FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑
自分の業は自分で背負え!
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
   「好き勝手馬鹿丸出しの生き方」は、あの女の特徴ですね。知られている話ですね。本人も言っている事だったのでは?私ではありませんよ。
あの女は、「好き勝手馬鹿丸出しの生き方」をしています。私の性格はそうではありませんよね。それを私になすりつけまくっていた可能性がありますね、成り済ましという手でしょうね。
    「家系のせいにして」これもあの女特有のコンプ。何でも環境や生い立ちのせいにして来ているあの女の特徴です。私ですか?家系を私ほど自慢にしている のも居ないくらいで、臭いほどですが、否定するのは恩知らずと感じますので、超一品の生い立ちで感謝とうぬぼれと自信満々でいっぱいです。
   「吠えて」は、私も得意です。
   「家飛び出した」誰がですか?その女ですか?私は一度もした事がございませんよ。私は、両親と話し合い、がんばれ!と言ってくれ、自分で凡て調査し手配してイギリスへ飛び立ちました。常に家とは連絡し合って暮らしていましたよね。
   「ヒーラー」ですか?そのんなが霊媒的なのも試したりしているのですか?私は自分で一度もそんなもの(ヒーラー)に なるならないすら考えたことも頭に浮かんだこともしたいと思ったことも無いので、人違いですが、もし、私自身の知らないところで、私の信仰の話か何か?に よってクリスチャンになった話は割とありましたが、そうしたのは私とか人間ではないですし、その事ではないと思います。
   後のは知りません。



    ...デマ噂をばらまかれたり、成り済まされたり、誤解されたり、人違いされても、こんなに孤立されていなければ、また、普通に家族など色々居る間 は、こんなにそうした事が致命的に感じる経験はしないので解らないと思いますよ。一人でなければ吹き飛ばすのですが、この状態で成り済まされてあんな変な 女と人違いされたら、本当に自分に合った人間となどと出会えなくなってしまうような、恐ろしくつらい焦燥感は、こうなってみないと解らないと思いますね。別 人扱いされ続け、言っても思っても感じても居ないことをなすりつけられ続けたり、歩んでもいない人生や、自分なら絶対するわけのない事をする人だと思い込 まれ続けたり、絶対することもしない人とされ、別人の人生を押しつけられ、どうして「気にしない」と言えるのでしょうか??人に与えている苦痛を割り引こ うとしているか、その気持ちも解らない癖に自分はしっかりしているような錯覚でも満喫しているのでしょうかね。一 人ではない頃は、プイと吹き飛ばせていましたよね、恐らく。しかも私は、人と同じなのが絶対いやな方ですから、そこに加えてあんな変なあんな女と人違いは 絶対に御免です。まったく違い凄ます。あの女の業を私になすりつけさせないでください。卑怯すぎませんか?、自分の悪業を、羨望するお嬢様に全く違う人生 の話をすり替えてくるなんて!
スポンサーサイト
編集 / 2016.06.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
2chでの『成り済まし』警告いたします。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
   私は、何度も何度も申しています通り、
掲示板などにおりません。


   現在ROMをしている所[楽しむためなどではなく(そこの固定住人は、勘違いをしているようですが、私は娯楽で行っていません。)、また攻撃やデマや成り済まし、ネガティヴ・プロパガンダ等が始まっていないか等、保身を兼ねてチェックしているだけです。やられていて第三者がどっさりと騙されていられては堪りません。]にて、新顔と思しき男性が参加されたように見受けられるスレッドが御座います。
   もしかして、その男性が、お相手のHNを、私と人違い・勘違いなされている可能性があるのではないかと警戒して読んでおります。


私は2チャンネルには、居りません(!)。


  このページを立ち上げるにあたって時間がかかり、その間にふと思いましたが、


もしかしたら、その新しい要員の方は、既にそこに呼ばれるにあたって、
その相手の女が私であると、偽られた上で書き始めている可能性の方が高いですね。
あの成り済ましと思しきものが、その私と人違いされている可能性のあるHNで応対していますが、
異様につまらなく、しっかりしていない、性格の悪さはそのままで、トロイ、軽蔑され軽く思われるキャラに徹底してその若い新人にどんどんなめられる方へと誘導しています。自分が相手をされたいのであれば、あんな真似はしないでしょう。


それは、私では御座いませんので、是非この記事に気がついて第三者読者の皆様も、
私はそんなバカな処で書き込んでいる人物ではございませんので、ご注意ください。


成り済ましに、是非、ご注意ください(!)。



[追記]  また、私は、あの顔文字と云う奴を使うなどということはしません。余り私らしいと感じたことがございません。
あの成り済ましはそれをかなりの頻度で使っているタイプとお見受けいたしますが。
第一あまり様々な顔文字には詳しくありませんので。
知っているのは、:) :D :P  などなど、こういうの位しかよく知りません。2,3試したことはありますが、面白くなく、追求していません。備え付けのアイコンなどなら割と使いやすいです。
注意: 別に決してああいう顔文字使いを褒めているのではありません。そんな真似をしたくはない、という表現を避けただけだったのですが、どうも褒められたと勘違いしたようで余計(顔文字を)使い出し始めた模様ですね。


