FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
[2014-12-28 追記有り]もう一つ!何度も言われていたのに、今の今までピンと来なかった件
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
  もう一つ、思い出した事があります。
何度もそのように言われたり聞かれたりしていたのですが、
今の今までそれを『成り済まし』が私と偽って言っていたか書いていたか、または『その他の方法によるデマ流布』の可能性と結び付けて考えてみた事が無いまま
今に至っていた、考えてみれば不自然な話をここに、もう一つ確認のため
挙げておきます:
  何度もこれに相当する事をそういえば確認されたり、そのように気を使っての事だった,等々...
  私が、あたかも「電話をされたくない、受けたくない...」と言ったというような事になっていて、
「気を使ってせずにいる、」とか、こっちが、「そうされてもいやだろうと思って。。。」といった事を言われた事が
何度かあるのにもかかわらず、
余り気にかけな過ぎのため気が付きませんでしたが、
  私がそのような事を言ったか書いたかした事になっているのではないでしょうか?????

[2014-12-28 14:58-ish 追記]
もし、そのような事を私自身が言った(=要求している)という事になっていましたら、
ぜひとも、どうか、その様な内容が、何時頃、どの様にその様な話が入ってきたのかを遡り、
一体それが誰であったかを正確に調査し、暴いておいてください。
こっちの言う様な話では決してありません。
その様な要求をしたら、余計話が判らなくなるし、情報も遮断されるし、何と言ったって誰とも話せなくなりますし、何の解決につながらない完璧に不毛な策ですし、
私は直接話す以上のことがあるとは思っておりません。
何度ももそう言っているのに、それと真逆の矛盾した要求など出す訳がありません(!)。

   
   兎に角、『成り済まし』か、または『その他の方法によるデマ流布』の第一の要求というか悪意の中には、
私を孤立させ、だれも私に接触できないように、直接会って人間関係を作らないように、口を聞かないように、会話が出来ないように、親しくならないように、...といった点がとても色濃くありますが、そこが
主要な悪意内容では???

  ある年、私は、伯母達何人もを含めた多くに全く同一のチョコレートを2月中旬にトラック番号付きでまとめて送付いたしました。
ところが、地方や遠距離が翌日一度に到着しまくったというのに、同市内の某方(年寄りだったが一応男性)へだけ、2-3日かかり、しかも、可なり月日が経ってから後

(私の漢字変換が、完全に別人の使用頻度を反映しているのですが。。。乗っ取られているという事でしょうかね。。。)

、その方から一応の礼状が届いたのですが、それが変で、あたかも私が込み入った話を相談めいて書いたものを同封でもしたよう名事が書かれてあり、困ってしまわれていたのです。
こじれ方の激しさ次第ではいきなり聞きにくい事と多用が重なっている事などで、放置状態なのですが...

つまり、郵便物も危ないのですよね。

とりあえず、話を戻します:
私は、とんでもありませんが、「電話をするな、」とか、うちに来て「ベルを鳴らすな、」などなど~~~、
その手の事は一度も考えた事もありません(!)。

[むしろ、直接はっきり電話でも何でも、接して話して直接会話していかなければ、こっちにとっても困るわけですから、しかも私はそうする方ですので

こうした内容が多いという事は、
『成り済まし』、または『その他の方法によるデマ流布』は、主に
(私と)「話すな、」「聞くな、」「会うな、」と
卑劣にも私に成り済ましてあたかも私自身の要求ででもあるかのように
人々を一気に私から遠ざけて行きたかったのでしょうか???]

この様な事は一度も申しておりません(!)。



誰でもいやなのに一方的に無理やり許していない所まで押し入って来られたくなどありませんが。
話が別です。
スポンサーサイト
編集 / 2014.12.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
『成り済まし』の可能性(矢張り『STAND-By成り済まし』だった?)
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》


[2014-12-28 11:41-ish 慌てて追記 (!)] この赤部分です。
(後ほど校正やりに来ます)

