FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
また『新(慣用)語(?)』検索中!
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】
《携帯からだと字数制限があり、表現も減らすため、後からこの様に手を加えなければならないです!》


  再び、『新語(?)』の意味を検索していますが、今回の言葉は中々見つかりません。元の言葉の意味自体が可なり広範囲で一般的過ぎるので、検索では絞り切れないかも知れないです。私へ「あだ名風」にほのめかされた事が数回あったですが、具体的に使われない為に何を意味しているのかさっぱり解らないです。何故『ガッカリさん』と、知りもしない人達が何に付いてガッカリなのか全く言わずにそう呼んだ様なんですが、特別な意味が無いので、これまた誰かがこの様なHNで私になりすました事があり&故意に大きく広めた事がある、or皆で私の知らない所で私をこの「あだ名」を使って盛り上がった事がある、等考えられますが、であれば私が解る訳がないですから、未だ一切のアンカリングされていない大まか過ぎる言葉自体をそれ以上の説明無しにフラッシュする事は余り効果がないですから、の可能性の方が比較的あるんです。とりあえず過去に出来た新造語or表現として調べてみていますが、既にこう書いて調査をばらす理由は、何かの可能性が増えて来たからです。

  で、誰か意味やコレが使われた理由を教えて下さい。

      あと、「聞いた」等で鵜呑みにして飛び付いき、炎上・祭りなどにして対象に投石、集団リンチ、またバッシング等をほぼ自動的に大集団を成して犯すのは、ひょっとして1990年代位に集中的に起こっていた洗脳のあいだにプログラムされた指令ではないでしょうか?
  もう、その様な話題に飢えた集団が出来、作り上げられそうな標的なら誰でも使って喰い荒らそうとしていたのではないでしょうか? 
  だからとんでもないデマカセで十分だったんじゃないでしょうか...?







スポンサーサイト
編集 / 2010.11.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
ヘリコプター二匹!
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》
Originally Posted to my mirror @ 2010-11-27 13:36:44

今、またヘリコプターが二匹で飛びに来てました...

23:15追記:

あれは『つがい』だったかも知れない...








編集 / 2010.11.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
今日の『ヘリ動画』
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》


今朝は九時半頃からヘリコプターの飛来が多いですね〜。音が可なり激しく、家具が振動する位なのでつい誘惑されてカメラを手に跳んで出てるが、以外と高度があり、どれもつまらない撮影です。ヘリの動画が楽しくなってしまった!他の人のヘリ動画にある様な低空飛行も、ホバリングも無くて動画としては面白くないですね。昔ホバリングがほんの2、3回あったのですが、撮影してない頃で、「残念」と言う訳にもいかないですが、残念!
『動画』ねぇ...一々したくもないんですけどね、自分のしている事に集中していたい方なので。でも空が好きだし、終わってから見るヘリの画像はどれも何となく爽やかで閑かな雰囲気の画像で、「被害記録」ではない楽しみ方のある動画になってます。

割りと個人的なコレクションになってしまっています。

13:15にまた来たヘリは、ちょっと違った様です。いきなり強いサージが走った様な身体中で、小さめの耳鳴りが加えられたと同時に、「ビリビリ」として、今も、ヘリは居ないが、脈拍を高められています。また調理を始めたのかも知れない!
飛来をそ
編集 / 2010.11.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
《転載》『■■NHKの無縁社会ブームは、創価の工作■■ 』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》

■■NHKの無縁社会ブームは、創価の工作■■
1:10/30(土) 22:54 22NvhtdM0
最近、NHKが「無縁社会」なる言葉を作り出し、しきりと危機感を煽るようになった。
これは別に日本国民の事を心配してやっているのではない。創価の工作なのだ。

元々創価学会というのは、町内会を政治的に利用してきた。
創価に乗っ取られた町内会も多数存在し、トラブルを引き起こしている。
しかし、最近は町内会に入らない人が増え、危機的な状況になってきている為、
まず★「ご近所の底力」★という番組をNHKに作らせ、町内会の復権を図った。

だが、それでも本格的な復活には至らなかった為、今度は「無縁社会」なる言葉を作り出し
NHKに報道させ、将来的には、本人が拒否しても、行政に強制的に他人の家に押し入る
ことができる法案の作成を目指している。
一定年齢以上の人には、全員に個人情報や健康状態などの情報の登録を義務付け
数日ごとに声掛けを行い、返答がない場合は、強制的にその人の家に押し入り、安否を
確認するというもの。

簡単に言えば、個人の意思では死ぬこともできなくなるということ。
例えば、生きる気力もなく早く死にたいと思っている老人が、ある日突然食欲がなくなって
寝こむようになった。その人は助けを呼ぶこともできるが、自分としては死んだほうが
精神的に楽になるので、食べないまま寝たきりで放置していた場合、上記のような法律
ができると、勝手に役所の人間が家に上がりこんで助け出してしまうことになる。
これはそのまま死ねば楽になれる人を地獄に引き戻す行為で、まさに余計なお世話であり、これでは自由主義国ではなく北朝鮮のような社会主義国になってしまう。

いずれせよ、NHKの創りだした「無縁社会」ブームは、創価の圧力で作られた極めて
怪しいブームなのでダマされないよう気をつけて欲しい。

2:10/30(土) 22:58 22NvhtdM0
今日のNHKの番組見てたが
気持ち悪かったな。

最初から無縁死を悪と決め付けてるし
強制的な立ち入り法案を作るべきだという意見のところで
ヤラセの拍手が凄かったし
最初から結論を出してて、正当化しているような番組だった。

以前やった、日韓の討論会と同じ気持ち悪さだった。
3:名無しさん@お腹いっぱい。: 10/30(土) 23:14 RUM466s90
「おせっかい」が必要だとか力説していたが そういう面もあるかもしれないが
なんか「全体主義」的で恐い気がした

下手すると 「おせっかい」することで「飯を食う」連中のためのおせっかい
だとしたら困るよな

NPOに必ず天下りがいるというように 天下りの受け皿を増やすもくろみ
が臭ってもくる

基本は 助けを求めてきた人をどう扱うかだろう

それにしてもNHKはは安定していて まったく番組のテーマとは無縁な
感じがものすごくシュールだね
5:10/31(日) 01:43 tRKKE7Nx0
 (´∀`)   (^ハ^  ) 
>>3
> 「おせっかい」が必要だとか力説していたが そういう面もあるかもしれないが
> なんか「全体主義」的で恐い気がした
>



まったく同感
最近のNHKは洗脳的な番組が多すぎる






編集 / 2010.11.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
私の『なりすまし』の言動?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
私の『なりすまし』の言動?

私の『なりすまし』が居ると思い、以前の記事では、まるで『なりすまし』に依って私が中国と関係があるか、又は親中な言動を何処かでされていない限り納得のいかない批判が集中した事を書きましたが、他にも、私が思ってもいない(ので言う事も無い)事柄に付いて受けた批判があります。その一つは、あたかも私が何処かで「(自分は)中庸だ!」とか(?)私になりすましてわざわざ言い張った人等居ませんか?私は、一々何処かでそれらのダイアログ等持って居ませんので、自分があえて思った事も無い件に付いて私になりすましてほざいている場所がありましたら、是非私に教えてください。そして、私本人に確認し、直接私の意見か否かを確認してから、批判なりしてみて下さい。私も、何処でそれらが起こって居るかを知る必要があります。
何より解らないのは、悪者ならいつの世にも居ますが、聞こえる話を、知りもしないのに一発で信じ、又それに則って実際に相手に対し行動(言動)を起こす浅はかな攻撃が多過ぎる点が今迄ね特徴です。

PCからの追記:

  2ちゃんというヤツをよくよく読む様になって来てしもうて、早く足を洗おうと思っています。が、未だはっきりとしたことも解らないので、もう少しを歩きまわってからにします。

  が、ひとつ気付いたのが、『なりすまし』行為自体がいやに頻繁そうである事と、それ以外にも、匿名で文体等の印象や勘だけから人物を特定しようとするのでしょうが、常連の様な方々でも随分簡単に不十分な根拠とただの勘繰りで特定してしまっている事も多く、こまめに「***(=番号など)は、私じゃありません!」等言わなければならない様で、大変な事になっていますね。

  実際に、私と思わせようとして何とか文体や発想をまねているものと思わしきものが幾つかありましたね。 ...しかし、見抜けない世界で起こっている事の様ですし、徹底的に調べれば誰かは解る筈なので、放って置きます。 
  ...騙すのも騙されるのも、両方「間違い」は「間違い」ですので。
  しかも、それすら何処まで真実か解らない位に匿名の泥沼で、私は出来るだけ触らない事にしました。

