FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
【Youtube】:Ultra Orthodoxラビの預言? メシアの名は『イエス』;再臨は…?【細かい校正あり版】
カテゴリ: ◇YouTube

Transcript】《日本語訳が旨い方訳して読んでくれてもいいです)


   私自身は、多少の警戒心をはさんで聞いたのですが、ウルトラ・オーソドックスのユダヤ人には、個人的にイエス・キリストの啓示を受け、(又は単に旧約を徹底的に学んだ末?)、秘かにか公にかの違いがあるが、主イエス・キリストを信じている方々が多いと昔から聞いているので有り得るとも思い、注目したYoutubeなのでした。… 



Orthodox Rabbi Reaveals Name of Messiah "JESUS", "Yehoshua" or "Yeshua"(Hebrew)
     


   On the April 30th of 2007, just a little over 3 years ago, "IsraelToday" ran this amazing Headline Story.
A Rabbi reveals the name of The Messiah.

  Rabbi, Yitzhak Kaduri, was famously known for his memorization of the Bible, Talmud, and other Jewish writings.

  He was a teacher and a revered master at "(?)Nachallah Yitzhak Yeshiva(?)" Seminary.
  He knew Jewish sages and celebrities of the last century and rabbis who lived in the Holy Land who kept the faith alive before the State of Israel was even born.


  Kaduri was not only highly esteemed because of his age of 108, but he was charismatic and wise.  Chief Rabbi has looked him up as a righteous man. Thousands visited him to ask for counsels or healing.
  His followers speak of many of miracles, and students say that he was a prophet of many disasters.
   A few months before Kaduri died at the age of 108, he has surprised his followers when he told them that he had personally met the Messiah.
  The Messiah had appeared to him.
 
 "He wrote the name of Messiah in a note," he said. His official website had mentioned "The Messiah Note."

   David Kaduri, the Rabbi's 80 year old son confirmed that in his last year, his father had talked and dreamed almost exclusively about the Messiah and His coming.
  "My father has met the Messiah in a vision," he said, "and he told us that he's coming very soon." 

  Kaduri gave a message in a synagogue on Yom Kippur, the Day of Atonement, teaching how to recognise the Messiah.  He also mentioned that Messiah would appear to Israel after Ariel Sharon passed.

  When Kaduri died, January the 28th,2006, more than 200-thousand people joined the funeral procession on the streets of Jerusalem to pay their respects as he was taken to his final resting place.
 

 Shortly before he died, this teacher of Israel wrote the name of the Messiah on a small note, which he requested would remain sealed for one year.

 One year later, the note was opened, in 2007.
 When the note was opened, it read as follows:

【Concerning the letter abbreviation of the Messiah's name, He will lift the people and prove that his word and law are valid.】

 The Hebrew sentence with the hidden name of the Messiah reads like this:

【Yarim Ha'Am Veyokhakh Shadvaro Vetorato Omdim】 

   -The acronym of that sentence that is the letter abbreviation that Kaduri spoke of, or the first initials of each word, spelled the Hebrew name of "JESUS", or "Yehoshua" or "Yeshua"; the Hebrew root word of "Salvation." 

  When the name of Yehoshua appeared to Kaduri's message, Ultra Orthodox Jews from his Seminary in Jerusalem argued that their master must not have left the exact solution for decoding the Messiah's name. 


  The revelation received scant coverage in the Israel's media.  Only the Hebrew website, NewsFirstClass and Kaduri.net mentioned the Messia's note, both of them insisting that it was authentic.

  IsraelToday spoke to two of Kaduri's followers at Jerusalem who had admitted that the note was authentic, but very confusing for his followers as well ; "We have no idea how the Rabbi got to this name of Messiah," one of them said.
 

  I know this; the answer of the identity of the Messiah as JESUS, given to Kaduri supposedly, is absolute truth.
  As such, I believe, it had to have been revealed from JESUS Himself appearing to Kaduri much the same as JESUS appeared to the Jewish Pharissee, Paul, on the road to Damascus 2000 years ago;

   It is amazing that the leading Jewish teacher of Israel, until 2006, would, on his death bed, proclaimed in a message, that JESUS CHRIST is the Messiah, and IS SOON TO RETURN(<- this capitalizing is my own emphasis!).


   That is astounding, and almost unthinkable.


  It is also amazing that he was specifically told that JESUS would return shortly after Ariel Sharon's death. 
  As of the making of this film, Ariel Sharon is still alive... -in a comma-.


   Could it be, that this modern day apostle Paul, received from the Lord JESUS, that His return is indeed very, very soon....?