『成り済まし』の可能性(『STAND-By成り済まし』?)に備えての記事。


   某掲示板を訪ねたのですが(2chではない、もう一箇所で成り済ましが激しかったところです)、先ほど実は某HNの方の書き込みが単に増えているだけではなく、
まさか、いつでも成り済ましをはじめられるように、と、微妙な頻度で出てきていたのでは?と疑いたくなるような、
つまり、状況や憂さ晴らしの必要によっては、徐々にあのように書き込みを増やし、内容もいきなり、私ではと疑われる可能性が無いだろうか?と、不審になる表現や題材が、書き込み量に比例して増えていくのです。
そこに加えて、物凄く人間が悪そうな意見や感情の告白など同時に増えるので、
最初は「何故自分から、嫌われるような事を無駄にわざわざ書くのだろう?」と少し変に感じさせる内容にエスカレートして進んでいくのですが、
その前後に、あれ、私と思われる可能性は無いだろうか?と思わせる情報(経歴や、よく知られている件など:例として、英語や海外や一人暮らし、一軒家等々...外から誰にでも判断出来そうな点)などの、
個人判断に誘導する事柄をぴったりとそれに沿って書き加えられていくのがパターン的です
それが始まっていたのです(!)。


   何度も申しますが、
私は、どこにも書きに行っておりませんし、
例え『今後(!)』そういう事が起きたとしましても、ここまで成り済ましをされてからというもの、
仮に万が一どうしても書き込みたかった場合が今後あった場合には、ここで、「いま書きます。」&「いま、~~と書いて来ました。」としようかと思った事もある位で、実際には書きたいとすら思った事がないので書いてはおりませんが(!)、)
万が一楽観的になってみたとして、一度書くと、際限なく疑われても嫌ですし、何と言っても成り済まし犯自体が、その機会を得たように、どんどん成り済ましを再開されるのではないかという懸念がありますし、
絶対書いてはならないだろうな、と懸念しているわけですが、
   現在良く判らなくなっているのは、あそこの管理者様や仲間の方々の今に至る応対を振り返り、まさか、成り済ましstand-byとして常駐を許可している可能性は無いか、と思わせるくらい、応対自体が、第三者購読者に、まさか私である可能性は無いか、と思わせるような微妙な展開などをしている事もあり、まさかとは思いますが、みんなでその成り済ましが功を奏するように、と、下地として、非常に巧妙に常駐状態にしてあり、さりげない応対でじりじりと『蛙スープ』の様に微妙な準備をしているのでは?とさえ思ってしまったくらい、先ほどの書き込み量の増え方に比例した、内容の「勘繰り」誘導とも取れる展開なのです。

疑いたくはありませんが。

   兎に角、私は、上記のような様々な懸念もありますし、
ここまで被害にあっているところに、紛らわしくも、しかも私らしくない無節操さを持って、私であるかどうかをはっきりさせもしないやり方は言うに及ばず、書き込みをする事自体未だ危ない事ですので、してはおりませんので、

   再度、
はっきりと、どこにも書きに行ってなどおりません事を(何故か、この行が何度も消えていて、打ち直しておりますが。。。?)
再度、明記しておきます。


編集 / 2014.12.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
(もう一点)「最新版不可解な忠告」の原因は何?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

(校正第2ラウンド@12月28日18:17-sh
)=この緑色
(校正第一ラウンド@12月21日01:38-sh)=この紺色

   今、横のPluginの再編集(時間経過のアップデートなど)をしながら、ふと
ある変な、余りにも的外れな忠告をされた件付いて思い出し憤っていたので、

まさか...「これも、またも『成り済まし』が過去に私に成り済まして言っていた言動内容の一つなのでは???」

と、
確認が必要だと思い、
この『新規投稿』ウィンドウを開いて書き始めております。(!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)


   ではその「余りにも的外れ過ぎで、何故この私がそんな真逆不必要な忠告を、海外、しかも多人種国家で異人種として13年近くも生きてた私が、何ゆえにここでそんな基礎的な忠告をされたのか?????」その、またもや全ッく、完全に、心当たりの無いその忠告内容を、書きます。その内容は、まさか、またもって『成り済まし』による、私を名乗って (か、そう勘繰らせ決め付けさる手法で、意識下/無意識領域にイメージだけを植えつけるなど?) あたかもそれが、この私が言ったかのように騙していた事のある内容ではないでしょうか?????????

