FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
EXERPTS: Stanford Prison Experiment-"Lucifer Effect"Chapter10【翻訳】
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》 / テーマ: 社会心理学 / ジャンル: ブログ

EXERPTS
from
"The Lucifer Effect -Understanding How Good People Turn Evil"
By
Philip Zimbardo
Stanford University

www.LuciferEffect.com

2008 Random House,
ISBN 978-0-8129-7444-7

CHAPTER TEN
The SPE's Meaning and Messages:
The Alchemy of Character Transformation


...

[P221]
WHY SITUATIONS MATTER 
  Within certain powerful social settings, human nature can be transformed in ways as dramatic as the chemical transformation in Robert Louis Stevenson's captivation fable of Dr. Jekyll and Mr. Hyde.  The enduring interest in the SPE over many decades comes, I think, from the experiment's startling revelation of "transformation of character" - of good people suddenly becoming perpetrators of evil as guards or pathologically passive victims as prisoners in response to situational forces acting on them.

  Good people can be induced, seduced, and initiated into behaving in evil ways. They can also be led to act in irrational, stupid, self-destructive, antisocial, and mindless ways that challenge our sense of the stability and consistency of individual personality, of character, and of morality.

... (omitted one paragraph) ...

  The SPE, along with much other social science research (presented in chapter 12 and 13), reveals a message we do not want to accept: that most of us can undergo significant character transformations when we are caught up in the crucible of social forces.  What we imagine we would do when we are outside that crucible may bear little resembrance to who we become and what we are capable of doing once we are inside its network.

..(omit)... 
 
The Power of Social Approval
" Typically, people are also unaware of an even stronger force playing on the strings of their behavioral repertoire: the need for social approval.  The need to be accepted, liked, and respected - to seem normal and appropriate, to fit in - is so powerful that we are primed to conform to even the most foolish and outlandish behaviors that strangers tell us is the right way to act.
We laugh at the many Candid Camera episodes that reveal this truth, but rarely do we notice the times we ourselves are the Candid Camera"stars" in our own lives.

[P221]
何故、状況設定がそれほどに関わってくるのか?         
  特定の社会的状況にあると、ロバート・ルイス・スティーブンソンの『ジキルとハイド』にあるように、化学的に起こされたかの様な劇的な人格変貌をする可能性がある。SPE(スタンフォード収容所実験)、が何十年にも及ぶ長い間の関心を集めた理由は、私が思うに、この実験が顕わにした驚くべき『人格の変貌』―それぞれが置かれた情況によって、つまり、善良な人間が収容所の守衛訳を演じる事で悪質な加害役に変貌し、囚人役をする中で受けた取り扱いに反応して、病的に消極的な被害者となる事-を顕わにした事である。

  善良な人間も、悪い行いに誘引され、そそのかされ、また、入門させられ得る。 彼らはまた非理性的で、ばかげた、自虐的な、非社会的な、また、無思慮な行動へ導かれ、自分自身の安定性と、本来の性格、気質、また、倫理観に沿った判断力が挑まれ得る。

... (一行略) ...

 他の類する社会科学実験例(12章、13章で挙げた例)と並んで、SPEの実験結果は、私たちに、ある受け入れ難い事実を明らかにする:それは、私たちの殆どは社会的圧力の炉の中に入れられてしまうと、驚く程の人格的変貌をきたす可能性があるという事である。その渦中の外にいる間に、自分ならどうするだろうかと想像していたことと、実際にその中に置かれてしまってからどうなってしまい、どんなことまでしでかせるようになるかが、ほとんど似ても似つかないものである可能性がある。

... (中略) ...

社会的承認の威力
「 特にもうひとつ、人間の取り得る連鎖的行為の坩堝に作用する、もっと強力な要素があることに気づいていない:それは、社会に認められたいという欲求である。 受け入れられ、好かれ、また、敬われたい--正常で、ふさわしいと見られること、適合する事--の必要感が余りにも強力であるばかりに、見ず知らずからでも、そうすることが正しいと示されれば、十分、どんなに馬鹿げて常軌を逸した事にでもあわせていく用意が出来ている。

私たちは、この事を如実に示す「隠し撮りカメラ」の映像を観ては笑っているが、自分が実際にその映像の主人公になっている場面には殆ど自覚がない。

[翻訳:by BLOG管理人R.S.]







スポンサーサイト
編集 / 2010.05.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【YouTube】より:【印象工作】byカルト・マインドコントロール
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》 / テーマ: 社会心理学 / ジャンル: ブログ
YOUTUBE より:
カルト・マインドコントロール
http://www.youtube.com/watch?v=WYOg2avdPrE&sns=em
印象工作の一部を収録してあったものです。

一般人の顔写真を利用し、アンケート調査に協力してもらった上での、社会学的実験の一例でした。
同一人物について、一方には中庸な情報にも関わらず,問題視した情報に工作したものを聞かせ、もう一方のグループは、同様の個人情報を、悪意ではない表現で聞いてもらった上で、その二つのグループが迎合し、その段階で、同時にこの特定人物の顔写真を見せられます。その上で、同一のアンケート調査に回答し、結果を照らし合わせる実験の一部です。
Stanley Milgramの実験に基づいた様々な社会科学実験がなされてきましたが、これもその一つの応用でしょう。

確か7ボリュームになる、カルト・マインドコントロールの記録動画の一つでした。

http://www.youtube.com/watch?v=WYOg2avdPrE&sns=em


  最近思うのは、たとえリアルタイムの集団ストーカーが下火になったとしても、私たちに与えられた傷と、これによって失われたものが有形無形に余りにも多い事、傷痕が深い事にも増して、名誉毀損・風評被害・プライバシーの侵害&晒しを基にしたあらゆる『人格暗殺』は、近場が変わってくれたとしても、その後もずっと、インクが水に滴ってしまったように広がった悪質な噂と、それによって意識が染まってしまった多くの人は、私たち被害者個々人について、とんでもない誤った固定観念を何時までも信じて持ち続けてしまっている訳です...何時までも、どこと新たな接触を持とうと、必ずとは言いたくないが、必ずといってよい多くの人達が誤った先入観を持ち続けています。私たちとの出会いソノモノが、多くの人の脳裏に埋め込まれたひどいデマカセを思い出させるトリガーになり、正に、モグラタタキの状態で、水に落ちたインクを拾い戻せないと同様の致命的な被害を受けたと感じます。 
この『人格暗殺』の対象に私たちを定めた首謀以上に、そこにアイデアをどんどん集積させるのに熱心に加担した多くの知人や他の『末端の想像力』が、たまらなく悪質に感じています。

  もし私が加害者集団の一部に何の気なくそこに居合わせてたなら、同じくとんでもない無責任な想像と面白い噂で誰かをこんなに苦しめていたでしょうか?そこに自分がいなくて良かったと思っています。潰されても、被害者でいる方が、矢張り、長期的に見て、割がよいのではないかと、感じます。
いま、ふと、例えば自分が、誰かと一緒に知りもしない誰かの事を好きなように想像したり、盗聴盗撮したいかどうか、予想してみただけで、ひどく恐ろしい気持ちに襲われました。そんな悪への誘惑が未だ無い事が、有難いです。
ただ、自分が逆の立場で、別の『運』で、どこかに居合わせた場合、私も同じくらい被害者の気持ちを想像もできずに、無責任な挙動で何らかの加担をしていたかもしれないと、その、悪の勢力は多くの人をを操縦し、悪化させる事が出来悪の中で支配して来ているのだろうと察ます。そうでもしない限り、こんなに多くの普通だった筈の人達が、ここまで深く悪に浸り、人間の悪への許容量が底知れない(正に字義通り、底知れない程悪になっていっています。)者だったか、という驚き、こんなに真っ黒になれるとは思った事は無かったのでは、という感慨があるからです。
サタンは時の終りに近づいて必死です。
一人でも多くが、その力から離れていられると様ですね。また、一度入ってしまった人達も、直ぐ、正気に戻れるといいですね。
何らかの形で、それも必ず解決が、ある筈ですよね。




編集 / 2010.05.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【Now with MP3!】"The Sin of Slander" by Pastor Steven Hereford
カテゴリ: ◇Sermons & Audio Transcripts / テーマ: 聖書・キリスト教 / ジャンル: 学問・文化・芸術
01:03:04 (=7,392KB)

[00:58:35~]
The Sin of Slander F.mp3 
 The word "another" or "neighbour" as it says in the New Americal Standard
Bible reflects possiblly what Jesus said in Matthew  20 through 39 when he
was answering the question by that lawyer, he said there, the second great-
est commandment, "You shall love your neighbours as yourself."
Well, I believe neighbour in that context will refer to anybody.
But I believe "another" or "neighbour" having one in, translated in this verse,
I believe in context, you should be reffering to "fellow believer"; the one
you're condemning. Who do you think you are, condemning your brother?

[00:59:15~]
"   I wanna close by showing what happens when you don't heed the warning
of James gives in this passage.  I want to do that by reading to you a story.
   There was a happy little family that lived in a small town in North Dakota. 
And even though the young mother had not been entirely well since the birth
of her second baby, but each evening their neighbours were aware of the
warmth in their hearts when they see the husband and father've been met at
the gate with his wife and his two small children.  There was a laughter in the
evening, too, when the weather was nice, and father and children walked
together in the back lawn road, their mother was looking on with a happy
smiles.
   And then one day, the village gossip had started a story, saying that the
father was being unfaithful to his wife, a story that was entirely without a
foundation.  But the individuals came to the ears of the young wife, and it was
more than she could bear.  Reason left its throne.  And that night, when her
husband came home, there was no one to meet him at the gate or laughter in
a house with the fragrant aroma coming from the kitchen; only coldness, and 
something that chilled his heart with fear.  Down in the basement he found
the three of them hanging from the beam.  Sickened in despair, the young
mother had taken the lives of two children and of her own.  In the days that
followed, the truth of what happened came out.  The gossips turned an
untrue story a terrible tragedy.   If only we could see the deavstating effects
of this sunken hell.  We can either build up, or we can tear down.  And the
natural men loves to tear down, not build up.
  As a child of God, you've been given the ability to build up. So we need to
do that. Amen?

The Sin of Slander L.mp3
Heavenly Father, we thank you for Your word today.
We ask that You would first of all forgive us for we are guilty of the sin of
slander.
And then, Heavenly Fahter, I pray that You would help us to build up and not
tear down.
And You help us to love and not hate; hate is inconsistent with who You are,
and inconsistent with Your Gospel.
I know many times we are misunderstood, and Lord, many time it's not a
whole lot we can do without that When we're speaking the truth and we're
not seeking to defame any other person
AndLord, in these times when we do hear things or we have the opportunity
to say things, Lord, give us discernment.
Cuase us to walk by Your Spirit at all times just as walking seems to indicate
one step at a time.
Help us to do that daily, moment by moment.
Help us to love one another as we love ourselves.
Lord, we thank You for this truth that You taught us today.
Help us to never forget who we are, what kind of people that exist in this
room that (no other than the ones who) love Jesus Christ, the fellow heirs of
the Kingdom of God, those that we will rule togehter in Heaven and bow
before Your Throne.
We pray these things in Jesus' Name. Amen.


にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 民俗・民族学へ
にほんブログ村
編集 / 2010.05.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
EXERPTS from "MOBBING"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》 / テーマ: 社会心理学 / ジャンル: ブログ
EXERPTS
from
" MOBBING
Emotional Abuse in the American Workplace "
by
Noa Davenport, Ph.D.,
Ruth Distler Schwarts,

&
Gail Pursell Elliott

CIVIL SOCIETY PUBLISHING
P.O.Box 19, Collins, Iowa. 50055
ISBN 0-9671803-0-9
www.mobbing-usa.com

[p.85]

"DIFFICULT" BECOMES RE-VICTIMIZATION
   A" The persistent emotional assaults affect the person's health, outlook, and state of mind. The repetitive attacks change normal reasoning and ways of communicating. Victims become defensive, attempting to make sense of what seems senseless. Their fear, and their feeling of betrayal impacts their behaviour and self-control. They stop trusting. 

   When the victims finally decide to seek assistance, their functioning, physical health, and/or psychological condition has been so affected by the mobbing that it causes the person to apear to be a "difficult case" even to those who are aproached for support. Now the victims become the accused and responsibility for the mobbing is laid on them.1

[pp.94-95]
POST-TRAUMATIC STRESS DISORDER
   Following the prolonged emotional assaults of mobbing, many victims may experience post-traumatic stress disorder (PTSD) similar to that experienced by combat soldiers, victims of torture or rape, or by persons after major disasters. This is what Leymann suggests, as do Wyatt and Hare in their book on work abuse.2  The excessive threat and danger causes intense fear and helplessness manifested in the following symptoms.

  • Continually reliving the event/flashbacks
  • Hyperalertness, easily startled, edgy
  • Fatalistic outlook on life
  • General emotional numbing
  • Persisting anxiety
  • Nightmeres
  • Insomnia
  • Poor concentration
  • Uncontrolled acting out
  • Attacks of intense anxiety or panic

   Because any reminder of the trauma generally provkes intense feelings of distress, people with PTSD typically avoid situations in any way similar to the traumatic experience. One of our interview partners could not enter an office environment without experiencing panic anxiety.3

   Others experience an enduring personality change as a result of the workplace trauma, and become identified as a "difficult" person. This, more often than not, may lead to misinterpreting what has actually happened at the workplace: the change happeed as a result-and not the cause-of workplace mobbing.4





編集 / 2010.05.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
From "Cult Driven Gang Stalking" 
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》 / テーマ: Christianity / ジャンル: ライフ
http://citizensoulpower.com/2007/08/29/cult-driven-gang-stalking-or-cause-stalking-has-become-an-american-epidemic/
Cult Driven Gang Stalking or Cause Stalking has become an American Epidemic

August 29, 2007

What is Community-based Harassment?
Community-based harassment is a grown-up version of school yard bullying. Multiple individuals within a community participate in the harassment and stalking of a single individual. However, rather than attack a victim physically, techniques are used to undermine a person psychologically. This can be far more damaging than a physical attack because not only is it very hard to prove, but it is extremely traumatizing for the victim. (Also known as cause stalking or gang stalking).
What sets community-based harassment apart from the related examples to the right is that the reason it takes place is often obscure to the victim. Without a solid reason for its occurrence, victims are often dismissed as delusional.
In addition, this form of harassment often leaves the target a victim of ridicule among friends and family because of the subtle nature of the attacks, which further compounds the trauma to the victim. It is emotionally draining and isolating to the victims because it is extremely difficult to prove, and virtually impossible to prosecute.
View a video of gang stalking activity. Also, there is a slideshow of stills taken from the video.
Frequently Asked Questions about organized stalking groups.Why is this Happening?
Although it is difficult for a non-victim to understand, it is not difficult to realize that many schoolyard bullies have never outgrown their unhealthy ways of dealing with conflict and pain.
Reasons may include revenge by people who feel slighted but prefer to remain anonymous. Revenge is more common than you may think, especially with the advent of the internet which allows “revengists” or “avengers” to share their ideas. See
http://www.ekran.no/html/revenge/ or do a search on the word “revenge” to see for yourself.
It is also possible that such harassment has developed into a form of “sport” for the individuals who participate, not unlike a schoolyard bullying situation, which tends to center somewhat obsessively and irrationally around one individual who is perceived to be weak.
It is important to realize that our society’s understanding of human psychology has grown exponentially over the last 50 years, allowing any hate or vigilante group to take full advantage of such knowledge. “Psychological warfare” is the perfect crime, because it causes the maximum damage to the victim, with the least chance of exposure of the perpetrator(s). Victims can very well be driven to suicide, while the explanation appears to be mental illness, so their claims are never investigated.

***********

5, Birgit Ferguson Says:

July 24, 2008 at 9:34 pm
I have been gang stalked since 1998 after I became a victim of a violent crime and the perpetrator was not prosecuted due to his political ties and this person has used extremist Christian cults to stalk me. I incurred a heart attack due to all the stalking and was even harassed and stalked by this group in the hospital. My livelihood has been taken away from me and I was befriended by someone and moved to Naples Florida and current being psycho terrorized 24×7 in Naples, Florida. These people intimidate me with all what I say and do in my home. This person always visits all the churches in the area and gets them to participate and visits the neighborhood associations to commit the crimes against me.
These people even pretend to be Christians and try to get all private information from you and pretend to be victims also to just stalk and harm you. It has ruined my credit, my life and health. I consider the stalking I have incurred in the City of Naples Florida attempted murder upon my life. I know all the electronic vicious attacks being carried out, I have incurred everyone of them. The police seem to aid and abet these criminals in the state of Florida, when I went to report someone breaking into my car and tempering with my brakes they did nothing. It is done by high powered bullies who use their badges and government position to gang stalk women. Even the assembly of God has participated in this gang stalking. These people think it is funny and not meant for criminal intend. There is nothing funny about this abuse and violations of civil rights. I have lived as being human trafficked by these people now for 10 years. Every job is being visited and employers are told they will not be prosecuted and to make me angry, wanting to make sure I have another heart attack. I call it attempted murder carried out in the city of Naples. These people told me I will have nothing bu suicide left in the end, in my case the police was part of this abuse. I would put Naples on the list of a stalking vicious community.

6-1 Christian and a Target Says:

August 1, 2008 at 2:34 pm
I am also a recently enlightened target, of about 12 years,
and I am being gangstalked at church, the last place on earth I expected such evil.

This unknown news of gangstalking infiltration in churches needs to be spread to all Christian hosting websites!

May the Lord bless you.
 
6-2 Julia Murray Says:

July 21, 2009 at 1:53 pm
Am a Christian too- tho initial stalking & EM attacks happened outside of a church environment,happening on my street & in my house, the practice is widely denied, ignored, and as others here have said, there are perps within the church itself. This has been my experience. This was the experience of a Pastor called Richard Wurmbrand in Romania during the Nazi era and then under Communism, when it was illegal to be a Christian.You could even say its a form of brain washing in itself to oppose everything that we are taught is true, is good,in order to oppress someone. Presumably other Christians are willing to do this because they are led to beleive they are helping to "out" someone about whom lies have been told. Not unlike in the Reagan era when it was beleived that creating nuclear weaponry would "help" God in His eventual destruction of evil.( Am speaking as a person in the UK ) It is shameful, it is repugnant. Yet there needs to be a way to actually present what is happening, surely, to those who will listen.

6-3 Roberta Steinberg Says:

May 5, 2010 at 5:01 pm
They do use the guise of "Religion" This is nonsense, but it works. They are just a bunch of thieves and con-artists. We can help you !

EMPHASES=by This Blogger.








編集 / 2010.05.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
FOOT AND MOUTH
カテゴリ: ◇現代・政治・世界
他の方のBLOGにコメントしたもの(を、改訂した)。:

口蹄疫がアッチであった頃私はまだアッチにおりました。
多くの畜産業の方々は一頭一頭に名前までつけて家族の様に育てていたので、想像を絶する事だと言う感でした。自殺した酪農家が多かったのも記憶しています。

口蹄疫は、あっちでは、もっとそのままに近い報道を観ていました。
なだらかな美しい緑の丘陵から醜い煙が立ち続ける日々をテレビでみて、ハッと、『生贄』だと思いました。
masonと言うより、それを完全に乗っ取ったilluminatiサタンの大好きな生贄だろうと個人的に信じてます。
大きな事の前には、したいのではないですか?
あれは(前回のあっちの)9/11の前ではなかったですか?

(模擬犯が増える様なので、他に書きたかった情報が余り書けなく、最近窮屈で不自由を感じ初めています。
警告を聞いて、思い留まるのではなくて、悪知恵として取り入れるアホが多いです。)









編集 / 2010.05.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【復刻】 改訂 マタイ13章 [2010-05-27 13:53:30]
カテゴリ: ◇Bible Studies/聖書研究
 [First Posted to my mirror @ 2010-05-27 13:53:30]

マタイによる福音書 13章

  ブログを読んでいて、クリスチャンじゃない人達が「キリスト教徒は、悪魔教徒の言いなりの、何でも信じる操り人形」の様な事を書いているのを何度となく見つけましたが、私はクリスチャンとして、しかし、そう言いたい気持ちも、よく解る事があります。
そんな状態になってしまったのだと、嘆かざるを得ないかもしれないです。
もし、そのように言われても当然な者が多いのが事実であれば、そうである、と、肯定すべきです。
ただし、よく吟味もします。


  本物のクリスチャンが可成り少ないからこうなるのです。現在の日本の場合も、クリスチャンではない人達が本物ののクリスチャンに出会う機会が一体どれだけあるかとなると、余り多くはない筈です。

  ここにマタイによる福音書第13章の譬が成就しているのです。
これらは、初代の本当の教会が、どの様にして、内部への進入によって、本来あるべき教会から以下に離れていくことになったかの、歴史に証拠を残す、教会の現代に至るまでの、変遷を予告した七連の譬です。

  マタイによる福音書第13章の7つの譬とは:
1、種まき
2、麦と毒麦
3、からし種
4、パンだね
5、隠された宝
6、良い真珠
7、漁師の引き網

です。

 1、は、福音が世界に伝えれらていった際の譬です。それを受けた個人や民族によっては、この譬の様な様々な土壌があり、福音の種が芽を出さなかったり、直ぐに芽を出したのに直ぐ枯れたり、弊害が起こり過ぎていて成長しなくなったり、或いは良い土地だったのでよく伸び、実を結んだ、といった事の譬です。

