FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
【忘れない説教 その2】:御心の場所の安全
カテゴリ: ◇Sermons & Audio Transcripts / テーマ: 聖書・キリスト教 / ジャンル: 学問・文化・芸術


【忘れない説教 その2】
十何年も以前、ある南アフリカの牧師さんがそのまた何年も前にロンドンで話していたビデオを見ていた。英国の牧師さん達が、ヨハネスブルグなどという危険な所で牧会続けるなど、大変じゃないか?と訊いたそうだ。その南アフリカの牧師さんが、そこから続けて説教をして、こう言っていた:「御心でヨハネスブルグにいる方が、御心に反して治安の最高な所にいるよりずっと安全だ。」と。このビデオテープはさえないデザインとさえない題名で、余り人の目につかないでいた。印象とか固定観念はいつも除ける訓練に慣れていたから、試す気持に鼓舞されて最後まで聴いたら、こんな良いメッセージだった。これで励ましを与える事も数回。人生の糧は、ショーウィンドウよりも通過された所等に多い傾向に気づいていた。主の歩んで見せてくれたもののひとつだ。、



Ecclesiastes9:13-18
13  This wisdom have I seen also under the sun, and it seemed great unto me:
14  There was a little city, and few men within it; and there came a great
king against it, and besieged it, and built great bullwarks against it:
15  Now there was found in it a poor wise man, and he by his wisdom
delivered the city; yet no man remembered that same poor man.
16  Then said I, Wisom is better than strength: nevertheless the
poor man's wisdom is despised, and his works are not heard.
17  The works of wise men are heard in quiet more than the cry of
him that ruleth among fools.
18  Wisdom is better than weapons of war: but one sinner destroyeth
much good.
伝道の書 9:13-18
13 またわたしは日の下にこのような知恵の例を見た。これはわたしにとって大きな事である。
14 ここに一つの小さい町があって、そこに住む住人は少なかったが、大いなる王が攻めて来て、これを囲み、これに向かって大きな雲悌を立てた。
15 しかし、町のうちに一人の貧しい知恵のある人が居て、その知恵をもって町を救った。ところが誰一人、その貧しい人を記憶する者がなかった。
16 そこでわたしは言う、「知恵は力にまさる。しかしかの貧しい人の知恵は軽んぜられ、その言葉は聞かれなかった」。
17 静かに聞かれる知者の言葉は、愚かな者の中のつかさたる者の叫びにまさる。
18 知恵は戦いの武器にまさる。詩化し、一人の罪びとは多くのよきわざを滅ぼす。
【口語訳聖書 1954】


I Kings 19:11-13
11  And he said, Go forth, and stand upon the mount before the LORD.
And, behold, the LORD passed by, and a great and strong wind rent the
mountains, and brake in pieces the rocks before the LORD; but the LORD
was not in the wind; and after the wind an earthquake; but the LORD was
not in the earthquake:
12  And after the earthquake a fire; but the LORD was not in the fire: and
after the fire a still small voice.
13  And it was so, when Elijah heard it, that he wrapped his face in his
mantle, and went out, and stood in the entering in of the cave. And,
behold, there came a voice unto him, and said, What doest thou here, Elijah?
列王記上19:11-13
11 主は言われた、「出て、山の上で主の前に立ちなさい」。その時主は通り過ぎられ、主の前に大きな強い風が吹き、山を咲き、岩を砕いた。しかし主は風の中におられなかった。風の後に地震があったが、地震の中にも主はおられなかった。
12 地震の後に火があったが、火の中にも主はおられなかった。火の後に静かな細い声が聞こえた。
13 エリヤはそれを聞いて顔を外套に包み、出てほら穴の口に立つと、彼に語る声が聞えた、「エリヤよ、あなたはここで何をしているのか」。
【口語訳聖書 1954】


Isaiah 55:8-12
8   For my thoughts are not your thoughts, neither are your ways my
ways, saith the LORD.
9   For as the heavens are higher than the earth, so are my ways higher
than your ways, and my thoughts than your thoughts.
10  For as the rain cometh down, and returneth not thither, but watereth
the earth, and maketh it bring forth and bud, that it may give seed to the
sower, and bread to the eater:
11  So shall my word be that goeth forth out of my mouth: it shalll not
return unto me void, but it shall accomplish that which I please, and it
shall prosper in the thing whereto I sent it.
12  For ye shall go out with joy, and be led forth with peace: the mountains
and the hills shall break forth before you into singing, and all the trees of the
field shall clap their hands.
イザヤ55:8-12
「8 わが思いは、あなた方の思いとは異なり、
わが道は、あなた方の道とは異なっていると
主は言われる。
9  天が地よりも高いように、
わが道は、あなた方の道よりも高く、
わが思いは、あなた方の思いよりも高い。
10 天から雨が降り、雪が落ちてまた帰らず、
地を潤して物を生えさせ、芽を出させて、
種まく者に種を与え、
食べる者にかてを与える。
11 この様に、わが口から出る言葉も、
むなしくわたしに帰らない。
わたしの喜ぶところのことをなし、
わたしが命じ送った事を果す。
12 あなたがたは喜びをもって出てきて、
安らかに導かれて行く。
山と丘とはあなたに前に声を放って喜び歌い、
野にある木はみな手を打つ。」
【口語訳聖書 1954】






にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 民俗・民族学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
編集 / 2010.07.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
ゴム紐付きの玉葱
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
ある玉葱おじさん:
体にゴム紐が付いている様で、決して成長せず、試しに陣痛的苦痛を払ってでも脱皮を図るが、ちょっと先でもうボヨ~ンと、もとの苦く病んだ加虐中毒症状に戻ってしまうその繰り返しな玉葱さんがいます。幾ら剥いても、玉葱のままです。本当なら、その時々が一見どう受け取られようと、主に近づいていて、舞い戻る所はない筈で、本質が変えられた者なら、何度剥がしても玉葱でい続ける事は無く、蕾から花から実...という一方通行の遍歴な筈が、本当に生まれ変わり、主人に向かって行けてるかたち。こうして、解る。ゆえなく無実の兄弟を憎む?、主を愛し乍ら出来ない。



タグ:会った事もない、事実上何も知らないネットの先のある人物を自分の不満の捌け口にして危害を加えずにいられない、退行した、病んだ人です。どうして、実際に会った事もない誰かに対してあんなに攻撃的になれるのか、...末端が完全に魔王の操り人形になって、感情もコントロー

***


John 7:18 
    He that speaketh of himself seeketh his own glory: but he that
seeketh his glory that sent him, the same is true, and no
unrighteousness is in him.
ヨハネ7:18
 自分から出たことを語る者は、自分の栄光を求めるが、自分を使わされた
方の栄光を求める者は真実であって、その人の内には偽りがない。
【口語訳聖書 1954】


Matthew 18:16
    But if he will not hear thee, then take with thee one or two more, that
in the mouth of two or three witnesses every word may be established.
マタイ18:16
 「もし聞いてくれないなら、ほかにひとりふたりを、一緒に連れて行きなさい。 
それはふたりまたは三人の証人の口によって、
すべてのことがらが確かめられるためである。」
【口語訳聖書 1954】

&
Deuteronomy 19:15
   One witness shall not rise up against a man for any iniquity, or for any sin,
in any sin that he sinneth: at the mouth of two witnesses, or at the mouth
of three witnesses, shall the matter be established.
申命記19:15
 「どんな不正であれ、どんな事柄であれ、すべて人の犯す罪は、ただひとりの証人
によって定めてはならない。 ふたりの証人の証言により、または三人の証人の
証言によって、その事を定めなければならない。」
【口語訳聖書 1954】

***

Matthew 12:34L
    ... for out of the abundance of the heart the mouth speaketh.
マタイ12:34後
 ...おおよそ、心からあふれることを、口が語るものである。
【口語訳聖書 1954】

Proverbs 6:16-19 
6   These six things doth the LORD hate: yea, seven are an
abomination unto him:
7   A proud look, a lying tongue, and hands that shed
innocent blood,
8   An heart that deviseth wicked imaginations, feet that be
swift in running to mischief,
9   A false witness that speaketh lies, and he that soweth
discord among brethren.
 
箴言6:16-19
6 主の憎むものが六つある。
いや、主ご自身の忌み嫌うものが七つある。
7 高ぶる目、偽りの舌、
罪のない者の血を流す手、
8 邪悪な計画を細工する心、
悪へ走るに速い足、
9 まやかしを吹聴する偽りの証人、
兄弟の間に争いをひき起こす者。
【新改訳聖書 1973】

Isaiah 55:8-12
8   For my thoughts are not your thoughts, neither are your ways my
ways, saith the LORD.
9   For as the heavens are higher than the earth, so are my ways higher
than your ways, and my thoughts than your thoughts.
10  For as the rain cometh down, and returneth not thither, but watereth
the earth, and maketh it bring forth and bud, that it may give seed to the
sower, and bread to the eater:
11  So shall my word be that goeth forth out of my mouth: it shalll not
return unto me void, but it shall accomplish that which I please, and it
shall prosper in the thing whereto I sent it.
12  For ye shall go out with joy, and be led forth with peace: the mountains
and the hills shall break forth before you into singing, and all the trees of the
field shall clap their hands.
イザヤ55:8-12
「8 わが思いは、あなた方の思いとは異なり、
わが道は、あなた方の道とは異なっていると
主は言われる。
9  天が地よりも高いように、
わが道は、あなた方の道よりも高く、
わが思いは、あなた方の思いよりも高い。
10 天から雨が降り、雪が落ちてまた帰らず、
地を潤して物を生えさせ、芽を出させて、
種まく者に種を与え、
食べる者にかてを与える。
11 この様に、わが口から出る言葉も、
むなしくわたしに帰らない。
わたしの喜ぶところのことをなし、
わたしが命じ送った事を果す。
12 あなたがたは喜びをもって出てきて、
安らかに導かれて行く。
山と丘とはあなたに前に声を放って喜び歌い、
野にある木はみな手を打つ。」
【口語訳聖書 1954】



編集 / 2010.07.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
水爆実験??Youtubeから7つ
カテゴリ: ◇YouTube / テーマ: Global Information / ジャンル: ニュース

World's Nuclear Tests that are already done a long time ago:
世界の過去形水爆実験七つ。:

1,First Chinese Hydrogen Bomb Test:
ht tp://www.youtube.com/watch?v=YW3FBN2zfdk&feature=related

2, Chinese Nuclear Test:
http://www.youtube.com/watch?v=7aJ9PnO_n_M&feature=related

3, First British Hydrogen Bomb Test:
http://www.youtube.com/watch?v=zLFRIiflSgU&feature=related

4, Russian Tsar Bomb:
http://www.youtube.com/watch?v=LxD44HO8dNQ&feature=related

5, Hydrogen Bomb? 1:
http://www.youtube.com/watch?v=gmYpz9e4k8E&feature=related

6, Hydrogen Bomb? 2:
http://www.youtube.com/watch?v=etu5zGWwZTw&feature=related

7, Five Biggest Nukes:
http://www.youtube.com/watch?v=MakNe6aqgMg&feature=related





編集 / 2010.07.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【忘れない説教 その1】: AFFLICTIONS,THE GEM-MAKER: "Isaiah54:11-12" & "Formation of Gems&Pearls"
カテゴリ: ◇Sermons & Audio Transcripts / テーマ: Christianity / ジャンル: ライフ

【忘れない説教 その1】: by Lance Lambert at Richmond



"Isaiah54:11-12" & "Formation of Gems&Pearls"
GEMS



Isaiah 54:11-12
11 O thou afflicted, tossed with tempest,
and not comforted,
behold, I will lay thy stones with fair colours,
and lay thy foundations with sapphires.
12 And I will make thy windows of agates,
and thy gates of carbuncles,
and all thy borders of pleasant stones.

&
Matthew13:44-45


======= Formation of Gemstones and Pearls =======

["gemstones", process, formation]
International Gem Society:
www.gemsociety.org/info/igem17.htm


-One of the principles of crystalization:
"As the temperature of a liquid drops, the amount of solid ingredients it can
hold in suspension drops as well."
-" it takes the proper combination of pressure and temperature for
minerals to crystalize."
-"Two other conditions are needed for crystalization; time and space."
& "They all need room to grow
."
-" The chemical rich fluid supplies the necessary ingredients &
The cavity offer space to grow,and the temperature and pressure are
high
."
"As the fluid moves through the crust, it cools enough for cxrystalization to
occur."
"=Time is required.
-...This is a highly tumulutous environment:
The passages are constantly opening and collapsing.
・ Often crystals start to form, and then the passage feeding the
fluid is closed off.
・ At this point, all growth stops.
・ -If the passage reopens, growth will begin again. "
" Often this on and off growth pattern is undetectable in a
crystal."

