FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
ACommunitySecretRevealed:Or
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》

underlines, emphases, & red letters are mine


<center>A Community Secret Revealed: ORGANIZED STALKING THRIVING IN NJ</center>| NowPublic News Coverage

http://www.nowpublic.com/world/community-secret-revealed-organized-stalking-thriving-nj


SURVEILLANCE - DEFAMATION -HARASSMENT - STALKING - GAS LIGHTING -PSYCHOTRONICS
Dear Neighbor:
The purpose of this letter is to inform and raise awareness that there's a large, well organized, network of people in NJ who stalk innocent, law abiding, and defenselss individuals, typically for years, with the goal of destroying their lives.

WHAT IS "ORGANIZED", "GROUP", "GANG"STALKING?

Organized stalking is a method of covert harassment perpetrated by alarge group(s) of people against a sole individual. The lengthy process begins when the group selects a "target".
Once the selection is made an expert campaign of character assassination begins with the intention of irreeparably destroying the individual's reputation, career, family, and community standing.
Simultaneously, he or she is placed under surveillance and his photo image is distributed.
Isolating the target renders him or her defenseless and income-less.
Then groups of paid and unpaid stalkers begin a 24/7 harassment operation.
The paid stalkers are full and part time professionals. They infiltrate every aspect of the target's life.
The unpaid stalkers are usually neighbors and even family members who have been recruited via a successful smear campaign.
They naively think they ar
e doing a good deed. (A woman in herearly 50's confided to her target while stalking him in a store that she was a Christian).
Harassment techniques are infinite. A common one is to sensitize the target to ordinary discordant sounds like coughning and car alarms and then harass him with those sounds continuosly and indefinitely.

WHO ARE THE TARGETED INDIVIDUALS(TI's)?
The targets are ordinary people who for the most part don't know why they were selected. Once the target has been selected the group will commit significant resources to destroying the target. The harassment can go on for decades.

WHO ARE THESE GROUPS?
They're not foreign terrorists or anti-government extremists. The network consists of your next door neighbor, the mail carrier, the cable guy, the store clerk, the cop(s), the attorney, the judge, the priest, the dentist, the chiropract
or, many psychologists, etc; etc; people that you would never ever suspect of harboring criminal intent. They are so well integrated and influential in the community that my best guess is that they are a perverted form of acommunity watch group policing with subterfuge and poisonous hate.
They are slowly and surreptitiously destroying the moral, social, economic, and political fabric of this state and reconfiguring it in accordance with their criminal behavior. Whoever the organizers are, they are well financed, highly sophisticated, unscrupulous, deceptive, relentless,and merciless; -- they have cult and pack like attributes. They are also tech savy and capable of invading every inch of your privacy and destroying every minute of your day.
Their specialty however is to inflict emotional harm by using subtle yet effective psychologic
al torture techniques with sadistic accuracy.

Their intention is to murder their target without getting their hands dirty. It's the perfect hate crime.

www.gangstalkingworld.com;www.raven1.net/osatv.pdf;www.thehiddenevil.com

Frank Raffaele

Current resident of Pine Brook, NJ and formerly of Verona, NJ were it started.
スポンサーサイト
編集 / 2011.06.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
国内の加害者についての私の誤算
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

国内の加害者についての私の誤算

昨日CIAについての動画を記事にしましたが、驚いた事に日本内の加害者は、『告白』となると、一切アメリカに従わないのですね…
『悪い事』等を教えてくれるうちは盲目に追従し、「アメリカがやっているんだからイインだ、」となっていたのに、ボスが足を洗うと、アメリカだけに罪を擦り付け、自分は逃げ切ろうとするという本性があるという事でしょうか…?

もしそういう事であったなら、全く昨日の記事を出した意味が無かったかも知れませんね…。

私が思うに、そこまでの卑怯者が全てとは思いませんが…

私の記事は決して他国を中傷の対象にする目的などではなくて、ボスの美徳に見習って、国内でもこんな加害システムが無くなる方向へ加速して欲しい余りだったのですが、まさかアメリカに自分の悪事までまとめて擦りつける機会に転じて逃げ切ろうとする態度は、完全に予想外で、またもやうんざり驚きと失望で、もう本当にイヤですが、お昼を作る方に半分以上頭が行ってしまったので、どうしよもない奴らの話は一時放棄して、ご馳走について考えに行きましょう!
編集 / 2011.06.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
“Secrets of the CIA”抜粋ソノ2
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》


Secrets of the CIA

Pt4 http://www.youtube.com/watch?v=eKkYVVInRnc
- 約04:10~


男性エージェント:
“ (It was)Very disquieted in Ecuador (at that time).
「(その当時)エクアドルは大変揺さぶられていた(不安定であった)。