 2、は、次の段階です。麦畑に、或る時、見た目のそっくりであるところの毒麦も一緒に(同じ場所に)蒔かれてしまっていたのを僕が見つけた話で、これは偽の教理が入り込み、本物の福音との区別が中々つかない状態にされてしまった、初期の教会事情を語る譬です。ちなみにこれらの譬はイエス様が語られたもので、こういった事が実際に起きる以前に忠告の形で教えられていた、云わば預言的な譬のシリーズです。毒麦が実際に本物の麦畑に落ちる事に因る農業上の問題も当時のパレスチナでは実際にあった問題で、歴史上、この譬の通りに、偽教理がどんどんと教会を侵食していったのも実際あった事柄で、これらの預言は今日に至るところまでは、全て成就しています。

 3、は、からし種の譬で、一番誤って伝えられた譬の一つでしょう。この譬は、本来はハーブであるところのからしが、パレスチナでしばしば特有の病気により異常な成長を始め、木のサイズになってしまう事があるそうです。
 又、空の鳥が宿る程にまで大きくなる、とありますが、聖書では、又、中東では、『鳥』は不吉な事柄の象徴だそうです。
 又、鳥は、サタンの悪霊を指す型でもあります。即ち、この譬は、本来ハーブの様な性質のクリスチャンの教会の集まりが、異常を起こし、病的な規模に膨れ上り、余りに大きくてサタンが巣を作り住み着く程のサイズになるという預言的譬で、実際に中世には、そこまでに膨れ上がりました。

 4、のパンだねの譬は、女がパン粉をこねる譬です。こねる時、パンだね(酵母)が入り、膨れてしまったわけです。既にご存知のようにパンだねは罪の象徴に使われるシンボルです。パンや麦は、御言葉の譬ですから、御言葉に混じってはならないものが混じった状態なのに、『女』は捏ねつ続けます。
 何故、教会は真性イゼベルの存在に気がつかないのでしょう? 大きな理由の第一は、真性イゼベルというものは、一見そうとは思えない人間だからです(それは女に限らない)。そうでなければ、そうそう騙されてばかりいません。そんなアホな教会リーダーが多くないのにです。教会史上、3、のからし種にあるように巨大化したキリスト教会が、次に堕落の一途を辿ったのが、聖書の中身が崩されていった事に因ります。これでもう、入ってきた人も、何が本当の聖書の教えだったのか皆目見当がつかないところまで、酵母=偽りの教えが混入してしまい、本物のパンを実際に食べて知っていない限り、誰にも、何が一体本当のキリスト教だったのか、識別出来ないところまで膨らみ、何処をちぎって取っても、酵母の性質で膨れていないところがない状態です。

 5、
 6、は、簡単に言えば、本物を見つけるのがいかに稀で難しいかの譬です。もっと詳しい内容は、ありますが。

 7、は、簡単に言えば、2、の毒麦の譬と平行して、最後の最後になるまでは、本物も嘘者も完結的には分けられないという意味です。

同時に、本当のクリスチャンは、名画等の御伽噺を信じるのではない為、名画に出てくるような姿のイエス様のような、そういった固定観念や先入観を、注意ぶかく棄て、本物の、生きたかも似出会います。そして、新婦などに頼らず、自分達で、直接祈ります。

モーゼもシナイ山で、神様から直接律法を受け取ったというのに、一目会って見たいと願うのにも関わらず、通り過ぎられた際の後姿しか見させてもらう事が出来なかった聖なる畏るべき唯一のあの神です...  「想像上のもの」などを信じるのでは駄目だと思っています。

或る若い女性の洗礼に出席できた際の事でしたが、洗礼の証でこんなに力強いものも珍しく、印象深く記憶にありますが、レイチェルはこんな風に言っていました:
彼女にとっての主イエスは、その様な(名画にある様な)イエス様ではなかった、と。彼女が思った主は、黙示録の最初にある様な、即ち、「髪は羊の毛のように真っ白で、雪のように白く、その目は燃える炎の様で、その足は赤熱の真鍮のように輝いており、その声は、大水の轟きの様であった。」
(Re.1:14-15)(私訳)というのです。

 御言葉の教える通りに受け取ることは、大きな力です。
 好みに合わせた解釈は、最終的な助けにはなってくれないでしょう。

(R.S.) 11th、April, 2010.   
改訂・補足=25、May, 2010.

補足=29、May, 2010:
Bibliography:

Pictures and Parables:
Studies in The Parabolic Teaching of Holy Scripture
;
Lang, G.H.,
The Paternoster Press, London (1955)
Chapter x. The Mysteries of TheKingdom(Matt.13)
pp.63-124.

The Prophetic Parables of Matthew 13;
Pink, Arthur W.,
Scripture ATruth Book Company,
Fincastle,Virginia (undated).

The Great Prophecies of The Centuries
Concerning Israel, The Gentiles, and The Church of God,
being selected Expositions and Discussions
;
Pember, G.H.,M.A.,
Editor:Lang, G.H.,
Oliohants,LTD.,
London & Edinburgh. (1941)

Prophetc Mysteries Revealed;
Srauss, Lehman,
Loizeaux Brothers,
Neptune, Jew Jersey.(1980)
ISBN 0-87213-832-1


編集 / 2010.05.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
【復刻】 改訂+追記 on 『マタイ13章・七つの譬』[2010-05-27 13:53:31]
カテゴリ: ◇Bible Studies/聖書研究
[First Posted to my Mirror @ 2010-05-27 13:53:31]

【改訂+追記】  

マタイによる福音書第13章の7つの譬とは:
1、種まき
2、麦と毒麦
3、からし種
4、パンだね
5、隠された宝
6、良い真珠
7、漁師の引き網

です。

2、は、次の段階です。麦畑に、或る時、見た目のそっくりであるところの毒麦も一緒に(同じ場所に)蒔かれてしまっていたのを僕が見つけた話で、これは偽の教理が入り込み、本物の福音との区別が中々つかない状態にされてしまった、初期の教会事情を語る譬です。ちなみにこれらの譬はイエス様が語られたもので、こういった事が実際に起きる以前に忠告の形で教えられていた、云わば預言的な譬のシリーズです。毒麦が実際に本物の麦畑に落ちる事に因る農業上の問題も当時のパレスチナでは実際にあった問題で、歴史上、この譬の通りに、偽教理がどんどんと教会を侵食していったのも実際あった事柄で、これらの預言は今日に至るところまでは、全て成就しています。


  主人が、収穫の時迄分けないように、と指示しした理由としては、あわてて分けようとして、麦まで抜いてしまうからだと言っています。
  それは、根が分けられないくらいにお互いに絡み合ってしまっていることも理由です。
  地下で根が絡み合っていて、本当の麦の根まで繋がって抜けてし合うのも理由ですが、その前に、この麦と毒麦が殆ど外見上見分けをつけ難いのが、第一の理由でしょう。

   収穫期が迫ってやっと判る変化がどういうものかというと、本物の麦は実ってくると穂が重くうなだれてしまうのです。
  稲を見ているのでよく想像がつきますが、同じような形態です。
一方、毒麦の収穫時の状態は、熟すと逆に大きく穂が上に伸び、ぴんと立ち聳えてくるそうです。
  しかも話しによれば、黒づくという説明もあります。
で、収穫期のその麦畑を見渡した際に目に入るのは毒麦で、そのハザマで立派な実をうなだれている本物の麦が、一見見えないのです。

  この譬の、「畑は世界をさす(である)。」)と書かれてあります。(13:38)わたしは、教会内の事についての譬とばかり思っていたのですが、よく読むと、畑は教会ではなく、世界です。
であれば、教会内の本当の信者とそうではないものとについてではなく、世界全体についての譬です。

  その畑で、クリスチャンもそうではない人達も一緒に生えていることです。それでも、言えることは変わらず、今の時点では早急に誰が麦で誰は毒麦かは誰も決め付けないように、ということになります。

  また、この譬で特記すべき点は、「収穫期になると、全て刈られる」ということです。どれも(世界という畑に)生え続けていない事になります。
皆が、刈られ、
「先ず毒麦を集めて束にして焼き、(13:30)と書いてあります。
その次に、
「麦のほうは集めて蔵に入れてくれ、」(13:30)
となっています。

被害者であることによって、逆に護られていることもあるという事かもしれません。
編集 / 2010.05.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
米軍の普天間から、北海道へ?「やっぱり!」
カテゴリ: ◇現代・政治・世界
米軍が、普天間から、北海道へ?「やっぱり!」

最初からそういうことじゃないだろうかと、思っていたのは、まさか私だけじゃないですよね。



【追記】
今、NHK夜9時のNEWS(総合テレビ)を聞きましたが、まるで、民主党のどの方もご存じない様に進行していて、驚きました。
こちらは、夕方の6時のNHK(総合テレビ)NEWSで、高橋道知事が、「反対の声も多少上がってはいるが、その可能性も出している・考えている(どちらかは忘れた)」、といった主旨の事を、おっしゃってましたが。
基地を幾つか既に建設中のものがあるらしく、その、どこかを提供、といった主旨でしたが。
編集 / 2010.05.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》:2ちゃんねる(?):集団ストーカー関連‐抜粋
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》 / テーマ: Everyday Life / ジャンル: ブログ

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/used/1254839230/l50

より。

89
まだまだ使える名無しさん:2010/03/23(火) 12:58:13 ID:NwQu9M7b

集団ストーカーの二次被害
ノイズキャンペーンです。
犯罪プロファイリングから見た犯人像
一般市民を信用させるのが得意、または市民が信用しやすい組織。
資金に困らない、または裏金を捻出することが可能な組織。
防犯ネットワークを使用(悪用)することが可能な組織。
被害者を危険人物・犯罪者などに仕立て上げることが可能な組織。
Nシステム・街中の防犯カメラ機材などを使用(悪用)することが可能な組織。
被害者を自殺、事故に見せ掛けて暗殺をすることが可能な組織。
あらゆる企業などを加担させる又は圧力をかけることが可能な組織。
自分たちの利益、利権欲望を優先させる組織。
被害者が別の職場・地域に引っ越しても被害を断続させることが可能な組織。
普段は善人を装っている組織。
命令で動く組織。
マスメディアを操作できる組織。
電話・メールの盗聴、携帯電話位置情報所得を得意とする組織。
数多くの個人情報を所得、または捏造させることが可能な組織。
公務員達に命令・加担させる事ができる組織

...(以下略)...