"At other times, the successive layers of growth will have a slightly
different chemical composition.
When this happens, you see colour zoning in the crystal.
-In some occasions, the new layers will have different orientation.
This is the cause of twinning.
Still other times, the new layers will not bond completely with each other.
When you see parting on s star ruby, it is because the layers did not
bond."

[Emphases & arrangements of the lines & rephrasings = by me]

====================

["pearls", process, formation]
"How do oysters make pearls?"
- HowStuffWorks
As the oyster grows in size, its shell must also grow.
The mantle is an organ that produces the oyster's shell, using minerals from
the oyster's food. The material
created by the mantle is called nacre. Nacre lines the inside of the shell.
­The formation of a natural pearl begins when a foreign substance slips
into the oyster
between the mantle and the shell, which irritate­s the
mantle
. It's kind of like the oyster getting a splinter.
【 => Re: "2 Corinthians 12:2-10; " =
Blogger's Insertion
The oyster's natural reaction is
to cover up that irritant to protect itself.
The man­tle covers the irritant with
layers of the same nacre substance
that is used to create the shell
.
This eventually forms a pearl.

So a pearl is a foreign substance covered with layers of nacre.

[Emphases & 【Insertions】 = by me] 






にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 民俗・民族学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
編集 / 2010.07.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【復刻】EXERPTSx4 from "Churches of God"-
カテゴリ: ◇Bible Studies/聖書研究
[First Posted on 2010-07-18 21:16:28][Reposted on 2010-07-27 22:17:00-ish]

Church & Churches vol.1

1, EXERPTS from
"Prophecy's Last Word: -An Exposition of the Revelation-"
Frederick A. Tatford,D.Litt., [p.158].
1947, Pickering & Inglis Ltd., London.

2, EXERPTS from
"Believers' Unity: -Organizational or Spiritual?-"
Theodore H. Epp, [pp.69-70].
1971,The Good News Broadcasting Associations, Inc.,
"Back to The Bible Broadcast, Lincoln, Nebraska.

3, EXERPTS from
"Churches of God: -A Treatise For The Times-"
G.H. Lang, [pp.96-97].
1959, The Paternoster Press, London.:

4, RELATED SCIPTURAL ACCOUNTS (unexhaustive)
[ ヨハネ15:20,25 - 16:1-3 ; 1 コリント 4:9 ; ヘブル 10:30-33 ; ルカ 21:10-19 ; イザヤ書 59:13-15 ; 黙示録12:12-17. ]

_______________________________________________

1, EXERPTS from "Prophecy's Last Word: -An Exposition of the Revelation-"
by Frederock A. Tatford,D.Litt., [p.158].

" The age which these saints lived was peculiarly one when falsehood reinged. The Man of Sin will come "with all power and sign and lying wonders" (Greek, pseudos), deceiving the masses, who, under a divinely-permitted delusion, will "believe the lie" (Greek, to pseudei). Counterfeits of God and His Christ will be the object of universal worship: falsehood will prevail. In the midst of such conditions, in the mouths of the 144,000 was found "no lie" (Greek, pseudo). During the millenium, Zephaniah declares that "The remnant of Israel shall not do iniquity, nor speak lies, neither shall a deceitful tongue be found in their mouth."1 Already the character of that day was evidenced in the Tribulation saints: "in their mouth was found no lie."
They were indeed "without blemish." It is not that they were sinless, but that they had refused to listen to the blasphemous seductions of the evil dupes of Satan or to conform to the will of the Beast or of the False Prophet. As regards the worship of the Beast, they were faultless.
Well might the Christian of the present day find a pattern in these saints of another age. The world is still inimical to spirituality and to God; evil is at liberty and falsehood prevails. The true disciple of Christ will turn with loathing from the boasting and blasphemous pretentions with which he is so often confronted, refusing to sacrifice principle for advantage or comfort; and determining to follow none but the One who is the Truth as well as the Life and the Way."
1 Zeph. 3.13

2, EXERPTS from "Believers' Unity: -Organizational or SPiritual?-"
by Theodore H. Epp.
Chapter 3
The One World Church

[pp.69-70]

-How They Operate-
" The great emphasis on organizational unity can be illustrated from the Bible itself. In Genesis 11 there is a record of a similar movement, partly religious and partly political with an enphasis on unity. God's Word says, "And the whole earth was of one language, and of one speech. And it came to pass, as they journeyed from the east, that they found a plain in the land of Shinar(=the present day "China":inserted by blogger); and they dwelt there. And they said one to another, Go to, let us make brick, and burn them throughly. And they had brick for stone, and slime had they for mortar. And they said, Go to, let us build us a city and a tower, whose top may reach unto heaven; and let us make us a name, lest we be scattered abroad upon the face of the whole earth"(vv.1-4). Important background to Genesis 11 is given in verses 8-10 of the previous chapter: "And Cush begat Nimrod: he began to be a mighty one in the earth. He was a mighty hunter before [literally, "against"] the Lord. And the beginning of his kingdom was Babel, and Erich, and Accad, and Calneh, in the land of Shinar." Nimrod's kingdom was so corrupt that in Genesis 11 there was an endeavor to establish a world state in opposition to divine rule. The people wanted to produce a unity so tightly knit that even God could not interfere.
In Genesis 11:3 it is said that "they had brick for stone, and slime had they for mortar." From this we can get a significant application. Brick are made according to one mold; thus, today's eccumenical movement wants every denomination, church and individual to conform to its mold. However, believers are living stones(I Pet. 2:5) and do not fit into the form of the world.

Also, there is much application to be drawn from the fact that at the tower of Babel they used slime instead of mortar - they used a substitute cohesive. The uniting force in true spiritual unity is the Holy Spirit. But He does not unite that which is made according to man's mold. Only those who have received Jesus Christ as Saviour are sealed by the Spirit and have this spiritual unity. The best that natural man can do is to attempt to produce a substitute unity.

3, EXERPTS from "Churches of God: -A Treatise For The Times-"
by G.H. Lang.
1959, The Paternoster Press, London.


[pp.96-97]

" These measures require much spiritual vigour for their successful application, whereas excommunication is too often but the resort to force by those who are officially powerful but morally impotent, and this not by any means in the Church of Rome alone.
The bitterness, strife, and chaos which have been the direct outcome of mutual excommunication challenge the method as being not of the Lord. The misguided brother is seldom recovered; most frequently the evil is aggrevated rather than cured, and so other conditions are induced worse than the error itself.
Upon this question we have dwelt at length, because, if we mistake not, it will become increasingly urgent in the future. The present affiliating of denominations is likely to issue finally in a vast corporate religious organizations which will fulfil the requirements of Rev.17, and which will be wholly not of God; it will result in the enlightened and faithful children of God now in the bodies in question being forced out of them in loyalty to religious forces, he will work untiringly to divide the people of God further by hindering the unity of those who are really Christ's; one of his old and trusted weapons will be mightily employed, namely, persuading saints that agreement in creed is more important than brotherly love, that seeing eye to eye must take precedence over the possession of a common family life and is of greater moment than devotion to Christ and His interests. It deserves to be most widely known, as a fact not open to question, that the requiring acceptance of specified doctrines as a test for Christian fellowship did not obtain until several generations later than the apostles. Dr. Hatch has indicated that the practice was derived from the Greek schools of philosophy,1 an anti Christian origin, sufficient to condemn the practice as heathen and human, not Divine and Christian."

1 Hibbert Lectures - The Influence of Greek Ideas and Usages upon the Christian Church (330 et seq.)



4、RELATED SCIPTURAL ACCOUNTS


John 15:20,25-16:1-3
If ye were of the world, the world would have loved his own: but because ye are not of the world, but I have chosen you out of the world, therefore the word hateth you.
...

But this cometh to pass, that the word might be fulfilled that is written in their law, Thay hated me without a cause.
...
These things have I spoken unto you, that ye should not be offended.
They shall put you out of the synagogues: yea, the time cometh, that whosoever killeth you will think that he doeth God service.
And these things will they do unto you, because they have not known the Father, not me.
ヨハネ15:20,21,25-16:1-3
「 わたしがあなたがたに『僕がその主人にまさるものではない』と言ったことを、覚えていなさい。
  もし人々がわたしを迫害したなら、あなたがたをも迫害するであろう。
  また、もし彼らがわたしの言葉を守っていたなら、あなたがたの言葉をも守るであろう。
  彼らはわたしの名のゆえに、あなたがたに対してすべてそれらのことをするであろう。
  それは、わたしをつかわされた方を彼らが知らないからである。
  ...
  それは、『彼らは理由なしにわたしを憎んだ』と書いてある彼らの律法の言葉が成就するためである。
  ...
 わたしがこれらのことを語ったのは、あなたがたがつまづくことがないためである。
人々はあなたがたを会堂から追い出すであろう。
 更にあなたがたを殺す者がみな、それによって自分たちは神に仕えているのだと思う時が来るであろう。
 彼らがそのようなことをするのは、父をもわたしをも知らないからである。」
【口語訳】
「 これらのことをあなたがたに話したのは、ああなたがたがつまづくことのないためです。
 人々はあなたがたを会堂から追放するでしょう。事実、あなたがたを殺す者がみな、
 そうすることで自分は神に奉仕しているのだと思う時が来ます。
 彼らがこういうことを行うのは、父をもわたしをも知らないからです。」
【新改訳】


I Corinthians 4:9
For I think that God hath set forth us the apostles last, as it were appointed to death: for we are made a spectacle unto the world, and to angels, and to men.
1 コリント 4:9
「わたしはこう考える。 神は私たち使徒を死刑囚のように、最後に出馬する者として引き出し、こうしてわたしたちは、全世界に、天使にも人々にも見世物にされたのだ。」
【口語訳】

Hebrews 10:30-33
For we know him that hath said, vengeance belongeth unto me, I will recompense, saith the LORD. And again, The LORD shall judge his people.
t is a fearful thing to fall into the hands of the living God.
But call to remembrance the former days, in which after ye were illuminated, ye endured a great fight of afflictions;
Partly, whilst ye were made a gazingstock both by reproaches and afflictions; and partly, whilst ye became companions of them that were so used.
ヘブル 10:30-33
「「復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と言われ、また「主はその民を裁かれる」と言われたかたを、わたしたちは知っている。
 生ける神の御手のうちに落ちるのは、恐ろしいことである。
 あなたがたは、光に照らされたのち、苦しい大きな戦いによく耐えた初めのころのことを、思い出してほしい。
 そしられ苦しめられて見世物にされたこともあれば、このようなめにあった人々の仲間にされたこともあった。」
[口語訳]


