometh unto the Father, but by me."
ヨハネによる福音書 14: 6
" 6 イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。」"

2nd Timothy 1:10
"10 But is now manifest by the appearing of our Saviour Jesus Christ, who hath abolished death, and hath brought life and immortality to light through the gospel:"
テモテへの第二の手紙 1:10
"10 そして今や、わたしたちの救い主キリスト・イエスの出現によって明らかにされた恵みによるのである。キリストは死を滅ぼし、福音によっていのちと不死とを明らかに示されたのである。"

Revelation 21:4
"4 And God shall wipe away all tears from their eyes; and there shall be no more death, neither sorrow, nor crying, neither shall there be any more pain: for the former things are passed away."
黙示録 21:4
"4 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである。」"

1st Corinthians 15:26-27
"26 The last enemy that shall be destroyed is death.
27 For he hath put all things under his feet. But when he said all things are put under him, it is manifest that he is exepted, which did put all things under him."
コリント人への第一の手紙 15:26-27
"26 最後の敵として滅ぼされるのが、死である。
27 「神は万物を彼の足もとに従わせた」からである。ところが、万物を従わせたと言われる時、万物を従わせたかたがそれに含まれていないことは、明らかである。"

Isaiah 25:8
"8 He will swallow up death in victory; and the LORD God will wipe away tears from off all faces; and the rebuke of his people shall he take away from off all the earth: for the LORD hath spoken it."
イザヤ書 25:8
"8主はとこしえに死を滅ぼし、主なる神はすべての顔から涙をぬぐい、その民のはずかしめを全地の上から除かれる。これは主の語られたことである。"

Romans 8:18
"18 For I reckon that the sufferings of this present time are not worthy to be compared with the glory which shall be revealed in us"
ローマ人への手紙 8:18

"18 わたしは思う。今のこの時の苦しみは、やがてわたしたちに現されようとする栄光に比べると、言うに足りない。"



ENGLISH TEXT: King James Version(1908 edition)
日本語テキスト: 口語訳聖書;日本聖書協会(1980年刷)



編集 / 2010.04.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Lamentations 3:22:24/エレミヤ哀歌3:22-24
カテゴリ: ◇Daily Bible Verses/日毎の聖句 / テーマ: Christianity / ジャンル: ライフ

MORNING of 23rd, April, 2010.

Lamentations 3:22-24

22 It is of the LORD's mercies that we are not consumed,
because His compassions fail not.
23 They are new every morning:
great is thy faithfulness.
24 The LORD is my portion, saith my soul;
therefore will I hope in Him.
-King James(Authorised) Version (1908)


エレミヤ哀歌 3章22-24節

22  主の慈しみは絶えることがなく、
    そのあわれみは尽きることがない。
23  これは朝ごとに新しく、
    あなたの真実は大きい。
24  わが魂は言う、「主はわたしの受くべき分である、
    それゆえ、わたしは彼を待ち望む」と。

-口語訳聖書[日本聖書協会](1980)



編集 / 2010.04.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
ネットをウロウロ
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】
ミスタイプ、後で校正します!

2010年4月23日
 
何日間か、ネットをウロウロしてみて、又、解った事。
今は、もう、『話』の大方が、デマの様だという事。
とんでもない出鱈目と、相手が最も傷つくと思われる内容で、誹謗中傷され、風評被害に遭っている人が相当沢山居る様だという事。
十年以上住んでいた某ヨーロッパ国では、これは赦されなかった。
もう何年も前の昔の事ですが(帰った時は現在の政権で無かったですが)、向こうでも、時折日本人と出会って話した。でも、「もう日本になんか帰りたくない!」と思わされたのは、そんな同国人が、私の事で少しでも気に入らない事(つまり、妬み!)があると、「嘘!」と、蔭で、勝手に私の本当の事も嘘にされてしまっていた事に気付いた時。その人達についてもっと驚いたのは、かなり癖が悪く、少しの事でもいちいち悔しがり、一度でも、ほんの少しでも、潰したい相手と思われたら最後、私の前ではニコニコ気持ちよく付き合っている様子だったのに、同時に蔭では、精一杯の出鱈目で私の事を「書き換えて」振れ回っていた事。『自作バージョン』の私で、実際のこの私では無く、所謂、「その人の心の中だけでの、バーチャルな、創作上の(私の名)」ということになります。
  又、かなりの時間と労力を使ってでも、執拗に陰謀を練って実行に移していた事。それが、もし、今の日本で通用するとしたら、日本はもう崩れ切っている事になる。
  日本を発ったあの大昔の日本より悪化している事になる。特に以前から海外にいた日本人はそう悪く無かった。
極最近来た様な、出国ホヤホヤの日本人に限って、凶悪な、心の真っ黒な、裏表のしっかりある、腐ったのが殆どだったので、これは、今の日本の有様かと、たまらない思いに襲われたのを、覚えている。
「もしかしたら、海外だという気の緩みで、オイタをしているだけかもしれない。」とも思ってあげてみた。
でも、大事な家族のためにも、帰って見ることにした際は、そんな人は極一部の人だけに決まっている、と自分に言い聞かせて、昔の思い出をそのまま抱えて帰ってきて見た。まさか、と思う、現実だった。
これが必ずしも日本の全てな筈が無い!と思いたかった。
すると、どうも私は、既に、自分についての出鱈目話の大洪水の中に帰ってきたらしく、その中に溺れてしまって来た。
話の中には、向こうで出会ったその日本人の個人的で独特な発想で(皆が同じ事を考える位に洗脳されているのではない限り)、つまり(そうであれば)出先が特定できる内容の嘘まで混じっていた。しかし、日本と言っても、あの人達は遠い別の地域から来た人達だった。デマカセもいいところです。そんな露骨な出鱈目が、何故、こんなにも簡単に日本では信じられてしまうのですか? もう一つ驚いたのが、何故、今の日本人が、本当と嘘の区別をつけられ無すぎるという点です!これは、嘘が大手を振るいすぎて、判断力も攪拌されてしまっていませんか? 昔からよく言いますが:紙幣の判別法ですが、偽札をいくら集めてにらんでいても駄目なんで。本物だけを、つまり、偽札を目にするのではなくて、本物だけを、飽きるほど扱っていることだと。自分からも人からも、本当のことを大事にすれば、第一歩と。。。

(今又、向かいのスパイばか男が、これを読んで、何処かに慌てて飛んで行きましたよ!)


ミスタイプ、後で校正します!