   さて、どんな事でも、不審な場合は、手がかりとして確認が必要です;その心当たりの無い変な忠告の内容を書きます。忠告をなさった方に限らず、この様な事をなぜか私が忠告されなければならないような話を読み聞きなさった事がある方は居りますか?? 
   私は、心当たりが御座いません。何度も繰り前しますが、私は、(世界で第二位に最も)多人種国家である英国に異人種として13年近く住んでいましたし、そういう環境(多民族国家)でさえ人種差別はあるのはさておいたとしても、それ以前に、「他の国にお邪魔中である」という事実はいつも肩から離せない、それは可なり重いものがあるわけです。それが13年近くです。こんな事(←これから書く)を私に成り済まして言えると思う、その成り済まし犯自体が、相当な井(かドブ)の中人物かと思わされます。

   さて、私に対して言われたその忠告とは、こんな風なものでした: 「外国人も正しい良い人たちがいて、外国人だからといって悪者呼ばわりは出来ない」風な内容だったっけ??(あttttったり前でしょ!!!!!!!!!!!!!!!!!)

   何で、こんな、。。。たとえ井の中から出なくても、人は、普通誰でもが知っている事です。子供でも知っています。それを敢えて言われる場合というのは、しかも、これを言われるというのは、 大抵は今からここに書く条件下においてだけでしょう:
それは、(いい年の教養も一応あるはずの経歴の人物(ここでは私の事)が)
「そういった注意をされなければならないような事を言った事になっている場合だけ」です。
だから、ここでも『成り済まし犯』の存在を臭わせ、その者による私を名乗った私自身が考えても感じても居ない内容の発言があったことを疑わざる得ませんので、
 またもや、チェックです。


   この犯罪は、ある意味、取り返しの付かない、深い傷を負わせています。ある人物がこのように成り済まされて、(やられているこっちは思いもよらないので ―やろうと意志決定をするのは、成り済ましの考える事!...されている方はそんな事も知らずに普通に日常を送っているだけ!― なかなか気が付かずに年月が経ちやすい)、本当に、人物像どころか、本人が考えても感じても居ない、言うつもりも無い、別の人格にされ、それだけで、「取り返しの付かない」破壊活動をされたことになるのですが、人間誰しも、既に自分の実際の問題だけで十分人生難しい中の犯罪です。人を選んで取り締まったり取り締まらないことがあるのではない限り、どうか、
何でも、チェックをお願いしたいと思っています。

  私は、はっきり知らないものは知らないし、自分が実際に思っている事や感じている事をぼかす必要を感じるタイプではありませんので、はっきり言ってきておりますが

  各自の方々は、これこれは本当に私かどうかなど、正確なチェックお願いできないでしょうか?

  破壊したい誰かを身勝手なそのような事からその人に成り済ませるあらゆる方法で、成り済まし、多くの人や組織に対してこっちの知らない事を言ったり書いたりし続け、例え途中で判った時点からは必ずしも誰も信じなくても、それまでに信じた事が記憶に埋まってしまい、いつまでも必要の無かった苦しみや亀裂や不信など、商魂(どうして「商魂」になるでしょうかね!?!?!?)「傷痕(!!!!!!!!!!!!!)」が、大き過ぎますね。

  私がそんな事を忠告されなければならないような発言をしたと思い込んでいる方がその忠告をした方一人に限らない可能性も有りますので、
ここにその内容をチェックできるようにしておきます。

   これは、私の考えとも経験とも人格とも一sssssっ切(←いっさい)、矛盾しており、決して、私がされなければならない忠告ではありません。そんな事を言われる心当たりも無いどころか、私の経験を考慮に入れただけでも、解る事だと思うのです[←2014-12-28表現を改善]...

  「どうしてこんなに簡単に騙されるのか?」と一瞬考え、憤ってみましたが、事態はそうではなく、
もう可なり大昔からその『成り済まし』が私自身の知らないうちに暗躍をして「可なりの歳月が経過してる;だから、人々は、もう、記憶から分けられず、聞いたり読んだりした当時私と思い込んでしまったものをそのまま思い出すのであって、今もいちいち騙されているという状態ではないのではないのでは?(「ないのでは」を何回書くと良いのかが判らなくなって来た)?????????????????