Luke 21:10-19
Then said he unto them, Nation shall rise against nation, and kingdom against kingdom:
And great earthquakes shall be in diverse places, and famines, and pestilences; and fearful sights and great signs shall there be from heaven.
But before all these, they shall lay their hands on you, and persecute you, delivering you up to the synagogues, and into prisons, being brought before kings and rulers for my name's sake.
And it shall turn to you for a testimony.
Settle it therefore in your hearts, not to meditate before what ye shall answer:
For I will give you a mouth and wisdom, which all your adversaries shall not be able to gainsay or resist.
And ye shall be betrayed both by parents, and brethren, and kinsfolks, and friends; and some of you shall they cause to be put to death.
And ye shall be hated of all men for my name's sake.
But there shall not an hair of your head perish.
In your patience possess ye your souls.
ルカ 21:10-19
「 それから彼らに言われた、「民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。
 また大地震があり、あちこちに疫病やききんが起り、いろいろ恐ろしいことや天からの物すごい前兆があるであろう。
 しかし、これらのあらゆる出来事のある前に、人々はあなたがたに手をかけて迫害をし、会堂や獄に引き渡し、
 わたしの名のゆえに王や総督の前にひっぱって行くであろう。
 それは、あなたがたがあかしをする機会となるであろう。
 だから、どう答弁しようかと、前もって考えておかないことに心を決めなさい。
 あなたの反対者の誰もが抗弁も否定もできないような言葉と知恵とを、わたしが授けるから。
 しかし、あなた方は両親、兄弟、親族、友人にさえ裏切られるであろう。
 また、あなた方の中で殺されるものもあろう。
 また、わたしの名のゆえにすべての人に憎まれるであろう。
 しかし、あなたがたの髪の毛一すじでも失われることはない。
 あなたがたは耐え忍ぶことによって、自分の魂をかち取るであろう。」
[口語訳]
「 それから、イエスは彼らに言われた、「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、
 大地震があり、方々に疫病やききんが起こり、恐ろしいことや天からのすさまじい前兆が現れます。
 しかし、これらのすべてのことの前に、人々はあなたがた捕らえて迫害し、会堂や牢に引き渡し、
 わたしの名のために、あなたがたを王たちや総督たちの前に引き出すでしょう。
 それはあなたがたのあかしをする機会となります。
 それで、どう答弁するかは、あらかじめ考えないことに、心を定めておきなさい。
 どんな反対者も、反論もできず、反証もできないようなことばと知恵を、わたしがあなたがたに与えます。
 しかしあなたがたは、両親、兄弟、親族、友人たちにまで裏切られます。
 中には殺されるものもあり、
 わたしの名のために、皆のものに憎まれます。
 しかし、あなたがたの髪の毛一筋も失われることはありません。
 あなたがたは、忍耐によって、自分のいのちをかち取ることができます。」
[新改訳]


ISAIAH 59:13-15
In transgressing and in lying against the LORD, and departing away from our God, speaking oppression and revolt, conceiving and uttering from the heart words of falsehood.
And judgment is turned away backward, and justice standeth afar off: for truth is fallen in the street, and equity cannot enter.
Yea,truth faileth; and he that departeth from evil maketh himself a prey. And the LORD saw it, and it displeased him that there was no judgment.
イザヤ書 59:13-15
「 われわれは、そむいて主をいなみ、
 退いて、われわれの神に従わず、
 しえたげと、そむきとを語り、
 偽りの言葉を心にはらんで、それを言いあらわす。
【英語欽定訳では、
 「主に対して罪と嘘とをもってなし、神から遠ざかり、
  圧迫と反乱を口にして、
  心の中で芽生えた、偽りの言葉を口に出す。」】
 
And judgment is turned away backward, and justice standeth afar off:
for truth is fallen in the street, and equity cannot enter.
Yea,truth faileth;
and he that departeth from evil maketh himself a prey.
  公平うしろに退けられ、
  正義ははるかに立つ。
  それは、真実は広場に倒れ、
  正直は、はいることができないからである。
  真実は欠けてなく、
  悪を離れる者はかすめ奪われる。
【英語欽定訳では、
 「また、正義は退去させられ、公平ははるかかなたに立ちすくむ。
  それは、真実が公道で倒され、平等は出番がない。
  そうである、真実が倒される; 
  そして、悪から遠ざかる者自身が、餌食になっている。」】
主はこれを見て、
公平がなかったことを喜ばれなかった。
主は人のないのを見られ、
仲に立つもののないのをあやしまれた。
それゆえ、ご自分のかいなをもって、勝利を得、
その義を持って、おのれをささげられた。」
[口語訳]


Revelation 12:12-17
Therefore rejoice, ye heavens, and ye that dwell in them. Woe to the inhabiters of the earth and of the sea! for the devil is cast down unto you, having great wrath, because he knoweth that he hath but a short time.
And when the dragon saw that he was cast unto the earth, he persecuted the woman which brought forth the man child.
And to the woman were given two wings of a great eagle, that she might fly into the wilderness, into her place, where she is nourished for a time, times and half a time, from the face of the serpent.
And the serpent cast out of his mouth water as a flood after the woman, that he might cause her to be carried away of the flood.
And the earth helped the woman, and the earth opened her mouth, and swallowed up the flood which the dragon cast out of his mouth.
And the dragon was wroth with the woman, and went to make war with the remnant of her seed, which kept the commandments of God, and have the testimony of Jesus Christ.
[King James Version]
黙示録12:12-17
それゆえに、天とその中に住む者たちよ、
大いに喜べ。
しかし、地と海よ、
おまえたちはわざわいである。
悪魔が、自分の時が短いのを知り、
激しい怒りをもって、
おまえのところに下ってきたからである。」
龍は、自分が地上に投げ落とされたと知ると、男子を産んだ女を追いかけた。
しかし、女は自分の場所である荒野に飛んでいくために、
大きなわしの二つの翼を与えられた。
そしてそこでへびからのがれて、一年、二年、また、半年の間、養われることになっていた。
へびは女に後ろに水の川のように、口から吐き出して、女をおし流そうとした。
しかし、地は女を助けた。すなわち、地はその口を開いて、龍がその口から吐き出した川を飲み干した。
龍は、,女に対して怒りを発し、女の残りの子ら、すなわち、神の戒めを守り、イエスのあかしを持っている者たちに対して、戦いをいどむために,出て行った。
[口語訳聖書1954]


編集 / 2010.07.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
《転載》『探偵による集団ストーカー犯罪、その2』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》


他から・・・
探偵社の悪行に関するネット上の報告

最近、ネット上では探偵社が故意に人権を侵害して、精神的苦痛を与える被害が多数報告されています。 これらの報告の真偽を確かめて事実を明らかにすることは、探偵社を含む調査業界の信頼回復だけではなく、日本の治安回復の観点からも非常に重要であると考えられます。 
そこで、まずはモラルのある日本国民がこれらの被害の概要を理解し易いように、多数ある報告例を整理しましたので、ご参照下さい。

1.精神的苦痛を与える行為の目的
目的は主に次の項目に分類されるが、何れも社会秩序を無視し自己都合を優先させる利己的なものである。
  (1)営利目的 :リストラ代行・復讐代行・いましめ屋などの請負業 (秩序を乱す反社会的行動)
  (2)自衛目的 :探偵社自身に歯向かう者への攻撃 (利己的な虐待行為)
  (3)宣伝活動1:容疑が確定していない者のネット上での見せしめ (利己的な正義)
  (4)宣伝活動2:ネット上での架空の犯罪のでっち上げ  (名誉毀損)
  (5)暇つぶし :尾行や追い込みなどの練習、単なる興味本位 (嫌がらせ、いじめ)
  
2.精神的苦痛を与える行為の手口
 ①被害者(家族を含む)に対して直接精神的苦痛を与えるもの
  A1~A5の複数の手口を使用して、被害者に常に監視されていると意識させることで長期間に渡り精神的ストレスを与える陰湿な人権侵害行為

 ②被害者周辺の人間を利用して間接的に与えるもの
  B1~B2の手口のように同僚・友人・近所と言った被害者周辺の人間に対して、被害者の悪評を吹き込む、被害者が原因であると思わせるトラブルを引き起こすなどで、社会的に孤立や疎外されることを狙った計画的な人権侵害である。

 (A1)集団による過剰な尾行 (ストーカー行為)
 (A2)盗聴、盗撮、ハッキングによる監視行為  
 (A3)尾行・監視等を言葉によるほのめかし行為 (会話に混ぜる、ネット上への書き込み、噂を流す等)
 (A4)尾行・監視を動作によるほのめかし行為  (携帯で仲間に連絡するふり、デジカメで盗撮するふり等)
 (A5)バイク、自動車、ヘリ、セスナー等による威圧や、騒音・振動によるほのめかし行為

 (B1)被害者周辺への対人工作 (風評被害、孤立化)
 (B2)被害者を陥れるトラブルの自作自演 (社会からの疎外化)
強調(色)=by このBlog のhost(ess)】

被害者が孤独と精神的苦痛に苦しむ状況に耐えきれなくなり、自殺に至るケースも報告されている。
尚、ほのめかし行為とは、例えば尾行中に知り得た情報を被害者の近くでわざと会話に織り交ぜて聞かせることで、周囲には知られずに被害者にだけ尾行をしている事実を分からせて精神的な動揺をさそったり、抑圧するなどの行為である。

3.被害が公にならない理由
これらの被害はネット上では多数報告されているにも関わらず、公にはなっていない。 この理由は、次の通りである。

  (1)日本人の人権侵害に対する意識が低い
    ①人権侵害に対する法整備が不十分
    ②人権侵害が犯罪であるとの警察の意識が低く、捜査してくれない
    ③人権侵害が犯罪であるとの被害者周辺の意識が低く、公になり難い

  (2)調査業を規制する行政上の法律がない
    ①探偵社の業務内容に関する取り締まりがない
    ②現行法の範囲内で明らかに違法と判断されない巧妙な手口が使用されている (但し、社会的モラルには反している)

4.加害者の構成(推測)
精神的苦痛を与える行為の加害者の構成は、次の様に推測される。 
集団的ないじめが根ざす日本社会では人権侵害に対する意識が低く、深く考えず参加する者が多く存在していると思われる。 



以上は著者ご自身のご意見と思想を尊重し《コピペ》によって転載させていただいていますが、言う迄も無く、私の《コピペ》は全て、あくまでも参考と情報提供の為であり、意見の完全な同意を意味するものではありません。





編集 / 2010.07.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》『2Channel 集団ストーカー情報』x3
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
 
以下は著者ご自身のご意見と思想を尊重し《転載》によって転載させていただいていますが、言う迄も無く、私の《コピペ》は全て、あくまでも参考と情報提供の為であり、意見の完全な同意を意味するものではありません。


2Channel より《転載》
◇◆◇◆

1, 【7 :被害者:2009/05/17(日) 23:13:13 ID:k5th6GE90】 さん @
   http://www.unkar.org/read/mamono.2ch.net/company/1240208243
   『集団ストーカーの情報をメールでもらいたいです。』

2, 1 :備えあれば憂い名無し:2008/02/11(月) 11:02:44 ID:wErNCAGh0】 さん @
  http://blog.seesaa.jp/gwt/x?guid=on&source=m&u=http%3A%2F%2Fgimpo.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1202695364/l50&wsi=9b79fb12655baeab&ei=ZIhOTIWnBpnQuQOUuPntCg&wsc=ti&ct=pg1&whp=30
   暴力団・探偵・興信所による集団ストーカー:』

3, 【13 + 1:名無しさん@お腹いっぱい。[] 09/09/25(金) 22:40:02 ID:Lsc/tQfD(3)】 さん @
   http://read2ch.com/r/koumei/1253854035/
   『《集団ストーカーの真実》続きその2』

7 :被害者:2009/05/17(日) 23:13:13 ID:k5th6GE90
スレを立てた「1」さま
私も集スト被害歴数年になる者です。メールで情報交換したいのですが、ここ数年で
自分なりに調査、検証した結果、個人情報を明かすには、どうしても越えられない一線
がありますので、レスのみでご容赦ください。
私の経験からいいますと、集ストされる原因は取るに足らない、本人に関わる小さな
「事実」だと思われます。会社には多くの集スト実行予備軍がおり、彼らは今まで
、信仰や所属団体を隠してきたはずですが、現在、お互いのカミングアウトにより結束を強めている
ようです。あなたが、その「予備軍」のだれかに嫌われたり、嫉妬の対象だったりすると、攻撃が始まることがあります。
その攻撃を正当化するため、彼らは上司や役員などにあなたの立場を悪くするために、あれこれあげつらう。

彼らの本意を知らない上司らは、「破壊分子」としてレッテルを張り、指揮権により監視などを命令、嫌がらせも黙認。
一種のリストラ工作ですが、退社後も追いかけるのは、あなたを不当に追い込んだ犯罪的行為が会社ぐるみだということの
漏えいを防ぐためだと思われます。これら一連の集ストに関わった人間たちは、
みずからの行為がばれて不利益をこうむるなら、自殺してほしいを考えているはずです。
子供じみて非常にバカらしいと思うでしょうが、あと先なく、犯罪的行為に着手する人間などは
皆、この程度です。
要するに、わずかな事が知らないうちに、大げさで多人数の関わることとなっているのです。
詳しいことは言えませんが、私の身の回りでは、人間関係の分断、断絶のため、ほのめかし、
ありもしない事実を多くの人間に告知することにより、「危険人物」に仕立て上げるのに血道をあげているようです。
もちろん、実行者は「プロ」の工作員と工作員が集めた「事情を知らない」協力者です。
警察他、通報できる機関には先回りし、被害届けは出さないが相談などを持ちかけ、
「頭がおかしい」という認識を刷りこみ、刑事事件への発展阻止に対する配慮も忘れていないようです。

