FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
An Exerpt from "BROKEN THINGS" by M.R.DeHaan
カテゴリ: ◇Bible Studies/聖書研究


An EXERPT
from
“Broken Things
The Ministry of Suffering-“
by
M.R. DeHaan

Broken Things
1948
Zondervan Publishing House,
Grand Rapids, Michigan.


pp53-54


A Broken World


Broken homes, broken hearts, broken bodies, broken hopes, broken health, broken vows, broken lives – what sadness in those words! But this is merely the course of nature. Broken things suggest accidents and calamities. We associate them with disappointments and failure. But all these “tragedies” are known to God, and as we shall see, can be and are utilized by Him so that He brings out of those broken garments something far better, more beautiful, more enduring than that precious thing which was broken at our feet. With the Lord there are no calamities. God knows no disappointments. He knows all things from the beginning, and nothing which happens surprises Him. Knowing everything from the beginning, He has so planned that every broken piece in the life of His own children will fit in somewhere by-and-by in the complete portrait of His eternal counsel and will.


I long ago learned the lesson, but need to remind myself of it constantly, that God makes only what He breaks, and breaks only that which He wants to make. If you are being broken, God is working with you. He is making something, something which will some day astound with its wisdom and beauty. Each time in my life when I have passed through the dark vales of disappointment and have cried in agony, “Oh, why, why must this be?” God has always led out of the gloom into a greater light, and out of the straits always lead into the wide, wide ocean.” The Lord deals with us in that way. The things we thought were the greatest trials and tragedies are found later to be God’s way of bringing us something better. We think broken things are a loss, but God turns them to gain. In nature, broken things are cast aside, but in grace, God will never use a man until he is broken.


スポンサーサイト
編集 / 2010.12.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
From the Back Cover of "JAPANESE OVERSEAS -Surviving the culture shock of re-entry-""
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》 / テーマ: 海外で働く / ジャンル: 就職・お仕事


  帰国後に、苦し紛れから"Reverse Culture Shock"と検索してみたところ、大当たりで、そのままの表現が既に出来上がっていました。専門サイトもあり、一部にレスも出しましたが、書籍類は当時さほどあまり多くなく、これともう一冊は:

"BURN-UP OR SPLASH DOWN
-Surviving the culture shock of re-entry-"
by
Marion Knell
ISBN-13: 978-1-932805-83-3
ISBN-10: 1-932805-83-4
Publisher: Authentic
2006 Marion Knell

があります。


From the Back Cover
of

"The Japanese Overseas
-Can They Go Home Again?-"

by MERRY WHITE



U.S.A.:
Princeton University Press
41, William Street,
1988、Princeton,
New Jersey 08540
U.K.:
Princeton University Press,
Oxford


The Astonishing success of Japanese corporations throughout the world has transplanted millions of Japanese into foreign lands, but returning families face a crisis - a prolematic, sometimes traumatic reunion with an inward-looking culture. Drawing on scores of in-depth interviews, Merry White explores the personal and social consequences of a problem that is fully recognized as a national issue in Japan. She pays particular attention to the plight of the returnee Japanese child - a stranger in his or her own land.


" In this knowledgeable and perceptive book, [Merry White] describes how families who have returned from prolonged sojourn abroad endure damaged careers and spoiled educational prospects."
- Joan Cassell, The New York Times Book Review

"An invaluable source of insights into the problems that Japanese overseas face and the strategies they pursue, both in adjusting to life in foreign countries and in preparing for what may or may not be a hospitable welcome when they arrive back home."
- Theodore C. Bestor, The Journal of Asian Studies

Merry White, Associate Professor of Sociology at Boston University and Associate in Research Institute of Japanese Studies at Harvard University, is the author of The Japanese Educational Challenge: A Commitment to Children (Free Press).

PRINCETON PAPERBACKS

ISBN 0-691-00871-X





編集 / 2010.12.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
WORDS for these days
カテゴリ: ◇Daily Bible Verses/日毎の聖句 / テーマ: 聖書・キリスト教 / ジャンル: 学問・文化・芸術



John 15:20,25-16:1-3
...
But this cometh to pass, that the word might be fulfilled that is written in their law, Thay hated me without a cause.
...
These things have I spoken unto you, that ye should not be offended.
They shall put you out of the synagogues: yea, the time cometh, that whosoever killeth you will think that he doeth God service.
And these things will they do unto you, because they have not known the Father, not me.
ヨハネ15:20,21,25-16:1-3
「  ...
それは、『彼らは理由なしにわたしを憎んだ』と書いてある彼らの律法の言葉が成就するためである。
  ...
わたしがこれらのことを語ったのは、あなたがたがつまづくことがないためである。
人々はあなたがたを会堂から追い出すであろう。
更にあなたがたを殺す者がみな、それによって自分たちは神に仕えているのだと思う時が来るであろう。
彼らがそのようなことをするのは、父をもわたしをも知らないからである。」
【口語訳】


Isaiah 55:8-12
8 For my thoughts are not your thoughts, neither are your ways my ways, saith the LORD.
9 For as the heavens are higher than the earth, so are my ways higher than your ways, and my thoughts than your thoughts.
イザヤ55:8-12
「8 わが思いは、あなた方の思いとは異なり、
わが道は、あなた方の道とは異なっていると
主は言われる。
9  天が地よりも高いように、
わが道は、あなた方の道よりも高く、
わが思いは、あなた方の思いよりも高い。
【口語訳聖書 1954】


*********************************

Revelation 12:12-17
Therefore rejoice, ye heavens, and ye that dwell in them. Woe to the inhabiters of the earth and of the sea! for the devil is cast down unto you, having great wrath, because he knoweth that he hath but a short time.
And when the dragon saw that he was cast unto the earth, he persecuted the woman which brought forth the man child.
And to the woman were given two wings of a great eagle, that she might fly into the wilderness, into her place, where she is nourished for a time, times and half a time, from the face of the serpent.
And the serpent cast out of his mouth water as a flood after the woman, that he might cause her to be carried away of the flood.
And the earth helped the woman, and the earth opened her mouth, and swallowed up the flood which the dragon cast out of his mouth.
And the dragon was wroth with the woman, and went to make war with the remnant of her seed, which kept the commandments of God, and have the testimony of Jesus Christ.
[King James Version]


黙示録12:12-17
それゆえに、天とその中に住む者たちよ、
大いに喜べ。
しかし、地と海よ、
おまえたちはわざわいである。
悪魔が、自分の時が短いのを知り、
激しい怒りをもって、
おまえのところに下ってきたからである。」
龍は、自分が地上に投げ落とされたと知ると、男子を産んだ女を追いかけた。
しかし、女は自分の場所である荒野に飛んでいくために、
大きなわしの二つの翼を与えられた。
そしてそこでへびからのがれて、一年、二年、また、半年の間、養われることになっていた。
へびは女に後ろに水の川のように、口から吐き出して、女をおし流そうとした。
しかし、地は女を助けた。すなわち、地はその口を開いて、龍がその口から吐き出した川を飲み干した。
龍は、,女に対して怒りを発し、女の残りの子ら、すなわち、神の戒めを守り、イエスのあかしを持っている者たちに対して、戦いをいどむために,出て行った。
[口語訳聖書1954]


MATTHEW10:24-25
24The disciple is not above his master,nor the servant above his lord.It is enough for the disciple that he be as his master,and the servant as his lord.
25 If they have called the master of the house Beelzebub,how much more shall they call them of his hnusehold? 24 弟子はその師以上のものではなく、僕はその主人以上の者ではない。
25 弟子がその師のようであり、僕がその主人のようであれば、それで十分である。もし家の主人がベルゼブルと言われるならば、その家の者どもはなおさら,どんなにか悪く言われることであろう。
[Authorised/King James Version]
[口語訳聖書1954]

******************************************

Daniel 11:33-35
33 And they that understand among the people shall instruct many: yet they shall fall by the sword, and by flame, by captivity, and by spol, many days.
34 Now when they shall fall, they shall be holpen with a little help: but many shall cleave to them with flatteries.
35 And some of them of understanding shall fall, to try the, and purge, and to make them white, even to the time of the end: because it is yet for a time appointed.


******************************************


Ecclesiastes 3:1-11
1 To everything there is a season, and a time to every purpose under the heaven:
2 A time to be born, and a time to die; a time to plant and a time to pluck up that which is planted;
3 A time to kill, and a time to heal; a time to break down, and a time to build up;
4 A time to weep, and a time to laugh; a time to mourn, and a time to dance;
5 A time to cast away stones, and a time to gather stones together; a time to embrace, and a time to refrain from embracing;
6 A time to get, and a time to lose; a time to keep, and a time to cast away;
7 A time to rend, and a time to sew; a time to keep silence, and a time to speak;
8 A time to love, and a time to hate; a time of war, and a time of peace.
9 What profit hath he that worketh in that wherein he laboureth?
10 I have seen the travail, which God hath given to the sons of men to be exercised in it.
11 He hath made everything beautiful in his time: also he hath set the world in their heart, so that no man can find out the work that God maketh from the beginning to the end.


伝道の書 3:1-11
1  天の下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。
2  生まれるに時があり、死ぬに時がある。
   植えるに時があり、植えたものを抜くに時がある。
3  殺すに時があり、いやすに時があり、
   こわすに時があり、建てるに時があり、
4  泣くに時があり、笑うに時があり、
   悲しむに時があり、踊るに時があり、
5  石を投げるに時があり、石を集めるに時があり、
   抱くに時があり、抱く事をやめるに時があり、
6  捜すに時があり、失うに時があり、
   保つに時があり、捨てるに時があり、
7  裂くに時があり、縫うに時があり、
   黙るに時があり、語るに時があり、
8  愛するに時があり、憎むに時があり、
   戦うに時があり、平和に時がある[="a time of peace"/「和解するのに」=(新改訳) & 「和らぐに」=(口語訳)]
9  働くものはその労する事により、なんの益を得るか。
10 私は神は人の子らに与えて、ほねおらせられる仕事を見た。
11 神のなされることは皆その時にかなって美しい。 
   神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。 
   それでもなお、人は神のなされるわざを初めから終りまで見きわめることはできない。


編集 / 2010.12.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
ChristmasもEasterもバビロニアの神々の祭り
カテゴリ: ◇Bible Studies/聖書研究
 
P/S: 
だからといって、クリスマスは祝ってならない、とまでは思っていない(イースターは少し違うが)。

Easter
は、女神イシター=アシュタルテ=セミラミス=ヴィーナスの祭りで、
Christmasの始まりも、(確かその息子である)タムズ=Tammuzが亡くなった事を悼む冬至の頃の儀式で、太陽神なる(筈)(余り詳しくなろうとも思わないが)その息子=the sonが亡くなったから、日が短くなった、と言う、迷信特有のこじつけの話らしく、その息子が春には蘇るのので、それを待っている...とか何とかいう伝説。クリスマス・ツリーもその関連のwitchcraftの意味合いがあるらしいもの(常緑樹)、また、さんた・クロースの赤い服も、ヴァチカンの儀式で着ている赤と白のケープや衣装(?)(John Paul IIの葬儀にも皆あそこで(Vaticanで)着ていた。覚えているか?)から来たもので、赤は、クリスチャンを迫害して殺した血の色とどこでも読んでいる。
 アメリカ大陸に上陸した頃の最初のピューリタン達の頃は未だこの事実が主流で、クリスマスやイースターは禁止(今のハロウィーンのように、witchcraftとはっきりしていた)らしい。
 アシュタルテ(上記)は豊穣の女神で、イースタータマゴは其処から来たもの。ウサギも豊穣のシンボル(コッコが多い哺乳類だから)。
あとクリスマスリースは女性器でその中につけるろうそくが男性のらしい。ワシントンのオベリスクが前の方のキャピトルの円形に沿って(と言うか向かって)立っているのと同じ意味とかと聞く。

GOOGLE:
[
Christimas & Tammuz
]
[
Easter & Semiramis & Nimrod]:
Nimrod=Genesis10:8[ニムロデ➟創世記10章1節~]

参考書籍:
The Two Babylons:
"-Proof that Roman Catholicism's practice and beliefs came from pagan Babylonian religion... not from Christ or the Bible-"

by
Alexander Hislop

etc....