編集 / 2010.04.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
『民主主義と拷問』より;From "Demcracy and Torture"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》 / テーマ: 社会学 / ジャンル: 学問・文化・芸術

EXERPTS
from
"Demcracy and Torture"
by
Darious Rejali



2007, published by Princeton University Press
Princeton University Press,
41 William Street, Princeton,
New Jersey 08540. (USA)
In the United Kingdom:
Princeton Unversity Press,

3 Market Place, Woodstock,
Oxfordshire. OX20 1SY. (UK)
[ISBN 978-0-691-11422-4]


From BACKCOVER:

" Darius Rajli has given the world an extraordinary work of scholarship and personal passion that no one wants to hear about but that everyone must learn about. Torture and Democracy exposes the core issue facing every nation whose deepest values of human dignity are defiled by its state-sanctioned 'violence workers.' Beyond platitides, this pioneering experts descends into the torture dungeons around the world to reveal the strategies and tactics secretly used to break human will to resist. A vital book for anyone wanting to understand the whys and hows of torture being practiced today by our own government."
- Philip Zimbardo, Author of The Lucifer Effect: Understanding How Good People Turn Evil

************************************



...... [p.424., 3rd para.:] ......

"These quality of success explain why torturers generally prefer low technology to high technology in stealth torture, and why they prefer some high technology devices to others. Sensory deprivation boxes were nonlethal, painful, and left few marks. But they proved to be too visible, not easily portable, unfamiliar to users, and hard to maintain and repair. They required a support network, and they were difficult to find and create. Police could not directly link them to their routine duties. They were not multifunctional or flexible, and they lacked the quality of everydayness (with the exception of Lilly's water tank, which would be at home in a New Age resort)."

「 これらの成果は、何故拷問者が、隠蔽された拷問では原始的な拷問方法を好み、その他の場合には、ハイテクを用いた拷問を好むのかを良く説明している。 感覚遮断箱だと、致死的でもなく、痛烈であり、しかも痕跡を残さない。 ただし、これは露骨に見える方法で、持ち運びが困難で、利用者が不慣れなことが多く、維持補修が大変である。 これだと協力機関の設立が必要になるが、それが見つかりにくく形成しづらい。 警察も直接的には担当を常時関わらせていられない。 これでは万能性も順応性もなく、何しろ、日常性に極めて欠ける (リリーの水槽は例外であり、ニューエイジ・リゾートであれば当たり前のように使えるが)。」

*****************************************



...... [p.425., 3rd para.:]

" By contrast, the laboratory scientists concerned with sensory deprivation (SD) bexes (Cameron, Baldwin, Lilly) imagined no scenarios other than the narrow concerns of their experiments. They did not reflect on the kinds of questions that troubled Cover, such as portability, flexibility, multifunctionability, everydayness, linkage, cost, maintenance, repair, and replacement. Nor did the CIA, with its extensive resources, bother to look into these questions.

Scientific as these products were, they did not float effortlessly under their own volition into the world. Torturers generally found no use for them within the context of their craft.  If something survived, it was noise, and again it was torturers-tinkeres elsewhere in the world that adapted this one element that did survive the SD research.  They adapted it using ordinary devices that were miltifunctional, everyday, and easy to replace.

Some believe that modern torture rends towards high technology:  "There seems to be constantly ongoing reaearch in this field, aimed at developing more refined methods, which are effective in breaking down the victim's resistance, and which at the same time will leave little or no visible trace."2

2: Jørgen Tomsen, Karin Helweg-Larsen, and Ole Vedel Rasmussen, "Amnesty International and the Forensic Sciences," American Journal of Forensic Medicine and Pathology 54(1984): 306.

「  対照的に、実験室に於ける感覚遮断(=SD)箱(キャメロン、ボールドウィン、リリー)に関わった科学者の間では、自分達の実験に関する狭まった関心以外には余り他の状況を想定してみる事は無かった。彼らは、カバーなどが抱いていた様な、移動性適応性、万能性、日常性、協力関係、費用、維持、修理、代替、といった事に関する心配は念頭に無かった。 同時にCIAも、独自に抱える資源の故に、こういった疑問は考慮しなかった。

 科学的とは言っても、簡単に、それ自体で思うように世の中に浮上したわけでもなかった。拷問者は全般的に、これらの方法が彼らの拷問それ自体の為には特段使い道を見出せなかった。もし何か使い道があったとすれば、『音』の使い方であって、繰り返せば、世界中あちこちのの拷問屋が、唯一この感覚遮断箱実験の中で生き残った、この要素こそを適用していったのだ。 彼らは、この要素を、万能性、日常性,又、代替が容易な、極ありきたりな方法で、適用していったのだ。

 一部の人々は、近代の拷問は、もっとハイテクな方法へ寄りかかっていっていると信じている: 『絶え間なくこの種の領域の研究はなされており、より洗練された方法、即ち、より効果的に犠牲者の抵抗を崩し、同時にほとんどか、或いは全く(拷問の)痕跡を残さない方法を開発する事を目標にしている。2』 」

2: ユーゲン・トムセン、カリン・ヘルウェグ‐ラーセン、オーレ・ヴェデル。ラスムッセン、『アムネスティ・インターナショナルと法医科学』アメリカ法医学と病理学誌54(1984), 306ページ。

*************************************



........ [p.426., 1st para.:]

" ... (omitd 3 lines) ...   
Over the course of a century, torture has changed worldwide, the kind of sweeping change that is rare with any method of violence, but that is perhaps more remarkable in this case for its reliance on hidden networks. Techniques spread through backroom apprenticeships, networks of whispers, knowing glances, and the enabling power of averted eyes.3 "

3, See also Piet van Reenen, "Routine Police Torture, " Human Rights Review 4.1(2002): 54; Martha K. Huggins, Mika Haritos-Fatouros, and Philip Zimbardo, Violence Workers, (Berkeley and Los Angeles: University of California Press, 2002), 173-75.

「 ... (3行削除) ...  
この一世紀の間に、世界中の拷問に変化が、全面的な変化であって、他どんな暴力の仕方にもまれなものであった。むしろそれは、恐らく秘密下のネットワークに依存して行ったと言う点で、より特記すべき例となろう。、裏部屋での入門者同士だけの、囁きでのネットワーク、知るもの同士の目配せ、そして、目を逸らして実行可能な力によって広げられていった技術である3

3, ピエ・ファン・レーネンの『恒常的な警察の拷問』、人権レビュー4・1 (2002)、54ページ;マーサ・K.ハギンス、ミカ・ハリトス‐ファトゥーロス、フィリップ・ジンバード、『暴力員』(バークレー&ロス・アンジェルス、カリフォルニア大学出版部、2002)、173-75ページ、も同時に参照の事。

**************************************



........... [p.426., 4th para.:]

" Informal apprenticeship has other advantages in recruitment and secrecy. Soldiers and doctors who might talk balk at being involved in torture can be drawn into it in small steps until they are as implicated as anybody else.5 Such practices also tie torturers together in bonds of secrecy and fraternity.6 Apprenticeship also creates regional argot for torture, "a language with new words and expressions so that they can talk about various things without being undertstood by outsiders."
7

「 非公式な入門には、他にも勧誘や秘匿性といった利点がある。拷問などに関わらされる事に抵抗を示す兵隊や医師など、それとなく徐々に、他の皆とさほど違わないと暗に示して引き込められる。5 そういったやり方は同時に、拷問者同士が秘密の共有と同盟感から来る絆で結ばれる。6  入門者同士は又、拷問を意味する特有の隠語表現を創る;「新しい言葉と表現なので、彼らは部外者には通じない形であらゆることを話し合う。」7


5, Richard Goldstein and Parick Breslin, "Technicians of Torture: How Physicians Become Agents of State Terror, " The Sciences, March-April 1986, 14-19.
6, Huggins, Haritos-Fatouros, and Philip Zimbardo, Violence Workers, 29-62, 161-92.
7, Mohammad [pseud.], The Argot of the Victim (Copenhagen: Rehabilitation and Research Centre for Torture Victims, 1992), 4. Aside from this study, such argot has never been subjected to systematic analysis.