やりすぎ防犯パトロール
http://s04.megalodon.jp/2009-0403-2216-30/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090319-00000026-tsuka-soci
ひろがる監視社会
http://comcom.jca.apc.org/heikenkon/20th/simizu/simizu_1.html






編集 / 2010.05.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》:『ひろがる監視社会-「安全安心まちづくり」とは何か』より
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》 / テーマ: 監視社会 / ジャンル: 政治・経済

第5回集会 2005年10月15日
清水 雅彦(明治大学講師・憲法学)

『ひろがる監視社会-「安全安心まちづくり」とは何か』 

主催 平和に生きる権利の確立をめざす懇談会(平権懇)
090-5341-1169
 fax:0466-36-9097 
nora@cityfujisawa.ne.jp(杉山)
後援 日本出版労働組合連合会 平和共闘委員会
tel:03-3816-2911
 fax:03-3816-2980


戦争が終わって60年 ――「安全・安心まちづくり」とは何か:3

より《転載》


『警察化しした民衆は暴走する』より。


 では、こういう「安全・安心まちづくり」にはどういう問題点があるのか。

 「生活安全条例」の問題点を、いくつか項目を絞って指摘します。当然、プライバシー権とか肖像権の侵害を、カメラがあちこちに付けば助長するわけです。そして、上乗せ規制・横出し規制についてコメントすると、例えばいま自治体がとんでもない条例をいろいろと作っているんですけれども、軽犯罪法で例えば人の大小便は1万円未満の科料、あるいは30日未満の拘留ですけれども、杉並区の「生活安全条例」では、動物の糞の放置が5万円以下の罰金なんですね。人の大小便より犬の糞の放置のほうが重たい。人より犬が偉いという発想があるかもしれませんが。

 刑事罰より行政罰のほうがいいという発想もありますね。例えば当事者が了解すれば行政罰で済ませるというのは、交通違反の場合がそうですけれども、反則金と点数制度によって対処する。軽微な違反については刑事罰を科さない。そういう発想の中で、条例で刑事罰を科すのは酷だから、行政罰で対応しようという発想があるんですけれども、本当にそれがいいのかどうかですね。

 やはり行政罰を活用した方が取り締まりがしやすい。なぜかというと、刑事罰を科す場合には客観的な証拠に基づいて、第三者である裁判官が判断しないといけない。だから取り締まりにも慎重になるんです。行政罰の場合には現場で、例えば千代田区の「生活安全条例」では路上喫煙を見つけたら、当事者がその場で認めたらそこで過料が取れるんですね。こういう取り締まりはおかしいんじゃないかとか、周知徹底していないとか、反論ができる人だったらいいんですが、おとなしい人はすぐその場で払うので、取り締まりがしやすい。そういう取り締まりの仕方がいいのかという問題があります。

 実は千代田区の「生活安全条例」の取り締まりをする職員に渡しているマニュアルを読むと、いちばん大事なのは瞬時にしてその人を判断すること、「○○風」と判断しなさいと書いてあるんですね。「ヤクザ風」とか、「おとなしいサラリーマン風」とか、そういうふうに見極めろということらしいんですけれども、ヤクザ風はやっかいになるから声かけは慎重に、サラリーマン風には厳しくと、そういうつもりかどうかは分かりませんけれども。

 あと怖いのは、自主防犯活動が盛んになると、「民衆の警察化」になる。オウムの時の事例がいい事例なんですけれども、地域住民が自警団的なものを作って、いろんな活動をしました。警察はいちおう法律によって縛られていますから、できることとできないことがはっきりしていますけれども、地域住民は法律の知識がないから暴走しちゃうんですね。検問をオウム信者に対してやったりとか、荷物検査をやったりとか、さらには撒き菱を撒いて車をパンクさせたりとか、武装した住民がオウム信者を襲撃したりとか、警察ができないことを各地でやっているんですね。

 いまの自主防犯活動が怖いのは、エスカレートしていることです。取り組みに熱心な人達が怖いのは、一生懸命にやっているからです。実際に栃木では無線などを積んだ独自のパトカーのような車と制服を用意して活動したりとか。さっき言ったような民間交番をはじめ、普通の市民がどんどん警察化しているんです。

 昔の経験では関東大震災のときの自警団による朝鮮人の虐殺がありますけれども、行き過ぎがあればああいう現象が起きる。あと怖いのは、オウムを始めとして過激派とか暴力団、「テロリスト」に人権はないとういう発想で対応する可能性がある。おまえは犯罪者だからとか「不審者」だからとか、例えば名前を聞いて答えられないのは「不審者」だからだとか、そういうことを平気で口にする。警察官であれば警察官職務執行法などによって法の縛りがあるし、教育も受けています。市民はそういう縛りがないから、非常に危ない、暴走する可能性がある。そういう意味で私自身は、市民が警察的な活動をすることには批判的です。







編集 / 2010.05.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》:『やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》 / テーマ: 監視社会 / ジャンル: 政治・経済


Yahoo.Japan News

ツカサネット新聞
『やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視』
より。 《転載》

国内 パブリックニュース

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

3月19日19時7分配信 ツカサネット新聞


全国で展開されている防犯パトロール(民間団体などによる通称「安全安心パトロール」)は、ニュースで報道されている聞こえのいい内容とは裏腹に、特定個人を尾行し監視するなど悪辣な法律逸脱行動に及んでおり、憲法違反を含む数々の重大な問題を含んでいる。

安全安心パトロールの根拠にしている「精神規範」は、通称生活安全条例である。これは、識者によると、1994年に警察法改正によって警察庁に生活安全局が設置されてから特に制定が促進されている国家的施策。

事実、資料によると当初は市町村レベルで制定が図られ、それに続いて都道府県段階に取り掛かって、2002年の大阪府を皮切りに、広島、滋賀、茨城と矢継ぎ早に制定され、昨年2008年の奈良を最終として、09年3月現在で47都道府県のうち制定未定・討議中・不明の4県(福島、長野、愛媛、佐賀)を除き、91%43都道府県がすでに制定を終えている。

この生活安全条例は、市町村でしらみつぶしのように数多く制定され、それに伴う民間防犯団体つまり「子供110番の家」「子供老人パトロール隊」などの組織化も警察主導で行なわれている。それのみならず、その団体員に対して県警警部補が「尾行の仕方」「ごまかし方」まで教えているありさまである。こういう実態をみると、まさしく警察の下部組織の育成であり、警察国家へのまい進を思わせる。

警察は、新宿通り魔事件など凶悪事件が勃発するたびに、時をおくことなく「犯罪者捕り物」のデモンストレーションを華々しく意図的に展開している。これは、その事件の記憶の生々しいうちに社会不安の精神の傷に乗じて防犯行為の必要性を浸透させる、という意図を持つものだろう。逆に見れば、ことさら社会不安を醸成しているるようにさえ見える。つまり、狼が来る来る、と。

しかし、統計では逆の結果が出ている。犯罪白書を読むと、2007年殺人認知件数は1199件と戦後最低を記録しているし、昭和と比べると半分以下、強姦に至っては3分の1に激減している。

また、2008年では殺人認知件数は1297件と上昇に転じたけれど、かといって1973年から1977年の昭和後半の2000台(1974年は1912件)に比べるとはるかに低いし、それ以降の昭和末の1800台から1400台までの減少した件数にも及ばない。

凶悪化の進行しているというイメージは、その件数の内実が85%以上親族知人友人という親和的人間関係で起こっているから、なおさらマスコミによるセンセーショナルな報道によって増幅させられている一面がある。だから、それなりの理由のないことではない。しかし、件数からみれば、急増とまではいえないのである。

そして、この減少傾向は別の統計、厚生省の人口動態調査から「他殺」を抜き出してみれば、なおさら明らかである。「他殺」は、1997年718人から翌1998年808人を小ピークに2003年705人まで漸減、2004年655人、2005年600人となり、2006年にはついに600人を割って580人にまで減少した。(それ以降は厚生労働省統計なし)。

防犯パトロールの第1の問題は、民間の警備員ですら「正当防衛」以上の権限を持ちえないのに、一般市民である人物が見える形で尾行や監視という行為をして、その対象個人へ”身辺への「圧力」”を感じさせることである。これは、端的にストーカー行為と同じである。それが、集団で行なわれている。

被害者らはこれを「集団ストーカー」と呼び習わしている。これは、どうみてもプライバシーの侵害であり、個人の文化的生活を保障した憲法への違反ではないか。

防犯パトロールの違法行為は尾行や監視にとどまらない。
たとえば、対象個人が生活に必要な物資を購入するために店舗に入ると、そこの店員に防犯パトロールの要員が警戒するように「密告」して歩く。そのまま信じた店員は対象人物をあたかも「万引き犯罪者」のごとくひそかに、あるいはあからさまに尾行して付いて来る。

そういう行為をされた個人の心象はいかばかりだろう。これは、プラバシーの侵害以上に、弾圧のである。
防犯パトロールの問題性は、その団体の「警察の下部組織化」という現在の施策に、そもそも問題の芽を含んでいるのである。

なぜなら、防犯パトロールへの警戒対象人物への情報は、そもそも警察サイドからのもので検証されていない。それが恣意的だったら、どうだろう。政治的にであれ、現場の警察官の私的な感情にもとづくものであれ、そういう悪意の情報が紛れ込む余地は十分ある。

それに、防犯パトロールを担当する民間人とて、差別感や偏見と無縁ではいられない。その感情を利用する形で、個人情報が流され、警戒という尾行・監視あるいはスパイという行動が取られるとしたら、それはまさに「警察国家」である。

防犯パトロールを動員しての尾行・監視ばかりではない。
その活動に加えて、警察の生活安全課が地元のライフライン企業と「防犯協力覚え書」という形の協定書を取り付け回っている。宅配便や市役所、電話会社などもそうであり、たいてい子供パトロールとして登録されステッカーを配布している。また、さらに警察は、青色回転灯なる擬似赤色灯をその企業らに使用許可を出し、その登録数の増加を達成目標に掲げている。

たとえば病院。警察と病院の覚え書によって、警察は容易に病院という本来病気治癒という場所を監視の場所に変えてしまう。防犯パトロールの要員が、患者へのボランティアという偽装の形で病院に入り込むのみならず、病院職員自身たとえば看護師が入院病室の対象人物のそばで付きっきりで会話の立ち聞きをするのは日常茶飯事である

日常的に展開されるこれらの人権侵害は、すでに「警察国家」の域に達している。
一般市民の人権意識は低く、まさかという反応と対応を示す。しかし、じっさいやられていることなのだ。

戦前の状況の経験や知識のある人は、気づくに違いない。戦前の自警団・隣組に似ている、と。かつての市民は、異議を唱える自立心と勇気をもたなかった。それゆえ、関東大震災において他民族への殺戮が行なわれたし、鉱山労働の逃亡者へ鎌で追うようなこともした。今の防犯活動の状況は、まさしくこれを彷彿とさせるものである。

全体状況を見回してみれば、いくら防犯といっても、これはやりすぎだ、ということに尽きる。防犯パトロールはなかば小権力化しており、「お上」の威光をかさに来て振る舞っているようにみえるし、このボランティア活動に、ある特定の政治的団体が関与して容易に入り込み、権力化するという流れも疑われている。