  勘や印象だけで決め付けて会話をしているのは、とても危険ですねェ...span>





編集 / 2010.11.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
【変換・打ち間違い訂正!】「ヨハネの第1の手紙5章19節」-コメントから。【和訳】
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
FRANCISのコメントより抜粋+和訳



> The brethren of The Messiah are but "aliens and pilgrims while the earth" because their "citizenship is in Heaven" and so it is that they take heed unto the exhortation too:  
> メシアの兄弟達は「地の異邦人であり旅人」に過ぎない、なぜなら彼らの「国籍は天にある」から。
 彼らはこれらの警告に耳を傾ける:

> “Love Not The World”
> 「世を愛してはならない。」



> ”For the WHOLE(not just a portion) world is under the control of the evil one”.......(I John 5:19)
> 「 また、わたしたちは神から出た者であり、全世界は悪しき者の配下にあることを、知っている。」
   ヨハネの第1の手紙5:19【口語訳聖書】

> “Love not the world, neither the things that are in the world. If any man loves the world, the love of the Father is not in him. For all that is in the world, the lust of the flesh, and the lust of the eyes, and the pride of life, is not of the Father, but is of the world. And the world will pass away, and the lust thereof: but he that does the will of The Only True GOD will abide for ever.”(IJohn2:15-17)
> 「 世と世にあるものとを、愛してはいけない。もし、世を愛する者があれば、父の愛は彼のうちにない。
   すべて世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、持ち物の誇は、父から出たものではなく、世から出たものである。
   世と世の欲とは過ぎ去る。しかし、神の御旨を行う者は、永遠にながらえる。」
   ヨハネの第1の手紙2:15-17口語訳聖書】

> “If you were of the world, the world would love it’s own: but because you are not of the world, but I have chosen you out of the world, therefore the world hates you. Remember the word that I said unto you, the servant is not greater than his Master. If they have persecuted Me, they will also persecute you; if they have kept My saying, they will keep yours also.” (John15:19-20)
> 「 もしあなたがたがこの世から出たものであったなら、この世は、あなたがたを自分のものとして愛したであろう。 しかし、あなたがたはこの世のものではない。 かえって、わたしがあなたがたをこの世から選び出したのである。 だから、この世はあなたがたを憎むのである。
   わたしがあなたがたに『僕はその主人にまさるものではない』と言ったことを、おぼえていなさい。もし人々がわたしを迫害したなら、あなたがたをも迫害するであろう。  また、もし彼らがわたしの言葉を守っていたなら、あなたがたの言葉をも守るであろう。」 
   ヨハネによる福音書15:19-20【口語訳聖書】



> “Where do wars and fighting among you come from? Do they not come of your lusts that war in your members? You lust, and have not: you kill, and desire to have, and cannot obtain: you fight and war yet you have not, because you ask not. You ask, and receive not, because you ask amiss, that you may consume it upon your lusts. You adulterers and adulteresses, don’t you know that friendship with the world is to be at enmity with The Only True GOD? Therefore whoever will be a friend of the world is the enemy of The Only True GOD.” (James 4:1-4)
> 「 あなたがたのなかの戦いや争いは、一体、どこから起こるのか。 
   それはほかではない。 あなたがたの肢体の中で相戦う欲情からではないか。

   あなたがたは、むさぼるが得られない。 
   そこで人殺しをする。 
   熱望するが手に入れられない。 
   そこで争い戦う。 
   あなたがたは、求めないから得られないのだ。
   求めても与えられないのは、快楽のために使おうとして、悪い求め方をするからだ。

   不具のやからよ。 世を友とするのは、神への敵対であることを、知らないか。 おおよそ世の友となろうと思う者は、自らを神の敵とするのである。」
   ヤコブ書4:1-4【口語訳聖書】



> “The world cannot hate you; but the world hates Me, because I testify that the works of this world are evil.” (John 7:7)” and “The Messiah gave Himself for our sins, that He might deliver us from this present evil world, according to the will of The Only True God, Our Father.”(Gal 1:4)
> 「 キリストは、わたしたちの父なる神の御旨に従い、わたしたちを今の悪の世から救い出そうとして、ご自身をわたしたちの罪のためにささげられたのである。 」 
   ガラテア人への手紙1:4【口語訳聖書】


(略)


> John testified: “Marvel not, my brethren, if the world hates you.” (I John 3:13) “ James testified, “Whoever would be a friend of this world is the enemy of GOD”(James4:4)
>  ヨハネはこう証している:「兄弟達よ、世があなたがたを憎んだとしても、驚くにはあたらない。」
  (ヨハネの第1の手紙3:13)、
  ヤコブはこう証している:「おおよそ世の友となろうと思う者は、自らを神の敵とするのである。」
  (ヤコブの手紙4:4)



> "Come Out of her, MY people"!
> 「我が民よ、出て来なさい!」


> Global warming, polluted air, land and waters, toxic wastes, sexual perversion, evil inventions of destruction, greed, hate, carnal warfare, dis-ease(no-peace),,etc,, are all destructive processes that have their root in “the lust of the eye, the lust of the flesh, and the pride of life” all of which fuel the fires of mankind’s “imag”ination ;-(
>  地球温暖化、大気・地・水の汚染、有害廃棄物、性倒錯、悪しき破壊力の発明、欲、憎しみ、世俗的戦い、疫病=dis-ease[不-安(no-peace)]、等...は全て、「目の欲、肉の欲、そして持ち物の誇り」に根を持つ、崩壊のプロセス! これら全てが人類の想像力をかきたてている!  ;-(



> "Come out from among them and be separate"!
> 「彼らのあいだから出てきて、分かれていなさい!」



> Peace, in spite of the dis-ease(no-peace) that is of this world and it's systems of religion, for "the WHOLE(not just a portion) world is under the control of the evil one" indeed and Truth......
>  この世とその宗教システムの疫病(平和ーがー無い)に関わらず、「平安」!;一部分だけじゃなくて”全”世界が実際悪の支配下に置かれているのだから!” そこで、真実は...

 

> Truth IS, a lie never was and is not.......
> 真実”在る”もので、偽りもともと何処にも“無い”もの! について。

> Abide in Truth.......
だから、真実に堅くついていよう。







編集 / 2010.11.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
今と8年前
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】
  1980年代半ばに、死ぬ程必要だった洗礼にありつけた。数ヶ月後に主イエス様の聖霊が一緒に生きてくれる様になった。そしたら今迄見えなかったもので初めて気がついた事が色々あった。 その一つがまるで「サタンが日本に鎮座している!」と言いたくなる感覚だった。 数年後に出(る事が出来)た。もう戻りたくなかったが、到頭親が怪しくなり長期的に戻って(一人っ子なので他に居ない)来た(ら、限りなく永久になったが)。 サタンは何処か?鼻を鋭敏にしたが、どうももう鎮座していないかも知れない感があった。 事実はどうも、もっと悪かったかも知れない。 単に、サタンの直接指導が要らなくなっただけの様だった。

(色々と倒錯も確立していた様で、地位も経験もある筈のいいオッサンが悪徳ギャルのお手本の尻馬に乗って悪さをしたりネ...)(手押し信号で皆停車中に左側のコンビニの駐車場から車道に入る為に空きを待って入ってくる変わりに、車がその横断歩道迄来て横断歩道を車で横断して反対側へ行った車に驚いたのは私だけで、辺りの人が気にいらなくて見ていたのは、目を円くしていた私の方だった!今それがあっても、私ももう驚かないだろう。もっと信じられない凶悪な事がゴロゴロしていて、車が手押し信号を渡る位カワイイからね。)



2010-11-23 22:38:11







編集 / 2010.11.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
【再投稿】"TRUTH" と "EXPOSE"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》





"Truth Lives a Wretched Life;
but Always Survives a Lie."
- by Anonymous


「『真理』は不運な人生を歩むが、
いつも『嘘』に打ち勝ってきている。」
(作者不詳)



  ◆ JOHN 8:31-32
31, Then said Jesus to those Jews who believed on him,
    If ye shall continue in my word, then are ye my disciples indeed;
32, And ye shal know the truth, and the truth shall make you free.


 
  ◆ 以前、あるクリスチャンが近所のNewAgeオカルトショップへ出向き(何故だか不明!)、話が上手く弾んだので(何故だか不明!)、そこの店員に、「君達のしていることの力は一体何処にあるかと訊かれたらどう答えるか?」と訊くと、こう答えたそうです:
 "SECRECY."