5,  リチャード・ゴールドシュタイン、& パトリック・ブレスリン;『拷問の技術者:如何にして医者が国家拷問員となるか』科学誌,3-4月,1986,14‐19ページ。
6,  ハギンス、ハリトス‐ファトゥーロス、フィリップ・ジンバード、『暴力員』,29-62,161-92ページ。
7,  モハメド(仮名)、『被害者の隠語』(コペンハーゲン:拷問被害者の為のリハビリと研究センター,1992) 4. この研究を除いては隠語の関する系統的な分析は取り扱われていない。

**************************************



........ [p.545., 2nd para.:]

" In Chicago, torture happened "out there" without any relationship to anyone in particular. People knew it happened, and even underdstood how it shaped the topography of their city, but they could not find the person responsible. In early Christianity, demons stood for intangible hostile feelings that drove people unexpectedly in murky social conditions or shaped aberrant, recalcitrant individuals. The "horror of the demonic was its very facelessness," 32 as Peter Brown, a distinguished scholar of classical antiquity, explains. Demons "did their business in the darkness." 33 Torture in Chicago and Auschwits, as near as the trials could tell, was the work of demons."

33, Vita sancti Severi Viennensis presbyteri (1886) cited in The Cult of Saints (Chicago: University of ChicagoPress, 1981), 112.

「  シカゴでは、別に特定の誰かに関わることなくして、拷問が「直ぐそこで」起こっていた。起これば、皆がそれと判り、皆、どの様にしてその市の社会構造が成り立ったのか理解していた。しかし、誰も、誰の責任なのか、指をさせない状態であった。 初期のキリスト教にも、悪霊というものが、予期しない混沌とした社会状況や、歪んだ、反逆的な人物の蔭に、無形の敵として立ちはだかっていた。 カの、著名な古典学者ピーター・ブラウンの説明の通り、『悪魔的な存在の恐るべきところは、正に、それが顔の無い事にあった。』32 悪魔は、『暗がりで仕事をしていた。』33  最も近代の判決が示すには、シカゴもアウシュビッツも、悪魔の仕業である。

33, Vita sancti Severi Viennensis presbyteri (1886) 『聖者のカルト』より。(シカゴ:シカゴ大学出版1981),112ページ。


[Emphases Mine]/[強調:管理人による]
(BLOG管理人:R.S.訳)  




編集 / 2010.04.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
『民衆の心理』グスタフ・ル・ボン ー序章
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》 / テーマ: 社会心理学 / ジャンル: ブログ
 "The Crowd"
-The Study of The Popular Mind-

by Le Bon, Gustave

[from wiki:
Gustave Le Bon
(7 May 1841, Nogent-le-Rotrou, Eure-et-Loir – 13 December 1931)
was a French social psychologist, sociologist, and amateur physicist.
He was the author of several works in which he expounded theories
of national traits, racial superiority, herd behavior and crowd psychology.]


(second edition)219 pages;
Norman S. Berg, Publisher,
"Sellranraa", Dunwoody,
Geourgia, USA.
(undated)

From INTRODUCTION
"THE ERA OF CROWDS".


"The great upheavals which precede changes of civilization, such as the fall of the Roman Empire and the foundation of the Arabian Empire, seem at first sight determined more especially by political transformations, foreign invasion, or the overthrow of dynasties. But a more attentive study of these events shows that behind their apparent causes the real cause is generally seen to be a profound modification in the ideas of the peoples. The true historical upheavals are not those which astonish us by their grandeur and violence. The only important changes whence the renewal of civilizations results, affect ideas, conceptions and beliefs. The memorable events of history are the visible effects of the invisible changes of human thought. The reason these great events are so rare is that there is nothing so stable in a race as the inherited groundwork of its thoughts."

『序章』より
『民衆の時代』


「文明を揺るがす壮大な社会変動、例えばローマ帝国やアラビア帝国の基盤の崩壊などは、一見したところ、主に、政権の変革や他国による侵略、又は絶対君主の打倒といったものによって起こされて来た様に見える。しかし、より詳細な研究によって、こうした、一見原因と見られるもの事の背景には、実は、実際の原因が、普通は、人々の考え方の大規模な調整にあったことが見えてくる。真の歴史的大変動は、出来事の壮大さや残虐性によって我々を驚かすそのもの自体なのではない。文明の革新を起こした唯一重要な変化というものは、考え方、観念、又、信仰に影響を及ぼすものである。記録に残るような歴史的出来事というものは、人々の考え方といった『見えない』処の変化が、『見えた形』の変化となったものである。こういった壮大な変革が非常に稀な理由は、各人種において伝承(遺伝)された、考え方の基盤(土壌)程ゆるがないものがないからである。」 (このBLOG管理人:R.S.訳)
編集 / 2010.04.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
『民衆の心理』-Book1- グスタフ・le・ボン(From past log)
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》 / テーマ: 社会心理学 / ジャンル: ブログ

"The Crowd"
- The Study of The Popular Mind-

From
BOOK 1

CHAPTER II.
THE SENTIMENTS AND MORALITY OF CROWDS.

 (Exerpts from PP.22-25)

[from wiki:
Gustave Le Bon (7 May 1841, Nogent-le-Rotrou, Eure-et-Loir – 13 December 1931)
was a French social psychologist, sociologist, and amateur physicist. He was the author of several works in which he expounded theories of national traits, racial superiority, herd behavior and crowd psychology.]