8 :StalkerBaster:2009/05/17(日) 23:37:52 ID:wiL1xes40
>>7さん。
ようやくまともなレスがつきましたね。
あなたの推測どおりの可能性が非常に高いです。
というか私の推測とほぼ同じことを書いてますが。
連中はネットを盗聴していて、私がどこに何を書いたかもわかっているようです。
私が匿名掲示板で被害告発をすると、かならずその直後に「被害妄想」「統合失調症」
などのレスをつけてきます。
連中は執拗に私を統合失調症にしたがってるらしくそのことについて粘着してきます。

メールで交信を試みましたが、怪しい人間ばかりメールを送ってくるのでやめました。
なんかあったらここを情報交換の場所にしましょう。


2,

このページはgimpo.2ch.netをお使いのブラウザに合わせて変換したものであり、Googleが内容を保証するものではありません。
コンテンツの一部はスキップされています。
1ページ目へ移動
暴力団・探偵・興信所による集団ストーカー

1 :備えあれば憂い名無し:2008/02/11(月) 11:02:44 ID:wErNCAGh0
暴力団が運営する悪徳探偵や犯罪行為代行業者などが行う
集団ストーカー」について語るスレです。

リストラストーカー 探偵を使った企業等の組織ストーカー犯罪

http://www.geocities.com/risutora_kousaku/
ストーカー代行サイト
http://garbage.web.infoseek.co.jp/pcp/honbun/st/top_fset.html

500 :備えあれば憂い名無し:2010/04/12(月) 01:35:40 ID:CXm4Gak60
子供の頃、大人によく言われていたこと
それは同和地区に足を踏み入れて、やっかいなことに巻き込まれ
人生を棒に振った人のことだった
被差別部落民 つまりは同和(朝鮮ヤクザ組織)を頭にやっている
悪魔的犯罪行為 それが集団ストーカーだ
これらは、ターゲットを孤立させるように周りに働きかけ
友人をも失わせる工作をするし、職場環境を意図的に悪化させるよう
工作するよ。電話一本でね。
犯罪者は姿をみせずとも、声だけで、ターゲットを痛めつけることを
するのさ そして最終的には自殺させるように誘引していくのさ
これらの頭は同和に間違いない。同和と一言でいうが暴力団だよ
金と暇があるだろ そして日本で民族的団結力がある
そいつらが、悪い噂を流して無害であるターゲット、たった一人を
精神的 肉体的 社会的に追い込んで、抹殺する工作なのさ
精神病患者に仕立て上げるのも、奴らのシナリオさ
これらは、被害者が声をあげないといけないよね
そして証拠も必要、ICレコーダーや 高価だが隠しカメラを買ったり
して、普通ではない行為を記録して世に出す。
これしかないな、盗聴は日常茶飯事だから、それらの防備も必要だ
だから、金がかかってしょうがない やっかいな場所に引越しし
やっかいな民族に遭遇し、その後は県外に引っ越しても、奴ら朝鮮人は
全国に硬いネットワークを構築しているから、
同じ集団ストーカーは、何年何十年と続くとおもっといた方がいい
これは日本のシステムに問題があるな
奴らはいわば戦勝国民だと言って、日本が敗戦した後、大暴れした愚連隊
といわれた戦後。そして現在は暴力団だが、それらの家族や同和らと
仲間だからな。そいつらが、裏工作して、ターゲットが住んでいる地域や
行く銀行 郵便局すべてに、手を伸ばして、あらぬ悪い噂を流し
人権と自由を平気で侵害しているんだよ。これらに対処するには
引きこもり しかないね、職場や派遣先にまで 嫌がらせするからな
電話でさ。恐ろしい民族だぜ
だから日本国民は 毎年3万人以上の自殺者も出るってことよ
ようするに、同和地区を私たちの年齢の人間は知らないよな
年寄りは自分たちの身の安全を確保するため知っていたけどね
集団ストーカー嫌がらせ 悪い噂を流し、間接的にターゲットを苦しめて
死に追いやる、民族集団には、「日本人に対しては心はない」ってこと
間接的に精神的に追い詰め 社会から抹殺、殺すことを目的にしているからだよ
人の心はない。と思っていいな 集団間接的モラルハラスメントだからさ


501 :備えあれば憂い名無し:2010/04/16(金) 18:29:20 ID:ZavZlFsb0
12 :没個性化されたレス↓:2010/04/13(火) 14:36:19
自分の知る範囲の集団ストーカー工作の特徴です。
加害者の集スト動機は自己中による被害者への逆恨み、ねたみ、嫉妬の類(実は被害者に非が無い)、
加害者の生来の性格による面白半分。加害者の自己中都合による。など
加害者の目的は被害者の死。その過程において人生を狂わす事。
被害者が社会人の場合は、食べていけなくする為に、嫌がらせにより失職させ、その後就業妨害を永遠に続けます。
職場の工作パターンは、複数で実施する作業を被害者独りに押しつけ、その業務の評価は低くみせる設定する。
逆に工作員は独りで楽勝の作業を複数で実地し、その業務の評価を高みせる設定をする。
工作員の作業はマイペースで自己中の都合で自由に実施し、逆に被害者へはそのしわ寄せを押しつける。
このパターンが職を持つ被害者に多い。被害者は失職者の場合は当然遠慮なく、このスレや関連スレで
被害者が書き込んでいる被害状況が(社会人時代よりも)エスカレートします。



3,
http://read2ch.com/r/koumei/1253854035/

より《コピペ》


13 + 1:名無しさん@お腹いっぱい。[] 09/09/25(金) 22:40:02 ID:Lsc/tQfD(3)
《集団ストーカーの真実》続きその2
〓加害者の種類〓
〇悪意のある人間
〇一方的な恨み・企みがある人間
〇利害関係のある人間
〇思惑がある人間
〇偏った正義感を持った人間
〇無知な人間
〇悪評を信じてしまった人間
〇付き合いで仕方なく加担してる人間
〇仕事の関係で加担している人間
〇悪意のないボランティア精神の人間
様々な人間が混在しているが、悪意・恨み・利害・思惑・企みのある人間が指揮・扇動している

〓集団ストーカーの段階〓〇創価工作活動の末、創価学会員が創価批判者(ターゲット)を特定する
〇ターゲットをあらゆる工作活動で犯罪者に仕立て上げる〇創価学会員と暴力団員が悪評を様々な組織または個人に流す
〇その中で地元議員や警察にも悪評を流し、表向きの防犯パトロールの連携を促す
〇様々な機関に悪評を流すと共に批判者の盗聴・盗撮等をし情報を得て批判者の周辺を調べ工作し孤立化させ物質的破壊工作や精神的破壊工作を繰り返し長期に渡って行う
〇ターゲットの行動を把握し本格的に集団ストーカーを始める 〇犯罪者に仕立て上げられ悪評を流され繰り返し物質的・精神的に破壊工作され不安定になり疑心暗鬼になったターゲットを誰も被害者だとは思わない


強調=by this blog host】





編集 / 2010.07.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》『Witch Hunts: from Communists to Muslims』by Paul Labarique
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
logo-voltairenet.gif 

The United States Leviathan
Witch Hunts: from Communists to Muslims
by Paul Labarique


From the beginnings of the 20th century, the United States has forged
its national unity based upon the denunciation of an internal enemy.
The communists occupy a privileged place among the targets of this
witch hunt, which also include anarchists, citizens of Japanese descent,
homosexuals and atheists. The U.S. Federal Government created gigantic
structures of repression coordinated with employer militias. This
constant violence against scapegoats is today aimed at Muslims.

Beginning with the September 11, 2001 attacks, the United States has
registered an important increase in attacks against Muslims as well as
discrimination in the hiring of Muslim, Arab or Sikh workers. In a report
published in May of 2004, the Council on American Islamic Relations
(CAIR), an important US-Muslim organization,
registered 93 cases of racist crimes in 2003 - more than twice as many
as in 2002.

The phenomenon is not new: over the 20th century, the United
States has suffered waves of violence directed against supposed
“internal enemies”, all with the blessing and even the complicity of the
Federal Government.


In 1917, President Woodrow Wilson entrusted his former electoral
campaign director, George Creel, with the leadership of the first modern
organism of state propaganda: the Committee on Public Information
(CPI) that defined the methods to manipulate the masses that were
later applied by Goebbels in Germany and Tchakotin in the USSR.


Their mission was to convince citizens, using State media as support,
that it was necessary to enter the First World War, thereby investing
the nation’s entire resources.


To this end, Creel compounded a form of nationalism, submitting the
country to a witch hunt against all those who could be suspected of
not being sufficiently patriotic: those that for moral or religious
reasons rejected the war, Americans of German origin,  immigrants,
communists, and those that escaped the draft. Once the conflict was
over, the State xenophobia not only went against the immigrants, but
also against
political opponents.

The United States suffered a serious economic crisis during the
reconversion of the war economy to one of peace. In January of 1919,
some important strikes took place, mainly in Seattle where 60,000
workers paralyzed all activity. They were immediately qualified as “Reds”
and accused of fomenting a coup d’état. The mayor of the city, Ole
Hansen, announced that the town had 1,500 policemen and federal
agents to destroy the movement. Under the threat of a bloodbath,
the strikers returned to work.

JPEG - 5.4 kb
John Edgar Hoover
, FBI Director from 1924 to 1972


The episode introduced a new method to treat social demands and
political opponents. Soon after a series of attacks attributed to
anarchists in 1919, the US Attorney General, A. Mitchell Palmer,
invented the myth of the “Red Scare”. To fight against this internal
threat a political police force - the General Intelligence Division (GID)
whose objective was to reveal “Bolshevik plots” - was created within
the FBI to identify and imprison or deport the culprits.

. . . . . .


PLEASE READ THE REST AT
VOLTAIRENET.ORG
http://www.voltairenet.org/article136482.html

編集 / 2010.07.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》【+翻訳随時訂正】:『アメリカのテロ対策関係者85万人・中に悪化勢力スパイ増加』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》 / テーマ: Global Information / ジャンル: ニュース

 [英訳(随時改良あり): by BLOG管理人
 
-Last amended at 01:20; 3rd, August, 2010.

 
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10591182894.html#cbox

進化社会

2010-07-24
アメリカのテロ対策関係者85万人 中に悪化勢力スパイ増加
Americans Involved in the Counter-Terrorism Acts Rose to 850,000
Within it are increased number of moles from the "Depraved" the Diabolical and Destructive  Forces

テーマ:総合
Theme: General Articles 
 
 アメリカの有力紙、ワシントン・ポストは19日、アメリカ政府の諜報活動について、2年にわたる取材の結果を特集記事で伝えた。その中で、アメリカ政府は、9年前の同時多発テロ以降、テロリストへの対応を強化した結果、テロ関連の最高機密情報を扱う機関は大幅に増えて、政府と、政府から委託を受けた民間の機関をあわせて3000を超え、その拠点はアメリカ国内だけで、およそ1万か所に上ると伝えた。また諜報活動のための去年の予算は、9年前の2.5倍余りの日本円にして6兆5000億円に上り、活動に当たる関係者は、首都ワシントンの人口の1.5倍のおよそ85万人。元政府高官は、ワシントン・ポストの取材に対して「プロジェクトの数が多すぎて誰も全体を把握できていない。アメリカが、より安全になったかどうかすら確認できない」と話している。記事の中で、去年の12月にアメリカを飛行中の旅客機の中で起きたテロ未遂事件などを例にあげて、事前の情報が生かされなかったのは、組織が巨大化したことによる連携不足が原因だとして、諜報機関の整理統合の必要性を指摘。
  A major American Newspaper, Washington Post has completed its efforts of the past 2 years investigating American government's Intelligence gathering projects, and has compiled and published the outcome of the efforts in its special article.  
   The report says that during the past 9 years since the terrorists attacks on the Twin Tower, the American government has enforced its defence strategies and as a result, the number of organizations which dealt with the highest security intelligence relating to terrorsm has increased unanimously, that both governmental and non-governmental organizations which received the order rose to over 3,000, with the stations designed for the activities numbered around 10,000 within the U.S.A soil only. 
   Also, the budget towards the Intelligence gathering for the last year rose by 2.5 times more than 9 years ago, which was 日本円にして6兆5000億円, the number of individuals involved with this action increased by 1.5 times within the same frame to approximately 850,000.   Then-Secretary in the government spoke to Washington Post, "No one is able to grasp the whole picture of it because of too many projects being run for it. We cannot even claim that the situation in the U.S.A. has improved by it or not either."  In the same article, it also states that adding the reflection of the attempted terrorists attack in the American passenger plane which took place in December last year, that the Intelligence Organization needs more reorganizing and cooperation since it failed to prevent the incident because of its inability to pass on the information in time due to the inflamed size of the project itself, resulting failure of the smooth flow of information.