  もし、長期にわたり、毎日の日記のようにずっと成り済まされていたら、その出鱈目な量は気の遠くなるほどです...
その上、今回やはりはっきりしたような、こっちに張り付きながら私の身に起こっている毎日の詳細に便乗して成り済ましたコンタクトを相手方各所に対して挿入されいたら、当然何もかもが亀裂を起こしていくし、騙されてしまった方からの奇行があふれ返りもしますよね...その上で、騙されきった状態で、それを知らない私が「何かおかしい、」と言って来ても、ピンと来ませんよね。
気の遠くなるような莫大なことで、言われたり聞いたり読んだ方々の再確認によって(こっちは知らないので)(知れば、この様に聞き返せますが)少しでも解明されると良いのですが。


(こんなに寒い夜の戸外からの小さな子供の奇声は、変なものですね。今ありましたが。)
編集 / 2014.12.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
個人的に「親類縁者旧友など」の方々へ
カテゴリ: ◇Misc.
  とりあえず、今は挨拶抜きですが、


こちらでは、公的な郵便物以外は届いていない状況です。


私からも,なかなか使い難く感じている通信方法なので、ペンを掴んでも、どれもポストに辿り着いておりません。


トラック番号を付けると(便利そうだったのに!)余計目立つらしいですne。




編集 / 2014.12.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
『成り済まし』がネット上だけでは済んでいない件
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

  10月12日の一人暮らしへの訪問に起こりがちなことという記事内で

>...の記事オリジナル部分が湾曲され、
>「ベルを鳴らされたくないので、鳴らさずに、ガサガサと音を鳴らして気配に気づかせて出てきてもらうようにして欲しい、と言っている」という
>おおよそこっちのして欲しい事(普通の事!)と真逆の話に豹変してしまわれないためには、
>他に、どう書き得たのでしょうか?
>そのように湾曲させたり、無い裏を掻かれたり、書いている事を裏返されたりひっくり返されたりする可能性をいちいち
>考えながら書いたり言ったりする人物には成り得ませんが。何度読んでもそうは書いておりませんので。

と書いたのですが、

実は、ここにある方がわざわざベルも鳴らせずに我が家の玄関フード内でモジモジと必死で『気配』をかもし出してたたずんでいた理由が
私と名乗る誰かが「ベルを鳴らさないで欲しい。」という電話をかかる事業所宛にかけていたかららしいのです。

最近再び、うちに来る荷物配達車両がことごとく(に近く)、家の前に止めずに、どこかずいぶん遠くへ駐車していて、
[2014-12-19 01:16追記した行→]そうである場合は皆、全く同じ方角から、
大変な雪道でさえはるばる離れたところから荷物を担いで来るので、
「何故離れたところに停めて大変な荷物を徒歩で担いでくる人が増えたのか?」、と
以前あった事を思い出し、不審に思い、問い合わせてみた、といういきさつです。
以前あった事というのは、

2012年02月02日に投稿した

まとまって、この当時、我が家に来る主に荷物車両が、我が家の前を通過し、今は移動されて居ないかつての隣の家のまん前に止めてわざわざそこから荷物を担いで持ってくる事に、やっと気が付いたので、そのうちの一軒に問い合わせたところ(他にも聞いたかもしれないが、調べて教えてくれたのは一軒だけだったのかもしれないし、私が一軒にだけ何かの件のついでに聞いたのかもしれない)、
人物は突き止められなかったが、ある人物の手書きメモがデスクに置かれてあったとの事。そこには、私と称する誰かが「我が家の前に止めずに、先へ行き、そこで停めて運んで来るように」(?)というような要求を出してあったという話です。

今回、それを思い出し、二度とあって欲しくないそれが再発しているのではないか、と思い、確認を求めたところ、配達の人物との会話は、完全に、あの頃の悪夢のように話が成立せず、私の知りもしない何かが立ちはだかって改善どころか悪化するばかりだったので、責任者に問い合わせ直す事によって判ってきた事で、

前回のベルを鳴らさなかった際も、
今回の方々がわざわざ家の前には停めずに遠くから多くの荷物を運んだのも、
実際に、私と名乗る人物から、そうするように(「ベルを鳴らすな」や、「前に停めるな」など(!))と、私を名乗って、センターへ、連絡・問い合わせ?を入れている者が実際に居たたらしいのです。