[ウィキより:
グスタフ・レ・ボン(1841年5月7日~1931年12月13日)
は社会心理学者、社会学者、又、素人物理学者であった。
彼は、天性、人種〈人種に固有な性質〉の優位性、
民族的な性向、又、群集心理の理論についての解説書を幾つか出版している。]
〈 〉内=BLOG管理人による補足。
span>

(second edition)219 pages;
Norman S. Berg, Publisher,
"Sellranraa", Dunwoody,
Geourgia, USA.
(undated)


"... The creation of the legends which so easily obtain circulation in crowds is not solely the consequence of their extreme credulity. It is also the result of the prodigious perversions that events undergo in the imagination of a throng. The simplest event that comes under the observation of a crowd is soon totally transformed. A crowd thinks in images, and the image itself immediately calls up a series of other images, having no logical connection with the first. We can easily conceive this state by thinking of the fantastic succession of ideas to which we are sometimes led by calling up in our minds any fact. Our reason shows us the incoherence there is in these images, but a crowd is almost blind to this truth, and confuses with the real event what the deforming action of its imagination has superimposed thereon. A crowd scarcely distinguishes between the subjective and the objective. It accepts as real the images evoked in its mind, though they most often have only a very distant relation with the observed fact.
To combat what precedes, the mental quality of the individuals composing a crowd must not be brought into consideration. This quality is without importance. From the moment that they form part of a crowd the learned man and the ignoramus are equally incapable of observation.
This thesis may seem paradoxical. To demonstrate it beyond doubt it would be necesary to investigate a great number of historical facts, and several volumes would be insufficient for the purpose.
Still, as I do not wish to leave the reader under the impression of unproved assetions, I shall give him some examples taken at hazard from the immense number of those that might be quoted.

... (omit one para.) ...

 The follwing fact is one of the most typical, because chosen from among collective hallucinations of which a crowd is the victim, in which are to be found individuals of every kind, from the most ignorant to the most highly educated. It is related incidentally by Julian Felix, a naval lieutenant, in his book on "Sea Currents," and has been previously cited by the Revue Scientifique.
The frigate, the Belle Poule, was cruising in the open sea for the purpose of finding the cruiser Le Berceau, from which she had been separated by a violent storm. It was broad daylight and in full sunshine. Suddenly the watch signalled a disabled vessel; the crew looked in the direction signalled, and every one, officers and sailors, clearly perceived a raft covered with men towed by boats which were displaying signals of distress. Yet this was nothing more than a collective hallucination. Admiral Desfosses lowered a boat to go to the rescue of the wrecked sailors. On nearing the object sighted, the sailors and officers on board the boat saw "masses of men in motion, stretching out their hands, and heard the dull and confused noise of a great number of voices." When the object was reached those in the boat found themselves simply and solely in the presence of a few branches of trees covered with leaves that had been swept out from the neighbouring coast. Before evidence so palpable the hallucination vanished.
The mechanism of a collective hallucination of the kind we have exlained is clearly seen at work in this example. On the one hand we have a crowd in a state of expectant attention, on the other a suggestion made by the watch signalling a disabled vessel at sea, a suggestion which, by a process of contagion, was accepted by all those present, both officers and sailors.
...

『第二章』より
『民衆の感性と倫理観

(pp.22-25)

「 ...群集の間にあのようにいとも簡単に蔓延する、『伝説』の創作は、人々の軽信性ばかりに拠って引き起こされているわけではない。それは、又、群集の想像の中で巻き起こるはなはだしい倒錯にも原因している。実に単純な出来事も、群集の知れるところになると、たちまち完全に別ものに変貌させられる。
群集というものは、イメージによって考えるものであり、そのイメージ自体が、次々と連鎖的にイメージを呼び起こしていき、最初の出来事とは何の関わりも説明のつかないものになっていく。この事は、誰でも、どんな事実について思いをはせる場合でも、たまに少し面白い考えが浮かんだときのことを思い出せば、容易にこの(心理)状態が生じることがわかる。我々の理性はこれらのイメージについてつじつまが合わないことに気づかせてくれるのだが、群集はその真実におおよそ盲目で、本当にあった事は、混濁して、想像力が事実に覆いかぶさり、歪められてしまう。群集は、主観と客観の区別が殆ど出来ない。それは、最初に目撃した事実とはせいぜい相当かけ離れた関わりしか持たない、思い浮かんだイメージを、事実として受け入れてしまう。

 目前に迫っている問題に取り組む必要の余りに、個々人の心の状態は、集団の中にある場合にあっては執りあうに値するものではないのだ。かかる性質には何ら重要性はない。ひとたび集団の中に組まれるなり、高い教養を積んでいようが、無知な者と同様に、観察力を失ってしまうものなのだ。 

  ... ( 中略) ...  

 以下は、その、群集が集合的な幻覚(幻視)の犠牲になった事例中でも最も典型的なものの一つであり、その中には、無教養な人々から、最も高い教育を受けた者まで、全てが関与していたからである。これは、ちなみに、海軍大尉ジュリアン・フェリックスに関するもので、彼の著書『海の流れ』より、又、以前『 Revue Scientifique(科学評論)』に掲載された記事である。
 軍艦ベルポールが、大嵐で難破した巡洋艦ルベルソーを探しに大海を巡回していた。白昼、太陽が煌々と照っていた中での出来事である。
 突然、監視が難破した船を見つけた;乗員はその方向を見に集まった。仕官、船員共々全員が、人間に覆われたこの筏が船に繋がれて、SOSサインを発信しているのをはっきりと目撃したのだ。ところが、これがとりもなおさず集合的幻覚であったのだ。司令長官デスフォセスはボートを下ろし、難船した船員達を救援しに向かった。現場へ向かっている間も、同乗の船員、仕官共々、「多くの人がその上でうごめきながらそれぞれ手を上に伸ばしていてる...」のを目撃しており、「...数え切れない数の人間のうめき声が、鈍く、混沌と、聞こえてきていた。」 そこにたどり着いて乗員達が見つけた物は、近くの海岸からうち流されたに過ぎない、単なる木の枝が数本枯葉に覆われていたものであった。動かぬ証拠を目の前に、この幻覚は一瞬のうちに消え去った。
 今まで説明してきた集合的幻覚のメカニズムを明確に示した例である。一方では、大きな期待を込めて注視する集団が居り、他方では、難船した乗り物を発見したという監視からの憶測が出てきて、ひとつの憶測が、伝染していき、居合わせた仕官、乗組員全員によって(事実として)受け入れられたのである。」 (BLOG管理人R.S.:訳)
編集 / 2010.04.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
『民衆の心理』-Book2- グスタフ・le・ボン
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》 / テーマ: 社会心理学 / ジャンル: ブログ

From
BOOK 2 ;
"THE OPINIONS AND BELIEFS OF CROWDS"
CHAPTER II.
"THE IMMEDIATE FACTORS OF THE OPINIONS OF CROWDS"
(Exerpts)


> [from wiki: Gustave Le Bon (7 May 1841, Nogent-le-Rotrou, Eure-et-Loir 13 December 1931)
was a French social psychologist, sociologist, and amateur physicist.
He was the author of several works in which he expounded theories of
national traits, racial superiority, herd behavior and crowd psychology.]
http://en.wikipedia.org/wiki/Gustave_Le_Bon
[ウィキより: グスタフ・ル・ボン(1841年5月7日~1931年12月13日)
は社会心理学者、社会学者、又、素人物理学者であった。
彼は、天性、人種〈人種に固有な性質〉の優位性、民族的な性向、又、
群集心理の理論についての解説書を幾つか出版している。]
〈 〉内=BLOG管理人による補足。

(second edition)219 pages;
Norman S. Berg, Publisher,
"Sellranraa", Dunwoody,
Geourgia, USA.
(undated)

§ 2 ILLUSIONS
...(omitted 2 paragraphs.)...