...
スポンサーサイト
編集 / 2012.01.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
注2
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》




ちなみに私は、掲示板はどこにも一切作っていません。






編集 / 2012.01.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
【校正後版】過去記事内の崩れていたリンクを貼るダケ
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】
【何か、私の思いを遥かに越えて悪質な工作があった可能性ありに付き再公開。】
[只今編集中ですが、記事が反映されない・接続妨害通知・廃品回収トラック襲来・犬吠え・各種緊急サイレン同時多発等々色々一度に始まって居ますが、なんで??]

☆事情があって一時的に出す記事(人を潰すのを目的とした或ゆる嘘攻撃さえなければわざわざこんな記事も書かない-part1-)☆:

過去記事
=私たちが載っていた。内のリンクが無効になっていましたので、付けておきます。
UCREATIVE
(当時私たちが学位[たったBA(Hons.)=名誉学士号]を取得した後に、ここに書かれている通り The Mall Gallery での展覧会にて優賞を貰えたあの当時の名称は、"The Surrey Institute Of Art and Design")と言い、それから十数年経ちますから、内容は可なり変化したのではないかという印象があります。

上記の記事で簡単に触れた通り、このリンク先の様な『海外訓練』斡旋・援助・サービス等々は、当時はほぼ皆無でした(私が知らなかっただけかも知れないが)。

編集 / 2012.01.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
近隣で嫌がらせ・監視エスカレート
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

近隣で嫌がらせ・監視エスカレート:

今朝からいきなりですが、昨日の記事位しか原因は思いつかないが…

●゙〇みたいだと思いますよ〜…
言われたらやらなきゃならないのですか〜???

何か貰えるのですか〜???

それとも怯えてるのですか〜???

または、完全にゾンビー化されたロボットとして何時でもスイッチが入れば、犬を吠えさせたり盗撮盗聴傍受を総動員で始めたりですか〜?、●゙〇みたい〜 (^o^)…

発注元がバレてきてしまいませんか…?

  もし記事が原因ではなかったとしたら、昨日ほぼ一日中外出していましたが、まさかあの遠出が原因?まさかね〜

  昨日は少し予定より寝坊をしたのですが(09:15am-位だった??)、乗った長距離は70分後の午後1:15位にピタッと到着。駅の作りも周辺も昔のままの位置だったが、それでもウロウロし…ていないフリをしてしまったので、お昼を食べられる所を見つけるのに多少時間がかかりましたが。
  その日について、動画(つまらない)と一緒に記事にしようかな、とは思っていましたが…関係無いと思います。記事だと思います〜


編集 / 2012.01.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
『既成観念』or『洗脳』?
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】
『既成観念』or『洗脳』(?)、
Nay,これは「『洗脳』とは?」という問いより遥か以前にあったもの。それを『既製観念』と呼んでました。
そのあたりについての記事です。カルトの手法として、心理学を悪用したいわゆる『洗脳』よりより日常的な話でした。
その辺に関する…「ブツブツ」です・・・。


貴方/女の身近に、大雑把な既成観念に基いた『定形人格パターン』に基いてしか人間を観る事が出来ない様な人物は居ませんか?
意外と多いはずですが。

  「相手」の事などこれっぽっちも知らないくせに(知った気になってしまっている人です)、何かの既成観念で出来上がった『定形人格』に依って人間を観る、裁く...そうした非常に大雑把な既成観念を強引に周りの人間に被せて来て、知りもしないくせに相手や他の人間に対する自分の思い込みを一歩も譲らない、その事にいつまでも気付いてくれない。
  よくある事ですが、一番手を焼くのは、割と近い関係筋です。
古くから単に「知って」いる仲や親類(や、恐らく人数の多い家族ならその大家族ないでも?)に割とよく居るものなのかも知れない。

  とんだ思い違いをされ続けていて、それが相手の意識に厚く覆い被ったまま。
  はっきり説明をしようが、黙って放置しようが、一向に解決に向わない相手です。
  
  「生まれた時から」、「大昔から」、「小さい頃から」知っている積もりでいるが、何十年もの間、自分の頑な『思い込み』や『決めつけ』に確信があり過ぎ、相手が実際にどういう人なのかには決して気付いてくれていない。
  誤った確信を固持するので、い幾らでも驚くような『決めつけ』発言を投げて来るばかりなので、とんでもない事を言われ続ける- 驚きと深い傷、憤りが絶えない関係になる。典型的な例で言うと、特に(世界中共通=>)子供や甥・姪など、次世代に対し、何時までも小さな子供の頃の記憶のまま、そこから抜け出てくれない。その認識を手放せない。
  又は、そうした太古に親類縁者にこびり付いた『思い込み』は、気付いた時点では中々解けない。