犯罪です。

未だに、こちらから質問しているのにも拘らず、何故はっきり私に確認してもらえなかったのか、しらばっくれたように「何もありません!」と、嘘を返さなければならない事業所が多いのかも、私の側の立場からは良く判りませんが、出来たら今回の責任者の方のようにはっきり言ってくださらないと、私自身も何も出来ず、解決いたしませんので、出来たら、何があったのかなど確認だけでもしていただきたいと思います。

敢えて嘘でも私のせいにしたい、陥れたい、というなら別ですが、
もっと直接聴いたり答えたり、解決に向かえるように、さかのぼって誰がどこからどのような方法でいつ何を聞いて何故鵜呑みにしたか?それらは、私であるなどという可能性はあったのか、確認してもらいたいですし、こっちに何故言えないのでしょうかね。

【この行は一応削除で、あとで貼れる状態の部分】
[もう、日本語は変換しなくてはならないし、変換もおかしいものばかり出てきて学習しなくなったようだし、面倒なので、一度は再読なしでいつものように、『凄いまま』出して、後でゆっくり変換その他校正しようと思うので、凄い文章ですが、
」この問題自体、やり切れませんね。

問題をさかのぼって、
一体誰が、いつ、どのような方法で、
どんな内容を何故鵜呑みにし、
そして、それが本当に私のするような事かどうか、
そんな馬鹿な事が、本当にこの私の心の中に発生し得たかどうか、
ちょっと可能性を確認したり、
何でも良いのですが、
参りました。

それにしても、何故、誰も、私自身に確認できないのかが不思議で堪りません。
こっちで聞いても、知らない、何も無い、の一点張りでした。
何故でしょうか?

誰かが私が言ったと聞いた際は、何とか、それが本当なのかどうか、鵜呑み厳禁で、対応していただかなくては、「何でも」私のせいにして喜んでいる悪党がこうして嫌がらせをし続ける結果になりませんか?

しかもっこっちは言っても思ってもいないことを陰で言われてみんなが単純に鵜呑みにしていたら、こっちは何も出来ませんし、そちらもずるずるとそういうなり済まし反の温床を維持するばかりで、参っていますので、
是非、私が言った、 という内容の場合は、本人が言った事なのかどうかをはっきりとさせてもらえないでしょうか?
こっちが本当に実際に言っている事なら、敢えて聞いてもらいたいですし、そうでないものは、成り済まし犯であり、知らせてもらえない限り、手も何も打てませんので。
よろしく。


編集 / 2014.12.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
アンカリング材料と成り済ましの垂らしていた内容との相関関係
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
  成り済ましが、私と偽って広めたこっちの知りもしない変な考えや感情などの一部の内容が未だに執拗に繰り返され続けていて、
その余りのしつこさというか、に疲弊しているところです。

  執拗に刷り込んでくるのが、たとえ騙され続けているからであり、しかも事実を知りたいとすら思ってもいない人物がそうした内容を繰り返しているとはいえ、
本人(ここでは私自身)が言ったり考えたり感じたわけでもない内容をいくら私に対して仄めかし?ても意味が無いと思うわけです。
鎌をかけているのだか、つついてみようとしているのだか、仄めかしたいのか...など、どれが一番相手の意図を表しているのかよく判断出来ずに居りますが...。

  この余りにも低次元内容の観念を、信じられないほどの執拗さで「繰り返し繰り返し繰り返し~~~しつこくしつこくしつこく~~~延々と」やり続けるこれは、
集ストのあの所謂ストリートシアターだかアンリングだか(名称などどうでも良い)と称して出現していたアレと同じものですよね。

  つまり、これは、よりアンカリング等の目的に沿ったものであって、必ずしも成り済ましが垂らしていた内容を未だにこっちの気持ちだと騙され続けている訳ではなくても、
それらの一部をネタに出来るとなれば、(特に、それがあの成り済まし自身のコンプレックス等の現れである場合は、それをこっちに刷り込めば、あわよくばこっちにその者自身のコンプレックス等を感染させられると良いな、ということで)-つまりはアンカリング/刷り込み目的でしょうか?
成り済ましが言った内容の一部をシームレスに引き継いでアンカリング内容としてリサイクルしている可能性も高いですね。