ついでにこれも:
安息日は金曜日の日没から土曜日の日没まで
 イエス様の復活は、イースターと偶然重なる年ももちろんあるが、イースターではなく(ローマ帝国下で当時の王ヘロデはイースターを祝っていたと聖書にあえて記述がある)、過ぎ越しの祭り過ぎ越しの羊として十字架に架かり、
水曜日の午後に息を引き取られ、~木曜日の日暮れで一日目
木曜日~金曜日の日暮れで二日目
金曜日~土曜日の
日暮れで三日目
三日後の、土曜日の日暮れすぎに(未だ明けていない頃)、復活されて
早朝にマリアが墓を訪ねたら、もう人の力では動かないふさいでいた石が開いていた。

 ちなみに、「御使い」とは、白い聖別されたネグリジェ(?)を着て、鳩の様な羽を付けているヤツとは少し違うようである。
時には人の様な姿で区別しにくい形で助けに来た話も多く、むしろ人間よりずっと力もあるようである。
名画にある(=キューピッド?=キューピーさん?)ようなものでは無く、必ずしも「可憐」では無いようだ。

 ただ、聖書の教えに天使の話や系図等にふけらないで、主に目を注いで行くべきと書いてあるので、興味はあるがその程度で、余りこの点についてはこれ以上深く費やしていない。

編集 / 2010.12.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
念のために...
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
念のため、陥れの常套手段のように見受けられる『成りすまし』工作に備えて、明記しておきます:
私はあのモリタボとか言うのを持っていないので、「アク禁」状態です。
私のPCに忍び込んでいればよ~くお判りかと思いますが...

第一、匿名の会話には慣れていません。相手が実は一人なのか3人なのかも分かりません。
私の性格をご存知の方ならお判りと思いますが、私はクリスチャンで解らない所へは足を余り入れたくありません。分からない人達とクリスチャンではないかの様に、長く書きあっていられません。
私のPCに忍び込み、盗撮されていればお判りのように、意外と日中オンラインしにここに来ていません。
最近携帯でもネットをよく読んでいますが、ホストさん等と特定出来る方へのコメント以外殆ど交流しないたちです。

それより、私がいつも不思議なのは、どうして皆(またこう書くとお嫌でしょうが、事実なので考えて下さい≫いやみではありません。≫)日本では、憶測と深読みと勘繰りばかり過剰です。騙され、結論を急いでいます。
何故皆で嘘を何でも信じて、逆に本当の事だと病的に疑い、一向にすっきりとしません。。。

だから、攻撃内容が出鱈目でも、直ぐに被害者が出ます。

盗撮も傍聴も出来るなら、誰が嘘を付いて、誰を落としいれようとしているか一目両全でしょう?

何故、それでも、嘘を信じて、自分で見えて聞けている現実がぼやけてくるのか、判りません!

恐らく、誰かが「悪い人」「うそつき」と発した途端に頭が働かなくなる様なトリガー言語になってしまっていて、それが聞こえた途端に、催眠術のようにゾンビー頭になってフワフワとそれを丸ごと信じてしまい、工作に加担し、無実の真面目な人達を苦しめる結果になるのではないかと、感じています。

陥れには、パックリと飲み込まれるように、学校時代から、または、子供の頃から条件付けられているのかもしれません。私もそうでした。 でも、海外で、そうしなくても良いことを経験出来ました。そうしなくても、大丈夫ですよ。

そういうものに動かされなくても安全だと知るには、試しに恐る恐る、安心できる経験をしなくてはなりませんでした。


ここは悪魔の国:気に入らない事は『嘘!』;これで片付け、邪魔な人間は「悪い」「キチガイ」「etc.」、それで、インスタントに効き目がある国。
人間は、原罪は持って生まれたが、神様に似せて造られたので、正しい事が通る国が好きです。だから、(かつての?)西欧に行った人は皆、あちらが良いと思い出し、また行きたいと思います。
気に入らないから「嘘」「悪い人」「うそつき」「きちがい」...?
今、どれだけの西欧人がその暗い観念を把握出来るでしょう?
私も、他の長期西欧滞在者も、帰国当初は中々感覚をつかめず逆に逆効果な踏ん張りをしていたと思います。知りたくなかった日本(東洋?)の現実。
良くなって欲しくてこう書くのに、これをまた気に入らないと、次の落としいれと苦しめの工作を練り始める、悪魔の工作員の多い国。その工作員が何国人でも、何教信者でも、何政党支持者でも、余り関係ない。
こういう『悪魔の漬物』が多い国。たとえ半島とかにはそれが日本以上に多かったとしても、私は半島のことをまるで知らないし関わりが無い立場なので、何も言う事は出来ない。日本について言うと、日本もこれだけ来たのは事実。半島じゃなく、自分の場所を見て、言っているだけ。私はその他の極東情勢はよく知らない。


盗撮して、あら捜しし、捏造して、自分を棚に上げて何の関わりも無い赤の他人である人柱の所へたかり寄り投石する前に、人柱に自分の問題をぶつけて攻撃する前に、まず、自分の家で(公共に対する発言ではないのだから)愛し合う家族となんでも言い合って、自分達だけでまず考え、何とかしてみましょう。それもしないで、関係の無い赤の他人である人柱の所に嫌がらせをしに繰り出しても、一度も解決に近づいていないでしょう。公共ではしない表現も、愛し合う家族との間では言い合えると思いましたが。人間には、判断力というものがあるので、「これは家族に話そう。」「これは友達だけと」「これはブログ」「そして、この件については新聞に投稿してみよう。」「また、これこれは街宣の際に伝える内容だ」と選んでいます。その上でだからこそ、発言に責任を取れるようになります。あなたが親友だけに言えたその話は、あなたは見知らぬ通行人には言いませんでした。あなたが選んで友人に対してとれる責任であり見知らぬ通行人に反応されてもなにも答えは無い、そう判断したからです。皆そうしていると思っていました。だから、自分の家でまず好きなように自分たちなりのやり方で話してみましょう。赤の他人である人柱のところに繰り出してもどちらの為にもなりません。社会の為にもなっていないでしょう。そうする前に公共に対して表現したら、難しくなると思います。



編集 / 2010.12.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
《コピペ》『名無しさん@ストーカー被害』15-24
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》

《コピペ》
他板からの「コピペ」はここへ書き込め!名無しさん@ストーカー被害
http://bbs.2ch2.net/test/read.cgi/stalkers/1072941113/15-i

------------------------------------
15: 07/14 12:29 ID:qmQRNqTo
407 名前: 名無しさんの主張 2006/04/22(土) 12:07:30


人を悪人にしたて一般人を洗脳し加担者にする
------------------------------------
16: 07/14 12:34 ID:qmQRNqTo
481 名前: 名無しさんの主張 2006/05/02(火) 12:20:42


工作員て、自分達から嫌がらせふっかけておいて、それにたいして気に食わない事があると、得意の情報ばら蒔きで、入れ替わり立ち代わり、工作員を配置させて嫌がらせを与えますね。

------------------------------------
17: 07/14 12:38 ID:qmQRNqTo
510 名前: 名無しさんの主張 2006/05/05(金) 07:59:38


役割分担をして、片や犯罪恫喝を実行する
片や盗聴個人情報をほのめかす
片や渡りに船のように見せかけて
ターゲットの不利益となる方にターゲットを誘導する

------------------------------------
18: 07/14 12:39 ID:qmQRNqTo
541 名前: 名無しさんの主張 2006/05/08(月) 05:22:48


人権侵害とカルトの中心はなにか似通っているものです
------------------------------------
19: 07/14 12:46 ID:qmQRNqTo
645 名前: 名無しさんの主張 2006/05/13(土) 10:42:44


634
精神医学が嘘とでっち上げで成り立っている事は既に証明されてます。診断というものはただの「政治的命令」「政治問題」です。

------------------------------------
20: 07/14 12:49 ID:qmQRNqTo
676 名前: 名無しさんの主張 2006/05/14(日) 19:26:11


車や家への盜撮器盗聴器取り付けは犯罪です。
ましてや、風評流しや個人の情報流して本人に精神的苦痛など与えた場合、人権侵害にあたります。
最悪、本人が精神に異常をきたして、あなたが加害者から被害者へなりうる場合もありますね。
それでも、あなたは手を染めますか?

------------------------------------
21: 07/14 12:51 ID:qmQRNqTo
696 名前: 名無しさんの主張 2006/05/16(火) 13:53:42


集団で人を自殺に追い込むような人間たちが
何食わぬ顔をして生活するようになったら日本は終わりだよ。
そういう生き方がスタンダードになることだけは避けねばならない。
------------------------------------
22: 07/14 12:55 ID:qmQRNqTo
731 名前: 名無しさんの主張 2006/05/17(水) 07:44:49


またまた間違った情報を鵜呑みにして「正しい」者同士で頷きあうの?
君たちにとって、間違った情報が正しい情報だからそれでいいの?
人を不幸にする人間が幸せになることができる?