宮城で問題となったように、もし情報非公開とされている報償費がこれらの防犯パトロールに使われているとしたら、それは経済的にもバックアップされることであり、児童虐待通知義務法も検討される昨今、市民は否が応にも「密告社会」に巻き込まれることになる。

(記者:森山つきた)

■関連記事
森山つきた記者の書いた他の記事
「社会・社会問題」カテゴリー関連記事

最終更新:3月19日19時7分

ツカサネット新聞


強調・ハイライ下線色文字=BLOG管理人によるもの。






編集 / 2010.05.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【改訂】x2!!+《追記》for「日本の教会に誹謗中傷を広げた方へ。」
カテゴリ: ◇Misc. / テーマ: Christianity / ジャンル: ライフ
【追記】: 気が付いたことがあり、追記です! 
今や、世界統一宗教が、日本では実質統一が、少なくともほぼ、完了しているのだと思います。
クリスチャンでもないのに、葬蚊愕怪員は近隣・ネットを問わず、私が少しでも教会批判に当たる記事を書くと、教会側を無条件にサポートしたり、さっきこれをアップしていた日中の様に近隣ハラスメントが始まったのもおかしいなと思っていたら、、葬蚊愕怪・キリスト教会・他カルト、オカルト、等、皆一つになってしまったのでしょう。だからうちの近隣の様に学会を多く持つハラスメントも教会の為に私を攻撃する形で始まったのもそのせいでしょう。
  ですから、ネットなどでよく言う様に、子連れ・ゴミ犬連れ等も学会の駄目家族だけじゃなく、教会員の駄目家族もここにハラスメントに来ている中には居るかもしれないです。大体、今やイエス様を本当に信じて洗礼を受ける、という事を経なくても、本来正当な筈のキリスト教会の教会員に連なれる時代なのですから。 ちなみに、ネットでは余り読みませんが、私(わたし)用の加害グループの一部には、真光と霊波の光もよく混じっていました。

  こうしてみると、当然ながら、本人がやる気があるのなら、本当に誰だっていいわけですよね。ただ、効率よく集団を結成できなければならないだけで。

  正に、現代の多くの教会が、本当の信者を濾して、らくだを飲み込んでいる状態です(マタイ22:24,34)。 正に、聖書の預言通り、キリスト教会が淫婦(黙示録17:5) なってしまった状態でしょう。多数の週末預言の研究者達によると、この週末の世界統一宗教の枠組みになるのは、キリスト教と言われて来ている、ヴァチカン/カトリックと、本来は健全で正統だったプロテスタントとの事、一体どの様な様相になるのかつかみにくかったですが、この通りです。近隣も、学会も、カルトも、オカルトも、どうもどこかの教会の人を仲間とみなして、攻撃対象になり、共通の敵を集団ストーカーする体制が、ここ最近の活動による調教訓練で、出来上がったのだと思います。
  どうもうちの親戚も、近隣も、ネットの葬蚊愕怪員も、随分従順に、「とある教会」をかばってきたり(クリスチャンの私に向かって仏教徒とかがそうするのです!)、怯えてしまっていたり、私との電話口で褒めちぎったりゴマすったり(まるで相手が全て聞いているかのように!)まるでキリスト教会が私を取り巻くストーカー・ハラスメントの総元締の様相でしたから。「あれ...~ッ?」とは思って来てはいましたが。
  要するに、世界統一宗教が、この様にして確立されて来ていたという事だと思います。共通の敵であるところの、本物の信者と、学会やカルトの脱会者・批判者などを含めたターゲット・ボディーを共通の敵とし乍ら、大々的に猛特訓で軍隊並みの集団として訓練がされていたんだと思います。 ヴァチカン(や、プロテスタントだって!)が一番その資本を持っていたりするので、そこから流れ降りて、各(前)正統キリスト教会を通してお金が下りていれば、学会もカルトも、ホクホクで、文句も言えないかもしれません。雇い主ですから。
  最後の仕上げ段階でしょう。本当に、プロテスタントは貞節を失った様態です。聖書の預言と、預言研究者によると、しかし、明らかなのは、用が済めば、この『終末の大淫婦』即ち、棄教キリスト教会は、獣に憎まれ破滅されてしまうんですよね? 獣も主の再臨で裁かれますが、その前に『終末の大淫婦』即ち、棄教キリスト教会は、獣によって滅ぼされるんですよね-滅ぼされるというより、大艱難中、どれだけが残れるか判らない訳ですよね。これらは、聖書の預言と聖書預言研究者、両方によって明らかに書かれていますね。
  主から離れず、忠実に、聖書にあるように、散らされていても、大切に、主について、硬く立っていましょうね。(2コリント6:17


編集 / 2010.05.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
日本の教会に誹謗中傷を広げた方へ。
カテゴリ: ◇Misc. / テーマ: 監視社会 / ジャンル: 政治・経済

2010

2010年5月22日


どうも『日本中の牧師さんという牧師さん皆』に対して、何やら私について、激しく、また悪質極まりないむごたらしいデマカセを広めていた様ですね。

一体どの様にして、そこまでの事が出来たのでしょうか? また、何故、日本の牧師さん皆が、知りもしない私というあるクリスチャンについての、その様な忌むべき悪口を鵜呑みにしてしまっているのでしょうか? また、何故そこまでの悪事をせずにいられなかったのですか?

大体、会った事も無い、知らない私に付いて、日本の全牧師さんたちが聞かされ、信じさせられたというのは、残酷すぎます。
ところが、誰に聞いても、-身近な人も会った事も無い牧師さんからも- みな口を揃えて、「何も聞いていない。」「あなたのことなんか何も聞いた事がない」「あなたを知っていそうな人を知人に持っていない。」など、決まった科白でしらばっくれられてしまうので、確実な内容を私自身まだ握る事も出来ずにいます。ところが同時に、その様にシラを切る牧師さんや信者の人達は、粘着的な仄めかしは続けてきます。その内容が大体(過去7年間の集大成で)一定であるのが見えてきている事と、忌み嫌う批判の程度の激しさから言って何やらとても物騒で凶悪な事でも私がしたように思われる節があり、そこから察すると、その内容がとても激しい内容なのではないかと思われる節があるのです。ぼやけていて何年経っても解らない、何らかの理由で批判されたり拒絶されたり、忌み嫌われたり、延々といやみに近いアドバイスや仄めかしをされてきています。

ここまでむごい事を私に対してして、私の教会生活を奪い、信徒の交わりを潰した方は、私を知っている身近な誰かです。あなたは私がどんなに苦しむかご存知でされておられるのであれば、間違いなくあなたは『絶対』クリスチャンではありません。クリスチャンは、騙されるでしょうし、「一時的に間違って」罪に陥ること等はあっても、計画的に、計算し、陰謀立て、あらゆる力、人海を凝らして、この様に何年も、或いは何十年も悪をなすことは決してありません。

また、何故、牧師さん皆でそんなに簡単に、知りもしないあるクリスチャンについての分からない激しい悪意の話など、どうして信じたのでしょう? 皆にいっせいに、伝えられたのですか? 余りにも大掛かりなので、信じたのですか? そういう手を使えば、知らない罪も、誰かに負わせることがそんなに簡単になるということですか? 

また、よくそんな皆さんから、この様な言い方もされます:「ほんとうの事は神様しかご存知でない」と。これがどんなに二重三重に残忍な言葉か、お分かりですか? これは単なる言い逃れに過ぎません。当然、神様が全てご存知です!自分の事も、誰よりも(また自分よりも)ご存知の方です。だから、安心して頼れるのではないですか? でも、人も本当の事を一つ一つ知る事が出来ます。そして、知るべきであっても、嘘を信じるべきではありません。特に、誰かについての悪質な、潰すような話は、本当かどうか知るべきであって、飛びついて一緒に迫害すべきではないです。神様だけが本当のことを知っているから、自分達は人の悪口を信じても、それを放ったままで苦しませたままでもかまわない、ということにはなりません。自分の真実を、知ってもらいたいのは自分達だけで、知らない人についてはどんな悪者に仕立て上げても平気なのですか? ある他のクリスチャンについての、そのような激しいデマカセを信じたままで、信じられた者が、全教会に信じられて、どんなに苦しんでいるかお分かりですか? 知りもしないことで、全教会に嫌疑をかけられ、しかも、何の嫌疑かも言ってもらえないまま、いつまでも粘着的にいぶりだそうとするばかり。その気持ち、お分かりではないですか?
私が何をしたと言われているのですか? その話しには、客観性はあるものですか? それとも、多くの主観的な説明でどろどろにされているものですか? たとえば、私が、なんでも「こうこう感じて暮らしている。」とか「これこれを嫌がっている。」「なになにを心配している。」等の、主観的過ぎる説明で、私本人にとっては初耳の、私の性格を知っていたなら噴き出して信じるわけも無いようなデマカセの作り話まで、言われました。具体的な内容の作り話の中に、こういった性質の内容を織り込んでいくのだと思っていますが、具体的な点なら、私にはっきり言える筈ではないですか?
それなのに、身近な人達まで、みな「全く、何も知らないし、聞いても思ってもいない。」で、逃げられてきています。

《この近所の盗聴やたちは、こういった私の活動をすぐさまTSさんに伝える義務がある様ですけど。
悪人を護るのでしょうか? 何故こんなに倒錯しているのでしょう? 》

私本人は、一体何を触れ回られているか、知りたいのは当然です。何故、身近でよく知っている筈の人達が、何も言えないのでしょう?
遠くの、例えばネットで話した様な遠い存在であれば、本当に見たことも会った事も無いこの私について何を聞かされても、「知らない。」に近くておかしくありません。とはいっても、それならそれで一時も信じないでほしいです。わたしは架空の存在ではなく、ここに実在する者です。出鱈目を信じられたり日本中に何かわからないひどいことを言いふらされたままでは、大変なことです。
わたしはネットを殆ど決まった事にしか使ってきませんでしたし、特にこのPC(ハード)に変えるまでは、前のセキュリティソフトが英語のサイト用にばかり学習してしまい、高度な日本の悪意ウエアに無力に近かったので、日本サイトを訪ねるのを最小限にして、新しいPCで新らしいセキュリティソフトで新しい設定にしてからにしよう、と思っていたし、英語サイトでもチャットなど交流風のネット関係を避けていたので、最近になって手が空いてきて、ブログなど慌てて作りました。なので、その様な悪意の噂や誹謗中傷・風評被害は私のネット上の人間関係からの炎上とかではなく、誰かとても身近で、教会関係、日本の牧師さん皆にここまで広げて巻き込める立場、また、私から教会生活をここまで潰せる人海網を持っている人達です。私から、一般の社会生活を潰すだけでは足りない、とよく判っていて、全ての教会に私を拒絶させたい理由のある、つまり、教会生活を十分長く熟知している者な筈です。クリスチャンではない人がここまでしません。したくても、『クリスチャン』とされている立場でなくては出来ない事です。 私について知っていて、事実の一部をよじ曲げて、あとは皆がとことん怒ったり忌み嫌ったり、とことん私を拷問にかけられる様に、日本の牧師さん皆をここまで巻き込めた人ということになります。

