FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
Youtube【TRANSCRIPT】:『Mind Control失敗率(報告されていなかった部分)』=人口の約1割:"MI5 agent Dr. Barrie Trower..."
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》
映画
YouTube
【TRANSCRIPT】
MI5 agent Dr. Barrie Trower:
dangerous radiation everywhere
http://youtu.be/vxrBLO1rAMM



前MI5 Dr. Barrie Trower インタビュー。
  かつて報告されていなかった、どうしてもマインド・コントロールし切れない人間の全体に占めるパーセンテージ、所謂『失敗率』の点で、
それは人口の約1-2割とみてよいと言った趣旨の部分の【TRANSCRIPT】です、

 


     ターゲットは大体このカテゴリーだとみられる、というロバート・テイラー博士のYoutubeの話と適合する割合パーセンテージです。

[ 00:12:14 - 00:16:00-ish ]


Whitetv:  Is it possible to use it on any group, or are there some groups which are more difficult to remnote control in that... ?

Dr.BT:  No, I think there are groups of people that it won't work on.

Whitetv:  I think so, too...

Dr.BT:  Err, I know this, when I was ...I used to work questioning, but when I was talking to spies and agents and International criminals ..and entire lists...and it was over a cup of coffee, and I spoke to them as if they were ladies and gentleman like I am talking to you... And if they wanted to talk they did, and if I didn't they didn't.  But over the years, () there was only one that I never,ever managed to get anything from at all.

Whitetv:  hhh

Dr.BT:  Err that was "one". And there are people who can resist.

Whitetv:  (Do you ...) how they managed?

Dr.BT:  No, but there was one and He was just totally would not give anything away. Absolutely nothing. And we were sitting over the coffee and had conversations - ordinary conversations about anything...(e.g.)Foorball,...anything, you know, and he would give nothing away.

Whitetv:  Was he from Eastern Europe?

Dr.BT:  No, it's from Ireland.

Whitetv:  (surprised look)

Dr.BT:  He'd give nothing away.

Whitetv:  Interesting...because in Easter Eurpe they had advanced  technology knowledge to shut against Mind Control   ...but  Interesting...

Dr.BT:  Yes, but he'd give nothing away.

Whitetv:  Yes, this is a real comfort, because they can't get "anybody", but they can "on majority" they can use and reach...

Dr.BT:  I'm trying to think of the percentage, emm,  I'm trying to thing of the percentage of people who "could be" really, really programmed, and ... I can't actually... It's probably quite high, but there will be a group who CANNOT be programmed. They will be a group.

Whitetv:  Do you know of the goal...is that ( ) it to programme "anybody"?

Dr.BT:  I know with one of the programme over 40 year periods.  They took 500-thousand people. I know that    they have programming of children of the age 4, Muslims, Catholics, prisoners, drug-addicts and cramps, servicemen, with a whole cross-section. But one thing they DIDN'T publish was "the failure rates". They said, "we can cause this by this percentage;" but they didn't publish the failure rates. They probably took the failures from one experiment, and tried to fill them with the other...  So, it's  unkown.  It's unknown if you have a hundred people, how many could be controlled.  Probably I would think, may be between 80-90 (%) "could be" controlled. 
There'd be 1 in 10 "couldn't".

Whitetv:  And in Great Britain, I suppse that is ...
スポンサーサイト
編集 / 2013.07.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
【追記部分の抜粋】再投稿
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
[7月3日15:38]:本日新たに追記した、「過去に遡った被害報告の部分だけ抜粋』しておいてみました。これで、新規の記事として後日再構成することになる予定です。
--------------------------------------------------------------------------------
一時的に再投稿。
--------------------------------------------------------------------------------

    急ですが先程の記事は非公開にいたしました。

―――[略]―――


    このPCは、特に画像類の保存時に加害者は神経質になりがちのようで常に漏えい状態です。つまり、不正傍受されていることになります。記事など公開の時点ではもう既にアクション・稼働可能なスタンバイ状態である、というのがパターンです。


―――[略]―――

  家に来る庭屋さん達までが、どこを使っても次第に圧力を受け始めるようで、様々に嫌がらせをやらされさせられていた事もあり、安全に庭屋さんを利用する事すら困難になり、可な りの損害も経験して来ております。

うちの庭への過激な攻撃は過去多くありました。

何年も前の事も含めますが、道路工事があった頃、うちの以前の塀が縦に地面まで切り込みを入れられていたこともあり、木の枝も切られたこともあり、手で折られていた事も何度 もあり、犬の糞袋やとうきびの食べ残しやトマトや空き缶などを投入されたこともあるし、キモい雑誌のページだったこともあるし、冬にはわざわざうちの出入り口付近で犬におしっこさせて いたり、庭の片側、ブドウの棚の下に群生していたスズランやクロユリなどのあった一帯が一斉に枯れ果ててその部分が更地状態だったこともあります。

真夜中の2時半等に、大きな足音を立てて敷地を横切られたり、網戸をかきむしられ、底辺一遍だけで繫がった網戸がたなびいていたり、何年も前の話になりますが、朝刊が朝の2- 3時などに来ては、玄関フードのドアを連日物凄く激しい音で怒った様に締めるので、睡眠数時間後等にたたき起こされ止めてくれなかった人物もいました。
  真夜中の1時半等に郵送物を自分の手で等閑視に=「投函しに」来られたり、
...ところでさっきから漢字変換の感じに特異性があり、別の誰かの使用頻度を反映しているのではないかと疑いながら打っています。

  全く関係ありませんが、うちの母が教授職退官後にお手伝いをしていた某小規模学校のある人物が、うちの母からは「先生(母)に娘なんかが 居るなんて一度も聞いた事が無い!」(←単に、母とそこまで親しくも何でもなかっただけなんでしょうに!!!!!!。)!と失礼な態度で言ってこられた事もあり、コッチこそ一度も聞いていないし紹介されていないのですから、母の娘の事すら知らないという事は、余程母にとって遠い関係の存在に過ぎなかったと言う証拠であるに過ぎないというのに、何十年 も経ってからいきなり私に向かってこういう言割れてショックを受けた事も有ります。今でももう一度その事に付いて聞き正したい気持ちでいますし、信じ難い嫌な事の連発で、今更言える事などはほんの氷山の一角です。 


      話を戻しますが、  ―――[略]―――
、何故、嫉妬 中毒者達は自分自身の持っているモノの良さを見つけようとしないで、イチイチ特定人物の所有する何かに粘着し、張り付き、嫉妬に発狂するのか?
   ―――[略]―――



*1―――[略]―――




--------------------------------------------------------------------------------
 
--------------------------------------------------------------------------------
編集 / 2013.07.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
今年の我が家のAusjolly (June,2013)
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】
今年の我が家のAusjolly (June,2013) 

  
1 AusjollyJune2013 252 
  

ついでに虹色パンジーも:

1 RainbowpansiesJune2013 247
編集 / 2013.07.02 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
06 | 2013/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。