------------------------------------
23: 07/14 12:56 ID:qmQRNqTo
744 名前: 名無しさんの主張 2006/05/17(水) 15:32:58



人の人権なんて考えている人間はごく少数。

集団ストーカーやる奴はそんなこと考えないよ
------------------------------------
24: 07/14 12:58 ID:qmQRNqTo
766 名前: 名無しさんの主張 2006/05/18(木) 21:16:14


お金と人を使った神様ごっこゲーム。

------------------------------------

[*]前 次[#]▲

編集 / 2010.12.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
《転載》阿修羅『集団ストーカー 創価学会公宣部-集団ストーカー加害協力者のかきこみ』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》



集団ストーカー 創価学会公宣部
http://www.asyura2.com/07/cult5/msg/529.html
投稿者 azumijunko 日時 2008 年 8 月 18 日 13:49:35:
Wbjph3gH6IIHQ

集団ストーカー加害協力者のかきこみ

124 :匿名希望:2007/11/27(火) 07:42:58 ID:FvQ57foI
145 名無しさん@お腹いっぱい。 [] Date:2007/11/27(火) 03:09:18 ID: Be:
820 けーこ 2007/11/26(月) 10:53:29 ID:hsw9aGjl
あたしストーカーみたいなのやってたよ。ちょっとした探偵気取りできて楽しかったよ。請け負い元はだれか分かんない。友達の友達からおもしろいからやってって頼まれましたよ。だからその仔は知ってんじゃないかな?
内容は、ある男の容姿とか教えられ見かけたらあたしがメールすればいいだけ。その男何かしたの?って聞いたら悪い人だからってさ。それだけ。たぶん女の子がやってることだから些細な痴話だろうけど。暇なときやってるとこれがハマっちゃってた。

でもこんな事やっちゃったら犯罪みたいだよね。それに飽きたがらもう見かけても適当に連絡するだけ。友達の友達が主犯ですよ~~~。あたし自白したから許して~(=゜ω゜)ノ

821 けーこ 2007/11/26(月) 11:08:51 ID:hsw9aGjl
メールであたしに指示することもあったよ。なんかいっぱいその男のこと調べてあってさ。そいつにこう話してとか。友達といるときはこうしてとか。やっぱ友達もやってるのね。みんなやってんじゃんってさ、罪の意識消えちゃってたです。(=_=;)

m(_ _)m陳謝

突きとめようとして探偵などにお金をかける ところが相手は巨大なものであって勝ち目も無いことを知れば 無駄な出費であって 気がつけば通帳は空 そういう筋書きです。働くことのできなくなった被害者の多くが生活保護を受けたい といっています。
NPO法人テクノロジー犯罪被害者の会によれば 被害者の数はおよそ500 実際はその10倍はいるでしょう。

http://yasai.2ch.net/koumei/kako/977/977109907.html

16 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/12/23(土) 10:13
"広宣"が敵対組織の尾行や盗聴又は盗撮をしてるのは
誰もが知ってることだろう
盗撮VIDEO何度もみさせられて、誇らしげに自慢話されたぞ
少なくてもまともな神経のヤツはいないね

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1117262186
組織の中に、末端の学会員にはあまり知られない「広宣部」(ヴィクトリーグループ・嫌がらせ部隊を含む)、「伸一会」「第一警備」などの秘密組織があり、主な役割は盗聴・盗撮・尾行・情報収集、そして攻撃を請け負う。
(総県幹部・圏幹部・広宣部・男子部による、組織的な中傷ビラ配布事件も知られている)
反社会行為の例として、盗聴(内部告発では盗聴教団という呼び名も使われる)写真偽造公務員によるプライバシー侵害住居不法侵入尾行デマの流布脅しいたずら電話車のタイヤやブレーキの破壊買収動物や汚物の投げ入れ等が、組織的に古くから行われている。

これらは脱会者や批判者、学会員同士、そしてさしたる理由も無い一般人も対象になっている。
24時間連日、民家を監視するなどの行為も知られている。

創価学会は日本で唯一組織的盗聴が裁判で認定された宗教法人 です。

morino_azamiさん

創価学会員は そもそも犯罪を犯してるという意識はありません。

掲示板での男子部の投稿をご紹介します。

Re: 弱虫学会員 2008/ 6/20 8:04 [ No.244036 / 244048 ]
投稿者 : advanced_777
「殺す」「燃やす」「爆破する」
今のところ起訴できないようだね
逮捕できても48時間で罰金3万円を支払って
釈放のようだ。
盗撮も同じで48時間と罰金10万円だな
勾留状は降りない刑罰だからね。
何も怖いことなどないんじゃないのかね?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カルトですね。公安はさっさと創価解体をお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

saikinhimahimaさん

はい、以前創価学会にいました。

盗聴の専門舞台がおります。

http://s02.megalodon.jp/2008-0817-0753-24/detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1117262186
http://s04.megalodon.jp/2008-0817-0754-29/detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412179694?fr=rcmd_chie_detail
http://s03.megalodon.jp/2008-0817-0757-18/detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109469410?fr=rcmd_chie_detail
 

  
拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > カルト5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

  ★阿修羅♪あてこのページの感想メール


編集 / 2010.12.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
『個人情報の削除請求』&『私のレス』共々 削除されました。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》


不正確な告発と個人情報の削除請求は無視され、コメントは削除されています。
削除された私の説明をアップいたします。

 -何故私がアクセスまで禁止され、削除要望まで破棄されているのでしょう?事実と異なる一方的なコメントだけが、私の繊細な個人じょうほうを晒したままでご自分のサイトに残っていますが、何故これでも真偽が見えない方々が居るのか、それも不思議です。
 -他人の被害って、彼岸の火事だからなのでしょうか...?
 -正義の欠ける社会は加害の巣窟になってしまうのですが。

削除された私のレス:
【その4】

[482] RE:ユーザー削除しました。 
Name:mixedtribes Date:2010/12/21(火) 11:28 

>>引用

只今、PCに来ました。先程の携帯からレスのみでなく、携帯からの内容をより詳細にいたします。:

≫[◯◯◯◯@yahoo] というユーザー
=私のユーザー命は*******でメールアドは公開しておりません。

≫理由を以下に示します。

≫(1)当掲示板投稿者の投稿内容を名指しで
=HNを記してご本人に直接問い合わせたのですが。


≫その被害(投稿者の投稿文字が赤色であることが
アンカリングになると主張)
=赤がアンカリングではなく、「初期・中期」という管理人さんの言葉のことをアンカリングなのだと申しました。

が極めて深刻であると、

≫何度も
=何度だったでしょう??
何度も「初期・中期」と言う言葉b\についてけいじばんに書きました。
当サイトへ相談してきた。



≫(2)当提携サイトのコメントにも記載があり、何度か削除要請をしてきた。
=重ねて、「削除要請」など一度もしてません。

(3)このような相談を含めていくつかの対応を誠意を持って実施してきましたが、
   当サイト宛の相談メールにて、
   末尾に桃色字で「そうか、そうか。。。」と記載してきた意味を問うと、

 >そうかそうか、は、SUNRISEMANさんの教えてくれた「そうか、そうか、欠席キムチわるい!」
 >から来たもので、2ちゃんでも二人くらい「そうか、そうか」と書いてあったので、私も楽しみ初めて
 >しまいましたが、通じると思い、笑ってくれると気安く考えましたが、深刻であったようで、後悔しております。
 >そうか、そうか、はこのピンクでは、S価のことは考えませんでした。が、思い出してふざけさせようとしました。
 >冗談も生成りだと悪くなります。意外とふざけた事に乗り安いのがもともとの気質のようです。遺伝です。
 >後から、特に集ストから人柄がコテンパンに変わりました。
 >標的には、もともと明るくて陽気なタイプが多い気がします。知る必要の無かったn大きな傷
 >を負ってしまい、悔しいです。気圧調整のため、集スト川柳をアップしたり、たまにバカになります。
 >その流れでしたが、傷つけてしまったようで、自分でガッカリしております。
 >ところで、いずれ私の記事も深めに読むお時間下さるとありがたいです。
 >お忙しそうですので、それも面倒な時期でしょうが。

≫ これまでの深刻と主張された相談内容を、さも冗談であるような茶化す内容を送信してきた。

≫(4)提携サイトの管理者も、何かを示唆する内容が度々存在したことを判断した。

≫(参考サイト)
≫******のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/mixedtribes/folder/50300.html

≫以上


その5-ish】
[483] RE:ユーザー削除しました。 
Name:mixedtribes NEW! Date:2010/12/21(火) 11:39

個人情報部分の削除をお願いしておりますが、お願いできないでしょうか?

その1】
[482]RE:ユーザー削除しました。 
Name:mixedtribes Date:2010/12/21(火) 09:45

何故個人のメール内容を確認無く晒すのでしょうか?内容自体も私のyahooブログ
もさしさわりありませんのでこのままでも構いませんが。YAHOOはFC2から引っ越
そうと試したのですが中々慣れませんので平行しています。あと、私が「調査」
様宛てに直接した質問に付いてはHNが「名指し」とは思いませんでした。本人と
直接の方が正しいと思いましたが夕べ管理人さんへのメールで調査さんは私へは
お返事下さらない様だとぼやいた一文を挿入した迄でした。赤色自体では無い事
は説明不足だったかもしれませんが削除されましたが「今迄黒で誠意のあるレス
と思ったのにいきなり赤で(「激しい色」の意)なんか私へ個人的なマイナス感情
があるかに取れかねないと思い」の意でした。問い合わせてもお返事がないとど
うしてかと思いメールにちらっと加えました。それだけです。
それより何故私のメール内容どころかアドレス迄晒すのでしょうか?本人が許可し
ておりません。アドレスは早急に削除して下さい。


【その2】
[483]RE:ユーザー削除しました。 
Name:mixedtribes Date:2010/12/21(火) 10:03 

p/s:
今気付いたら私の端末データも晒されています。危険ですので、私の端末データ
も削除して下さい。
お願いします。


[メールから]
******様。
最新の削除されたスレの注意に晒された私のメールアドレスは削除が必要なので
至急その部分の削除をお願い致します。

その他に関しては、後程必要に応じ致します。

どうぞ宜しくお願いします。

【その3】
[484](プリントする前に削除され時間の記録は無くなった)


(2)に「削除要請」とありますが、削除要請などは一度も致しておりません。「調
査様からのお返事をあそこ(=「このスレ」の意)て待ちます、とは明記してありま
すが。私にはかかるスレの削除等よりお返事の方が大事でずっと待っていました


【=以上、携帯メールにコピーしてあった原稿をPCに送信した中から《コピペ》】

以下は、管理人さんの一方的なコメント(そのまま分):

No.481への返信フォーム

[481] ユーザー削除しました。 
Name:****** Date:2010/12/21(火) 03:10  

>>引用
[◯◯◯◯@yahoo] というユーザーを削除しました。
<ホスト> 不定期
<端末>  ******************************

理由を以下に示します。

(1)当掲示板投稿者の投稿内容を名指しで疑問視し、その被害(投稿者の投稿文字が赤色であることが
   アンカリングになると主張)が極めて深刻であると、何度も当サイトへ相談してきた。

 >それから、赤字のを見て以来本当に何か恐ろしい事があり関わった事も無い
 >私には一言も無しに私に対して怒りか嫌悪をあらわにする何が有るのか知りたいです。
 >何もかも、本人を除外して間接的にも触れると皆がこの様になり、凄い思いでいます。あれはショックです。
 >本人を除外して面識もない誰かをネットを基盤にして叩く人ばかりになりました。
 >また、誰にもほのめかしなどと言った低次元のバカは私はしていません。私は被害を何年も受けて来ています、苦痛が解ります。
 >もし何かあった場合、一方的に決めつけず私に教えて下さい

(2)当提携サイトのコメントにも記載があり、何度か削除要請をしてきた。

(3)このような相談を含めていくつかの対応を誠意を持って実施してきましたが、
   当サイト宛の相談メールにて、
   末尾に桃色字で「そうか、そうか。。。」と記載してきた意味を問うと、