善良な方の中にも、善意のうちに激しく傷つけるもう一つの態度が、「今までは極悪人でも、今はよいかもしれない。」です。私の知りもしない罪を勝手に過去に押付けてしまわれて、知らない(はっきり言われてさえいない)罪の過去という、無いものを背負わされているのです。
「背負う」というと、主の背負われた十字架の事が頭に浮かびます。
こんな感じの迫害も、やっぱり経験するクリスチャンもこのようにいるということですね。。。
主が、御自分の知るわけもするわけも無い被造物の、主を裏切って禁断の実を食べてから今に至るまで、敵でしかなかった私たちの罪を、背負って、救いを下さるためにしてくれましたよね。
その主の御霊が私たちの中に住まわれ、従順であれば、そんな自分のことを迫害して回ってテープやニューズレターなどをばら撒いてきている人にも、主が、主の愛とは私たちに対してどの様なものなのかを実践敵に経験させようと$3000 迫害者に送ることが出来た時も、それが豚に真珠で、向き直って突進して、それについてまで、脚色した嘘をばら撒かれたこともあります。





編集 / 2010.05.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【人が人間を裁くこと】に付いて:『聖書』から
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《聖書から》 / テーマ: 聖書・キリスト教 / ジャンル: 学問・文化・芸術
§ 裁判員制度によって裁判員になった多くの方々が苦しくて眠れなくなっている理由と思われるもの §

      
【人が人間を裁くこと】に付いて:『聖書』から
What the Bible says about Judging Others
      


Matthew 7:1-5
1 " Judge not, that ye be not judged.
2 For with what judgment ye judge, ye shall be judged: and with hwat measure ye mete, it shall be mesasured to you again.
3 And why beholdest thou the mote that is in thy brother's eye, but considerst not the beam that is inthine own eye?
4 Or how wilt thou say to thy brother, Let me pull out the more out of thine eye; and, behold the beam is in thine eye?
5 Thou hypocrite, first cast out the beam out of thine own eye; and then shalt thou see clearly to cast out the mote out of thy brother's eye."
マタイによる福音書7:1-5
1 「人をさばくな。自分がさばかれないためである。
2 あなたがたがさばくそのさばきで、自分もsばかれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられるであろう。
3 なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。
4 自分の目には梁があるのに、どうして兄弟にむかって、あなたの目からちりを取らせてください、と言えようか。
5 偽善者よ、先ず自分の目から梁を取り除けるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。」

Romans 14: 4
4 " Who art thou that judgest another man's servant? to his own master be standeth or faleth. Yea, he shall be hilden p: for GOd is able to make him stand."

ローマ人への手紙14:4
4 「他人の僕をさばくあなたは、一体、何者であるか。彼が立つのも倒れるのも、その主人によるのである。しかし、彼は立つようになる。主は彼を立たせることができるからである。」

Roamns 14: 12-16
12 " So then every one of us shall give account of himself to God.
13 Let us not therefore judge one another any more: but judge this rather, that no man put a stumblingblock or an occasion to fall in his brother's way.
14 I know, and am persuaded by the Lord Jesus, that there is nothing unclean of itself: but to him that esteemeth any thing to be unclean, to him it is unclean.
15 But if thy brother be grieved with thy meat, now ealkest thou not charitably. Destroy not him with thy meat, for whom Christ died.
16 Let not then your good be evil spoken of:"

ローマ人への手紙14:12-16
12 「だから、わたしたちひとりびとりは、神に対して自分の言いひらきをすべきである。
13 それゆえ、今後わたしたちは、互いにさばき合うことをやめよう。むしろ、あなたがたは、妨げとなる物や、つまづきとなる物を兄弟の前に置かないことに、決めるがよい。
14 わたしは、主イエスにあって知りかつ確信している。それ自体、汚れているものは一つもない。ただ、それが汚れていると考える人にだけ、汚れているのである。
15 もし食物のゆえに兄弟を苦しめるなら、あなたは、もはや愛によって歩いているのではない。あなたの食物によって、兄弟を滅ぼしてはならない。キリストは彼のためにも、死なれたのである。」

1st Corinthians 4:1-5 ; 9
1 " Let a man so account of us, as of ministers of Christ,and stewards of the mysteries of God.
2 Moreover it is required in stewards, that a man be found faithful.
3 But with me it is a very small thing that I shold be judged of you, or of man's judgment: I judge not my own self.
4 For I know nothing by myself; yet am I hereby justified: but he judgeth me is the Lord.
5 Therefore judge nothing before the time, until the Lord come, who both will bring to light the hdden things of darkness, and will make manifest the counsels of the hearts: and then shall every man have praise of God."
9 " For I think that God hath set forth us apostles last, as it were appointed to death: for we are made a spectacle unto the world, and to angels, and to men."
コリント人への第一の手紙4:1-5 ; 9
1 「このようなわけだから、人はわたしたちを、キリストに仕える者、神の奥義を管理しているものと見るがよい。
2 この場合、管理者に要求されているものは、忠実であることである。
3 わたしはあなたがたにさばかれたり、人間の裁判にかけられたりしても、なんら意に介しない。いや、わたしは自分をさばくこともしない。
4 わたしは自ら省みて、なんらやましいことはないが、それで義とされているわけではない。わたしをさばくかたは、主である。
5 だから、主がこられるまでは、何事についても、先走りをしてさばいてはいけない。主は暗い中に隠れていることを明るみに出し、心の中で企てられていることを、あらわにされるであろう。その時には、神からそれぞれほまれを受けるであろう。」
9 「わたしはこう考える。神はわたしたち使徒を死刑囚のように、最後に出場する者として引き出し、こうしてわたしたちは、全世界に、天使にも人々にも見世物にされたのだ。」

James 4:12-15
"12 There is one lawgiver, wo is able to save and to destroy: who art thou that judgest another?
13 Go to ow, ye what say, To day or to morrow we will go into suc a cuty, and continue there a year, and buy and sell, and get gain:
14 Whereas ye know not what shall be on the morrow. For what is our life? It is even a vapour, that appeareth for a little tie, and then vanisheth away.
15 For that ye ought to say, If the Lord will, we shall live, ad do this, or that."
ヤコブの手紙4:12-15
12 「しかし、立法者であり審判者であるかたは、ただひとりであって、救うことも滅ぼすこともできるのである。しかるに、隣り人をさばくあなたは、いったい、何者であるか。
13 よく聞きなさい。「きょうか、あす、これこれの町へ行き、そこに一ヵ年滞在し、商売をして一もうけしよう」と言う者たちよ。
14 あなたがたは、あすのこともわからぬ身なのだ。あなたがたのいのちは、どんなものであるか。あなたがたは、しばしの間あらわれて、らちまち消え行く霧にすぎない。
15 むしろ、あなたがたは、「主のみこころであれば、わたしは生きながらえもし、あの事この事もしよう」と言うべきである。」

      


From:
King James Version (Authorised Version) 1908
口語訳聖書[日本聖書協会] 1955

      





編集 / 2010.05.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
[加害者による心理学の誤用について]翻訳中に思ったこと。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》 / テーマ: 医療と行政 / ジャンル: 政治・経済
[加害者による心理学の誤用について]
...翻訳中に思ったこと。

EXERPTS

from
"PEOPLE OF THE LIE"
by
M. Scott Peck, M.D.


1983,
by M. Scott Peck,M.D.
A TOUCHSTONE BOOK
Simon & Schuster, New York.
Chapter 7
"The Danger and A Hope"
[pp.258-260]

THE DANGER OF THE MISUSE OF SCIENCE

" The gravest misuse of science may be attributed not to those scientists themselves who proclaim personal opinions in the guise of scientific truth but to the public - industry, government, and poorly informed individuals - which employs scientific findings and concepts for dubious purposes.
Although the Atomic bomb was made possible through the work of scientists, it was the politicians who made the decision to build it and the military who dropped it. This is not to say that scientists bear no responsibility for the manner in which their findings are put to use. But it is to say that they don't have control over the situation. Once a scientific finding is published ( and generaly it must be, since science depends upon publishing and the free flow of information), it becomes part of the public domain. Anyone can use it, and scientists have little more to say about it than any other public-interest group."
" The body of scientific knowledge of psychology is already misused in a variety of ways by the general public. Its employment - and the extent to which it is employed - by the judicial system is debatable in this country, let alone in the USSR. Although psychological tests are often of immense value to teachers, many children are falsely diagnosed and misclassified by them. Similar tests are used or misused to reject people for employment and higher education. At cocktail parties men and women bandy about such terms as "penis envy," "castration fear," and even "narcissism," with little idea of what they are talking about and little throught of the possible consequence of their prattle. "
「 科学の最たる悪用は、科学的と称して個人的な意見を主張するタイプの科学者によってより、むしろ一般の人々-つまり、産業界、政府、また、教養に欠けた一般人-といった、科学的な発見やその概念を疑わしい目的に使おうとしている人々の方である。
 原爆も、勿論科学者の働きによって可能になったが、それを造ると決めたのは政治家であり、それを投下したのは軍隊であった。とはいっても、科学者にはそういった発見がどう使われるのかについて全く責任が無かったと言うよりは、むしろ、科学者にはその段階で抑制権を持った立場ではないという事を言いたいのである。一旦科学的な発見が発表されてしまうと(無論、一般的に科学はその発表と自由な情報の交流に頼っているが)、それは一般の領分になってしまう。誰でもが利用できるし、科学者はそれに対して関連グループ同様に口を挿む位しか出来ることはない。 
  心理学における科学知識の基本は、既に一般社会の人々によってあらゆる形で誤用されてきてしまっている。 この国の司法組織によりその採用方法-とその採用限度-については、ソ連の例は言うに及ばず、議論に価する。 心理テストなど、教師にとってはしばしばかけがえ無く価値があるだろうが、多くの子供達がそれによって誤診さたことによって評価を誤まられて来た。 似た様なテストが就職や大学進学における不採用者を出すのに利用もしくは誤用さて来ている。 カクテル・パーティーでも、男も女も、『陰茎願望』だとか、『虚勢恐怖』、さらには『自己愛』といった言葉を、何の事を話しているのか全く知りもせずに吹聴しているが、自分達の戯言が一体どんな結果を及ぼすのかについては一切考えていない。  」 (翻訳:by BLOG管理人)

...(omitted a few paras.)...