"  The philosophers of the last century devoted themselves with fervour to the destruction of the religious, political, and social illusions on which our forefathers had lived for a long tale of centuries. By destroying them they have dried up the springs of hope and resignation. Behind the immolated chimeras they came face to face with the blind and silent forces of nature, which are inexorable to weakness and ignore pity.

Notwithstanding all its progress, philosophy has been unable as yet to offer the masses any ideal that can charm them; but, as they must have their illusions at all cost, they turn instinctively, as the insect seeks the light, to the rhetoricians who accord them what they want. Not truth, but error has always been the chief factors in the evolution of nations, and the reason why socialism is so powerful to-day is that it constitutes the last illusion that is still vital. In spite of all scientific demonstrations it continues on the increase. Its principal strength lies in the fact that it is championed by minds sufficiently ignorant of things as they are in reality to venture boldly to promise mankind happiness. The social illusion reigns to-day upon all the heaped-up ruins of the past, and to it belongs the future. The masses have never thrusted after truth. They turn aside from evidence that is not to their taste, preffering to deify error, if error seduce them. Whoever can supply them with illusions is easily their master; whoever attempts to destroy their illusuions is always their victim."
(Emphasis added by this Blog Host.)


第2書:
『群集の意見と信仰』
第二章

『群集の意見の直接要因』
§ 2 『錯覚』

... (2段落略) ...

(104-105ページより)

「  これ迄の進歩も言うに及ばず、哲学が大衆を魅了するアイデアを提供する事が出来た事はなかった;しかし、大衆は、何が何でも幻想を手に入れなければ気が済まず、本能的に、あたかも虫が灯りに吸い寄せられるが如くに、一番気に入った事を言ってくれる詭弁家のところへ集まって行く。 決して真実ではなく、過ちの要素こそが国々を変遷させて来ていて、社会主義が現在これほど影響力がある理由は、それが、まだ試みられた事の無い幻想で構築されたものだからである。いかなる科学的な立証をも横目に、それが勢力を増し続けている。その主要な勢いの基は、十分に物事に無知な頭の支持を勝ち得、おこがましくも人類の幸福なるものを持ち出すからである。社会的な幻想が、今日過去の荒廃の瓦礫の上に擁立して、またそれが、再び未来へ引き継がれていく。 大衆は、決して、『真実』を追い求めて来なかった。彼らは好み出なければ直ぐにそっぽを向き、『過ち』でも十分魅了されれば、『過ち』を崇拝する方をむしろ好む。誰でもいいからお望みの幻想を提供してあげたら、そのものが、彼らの師になる; 誰でもその幻想を壊してしまうものは、いつでも、被害者になる。
(BLOG 管理人R.S.:翻訳)



編集 / 2010.04.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
『民衆の心理』-Book3- グスタフ・le・ボン
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》 / テーマ: 社会心理学 / ジャンル: ブログ

From BOOK 3 ;
CHAPTER II.
CROWDS TERMED CRIMINAL CROWDSEXERPTS


>[from wiki: Gustave Le Bon (7 May 1841, Nogent-le-Rotrou, Eure-et-Loir 13 December 1931)
was a French social psychologist, sociologist, and amateur physicist.
He was the author of several works in which he expounded theories of
national traits, racial superiority, herd behavior and crowd psychology.]

http://en.wikipedia.org/wiki/Gustave_Le_Bon
[ウィキより: グスタフ・ル・ボン(1841年5月7日~1931年12月13日)
は社会心理学者、社会学者、又、素人物理学者であった。
彼は、天性、人種〈人種に固有な性質〉の優位性、民族的な性向、又、
群集心理の理論についての解説書を幾つか出版している。]
〈 〉内=BLOG管理人による補足。


(second edition)219 pages;
Norman S. Berg, Publisher,
"Sellranraa", Dunwoody,
Geourgia, USA.
(undated)

(Exerpts from PP.163-166)

" Crowds termed criminal crowds - A crowd may be legally yet not psychologically criminal - The absolute unconsciousness of the acts of crowds - Various examples - Psychology of the authors of the September massacres - Their reasoning, their sensibility, their ferocity, and their morality.


" Owing to the fact that crowds, after a period of excitement, enter upon a purely automatic and unconscious state, in which they are guided by suggestion, it seems difficult to qualify them in any case as criminal. I only retain this erroneous qualification because it has been definitely brought into vogue by recent psychological investigations. Certain acts of crowds are assuredly criminal, if considered merely in themselves, but criminal in that case in the same way as the act of a tiger devouring a Hindoo, after allowing its young to maul him for their amusement.

The usual motive of the crimes of crowds is a powerful suggestion, and the individuals who take part in such crimes are afterwards convinced that they have acted in obedience to duty, which is far from being the case with the ordinary criminal.

The history of the crimes committed by crowds illustrates what precedes.

The murder of M. de Launay, the governer of the Bastille, may be cited as a typical example.  After the taking of the fortress the governer, surrounded by a very excited corwd, was dealt blows from every direction.  It was proposed to hang him, to cut off his head, to tie him to a horse's tail.  While struggling, he accidentally kicked one of those present. Some one proposed, and his suggestion was at once received with acclamation by the crowd, that the individual who had been kicked should cut the governer's throat.

"The individual in question, a cook out of work, whose chief reason for being at the Bastille was idle curiousity as to what was going on, esteems, that since such is the general opinion, the action as patriotic and even believes he deserves a medal for having destroyed a monster. With a sword that is lent him he strikes the bared neck, but the weapon being somewhat blunt and not cutting, he takes from his pocket a small black-handled knife and (in his capacity of cook he would be experienced in cutting up meat) successfully effects the operation."

The working of the process indicated above is clearly seen in this example. We have obedience to a suggestion, which is all the stronger because of its collective origin, and the murderer's conviction that he has committed a very meritorious act, a conviction the more natural seeing that he enjoys the unanimous approval of his fellow-citizens. An act of this kind may be considered crime legally but not psychologically.

  The general characteristric of criminal crowds are precisely the same as those we have met with in all crowds:  openness to suggestion, credulity, mobility, the exaggeration of the sentiments good or bad, the manifestation of certain forms of morality, etc.

We shall find all these characteristics present in a crowd which has left behind it in French history the most sinister memories - the crowds which perpetrated September massacres.  In point of fact it offers much similarity with the crowds that committed the Saint Bartholomew massacres. I borrow the details from the narration of M. Taine, who took them from contemporary sources.

It is not known exactly who gave the order or made the suggestion to empty the prisons by massacring the prisoners.  Whether it was Danton, as is probable, or another does not matter; the one interesting fact for us is the powerful suggestion received by the crowd charged with the massacre.