  ◆ X-FilesのシリーズにTUNGUSKAというのがありました。その出だしの場面で、ALEX KLEICHECKがMULDERとSCULLYに捕まり、トラックの中にいきずりこまれて詰問される場面です。
そこでMULDERがKLEICHECK等のバックにいるHANDLERSたちの弱みを知りたいのです。そのやり取りで、KLEICHECKがMULDERになんだと思うか、どうすれば捕まえられると思っているかを訊き返してみるのです。

 MULDERは "The TURTH!"と答えてみます。真実を突きつける事によって悪を崩すと言うわけです。同意しました。
 するとKLEICHECKが笑い飛ばしてこう教えてあげるのです; 
 "No! EXPOSE THEM!"

 
   このKleicheckの返事は、可なり巧妙なMisleadingです: "No! EXPOSE them!!"
... Mulderが "(by) the TRUTH!" と答えたのに対し、 "No! EXPOSE them!!" と教えるのです。
  位置情報では、これらの3つの言葉 "No!", "EXPOSE" & "Them!" のうち、一体何処が Mislead の一句になっているかというと、どれだと思いますか?
  私は、答えは"No!"だと思います。 答えは、"Yes! (That's right!) EXPOSE them!" ではないでしょうか?
  "The TRUTH"を "EXPOSE"するのでなければ、バックのハンドラー達を捕まえられないでしょう。
  どのほころびも、悪魔にとってはありがたいはずなのです。 
  "Expose" と "TRUTH" は矛盾しなくてもいい訳です。 Kleicheck の返事は "TRUTH" を discredit してしまう、狡猾な返答です。


S: What do you want Kleicheck?

K: The same thing as you do.
To find the man who tried to kill me ...

..the same man who is responsible for your father's death.
and your sister's.

S: You want these men to be brought to justice?

K: You can't bring this man into justice!
They protect him. they look to(?) Laws in this country!
They're protecting him in the name of National Security!
Do they not know or what?

M: Then why don't you put your bullets to his head like you did at the man out there!


K: These men might fear one thing.
Exposure!
You expose "him" !
Expose his crimes;
you'll destroy the destroyer's ability to destroy!

M: Anything that will destroy this man is the Truth!
K: No truth! (laugh to scorn)

...there's no truth
These men just make it up and just go along.
They're the engineers of the future.
They're the men of the real revolutionaries
like their contemporaries do!


  ◆ Cathy O’Brienの 『TRANCE FROMATION of AMERICA』 の第一章にこういう段落x2 があります:
'Secret Kowledge equals power, with the end result being control.'
&
'According to the Random House Dictionary, occultism "is the practice of alleged sciences caliming knowledge of supernatral agencies which are beyond the range of ordinary knowledge."Once again, it is a reminder that secret knolwdge equals power.'




  ◆ EPHESIANS 6:1-20
14, Stand therefore, having your loins girt about with truth, and havig on the breastplate of righteousness,
15, And your feet shod with the preparation of the gospel of peace,
16, Above all, taking the shiled of faith, wherewith ye shall be able to quench all the fiery darts of the wicked.
17, And take the helmet of salvation and the sword of the Sprit, which is the word of God.
18, Praying always with all prayer and supplication in the Spirit, and watching thereunto with all perseverane and supplication for all saints.
19, And for me, that utterance may be given unto me, that I may open my mouth boldly, to make known the mysteryof the gosprl.
20, For which I am an ambassador in bonds: that therein I may speak boldly, as I ought to speak.
[KJV]



  ◆ 悪を善と思わせ、善を悪と思わせる為に、『事実』を継ぎはぎされている。

---

( ...To be continued -later!)

編集 / 2010.11.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
【編集中】"Come Out of Her, My People!" & "Genesis Chapter 11"
カテゴリ: ◇Daily Bible Verses/日毎の聖句


1、  過去記事の復刻
"Believers' Unity: -Organizational or Spiritual?-"
by Theodore H. Epp
Chapter 3
The One World Church

[pp.69-70]
-How They Operate-
[復刻記事= 
Church & Churches vol.1 ]

... In Genesis 11:3 it is said that "they had brick for stone, and slime
had they for mortar." From this we can get a significant application.
Brick are made according to one mold; thus, today's eccumenical
movement wants every denomination, church and individual to
conform to its mold. However, believers are living stones(I Pet. 2:5)
and do not fit into the form of the world.
 「 創世記11章3節にこうあります、『彼らは、石の代わりにレンガを、また、モルタルの代わりに泥を使った。』 ここから重要な教えを見出せます。 レンガというものは、一つの型に流して作られます。 即ち、今日のエキュメニカル運動は、全ての宗派、教会、また、個人を、それに合った型にはまる事を求めて来ます。 しかしながら、信者は『生ける石(1ペテロ 2:5)』とあり、この世の型にははまらない。」

Also, there is much application to be drawn from the fact that
at the tower of Babel they used slime instead of mortar - they
used a substitute cohesive. The uniting force in true spiritual unity
is the Holy Spirit. But He does not unite that which is made
according to man's mold. Only those who have received Jesus Christ
as Saviour are sealed by the Spirit and have this spiritual unity.
The best that natural man can do is to attempt to produce a
substitute unity.   
 「 また、バベルの塔がモルタルに拠らないで泥を使用したと言う事実からも多くを学ぶことが出来るーすマリ、彼らは代替の接着料を使ったという事である。霊的な一致の主要な力は聖霊である。 主は人間の作り上げた要素をもって一致を及ぼすことは無い。 イエス・キリストを主として受けた者だけが聖霊によって封印され、そうして一致するに限る。 自然なままの人間として最大限に出来る事は、代替的な方法を製作する試みまでである。」

 


2、  過去記事の復刻 x2 :
  【改訂】マタイ13章
&

    【改訂+追記】 on 『マタイ13章・七つの譬』

Matthews 13:24-30
" Another parable put he forh unto them, saying, The kingdom of heaven is
likened unto a man which sowed good seed in his field:
But while men slept, his enemy came and sowed tares among the wheat,
and went his way.
But when the blade was sprung up, and brought forth fruit, then appeared
the tares also.
So the servants of the householder came and said unto him, SIr, didst not
thou sow good seed in thy firld? from whence then hath it tares?
He said unto them, An enemy hath done this. Wilt thou then that we go
and gather them up?
But he said, Nay; lest while ye gather up the tares, ye root up also the
wheat with them.
Let both grow together until the harvest. I will say to the reapers, Gather
ye together first the tares, and bind them in bundles to burn them: but
gather the wheat unto my barn."


【改訂+追記】
  
マタイによる福音書第13章の7つの譬とは:
1、種まき
2、麦と毒麦
3、からし種
4、パンだね
5、隠された宝
6、良い真珠
7、漁師の引き網
です。


2、は、次の段階です。麦畑に、或る時、見た目のそっくりであるところの毒麦も一緒に(同じ場所に)蒔かれてしまっていたのを僕が見つけた話で、これは偽の教理が入り込み、本物の福音との区別が中々つかない状態にされてしまった、初期の教会事情を語る譬です。ちなみにこれらの譬はイエス様が語られたもので、こういった事が実際に起きる以前に忠告の形で教えられていた、云わば預言的な譬のシリーズです。毒麦が実際に本物の麦畑に落ちる事に因る農業上の問題も当時のパレスチナでは実際にあった問題で、歴史上、この譬の通りに、偽教理がどんどんと教会を侵食していったのも実際あった事柄で、これらの預言は今日に至るところまでは、全て成就しています。


  主人が、収穫の時迄分けないように、と指示しした理由としては、あわてて分けようとして、麦まで抜いてしまうからだと言っています。
  それは、根が分けられないくらいにお互いに絡み合ってしまっていることも理由です。
  地下で根が絡み合っていて、本当の麦の根まで繋がって抜けてし合うのも理由ですが、その前に、この麦と毒麦が殆ど外見上見分けをつけ難いのが、第一の理由でしょう。

   収穫期が迫ってやっと判る変化がどういうものかというと、本物の麦は実ってくると穂が重くうなだれてしまうのです。
  稲を見ているのでよく想像がつきますが、同じような形態です。
一方、毒麦の収穫時の状態は、熟すと逆に大きく穂が上に伸び、ぴんと立ち聳えてくるそうです。
  しかも話しによれば、黒づくという説明もあります。
つまり終末に起こることとして、現在我々が日毎に見聞きしている現実を預言してることになります。 
麦も毒麦も共に実りの時期に達しつつあります。
それぞれの実りの様相がほぼ対照的といえることでしょう。
本物の麦では無く、毒麦がいまや実りの頂点にいたって聳え立っていっている様相でしょう。

そこで、収穫期のその麦畑を見渡した際に目に入るのは毒麦で、そのハザマで立派な実をうなだれている本物の麦が、一見見えないのです。

  この譬の、「畑は世界をさす(である)。」)と書かれてあります。(13:38)わたしは、教会内の事についての譬とばかり思っていたのですが、よく読むと、畑は教会ではなく、世界です。
であれば、教会内の本当の信者とそうではないものとについてではなく、世界全体についての譬です。