But while it would be impossible to withhold scientific information about evil from the public, the picture is hardly as gloomy as it might at first glance seem. Psychiatric information about indivisuals can be kept confidential. The formal diagnosis of evil as made by psychologists and psychiatrists can be restricted solely to the purposes of strictly controlled scientific research. As for the reality that general psychological information is often misused bu the general public, it does not mean that we are worse off in the balance for such information. Indeed, it is my firm belief that the increasing psychological awareness of the general public over the past few decades represents a dramatic moral and intellectual step forward.* While some may bandy their Feud about in a silly fashion, the fact that many have come to acknowledge the reality of their unconscious mind ( and are even beginning to take responsibility for it) may be the seed of our prejudices, hidden hostilities, irrational fears, perceptual blind spots, mental ruts, and resistance to growth is the start of an evolutionary leap.]
[:未翻訳部分]

" Finally, an increasing public sophistication about the psychology of evil will itself serve to prevent the abuse of that psychology. Although we need research to know much more about evil, we already know a few things beyond doubt. One is the tendency of the evil to project their evil onto others. Unable or unwilling to face their own sunfullness, they must explain it away by accusing others of defects. As we develop the psychology of evil, this fact - already common knowledge among scholars - will surely be more widely publicized. We will become more rather than less discerning about those who cast stones. As scientific interest in the phenomenon of evil filters down to the public, our consideration of it should become increasingly thoughtful.
「最後に、悪(意)についての心理学が一般により洗練された形で知られてくれば、それ自体によって心理学の悪用も未然に防ぐのではないか。 悪についてはより詳しく研究を重ねる必要があるが、事実、私達が既に幾つか疑問の余地無く知っている事がある。その一つが、悪というものが、自分のそれを他の人間へ投影させる癖があるという点である。自分自身の罪に気が付かないか、或いは気づく積りが無いかが原因で、他人を責める事ばかりによって、自分が言い逃れをする為に使う。 私たちが悪(意)についての心理学をより進めていく中で、学会内ではもう常識となっているこの事実についても、より広範囲に認識されていく事であろうと期待する。 我々は、人に向かって石を投げる者達を逆により正しく識別できるようになっていくのではないだろうか。" 」
 (翻訳:by BLOG管理人)

【コメント】
  ここにも説明されている『投影』がスケープゴート(集団ストーかーターゲット)に対して行われる際、上記の著書等が巧妙に局解された形で悪用されて、矛先が被害者に向けられる事があります。風評被害等によるターゲットの社会的抹殺活動が、加害者の内側の『悪意』の投影である事実はもみ消され、代償に、その件については無実な被害者=スケープゴートが、「自分自身の悪にに気が付かず、『自分ばかり正しいと思っている』」と責められる始末です。
  しかし、被害者についての『虚偽』を基盤/前提にして被害者を追い詰める活動をしていたら、たとえ首謀では無くても、その嘘を「信じて」活動する事になる訳ですから、この様に無実の者を追い詰めている限り、自分に追い詰められている被害者より、決して正しい立場にはなれる訳がありません。『虚偽』の上に立って無実の相手を責め続けているのですから。
  以前、非常に信念ばかり強い、あたかも命を賭けて嘘を信じ切って頑張っていた方が居ましたが、いくら確信が強くても、全てを賭けても、その確信が『虚偽』である限り、立ち行くわけがありません。『虚偽』はいつまでも虚偽で、真実はいつまでも真実でしょう。そこに持ってきて、虚偽の上に立って(被害者に向かって)『自分ばかり正しいと思っている』と文句を言っても、最終的には、一見矛盾のようでも、被害者の方が結局強い立場な訳です。加害者は嘘の上に樹立しようとしているのですから。被害者の方が、虚偽にしたがって活動している加害者より自動的に揺ぎ無く、正しい訳です。倒れようがありません。それでも倒そうとするから、悪に訴えはじめ、より泥濘にハマるのが、ストーカー側になってしまうわけです。
  最初から、嘘と判っている事には手を貸さないのが結局、最終的には賢いのです。拒むことによって最初は苦難が伴うとしても、その様な苦難なら、10年でも50年でも、最後に倒れるよりは割が良いのです。最後に自分がどうなっても良いから、今、出来るときに憎きターゲットを苦しめまくっておいて、自滅しよう、という覚悟なら別ですが。正しい方を、困難を承知でも選ぶ事が大切です。『得そうな方』、『楽しそうな方』、『勝ちそうな方』ではなく、『正しい方』を! もっと良いのは、『愛の故』。『愛の故に正しい方』を敢えて選べば、どんなに被害者のままでいても、割が良いです。最も良い事です。

II Thessalonians 2:10-12
" And with all deceivableness of unrighteousness in them that perish; bcause they receive d not the love of the truth, that they might be saved.
11 And for this cause God shall send them syrong delusion, that they should believe a lie: 12 That they all might be damned who believed not the truth, but had pleasure in unrighteousness.
[King James Version]

テサロニケ人への第二の手紙2:10-12
⒑ また、あらゆる不義の惑わしとを、滅ぶべき者どもに対して行うためである。 彼らが滅びるのは、自分らの救いとなるべき真理に対する愛を受けいれなかった報いである。
11 そこで神は、彼らが偽りを信じるように、惑わす力を送り、
12 こうして、真理を信じないで不義を喜んでいた全ての人を、さばくのである。
[口語訳聖書1955]

  話を戻して、加害者に拠って投影された悪=加害者が投影する加害者の心の裏にある罪について、ターゲット=スケープゴートにされた被害者のこっちは、それに付いては無罪です。それっを主張すると気に入らないので「被害者は、自分ばかり完全で正しいと言う。それは自分の悪に気づいていないからだ!」と翻って攻撃をします。むしろ、ターゲットに投影して見ているその悪が自分達の悪の投影であるという事に気づいていないのは、加害者です。誹謗中傷・虚偽プロファイリングを流布する加害者、出鱈目な悪口を喜んで証拠もなしに信じる二次・三次加害者が、自分達の罪をターゲットに投影してるだけです。『うわさについて』からの抜粋ですが、以下のように、美味しい噂の具の大方は、噂を耳にして楽しむ人自身の心の内にあるものだと、著者は言っていますが、その通りでないでしょうか?

"... Nobody is invulnerable to the power of the rumour and all the juicy stories. For they are not made merely by incidents, nor by the false and careless words; nor by Axis agents; they are a part of the stuff which is inside those who listen to them."
The Rumour(p138)

ところで、このDr. M.Scott Peckの本("People of The Lie") (一部の?翻訳は推薦できません。悪徳ギャルの訳は避けましょう。)の様な秀でた内容を局解して、矛先を被害者に向けてみるのは、卑屈です。
原文を、頑張って読みましょう。
内容が面白そうであり、重要な情報であれば、どんどん、読めるようになっていきます。
多くの、立派な出版物が、悪徳ギャルの翻訳家と思われる程度の出版物に変容してしまっています。
どうぞ、原文を読みましょう。




編集 / 2010.05.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
"Awareness of a Gangstalking Conspiracy"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
From
SearchWarp.com



An Exerpts from
"Awareness of a Gangstalking Conspiracy"
by
"A Glass"
September,09th,2009



...(omitted 15 paras.)...

Surveillance is used without any evidence of wrongdoing, on innocent people engaging in lawful activity. Perpetrators network like a creeping vine throughout your country and internationally. One primary goal of gangstalking which I have been informed of, is usually to force the target to become depressed, in a hopeless situation,and commit suicide 'with any luck'. The target is to at least be rendered effectively 'toothless' and constant attacks in order to stimulate emotinal reactions to such abnormal activity.

There are reports that once this happens the target can then be further victimized. Gangstalkers want to spiritually murder the target. Using suicide ideation towards the target is common, even badgering the target with negative suggestions to do the deed (forced suicide is reportedly a widespread goal of this hateful crime). This is after many tactics are actively inflicted upon the target, so that it is increasingly obvious to the target that it is no more coincidence. A target does not have to be someone 'special'. The tip of iceberg often initially involves the activities of, though is not limited to: personal information collection, covert stalking, psychological profiling, organized surveillance, noise harassment to cause a 'startle-response', sleep deprivation, and an all time favourite: character assassination.

Further tactics includes infiltrating the targets' inner social circle as informants and confidences, slander campaigns to make the target appear corrupt or mentally ill or ignorant, stimulus sensitization, observation, taking photographs, humiliation, car convoy's, temporarily taking over a territory while target is mobile and acting in 'skits' as if they are part of a film-set, a vehicular tail-gating with full beam lights. There can be the use of lookalikes, who when dressed similarly, can cause the target to always feel anxiety whenever anyone, whether they are a perpetrators or not, wears those same clothes. This is anchoring the pain and conditioning the targets' mind. Directed conversation using information only known to the target may also be used to creep them out.

... (Omittedthe rest) ...

HOME:
http://searchwarp.com/Advice-Columns/
This Article:
http://searchwarp.com/swa546216-Awareness-Of-A-Gangstalking-Conspiracy.htm





編集 / 2010.05.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
"Perpetrators"[Gang Stalking Journal]
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
From
Gang Stalking Journal
http://gangstalkingjournal.com/gang-stalking/perpetrators/


Exerpts from
"Perpetrators"


...(omitted 4 paras.)...

" A common ploy with the more witting type is to present harassment of a target as being part of some secret investigation of a target. Very often cultural groups (whether anti-abortion, gay/lesbian, ethnic or political groups) are approached by someone (usually a man) who claims to have connections and heroic experiences with a large intelligence work, such as the CIA. Using this tactic would-be perpetrators are made to feel special and part of something big and important. The more willing agents usually do this as an elaborate play geared to externalize their own shortcomings and make someone else miserable rather than promote consciousness and development of their own lives...

...
...
...

In my own case where longer-known, once-trusted friends become perpetrators, in hindsight I can see how each person and their own motivations and reasoning for involvement. Some have always been prone to hold current trends and public opinion higher than their own judgment and falsely think this is independence --- freedom from control of others through fallling in line with a system of control. Others were worn down over a longer period of time, eventually giving in to the pressure from their social circle. At first the various personal stories seem quite unique, just as I regarded each friend and their individuality; I respected their uniqueness.

Yet, during further personal assessment of these 'frineds' it became clear that the psychological make ups of these people were in fact quite similar, namely they each have a seeming inability to think for themselves and tend to listen to orders from anyone who claims or seems to be an authority.

The core perpetrators are usually a hierarchical group with each member being handled and fed the information the main handler decides is the best way to get them to do what he wants. This is not obvious to the main body of stalkers, and is not how the game is perceived by them. To these critters, the goal is thrill, fitting in, being a part of something super secret and whoever provides useful framing of what the goal/mission is, and what the target is supposedly guilty of is irrelevant, or in the cases were the group organizers hand out such propaganda, they are seen as knowledgeable sources of useful information. Again and again, for most participants there is a desire to feel part of some elite gang. For some it's fear that they will be ostracised or even fall prey to what the target is going through if they do not participate.