9.11同時多発テロ(September 11)

 部落在日軍は、9.11同時多発テロは、Al-Qaedaだけでなく、Bush政権やユダヤ勢力の陰謀だったと宣伝し、情報を配信した。そこでインターネットに、そのようなページが氾濫している。それにユダヤ側から説明や反論が無いから、多くの日本人は、そう思っている。部落在日軍の主張が正しいかどうかユダヤ勢力が説明してもらいたい。 
   Alien population militias within Japan and their groups have been propagating to the Japanese citizens that the 9/11 terrorists attack was not done by Al-Qaeda, but by the Bush Government and the Jewish Hierarchy who conspired it.  Becauese of this, we see a flood of web pages that back it up. The Japanese population now believe it  because we hear no objection or explanation from the Jewish side at all.  We would love to hear the explanations regarding this whether the assertion of those populations inside Japan as above are truthful or not.


[ RELATED LINKS:
-International Jerusalem Post
-Haaretz
-ARUTZ
-DebkaFile ]
【=Added by Blogger】


アメリカ版情報省?DHS Department of Homeland Security
DHS Department of Homeland Security

 アメリカ国土安全保障省(アメリカこくどあんぜんほしょうしょう、U.S.Department of Homeland Security、DHS)は、アメリカ合衆国連邦政府の組織の1つである。 テロリストの攻撃と自然災害から国土の安全を守るために、2002年11月に設立された。 
   DHS,Department of Homeland Security is one of the United States' governmental organizations, established in November, 2002, for the purpose of Protection of the Americans within its soil from Terrorists attacks and  Natural Disasters.

 しかしテロ対策より、悪化勢力に反対する人達を監視したり、脅迫する、その他のおかしな行動で注目されるようになった。 
   However, it became more obvious that instead of defending people from terrorists attacks, it started to surveillancing people who are against the "depraved" forces, and then by using intimidation and other dubious activities against them.

 DHSの秘密を最初に暴露したのは、日本の女社長だ。今では、部落在日軍が、DHSのすべてを暴露し、裏で日本の情報省と似たことをしていると言いふらしてる。  
   The first person who exposed the secrets of DHS was a japanese female CEO.  By now, every segment of alien populations inside Janan claim to be exposing all about the DHS, and are boasting that they are now ably doing things clandestinely only what the Intelligence Ministry usually does.

 情報省は、『警察やマスコミ各社の受付をスパイで押さえている。悪化技術を回収した技術者は、届けに訪ね、警察やマスコミの受付で門前払いされた。そこで装置をFBIに届けようと渡米した。その技術者は、DHSの捜査官に入国を阻止され、強制送還された。その後、技術者は、大使館にVisaを申請したのに、DHSは拒絶した。』などと広報してきた。スパイ捜査官がテロを応援するのか、DHS全体がテロを応援するのか、調査する必要がある。  
   The Intelligence Ministry has been making a public comment as,"the spies are controlling the Police Force and Mass Media. A technician who went to the Police Dept. and the Media to had in the bugging systems they have removed were rejected at the entrance.  So the person left to the U.S.A. in order to pass the device to the F.B.I. instead.  The technician was then refused to make the entry clearance by the DHS Security officer at the port, and was forced to be sent back to Japan.  The technician then visited the American Embassy in Japan to obtain the Visa for the purpose but again the DHS had the request refused." 
  There is a need to investigate whether the Spy inspector or the whole DHS that is supporting terrorists.
 

 [英語翻訳(随時改良あり)+ Emphasis: by BLOG管理人]   



(続きはリンク先で確認して下さい:『進化社会』 http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10591182894.html#cbox )





編集 / 2010.07.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
私たちが載っていた。
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】

  今は情報も研究も進んでいて、とある大手留学ヘルプFIRMの記事が、十数年前の私達の事に少し触れた紹介をホームページに加えて出してくれてあり、驚きました。

  私が かの国へ発った20年程前にはこの様な斡旋も少なく、殆ど全て自分達だけで手配していました。私の場合も当時のタイプライター(ワープロではない)で手紙を打って何箇所にも郵送しました。
その頃のマナーで、国際返信切手をその都度同封していました。
  全てから、親切な返事と共に要求した必要資料と情報を、同じくタイプライターの手紙を添えて送られました。
全て自分で探し、辿り着くまでの各町の宿泊施設も半分は発つ前に決めました。 到着後の変更もあり、移動も増えましたし、目当てのスポット2箇所の観光を数日しておいて、全てを始めることにしましたバッド(下向き矢印) 
 

  一旦帰国して大切な家族とビッタリの後、1-2年で戻るつもりでしたが、人生予測できません。
人生予測出来ない事が、実は大きな祝福なのですが、いつもいつもそうは解らない私たちの毎日です。


 
一文無しで辿り着いてやってる人達もよく居ます(実は随分居ました)。
(お金を理由に妬むのは間違いです。 お金ではないからです。)


編集 / 2010.07.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
[追加]最高裁判所判事竹内行夫氏の『私の好きな言葉 』から思ったこと。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

  前回の総選挙には、是非投票に行きたいと思っていて、資料を読んでいたのでよく覚えているのですが、最高裁判所判事竹内行夫さんの 『私の好きな言葉』 として以下の癒しの一句が載っていました。
  守ってあげなくてはならない、大切な、大切な家族が居て、事情から投票には行きませんでしたが、
(今回行かなかった理由はまた別にある。)
あの頃の最高裁選挙の竹内さんの自己紹介から、初めてこの一句を知りました。

  ところで、私が、これを初めて読んで、ついでに集団ストーカーのターゲットとして思ったことがあり、それをここで紹介させていただきます。


  竹内さんの 『私の好きな言葉』 とは:

   清流に 石を投げれど 水清し

 私が、これを読んで、被害者の感想として思ったのは、こうでした:

   清流に 石を投げすぎ 水詰まる!
 または、
   清流も 投石過ぎれば 流れ絶え。 
[石ころ集団投入の事。]
[また、冤罪もこれです。]


P/S: 今回行かなかった理由は、今回は、くじ引きが正しいやり方なのではないかと思った。
一端そう思えてきたら、行けなくなった。(行きたくなくなった)



最高裁判所の裁判官

(信条,趣味など)

◆ 裁判官としての心構え

 職責の重さを常に認識し,人間の尊厳を基盤にしつつ社会秩序の維持・発展に資する
公正で公平な裁判を行うよう努めます。問題の本質が細部に宿り得ることを忘れず,
一件一件に全力を傾注して取り組んでいきます。

◆ 好きな言葉

 「人間の尊厳」

 「清流に石を投げれど水清し」

 「中庸,居易」,「克己」といった言葉も,思い浮かべます。







編集 / 2010.07.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
聖書にある【嘘】についての【最初の箇所】と【最後の箇所】。
カテゴリ: ◇Daily Bible Verses/日毎の聖句

【UNFINISHED RESEARCH】


✧      ✧

【嘘】に付いて:『聖書』から
What the Bible says about Liars
✧      ✧

[N/B.: This is an incomplete article & ongoing searches on several other original words of the close meanings are under way!]  

  The first place in the Bible where the word "lie(s)" appears (in Authorised Version) is in Leviticus 6:2, where it reads:

First Mention of "lie(s)/liars" in the Bible
聖書で最初に『嘘(つき)』の語がでてくる箇所

Genesis 3:1
The word "lie" is not used in Genesis 3:1, however, this is the very first incident when a creature "acted" deception.


Leviticus 6:1-5
1 " And the LORD spake unto Moses, saying,
2  If a soul sin, and commita trespass against the LORD, and lie unto his neighbour in that which was delivered him to keep, or in fellowship, or in a thing taken away by violence, or hath deceived his neighbour;
3  Or have found that which was lost, and lieth concerning it, and sweareth falsely; in anyof all these that a man doeth, sinning therein:
4  Then it shal be, because he hath sinned, he is guilty, that he shall restore that which he took violently away, or the thing which he hath deceitfully gotten, or that which was delivered him to keep, or the lost thing which he found,
5  Or all that about which he hath sworn falsely; he shall even restore it in the principal, and shall add the fifth part more thereto, and give it unto him to whom it appartaineth, in the day of his trespass offering.

..."

レビ記6:1-5
1  主はまたモーセに言われた、
2 「もし人が罪を犯し、主に対して不正をなしたとき(N/B:英語の欽定訳聖書では「嘘をついて/騙して)となっている。)、すなわち預かり物、手にした質草、またかすめた物について、その隣人を欺き、あるいはその隣人をしえたげ、
3 あるいは落し物を拾い、それについて欺き、偽って誓うなど、すべて人がそれをなして罪となることの一つについて、
4 罪を犯し、とがを得たならば、彼はそのかすめた物、、しえたげて(N/B:英語の欽定訳聖書では「騙して」となっている。)取った物、預かった物、拾った落し物、
5 または偽り誓ったすべての物を返さなければならない。すなわち残りなく償い、更にその五分の一をこれに加え、彼が愆祭をささげる日に、これをその元の持ち主に渡さなければならない。

✧      ✧ 

  By the way, the last 3 verses the word "lie(s) & liar(s)" is found are in the last page(s) at once, which are in Revelations 21:8 ; 27 ; & in 22:15, as follows:

Last 3 verses with "lie(s)/liar(s)" in the Bible
聖書で最後に『嘘(つき)』の語がでてくる箇所

Revelations
21:8
" But the fearful, and unbelieving, and the abominable, and murderers, and whoremongers, and sorcerers, and idolaters, and all liars, shall have their part in the lake which burneth with fire and brimstone: which is the second death."

21:8 
「 しかし、おくびょうなもの、信じない者、忌むべき物、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、全て偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である。」【口語訳聖書1955】
21:8 
 「しかし、おくびょう者、不信仰の者、憎むべき者、人を殺す者、不品行の者、魔術を行う者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者どもの受ける分は、火と硫黄との燃える池の中にある。これが第二の死である。」【新改訳聖書1981】

21:27
" And there shall in no wise enter into it any thing that defileth, neither whatsoever worketh abomination, or maketh a lie: but they which are written in the Lamb's book of life."