  その畑で、クリスチャンもそうではない人達も一緒に生えていることです。それでも、言えることは変わらず、今の時点では早急に誰が麦で誰は毒麦かは誰も決め付けないように、ということになります。

  また、この譬で特記すべき点は、「収穫期になると、全て刈られる」ということです。どれも(世界という畑に)生え続けていない事になります。
皆が、刈られ、
 「先ず毒麦を集めて束にして焼き、(13:30)と書いてあります。
つまり、まず始まるのが、毒麦が集合すると言うことになります。
それによってのみ束に出来ます。
その次に、
 「麦のほうは集めて蔵に入れてくれ、」(13:30)
となっています。
  これが、時間的に上記の集合が完成してから、と言うことなのか、或いは、毒麦が集合する行程で、麦が拾い集められ、主の蔵に丁寧に納められていく、ということになるのかの、どちらかでしょう。 ここでは、蔵に入るのは実のあるものに限ります。
 
   もう一点特記すべき事は、『麦』は『毒麦』と対比した隠喩である限り、信徒を指しています。 また、『麦』そのものが、御言葉を示す典型的な『型』の一つです。 もし、この『麦』が必ず教会内に於いてのみ見いだされるのであれば、畑は教会を指すことになりますが、対象のある領域が、教会から世界と領域が拡張されているということは対象は限定された領域にとどまらず、拡張された領域に見出されるものと言うことになります。
  一つは、本当の信徒が限定された領域に限って存在していない、と言うことですが、もう一つは、対象が必ずしもその限定された領域に「まだ」見出されない、と言うのに当てはまる対象もいると言うことになります。 

 あるクリスチャンの教師の方のブログを拝見して、終末の艱難期に備えるために主が語られたメッセージを拝見しました。それによると、わたしたちの迫害されている状態それ自体が、世に与えられる艱難から守ってくれることになるであろう、という意味合いの教えが載っていました。
これは大いに心に留めておきたい教えだと思います。

Bibliography:


Pictures and Parables:
Studies in The Parabolic Teaching of Holy Scripture
;
Lang, G.H.,
The Paternoster Press, London (1955)
Chapter x. The Mysteries of TheKingdom(Matt.13)
pp.63-124.


The Prophetic Parables of Matthew 13
;
Pink, Arthur W.,
Scripture ATruth Book Company,
Fincastle,Virginia (undated).


The Great Prophecies of The Centuries
Concerning Israel, The Gentiles, and The Church of God,
being selected Expositions and Discussions
;
Pember, G.H.,M.A.,
Editor:Lang, G.H.,
Oliohants,LTD.,
London & Edinburgh. (1941)


Prophetc Mysteries Revealed
;
Srauss, Lehman,
Loizeaux Brothers,
Neptune, Jew Jersey.(1980)
ISBN 0-87213-832-1



3、 REVELATION Chapter 14

4、Tatford, Frederick A.,

Prophecy's Last Word
- An Exposition of The Revelation -
[pp.202-203]

THE CALL TO SEPARATION



"And I heard another voice from heaven, saying, Come out of her, My
people, that ye have not fellowship in her sins, and that ye do not
receive of her plagues; for her sins have been heaped on one another
up to heaven, and God has remembered her iniquities" (18. 4,5).

(Ommitted 1 paragraph)

Even now from an ecclesiastical point of view, the summonons has
had a constant application. The Reformation itself was a revolt from
the sinful condition of Papal Rome and, at many periods of history,
there has been an outgathering of a faithful remnant to God. When
the condition of an apostate body is irremediable, there is only one
course open to the loyal few. The divine voice called to those of
Babylon's day: "Come out of her, My people, that ye have not
fellowship in her sins, and that ye do not revceive of her plagues."
「 棄教した信仰体の状態が不治の場合、忠実な一握りの者達が取るべき行程は唯一つである。 バビロン捕囚の時に神託がこうした者達に向かってこう叫ばれた:『我が民よ、そこから出て来なさい! その罪と交わらない為に、また、そうする事によって、彼等が受けるべき艱難を受ける事の無い様に。』」


"Flee out of the midst of Babylon, and save every man his life; be ye
not cut off in her iniquity," cried the prophet Jeremiah in an earlier
day.
Utter and complete destruction was about to fall upon the guilty
system and the Lord wouldm if possible, deliver His own.

As in that day, so in this, many have become enmeshed in the toils
of Babylon.
Greed of gold, the lust for power, the grasp for worthless baubles
and empty honours characterize not only the world at latge but
many a professiong Christian too.
Principles seem to count for nothing where personal aggrandizement
is at stake, and spiritual testimony is only too frequently sacrtificed
for temporary benefit.
"Come out of her," is the cry of the Lord.
The Christian should be of another ilk, and fellowship with the world
cannot be consonant with communion with Christ.
 「 当時のごとくに、今も、多くの者がバビロンの労働に編みこまれてしまっている。
金銀への欲望、力への渇望、無価値な安物と空っぽな名誉の獲得、等は、世の中全般の話に収まらず、自称クリスチャンまでをも特徴付けている。 教義など、自己賞賛が危険に曝されると無きに等しくなり、また、一時的な利得のために、自分の証など頻繁過ぎる程に犠牲にされてしまっている。 
「 そこから出てきなさい!」が主からの叫びである。
クリスチャンは別の種類の存在である筈であり、この世との仲間関係などは主との交わりとは相容れないものである。」


As the stones of the first tower of Babel were heaped together in
that lofty pile, so the sins of the last Babylon were heaped upon
one another until they reached upo to heaven. So great had
become her guilt that God could no longer overlook it and the
divine voice recorded that He had remembered her iniquities.














編集 / 2010.11.21 / コメント:: 4 / トラックバック:: - / PageTop↑
【編集中 その2】完全な洗脳状態
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》
1、EXERPTS from "BRAINWASHING-": Edward Hunter
【初版投稿日時:2010年06月18日00時58分33秒】


【第2(改定)版(+未完)】
"BRAINWASHING"
The Story of Men Who Defied It
by
Edward Hunter

Pyramid Books,New York.
Farrar, Straus and Cudahy edition published May 1956
Fifth Printing, February 1968.

CHAPTER EIGHT
WHAT BRAINWASH IS
Tow Processes; Many Elements
[pp.183-186]

Even when he stands by himself, the truly indoctrinated communist must be
part of the collectivity. He must be incapable of hearing opposing ideas and
facts, no matter how convincing or how forcibly they bombard his senses.
A trustworthy communist must react in an automatic manner without any
force being applied.
Only then is he the "new Soviet man" that Lenin foresaw.

 完璧に洗脳された共産主義者というのは、独りでいる時も尚、全体の一部を成している。 そうなった者は、どんなに確実でも、又、どこまで感覚を圧倒されようとも、もう決して、思想も、事実であっても、対立するものを受け入れる能力が無くなってしまっっている。 信頼できる共産党員というものは、何の力も加えられずに、自動的に物事に反応するようになってしまった者を言う。

注: 上記の『共産党員』」の部分には相当する』別の名称(カルト、その他の総称など)を挿入すればいいでしょう;

2、 "Yuri Bezmenov ex KGB Phychological Warfare Techniques; Subversion and Control of Western Society 1-7/7" シリーズの中に於いても、敵によって自分側のスパイが取り入れられて裏切ることの無いように、送り出す味方スパイをも洗脳されない為に洗脳しておく必要もあった訳ですよね。そこで洗脳が完成されると、もう相反するいかなる事実も受け付けなくなると言うわけです。
   裏返していえば、スパイではなくて、一般の国民や消費者などなど、の洗脳が完成された(?)(or 重症)域であると、たとえそれが目の当たりにした真実であっても、受け付けられなくなってしまっている、と言うことです。
   この状態などは、『完成された』といえないまでも日常的に遭遇する事です。
相手はもう事実も真実も、本来の性癖に矛盾しても、感情的に反応しながら、真実を拒む事態です。
向こうでよく耳にした表現では、
"Don't confuse me with the Truth! My mind is made up!"
ですが。

3、 EXERPTS
From
"The Lucifer Effect
Understanding How Good People Turn Evil"