  話を戻します…
  それが度を越して、もし、万が一、他の住民等々といったアカの他人に自分の見解を擦り込み思い込ませる等、他を総動員しての監視までしてその対象を自分の思い通りに動かしたいなら、一種の支配・征服欲だ。
  が、それに喜んで加担する者も、自分等も私への支配欲が共有出来そうな誘惑に乗ってしまう? 卑しい根性です。

  組織ハラスメントや町内会防犯パトロールと、だぶってずれる話ですが、… こうした『思い込み』『思い違い』は、ある程度の距離のある他人同士よりも、本来は割りと近い間柄や血縁に多いだろうとも思われる。
  「知っている(!)。」という誤った確信は、反面ではどこか似たもの同士であるのも否めない点が、思い込みに拍車を掛ける。

  時間が真実に機会を与え、覆いが一つ取り除かれても、そうした人達は、自分の長い長い間の思い違いを振り返る代わりに、私があたかも自分の気に入る様な事をしたという低級で卑しい満足(あたかも自分が気に入るように「させた」という妄想であり錯覚でもあり、実は『自己欺瞞』に過ぎないのだが)に陥るからか、自分が頑迷だったとは気付こうとはしてくれない人物というのが常に一握り居るものだ(ヨネ…!) 。

  [個人的に一寸、加害者側にいるかつての近親者について気分を害した点を、少し視点を変えて書いて置く事にした。]
編集 / 2012.01.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
パーズリー君:年齢1.5日
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】


from @WarmFuzzyTweet
編集 / 2012.01.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
"Affliction,TheGem-Maker"vol2
カテゴリ: ◇Sermons & Audio Transcripts
"Affliction,The Gem-Maker"vol2

以下の過去記事に多少御言葉を付け加えた復刻版

【忘れない説教 その1】AFFLICTIONS, THE GEM-MAKER [投稿日:2010年7月29日 23:42]

Formation ofGems&Pearls
『宝石と真珠の生成過程』について

&
イザヤ54:11-12
ヘブル人への手紙12:2-3,6-8
詩篇 18:2,
71:3,
94:12-23
ダニエル11:35
マタイ13:44-46


◇Isaiah 54:11-12
" O thou afflicted, tossed with tempest, and not comforted, behold, I will lay thy stones with fair colours, and lay thy foundations with sapphires.
And I will make thy windows of agates, and thy gates of carbuncles, and all thy borders of pleasant stones."
「苦しみをうけ、あらしにもてあそばれ、 慰めを得ない者よ、 見よ、わたしはアンチモニーであなたの石をすえ、 サファイヤであなたの基をおき、
めのうであなたの尖塔を造り、 紅玉であなたの門を造り、 あなたの城壁をことごとく宝石で造る。
…」


『宝石』の生成:
Formation of Gemstones andPearls
International Gem Society
:

-One of the principles ofcrystalization:
"As the temperature of a liquid drops, the amount of solid ingredients it can hold in suspension drops as well.液体温度が下がるにつれ、その液体が蓄えられる物質の量も低下する。"
-" it takes the proper combination of pressure and temperature for minerals to crystalize.ミネラルが結晶化するには一定の温度と圧力の組み合わせが必要である。"
-"Two other conditions are needed for crystalization; time and space." &"They all need room to grow.そこにもう二つの条件が結晶化に必要である;時間と空間である。&これら全てをもって時間をかける必要がある。(記事の抜粋なのでオカシイが)"
-" The chemical rich fluid supplies the necessary ingredients &
The cavity offer space to grow,and the temperature and pressure are high.濃厚に化学物質を含有する液体が、必要な要素を供給してくれる。&岩の割れ目が結晶の成長の為の空間を提供し、(結晶化に必要な)そこへの温度と圧力は非常に高い。"
"As the fluid moves through the crust, it cools enough for crystalization to occur.その液体が岩片を通過すると、結晶化に必要なだけの温度の低下が起こる。"
"=Time is required(なにしろ)時間が非常である。.
-...This is a highly tumulutous environment(また)これは激しく騒乱した環境に置かれていると言える。
・ The passages are constantly opening and collapsing. その通路は絶え間無く開閉している。
・ Often crystals start to form, and then the passage feeding the fluid is closed off.しばしば、結晶化が始まり、液体を運んでいた通路が閉鎖してしまう。
・ At this point, all growth stops.この時、生成が全て中断される。
・ -If the passage reopens, growth will begin again. その通路が再開すると、生成が再度続く。"
" Often this on and off growth pattern is undetectable in a crystal.しばしばこのオン・オフのパターンが予想不可能である。"
"At other times, the successive layers of growth will have a slightlydifferent chemical composition.また別の場合には、続いて注入される液体の化学成分が変化することがある。
When this happens, you see colour zoning in the crystal.これが起こった場合、(結晶内に)色(違いの)の層が見られる。
-In some occasions, the new layers will have different orientation. This is the cause of twinning.また更に別の場合は、変化した位置で層が出来る事もある。これが、歪みの原因である。
Still other times, the new layers will not bond completely with each other.また更に別の場合には、新しい層との結合が完全に起こらない事もある。
When you see parting on s star ruby,it is because the layers did not bond.スター・ルビーに亀裂が見られるのは、これらの層同士が結合しなかったからである。"