The crowd of murderers numbered some three hundred persons, and was a perfectly typical heterogenous crowd. With the exception of a very small number of professional scoundrels, it was compossed in the main of shopkeepers and artisans of every trade: bookmakers, locksmiths, hairdressers, masons, clerks, messengers, etc.  Under the influence of the suggestion received they are perfectly convinced, as was the cook reffered to above, that they are accomplishing a patriotic duty.  They fill a double office, being at once judge and executioner, but they do not for a moment regard themselves a criminals.



...(omitted 7 paragraphs.) ...

第3書;
『第二章』より
『犯罪型集団という名の集団』


(163-166ページより引用)

犯罪型集団という名の集団-群集は法的には犯罪者であるからといって心理的にはそうとも言えない様である-群集の行動に対する完璧な無意識さについて-種々の例-[九月の虐殺(?)]の著者の心理について-彼等の言い訳・感覚・残忍性・そして倫理観


「 群集が一時的な興奮状態になった後は、隠喩に誘導され始める為に自動的で無意識な状態に突入してしまう事実から鑑みて、一概に彼らを犯罪者と位置づけるのは困難ではある。私がこの様な極端な位置づけを維持する理由は、一重に最近の心理学的な研究が確かに注目され始めた状況の故に過ぎない。 群集による行いには、その行い自体を抜き出して捉えた際、間違いなく犯罪に当たるものがあるが、とは言っても、丁度虎がヒンズー教徒を食い尽くした後に、仔虎にその後を楽しみのためにしゃぶらせる事と同じ様な性質に於てである。

通常に群集によって行われる犯罪は強力な隠喩が引き金であり、そういった犯罪に加担した個々人の通常の所謂犯罪とかけ離れているのは、後になって彼らはただ命令に従順に従っただけだと確信している点である。

犯罪史は上記の説明を良く描写している。

バスティーユの役人だったデ・ローネィの殺害はこの事を良く顕した例ではないだろうか。防壁を占領した後、非常に興奮した群集に取り囲まれ、八方からあらゆる攻撃を受けていた。彼を磔刑にせよとか、頭を切り落とせとか、馬の尻尾に繋げろ、等と言い放たれた。もがいているうちに、彼は偶然居合わせた誰かを蹴飛ばす羽目になった。或る誰かが、その蹴られた者が自分を蹴りつけた役人の首を切り落とせばいいと提案し、その案が一気にこの群集の賛同するところとして受け入れられた。

「かかる人物は、職を失った料理人で、バスティーユに来ていた唯一の理由といったら、ただ怠けてここで何が起こっているのか興味があっただけであったのに、それが皆の共通した意見とあらば、と評価し、そうする事があたかも愛国的にも思い始め、もしこの化け物を殺せば自分がメダルを受けるに足る様になるとさえ思えた。渡された剣で彼はむき出しの首を打った、が、奇しくもその剣が何となく切れ味が悪かった為、自分のポケットから黒い取っ手のついたナイフを取り出し(料理人として、彼なら肉の捌き様には慣れていた筈だ) 彼はこの作業を見事に成功した。」

上記の事が起こるプロセスが鮮明に伺われた例である。我々には、仄めかしに従順な傾向があり、それが集団となった際、始まりが見えなくなるのでよりその傾向が強くなってしまい、この殺人犯の、良い事をしたという確信が、数え切れない大勢の賛同を楽しんで、その確信が余計自然にも感じる様になる。 この様な行為は法的に犯罪にも関わらず、心理的にはそうとはされていないのだ。

犯罪型群集の一般的な性質は、今迄に見て来た他の全ての型の群集と全く同様であた:即ち、ほのめかしに対する受容性、軽信的、機動性、極端な善悪感情、ある特定の形での倫理感覚の現れ方、等々。 

これらの性質を、フランス史で記憶に残っている最も悪性の群集に全て見る事が出来るーそれは、あの九月の虐殺(・事件?)(?)を侵食していた群集である。実際に、聖バーソロミュー虐殺を犯した群集と大変酷似する点を提供してくれている。ここに挙げる詳細ついては、最新の情報源から取られたといわれている、M.テーヌによる描写を借りる事にする。

誰が最初に、そこの囚人達を大量虐殺してその刑務所を空にすると言う指令、もしくは案を発したのか、誰にも判られていない。それが例えダントンだったにせよ、その可能性は高いのだが、又は、他の誰かでったかは、問題ではない; 大事な点は、この激しい内容の示唆を実際に受け入れた群集が、大量虐殺に熱気を充満させた事実にある。

その殺人集団の数は、約300人にも及び、完璧な雑多集団でった。極めて僅かな数の本職のならず者を除けば、母体は、店員達や各種の職人達:製本屋、ロック・スミス、ヘアー・ドレッサー、石工職人、一般会社員、配達員等で出来上がった集団である。受けた示唆の影響下で彼らは、前述の料理人の場合と同様、自分達は愛国的な義務を全うしたと、完全に確信していた。彼らにあっては、裁判官と死刑執行人との二つの立場を同時に自分達で満たしてしまった訳である。ところが、彼らは、一瞬たりとも、自分達が犯罪を犯したという自覚が無いのである。

... (以下7段落略) ... "(BLOG 管理人R.S.:翻訳)


編集 / 2010.04.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
???????
カテゴリ: ◇Misc.

2010年5月22日

どうも『日本中の牧師さんという牧師さん達』に対して、何やら私について、激しく、また悪質極まりないむごたらしいデマカセを広めていた様ですね。

一体どの様にして、そこまでの事が出来たのでしょうか? また、何故、日本の牧師さん皆が、知りもしない私というあるクリスチャンについての、その様な忌むべき悪口を鵜呑みにしてしまっているのでしょうか? また、何故そこまでの悪事をせずにいられなかったのですか?

大体、会った事も無い、知らない私に付いて、日本の全牧師さんたちが聞かされ、信じさせられたというのは、残酷すぎます。
ところが、誰に聞いても、-身近な人も会った事も無い牧師さんからも- みな口を揃えて、「何も聞いていない。」「あなたのことなんか何も聞いた事がない」「あなたを知っていそうな人を知人に持っていない。」など、決まった科白でしらばっくれられてしまうので、確実な内容を私自身まだ握る事も出来ずにいます。ところが同時に、その様にシラを切る牧師さんや信者の人達は、粘着的な仄めかしは続けてきます。その内容が大体(過去7年間の集大成で)一定であるのが見えてきている事と、忌み嫌う批判の程度の激しさから言って何やらとても物騒で凶悪な事でも私がしたように思われる節があり、そこから察すると、その内容がとても激しい内容なのではないかと思われる節があるのです。ぼやけていて何年経っても解らない、何らかの理由で批判されたり拒絶されたり、忌み嫌われたり、延々といやみに近いアドバイスや仄めかしをされてきています。

ここまでむごい事を私に対してして、私の教会生活を奪い、信徒の交わりを潰した方は、私を知っている身近な誰かです。あなたは私がどんなに苦しむかご存知でされておられるのであれば、間違いなくあなたは『絶対』クリスチャンではありません。クリスチャンは、騙されるでしょうし、「一時的に間違って」罪に陥ること等はあっても、計画的に、計算し、陰謀立て、あらゆる力、人海を凝らして、この様に何年も、或いは何十年も悪をなすことは決してありません。

また、何故、牧師さん皆でそんなに簡単に、知りもしないあるクリスチャンについての分からない激しい悪意の話など、どうして信じたのでしょう? 皆にいっせいに、伝えられたのですか? 余りにも大掛かりなので、信じたのですか? そういう手を使えば、知らない罪も、誰かに負わせることがそんなに簡単になるということですか? 