21:27
「 しかし、汚れた者や、忌むべきこと及び偽りを行う(N/B:英語の欽定訳聖書では「虚偽を作成する者」となっている。)者は、その中に決してはいれない。入れる者は、子羊のいのちの書に名をしるされている者だけである。」【口語訳聖書1955】
21:27
「 しかし、すべて汚れた者や、憎むべきことと偽りを行う(N/B:英語の欽定訳聖書では「虚偽を作成する者」となっている。)者は、決して都に入れない。子羊のいのちの書に名が書いてある者だけが、入ることができる。」【新改訳聖書1981】


22:15
15 " For without are dogs, and sorcerers, and whoremongers, and kmurderers, and idolaters, and whosoever loveth and maketh a lie.
16  I Jesus have sent mine angel to testify unto you these things in the churches. I am the root and the offsprig of David, and the bright and morning star.
17  And th Spirit and the bride say, Come. And let him that is athirst come. And whosoever will, let him take the wter of life freely.
18  For I testify unto every man that heareth the words of the prophecy of this book, If any man shall add unto there things, God shall add unto him the plague that are written in this book:
19  Ad if any man take away from the word of the book of this prophecy, God shall take away his part out of the book of life, and out of the holy city, and from the things which are written in this book.
20 He which testifieth these things saith,
Surely I come quickly.
Amen.
Even so, come,Lord Jesus.
21  The grace of our Lord Jesus Christ be with you all.
Amen." [King James Version] ➠ ➠ ➠ ➠ ➠ ➠ ➠

22:15
「15 犬ども、まじないをする者、姦淫を行う者、人殺し、偶像を拝む者、また、偽りを好みかつこれを行う者はみな、外に出されている。
16 わたしイエスは、使いをつかわして、諸教会のために、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしは、ダビデの若枝また子孫であり、輝く明けの明星である」。
17 御霊も花嫁も共に言った、「きたりませ」。また、聞く者も「きたりませ」と言いなさい。かわいている者はここに来るとよい。いのちの水がほしい者は、値なしにそれを受けるがよい。
18 この書の預言の言葉を聞く全ての人々に対して、わたしは警告する。もしこれに書き加える者があれば、神はその人に、この書に書かれている災害を加えられる。
19 また、もしこの預言の書の言葉を取り除く者があれば、神はその人の受くべき分を、この書に書かれているいのちの木と聖なる都から、とり除かれる。
20 これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。アァメン、主イエスよ、きたりませ。
21 主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように。」【口語訳聖書1955】
〔"Amen." は何処に行ったのでしょう??☝v.19☝〕
22:15
「15 犬ども、魔術を行う者、不品行の者、人殺し、偶像を拝む者、好んで偽りを行う者はみな、外に出される。
16 「わたしイエスは、御使いを遣わして、諸教会について、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしはダビデの根、また子孫、輝く明けの明星である」。
17 御霊も花嫁も言う、「来てください」。これを聞く者は、「来てください」と言いなさい。渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。
18 私は、この書の預言のことばを聞く全ての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。
19 また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分をとり除かれる。
20 これらのことをあかしする方がこう言われる。「しかり、わたしはすぐに来る」。アーメン。主イエスよ、来てください。
21 主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。アーメン。」【新改訳聖書1981】

✧      ✧






編集 / 2010.07.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》ナチ猟奇性集団ストーカー『他板からの「コピペ」はここへ書き込め!』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

 


*以下は著者ご自身のご意見と思想を尊重し《転載》によって転載させていただいていますが、言う迄も無く、私の《転載》は全て、あくまでも参考と情報提供の為であり、意見の完全な同意を意味するものではありません。


他板からの「コピペ」はここへ書き込め!
Google Search Result : 2ch2
より《コピペ》:


他板からの「コピペ」はここへ書き込め!名無しさん@ストーカー被害
--------------------------------------------------------------------------------
1:ぴろゆき@"管理人" 01/01 16:11 ID:oEMw5XeY
(04/01/02 00:54 ID:Mn3gBsKkだけに公開)
--------------------------------------------------------------------------------
3:名無しさん 07/10 20:07 ID:E9Nc980I
98 名前:文責・名無しさん 2006/01/18(水)13:04:44
アメリカでは政府の盗聴がニュースになるだけ日本よりまだましなのかも知れない
182 名前:文責・名無しさん 2006/01/25(水)01:07:52
おそらく、暇なのと仕事を減らしたくないから
どうしても必要以上の濡れ衣をきせて
永久監視が必要とか言うレポートでも出しているのでしょう
いわゆる正義感とはちょっと異質の意識を持つ人達
人を見下したいか、優位に立ちたいと言う気持ちが強いのでしょう。
監視とか盗聴をする人間の心理とは、そう言う物だと思います。
210 名前:文責・名無しさん 2006/01/26(木)20:41:43
盗聴・盗撮ばかりしてたら、精神やられて当然だろ
やる方も、やられる方も精神蝕まれる
だから、やる方が悪い
当たり前だが
--------------------------------------------------------------------------------
4:名無しさん 07/10 22:00 ID:E9Nc980I
565:文責・名無しさん:2006/02/13(月)11:02:18
集団ストーカー行為は、ある風評などを鵜呑みにした一般市民が、犯罪抑制などと言った大義名分のもとに協力しているので、なかなか発覚して来ないのでしょう。 省14
「有ること・無いことの証明」の二元論だけに陥っているところに、問題はありませんか?
市民に噂をまかせて、まずくなったら集団ストーカー行為をやらせると言った、システムに問題がある訳で
加担している分、例え集団ストーカー行為が有ったとしても市民は何も言えず、
無かった事として、市民の手で握り潰されてしまいます。

集団性の恐ろしいところですね。
市民がやらされている事に気がつかなければ、改善しないでしょう。

歯のチップに関しても医者は加担しているので「有る」とは言えない。
実際この国で行われています。

(レス内に難しい漢字があった為一部省略しました)
--------------------------------------------------------------------------------
5: 07/10 22:28 ID:dhj8WdR2
人間同士の問題どころか、小動物の虐待なんか平気でやってるらしいし、それをまたストーキングに使うってんだから、集団ストーカーは最低だ
--------------------------------------------------------------------------------
6: 07/11 16:23 ID:DfQVumiE
11 名前:文責・名無しさん 2006/01/11(水)19:46:56
固定観念で被害者を更に闇に追い込む人間は生きる資格もない
拉致など無いと言っていた時代と一緒
日本は戦争に負けないと言っていた時代と大して変わってないんだ
日本人の感覚は。
61 名前:文責・名無しさん 2006/01/15(日)02:09:08
マスコミ業界人って退化した人類の見本みたい
--------------------------------------------------------------------------------
139: 11/07 22:26 ID:tUMkELOg
集スト工作員は、集団ストーカーという卑劣な犯罪を行っているような連中なので、
その性質は極めて救い難く、また哀れな程の低脳ぶりを発揮していますが、工作員本
人達はそれに気付いていないようです。
また集スト工作員は、被害者が何の抵抗も出来ないのをいい事に、いい気になって嫌
がらせ(犯罪行為)を仕掛けて来ます。
集スト被害者も含めた通常の人達は、相手が犯行(嫌がらせ)を続けているからと
言って、自分もそれに対抗して犯罪行為に走る事はありません。
--------------------------------------------------------------------------------
155: 03/14 21:46 ID:2OgGkTE6
心理攻撃ほど醜いものはない。
彼奴らは一人残らず、最終審判にて法廷に引きずり出されるべきだ。
コソコソと醜い醜悪さをひけらかしても、
後々ろくな事はないだろう。
今は被害者を食い物にしながら悦楽に浸っていてもだ。
それとももう、息も絶え絶えだから余裕が無くなっているのだろうか?
だから絶え間なく粘着度がエスカレートしているのか?
どのみちご都合主義の固まりに幾ら責められても、
何の説得性もなく、嫌悪感が走るだけだ。
何故ああも醜悪さを誇示しながら平気なのだろうか。
特殊な精神構造と頭の構造をしていなければ出来ないことだ。
--------------------------------------------------------------------------------
157: 05/27 12:46 ID:2sHQWD1Q
●集団ストーカー発生地域=活動拠点一覧(更新11)
省20
東京都:品川区・世田谷区(二子玉川)・東村山市・小平市・武蔵村山市・西東京市(旧田無市・旧保谷市)
    武蔵野市(吉祥寺)・杉並区(荻窪)・新宿・日活撮影所(付近)・立川・練馬
北海道:苫小牧・恵庭・札幌・釧路・函館
京都府:四条河原町
大阪府:梅田・茨木・大阪市・守口市
埼玉県:所沢市・さいたま市
神奈川県:横浜市・川崎市・厚木市
千葉県
青森県
滋賀県
愛知県:名古屋市
奈良県
岐阜県
宮城県:仙台市・登米市
広島県
山口県:下関市(山野田)
兵庫県:神戸・姫路・加古川
沖縄県 石垣島
--------------------------------------------------------------------------------
216: 05/27 13:15 ID:2sHQWD1Q
14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 18:31:42 ID:???
『仏罰』の実態に関するここまでの纏め。 省12
--------------------------------------------------------------------------------
217: 05/27 13:15 ID:2sHQWD1Q
22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 22:21:49 ID:???
『仏罰』が単なる世迷言や脅しではなく人為的で組織的なハラスメント活動であり、
さらに『権力ハラスメント』として疑念が浮上しつつあります。
この場合の権力とは政治権力あるいは統治権力に近いものと言えます。

『仏罰』という政治権力を背景とした組織的ハラスメント活動が、
社会の裏面で進行しているとするなら、これは『権力犯罪』ということになります。
また、この『権力犯罪』を実行する人間や加担者らの意識はどうなっているのでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------
218: 05/27 13:15 ID:2sHQWD1Q
23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 22:32:04 ID:???
『仏罰』の知られざる実態から、『仏罰対象者』は本人の知らない間に反社会的人物や虞犯性の高い人物に仕立て上げられ、
近隣や地域社会などから当該人物を警戒し敵視し反感を持つように、巧妙な情報操作が行われているものと推定できます。
この情報操作は所謂『風説工作』と一致します。
つまり巧妙な情報操作によって善良な市民の正義感を逆手にとって利用し、知らない間に『仏罰』≒『権力犯罪』に加担していくという図式が見えてきます。
加担者のほとんどはこのケースに街頭するものと言えます。
では『権力犯罪』の実行者は?
これは組織ハラスメント活動のプロであろうと推定できます。
つまり『イヤガラセ』を生業としているような人間達とでもいいましようか。
--------------------------------------------------------------------------------
219: 05/27 13:16 ID:2sHQWD1Q
32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 14:01:29 ID:???
『仏罰』に関する正確無比な解析から、その様々な実態が浮上してきます。

 ●『仏罰』は『政治権力』を背景とした組織的ハラスメント活動である。
 ●組織構成員は商売上の利害関係、己の保身や我が身可愛さ、女房子供の身の安全からその活動に加担していく。
 ●組織構成員は『仏罰』に加担しなければ自分がその対象者にされていくことへの恐怖心
 ●『仏罰対象者』とはカルト的呪縛世界に対してNo!を突きつける者がターゲットにされる
 ●『仏罰』『地獄』の実態が正確無比に解剖されればされていくほど、
  無関心を装い回避しそ知らぬ振りして頬かむりしてアンタッチャブル化していく。『仏罰』の実態についてはさらなる解析が進められていくことでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------
222: 05/27 13:17 ID:2sHQWD1Q
37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 13:26:16 ID:???
●周囲から排除されていく。
 ※組織的ハラスメント活動による自治会・近隣への『風説流布』による被害者のパージ。
●収入と支出のバランスがくずれ生活苦に陥る。
 ※組織的ハラスメント活動によるさまざまな生活妨害。
  例えば不法侵入による家具・食器・電化製品の破壊や、飲食物への薬物・異物混入による食品類の絶え間ざる更新。
●病気になってもまともな診療行為がなされず、不適切な処方による病状の悪化、他の病気の併発。
 ※組織的ハラスメント活動と医療従事者らによる不適切な診察行為や処方による疾病回復遅延の企図
  あるいは被害者を言いくるめて臓器の摘出に同意させる。正常な臓器にも関わらず悪化していると騙して摘出していく。
  摘出した臓器は組織ハラスメント活動によって移植に廻され『御利益』を実現する。
●金品財産の盗難・詐欺。
 ※組織的ハラスメント活動による『巧妙な不法侵入』による窃盗、業者を騙った詐欺。

以上から、『仏罰』の目的たる『頭破七分』が、実は人為的な工作活動として成立しえることが見えてきます。
--------------------------------------------------------------------------------
223: 05/27 13:17 ID:2sHQWD1Q
38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 13:37:21 ID:???
さて、『仏罰』の目的たる『頭破七分』の解析によって、
これらが所謂『集団ストーカー活動』の手口と一致していることが浮上しつつあります。
すなわち、
ガスライティング・ブライティング・ノイズキャンペーン・ストリートシアター・ほのめかしなどの精神錯乱テクニック、
追跡・待伏・盗聴盗撮・不法侵入・風説流布・薬物異物などの主たる手口。
さらに医療機関・自治会・防犯関連・警察などの関係機関などを巻き込むことによって、
ナチス的猟奇性の発露としての『頭破七分』が行われると想定してみます。
この想定からどのようなことを導き出せるかを少し考えてみたいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
224: 05/27 13:18 ID:2sHQWD1Q
39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 13:58:20 ID:???
●『仏罰』の実現手段たる『頭破七分』の解析

ナチス的猟奇性の発露としての『頭破七分』が、実は集団ストーカーサービスの諸々のテクニックとさまざまな関係機関を巻き込んだものであると想定した場合、
これは一種の国家総動員的な、あるいは社会的な総動員体制とも言えます。
現在、このような既存の社会的な存在を組み込んでひとつの目的の元に結集していく制度を考察していくと、
生活安全条例に基づく警察防犯ネットワーク活動へと至る事に気がつきます。

