FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
YouTube: "Bill Schnoebelen Jezebel Eruptions"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》

映画 
YouTube
Bill Schnoebelen
Jezebel Eruptions




スポンサーサイト
編集 / 2013.06.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
ゲシュタポ下での監視の加害主体が秘密警察ではなかったという記録についての抜粋
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》

訂正(19/June/2013):タイトルに『ゲシュタポ下での監視の加害主体が秘密警察ではなかったという記録についての抜粋』と書きましたが、正確には、ターゲットを売り渡した主体であって、組織化を施した主体と言う意味ではありません。従って解決云々の判断や決定をする力や能力の母体が一般市民にあったということは、決して意味しておりません。
本
From 
BIG BROTHER
-The Orwellian Nightmare Come True-
by
Mark Dice
(2011)

  ナチのゲシュタポで、国民を監視しナチに反対している訳でもなく、そのような発言をした者でさえなく、危険な人物でもない一般の者たちを監視し通報しリストに載せ陥れていたのは、実は秘密警察ではなかった、と言う調査結果に付いて抜粋。 警察は単に入ってくる情報を整理するばかりであった、との報告。大方の人々がそのような事をした理由は単に貪欲・嫉妬・また些細な違いの類であった、また犯す際は対象がどんなにひどい経験をするかをよく承知していたにもかかわらず、得られる金銭的また社会的報酬の為には構う事が無かった、という事らしい。  
 
[投稿後約1時間後の追記:
   それ以外にワダクスが経験して来ているものの中で笑いと怒りを同時に抱いているのが、キチガイの妄想や自己投影で、意外と多いです。]

  
A Closer Look at
Nineteen Eighty-Four
A Snitch Culture

[pp. 295-297]
...

[13-16th paragraphs]
   Many people believe that Nazi Germany's secret police (Gestapo) terrorized ordinary German citizens under orders from Nazi leaders, but history shows that the majority of investigations
into citizens were launched because someone tipped off authorities.

   One of the world’s most respected historians specializing in World War II Europe, Professor Robert Gallately of Florida University, explains, "There were relatively few secret police, and most were just processing the information coming in.  I had found a shocking fact.  It wasn't the secret police who were doing this wide-scale surveillance and hiding on every street corner.  It was the ordinary German people who were informing on their neighbors."" (*403)

   In this writings Gallately explains that most Germans who turned in others didn't do so because they were doing anything suspicious or talking negatively about the Nazi party.  Most people were turned in because of greed, jealousy, and petty differences, rather than because of a legitimate threat or suspicion that a person may be an actual enemy of the state.

   There were many instances of people turning in their business partners so they could gain full control of the businesses they shared together.  Jealous lovers turned in rival suitors in order
to keep them away from their boyfriend or girlfriend, and people turned others in because they lived in an apartment that was in high demand.  Others who became informants did so because it was the first time an authority figure valued them and they felt important through this process.

   Gallately also emphasizes that German citizens who tipped off Nazi authorities about someone knew what horrific fate they would find, but didn't care because of the financial or social rewards that person would receive in return.  While such despicable behavior was once restricted to tyrannical regimes like Nazi Germany, Stalinist Russia, Mao Tse-tung's China, it is heartbreaking that the once -omitted-
 

5th
   In the nightmarish world of Nineteen Eighty-Four, children were, "systematically turned against their par

 
*403:
http://www.fsu.edu/profiles/gallately/
編集 / 2013.06.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
05 | 2013/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。