 >そうかそうか、は、SUNRISEMANさんの教えてくれた「そうか、そうか、欠席キムチわるい!」
 >から来たもので、2ちゃんでも二人くらい「そうか、そうか」と書いてあったので、私も楽しみ初めて
 >しまいましたが、通じると思い、笑ってくれると気安く考えましたが、深刻であったようで、後悔しております。
 >そうか、そうか、はこのピンクでは、S価のことは考えませんでした。が、思い出してふざけさせようとしました。
 >冗談も生成りだと悪くなります。意外とふざけた事に乗り安いのがもともとの気質のようです。遺伝です。
 >後から、特に集ストから人柄がコテンパンに変わりました。
 >標的には、もともと明るくて陽気なタイプが多い気がします。知る必要の無かったn大きな傷
 >を負ってしまい、悔しいです。気圧調整のため、集スト川柳をアップしたり、たまにバカになります。
 >その流れでしたが、傷つけてしまったようで、自分でガッカリしております。
 >ところで、いずれ私の記事も深めに読むお時間下さるとありがたいです。
 >お忙しそうですので、それも面倒な時期でしょうが。

 これまでの深刻と主張された相談内容を、さも冗談であるような茶化す内容を送信してきた。

(4)提携サイトの管理者も、何かを示唆する内容が度々存在したことを判断した。

(参考サイト)
*******のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/mixedtribes/folder/50300.html

以上

削除された私のレス:

【その1】
[482]RE:ユーザー削除しました。 
Name:mixedtribes Date:2010/12/21(火) 09:45

何故個人のメール内容を確認無く晒すのでしょうか?内容自体も私のyahooブログ
もさしさわりありませんのでこのままでも構いませんが。YAHOOはFC2から引っ越
そうと試したのですが中々慣れませんので平行しています。あと、私が「調査」
様宛てに直接した質問に付いてはHNが「名指し」とは思いませんでした。本人と
直接の方が正しいと思いましたが夕べ管理人さんへのメールで調査さんは私へは
お返事下さらない様だとぼやいた一文を挿入した迄でした。赤色自体では無い事
は説明不足だったかもしれませんが削除されましたが「今迄黒で誠意のあるレス
と思ったのにいきなり赤で(「激しい色」の意)なんか私へ個人的なマイナス感情
があるかに取れかねないと思い」の意でした。問い合わせてもお返事がないとど
うしてかと思いメールにちらっと加えました。それだけです。
それより何故私のメール内容どころかアドレス迄晒すのでしょうか?本人が許可し
ておりません。アドレスは早急に削除して下さい。

*
【その2】
[483]RE:ユーザー削除しました。 
Name:mixedtribes Date:2010/12/21(火) 10:03 

p/s:
今気付いたら私の端末データも晒されています。危険ですので、私の端末データ
も削除して下さい。
お願いします。

******様。
最新の削除されたスレの注意に晒された私のメールアドレスは削除が必要なので
至急その部分の削除をお願い致します。

その他に関しては、後程必要に応じ致します。

どうぞ宜しくお願いします。


【その3】
[484](プリントする前に削除され時間の記録は無くなった)


(2)に「削除要請」とありますが、削除要請などは一度も致しておりません。「調
査様からのお返事をあそこ(=「このスレ」の意)て待ちます、とは明記してありま
すが。私にはかかるスレの削除等よりお返事の方が大事でずっと待っていました



【以上、携帯メールにコピーしてあった原稿をPCに送信した中から《コピペ》】


[482] RE:ユーザー削除しました。 
Name:mixedtribes Date:2010/12/21(火) 11:28 

>>引用只今、PCに来ました。先程の携帯からレスのみでなく、携帯からの内容をより詳細にいたします。:

>[◯◯◯◯@yahoo] というユーザー
=私のユーザー命は*******でメールアドは公開しておりません。

>理由を以下に示します。

>(1)当掲示板投稿者の投稿内容を名指しで
=HNを記してご本人に直接問い合わせたのですが。


>その被害(投稿者の投稿文字が赤色であることが
アンカリングになると主張)
=赤がアンカリングではなく、「初期・中期」という管理人さんの言葉のことをアンカリングなのだと申しました。

が極めて深刻であると、

>何度も
=何度だったでしょう??
何度も「初期・中期」と言う言葉b\についてけいじばんに書きました。
当サイトへ相談してきた。



>(2)当提携サイトのコメントにも記載があり、何度か削除要請をしてきた。
=重ねて、「削除要請」など一度もしてません。

(3)このような相談を含めていくつかの対応を誠意を持って実施してきましたが、
   当サイト宛の相談メールにて、
   末尾に桃色字で「そうか、そうか。。。」と記載してきた意味を問うと、

 >そうかそうか、は、SUNRISEMANさんの教えてくれた「そうか、そうか、欠席キムチわるい!」
 >から来たもので、2ちゃんでも二人くらい「そうか、そうか」と書いてあったので、私も楽しみ初めて
 >しまいましたが、通じると思い、笑ってくれると気安く考えましたが、深刻であったようで、後悔しております。
 >そうか、そうか、はこのピンクでは、S価のことは考えませんでした。が、思い出してふざけさせようとしました。
 >冗談も生成りだと悪くなります。意外とふざけた事に乗り安いのがもともとの気質のようです。遺伝です。
 >後から、特に集ストから人柄がコテンパンに変わりました。
 >標的には、もともと明るくて陽気なタイプが多い気がします。知る必要の無かったn大きな傷
 >を負ってしまい、悔しいです。気圧調整のため、集スト川柳をアップしたり、たまにバカになります。
 >その流れでしたが、傷つけてしまったようで、自分でガッカリしております。
 >ところで、いずれ私の記事も深めに読むお時間下さるとありがたいです。
 >お忙しそうですので、それも面倒な時期でしょうが。

 これまでの深刻と主張された相談内容を、さも冗談であるような茶化す内容を送信してきた。

(4)提携サイトの管理者も、何かを示唆する内容が度々存在したことを判断した。

(参考サイト)
mixedtribesのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/mixedtribes/folder/50300.html

以上


[483] RE:ユーザー削除しました。 
Name:mixedtribes NEW! Date:2010/12/21(火) 11:39

個人情報部分の削除をお願いしておりますが、お願いできないでしょうか?




編集 / 2010.12.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
"Deep Calls for Deep"
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】
Don't get so angry, Good people!
There is a phrase in Scripture that "Deep calls for Deep."

Shallow people won't understand us;
they won't therefore be capable of ever finding The
Treasure we are always looking at.
They won't go after the treasure that lasts any more than they
want temporal pleasure.
That is why they are not too keen on what we are implying to them.

編集 / 2010.12.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
《復刻》『アメリカのテロ対策と悪化勢力スパイ増加』について【進化社会】記事より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》



-以前大量に自分の記事をミラーからともども大量に削除してしまった記事の一つ。-
ORIGINALは2010年10月10日16:56の記事

復刻》
『アメリカのテロ対策と悪化勢力スパイ増加』について
【進化社会】記事の《コピペ》とその私訳。

【進化社会】記事より。
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10591182894.html#cbox

2010-07-24


アメリカのテロ対策関係者85万人 中に悪化勢力スパイ増加
Americans Involved in the COnter-Terrorism Acts rose to 850,000
Within it are increasing number of moles from the
"Depraved" the Diabolical and Destructive Forces


テーマ:総合
Theme: General Articles

 アメリカの有力紙、ワシントン・ポストは19日、アメリカ政府の諜報活動について、2年にわたる取材の結果を特集記事で伝えた。その中で、アメリカ政府は、9年前の同時多発テロ以降、テロリストへの対応を強化した結果、テロ関連の最高機密情報を扱う機関は大幅に増えて、政府と、政府から委託を受けた民間の機関をあわせて3000を超え、その拠点はアメリカ国内だけで、およそ1万か所に上ると伝えた。また諜報活動のための去年の予算は、9年前の2.5倍余りの日本円にして6兆5000億円に上り、活動に当たる関係者は、首都ワシントンの人口の1.5倍のおよそ85万人。元政府高官は、ワシントン・ポストの取材に対して「プロジェクトの数が多すぎて誰も全体を把握できていない。アメリカが、より安全になったかどうかすら確認できない」と話している。記事の中で、去年の12月にアメリカを飛行中の旅客機の中で起きたテロ未遂事件などを例にあげて、事前の情報が生かされなかったのは、組織が巨大化したことによる連携不足が原因だとして、諜報機関の整理統合の必要性を指摘。
  A major American Newspaper, Washington Post reported on the 19th that
it released the the outcome of their research of the past 2 years of
investigations into Ametican government's own Intelligence gathering efforts
into series. The report says that during the 9 years since the terrorists attack
on the Twin Tower, the American government has enforced its defence
strategies significantly, and as a result, the number of organizations which
was involved with the highest security intelligence has increased its number
unanimously, that both governmental and non-governmental organization
which received the order rose to over 3,000, with the stations designed for
the activities numbered around 10,000 within the U.S.A soil only.
Also, the budget towards the Intelligence gathering for the last year rose to
2.5 times more than that of 9 years ago, which was 日本円にして6兆5000億
円, the number of individuals involved with this action increased by 1.5 times
within the same frame to approximately 850,000. Then-Secretary in the
government spoke to Washington Post, "No one is able to grasp the whole
picture of it because of too many number of projects being run for it. We
cannot even claim that the situation in America has improved by it or not
either." In the same article, it also states adding the reflection of the
attempted Terrorists attack in the American Passenger Plane which took
place in December last year, that the Intelligence Organization needs more
reorganizing and cooperation because it failed to prevent the incident( of
December) as it could not pass the information in time because of the
inflamed size of the organization itself, resulting failure of the flow of
information.


9.11同時多発テロ(September 11)

 部落在日軍は、9.11同時多発テロは、Al-Qaedaだけでなく、Bush政権やユダヤ勢力の陰謀だったと宣伝し、情報を配信した。そこでインターネットに、そのようなページが氾濫している。それにユダヤ側から説明や反論が無いから、多くの日本人は、そう思っている。部落在日軍の主張が正しいかどうかユダヤ勢力が説明してもらいたい。
Alien population militia groups within Japan have been propagating to the
Japanese citizens that the 9/11 terrorists attack was not done by Al-Qaeda,
but by the Bush Government and the Jewish Hierarchy who conspired it.
Becauese of this, we see flood articles that back it up flooding the recent
websites. The Japanese population now believe it because the we hear
no objection or explanation from the Jewish side at all. We would love to
hear the explanations regarding this whether what the assetion of those
populations inside Japan as above are truthful or not.

アメリカ版情報省?
DHS Department of Homeland Security

 アメリカ国土安全保障省(アメリカこくどあんぜんほしょうしょう、
U.S.Department of Homeland Security、DHS)は、アメリカ合衆国連邦政府の組織の1つである。 テロリストの攻撃と自然災害から国土の安全を守るために、2002年11月に設立された。
DHS, Department of Homeland Security is one of the U.S.A. government,
established in November, 2002, for the purpose of Protection of the
American soil from Terrorists attacks and Natural Disasters.

 しかしテロ対策より、悪化勢力に反対する人達を監視したり、脅迫する、その他のおかしな行動で注目されるようになった。
However, it became more obvious that instead of defending
people from terrorists attacks, it began surveillancing people
who are against the "depraved" forces, and then by using
intimidation and other suspicious activities against them.

 DHSの秘密を最初に暴露したのは、日本の女社長だ。今では、部落在日軍が、DHSのすべてを暴露し、裏で日本の情報省と似たことをしていると言いふらしてる。
The first person who exposed the secrets of DHS was a japanese female
CEO. By now, every segment of alien populations inside Janan is
exposing it and are boasting that they are now ably doing things what only
the Intelligence Ministry could.