By
Philip Zimbardo (Stanforn University)
www.LuciferEfect.com

2008 Random House,
ISBN 978-0-8129-7444-7


 『敵』を創り上げる力

「 権力者は普通は自分の手で悪事を行わない。丁度マフィアのドンがするように、『ドでかい仕事』は下っ端のに残しておく。 システムは権威の序列を形成してその影響力とコミュニケーションは上から下へ -下から上は極めた稀-に降りる。 或るパワー・エリートが敵国を滅ぼしたければ、プロパガンダの専門に声をかけ、憎悪をあおる計画を形成する。 一社会の国民をして、他の社会に属する国民を差別し、苦しめ、強いては殺戮までするほどに憎ませるには、どのようなことが必要だろう? 要されるのは『敵意をあおるイメージ』である:『敵』についての、心に深く喰い込んだ心理的な構造である。 その『イメージ』こそが兵士の最強の動機となっており、その故に、憎しみと脅威の弾をもって、自分のライフルを充満するのだ。この、個々人の安泰や社会全体の安全を脅かす恐るべきイメージ、それが母たち、父達をして息子を戦場に送り出し、又、政府が事の優先順位を変えて、農作鎌を破壊のための剣に造り代える動機になっている。
 この全ては、『言葉』と『イメージ』で作られているのである。昔のことわざをもじって言えば:「『棒や石』はあなたの骨を砕くことが出来る、しかし『名前』はあなたを殺すことが出来る。」である。 このプロセスの始まりは、先ず或る人間について、非人間的な観点、無価値な人間としての他(対象)、絶対的な力としての他(対象)、悪魔的存在として、また、つかみ所のない化け物として、又、大切な価値観や信仰を基本から脅かすものといった観念をステレオタイプとして、脳裏に植えつけることから始まる。一般社会が、その『敵の脅威』なるものに追い詰められ、その脅威が目前に曝されると、常識的だった人が不合理な行動に出始め、主体的であった人が、考えなしにまわりに同調したり、平和主義者が戦士になってしまう。『敵』についての強烈なイメージが、視覚的に,ポスター、テレビ、雑誌の表紙、映画、又、インターネットを通して与えられ、激しい恐怖と憎しみの感情と共に、それが、原始的な大脳辺縁系の隅々に焼き付けられてしまう。 」
(BLOG管理人訳)

The Power to Create "The Enemy"

" The powerful don't usually do the dirtiest work themselves, just as Mafia
dons leave the "whackings" to underlings. Systems create hierarchies of
dominance with influence and communication going down --rarely up --
the line. When a power elite wants to destroy an enemy nation, it turns
to propaganda experts to fashion a program of hate. What does it take
for a citizens of one society to hate the citizens of another society to the
degree that they want to segregate them, torment them, even kill them?
It requires a "hostile imagination," a psycholgical construction embedded
deeply into "The Enemy." That image is the soldier's most powerful
motive, one that loads his rifle with ammunition of hate and fear.
The image of a dreaded enemy threatening one's personal well-being and
the society's national security emboldens mothers and fathers to send
sons to war and empowers governments to rearrange priorities to turn
plowshares into swords of destruction.
It is all done with words and images. To modify an old adage:
Sticks and stones may break your bones, but names can sometimes kill you.
The process begins with creatings stereotyped conceptions of the other,
dehumanized perceptions of the other, the other as worthless, the other
as all-powerful, the other as demonic, the other as an abstract monster,
the other as a fundamental threat to our cherished values and beliefs.
With public fear notched up and the enemy threat imminent, reasonable
people act irrationally, independent people act in mindless conformity, and
peaceful people act as warriors. Dramatic visual images of the enemy on
poseters, television, magazine covers, movies, and the Internet imprint on
the recesses of the limbic system, the primitive brain, with the powerful
emotions of fear and hate"










編集 / 2010.11.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
11月15日の夕食レシピ
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】


ありあわせ野菜etc.のホワイト・シチュー

パン

1、たまねぎガーリックのみじん切り各約小さじ1をサラダオイルバターを混ぜて炒める。
2、小麦粉大さじ1位を加えて弱火でねっとりさせる。
  で、牛乳200ccを少しずつ入れ、丁寧に混ぜてホワイト・ソースにしながら全部入れる。
3、同時に、別鍋で、2cm角位に切ったかぼちゃPOTATOを7分くらい塩少々で中火で煮ておく。
4、ミックスペッパー(か、ただのBLACKPEPPER)とコンソメを入れる。
5、こないだ買った白身の魚は、保存毒の匂いが激し過ぎ、塩水に漬けてみたが一向に変らず、しかも肉がグジョグジョになり、増粘料の中で破壊した肉がかろうじて形を保っているような恐るべきブヨブヨに変化したので、まるで古い肉を保存毒と形状維持剤に漬けていたかの様!
で、決意して捨てた。 慌てて、代わりに投入できるものを探したが、ろくなものがなく、
mozzarela cheese 入り6Pチーズロースハムをサイコロに切って入れることにした。ビーンズも入れようと思ったが、止めた。が、夕べの残りのコーン(冷凍した)を入れた。
6、チーズは溶けるがそれで良い。
7、庭の(と言うか、今は鉢で室内で可愛がられている)パセリ少々を、キッチン鋏で細かく切りながら盛り付けた上に撒き散らす。

  -割りに美味しい。




編集 / 2010.11.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Word in these days 《vol.1》
カテゴリ: ◇Daily Bible Verses/日毎の聖句

12Peter3:1-18:
1, This second epistle, beloved, I now write unto you; in both which I stir up your pure minds by way of remembrance:
2, That ye may be mindful of the words which were spoken before by the holy prophets, and of the commandment of us the apostles of the Lord and Saviour:
3,
Knowing this first, that there shall come in the last days scoffers, walking after their own lusts,
4,
And saying, Where is the promise of his coming? for since the fathers fell asleep, all things continue as they were from the beginning of the creation.
5,
For this they willingly are ignorant of, that by the word of God the heavens were of old, and the earth standeth out of the water and in the water:
6, Whereby the world that then was, being overflowed with water, perished:
7, But the heavens and the earth, which are now, by the same word are kept in store, reserved unto fire against the day of judgment and perdition of ungdly men.
8, But, beloved, be not ignorant of this one thing, that one day is with the Lord as a thousand years, and a thousand years as one day.
9,
The Lord is not slack concerning his promise, as some men count slackness; but is longsuffering to us-ward, not willing that any should perish, but that all should come to repentance.
10, But the day of the Lord will come as a thief in the night; in the which the heavens shall pass away with a great noise, and the elments shall melt with fervent heat, the earth also and the works that are therein shall be burned up.
11,
Seeing then that all these things shall be dissolved, what manner of persons ought ye to be in all holy conversation and godliness,
12, Looking for and hasting unto the coming of the day of God, wherein the heavens being on fire shall be dissolved, and the elements shall melt with fervent heat?
13,
Nevertheless we, according to his promise, look for new heavens and a new earth, wherein dwelleth righteousness.
14,
Wherefore, beloved, seeing that ye look for such things, be dilligent that ye may be found of him in peace, without spot, and blameless.
15,
And account that the longsuffering of our Lord is salvation; even as our beloved brether Paul also according to the wisdom given unto him hath written unto you;
16, As also in all his epistles, speaking in them of these things; in which are some things hard to be understood, which they that are unlearned and unstable wrest, as they do also the other scriptures, unto their own destruction.
17,
Ye therefore, beloved, seeing ye know these tings before, beware lest ye also, being led away with the error of the wicked, fall from your own stedfastness.
18, But grow in grace, and in the knowledge of our Lord and Saviour Jesus Christ. To him be glory both now and for ever. Amen.


9, ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしているのではない。らだ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。
10, しかし、主の日は盗人のように襲って来る。その日には、天は大音響をたてて消え去り、天体は焼けてくずれ、地とその上に造り出されたもの、みな焼きつくされるであろう。
11, このように、これらはみなくずれ落ちていくものであるから、神の日の到来を熱心に待ち望んでいるあなたがたは、
12, 極力、きよく信心深い行いをしていなければならない。 その日には、天は燃えくずれ、天体は焼けうせてしまう。
13, しかし、わたしたちは、神の約束に従って、義の住む新しい天と新しい地とを待ち望んでいる。
14, 愛する者たちよ、それだから、この日を待っているあなたがたは、しみもきずもなく、安らかな心で、神のみまえに出られるように励みなさい。
15, また、わたしたちの主の寛容は救いのためであると思いなさい。 このことは、わたしたちの愛する兄弟パウロが、彼に与えられた知恵によって、あなたがたに書きおくったとおりである。
16, 彼は、どの手紙にもこれらのことを述べている。 その手紙の中には、ところどころ、わかりにくい箇所もあって、無学で心の定まらない者たちは、ほかの聖書についてもしているように、無理な解釈をほどこして、自分の滅亡を招いている。
17, 愛する者たちよ。それだから、あなたがたはかねてから心がけているように、非道の者の惑わしに誘い込まれて、あなたがた自身の確信を失うことのないように心がけなさい
18,
そして、わたしたちの主また救主イエス・キリストの恵みと知識とにおいて、ますます豊かになりなさい。 栄光が、今も、また永遠の日に至るまでも、主にあるように。 アーメン。」


2Hebrew12:27:
27, And with word, Yet once more, signifieth the removing of those things that are shaken, as of things that are made, that those things which cannot be shaken may remain.

