FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
ブログ更新のお知らせ
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】
以下のブログを更新いたしました。

Battle in the Valley of Souls[改編]

&
Ye Olde De-Backsliding Blog fc2


あまりのアクセスの無さ過ぎに、不審に思っているところです。ので、
宣伝してみます。

(私のブログはこれも含め、全て、去年(2014年)の11月15日でいきなり激減しました。)

[2015-03-08添付部分]:上記の記事に7日に追記した部分。:
  [2015-03-07 追記] 今気が付いたのですが、矢張り私の成り済ましをしていたあの人物の発想というか人格と混同されたままなのではないでしょうかね...私 はもともと何度も言って来ているように全く『演歌調』度が0%ですし、従ってネチョネチョやベロベロな感覚はありませんし、―こういう言い方で通じなかっ たのなら→、私は全然センチメンタルでなく、事実でもない事や、全く現実的には未だ成立してもいない事をあたかもそうであるかのような「振り」をしあって 『思い込みゴッコ』=バーチャル話や匿名や架空やフィクションやファンタジー、現実的に成立していない関係の「ごっこ」は、付き合いません。逆に、特にあ の私に成り済ましてすきすきアピールをかましていたあのタイプにとっては格 好の場でもあるでしょうが...それは私の話ではないので、、未だ知りもしない人たちが、私の事をとんでもない別のタイプや思想や感性や人格と取り違えた ままなのでは?ネット上で経験した殆どのコンタクトでの嫌がらせや攻撃がそれのせいである可能性がとても高く、知っていながらあえて攻撃に加わっていたの ではないかもしれないのです。あの私が訪問するといきなり始まっていた[荒し」も、共謀して話を展開させていたのかと思っていたのですが、もしかしたら、 本当に外部からの荒しだと思っていたのでは???何度も言いますが、私ではありません!。
...ところが、これをここに「貼る」作業が、何と邪魔され一時失いました(!)。が、コピーしたものなので問題は最小限でした。
スポンサーサイト
編集 / 2015.02.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
三度目になる『ブログを始めた理由』
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
   過去にも説明して事があるのですが、
わたしが2010年4月に
(fc2が最初でこれが、保存用 ―ミラーというのですよね?―
であった筈が、なぜかmixedtribesというIDにアクセスしたくない人達も居る(た)ようでこちらのほうが書きやすくなり、
ここが主体になりましたが、)
始めたのは、この
日本語では『集団ストーカー』(最近は殆ど無くなってきている)などと呼ばれている被害への対処
ですので、
全てその件に関連する記事ばかりなのですが、
本来私はジャーナリズムをしているわけはなく、
紐もついていないので決して定期的に頻繁なアップデートをしなければならない『義務』も全く無く、
自己主張にはなるのですが、自己顕示のために開設した類でもありませんし、
文章を書くのが好きで書いているわけでもありませんし(言わなくても判るでしょうが)、
書くことによって、逆に加害者がより的を得た加害をするための理解の助けになってしまったり、
模擬犯が増えたり、などなど。。。何でも垂れ流せば良いわけでもないようだし、
...総合して、
どこかに、あたかも私が所謂『ジャーナリズム』をやらなければならないかのような圧力とも取れる批判が絶えないのです。
...ナンデですか????
所謂『ジャーナリズム』ではなくても、どんどんやたらに書き込んで欲しがられている節があるので、不思議なのですが、
もともと視覚芸術関係の者としては(作品や作者や制作自体などの評論以外では)、言葉で補わないので、いきなり書く方の人間にに転身は考えられないと思った方が良いのですが、
そういうことは、視覚(聴覚)芸術系の人間をターゲットにした場合の基礎知識に何故加えられていないのでしょうかね???もしくは、それくらいできていたはずなのに、
    これも、『成り済まし』が居た事の裏付けではないでしょうか?つまり、全く私の傾向を持っていないし、全く芸術的でもなく、教養も低い、住む世界の違 う誰かが私に成り済まして、もともと私のような性質や視覚芸術形の人間がするわけもないし、『芸術的なタイプ一般に適応する性質を裏切る書き方や内容』で 暴れて書きまくられていたのでは?
こっちは、どんなに圧力を加えられても、その者ではないので、逆にいえば、こっちは『私の成り済まし』の真似を出来ないのです(!)。
― こうして噓や詐欺(=『成り済まし』を含めています) は、ばれて行くのです。
私本人の性格分析をしようとして、その成り済まし者の性格分析を行った上で、それを私本人への工作に応用しても、絶対思い通りの反応などこっちから出てくる訳がないのでは?
  例えば、ひょっとしたら、そういう分析に従えば今頃私がいちいち「インターネットで書きまくり始め」て居た筈(そうしないので、おかしいな、といった感じで)かのような、必死の圧力が手を変えずにずっと続いていたりしているのですよね。
  