 情報省は、『警察やマスコミ各社の受付をスパイで押さえている。悪化技術を回収した技術者は、届けに訪ね、警察やマスコミの受付で門前払いされた。そこで装置をFBIに届けようと渡米した。その技術者は、DHSの捜査官に入国を阻止され、強制送還された。その後、技術者は、大使館にVisaを申請したのに、DHSは拒絶した。』などと広報してきた。スパイ捜査官がテロを応援するのか、DHS全体がテロを応援するのか、調査する必要がある。
The Itelligence Ministry has been making a public comment as,"the spies
are controlling the Police Force and Mass Media. A Technician who went to
the Police Dept. and the Media to remove the bugging systems out of them
were rejected at the entrance. So the person left to the U.S.A. in order to
pass the device to the F.B.I. The Technician was then refused to make the
entrance clearance by the DHS Security officer at the port, and was forced
to be sent back to Japan. The technician then visited the American
Embassy to obtain the Visa for that purpose but again the DHS had the
person refused."
There is a need to investigate whether the Spy inspector or the whole
DHS that is supporting terrorists.

(続きはリンク先で確認して下さい:『進化社会』
 
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10591182894.html#cbox )
*************************************


編集 / 2010.12.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
[YouTube] J.S. Bach "BWV 543" by Karl Richter
カテゴリ: ◇YouTube

また寝るのが遅くなってしもた!

でも寝る前にこれをageておく:

Johann Sebastian Bach
BWV 543; Prelude in A-minor
by
Karl Richter/and others x2

ヨハン・セバスチャン・バッハ
プレリュード イ短調
演奏:カール・リヒター(と、あと二人誰か)


編集 / 2010.12.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
INTERCESSIONS:01:00ish/16th/Dec./2010
カテゴリ: ◇Prayers & Intercessions
01:00ish/16th/Dec./2010
"(omit)...and if it is already in such a state as none even considers it to be
a place it ought to be, and that no one is shocked by the state any more,
what would You want me to pray for regarding it(=the Church)?"

  Then the LORD JESUS gave me an intercession; "Pray for the remaining
true-Christians who're within the church.
They're having hardships within the Church.
It still is My place;
and they're keeping it with tremendous sufferings as being packed with all
sorts of spiritual vices around them.
They're keeping it with fainting memories of that sweet fragrance filled the
place...
when the holy boundary was keeping the place from the falsehood and lies-
when I was in the rightful place.
Pray for them that their love to remain fixed on Me;
that they keep the clear discernment ability;
that foul hands never defile them;
to never cease from testifying what My abounding grace has done for them
which is nothing to do with "the battle & the warfares" they're obssessed
with now;
but of holy hope...
編集 / 2010.12.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
ターゲット=『鏡で覆われている人柱』:すべての人の心に巣食う痛みのシンボル[COMPLETE VERSION]
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《自分のコメント持ち込み転載》
ターゲット=『鏡で覆われている人柱』
-すべての人の心に巣食う痛みのシンボル-

ターゲットをすべての人の心に巣食う痛みのシンボルとしての『人柱』とする執念
残虐の極地


私の一番最近出させてもらったBLOG管理人さんへのコメントの《コピペ》を校正した。


今日は、突然ですいません。ご無沙汰してます。今、今迄ずっと解らずに来ている事に付いて何方かに確認したい事が身に起こり、伺いたくてまた来ました。加害者の殆どは面識もない人達なのが被害感を増長しますが、この大多数の赤の他人は一体何故どうやって、面識もない標的に対してあんなに根深い(?)強烈な、私怨レベルの悪感情を向けられるのでしょう?あれもカルト新聞等のメディア・プロパガンダ風技術でしょうか?だとしても、読者自身の現実的な体験でまないです。私などが経験するのは、加害者・加担者それぞれなりの「意見」ですらなくて、皆大量生産風に一様の呪わし気な感情を抱いて攻撃しますが、何がその様な事を可能にし得るかと不思議に思ってます。マインド・コントロールのメカニズムはは解っても、加担者はそれに全く関心が無いのでしょうか、それとも全く理解できないでいるのでしょうか、或いは、マインド・コントロールされても一向に構わないのでしょうか????現実に人が延々と標的に対して特定の悪念を持っているのを経験する度に、何故誰も理性的に自分の心の底を処理する代わりに、標的へのサディズムに変換される事実が続くことが、具体的に解りません。データをそのまま一様に首謀の思い通りの観念で自分の感情として受け取って標的を攻撃するのは何故なのでしょうか? 2010/12/11(土) 15:45:40 | mixedtribes #Rz7gfLqU


続き:  こうした、加害者&加担者の言い分等も含め、
加害の(合理化された)呪いに等しい悪感情の「理由」に当るどれもが、選ばれたターゲット固有の何かというよりは、現状に巣食う、時には人間としての普遍的な難問それ自体をもターゲットに投影し(=鏡として映し出す事によって、人類この方解決不能な難問をそのターゲット個人のみの「非難に相当するような」問題・欠点としてしまい、置き換える事によって、かかる問題を自分自身から隔離する心理) 『見えない疾病』を代わりに受けて叩かれてくれる「空っぽでない」人達に具体的ではないその『問題』の“シンボル”になって貰った末、皆で集団リンチになった、というメカニズムではないでしょうか?
だから2ちゃん(+近所・職場・学校etc.)でも、本来抽象的な問題をターゲット達に擦り付ける或はその表現になって貰う必要ばかりが延々と続くのではないでしょうか?

 要は、埋もれた問題を見える具体的な人物にその『象徴』として、『問題』の身代わりとして『人柱』にになって貰い、直面出来ない、直面するには大きすぎるし、痛みが強すぎるので、自分の問題としては抱えきれないので、その様な抽象的な問題の象徴として代わりに叩かれて貰う、という図が見受けられませんか?

それだと叩く加害者はより蝕む思いが深まるだけではないでしょうか?ターゲット自体が『身代わり』に過ぎないので、例え殺しても問題自体が膨らんで残っているのでまた次のターゲットを追いかけるのではないでしょうか? 2010/12/12(日) 17:04:35 | mixedtribes #Rz7gfLqU


『投影』=知覚の主体が客体に対して、鏡を見るように主体をそこに映し出す事によって、主体の側の属性を客体のそれと誤認すること。
 その属性は、きわめて個人的・個性的な内容である場合から、人類にとって普遍的な問題属性を主体の判断で特定の客体特有の属性としてしまうこともある。後者の場合、多分に、選ばれた客体は大集団による『人柱』的な象徴とされる危険性が増してくる。 個人レベルにも、人類この方解決不能な難問をそのターゲット個人のみの「非難に相当するような」問題・欠点として置き換える場合も、その事によって、かかる問題を自分の属性の一部と認めず、自分自身から隔離する心理。 その様に、標的・対象に、問題のシンボルになってもらう事により、その標的・対象に、自分の直面できない影の自分を写した為に、自分の代わりに標的を責める事に拠って、自分地震の視野から隠した『影の自分』自身を所有放棄を試みる。即ち、標的が自分の外に居る限り、自分の影は実は自分の葛藤ではなく、標的のそれであると、いわばなすりつけが可能となる。


 盗撮・監視が止まないのも、本当は知りもしないターゲット・対象を誰からも水を注されずに、『ターゲットの人間性や、行動・言動』の一方的・主観的な『解釈・理由付け・ターゲット本人にはいわれの全く無い批判や誹謗中傷』を浴びせるのも、監視中のターゲットが自分の隠れた心の身代わりとなって目の前に居るからな訳で、しかも、盗撮であるのでターゲット本人に、例えば、「出鱈目を言うな!」等と怒って来られる事も無く、従って訂正される面倒も無く自分の解釈をターゲットになすりつけ続けていられる状態である。

 この『投影』する問題は必ずしも観察加担者個人の問題に限らず、より普遍的な、社会広範、またはその時代を象徴すr問題の根底的な次元のシンボルとさせる事に成功すれば、その社会全体が共通に持つ痛みの故に、かかる社会全体で共有した人柱となる事も可能であり、更に広範囲な問題の象徴としても利用され得る。


 〖*下記に触れる様な、最低次元の、意識の低い教養のかけらも無い『マッチポンプシナリオ』を提供した2-3人の北部加害者の一部は、以下の項目に触れる様な下らない内容に関して、可なり個人的なレベルで自分の心の問題(以下に上げる点)がある様ですので、擦り付けたい相手=嫉妬の対象であるターゲットへの攻撃用の『インチキシナリオ』に仕立て上げる事でターゲットに擦り付けていた者達の様ですので、請け負った方々は精査し直して下さい。それから公式文書になり得るかどうか再検討お願いします。病んだ頭が発想したシナリオをわざわざ読ませるのは必ずしも良いことではありませんので。というのも、"Seed for Thoughts"になってしまいかねないからです。マシだった人たちもその様な病的なシナリオを読んで、異常な発想が感染する事も多いですので。
 一握りの人たちの凄いシナリオを読んで(下記に触れたような項目を理由にターゲットを攻撃するというおかしなシナリオの事!)他の大勢を感染させる事の無い様に守りましょう。〗 
 
 〖**同時に、私が一切念頭になどない、一度もコメントですら、間接的にすら交流の無いある読者の方の中には、お一人、私が挙げる記事が皆目意味不明でも何ら驚くにあたりませんので、そういった際は、自分なんかに一切全く関係の無い記事である事に気づいてですね、いちいち反応して叩こうとする前に、自分と関係ないようであれば深読みしないで、これは個人的な内容の記事であり、関わった事の無い自分に宛てて書いてはいないという事、こっちがいちいち自分に向けて書いているなどと思わない事、等、学んで下さい。コメント一つの交流も無い相手の場合を申しております。一切の交流が無いので、その様な方の中で、わざわざ「一体これは何のことだろう?」と、いちいち自分の考に照らして詮索して驚かれては大変迷惑です。判らなければ、通過する事を学んでください。普通の健全な人のように!〗



 極端に無教養で低俗極まりない誹謗の例は、ターゲットが、『自己中心的である』、『愛が足ない』などである(だから自分達関わりの無いゴミが集団ストーカーをするという狂気である!)。 これを限られた標的だけに当てはめる精神的稚拙さに驚いた。  しかもほぼ面識も無い間柄からの投石である。 全くいわれが無いものでもあり、またこれらの批判を投げる立場にも間柄にも無い者らの言動である。  それは、標的特有の欠点だとはまともな者は考えない。全ての人が受けるに足りず、与えるに足りない中で、それが出来る事を求めて一生を旅する。 人は全てこれらの欠点を追って生まれ、誰もマスターしたものはいない。 口にするだけでもおぞましい批判である。また、誰が決して自己中心的では無いと断言できているか? これらの言及時点で幼稚なのである。 しかもそれを、自分達の『ターゲット』に一括して擦り付けるというのである。人類全ての問いなのであり、限られた、攻撃したい標的に擦り付け得ない人間全般への広大な課題である。何も知らないからこそこれらのおぞましい言及を難なく公言できるのである。少しでもこれらについて心の底まで戦った事がある大方の大人には決して口にも出さない普遍的な、また一生の課題ではなかっただろうか? これらの非難を受けるべきが、ひとえに『集団ストーカーのターゲット』のみの課題だ等とするインチキマッチポンプシナリオを作成した集団に可なりの精神的な未開さの問題がある。 心の貧困状態を代表する浅はかさである。知っているもの程これらの課題の大きさゆえに口にもしなかった事柄である。 ここまでの言及を被害者のみの肩に乗せるような未熟者は先が長い。 また、社会での成功・不成功の論にしても、私の知る限り、人類史上殆どの人間が、若き日の夢にたどり着かない。 しかし其処に何らかの美徳が』含まれているものである。それを見出すからこそ、多くの先人は心豊かに通過しているのである。其処から人間の深みを毎年積んでいるのである。何故、『集団ストーカーのターゲット』だけに、人生の夢に届かない不幸を特注したかのような言論をおこがましくも擦り付けたいのかが、問題である。 それを舌からと言って、自分たちが成功者になるわけではない。