ヘブル人への手紙12章27節:
「27, この「もう一度」という言葉は、震われないものが残るために、震われるものが、造られたものとして取り除かれることを示している。」


3Romans2:1-11:
1, Thereore thou art inexcusable, O man, whosoever thou art that judgest: for wherein thou judgest another thou condemnest thyself; for thou that judgest doest the same things.
2, But we are sure that the judgment of God is according to truth against them which commit such things.
3, And thinkest thou this, O man, that judgest them which do such things, and doest the same, that thou shalt escape the judgment of God?
4, Or despisest thou the riches and longsufferings of God leadeth thee to repentance?
5, But after thy hardness and impenitent heart treasurest up unto thyself wrath against the day of wrath and revelation of God; the righteous judgment of God;
6, Who will render to every man according to his deeds:
7, To them who by patient continuance in well doing seek for glory and honour and immortality, eternal life:
8, But unto them that are contentious, and do not obey the truth, but obey unrighteousness, indignation and wrath,
9, Tribulation and anguish, upon every soul of man that doeth evil, of the Jew first and also of the Gentile;
10, But glory, honour, and peace, to every man that worketh good, to the Jew first, and also to the Gentile:
11, For there is no respect of persons with God.

ローマ人への手紙 2章1~11節:
「1, だから、ああ、すべて人をさばく者よ。あなたには弁解の余地がない。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めている。さばくあなたも、同じことを行っているからである。
2,  わたしたちは、神のさばきが、このような事を行う者どもの上に正しく下ることを、知っている。
3,  ああ、このような事を行う者どもをさばきながら、しかも自ら同じことを行う人よ。あなたは、神のさばきをのがれうると思うのか。
4,  それとも、神の慈愛があなたを悔改めに導くことも知らないで、その慈愛と忍耐と寛容との富を軽んじるのか。
5,  あなたのかたくなな、悔改めのない心のゆえに、あなたは、神の正しいさばきの現れる怒りの日のために神の怒りを、自分の身に積んでいるのである。
6,  神は、おのおのに、そのわざにしたがって報いられる。
7,  すなわち、一方では、耐え忍んで善を行って、光栄とほまれと朽ちぬものとを求める人に、永遠のいのちが与えられ、
8, 他方では、党派心をいだき、真理に従わないで不義に従う人に、怒りと激しい憤りが加えられる。
9,  悪を行うすべての人には、ユダヤ人をはじめギリシア人にも、患難と苦悩とが与えられ、
10,  善を行うすべての人には、ユダヤ人をはじめギリシア人にも、光栄とほまれと平安が与えられる。
(管理人注:
「ユダヤ人をはじめギリシア人にも」とは、大まかに言えば、選民であろうと選民ではない出身の者も」の意。但し、裁きも誉れも、まず選民と信者から順に与えられる、という意味。)
11,  なぜなら、神には、かたより見ることがないからである。


編集 / 2010.11.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
夕べ、2010年11月14日の簡単夕食(一人分)レシピ
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】
夕べ、2010年11月14日の簡単夕食(一人分)レシピ(でも書きたくなったので〜):ご飯一人分
賞味期限の数ヶ月過ぎたコーンビーフ(小)1/2缶
2日前に開けたスイートコーン缶詰1/2〜1/3
庭のパセリ少々
バター、醤油、粗びきBLACK PEPPER、キューピーマヨ、各適当に決める。
フライパンにバター→コーンビーフ(十分ポロポロに)→コーン→こしょう→ご飯→醤油(強火で周りからたらすだけ)→マヨ(5〜10cc/一人分)→パセリ。子供用の様で割にそうでもなかったです。楽して缶詰を消費出来ました。
〇コンソメスープ(好みの具)
〇サラダ+蛋白質何か。
等。
〇炭酸レモンドリンク
〇コーヒー
〇ビスケット少し

だった!
編集 / 2010.11.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
ILLUMINATI CARD GAME 『風評工作』
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》
ILLUMINATI CARD GAME
"Whispering Campaign" 『風評工作』

whispercard 1 done







編集 / 2010.11.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
IH人間クッキング強力加熱中!
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

  電磁波と思われるものの照射がここ数日さらに激しく、内側からカッカと調理されていまして、やっと庭に飛び出してみるという事に気付きました。出たり入ったりしながら確認したところ、やはり、照射は家の配線を利用した攻撃にぼぼ間違いないと感じました。
  庭でテントを張って暮らしたい位ですが、もうじき雪が積もるでしょう。
  部屋に戻ってから、急いで電磁波を調べました。まず天井に付けてみると1.4range?木製家具3range位。独り言で驚きながら撮影を始めると、近所の〇〇が慌てて外出。その直後に天井を計測すると”0”! 
  ...家の中を移動(たか知れているが)しながら此を打つ。
   ここ数日、日中とても眠く、また朝も中々起きづらいのでおかしいとは思っていました。自分の体が自然に要求しているのでもなく、心理的な動機も無いので、何故加害側がいきなり私に長い睡眠を?」
  ...恐らく可なり強い電磁波で「料理」を早めに仕上げたかったのでしょう。

編集 / 2010.11.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
近隣もネットも同様のパターンではないですか?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
ひょっとして近隣もネットも同様のパターンではないですか? 私が此処で勝手に自分だけの事をしている間に、まさか今迄長い間、今回のネット状態と全く同様、まさか誰かが、近隣等でも、悪事嫌がらせなどやりまくりながら、まるでこの私が(!!!アホがする様な悪事をし、まさか私の名前か、そう思わせる何かを付けたり残したりして等されていませんでしたか??私が何時も此処で勝手にしている事は明白で何か迷惑をして回ってなどいないのはこんなにはっきりしていると思っていましたが!
それと、近場もネットも、何故、皆アヒルのヒナの様に、最初に聞いた話を勝手にまるごと信じて、私自身が知らない事を責めたり批判したり、そういった根拠の礎が無い事を、まるごと鵜呑みにして、勝手に腹を立てて怒りをほのめかしたりするのは、何故でしょう?
ところで、車輌ハラスメントが激しい中書いてます! 本人に一切確認を取らずに決めつけせしまうのは何故でしょう?ネットも近場も、確認どころか、完全に無言で、本人がまさかその様な擦り付けが起こってる事すら全く気づいていないのに、近寄りもせず鵜呑みにし、責める時点でだけ、一方的にほのめかし、私に一言も言う機会を与えない?






編集 / 2010.11.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
私の『なりすまし』が居ると思います!
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
どこかで、誰かが、私になりすまして悪事をしている気がします!私が言ってもいない事を私自身が言った様に多くの人達に思わせ、出してもいない悪いメールか何かを私と思わせて出したり、知らない工作をしたり、また、それらを私がした様に工作されていて、おかしくなっていると思います!
同時多発的にあらゆる人達が怒ったり批判を浴びせたり、掲示板に書いてる訳でもないのに、批判的なほのめかしが何時も訪ねるブログで同時多発的に吹き出したり、それなのに、取り付く場所が与えられていないので、誰何を訊けば解明に繋がるかも分からない形です。掲示板では酷いとよく聞きますが、自身のブログとわずかのコメントだけで、しかも「非公開」でも、加害者は判っていて、非公開コメントの受取人の意識改革が直ぐに出来上がり、もうコメントをしない方が良いと思い、しなくても、何でも良いから(と言うか、きっかけが解らない)まとめて静まり帰り、まとめて批判やほのめかし、等、沸き上がりますから、誰かが指揮をとっているのでしょう。内容からして、多分私になりすまして、私が言っている様にされている気がします。あと、私の記事がかいざんされていないでしょうか?今大型車輌が騒音を遅い速度で出しに来ました(複数)

PCからの追記:
  
  先月-先々月、私のミラーBLOGに、勝手に".net"ドメインで終わる自動(?)ミラーが見つかりました。
問い合わせ、改竄の可能性を無くしたいので、その".net"のサイトを削除して貰う様に、同時にお願いしたのですが、何も返答も無く、しかも".net"サイトが続いていたので、とりあえず幾人かの方々のコメントに(殆どを《非公開》にして)説明を出し、注意してもらおうと思い立ちました。 一箇所はアクセス数が非常に高いBLOGだったので《公開》コメントにしたのですが、恐らくこの".net"サイトについての注意をお願いした際の、その私のコメント内容が問題の原因になっているのでは、と、つまり、どこかに私の成りすましが居そうだと思わずに居れない一連の嫌がらせが起こったのです。
  そのコメントには".net"で終わるサイトが見つかった事と合わせて、".net"が作られた理由として一度受け取っていた説明も加えて、理解してもらおうとしました。
  後に判ったことは、私のBLOGだけではなく、fc2の皆に、同じ".net"ドメインのミラーがあてがわれていたのでした。".net"サイトは、どうやら中国に住んでいるユーザーがアクセス規制を受ける事の無いようにと複製されたミラーサイトだったそうです。 ちなみに私のfc2は、登録時点において使っていた『KINGSOFT』の所為で、勝手に中国語用に判別されてしまった様で、日本語サイトではなく、多言語サイトと言う少し利用方法の違うBLOGに登録になってしまった様でした。 ところが私はその様な違いも知らず、単に英語主体でさせてもらえる、位に考えて続行していましたので、この中国でアクセス規制をされないようにとの説明に困惑し、自分が中国と一切関係の無い人間なので、判らない言語と特別なサイトを置いておきたくないと言う返答を送ったところでした。