また、よくそんな皆さんから、この様な言い方もされます:「ほんとうの事は神様しかご存知でない」と。これがどんなに二重三重に残忍な言葉か、お分かりですか? これは単なる言い逃れに過ぎません。当然、神様が全てご存知です!自分の事も、誰よりも(また自分よりも)ご存知の方です。だから、安心して頼れるのではないですか? でも、人も本当の事を一つ一つ知る事が出来ます。そして、知るべきであっても、嘘を信じるべきではありません。特に、誰かについての悪質な、潰すような話は、本当かどうか知るべきであって、飛びついて一緒に迫害すべきではないです。神様だけが本当のことを知っているから、自分達は人の悪口を信じても、それを放ったままで苦しませたままでもかまわない、ということにはなりません。自分の真実を、知ってもらいたいのは自分達だけで、知らない人についてはどんな悪者に仕立て上げても平気なのですか? ある他のクリスチャンについての、そのような激しいデマカセを信じたままで、信じられた者が、全教会に信じられて、どんなに苦しんでいるかお分かりですか? 知りもしないことで、全教会に嫌疑をかけられ、しかも、何の嫌疑かも言ってもらえないまま、いつまでも粘着的にいぶりだそうとするばかり。その気持ち、お分かりではないですか?
私が何をしたと言われているのですか? その話しには、客観性はあるものですか? それとも、多くの主観的な説明でどろどろにされているものですか? たとえば、私が、なんでも「こうこう感じて暮らしている。」とか「これこれを嫌がっている。」「なになにを心配している。」等の、主観的過ぎる説明で、私本人にとっては初耳の、私の性格を知っていたなら噴き出して信じるわけも無いようなデマカセの作り話まで、言われました。具体的な内容の作り話の中に、こういった性質の内容を織り込んでいくのだと思っていますが、具体的な点なら、私にはっきり言える筈ではないですか?
それなのに、身近な人達まで、みな「全く、何も知らないし、聞いても思ってもいない。」で、逃げられてきています。

《この近所の盗聴やたちは、こういった私の活動をすぐさまTSさんに伝える義務がある様ですけど。
悪人を護るのでしょうか? 何故こんなに倒錯しているのでしょう? 》


私本人は、一体何を触れ回られているか、知りたいのは当然です。何故、身近でよく知っている筈の人達が、何も言えないのでしょう?
遠くの、例えばネットで話した様な遠い存在であれば、本当に見たことも会った事も無いこの私について何を聞かされても、「知らない。」に近くておかしくありません。とはいっても、それならそれで一時も信じないでほしいです。わたしは架空の存在ではなく、ここに実在する者です。出鱈目を信じられたり日本中に何かわからないひどいことを言いふらされたままでは、大変なことです。
わたしはネットを殆ど決まった事にしか使ってきませんでしたし、特にこのPC(ハード)に変えるまでは、前のセキュリティソフトが英語のサイト用にばかり学習してしまい、高度な日本の悪意ウエアに無力に近かったので、日本サイトを訪ねるのを最小限にして、新しいPCで新らしいセキュリティソフトで新しい設定にしてからにしよう、と思っていたし、英語サイトでもチャットなど交流風のネット関係を避けていたので、最近になって手が空いてきて、ブログなど慌てて作りました。なので、その様な悪意の噂や誹謗中傷・風評被害は私のネット上の人間関係からの炎上とかではなく、誰かとても身近で、教会関係、日本の牧師さん皆にここまで広げて巻き込める立場、また、私から教会生活をここまで潰せる人海網を持っている人達です。私から、一般の社会生活を潰すだけでは足りない、とよく判っていて、全ての教会に私を拒絶させたい理由のある、つまり、教会生活を十分長く熟知している者な筈です。クリスチャンではない人がここまでしません。したくても、『クリスチャン』とされている立場でなくては出来ない事です。 私について知っていて、事実の一部をよじ曲げて、あとは皆がとことん怒ったり忌み嫌ったり、とことん私を拷問にかけられる様に、日本の牧師さん皆をここまで巻き込めた人ということになります。

善良な方の中にも、善意のうちに激しく傷つけるもう一つの態度が、「今までは極悪人でも、今はよいかもしれない。」です。私の知りもしない罪を勝手に過去に押付けてしまわれて、知らない(はっきり言われてさえいない)罪の過去という、無いものを背負わされているのです。
「背負う」というと、主の背負われた十字架の事が頭に浮かびます。
こんな感じの迫害も、やっぱり経験するクリスチャンもこのようにいるということですね。。。
主が、御自分の知るわけもするわけも無い被造物の、主を裏切って禁断の実を食べてから今に至るまで、敵でしかなかった私たちの罪を、背負って、救いを下さるためにしてくれましたよね。
その種の御霊が私たちの中に住まわれ、従順であれば、そんな自分のことを迫害して回ってテープやニューズレターなどをばら撒いてきている人にも、主が、主の愛とは私たちに対してどの様なものなのかを実践敵に経験させようと$3000 迫害者に送ることが出来た時も、それが豚に真珠で、向き直って突進して、それについてまで、脚色した嘘をばら撒かれたこともあります。


21st, April, 2010.

We should be careful not to add the intensity of someone else's affliction by our foolish choices...
I had to observe many otherwise good Christians chose to believe the lies of the Devil about others, chose to view others' privacy with the "All Seeing Eye" of Lucifer with other Luciferians, and by such coward acts behind the person's knowledge despised other Christians' dignity.
Other Christians are not yours to play upon, but they (and I)belong to the Lord. Their (and my) Master is the Lord Jesus, and you are peeping the privacy and the PCs of the dear ones of the LORD Jesus Christ. You are doing it TO THE LORD.