参考記事: Abraham Lincoln

 しかもほぼ面識も無い間柄からの投石である。 全くいわれが無いものでもあり、またこれらの批判を投げる立場にも間柄にも無い者らの言動である。 


   また、嫉妬と羨望を隠蔽する為に作り上げた出鱈目としてあるところの、「特別扱いされて育ったから」なる「集団ストーカーを掛ける理由(!)」に付いて言えば、私の知る限り、人間の一生の間には、どうやらすべての人が一度は特別扱いをして貰い、また、羨まれる立場の季節が有り、また、すべての人が逆に理不尽な拒絶の季節をも経験している様である。 そういうものの様である。 これが自分が痛めつけようとしている『集団ストーカー・ターゲット』特有でもなく、また、例え特別そうであったとしても、それと、見知らぬゴミ者達が総出で『集団ストーキング』をする事とは一切関係の無い事であり、つじつまが合っていない。 また、「特別扱いを受けて育った」事が原因では決して愛する事が出来る出来ないとは、完全に別の問題であり、「野球のピッチャーに選ばれてばかりいたから、カレーライスを上手に作れない筈である。」と同じ様なこじつけである。 何故、どの様な事から、特別扱いを受けて育った人が「愛することを学ばない」となるのか?人は自分自身を健全に大切にし、愛せていない限り、人をも愛する事は出来ない。特別扱いされて考え得る危険性は、寧ろ逆に人にもそうしてあげ「過ぎる」傾向ではあっても、「愛せない人」になる要因とは一切の関わりが無い。

 どれも、一概に言えず、決め付けられず、誰をも裁く権利の無い内容ばかりです!

 
編集 / 2010.12.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
An Exerpt from Wikipedia:
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》


From Wikipedia, the free encyclopedia
(Redirected from
Black operations)

 A black operation or black op is a covert operation typically involving activities that are highly clandestine and, often, outside of standard military protocol or even against the law. A key factor in making an operation "black" is that it is carried out with great secrecy; in many cases no records of the operation are kept. Similarly, a secret budget (such as for military or intelligence operations) is called a "
black budget".[1][2]

Origins

 
 
Black ops missions often fit into the
plausible deniability category, in which there is no claim of responsibility for the action, and/or a false flag operation is used to give the appearance that another actor was responsible, or – most often – black operations involve extensive arrangements so as to be able to hide the fact that the black operation ever occurred. Black military operations, or paramilitary operations, can be used by various secret services to achieve or attempt to achieve an unusually sensitive goal. The methods used in black operations are also used in unconventional warfare. Depending on the precise situation in a given case, and the level of authoritarianism of the national government or other responsible party, some tasks will be conducted as black operations, while there are usually other activities that can be admitted openly. Black operations may include such things as assassination, sabotage, extortion, spying on allied countries or one's own citizens, kidnapping, supporting resistance movements, torture, use of fraud to obtain funds, use of child soldiers, human experimentation, trafficking in contraband items, false flag bombing, etc. "These super-secret operations involve carrying out targeted killings and conducting severe interrogations, even working with foreign intelligence and security services and commando forces to carry out dirty work that the nation's law prohibits."[3] 

  In business any high-risk assignment, proposed and funded by the employee using his own time on company equipment with the manager's consent and understanding that the company owns the results, is also referred to as a black operation, because no entries exist for said project in the company's task planning or scheduling.

 If the project fails, then the employee pays the price of their failure. If the project succeeds, the employee is compensated and even, sometimes rewarded for initiative.

Examples in recent American history

In 2007, United States president George W. Bush authorized the CIA to undertake "black operations" in Iran in order to promote regime change as well as to sabotage Iran's nuclear program.[4][5]

■General Stanley McChrystal authorized "black" operations to find and kill senior terrorist and insurgent figures in Iraq during the Iraq War there.[6][7]

■In 2007 the
Central Intelligence Agency declassified secret records detailing illegal domestic surveillance, assassination plots, kidnapping, infiltration and other "black" operations undertaken by the CIA from the 1950s to the early 1970s. The secret illegal CIA activities included wiretapping of major columnists, and the surveillance of other American journalists, CIA surveillance of thousands of peace activists, and a number of CIA break-ins in the U.S. [8]


管理人注:
また、CIAは、世界の主なカルトを作り上げ、指導し、動かしてきたと言う調査・情報も多く突き当たっております。
軽率にCIAやアメリカ軍に日本のカルトからの救援を求めるのは
1、愚の骨頂
(万が一にもまともに取り合われてしまった暁には、日本の被害者全員が手渡されたと同じ状況にする位、あちらにしてみれば朝飯前でしょう!!)
 2、軽率であり、稚拙ですので、注意が必要です。


編集 / 2010.12.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
【重複投稿】[加害者による心理学の誤用について]【過去記事】
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》
過去記事
重複記事なので季節限定!

=重複投稿=
[加害者による心理学の誤用について]




EXERPTS from "PEOPLE OF THE LIE"
by
M. Scott Peck, M.D.


1983, by M. Scott Peck,M.D.
A TOUCHSTONE BOOK
Simon & Schuster, New York.
Chapter 7
"The Danger and A Hope"

[pp.258-260]
THE DANGER OF THE MISUSE OF SCIENCE


" The gravest misuse of science may be attributed not to those scientists
themselves who proclaim personal opinions in the guise of scientific
truth but to the public - industry, government, and poorly informed
individuals - which employs scientific findings and concepts for dubious
purposes.

Although the Atomic bomb was made possible through the work of scientists, it
was the politicians who made the decision to build it and the military who dropped
it. This is not to say that scientists bear no responsibility for the manner in which
their findings are put to use. But it is to say that they don't have control over the
situation. Once a scientific finding is published ( and generaly it must be,
since science depends upon publishing and the free flow of information),
it becomes part of the public domain.
Anyone can use it, and scientists have
little more to say about it than any other public-interest group."

" The body of scientific knowledge of psychology is already misused in a
variety of ways by the general public.
Its employment - and the extent to
which it is employed - by the judicial system is debatable in this country, let alone in
the USSR. Although psychological tests are often of immense value to teachers,
many children are falsely diagnosed and misclassified by them. Similar tests
are used or misused to reject people for employment and higher education.
At cocktail parties men and women bandy about such terms as "penis envy,"
"castration fear," and even "narcissism," with little idea of what they are talking a
bout and little throught of the possible consequence of their prattle.

" 「 科学の最たる悪用は、科学的と称して個人的な意見を主張するタイプの科学者によってより、むしろ一般の人々-つまり、産業界、政府、また、教養に欠けた一般人-といった、科学的な発見やその概念を疑わしい目的に使おうとしている人々の方である。

 原爆も、勿論科学者の働きによって可能になったが、それを造ると決めたのは政治家であり、それを投下したのは軍隊であった。とはいっても、科学者にはそういった発見がどう使われるのかについて全く責任が無かったと言うよりは、むしろ、科学者にはその段階で抑制権を持った立場ではないという事を言いたいのである。一旦科学的な発見が発表されてしまうと(無論、一般的に科学はその発表と自由な情報の交流に頼っているが)、それは一般の領分になってしまう。誰でもが利用できるし、科学者はそれに対して関連グループ同様に口を挿む位しか出来ることはない。 

   心理学における科学知識の基本は、既に一般社会の人々によってあらゆる形で誤用されてきてしまっている。 この国の司法組織によりその採用方法-とその採用限度-については、ソ連の例は言うに及ばず、議論に価する。 
心理テストなど、教師にとってはしばしばかけがえ無く価値があるだろうが、多くの子供達がそれによって誤診さたことによって評価を誤まられて来た。
 似た様なテストが就職や大学進学における不採用者を出すのに利用もしくは誤用さて来ている。
 カクテル・パーティーでも、男も女も、『陰茎願望』だとか、『虚勢恐怖』、さらには『自己愛』といった言葉を、何の事を話しているのか全く知りもせずに吹聴しているが、自分達の戯言が一体どんな結果を及ぼすのかについては一切考えていない。  」
(翻訳:by BLOG管理人)

...(omitted a few paras.)...

But while it would be impossible to withhold scientific information about evil from the public, the picture is
hardly as gloomy as it might at first glance seem. Psychiatric information about indivisuals can be kept
confidential. The formal diagnosis of evil as made by psychologists and psychiatrists can be restricted
solely to the purposes of strictly controlled scientific research. As for the reality that general psychological
information is often misused bu the general public, it does not mean that we are worse off in the balance
for such information. Indeed, it is my firm belief that the increasing psychological awareness of the general
public over the past few decades represents a dramatic moral and intellectual step forward.* While some
may bandy their Feud about in a silly fashion, the fact that many have come to acknowledge the reality
of their unconscious mind ( and are even beginning to take responsibility for it) may be the seed of our
prejudices, hidden hostilities, irrational fears, perceptual blind spots, mental ruts, and resistance to growth
is the start of an evolutionary leap.] [:未翻訳部分]


" Finally, an increasing public sophistication about the psychology of evil will itself
serve to prevent the abuse of that psychology. Although we need research to
know much more about evil, we already know a few things beyond doubt. One
is the tendency of the evil to project their evil onto others. Unable or
unwilling to face their own sunfullness, they must explain it away by
accusing others of defects.
As we develop the psychology of evil, this fact
- already common knowledge among scholars - will surely be more widely
publicized. We will become more rather than less discerning about those
who cast stones.
As scientific interest in the phenomenon of evil filters down
to the public, our consideration of it should become increasingly thoughtful.
「 最後に、悪(意)についての心理学が一般により洗練された形で知られてくれば、それ自体によって心理学の悪用も未然に防ぐのではないか。 悪についてはより詳しく研究を重ねる必要があるが、事実、私達が既に幾つか疑問の余地無く知っている事がある。その一つが、悪というものが、自分のそれを他の人間へ投影させる癖があるという点である。自分自身の罪に気が付かないか、或いは気づく積りが無いかが原因で、他人を責める事ばかりによって、自分が言い逃れをする為に使う。 私たちが悪(意)についての心理学をより進めていく中で、学会内ではもう常識となっているこの事実についても、より広範囲に認識されていく事であろうと期待する。 我々は、人に向かって石を投げる者達を逆により正しく識別できるようになっていくのではないだろうか。" 」 (翻訳:by BLOG管理人)