  そのいきさつの説明を含めたコメントを他のユーザーのコメントに公開したのです。

  同時に自分の記事も新たに投稿を続けていて、同時に他にも非公開でコメントを出していた気もしますが、いつも訪問するBLOGの多くの方々から、一度に同様の内容の批判や責めるような記事が上がったのです。しかも誰一人私の".net"についての説明・お願いに対して返事が無かったのです。静まり返り、後にいきなり同様の趣旨の批判が湧き上がったのです。『仄めかし』同様、はっきり私に言う事も無く、つらい思いをしました。ただ、理由がわからなかったので、私も暫くのんきに構えていました。 仄めかしの内容は、私が「フラフラとアッチに付いたりこっちに付いたり」、「便利な方に実を寄せる」、と言った感じとか、「急に態度を逆転させる」、「都合によってカメレオンのように色を変えr」、または、「いきなり180度態度を変えた」、等...
これは私をよく知っている人は絶対に私がそのタイプでは無い事をよく知っている筈の事で、完全に侮辱でした。私はこの内容とは無関係の人間です。

  暫く考えてみて、どうもあの中国に関することが含まれていたコメントが原因の仄めかしと批判であったのではと思い、そのコメントを削除してみました。

 恐らく、あのコメントが原因だったと思うのです。が、どこかで誰かが私jに、成りすまして喋っている悪者が居ない限り、あのコメントない世9う程度では、絶対私が方向転換云々と批判等される訳がありません。 私が『KINGSOFT』で安く上げていたので、色んなサイトで勝手に中国風の登録や設定にされて来ていて可なり困惑していたのも事実で、しかも誰だって、使えない言語と、関わった事の無いグループの中に投げ出されるのは不安ですし、言語が問題で対処にも限界があるのですから、私のコメントの内容は一切おかしくないのです。 それなのに何故、一人や二人でもなく、大勢が怒り半分に批判を上げて来たのでしょう? しかも、まるで私がいきなり方向転換でもした様な(!!!)、ずるいような言いがかりです! 
  誰かが私を名乗って居ないでしょうか?
  そこでその者(達?)は出鱈目をまくし立てていないでしょうか? それを信じ切って居て、誰もコメントにすら返事すらしてももらえないのではないでしょうか? しかも、頻繁に、まるで私の記事が矛盾するようなおかしな言いがかりもつけられます。 しかし、私の記事はごらんのままです。時折、非公開にしたり、再度公開にしたり、打ち間違えを修正したり、説明を加えたりと、マイナーにしていますが、[あと、ミラーとして、これ以外には、そのFC2と、Yahooと、以前試したLivedoor(=は、ログインの度に気持ちの悪い写真が出てきて気持ちが悪くて使わなくなった)です。]矛盾はありません。

  それなのに頻繁に、矛盾して居るような批判をされました。 恐らく、誰かがどこかで私を名乗っておかしな活動をしているのではないでしょうか?
  お気づきの方はどうぞはっきりと、私に、その様なサイトがあれば、お知らせください! お願いします! 
  自分で検索しても、自分のBLOGとコメント、その他私へのリンクやコピペ位しかありません。 探して来ていますが、当の私には見付けられません。 成りすましは、一体、何処で、どの様なHNで、何時ごろから、どの様にして、皆に私と思わせて活動して来ているのでしょう? 

  教えてください。


ところで、[加害者』という人種は、こういう迷惑宣言を、「楽しんで」いるのでしょうか?

  





編集 / 2010.11.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
TRANSCRIPT:[YouTube]"Monarch:TROJAN HORSE" by Marshall Thomas
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》

TRANSCRIPT
Monarch:
"TROJAN HORSE"
by
Marshall Thomas



[Transcript by this blogger]
[which means you had better check it through yourself!]

" Operation Monarch is first and foremost an Infiltration and Counter Insurgency
Operation: their function as TROJAN HORSE OPERATION worldwide.

One example of a Trojan Horse operation in the 20s Century is Nazis Germany.

The Weimer Republic was destabilized by the Facists.

First, they established private militias: Para-Military organizations.
They were used as the springboard to infiltrate the German Military.

And from the German Military, this organization infiltrated the German Police
Forces.
Once the German Police Forces have been infiltrated effectively, there was no
going-back.

A World War II and the fate of the Europe was sealed.

Hitler (Weit--?) Reichstag, the German Parliament, and then used this as an
excuse. He blamed it on foreigners.

And ( ) about the work of a "Kight of A Long Knives."(?)
The "Knight of A Long Knives" refers to the assassiation of approximately
1,000 people within Germany whom Hitler felt could stop him from his grasp of a
total and complete power.

Once these 1,000 individuals were assassinated in an orgie of violence,
then Hitler was assured that no one can stand in his way, and the final
solution could take place.

The Counter-Insurgency under Monarch is aimed at political dissidents,
whistle-blowers and potential enemies within the United States of America and
within other nations.

In other words, this part of the Counter Insurgency with non-lethal Microwave
Weapons and ELF= Extremely Low Frequency technology functions like a very
slow and methodical "Knight of a Long Knives."

People within society who are free thinkers, activists and in general people who
will stand up and object, people who will lead others are effectively isolated,
targeted, neutralized, and slowly murdered over time.

Instead of using para-militaries, Operation Monarch uses Cults, Neo-Nazis
Organizations, criminal organizations, and other close systems, systems
that are separate in a part from the larger society.

These Cults, criminal organizations, and other close systems that are being
used for political infiltration are also used as private armies to harass the
targets within communities.

Once these speed-of-light weapons, Microwave, non-lethal weapons
technology is able to slowly cull the human herd, and in effect sanitize a
society, a giant, slow, "Knight of a Long Knives" then, and only then,
will larger operations take place.

They seek to destabilize Democracy in many nations and perhaps to
establish a One-World dictatorship.

(Riding) if you will, a cocktail of this revolutionary military affairs, the
speed-of-light weapons then defeat all other known technologies.
Planes, tanks, missiles(?) are now obsolete in a face of pulse microwave
weapons and Extremely Low Frequency technologies that attack the
human central nervous system.

Operation Monarch is the ultimate Trojan Horse. "







編集 / 2010.11.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
【編集中!】Marshall Thomas の他のビデオから & Definition of "Rorschach Test"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》
[2010-11-09 03:27:40 @ My Mirror]




 2010-11-09 03:27:40

マーシャル・トーマスの他のビデオからわかったこと

  

  Yuri Bezmenov と Marshall G. Thomas のその他のビデオもYouTubeからTRANSCRIPTSを作っていたのですが、いちいち全てをTRANSCRIPTS しても居られないほど量・質共に大き過ぎ、皆さんが時間のある時に何時でもチェック出来ますので、一つMarshall G. Thomasの他のビデオから面白い事を学んだので、その点だけ補足的に記事にしておきます。

   Marshall G. THomas の "ORGANIZED GANGSTALKING" という題のYouTubeで話していた件から:

" However, these vigilante groups that's been initiated in recruiting by the U.S. government are in effeect experiments of the groups themselves. The Intelligence Agencies are experimenting just how far they could push those groups of people and how far the individuals would go and what it takes to make "regular people" within the community commit antisocial acts, such as harassment, assault, breaking in & entering, and even murder."