I got involved with all those different types of Opperations.
私はあらゆるオペに関わっていました。

I was running around here and there working with the Police Intelligence (&)the Military Intelligence… (&)forsifying Documents as Fabrications to get people we wanted to get into jail, running the Surveillance Team which was a team that was following people around in the streets; they had Radio Communicathons stuff with the ("vans"-?).
警察の諜報機関、また軍の諜報機関等の間を行ったり来たりし、また刑務所に突っ込みたい奴に関する工作の為に文書の捏造をしたり、サベイランス・チームを発足して人を追跡させたりね。彼らは(車輌と共に)ラジオ通信の機器を持っているんだ。

It was very exciting at first, and you havein 25,26,27...years old, you have this sense of "power" in which is intoxicating for such a young person...

最初は大変興奮したね。しかも25、26、27才なんていう年代の若者を遣うので、あの年代に特有のパワーが陶酔させているからね…。」
編集 / 2011.06.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
youtube『CIAカミングアウト達の告白』
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》
“Secrets of The CIA”
-confessions of those who "came out".-
『カミングアウト(?)達の告白』

◆pt3=[ http://www.youtube.com/watch?v=Y8Ka7Eknv1c  ]
―約 2:30-
...A big mistake! But the USGovernment orders it, and participate in it.  And CIA's goal eventually was to increase the frustration level to a point where there will be a civil revolution...

―約 04:22-05:00 :
   "The hindsight is that something, I think, we all enjoy... I just wish we could switch it around and use it as a foresight, but in hindsight... If I could go back and change things, I have to go back 30 years, to 1965, in my senior year.  And "refuse" the offer that was made to me by the CIA, and take my chances with the draft, and I'd pursue my engineering career.  It certainly would have been a better life than what I have.  I wouldn't have the memories that I have; things I've done to people in countries, and all of it in the name of the UnitedStates, and under its flag..."
「振り返って見えて来るのは、誰もが楽しむもの、ただそれを逆回しにして、振り返って気がついた事としてではなくて、それを先見(展望)にして利用出来たならと願うばかりです。 振り返ると、…もし時間を戻して物事を変えられるなら、僕は30年前の、Seniorだった1965年まで戻りたい。そこであったCIAの勧誘を『断わ』って、兵役で得られるものを出来る限り得て、それから自分のエンジニアリングのキャリアを追求したい。その方が(CIAを経た)現在の僕よりはずっとましな人生だったに違いない。そうしたなら、自分が他国で人々に犯した数々の記憶だって持たない事になるわけだ。しかもそれらの行為はアメリカの名とその国旗の為だった。」

◆pt4:[ http://www.youtube.com/watch?v=eKkYVVInRnc  ]

―約 2:30-
"...and it was a report about a mission when they had blown up a bridge in Asia somewhere. And he had to kill a number of women&children who were under way that morning: ...

When my boss came in & I gave him this mail&I mentioned this&I said,"This is wrong! These women had done anything... those children didn't deserve todie! Why did we do that+?? ..."    And he said, " That's the fortunes of War!"  I said, " We're not in war! We certainly weren't at war with that country!  Why?  Did we do that? I don't understand it!"  And he said, "You're very young; when you get older, you're going to understand those things." ...

―約03:24-
   "I think probably all of us..., we all became addicted to the danger. & "intrigue" it was.  It was "living a fantasy".  It was actually a living fantasy. ...being on the "inside" and it was very hard to leave.  Even though I felt that they did wrong... and I'll never, ever work for an agent like that "NOW", because I realized that it wasn't because I was a childn and young, but because that was wrong.  But at the time, it was really "exciting".  After that there was no other job I could have ever again in my life that would be that exciting. I knew that."

「...私達皆が『危険』な事に中毒になっていたと思います。言わば『悪への誘(いざな)い』だったわ。 ファンタジーを生きる様なもの-あれは実際にファンタジーに生きていたのよ。しかもその『輪の中』としてね、だから辞めるのはとても大変でした。彼らがやっている事が悪いと感じていたってね。今はもう決してあの様な組織(?agent)でなど決して働きません。何故ならそういった事が悪だと感じた理由は、決して私が子供で若かったからなどではなく、本当に悪い事だと悟ったからです。ただその当時は、それが物凄く興奮するものだったんです。どの道既にあれ以上に人生で興奮出来る仕事なんてもう見つけられなくなってしまっていたのです。その事を判っていたのに…。」


◆pt5:
[ http://www.youtube.com/watch?v=BUqMAk2tdTQ

◆pt6:
[ http://www.youtube.com/watch?v=9IJ9CwSVG-I ]

◆pt1:
[ http://www.youtube.com/watch?v=9QYZBMIBOck ]

◆pt2:
[ http://www.youtube.com/watch?v=kKq6L9U3hTw ]

編集 / 2011.06.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
最近の『照射』被害パターン
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

最近は、

料理をしようとキッチンに立った瞬間からいきなり脳を中心に加熱され、いざ食べようとご馳走の前に座ると消化器をめがけた攻撃が毎度のパターンになりました。



本を読もうとする際と、集中的に考える際の脳への加熱は何時もの通り続いています。



止めて下さい!!!