  これは、あのアンカリングに悪用されている"Reverse Psychology"のひとつで、健康のための心理学上の法則を故意に逆用して健常者を異常にしようという試みの続きでしょうかね。
ぺディグリーの良犬も合わない環境に縛り付けて狂犬扱いすればそのように振舞いがちになる可能性があるので、血統にあった扱いをすると良い、
故に、"Reverse Psychology"は、一級のシープドッグを都会のマンションでプードルのように扱い育て、思う通りにならないから狂犬としてしまい、それに沿って邪魔に扱う、等々です。
  ターゲット被害者が本来知りもしないキチガイ心理は、キチガイ自身が良く知っているものなので、キチガイに集ストを続けさせていれば良いという事と、
もう一面が、心理学上のデータや統計から知られている「病状・症状」を外から作って押し付けてくることです。
  そこだけを外部が執拗に作ることで、ターゲット自身が知りもしない経験を表層的に演出してくるわけですね。

  あわよくば、(アンカリングに使っているテーマをあのように「繰り返し繰り返し繰り返し~~~しつこくしつこくしつこく~~~延々と」人の行く先々でやっているうちに)
ターゲットが本当に誤魔化されてしまったり、

[例:  集スト要員自身が常々苛々している物音などを執拗にたてにくる。
たとえば、こういう事も多いのでは?...自分の犬や子供が、具合が悪い時でも鳴き続けて苛々しているという集スト末端自身の持つアンカリングをこっちに聞かせに来る...?
  ところが、こっちは犬を飼った事も無ければ、ましてやそれで苛々するようなアンカリングが一切心の底から無いので何にもなっていないのだが、やる方は、やりに来ることによって、自分のイライラのアンカリングを自己投影出来、あたかもこっちが自分の不幸や自分の犬の鳴き声等々...を経験して?自分の不幸を背負った、という妄想で憂さ晴らしになる。
  ところが、ターゲットにとっては異常を抱えた集ストがまた、自分がどういう事に苛々するか、または何にコンプレックスを持って悩んでいるか、どんなことに恐れを抱く人間なのか、等を余りにも如実に(微妙な声や音のニュアンスや強弱やタイミング具合など、自分自身の痛みの急所を表現)デモンストレーションしに来るものだから、また自分の異常を表現しに来たな、と思われているのに、
思考盗聴が出鱈目過ぎるのか何か判らないが、その事が一向に把握してもらえず、"Reverse Psychology"効果が無いことにも気が付かないようであるどころか、
  ターゲットの心自体には、集スト自身の持っているアンカリングもコンプレックスも恐れも再現させようにもそれに必要な『種』が心に無いので、集ストの自己表現に過ぎなくなっているというあり様なんです。ところが、「繰り返し繰り返し繰り返し~~~しつこくしつこくしつこく~~~延々と」やってくる、それには、自分たちの持つそういったもの(不快感からくり返したくないのでこの表現)を「植えつけたい」からなのではないのでしょうかね?
  要するに、ターゲットに成り済ました者が言ったとしても、ターゲット本人が持っていないコンプ内容をいくら繰り返しても話にはならないのですから、それがしつこく繰り返すものが今も居るのは、ターゲットの心に「新たに」植えつけたいからなのではないでしょうかね。
   余りにも延々とあるので疲弊していたのですが...


  故に、こっちが姿を現す度に、自分のイライラやコンプレックスや恐れ等を見事に表現しに来る人で溢れ返って来るという始末なので、呆れて良いのか疲弊していれば良いのか、どう思ってよいのか解りません]

  また、こっちの健常な誠実さから、当初は極当たり前のように「なぜあんなおかしなことをするのだろう?」と考えあぐねていくうちに、
知りもしなかった異常者や悪人たちの発想にとうとうたどり着いてしまいそうになり、(笑)
  本当にその悪の波動域を生まれて初めて感じてしまったり、
  その悪い波動域から出られる鮮明さが最初からなくて落ち切れば、カルトの色になって、捕らえられてしまう、ということでしょう。


編集 / 2014.12.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2014/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。