【コメント】
  ここにも説明されている『投影』がスケープゴート(集団ストーかーターゲット)に対して行われる際、上記の著書等が巧妙に局解された形で悪用されて、矛先が被害者に向けられる事があります。風評被害等によるターゲットの社会的抹殺活動が、加害者の内側の『悪意』の投影である事実はもみ消され、代償に、その件については無実な被害者=スケープゴートが、「自分自身の悪にに気が付かず、『自分ばかり正しいと思っている』」と責められる始末です。

   しかし、被害者についての『虚偽』を基盤/前提にして被害者を追い詰める活動をしていたら、たとえ首謀では無くても、その嘘を「信じて」活動する事になる訳ですから、この様に無実の者を追い詰めている限り、自分に追い詰められている被害者より、決して正しい立場にはなれる訳がありません。『虚偽』の上に立って無実の相手を責め続けているのですから。


   以前、非常に信念ばかり強い、あたかも命を賭けて嘘を信じ切って頑張っていた方が居ましたが、いくら確信が強くても、全てを賭けても、その確信が『虚偽』である限り、立ち行くわけがありません。『虚偽』はいつまでも虚偽で、真実はいつまでも真実でしょう。そこに持ってきて、虚偽の上に立って(被害者に向かって)『自分ばかり正しいと思っている』と文句を言っても、最終的には、一見矛盾のようでも、被害者の方が結局強い立場な訳です。加害者は嘘の上に樹立しようとしているのですから。被害者の方が、虚偽にしたがって活動している加害者より自動的に揺ぎ無く、正しい訳です。倒れようがありません。それでも倒そうとするから、悪に訴えはじめ、より泥濘にハマるのが、ストーカー側になってしまうわけです。

   最初から、嘘と判っている事には手を貸さないのが結局、最終的には賢いのです。拒むことによって最初は苦難が伴うとしても、その様な苦難なら、10年でも50年でも、最後に倒れるよりは割が良いのです。最後に自分がどうなっても良いから、今、出来るときに憎きターゲットを苦しめまくっておいて、自滅しよう、という覚悟なら別ですが。正しい方を、困難を承知でも選ぶ事が大切です。『得そうな方』、『楽しそうな方』、『勝ちそうな方』ではなく、『正しい方』を! もっと良いのは、『愛の故』。『愛の故に正しい方』を敢えて選べば、どんなに被害者のままでいても、割が良いです。最も良い事です。

II Thessalonians 2:10-12
"10 And with all deceivableness of unrighteousness in them that
perish; bcause they receive d not the love of the truth, that
they might be saved. 
 11 And for this cause God shall send them syrong delusion, that
they should believe a lie:
 12 That they all might be damned who believed not the truth,
but had pleasure in unrighteousness. [King James Version]

テサロニケ人への第二の手紙2:10-12
 また、あらゆる不義の惑わしとを、滅ぶべき者どもに対して行うためである。 彼らが滅びるのは、自分らの救いとなるべき真理に対する愛を受けいれなかった報いである。 11 そこで神は、彼らが偽りを信じるように、惑わす力を送り、 12 こうして、真理を信じないで不義を喜んでいた全ての人を、さばくのである。 [口語訳聖書1955]

  話を戻して、加害者に拠って投影された悪=加害者が投影する加害者の心の裏にある罪について、ターゲット=スケープゴートにされた被害者のこっちは、それに付いては無罪です。それっを主張すると気に入らないので「被害者は、自分ばかり完全で正しいと言う。それは自分の悪に気づいていないからだ!」と翻って攻撃をします。むしろ、ターゲットに投影して見ているその悪が自分達の悪の投影であるという事に気づいていないのは、加害者です。誹謗中傷・虚偽プロファイリングを流布する加害者、出鱈目な悪口を喜んで証拠もなしに信じる二次・三次加害者が、自分達の罪をターゲットに投影してるだけです。『うわさについて』からの抜粋ですが、以下のように、美味しい噂の具の大方は、噂を耳にして楽しむ人自身の心の内にあるものと、著者は言っていますが、その通りでないでしょうか?

"... Nobody is invulnerable to the power of the rumour and all
the juicy stories. For they are not made merely by incidents,
nor by the false and careless words; nor by Axis agents;
they are a part of the stuff which is inside those who
listen to them.
"
The Rumour(p138)


ところで、このDr. M.Scott Peckの本("People of The Lie") (一部の?翻訳は推薦できません。悪徳ギャルの訳は避けましょう。)の様な秀でた内容を局解して、矛先を被害者に向けてみるのは、卑屈です。 原文を、頑張って読みましょう。


2010年12月17日夜追記
この著書の日本語訳が発行された頃と期を一にして、その頃多くの(私も原文で読んで助けられていた)良書が加害者に大変不利な内容であった様で、同時多発的に、それらの秀でた書物の故意とも取れる誤訳書が一度に多数発刊された様である。どれも偶然にも(?)私が、乗り越えるのに最も助かった書物の一覧である。 Amazon.com やAmazon.co.ukから購入していた。 これも、気のせいか、きっと気のせいでしょう! 加害者による、先手を打った隠蔽工作ではないかとずっと思わずにおれなかった。 少なくとも、その様な印象と激しいSynchronicityとだけは明らかに残っている。
どうぞ、原書をてにとって見てから、書物の価値を判断してみましょう。





内容が面白そうであり、重要な情報であれば、どんどん、読めるようになっていきます。 多くの、立派な出版物が、悪徳ギャルの翻訳家と思われる程度の出版物に変容してしまっています。 どうぞ、原文を読みましょう。








編集 / 2010.12.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
EXERPTS from "BRAINWASHING" Ch.9 "National Neuroses" by E.HUNTER
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》

【編集中】

"BRAINWASHING"
The Story of Men Who Defied It
by
Edward Hunter

Pyramid Books,
New York. Farrar,
Straus and Cudahy
edition

published May 1956
Fifth Printing, February 1968.

CHAPTER NINE
THE CLINICAL ANALYSIS

[pp.224-]

From
Dr. Neon Freedom

...

The Reds were using the highly specialized knowledge of medical science
 to take balanced minds and to make them unbalanced. This approach,
and this alone, was their contribution to modern thought.

Every psychiatrist is familiar with the attitudes and stresses that have settled into
a person's system until he becomes a medical or a mental case. Dr. Freedom's
research confirmed that the communists created such unhealthy
conditions in order to project the resultant hate and desire for retaliation
in the direction decided by the Red planners.
This was the exact opposite of
the efforts of medical science in the Free World, which were directed toward
discovering the source of a patient's mental disorder. The psychiatrist tries to trace
this by the path it came. He may find that it stemmed from resentment, and that
this emanated from a feeling of inadequacy and inferiority, or of anxiety and
insecurity. In this manner, the psychiatrist uncovers the unsatisfied need that has
made a man sick. Brainwashes do exactly the same, only in reverse order,
setting up destructive responses so as to upset a person's mind for the
purpose of exploiting him for political reasons.

"The methods devised by the Free World to combat illness are used by
the communists to create it,"
Dr. Freedom repeated. "That is why brainwashing
can only be properly understood and dealt with as man-made illness."


[pp.230-]
"The Reds themselves have thought up nothing in brainwashing, or in any other
phase of psychiatry, Dr.Freedom emphasized. "All that they have done is to take
what free science has developed and use it in a manner that would ordinarily be
considered mad," he said. "There isn't anything original about what they are doing,
only in a way they are doing it. Their single innovation has been to use what
they copy in a diabolical order. Their objective is solely to make minds sick,
not healthy, to create frustrations and to fan them into hates, so they
can be projected against their own sujects and the Free World."



From
Self-Analysis


[p.233]
...
....When as individual was strong in his feeling of guiltlessness and did not feel
shame, the communist brainwashers methodically set out in their ruthlessly
practical manner to create the guilt sense and shame, using any available means
to do so."
The Red p.o.w. camps were simply large clinical laboratories in which the
prisoners were dealt with as patients and as mental cases. Whole populations
are also treated in this way, which is why the Reds need their bamboo-iron
curtain.
... All autocratic and dictatorial societies are based on fear. They are all
controlled societies. These reach their peak in the totalitarian regime.

[p.234]
The psychiatrist recognizes the natural recourse of people to God in time of
emergency. The Red indoctrinator strives simply to get onto that road and
replace God with the Party. The psychiatrist seeks to expose and
eliminate repressed emotions, to release a weight such as an
inferiority or persecution complex. The Reds endeavour simply to
divert all this to their own use. Istead of curing the complex, they
create it if it isn't there already, so the natural search for an outlet
can be diverted from normal channels to trust in themselves.
That
is why the world has witnessed an organization that started out as a political
movement degenerate into a fanatical faith. This was inescapable once the
total approach was determined upon.
...


[pp.238-]
From
National Neuroses


...
The only possible conclusion is that a long-range program is being pursued
which, if left unhindered over a long period, will make whole populations
just as neurotic as a single individual.
...
...
The identical process of brainwashing, as imposed on civilian or
military prisoners, is being applied to the inabitants of whole villages,
towns, and cities
, by "group discussion" and "learning" meetings, frequent
demonstrations, parades, and an endless chain of so-called patriotic
campaigns. Group leaders, corresponding to "block captains" for
neighborhood festivities in the West, make sure that everyone
participates, until each area is molded into the desired form.
Individual treatment is reserved mainly for "backward elements"
who lag behind in their "conversion
."

The Chinese as a race are undergoing mind treatment inside a Great Pavlovian
Wall. In the new collective approach, that which medical science
recognizes as causing neurosis in an individual is being applied on a
nation-wide scale.
It is imposed in a subtle way on the people of China
specifically, and on the inhabitants of every communist country. They are
undergoing what the disiples of Pavlov callously term "mental hygene." The
proocess is a parody of "group therapy," the treatment of patients in a group
instead of individually. This developed out of World War II, along with putting
patients back on their feet within a few days after an operation, at first
because time was pressing and doctors were scarce and later because this
was found more healing. ... ... ... If it could be utilized to repair minds
on a wide scale, the Reds saw that it could also serve to break them.

A saturation treatment is being given to communist society. The routine of
each day and night is so arranged that the peope simply cannot escape from
the sight and sound of communist propaganda pressures. The spoken and the
written word are injected into every conceivable phase of working and leisure
time. Writing are prescriptions, not stories. Entertainment is sugar-coating for
mind pills.