   もともと、あの人物が、私の成り済ましを過去に長期にわたって、または激しく私の成り済ましをしていたのであれば、多くの方々は、その者の文体や人間性 や態度など、成り済まし犯の『地』自体を既に、私と勘違いしてしまい、成り済ましていない場合も、あの成り済まし犯と私の感じをごっちゃにしてしまったま まの第三者が居るのではないでしょうか?
ここのブログなど、読んで頂けていればそのようなことも減ってくるとは思われますが、
そうでもない限り、騙されたままの状態で、あの人物の文体や態度を私だと勘違いしてしまっているのであれば、こんな迷惑な話は御座いません。
  

[2016-06-22 00:07-ish 追記]: 
  大体、今朝からまた始まって、時間が経つに連れて余計激しくなったあの集団ストーカーのうちの周辺への大騒ぎが
一体、誰が何を気に入らなくて始まったのですか? 
これの一つ前の記事でしょうか、それともそのすぐ後にYeOlde...に出した記事でしょうか?
どっちにしろ、何がそんなに再騒動になるのかも解りません。
し かも、もの凄い人員数と、大体、何故、自分自身が何もされていないこの大人数が何をあんなにムラムラと怒り狂えるのかも、集団ストーカの解りかねる点で す。以前何年も前になりますが、この点について問い合わせたところ、ある方が、カルトの集会に集まると、そういったムラムラと憎しみ的なモードになるのだ とかいった解説を貰った事がありますが。これは、一種の『悪魔憑き』=『憑依』みたいですね。集合脳に接続されているのであれば、集会に身体的に集まらな くてもあり得るかも知れませんよね。
編集 / 2016.06.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
インターネット上での成り済まし[なりすまし]が未だに続いている可能性について
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
   私がROMをしているサイト範囲は狭く、あまり変化もないのは事実ですが、
かといって、あちこちランダムに探しようもありませんし、際限が無くなります。
   その、過去に酷かったことのあるごく限られたサイト上をROMする限りでは
以前のような激しい成り済ましが無くなってきていました。
   ところが、第三者の中には、何年もこうして書いてもいるし、はっきり言って来ているのにも拘わらず、
その一人何役か自作自演などを混ぜたやり取りのサイトの中の特定HNが私であると思いこんで来ている方々がおられました。
何度言っても、わかってもらえていないことに不審を抱かされましたが、
それというのも、
未だに、私の見つけられていないどこかで、今でも延々と私になり済まして自分と『やり合い』をしているように装った、自作自演か何かの(つまり、その中の特定HNで)私になり済ましたやり取りをしているサイトが
有るということなのではないですか??

[7 日 21:53 追記] :特定HNを『リングネーム』として使って成り済まし、成り済まされている当該人物自身が思っても言っても感じてもいないこと、したこともない言動を多く 書き込んでいて、名誉棄損・信用棄損・激しい侮辱になっていても、実際に私とは言い切れない微妙な場合、私自身がその書き込みを見つけても、私と言い切れ る書き方ではないので、他人もいちいち鵜呑みにしないだろう、と放置しているのに、実際には、当のこっちが(それを意図的だとは)決めつけていなかったこ とを第三者読者が、それを私だと決めつけていた、という状況があるようなので、書いています。

  私には、そのようなサイトを見つけるすべもありません。
私がROMをしているところでは、まるで終わったかのように成り済ましが無くなっておいて、
私に見つかっていないどこかでは、延々とそれを続けられて来ている、ということではないのですか?
  私が知らなければ、何一つ成り済ましの内容に関してはっきり言うことも出来ません。
私の最新記事を反映したことを書いて、まるでそこに私がいるかのように工作されることも頻繁でしたが、
見つかったときには、ここではっきりそれは私ではないことを書いておくことができました。
その、私の見つけていないサイトでそれをされても、何を書かれているか知らない限りは、何も言えず、
より簡単に第三者を騙すことが出来ます。
  成り済まし被害に関して何もあまり書かなくなった理由も出鱈目に作り上げられていたかも知れません。
  私は、成り済まし犯罪がばれたか告白したから、減ってきたのだとばかり思っていたのですが、
最近、インターネット上ではなく、過去に実際に目の前でやられていた幾つかの酷い演出について
何をされたか説明する機会があったのですが、
予想に反してその人物が不満であったようなので、もしや、何も解決していないのではないか、と疑い始めてはいたところです。
  しかし、インターネット上で酷いことを書かれて、驚いてある人物に聞いてもらおうとしたところ、
「もう相手をしない(拘わらない)でおいたらどう?」とアドバイスされたのです。
「拘わらない」とはどういうことか具体的に尋ねると、もう返事を書かない(反応して書きこまない)ことだということなので、
ショックを通過して驚いています。
そんなことしていないからです(!)。
これは、私のROMをしていないどこかで、延々と、私になり済まして、自分に対して、酷いことや愚かなこと、軽蔑や嫌悪を呼ぶことなど、続けているからなのではないですか?
私の知らないところでやられていたら、もうここでも何も抗することが無くなります。卑劣過ぎます。
  時折、知りもしないときに、まるで私の方で陰口を言ったり攻撃したり、本当の私には全く当てはまらない嫌疑をかけられたりしてはいたのですが、私自身に根拠がなければ、関係ないかな、と放っていました。
  (例えば、ものすごく低劣で下らない例になりますが、「先生と呼ばれたがっている」とありましたが、
私はいちいち人にそのような呼び方の全くないイギリスというところに住んでいましたので、そんなおかしな観念は持ち合わせていませんし、
両親は大学教授なので、二人の事を私は小さい頃から「教授」と思っていましたが、『先生』という観念で見ていませんでしたし、
一時期若いころ塾でおしえたというのかしましたが、一時的にしていた頃のことであり、
本望は教えること『先生になる事だったことが実は一度も無い(小学一年生の時一度そう言ったきり。)ことを知らない、その人物の憶測による世俗的な作り話で、そういう話になったのでしょうが、
私はそんな人格の低くなるような要望(タイトルを欲するという点!)を持ったことは一度もありませんし。)
  例をいちいち挙げても時間だけ経過するので今はここまでにしておきます。
  