さて、この防犯ネットワーク活動関連が、ナチス的猟奇性の発露としての『頭破七分』に悪用されているとしたら、
これはとんでもない事態が水面下で進行しつつあることを物語ることになるはずです。
が、これについては確たる証拠がないため、ややもすると憶測の域をでないものとなります。
しかしながら、あらゆる業種業界から地域社会に至るまでを網羅する防犯ネットワーク活動関連が、
同様にあらゆる業種業界から地域社会に至るまで浸透しつつあるカルト的な一部勢力の支配権力による恣意的で手前勝手な信念や論理に基づく不適切な運用が、
絶対になされない保障もないことに気がつきます。

『仏罰』の実態についてのさらなる解析が進められていきます。
--------------------------------------------------------------------------------
225: 05/27 13:18 ID:2sHQWD1Q
40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 14:17:55 ID:???
●『仏罰』の実現手段たる『頭破七分』の解析その2

『仏罰』の実現手段たる『頭破七分』から見出される諸要素を以下に纏めて見ます。

●『頭破七分』が所謂『集団ストーカーサービス』が提供する諸々の精神錯乱テクニックと一致している点。
●社会的な総動員体制を可能足らしめる制度としての防犯ネットワーク活動関連の存在
●社会的な総動員体制を可能足らしめる組織形態を有するカルト的一部勢力とその政治的支配権力及び資本の威力

これらの諸要素から、『仏罰』の実現手段たる『頭破七分』が宗教用語で巧妙に隠蔽されたナチス的猟奇性の発露、
すなわち組織的ハラスメント活動という鬼畜行為が浮上してきます。
--------------------------------------------------------------------------------





編集 / 2010.07.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》『ANNEX-Ω』「混迷と混乱に陥っている日本の政治の行方」より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

以下は著者ご自身のご意見と思想を尊重し《転載》によって転載させていただいていますが、言う迄も無く、私の《転載》は全て、あくまでも参考と情報提供の為であり、意見の完全な同意を意味するものではありません。


《転載》
『ANNEX-Ω』
より。



[52737] これやこの ゆくもかへるも わかれては しるもしらぬも あふさかのせき 投稿者:琵琶法師 投稿日:2010/02/07(Sun) 19:04

不動明王 2010/02/06 13:46

混迷と混乱に陥っている日本の政治の行方を考える上で、平成維新ではなく平成無血革命の成功が決め手になるという説は、非常に画期的なものと思うが、タクサンドリアさんの意見はいかが?
  
 ↓
[政治評論家/平野貞夫 vs国際ジャーナリスト/藤原肇:
『無血革命』後の日本を展望/国民の政治選択に政治家はどう応える]
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/zaikai100201.html

toxandoria 2010/02/07 06:59
不動明王さま、コメントありがとうございます。


藤原先生の“平成維新ではなく平成無血革命の成功が決め手”という説は現代日本における政治状況の核心を抉っていると思います。問題は、“平成無血革命”の 原動力を提供した筈の多くの一般国民自身が、そのことを自らの問題として余り深く自覚していないことです。というより、大方のマスメディアが、一般国民がそう自覚できないように記者クラブ・ルートで扇動を行っていることです。


そこには、やはり旧自公連立政権(アンシャンレジーム)の恩恵に ドップリ浸かり、政権の番犬化してきた大方のマスメディアの国民に対する「マインドコントロール」の役割の問題があります。彼らは紛れもなくアンシャンレジームを補完する役目を担ってきたからです。しかも考えてみれば、よき番犬と化した忠実な犬は、すぐに代わった飼い主に馴れる筈がありません。


また、同じく旧政権の補完的役割(対国民・公的暴力強制機関)を担ってきた検察自体が何らかのモノに浸透され、汚染されていることが窺えます。本来、公的暴力強制の前提には「公正な客観的リアリズム認識の問題」があるはずですが、これが明らかに無視されています。それは恐らく“鶴タブー”などと呼ばれる一種のカルト宗教的な存在の影響かも知れません、あるいは別のカルト勢力かも知れませんが、実態はヤブの中です。または、それらプラス・アルファ―の複合汚染かもしれません。


このことについては、元・検察官、郷原信郎氏の話(下記ビデオ◆)をよく聞くと理解が深まるようです。ナゼこのような<常識的で客観的視点>をマスメディアが伝えようとしないのか、伝えられないかが大問題です。その意味で、今も、今までの日本にも正しい意味での民主主義がなかったと言えそうです。あったとしても、それは“きわめて貧相な民主主義”であったと言うべきでしょう。


◆検察の正義とは何か? 元・検察官、郷原信郎氏、http://ow.ly/14iDB


しかし、喩え日本の現実が“貧相な民主主義”であったとしても、それが仮にも“一応は民主主義”である以上は、今回の“無血革命”のための狭く幽かな入口が残っていたという訳です。おそらく、その“無血革命”という結果に最も驚嘆し、大きな脅威を感じたのは“その意外な結果”を“自らの意に反して”大々的に報じる羽目となったマスメディア自身であったと思われます。


今、マスメディアが検察の“関係者”(司法に巣食う旧権力・残滓のネットワーク端末)らと連携して叩き潰そうとする小沢一郎という政治家が悪か否かの問題は、一種の「現在における日本政治のリアリズム」のすり替えに見えます。小沢一郎が旧自民党時代に悪であったかどうかは全く別問題だと思われますし、そう思うべきです。このことには、例えば「侵略戦争についての罵り合い」の根拠を、双方の当事国が古代史あたりまで事跡を遡るような意味でのバカバカしさが付きまといます。


なぜなら、国民自身が、特に「小泉政権(小泉劇場・・・これもマスメディアが率先して煽った!)」以降の暴政の結果としてもたらされた、目前に拡がる余りにも悲惨な一般国民の生活を根本から変えるため、自らの一般意志で“平成無血革命の成功”を民主党に委ねたことは明らかだからです。ここにはタイムラインに沿った論理と因果の混同の問題という厄介な難題が隠れているようです。郷原信郎氏は、この点についての“現実的な矛盾”を鋭く突いていると思います。


このような 「政治リアリズム」の見方に対しては、論理のすり替えだ、巧妙な詭弁だとの批判もあることは承知しています。しかし、いったん国民自身が民主的に選択した “無血革命”である以上、それが成し遂げられなければ、再び悪意に満ちた弾圧と反動の嵐が自ら(弱者層)を襲うだけです。しかも、この国民自身の一般意志による選択(無血革命)は、いやしくも、あの疑似ヒトラー的な「小泉詐欺劇場」とは異なる“民主的なdue process”の結果なのです。


そして、これら必要以上の大混迷を今の日本にもたらした根本にあるのは、やはり藤原先生が指摘する「政教分離原則の不在」の問題です。その曖昧なままの放置が今になって日本の近未来へ深い影を落とし始めています。また、我われは、フランス革命のプロセスからも学べるように、それが“革命”である以上は、着地するまでの些かの苦労・矛盾は覚悟すべきだと思っています。


宗教が人間にとり大変に大切なものであることは論を待ちません。しかし、それが政治権力と絡んだ結果は人間の歴史の殆どの部分に限りなく深い陰と残酷な傷跡を残しています。が、それにもかかわらず同じ過ちを繰り返そうとする誘惑が民主主義国家の周辺に漂い続けています。

このようなことへの警告も含め、権力者の抑圧に苦しんできた一般国民とキリスト教による静謐な救済の意味を深く示唆するハンガリー映画(下記★)が公開されており必見です。


★『だれのものでもないチェレ』
過酷な運命の少女が見せるハンガリーの苦難と誇り、無垢な少女が触れた、残酷な “セカイ”
   http://www.pioniwa-selection.com/hungary/chere/
--------------------------------------------------------------------------------






編集 / 2010.07.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《コピペ》『赤外線透撮(透視)とはどういうもの』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《サイエンス・テクノロジー》



  数年前、家の周りの電柱が一度に数本立ち代りました。

それとほぼ同期して、周りの電灯がオレンジ-赤に近い色のものに変わってしまい、気味の悪い風景になりました。
少し離れれば真っ白の気持ちの良い色の電灯があります。

以下の記事を読みながら、この変化は家の室内を監視するのに大いに役立っていると言う予想がほぼ裏付けられた気持ちです - 勿論、こんな方法だけが使用されている訳ではありませんが...:



以下は著者ご自身のご意見と思想を尊重し《コピペ》によって転載させていただいていますが、言う迄も無く、私の《コピペ》は全て、あくまでも参考と情報提供の為であり、意見の完全な同意を意味するものではありません。
赤外線盗撮について


http://scanlock.hp.infoseek.co.jp/sekigaisen-tosatu.html

赤外線透撮(透視)とはどういうもの?

□  赤外線透撮(透視)は人の目に見えない赤外線(IR)と人の目に見える可視光線(波長が380nm~780nm)をコントロールすることによりカメラで透撮(透視)を可能にするテクニックです。

□  現在は販売されているデジカメやビデオカメラの殆ど全ての機種で画質改善のためレンズとCCDの間に赤外線カットフィルター(水晶板フィルターの機能を併せ持つフィルター)が装着され販売されていますが夜間や部屋の中など暗い所での撮影を可能にする為、レンズに入る光が非常に少ない場合は一時的に赤外線カットフィルターを外す切り替え機能が付くビデオカメラ(ソニー製ナイトショット機能付きビデオカメラなど)が存在します。
  この機能は夜間など可視光線が少ない場合でも建物や木々からは少なからず赤外線が出ている為、可視光線部分とCCDの持つ赤外線領域の感度を足し合わせる事により感度アップを図り、暗い場所での撮影を可能にするシステムです。またそれでもなお光が不足する場合はシャッタースピードをより遅くしCCDに入る光を受ける時間を長くする(露出時間を長くする)ことにより、更に感度を稼ぐ機能(スーパーナイトショット機能)を持った機種も有ります。

□  このナイトショット機能つきビデオカメラのレンズの前面に可視光線カット特性(通常、昼間ナイトショット機能をONにした場合には光量過剰になりハレーションを引き起こす)と赤外線透過特性を併せ持ったレンズ外付けタイプの赤外線フィルター(黒い色が付いたビデオカメラなどのレンズの前面に取り付けるフィルター)が販売されています。
この赤外線フィルターは昼間の日差しの強い時間帯や昼光色の光が出ている明るい所で使用します。特に太陽の光には様々な周波数の電磁波(赤外線領域から可視光線そして紫外線まで)が非常に強く放射されています。
  そこで昼間この赤外線カットフィルターを装着したビデオカメラで撮影すると赤外線がもつ特性で電磁波の波長が長い為、数ミリ程度の遮蔽物をも透過しその反射した赤外線の光だけを利用し透撮する訳です。この赤外線は布切れの様な薄い物で有れば十分透過(透視)させます。
また白い色の物よりは黒や赤、紺といった濃い目の色の生地に特に透過させ易い特性が有ります。
  昼間の強い日差しの中プールサイドやビーチで此れを使えば水着の中を透視盗撮(透撮)することが可能に成るわけです。

□  また室内など比較的暗い場所での透視盗撮(透撮)を試みる輩も一部に存在します。
  これは先ほどのカメラ前面に取り付ける赤外線フィルターと同様の物で可視光線のカット率を少し落としたタイプ(レンズの黒い部分が少し薄い)のフィルターを使用し、さらには最近のビデオカメラに内臓されれている赤外線カットフィルター(水晶板フィルターの機能も併せ持つフィルター(ローパスフィルター))を分解し、取り外した後、昼間の少し暗い場所でも赤外線撮影(透撮)仕様にカメラを改造するものです。
  室内などでは当然赤外線の量が不足します。そこでこの場合には赤外線照射器(赤外線ライトや赤外線LED、赤外線レーザなど)で強い赤外線を透視対象に向けて照射し、薄い衣服の裏側や下着などを積極的に透撮しようとする方法です。

赤外線透撮(透視)の見破り方

  一般のデジカメやビデオカメラや携帯に付属のデジカメなどのCCDやCOMSの前面に赤外線カットフィルターが付いた機種の場合でも赤外線領域にある程度の感度を有して居りますのでこれを利用します。
  身近に有るデジカメ付き携帯電話等でカメラ機能を起動させます。そしてモニター部分で辺りを見渡して見ると赤外線が出ている部分が白く輝いているのが分かります。その部分を肉眼で見てあまり明るくなく、赤い色が付いていればそれが赤外線の光源です。
おそらく其方の方向からカメラのレンズが向けられていますので次に其れを探します。
  最近はピンホールレンズタイプのカメラなども多く出回って居りますので虫眼鏡なども用意すると良いでしょう。そして出来るだけ白色の強い光を出す光源を斜め横から照らします。そうする事で比較的小さなピンホールであっても見つけ出し易くなります。
  また近頃ピンホールレンズ専用のカメラレンズ発見器(SpyFinder)なども通販等で販売されておりますので其方の購入も検討してみて下さい。ただしピンホールレンズ径が0.8mmを使用するRF SYSTEMのものは発見が難しい恐れがあります。また一部盗聴発見業者で強い赤外線を放射しピンホールレンズを目視で発見すると言う業者が存在しますが当社で実験した所レンズと赤外線放射の角度が0°でなければ発見できません(ソニー製HVL-IRCで実験済み)ので必ずこの機器で調査する様にして下さい。またCCD探知機(カムシーカー)や無線式盗撮カメラ発見器(WCS-99X2)なども有効でしょう。






編集 / 2010.07.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》『宗教団体内でのいじめ、隠蔽工作? 』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
《転載》from
弁護士ドットコム みんなの法律相談 いじめ・暴力その他


このページはsearch.bengo4.comをお使いのブラウザに合わせて変換したものであり、Googleが内容を保証するものではありません。
コンテンツの一部はスキップされています。 1ページ目へ移動
宗教団体内でのいじめ、隠蔽工作?