編集 / 2010.12.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
【重複記事】「死よ、おまえの勝利は、どこにあるのか。」+『トラの巻』より一節
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》

(重複ものなので)季節限定
過去の記事より2件重複させます。


JESUS CHRIST, The Resurrection and LIFE,
The VICTOR Over the "Death"


イエス・キリスト「私は復活であり、命である。」:
主は死に勝利された"


Revelation 1:17-18
" 17 And when I saw him I fell at his feet as dead. And he laid his right hand upon me, saying unto me, Fear not; I am the first and the last;  
18 I am He that liveth, and was dead, and, behold, I am alive for evermore, Amen; and have the keys of hell and of death."
黙示録 1:17-18
" 17 わたしは彼を見たとき、その足もとに倒れて死人のようになった。すると、彼は右手をわたしの上において言った、「恐れるな。 わたしは初めであり、終りであり、
18 また、生きているものである。わたしは死んだことはあるが、見よ、世々限りなく生きている者である。 そして、死と黄泉とのかぎを持っている。"

Matthew 28:18
"18 And Jesus came and spake unto them, saying, All power is given unto me in heaven and in earth."
マタイによる福音書 28:18
"18 イエスは彼らに近づいてきて言われた、「わたしは、天においても地においても、いっさいの権威を授けられた。」"

1st Corinthians 15:51-55
" 51 Behold, I shew you a mystery; We shall not all sleep, but we shall all be changed.
52 In a moment, in the twinkling of an eye, at the last trump: for the trumpet shall sound, and the dead shall be raised incorruptible, and we shall be changed.
53 For this corruptible must put on incorruption, and this mortal must put on immortality.
54 So when this corruptible shall have put on incorruption, and this mortal shall have immortality, then shall be brought to pass the saying that is written, Death is swallowed up in victory.
55 O death, where is thy sting? O grave, where is thy victory?"
コリント人への第一の手紙 15:51-55
"51 ここで、あなたがたに奥義を告げよう。わたしたちすべては、眠り続けるのではない。終りのラッパの響きと共に、またたく間に、一瞬にして変えられる。
52 というのは、ラッパが響いて、死人は朽ちない者によみがえらされ、わたしたちは変えられるのである。
53 なぜなら、この朽ちるものは必ず朽ちないものを着、この死ぬものは必ず死なないものを着ることになるからである。
54 この朽ちるものが朽ちないものを着、この死ぬもが死なないものを着るとき、聖書に書いてある言葉が成就するのである。
55 「死は勝利にのまれてしまった。   死よ、おまえの勝利は、どこにあるのか。   死よ、おまえのとげは、どこにあるのか。」"

John 11:25-26
" 25 Jesus said unto her, I am the resurrection, and the life: he that believeth in me, though he were dead, yet he shall live:
26 And whosoever liveth and believeth in me shall never die. Believest thou?2
ヨハネによる福音書 11:25-26
" 25 イエスは彼女に言われた、「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。:
26 また、生きていて、わたしを信じるものは、いつまでも死なない。あなたはこれを信じるか」。"

John 14: 6
" 6 I am the way, the truth, and the life: no man cometh unto the Father, but by me."
ヨハネによる福音書 14:6
" 6 イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。」"

2nd Timothy 1:10
"10 But is now manifest by the appearing of our Saviour Jesus Christ, who hath abolished death, and hath brought life and immortality to light through the gospel:"
テモテへの第二の手紙 1:10
"10 そして今や、わたしたちの救い主キリスト・イエスの出現によって明らかにされた恵みによるのである。キリストは死を滅ぼし、福音によっていのちと不死とを明らかに示されたのである。"

Revelation 21:4
"4 And God shall wipe away all tears from their eyes; and there shall be no more death, neither sorrow, nor crying, neither shall there be any more pain: for the former things are passed away."
黙示録 21:4
"4 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである。」"

1st Corinthians 15:26-27
"26 The last enemy that shall be destroyed is death.
27 For he hath put all things under his feet. But when he said all things are put under him, it is manifest that he is exepted, which did put all things under him."
コリント人への第一の手紙 15:26-27
"26 最後の敵として滅ぼされるのが、死である。
27 「神は万物を彼の足もとに従わせた」からである。ところが、万物を従わせたと言われる時、万物を従わせたかたがそれに含まれていないことは、明らかである。"

Isaiah 25:8
"8 He will swallow up death in victory; and the LORD God will wipe away tears from off all faces; and the rebuke of his people shall he take away from off all the earth: for the LORD hath spoken it."
イザヤ書 25:8
"8 主はとこしえに死を滅ぼし、主なる神はすべての顔から涙をぬぐい、その民のはずかしめを全地の上から除かれる。これは主の語られたことである。"

Romans 8:18
"18 For I reckon that the sufferings of this present time are not worthy to be compared with the glory which shall be revealed in us"
ローマ人への手紙 8:18
"18 わたしは思う。今のこの時の苦しみは、やがてわたしたちに現されようとする栄光に比べると、言うに足りない。"


Deuteronomy 30:19
"19 I call heaven and earth to record this day against you, that I have set before you life and death, blessing and cursing: therefore choose life, that both thou and thy seed may live:"


申命記 30:19
"19 わたしは、きょう、天と地を呼んであなたがたに対する証人とする。
  わたしは命と死および祝福とのろいをあなたがたの前に置いた。
  あなたは命を選ばなければならない。
  そうすればあなたとあなたの子孫は生きながらえることができるであろう。"






ENGLISH TEXT: King James Version(1908 edition)
日本語テキスト: 口語訳聖書;日本聖書協会(1980年刷)

編集 / 2010.12.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
プロファイリング
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
2010-12-06 18:18:50

   ターゲットを調査・分析・ファイリングする人達が幾ら『情報』なるものを掻き集め、ブライバシーに侵入して出来る限り漏らさず人を覗きまくっても、
   それ(データ)だけで一個の『人間』を作っているとでも思うのですかね。
   自分に当てはめれば、そうでは無いのが解るでしょう。
   幾らターゲットを、必要も無い程個人的な詳細まで睨みつけても、
   知りもしないそのターゲットなる個人のドシエを意味付けて貴殿自身を投影するらしく、
   ターゲットのドシエを素材にしたご自身の影を見ているだけの様。

   だから出した結論に乗っ取って手を打ってもターゲットは貴方ではない為空振りです。
   人を外から眺めても、そのデータやブライバシーを「解釈」しているのは誰ですか?
   まずはターゲットに付いての「本当の」情報(『情報を垂らした人の色』抜きで)だけにするだけで可なり進歩すると思います。
   基より『全て』等知れないですから。
   次にターゲットに付いてのその「本当の」情報は気に入らなくても正直に受け入れた上でプログラムを練らないと効力がないでしょう。
   今迄嘘つきを使い風評の砂の城から分析して来たでしょう―
   一人の人を知るのは大きな仕事です;其に必要なのは実はデータじゃありません。

編集 / 2010.12.06 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
『窓への振動銃撃』?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

  昨日はまる1日無かったこの『窓への振動』を起こす兵器を使う何者かが、この辺の何処かに戻って来たか、二日酔いから覚めたかして、兵役に戻った様です。 今日の午後3時過ぎた頃からです。ところが、これを書き始めると、ヘリが凄い音で威嚇の様に来て、打ってくるヤツは終わりました。
  夕べは電子レンジにされ、何度も起こされ、寝場所を移動してウロウロしていたら、知らない間に目覚まし時計のスイッチがオフになってしまっていたみたいだ! 夕べは寝る前から(書いている今、『窓への振動』が始まった!)アイスノンを各部に当てていたんだヨ!
  そうやってこうされた朝8:35分頃、市の清掃業者達は清掃業者と言うよりは、軍事訓練を受けている者達だと思った。

  前回、この振動銃(?)被害について投稿した際は全く変化無く打ち続けられていたが、それは、言葉が解らないか、解るが命令に従うただのロボットゾンビーか、被害記録を喜んでるか、ですか?

  ねんのため、わかりやすくかくと、うちのまどに むかって いちにちじゅう そのへいき でうちつづけているが、そういうことは ケセッキ キムチ がすること らしい よ! あぁ、 やっと わかった ? やめた けど... あぁ まだ やるの キム・コチュジャン さん とか ヨン・ナルム さん とか リー・ヤンニョム さん あぁ こしかいしゅうがおこった?  

編集 / 2010.12.06 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
【ひどい文章を書き換えた】大事な美徳を忘れかけていた+《コピペ》レスX1
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】
【訂正箇所=赤文字


《大事な美徳を思い出させてくれたINFORMATIONを載せたレスを見つける事が出来た。
 この件について帰国後数年(7年位は)(現在約8年)忘れていなかったこの精神を思い出してホッとした。
 そうなんです、7年位は決して逸れてなかったのです。
 気が付いていたのだが...
 それでは、何処からズレて来たかと言うと...
 =食事中の『エンタ』を兼ねて、多くの人が一体何を聞いているかも判るなと思い、TVニュースなどを欠かさずけてみる様になった事が第一歩だった。 恐らく、ニュースと思いきや、ただの『印象工作』を結集しているものばかりだから、こうなるのだと思います。
 次に、ブログを読み書きしするようになって、もっと変って来た。 誹謗中傷・叩きと罵倒ばかりで驚いてしまって体と思います。 向こうで可なりの種類の国籍・人種・種族の人達に会いましたが、こんな人種いません。普通そういうのを嫌います、人間として。ところが、ネットにはソレが溢れていると知ったのは、何と、自分でBLOGを建てて『直ぐ』だったのです。=

 【以下、(枠内)殆ど全体が書き換え】

...これと言うのも、地元日本内での集団ストーカー(と呼ぶ事にしよう)情報を把握する必要から始まったもの。
 当初は海外のGANG STALKING情報を見つけていた。
 そこにある日、日本人の集団ストーカー報告が混じり始めたのです。それに拠ると、その人の自宅の周辺が、次々と層化になっていく様子を記録して、その他具体的な被害情報を海外に訴えていたのです。その、状況を詳細まで説明してあり、調べると、日本語で集団ストーカーと呼ばれているとまで書かれてあった。と言う事は既に長くこの名で知られており、被害者が他に沢山いるようで、日本Googleで『集団ストーカー』とググッたら、出てくる、出てくる!!!

 英語がトレてしまうのを怖れていたが、注意しながら、どんどん日本語を戻し、どんどん助かる情報を見つけました。





 OASISについては余り詳しくないし、好みの音楽ではないが、OASISに関わる話では、面白い内容が多いです。
後日、一つOASISについてある一件、書きます。》

 
何故?日本人は普通を妄信するのか?
http://c.2ch.net/test/-/psycho/1284392744/512


512:12/04(土) 13:25 [sage]
記者:
日本でもオアシスはファンがたくさんいますが、
日本のファンについての印象・感想を教えて下さい。

ノエル:
こんなことを聞いて来るのは、日本人だけなんだよね!
世界中で日本人だけが、相手がどういう印象を持っているかを聞いてくる。
アメリカ人もドイツ人もベルギー人もそんなこと気にもしないし、
フランス人も、アイルランド人も、スペイン人も全く気にしない。
なぜか日本人だけが「私たち、日本人についてどう思いますか?」って聞いてくる!
なんでそんな質問をするんだろう?!
どうしてそんなに自分達に自信が持てないの?
大体、僕が日本人に対してどんな印象を持っていたとしても、
そんなこと、たいしたことじゃないし、気にする必要はないんだよ!
もしも僕が「日本人はみんな間抜けだ!」と仮に言ったとしたらどうするの?
もちろん僕はそう思っていたとしても、正直にそれを口にするわけないし!
「日本人? 大嫌いだ!」と思っていても、口には出さないよ!

【訂正箇所=赤文字


アク禁で出せなかったレス


【 大事な美徳を思い出さしてもらった!

 でもね、周りと同じ感覚持って、気にする様にならないと迫害さるんですよ! 

 「 あんたって、だから高級だっちゅうの! 」
 「 だからみんなと違うんだよ!(批判としての意) 」
(注: 私の居た処では(OASISのいる国ですが)では、コレは『批判(や悪口)』では無くて、『ほめ言葉』なんですが...)
 「 氏ね ! 」

  ...とかね!  】



編集 / 2010.12.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2010/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。