  以前よりお願いして来ている通り、どなたか、私に、どこでそのようなことがあるのか、そっと見つからないように郵便受けにメモを入れることも可能ですし、どのような方法でも、出来るので、教えてもらえませんか?
特に、その中の誰かが私だと思っていて、こうして訴えている私を信じられないなら、より「これはあなたでしょう!!!!」と突きつけられるのではないのですか?
  何度も申して来ていますが、
私 は、自分のブログなどここのプラグインにあるところ以外には、書きに行っておりません。一度してしまうと、成り済まされたときに、説明が難しくなるから控 えています。特に、ブログやホームページなどではない、匿名掲示板で、成り済ましなどが騙しやすそうであれば、拘わるつもりがございません。少なくとも、 今までのすべてが誰のか公開された後か、それがはっきりして、成り済ましも自作自演も自画自賛も一人何役もはっきりしてもらえるまでは、書かないと思いま す。
何週間か前に、もう成り済ましの心配も解決中かもと思い、フクロウのいるストランからそのフクロウの画像を写しておられたseesaaのブログの方に、つい「かわいぃ~!」(カタカナだったかもしれないです)とコメントして、それがどこだったかわからなくなってしまったものがありました。それだけでした。
  夕食の準備や、鉢の取り入れがありますので、一応、投稿します。


《この記事は私の 《 seesaaブログ 》=ミラー において[2016-06-07 19:07:21]に公開投稿し、
[2016年6月11日16:30:10]にここへペーストし、
オリジナル記事に沿って[2016-06-07 19:07:21]投稿として再設定したものです。
ペースト時間で公開すると内容と現状態とがかみ合わない個所が出てくる為、このようにしています。
例: この記事の最後にある「
夕食の準備や、鉢の取り入れがありますので、一応、投稿します。」が、ペースト日時=現在の事ではない、等。》





→ Read more...
編集 / 2016.06.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
しっかり育てられていたからなのでは?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

[5日AM]5日分はこの紺色部分など
   自分で、あそこまで生き延びられただけの知恵やら勘も身に付いているし、懸命賢明に判断もしたし、
お仕置きで車から降ろされたくらいで、先行きの判断もできなくなるほど動揺していなかった様で、
良い親密で健康な親子関係無くてはあそこまでサバイバルするのは、むしろ不可能だったのではないですか?

  自分であそこまで出来るには、それだけ安心できる世界観が育まれ、同時に割と心豊かに育てていたからなのではないかとも受け取られます。
むしろ普通以上に強く豊かに安定した心に育てていたのではないか、という印象を持ちました。

  むしろ、育て方が正しかった(その子に向いていた)ことが証明された、と言って、褒められても良かったくらいの結末だったのではないでしょうかね。子供に謝る必要もなかったとも思いますし。

  [ 5日02:45 追記 ] 立ち去る保護者の車を追うのではなく、別の方角(『ジエタイさん』の集まる辺りを目掛けて?)へ猛進した反骨精神も、その様なお仕置きを ika削除 

  今世界中で、子供などだけでなく家族をばらばらにしてしまうNWOのアジェンダにまんまと干渉されてしまいかけているだけでは、という懸念がありますね。新世界秩序は、家庭を破壊し性を乱し、世界中で、何かというと子供やその他家族を家族から引きちぎる政策が暗に進みかけていますから。(森の中のサバイバルと大人の心理学者の誘導尋問サバイバルは全く別の能力なので、今後の子供(や老人)への誘導尋問には目を光らせていてほしいですよね。)

編集 / 2016.06.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
05 | 2016/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。