Andrewさん

ある宗派に属したいと願っていたところ、たまたま知り合った人がその教会所属であったために取り次ぎを願って会い始めました。その人はレバノン人でしたが、フランス人と偽って、偽名と偽の会社名で自己紹介をしていたことが後に判明。ストーカー行為と暴力と恐喝と裏での汚い商売の手先に利用されそうになりました。その件を教会責任者に相談したところ精神的苦痛を理由により、私は教会から立ち去るように通達されました。私もその精神的苦痛から、精神科に通院するようになりました。また、教会内で、聖職者の守秘義務が守られることがなく、周りの信者に私のことを悪く語っていたことが判明。悪いうわさが信者間に流布されました。その元はレバノン人と仲の良い人が元であると推測されます。2年間に渡り、私はその人(口をきいたこともない)やその周りの人から監視され、行動を教会責任者に携帯で報告されていました。
警察に行きましたが、精神病を理由に相談をしていた責任者が証言を拒否したために当のレバノン人を告訴することが難しくなりました。(年数が立っているため)と組織的な口裏あわせがあるため。犯罪者を匿い、被害者を事実無根なウワサで抹殺しようとした教会に対して憤りがあります。

慰謝料などは望んでいないのですが、責任者から謝罪を直接聞きたいと願っています。また、双方に誤解がある部分について、明白な釈明が聞きたいと願っています。第三者をいれての話し合いを申し出ているのですが、完全拒否されて、まるで、私がストーカーのように扱われています。

長上に相談したところ、病気を理由に教会責任者は移動させられましたが、私に対して、何の謝罪もありません。どのように処理したものか、アドバイスがいただけるとありがたいです。

マナ
質問番号 2152





編集 / 2010.07.10 / コメント:: 1 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
タクシーによる嫌がらせ
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
2010-07-06 02:16:38
いつも、夜中の2時や3時などに、わざわざうちの前で止まり、若い女の客を降ろすタクシーがいます。
これは随分知られているようです。
何年も前から、遅くに帰宅する悪い女の子達はうちの前でタクシーを止め、時間をかけて降り、後はそっとずっと先まで歩いていきます。

今夜は、ところが、降ろす客も無しのタクシーで、以前も夜に来手暫く止まっていた同人物のタクシーが、わざわざうちの前で電気をつけてエンジンの音を立て続けていました。




編集 / 2010.07.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【歌詞追加!】:わが青春『懐メロ』だぁ~~!《vol.1》:"The Revealing Science of God" by Yes
カテゴリ: ◇YouTube

2010-07-05 22:07:28

わが青春『懐メロ』だぁ~~!


YouTube :

"The Revealing Science of God" by Yes
-vzqk50
PART1 of 2:
 
http://youtu.be/_sMLkWOinBA




PART2 of 2:
http://youtu.be/TRONh5sm_yg



keko2messner

6 months ago 16

”Music died on December 31 1979”

SHRUTIS: The Revealing Science of God can be seen as an ever-opening flower
in which simple truths emerge examining the complexities and magic of the past
and how we should not forget the song that has been left to us to hear. The
knowledge of God is a search, constant and clear.



Dawn of light lying between a silence and sold sources,
Chased amid fusions of wonder, in moments hardly seen forgotten
Coloured in pastures of chance dancing leaves cast spells of challenge,
Amused but real in thought, we fled from the sea whole.
Dawn of thought transfered through moments of days undersearching earth
Revealing corridors of time provoking memories, disjointed but with
purpose,
Craving penetrations offer links with the self instructor's sharp
and tender love as we took to the air, a picture of distance.
Dawn of our power we amuse redescending as fast as misused
Expression, as only to teach love as to reveal passion chasing
Late into corners, and we danced from the ocean.
Dawn of love sent within us colours of awakening among the many
Won't to follow, only tunes of a different age, as the links span
Our endless caresses for the freedom of life everlasting.

Talk to the sunlight caller
Soft summer mover distance mine

Called out a tune but I never saw the face
Heard but not replaced
I ventured to talk, but I never lost my place

Cast out a spell rendered for the light of day
Lost in lights array
I ventured to see, as the sound began to play

What happened to this song we once knew so well
Signed promise for moments caught within the spell
I must have waited all my life for this
Moment moment

The future poised with the splendour just begun
The light we were as one
And crowded through the curtains of liquid into sun

And for a moment when our world had filled the skies
Magic turned our eyes
To feast on the treasure set for our strange device

What happened to wonders we once knew so well
Did we forget what happened surely we can tell
We must have waited all our lives for this
Moment moment moment

Star light movements,
Reasons release forward
Tallest rainbow
Sun shower seasons
Life flower reasons

They move fast, they tell me,
But I just can't believe that I can feel it
There's someone, to tell you,
amid the challenge we look around in unison with you

Getting over overhanging trees
Let them rape the forest
Thoughts would send our fusion
Clearly to be home

Getting over wars we do not mean
Or so it seems so clearly
Sheltered with our passion
Clearly to be home

They move fast, they tell me,
But I just can't believe they really mean to
There's someone, to tell you,
And I just can't believe our song will leave you
Skyline teacher
Warland seeker
Send out poison
Cast iron leader

And through the rhythm of moving slowly
Sent through the rhythm work out the story
Move over glory to sons of old fighters past.
Young Christians see it from the beginning
Old people feel it that's what they're saying
Move over glory to sons of old fighters past.

The move fast, they tell me,
But I just can't believe they really mean to
There's someone, to tell you,
A course towards a universal season

Getting over overhanging trees let them
Rape the forest, they might stand and leave them
Clearly to be home
Getting over wars we do not mean
We charm the movement suffers
Call out all our memories
Clearly to be home

We've moved fast
We need love
A part we offer is our only freedom

What happened to this song we once knew so well
Signed promise for moments caught within the spell
We must have waited all our lives for this
Moment moment

Past present movers moments we'll process the future, but only
To touch him we know, send flowered rainbows
That chased flowers of dark and lights of songs
To follow you, show all we feel for and know of, cast round,
Youth is the truth accepting that reasons will relive
And breathe hope and chase and love
For you and you and you

"ROUNDABOUT" :

http://www.youtube.com/watch?v=byeSPOIffVE



(Jon Anderson/Steve Howe)

I'll be the round about
The words will make you out 'n' out
I'll spend the day your way......
Call it morning driving thru the sound and
In and out the valley......

The muses dance and sing
They make the children really ring
I'll spend the day your way
Call it morning driving thru the sound and
In and out the valley.....

In and around the lake
Mountains come out of the sky
and they Stand there
One mile over we'll be there and we'll see you
Ten true summers we'll be there and
Laughing too
Twenty four before my love you'll see I'll be
There with you

I will remember you
Your silhouette will charge the view
Of distance atmosphere......
Call it morning driving thru the sound and
Even in the valley......

In and around the lake
Mountains come out of the sky
and they Stand there
One mile over we'll be there and we'll see you
Ten true summers we'll be there and
Laughing too ooo oo oo
Twenty four before my love you'll see I'll be
There with you

Along the drifting cloud the eagle searching
Down on the land
Catching the swirling wind the sailor sees
The rim of the land
The eagle's dancing wings create as weather
Spins out of hand

Go closer hold the land feel partly no more
Than grains of sand
We stand to lose all time a thousand answers
By in our hand
Next to your deeper fears we stand
Surrounded by million years

I'll be the roundabout
The words will make you out 'n' out
I'll be the roundabout
The words will make you out 'n' out........

In and around the lake
Mountains come out of the sky they
Stand there
Twenty four before my love and I'll be
There........

I'll be the roundabout
The words will make you out 'n' out
We spend the day your way
Call it morning driving thru the sound and
In and out the valley.... eh

In and around the lake
Mountains come out of the sky and they
Stand there
One mile over we'll be there and we'll see You
Ten true summers we'll be there and
Laughing too ooo
Twenty four before my love you'll see I'll be
There with you.....

Da da da da daaa da da
Da da da da daaa da da
Da da da da daaa da da
Da da da da daaa da da
Da da da da daaa da da
Da da da da daaa da da
Da da da da daaa da da
Da da da da daaa da da






編集 / 2010.07.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
《転載》FROM "Stop Electronic Weapons/Stop Gang Stalking"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
FROM "STOP ELECTRONIC WEAPONS / STOP GANG STALKING
http://www.stopeg.com/neighborsmurderers.html


Persistent gang stalking neighbors are criminals,
murderers and must be jailed
[Published: Juli 4, 2009. Updated: Juli 13, 2009, Juli 17, 2009]

   When a person is targeted by gang stalking and electronic harassment
often neighbors are involved and start cooperating with the attackers. The
attackers undeniably are criminals, murderers, what does this make the
neighbors actively and persistently participating in these crimes?
 
   Never co-operate with secret services. The first thing they do is turn you
into a murderer (by making you accessory to their crimes)

Involvement of neighbors in murder
A director of the Dutch secret service said some time ago that they do
   everything to protect their own personnel and agents. And that is just
what the cowards do. They use other people to do the gang stalking and
stay out-of-sight themselves. They use lies to get people like neighbors
to co-operate with them. Not knowing what to do, most neighbors do
the things they are asked to do. The second time they are asked the
neighbors are confused again and most will participate but after a while
they just do it.
   This is how the secret services network operates. They involve everybody,
including children, to get their job done. They do not tell the neighbors
they drive the target out-of-his-mind, into insanity, a state in which the
target may attack his stalkers in this case being the neighbors. They just
don't care about other people, they don't care about the neighbors of the
target, they don't care about children, because they all are psychopaths,
they failed themselves as human beings.
Participating neighbors become murderers
   In many cases the neighbors just do what they are asked to do and the
targeted person commits suicide, collapses into a psychiatric patient,
commits a provoked criminal act, collapses of continuous suffering,
constructed (car) accident, etc. When this happens within a few months
after the start of the harassment only a few neighbors will worry, feel
guilty, other neighbors like to believe that they helped to remove a
dangerous person from society, although in most cases they know that
they have participated in causing the (physical or mental) death of the
target. Most neighbors certainly know that they have committed crimes
but it was only for a short period and perhaps they did the right thing, so
let's not think about it ...
   When the targeted person remains functional and is not showing any
signs of strange behaviour, a major problem is created for the secret
services psychopaths. The lies that have been told do not hold anymore,
and they must make up new lies, and more lies, etc. Participating
neighbors now definitely will realize that they have become part of a sinister
plan to damage, even murder an innocent person and that they may have
become murderers themselves.





編集 / 2010.07.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
06 | 2010/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。