  In my case many of the core perpetrators seem to truly believe that they are acting out some kind of vigilante justice for past slights they have perceived that I've enacted against them. In truth, their choosing to believe themselves in torturing me has more to do with their shortcomings than anything I may have unwittingly done to offend them. But through a carefully schemed system of lies and dissemination of disinformation, the handler primes and cultivates them to blow up fears and weaknesses, while also exaggerating whether they can about the target's flaws so the agents have a clear picture and target for their angst. This is pretty basic psychological warfare where the leaders pit one group against another; everyone loses except the top controllers who learn even better ways to control people."W

... (Omitted the Rest) ...




編集 / 2010.05.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【Now With MP3 !】:"Why Is There Evil In..."by Rev.Ian Brown
カテゴリ: ◇Sermons & Audio Transcripts / テーマ: 聖書・キリスト教 / ジャンル: 学問・文化・芸術
"Why Is There Evil In This World"
(2005)
by

Rev. Ian Brown
Londonderry Free Presbyterian

from
SermonAudio.com



*THIS IS AN AUDIO TRANSCRIPT transcribed by This Blog Host.
Blog管理人がmp3から聞き取りをしたものです;
(要望があれば、日本語に訳しま~す
)
I am intending to upload this portion of mp3 "if I succeed in cutting & extracting the mp3 file."
This original message is 38:40 duration in mp3, which exceeds upload limit. *
(Blog Host)
 

MP3 ! : 'WhyEvil?' -1
[00:00~]

" (We've) been invited by God tonight from the passage that are already been
 read from, that's the Book of Job, and the First Chapter of the book, and we
read just again, the final verse this moment, verse 22.
In the light of all that's happened, in the Chapter One here, tragedy upon
tragedy, disaster after disaster; We read in verse 22, in all bits, "Job sinned not,
nor charged God foolishly." The title of this message is "Why Is there Evil in This
World", "Why Is there Evil in This World", and I suppose that we can ask the
question. Giving the title today is actually it's the fourth anniversary of the 9/11.
In the light of 7/7 in London, many other events at the hands of the Islamic
terrorists, in the light of the Katrina hurricane, in the light of the Asain Tunami,
and many other events... In the light of these, "Why Is There Evil in This World".
And you'll know that, We have been doing a little bit of disjointed series on the
"Why" questions, now we again come to them. And this is another in that series
that will, God willing, be built up as a time goes on, and the other question
suggest themselves."


******* (OMITTED PARTS) *******

[30:50~]

MP3 ! : 'WhyEvil' -2

"   Why do we suffer from evil? Who should we seek during evil ? And that
merges into the third and final question, "What should we say about evil?" What
should we say about evil? There is one thing that we should remember: When
the sky is black, when God is silent, we are in the deepest throes of darkest
disaster, we must remember God is always in complete control. When God
allowed Satan to light the furnace, He always keeps His own hand on the
Thermostat. That's why He says to Job, in Job 41:10 and 11,
 

"10   None is so fierce that dare stir him up: who then is able to stand
before me?

  11   Who hath gone before/preceded (prevented-KJV) me, that I should
repay him? 
      whatsoever under the whole heaven is mine."
 

   Jesus Himself has said something that is interesting about evil. He told of the
parable of the wheat and the tares in Matthew 13: 24 to 43. He told when the
enemy came in during the night time, sowed those tares among the wheat.
   Now, "among the wheat:" That expression in the Greek is a strong one that
means, "all through the midst of the wheat, between the wheat, and on top
of the wheat"! So the picture is the roots had become so inexplicably
intertwined that any attempt to pull them out will torn out the wheat as well.
So when the servants asked, "well, then, we go and gather them up, " the
householder responded, "Nay, that by ye gather up the tares, ye will root up
also the wheat with them. Let both grow together until the harvest, and in
the time of harvest, I will say to the reapers, 'Gather ye together first the tares,
bind them and bundle to burn them; but garner the wheat into my barn.'"
Jesus said you can't root out the bad without rooting out the good. Wait until
the harvest. When them all be rooted out, and then you will separate the
good from the bad. 
   Remember this, the tares of the evil do not worry the Master. He will take c
are of them in due time. He has wheat till He bring it through this world. And
He will make sure every piece of that wheat is gathered into His gerner at the
end. God's in control! He's never interrupted, His sovereignty is never
challenged successfully. His World, that His (bid) is His field, and He'll tend it
properly.
   How do we really know this is true? Because He tells us that God can take
the greatest evil and bring out the greatest good. God can take the greatest
evil, and bring about the greatest good. Take out the genealogy of Christ,
the list of family names, His family tree. You'll find the name Rahab; a former
harlot is in there, and you'll find the name Manasseh a most wicked king, in
fact THE most wicked king Judah ever had, he's there, (all right), of that
corrupt trunk, seeping evil. God brought the beautiful and a pure branch,
His Son and our Saviour Lord Jesus. Exhibited once again as a Cross of Jesus
Christ, humanity cannot, humanity will not ever experience any greater depth
 of evil than that exhibited by the crucifixion of Jesus. Yet because of that C
ross, and because of that empty tomb, Satan's greatest strike against God,
out of that brought forth man's eternal Salvation.
No wonder Paul said in Romans 8 and 28, we know that,

" 28   All things work together for good to them that love God, to
them who are the called according to His purpose."
 

   Out of that evil work, the Crucifixion of Christ, our Lord brought the
greatest good,
Salvation, eternal Salvation for His people.
[~34:57]

About 4 years ago to the day, Barbara Olson a form ... "

******* (OMITTED THE REST) *******






にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 民俗・民族学へ
にほんブログ村
編集 / 2010.05.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【Now With MP3 !】"The Slander of Satan"by Rev. Max Doner
カテゴリ: ◇Sermons & Audio Transcripts / テーマ: 聖書・キリスト教 / ジャンル: 学問・文化・芸術
"The Slander of Satan"
(1995)
by
Rev. Max Doner
Sovereign Grace Bible Church

from
SermonAudio.com

*THIS IS AN AUDIO TRANSCRIPT transcribed by This Blog Host.
Blog管理人がmp3から聞き取りをしたものです。
(要望があれば、日本語に訳しま~す)
I am intending to upload this portion of mp3 "if I succeed in cutting & extracting the mp3 file."
This original message is 53:29 duration in mp3, which exceeds upload limit. *
(Blog Host)


[24:30 ~32::30]

" The book of Job, the first Chapter; Job, Chapter 1.

******************omitted parts******************
[24:38~]
MP3 ! : "Slander of Satan 1"

They cannot deny that what they do is good, but they attacked their motives
for doing it as being evil. Satan has put the worst construction on Job's conduct
by slandering his motives. Now unfortunately ,the people of God all too often
fall into this sin. . We spoke of this this morning when we preached on the sin
of evil speaking. .. If we have an attitude of animosity towards someone, even
when they do good, we can find fault. And we do so by ascribing evil motives to
them for their good deeds that they performed. And too often we become like
Satan, accusers of the brethren, by our slandering of their motives.

And so Satan can unfortunately use the people of God to attack other people
of God just as he used Peter to attack the Lord Jesus. . Remember when Peter
said to Jesus, "thou shalt not surely die." and Jesus said to Peter, "Get thee
behind me, Satan.".. And so unfortunately we can become dupes of the devil
to carry out his work ,convey his messages by becoming accusers of the
brethren. Love thinks no evil, but Satan knows who follow Him, and knows who
are his dupes, thinks nothing but evil of those who're trying to serve God. So let
us not aid his cause by accusing the brethren ourselves.

Now the devil was very impatient with hearing Job praised. And there are many
just like him who cannot bear to have anyone praised but themselves. And think
of the only way that can build themselves up is to tear others down; this is what
Satan'll do. Remember Saul was unhappy because David had slained ten
thousands but he only slained thousands. So he wanted to tear David down to
build himself up.
This happened to the Lord Jesus in Matthew21:15.
., it says "When chief priest and scribes saw the wonderful things that
Jesus did, and the children crying in the temple, and saying, "Hosanna to
the Son of David," they were sore displeased."..
And so when the others get praise, or others do well, and those who have
malice in their hearts and who are dupes of the Devil wind up beginning to attack
that.
So when a person begins to tear down someone else's reputation, it is
usually as the desire, as a result of a desire to elevate their own. And this is what
Satan was doing.
Now frequently the way in which this is done that is the way in which other's
reputations were torn down is by the way of "innuendo" or by raising questions
in people's minds. Now notice what Satan did in verse 9. He asks a question;
"then Satan answered the Lord and says, Does Job fear God for no
reason?
" ...


MP3 ! : "Slander of Satan 2"
As you see, this is the method that slanderers frequently use. They ask leading
questions to plant doubts in the mind of people about those that they slander.
And if you come back later and say why did you say that, (to which,) "I didn't say
anything! I just was asking questions!" Such question is impossible to defend
oneself against; how can you prove your motives to someone else? How can
you defend yourself against an innuendo that cannot be pinned down? You
cannot. God knows, but others must take us at our word, and if they do not,
there's nothing we can do, but wait for God to vindicate us and our motives in
due time.
Now it's interesting to note as we read the book of Job, that Job's friends
charged him with hypocrisy.
They charged him with hypocrisy "because he was afflicted".
They said, "You're hiding sin!", "otherwise you wouldn't be afflicted
."
Satan charged him with hypocrisy because he greatly prospered!, and said; "He's
in it for the money!" "So whether Job prospered, he was charged with hypocrisy,
or whether he was afflicted he was charged with hypocrisy. And the reason why
it's is because it is the nature of slander is that no matter what you do, you're
always wrong. In the eyes of the slanderer, a person can do no right.
They're damned when they do, and they're damned when they don't.

Jesus spoke of this in Matthew Chapter11, verses 16 through 19. When
those who were criticizing Him, spoke after this fashion. Matthew Chapter
11 verses 16 through 19
;

" 16
But whereunto" Jesus said, "shall I liken this generation? It is like
unto children sitting in the markets, and calling unto the fellows,

17 And saying, We have piped unto you, and ye have not danced; we
have mourned unto you, and you have not lamented."


In other words, "you're not following our program!"

" 18
For John came neither eating nor drinking, and they say, that he
has a demon.

19
The Son of Man came eating and drinking, and they say, Behold a
man gluttonous, and a wine bibber, a friend of publicans and
sinners. But wisdom is justified of her children. "

And so it is, when an individual is a dupe of the Devil, and slandering
the brethren, it doesn't matter what the brethren do:
The brethren cannot do right.
"
[~30:55]

******************omitted parts******************



[Emphases & Colours : by This Blogger]



にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 民俗・民族学へ
にほんブログ村
編集 / 2010.05.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
04 | 2010/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。