   で、繰り替えいすのですが、
私 がブログを作った理由は『集スト』対処だったので、(YeOlde...などは、ネットストーカーが、私がクリスチャンだけの書いているものまでいちいち 自分達に対するように当てはめて文句を言われたことがあり、こっちにはクリスチャン(『本物の』!!!)以外が全く意識になかっただけに、読む人を分けら れると良いな、とクリスチャン専用を作り、そこにまでネットストーキングされるので、もう一つ奥に作り。。。そうこうしていくうちに、とうとう Twitterも作り、少し追い払えたのですが、そんな感じで私のサイトができています。
   で、私にジャーナリズムや社会運動への転身や、ネット中心に書きまくる(私のこのような調子以外で)(その成り済ましのように)することなどは、どうも期待しない方がよいのではと思います。
編集 / 2015.02.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
【続編】質問します
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

   質問ですが、まさか私が防犯カメラの『容疑者像』の誰かと人違いされていません(でした)でしょうか?(救急車がどこかへ走っていっていますね)(まだ行き来していますね)

  インターネットというのは、何でもかけるようなので、意味が無いのかもしれませんが、(嘘だらけで一人で数人役をやりながら自分を持ち上げて気に入らない人物を切りまくっている人もいるので)

(まだ行き来していますね)

-------
(上を書きかけたままのところで)
今警視庁に電話で相談した上で、書きますが、↓

   はっきり言いますが、私は防犯カメラには幽霊ではないのでちゃんと写っているのでもっとちゃんと見て頂きたいのですが、(←この表現は警視庁には言っていない)、私は前科も有りませんし、(ある訳無いでしょ!!!!!!!!)、そんなものに写っていて変な話になるような事もありませんし、

何かの容疑者としての画像と人違いがあったとしても、
警視庁としては即座に人違いの場合の訂正情報も公表している
ということで、-そうでなければ大問題ですので(!)-

もし人違いをされていたとしても私の経験のようにさば読んで10年などの
長期に渡って人違いのまま容疑者情報が拡散されていることは無い
との事です。
それにもかかわらず、こっちは10年などの長きに渡って地域などで、嫌な事が
(以前も書いたのですが、こうした反応には波があるようで、それもおかしいところなのですが)続くこと自体がおかしなことです。

-他のCoIntelPro関連で被害者サイトを訪ねてみると、「自分のような前科も無い潔白な人間でさえ...」とか、
私だって前科も無い倫理潔白な人間の一人ですし、
-近所の老夫婦さんに庭の世話を頼んだ際も、「(ご自分)のように良い事をしてあげたって意地悪されることも有るんだから、悪いことをしていたら。。。」という人聞きの悪いことを途中まで言われたことも一度ありましたが、
私だってなんですが、
-あちこちに見つけたNPO団体の援助にも協力したいですし、その際、北区に行ったことはありますが、その度にガスボンベがどこかで爆発するらしいのでもう援助に行け なくなってしまいましたし(わざわざカーナビをつけてこっちがどこに居てどこを走っているのかが良く判るようにして行っても続けられていた!)、
-具体的に判らない人聞きの悪い言い方を喫茶店の隣の席から聞かされた事も一時集中的に有りましたし、

一体どこで誰が何をしていて、私がこんな経験をこんなに長く受けているのでしょうか?
『成り済まし』や関連した人違いが言ったり書いたりやったりした内容などが確認も無く、いつまでもこっちの話にされたままなのかもしれません。

   こうした自分のブログなども、以前にも書いた通り、もっと自分の情報を入れたくても、以前出した私の幼少期の写真でさえ盗まれ、成り済ましに、自分の幼少写真として盗用されていた可能性もありましたので、私のサイトの一覧も出さなければならなくなり、私が誰であるかは、庭の写真などからも判るようにしてあるのですが、これ以上はっきり書いたり出しても悪用盗用される危険があり出来ずにいます。
   つまり、ハッキリしか書いていない、ということなのですが、私は前科も勿論有りませんし、防犯カメラの容疑者がどうたらも、ちゃんと調べて、
警視庁の情報であれば、万が一人違いされても、―それ自体あってはなりませんが―、
何年も間違えたままにしていないそうですので、出鱈目は信じないように。


[↓さっき書きかけた部分を、そのままにしておくコーナー↓]
  今朝の朝刊の地域ページに各種防犯カメラに写っている『容疑者像』のYoutube―ここで、ブラウザがフリーズし、別のブラウザアイコンをクリックしてそっちでぞこうしようとしたところPCごとフリーズし、PCを再起動しなければなりませんでした(動画にとってある)―サイトなどについての記事があリましたが。
  
ここから下↓は、すぐに削除します。

逆に実際に却って怪しいようなヤカラから清廉潔白なこのわだくすが疑わしい目を向けてこられ、、本当にしゃくに障っています(!)。
  

編集 / 2015.02.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
01 | 2015/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。