ダニエル11:33-35
「35 また賢い者のうちのある者は、終りの時まで、自分を練り、清め、白くするために倒れるでしょう。終りはなお定まった時の来るまでこないからです。


『真珠』の生成:
"How do oysters make pearls?"

As the oyster grows in size, its shell must also grow.真珠貝が成長するに従ってその殼も成長しなければならない。 The mantle is an organ that produces the oyster's shell, using minerals from the oyster's food.外套膜という器官が、食物から摂取される鉱物を使いその殼を形成する。 The material created by the mantle is called nacre.この外套膜にがつくる物質を真珠層と呼ぶ。 Nacre lines the inside of the shell.その真珠層が殼の内側で膜を形成している。
-The formation of a natural pearl begins when a foreign substance slips into the oyster between the mantle andthe shell, which irritate-s the mantle. 天然パールの生成は、外部から異物が外套膜と真珠層の間に入り込み、外套膜が刺激されて始まる。It's kind of like the oyster getting a splinter. 言わば、真珠貝に棘が刺さってしまった様なものです。 The oyster's natural reaction is to cover up that irritant to protect itself.真珠貝の自然な対応として、その不快な異物を被せて自分自身を守る訳です。 The mantle covers the irritant with layers of the same nacre substance that is used to create the shell. This eventually forms a pearl.外套膜はその異物を、貝殻をつくっていた真珠層と同じ物質で何層にも覆います。

So a pearl is a foreign substance covered with layers of nacre. ですから、真珠とは、異物が何層もの真珠層に依って覆われたものと言えます。」


◇Matthew13:44-46

◇Hebrews 12:2-3&6-8
Looking unto Jesus the author and finisher of our faith; who for the joy that was set before him endured the cross, despising the shame, and is set down at the right hand of the throne of God.
For consider him that endured such contradiction of sinners against himself, lest ye be wearied and faint in your minds.

For whom the Lord loveth he chasteneth, and scourgeth every son whom he receiveth.
If ye endure chastening, God dealeth with you as with sons; for what son is he whom the father chasteneth not?
But if ye be without chastisement,whereof all are partakers, then are ye bastards, and not sons.
「信仰の導き手であり、またその完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。 彼は、自分の前におかれている喜びのゆえに、恥をもいとわないで十字架を忍び、 神の御座の右に座するに至ったのである。
あなたがたは、弱り果てて意気そそうしないために、罪人らのこのような反抗を耐え忍んだかたのことを、思いみるべきである。 」

「主は愛する者を訓練し、
受け入れるすべての子を、
むち打たれるのである。
あなたがたは訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを、子として取り扱っておられるのである。 いったい、父に訓練されない子があるだろうか。
だれでも受ける訓練が、あなたがたに与えられないとすれば、それこそ、あなたがたは私生児であって、本当の子ではない。」

詩篇94:12-23
「20-22 しかし主はわが高きやぐらとなり、
わが神はわが避け所の岩となられました。


編集 / 2012.01.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Youtube『雲の流れ』:Running Clouds.flv
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》
『雲の流れ』 : Running Clouds.flv
  久々に、動画をアップしました。…というよりインターネットのスピードが非常に遅く、自分のブログをPCでアクセスすら出来なかったりは元より、動画のアップ等、論外(例:「残り時間?15000時間」etc)。   この動画は、買ったばかりのカメラで撮ってみたもの。
   …ところが、いきなり烏がうるさくなり、『どなたか』が、トントンとものを叩き始めたり、近場の交通量がいきなり騒々しく(ここは戸建て中心の閑静な住宅地だというのに大型車輌の大量通過によってまるで高速道路や工業地帯の側にでも住んでいる様な環境音になる)等、バックグラウンドの音で、折角の『美しき』画像も、この通り、台無し。...

 
  これらのバックグラウンドを聞いて幻滅したくない方は、スピーカーをミュートにして、画像だけ見ていて下さい。
http://youtu.be/Z_WVdB9XLVI

編集 / 2012.01.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
12 | 2012/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。