編集 / 2011.06.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
2時間半前にPCからネットアクセス試みてますが未だ使えません…
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
2時間半前にPCからネットアクセス試みていますが未だ使えません…
で、只今携帯からこれを(途中)報告いたします。(!) (一々近所からは「自分だ」とでも言わんばかりのドア開閉が、こっちの作動に従って鳴らす者が居ます。)


Dear readers, it was 21:30-ish when I have started my Internet from my PC. Now it is midnight; and I am still waiting for my desired page to come up!
編集 / 2011.06.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
1stCorinthiansCh.3vv.6-11
カテゴリ: ◇Daily Bible Verses/日毎の聖句
First Epistle of Paul the apostle to The Corinthians


Chapter 3, verses 5 to 11.



v.6:
I have planted, Apollos watered; but God gave the increase.


コリント人への第1の手紙三章6~11


《v.6》 「わたしは植え、アポロは水をそそいだ。 しかし成長させて下さるのは、神である。」
編集 / 2011.06.02 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
不審な掲示板サイトのスレッドへ(アク禁な為ココデ)
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
 
  今巨大掲示板を見まして気になるやりとりがありました。兎に角、「人違い」か「悪意な自作自演」かはわかりませんが、はっきり誤解を避ける為にここでも一度は書いておこうとしたところが、前回と同様に書き込みは矢張り出来ませんでした(デジカメに画面を動画記録した)。こんな事の相手をするのは一度だけですが、騙される通行人宛てに、自分のブログに書いておきます。<br> 

  見つけたやり取り(?)は「高田」「T」その他と書いてあります。「T」は、自作自演か共犯かは知りませんが、私のなりすまし的な文体と内容でした。が、私は決してあんな事を考える事もそうしたやり取りにかまける事もありません。大体こんな事に時間を奪われて平気な私ではないので、ネット教徒の方々は誰を相手にしているのか判った上での応対をして下さい。今も料理の時間がほぼオジャンになりつつあり、イライラ時間と戦って書いて居ます。<br>


  で、この「高田」として書いておられる方の言っている人が、まさか私とは思って良いのかどうか、ネットと言う性質上全く確信が持てず、そのせいで馬鹿ばかしくて一々「推測」では何もしない主義なため、していませんが、もし私に書いて居るのである場合は、是非こんなネット等では無く、まともな実際の場で話して下さい。私はそれだとあなたが誰かも判り、返事の仕様も判ってきます。わたしへの正式なコンタクトを取る方法が無い方の場合、こんな掲示板等でも姿も個人の特定もできない状態で粘着しないで下さい。まして匿名掲示板等で匿名で「返事はまだか」、他、(おそらく病気の人なんでしょうけど…そうではない前提で書いています)私に対すると思える内容と共にとんだ思い違いや、恐るべき人違いがゴッチャ混ぜの内容の連投を見つけても、誰が誰を指しているのかよく判らない訳です。それこそ「トバッチリ」の火の粉をほろわされる経験をさせられ始めています。 その為に故意に絡んで来ているかも知れませんが、この様にネットは正式な対話の場ではないです。私はこうしたネットに合わず、陰湿な絡みは完全にシャットアウトし始めています。<br>


  誰なのかも見当がつかないネットの先の誰かに絡んだりピッタリ?(知りもしないつまらないヲタクに)ついたり?の不健康な暗いそうした時間の無駄をしているのも私などではありません。(大切な人たちの事さえ全くアップデート出来ずにいる程です。) <br> 

  皆さんに踏まえていて頂きたいのは、わたしはネットを通して知らないヲタク相手と下らないやり取りはしませんので、私にとってメインなテーマ以外の内容はやってられないので、下らないやり取りやクリスチャンではない会話は、私は踏み込みたくありません。<br> 

  まさか、最初のとんでもない人違いを素直に受け流せず、そこから執拗に嫌がらせ工作へ転用して擦り付けていませんかね…私は、兎に角、ネットの判らない相手に一々何もやってられないです。


編集 / 2011.06.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
05 | 2011/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。