  私達被害者=T.I.s は、云わばあらゆる方法で試みられて来ていますが、また、そこからありとあらゆる実験結果を図らずも提供している様ですが、実は、(と言っても、さほど驚く様な事でもありませんが)、加害者・加担者一人一人も実際、実験対象である様だということです。 

   私達は、よく、「切れさせて犯行に及ばせる、」「自殺に追い込む、」「病院行き」等へ追い込もうとしているという説明をよく目にします。
 また、あらゆる、元はといえば加害者側の抱えている心の問題を投影して来るありとあらゆる形の『アンカリング』材料を、「浴びせかけられ、」個々の標的がそれらのどの部分また性質のものによりアンカリングがかかりやすいか、等から標的の心的性質を読み取ろうとされてきています。


  これが標的への実験・試み、つまり極限状況でどうなるかを実験するという事だとして、このビデオに依ると、実は、加害者、加担者も、「もし何をしてもよければ、標的に対してどこまで悪いことをするか」、また、何が条件で、日常的に一般人として通ってきている所謂「普通の人間」が、どの位反社会的犯行に及ぶか、(「決して捕まらない」「どんな嘘を触れ回っても良い、」「皆でするので怖くない、何をしても良い、」等)、解き放つことで誰がどの様な条件下で、何処まで、最終的には殺人まで犯すかどうか、といった結果を集積されている様です。

   総合的、最終的、集大成としての人体実験結果が得られるという仕組みのようです。

  『ロールシャッハ・テスト』式機能と同様ですが、「加害者・加担者側も分析をされて来ている」事を、Marshall Thomasが言っています。
「実は加害者も実験されてきている。」「普通人が一体何処までヤッてしまうのか、最終的には人殺しも誰がするようになるか」等。

  『治外法権』の様な(実は全ての記録はあるに決まっている!)状態において、標的についてのどの様な『ストーリー』に一番反応して加害に加担するか、また、何をしてもよく、集団であるから怖くも恥じも無いとなる場合、個々の加担者は一体どの様な悪事に走りがちか、また、何処までヤッてしまうか、等が、同じくロールシャッハ・テスト式に浮き上がってきます。


   また、『マイクロウェーブ』による感情のコントロールにしても、ターゲットだけではなく、加担者も、例えばある特定の事を考えたり、特定の人間について思った際、思考盗聴によってBMIが操作し、与えられた感情を経験する様に方向付けられ、また、水路付けられながらコントロールされているようです。 

   これで、面識も無いターゲットに対して強烈な悪意が湧き上がったり、悪事に及び得る、また、その時点でどこまでの悪をどの様に犯すか、等も把握出来る、という仕組みの様です。 これが著者の言う、Ewen Cameron が始めた事になっている BLACK PSYCHIATRY = (『黒魔術』ならぬ)『黒心理学(精神病理学)』という事になるのではないでしょうか。 



Definition of "Rorschach Test"
ロールシャッハ=テスト Rorschach test

「 投影法検査の代表的なものの一つ。この検査の原図版はスイスの精神病医、H=ロールシャッハ(一八八四-一九九二)が一九二一年に公刊したもので、10枚の左右対称のインクブロット(インキじみ)を用いる。これを一枚ずつ被験者に見せ、何に見えたか、を聞く。そしてブロットのどこを意味づけたか-全体か部分か、意味づけがブロットの形・色・明暗あるいは運動感のいづれに影響されたか、その内容が人・動物・植物・物か、反応の正確さ・明細か・統合性の程度はどうか、などを詳細に分析することによって総合的な人格診断をおこなう。
  インクブロットはインキを紙の間に落としてつくったものであるが、あいまいな形を特徴としている。したがって、それを意味づけることは、個人の深層にある欲求や感情が投影される。ベック S.J.BeckやクロッパーB.Klopferらの研究が今日ではもっとも広く利用されている。」      <本明 寛>

FROM:
小学館
ENCYCLOPEDIA JAPONICA
大日本百科事典 全18巻 ジャポニカ
PP.644-645
『ロールシャッハ=テスト』の項目全文。

株式会社 小学館 1971年
昭和46年9月15日 初版第1刷発行

編集兼発行者  相賀 徹夫
印刷者      澤村 嘉一
発行所      株式会社 小学館

郵便番号一〇一
東京都千代田区一ツ橋二ノ三ノ一 
電話 東京(263)2111・大代表
振替 東京200番

印刷  凸版印刷株式会社
特抄コート紙    王子製紙株式会社
特抄アート紙    三菱製紙株式会社
特抄クロス      日本クロス工業株式会社
表紙用特製色箔  独逸顔料工業株式会社
製本         凸版印刷株式会社

0501-506018-3068


編集 / 2010.11.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
TRANSCRIPT:[YouTube]Gang Stalking as "Human Experimentation pt 3"[With Ammendment!] V2K=人口音声送信は実証済みの実在するハイテク!糖質ではない!
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》


V2K=人口音声送信は実証済みの実在するハイテク!糖質ではない!(私は経験が未だ無いが、親がいつも訴えていた!)(斜め裏の層化が狂気に怒り狂って『音だし』騒ぎをしている!只今夜中の零時40分!)

TRANSCRIPT:
Gang Stalking
as
"Human Experimentation
pt 3"
Marshall Thomas



[Transcript by this blogger]
[which means you had better check it through yourself!]



"  As time goes on, the attacks have become more and more bold, and becomes
unmistakable to the target that they're being attacked by some sort of a
classified technology that is capable of delivering burns, shocks, stabs, a
mustle-spasms, or manipulations to different parts of the body at will, typically
attacking of the upper chest, their face, their head, their eyes, or any other part
of their anatomy. These attacks are sustained in vicious manner.

   At times it may seem as if they are toying with th target, and at other times
they seem to the victim as if they are attempting to kill them. These
technologies are capable of inducing heart-attacks, and severe physical trauma
at any time, concussions, 2nd and 3rd degree burns, and other serious injuries. 
  However, it is standard operating procedure to maintain plausible deniability and
in effect to deliver these attacks in a small, slow, sustained manner over time
that goes on for years.

The ultimate aim of these attacks is to neutralize and to manipiulate and change
the behaviour of the victim in order to learn how to modify human behaviour.
Many of these targets report something that is perhaps even more terrifying
than a organized gangstalking or the physical burns and shocks and stabs.

The type of technology that has been perfected was reported by Dr. Alan Fry in
1958. What he refered to as "Radio Frequency Sound" has since been termed
"Microwave Hearing". The common term at the Pentagon is "Synthetic
Telepathy". In effect when these microwave frequencies are shaped and pulsed
at a certain frequency at a certain power level in just the right manner, it is
possible to repricate human speech that bypasses the ears. The effect that was
discovered by Dr. Alan Fry in 1958, that he termed "Radio Frequency Sound" or
"the Fry Effect" has been written out in numerous publications by the military,
in scientific communities.
I will read you but 3 as an example:

1. In 1976,  the Defence Intelligence Agency Reports wrote that
" Anti-personnel applications of pulsed microwaves that carry sounds and possibly
even words which have been appearing (intracranuary?) "

2. The following quote is from an Airforce Publication entitled "New World
Vistas":

" It would also appear possible to create high fidelity speech in the human body
raising the possibility of "covert suggestion" and "psychological direction".
When a high power microwave pulse in the giga hertz range strikes the human
body, a very small temperature (-?travention) occurs. This is associated with a
sudden expansion of the slightly heated tissue. This expansion is fast enough to
produce in an accoustic way.
If a pulse streams are used, it should be possible to create an internal accoustic
field in a 5-15 Khz range which is audible. Thus it may be possible ( ) selected
adversaries in a fashion that would be most disturbing to them."

3. A third citation is in NEXUS Magazine in October 1994:
" Directed Energy Weapons currently been deployed include, for example, a
Microwave Weapons System manufactured by ( - Cassandras?) and used for a
process known as "Voice Synthesis" which is a remote beaming of audio
voice or audible sounds directly into the brain of any selected human target.
This process is also known within the government as "Synthetic Telepathy".
This psychotronic Weapon was demonstrated by Dr. Dave Morgan at the
November 1993 Non-Lethal Weapons Conference.


  The documentation is there, that these technologies and these weapons
systems exist.

The "Voice Synthesis" or "Synthetic Telepathy" as referred to by the
Pentagon, is used against the victim, the targeted Individual, in a
constant stream of negative verbal ( ) threats, and insults, that in effect
usurp the consciousness and the internal dialogue of the individual.
These targets, many of them, are attacked with a verbal audio stream
of death threats, of cursing, of insults.
This is an attempt to slowly break down the mind of the Targeted
Individual in preparation to modifying their behaviour.
This is a highly effective means of neutralizing the individual target.

This exact strategy was first used in the 1950's by Dr. Ewen
Cameron, an MKUltra project criminal, a psychiatrist who practiced
BLACK PSYCHIATRY, illegal use on human-(beings as) experimental
subjects.

Dr. Ewen Cameron recorded () recording messages, and drugged his
patients with the LSD and immobilized them with electric shock.
And while they were in this traumatized state, Dr. Cameron played
these rude messages continuously 24 hours a day for weeks on end
that stretched into months.

This was a strategy that Dr. Cameron termed, "DEPATTERNING."

This is the exact type of strategy without modification that is
being used against these Targeted Individuals today.







編集 / 2010.11.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
10 | 2010/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。