***********************
2010年4月10日:
何処の教会にコンタクトを取って見ても、必ずあなたの手垢が付いています。これ以上、私の人間関係に手垢をつけるのは、何度も電話でお願いして来ていますが、諦めて下さい。あなたの手垢の付いていない教会に、未だ出くわしていません。最初はきれいでも、直ぐにあなたの痕跡が、ある日、付き、全てを覆してしまっています。私の触れるところが、見つかると、そうなります。正しい説教やメッセージのある、良い教会だと思い、コンタクトを取ります。信頼して、クリスチャンにコンタクトを取ります。ある日、そんななんとも無かった人達が、次々と手のひらを返したように、残酷になっていきます。もう、染まってしまうと、私を普通の心で見られなくなるようです。(
 又、あなたに再度お願いをしようと、電話をすると、直ぐに、近隣ハラスメントが来ます。何故でしょう? あなたは、また、私の他の電話内容もよくご存知のようですね。又、私の、インターネット活動も、当然ながら、随分良くお知りなので、時折、あえて電話などせずに、ここに書きます。すると、伝わってくれたこともよくありますね) 私はあなたに、イゼベルを、又、サタンをとても近く感じています。 span>



編集 / 2010.04.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
EXERPTS from "Lucifer Effect"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》

EXERPTS
From
"The Lucifer Effect
Understanding How Good People Turn Evil"
By
Philip Zimbardo (Stanforn University)
www.LuciferEfect.com


2008 Random House,
ISBN 978-0-8129-7444-7

CHAPTER ONE
The Psychology of Evil:
Situated Character Transformations


"The mind is its own place,
and in itself can make
a heaven of hell, a hell of heaven."
-John Milton, Paradice Lost



P10-11

The Power to Create "The Enemy"


" The powerful don't usually do the dirtiest work themselves, just as Mafia dons leave the "whackings" to underlings. Systems create hierarchies of dominance with influence and communication going down --rarely up -- the line. When a power elite wants to destroy an enemy nation, it turns to propaganda experts to fashion a program of hate. What does it take for a citizens of one society to hate the citizens of another society to the degree that they want to segregate them, torment them, even kill them? It requires a "hostile imagination," a psycholgical construction embedded deeply into "The Enemy." That image is the soldier's most powerful motive, one that loads his rifle with ammunition of hate and fear. The image of a dreaded enemy threatening one's personal well-being and the society's national security emboldens mothers and fathers to send sons to war and empowers governments to rearrange priorities to turn plowshares into swords of destruction.
It is all done with words and images. To modify an old adage: Sticks and stones may break your bones, but names can sometimes kill you. The process begins with creatings stereotyped conceptions of the other, dehumanized perceptions of the other, the other as worthless, the other as all-powerful, the other as demonic, the other as an abstract monster, the other as a fundamental threat to our cherished values and beliefs. With public fear notched up and the enemy threat imminent, reasonable people act irrationally, independent people act in mindless conformity, and peaceful people act as warriors. Dramatic visual images of the enemy on poseters, television, magazine covers, movies, and the Internet imprint on the recesses of the limbic system, the primitive brain, with the powerful emotions of fear and hate"


 

第一章
  悪についての心理学:
  状況による人格の変貌


「魂は 動かずとも、ところおなじくして
 おのずから、地獄を天国に、天国を地獄に
 仕立て上げてしまえるものだ。」
 ジョン・ミルトン 『失楽園』より
 (管理人:R.S. 訳)
「  」
 (  訳)

 『敵』を創り上げる力


「 権力者は普通は自分の手で悪事を行わない。丁度マフィアのドンがするように、『ドでかい仕事』は下っ端のに残しておく。 システムは権威の序列を形成してその影響力とコミュニケーションは上から下へ -下から上は極めた稀-に降りる。 或るパワー・エリートが敵国を滅ぼしたければ、プロパガンダの専門に声をかけ、憎悪をあおる計画を形成する。 一社会の国民をして、他の社会に属する国民を差別し、苦しめ、強いては殺戮までするほどに憎ませるには、どのようなことが必要だろう? 要されるのは『敵意をあおるイメージ』である:『敵』についての、心に深く喰い込んだ心理的な構造である。 その『イメージ』こそが兵士の最強の動機となっており、その故に、憎しみと脅威の弾をもって、自分のライフルを充満するのだ。この、個々人の安泰や社会全体の安全を脅かす恐るべきイメージ、それが母たち、父達をして息子を戦場に送り出し、又、政府が事の優先順位を変えて、農作鎌を破壊のための剣に造り代える動機になっている。
 この全ては、『言葉』と『イメージ』で作られているのである。昔のことわざをもじって言えば:「『棒や石』はあなたの骨を砕くことが出来る、しかし『名前』はあなたを殺すことが出来る。」である。 このプロセスの始まりは、先ず或る人間について、非人間的な観点、無価値な人間としての他(対象)、絶対的な力としての他(対象)、悪魔的存在として、また、つかみ所のない化け物として、又、大切な価値観や信仰を基本から脅かすものといった観念をステレオタイプとして、脳裏に植えつけることから始まる。一般社会が、その『敵の脅威』なるものに追い詰められ、その脅威が目前に曝されると、常識的だった人が不合理な行動に出始め、主体的であった人が、考えなしにまわりに同調したり、平和主義者が戦士になってしまう。『敵』についての強烈なイメージが、視覚的に,ポスター、テレビ、雑誌の表紙、映画、又、インターネットを通して与えられ、激しい恐怖と憎しみの感情と共に、それが、原始的な大脳辺縁系の隅々に焼き付けられてしまう。 」
(BLOG管理人R.S. 訳)

...






編集 / 2010.04.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Personal quality of BULLY PERPS
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
From : http://www.bullyonline.org/workbully/bully.htm

A bully is a person who has never learnt to accept responsibility for their behaviour wants to enjoy the benefits of living in the adult world, but who is unable and unwilling to accept the responsibilities that are a prerequisite for being part of the adult world. abdicates and denies responsibility for their behaviour and its consequences (abdication and denial are common features of bullying) is unable and unwilling to recognise the effect of their behaviour on others does not want to know of any other way of behaving is unwilling to recognise that there could be better ways of behaving.
Bullying is obsessive and compulsive; the serial bully has to have someone to bully and appears to be unable to survive without a current target.

Despite the facade that such people put up, bullies have low self-confidence and low self-esteem, and thus feel insecure. Low self-esteem is a factor highlighted by all studies of bullying. Because such people are inadequate and unable to fulfil the duties and obligations of their position (but have no hesitation in accepting salary), they fear being revealed. This fear of exposure often borders on paranoia.

Bullies are seething with resentment, bitterness, hatred and anger, and often have wide-ranging prejudices as a vehicle for dumping their anger onto others. Bullies are driven by jealousy and envy. Rejection (which cannot be assuaged) is another powerful motivator of bullying.

Bullies are people who have not learned the lesson of consequences, ie that if they behave well there are good consequences (reward), but if they behave badly there are bad consequences (restriction, sanction, punishment, etc). Since childhood, bullies have learnt that they can avoid the unpleasant consequences of bad behaviour through the instinctive response of denial, blame, and feigning victimhood.






編集 / 2010.04.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
03 | 2010/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。