FC2ブログ
悪意がどのように事実を歪めるものなのか
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

[これは、2018-06-20 09:30:21にseesaaブログで書いた記事を2019-12-30 17:19-ishにこのFc2へ持って来たものです ]

     例えば、「自然の美しさとか面白い現象などを発見し興味を持ってワクワク見上げていた」様子を、悪意に想像して「馬鹿なのでどんよりボーッと為す術も無く立ち竦んで」居たような話にすり替える、その悪意はどこから来るものなのでしょうね。

スポンサーサイト



編集 / 2018.06.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
別の掲示板で発見したHNに関して-『成り済まし』の警戒お願い致します。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
[これは、2018-07-11 18:33:08にseesaaブログで書いた記事を2019-12-30 17:10-ishにこのFc2へ持って来たものです ]

   成りすまされている本人は、自分でもなければ自分らしいとも思わないので一番気が付くのが遅れる傾向も無視出来ませんね。
しかもここで何度もこうして書いているのでいい加減あの成り済まし中毒も止めたかと思いたかったのですが、いつもチェックしている所ではない所で(誘導はしていた)一つ変なHNを見つけたのですが、私がブログにした事のある内容などを書いているのですが、人の言葉に突っかかって行ってみたり、面白くもなさそうな割に[←評判や印象を悪くしたい故の演出でしょう]書き込んでいるアレは
何度も言わされていますが、
私ではないので注意お願いいたします。
人の真似をしている積もりなんでしょうが、なぜ執拗に私ぶって登場したがるんでしょうか????その為に生き延びているんでしょうかね。。。本当の『成り済まし中毒』というか、私ぶり『中毒』では?今年の5月あたりから「始まった」みたいです。
  例えば、ここに、「どこどこでこう書いた」とも何とも書かずに、さりげなく、まるで書き込みと言うこと自体になれた様子で書きに行く等という裏表のある卑屈というか卑劣というか、そういうことをするのは私の性分でありません。ここで『私は書きに出張していない』と言い続けているというのに、このブログをこのままにしたままで実際は書きに行くという、そう思わせるのも目的でやっているのかも知れませんが、そういう裏表とか、さりげなく裏切った事をする様な、それは、私の性分ではありません。恐らく、そう思わせることによって、私の信頼性を無くすのも目的なのかも知れませんね。卑怯ですね。HNをコロコロと変えて執拗に、内容も割と露骨に私っぽくするためか、過去にブログに書いた事のある内容をぶり返すのが常の様で、正に『真似』をして登場するようです。
あんな感じでチョロチョロとマイナーに入り込んで書き込むアレを執拗にされ続けていたようですが、
相手がしつこいので何度も書くことになりますが、私ではありませんので。
  安全に問題なく書き込めるようにするには、実名や"mixedtribes"などとしたら良いか、と思ったのですが、それこそ成り済ましでも何でもHNは作れるわけですから、とにかく匿名性のあるシステムは駄目ではないでしょうか?と言ってもインターネット自体がそんな傾向があるからには、例えば、一言書き込む直前にここで、「今これこれを書きに行くところです」と前後関係の内容や詳細な意図などを説明した記事を出し、そういう他のところに書いた直後にその文章自体と日時などを書けばどうかとも思ったのですが、成り済ましが便乗し他でやり捲り易くなるには違いが無いでしょう。。ですので以前もしたように、他ではなくここに『レス(?)』を書いたことがありますが、それで良いのでは?問題は、コメント機能が効かなくされている様なので、それ止まりになってしまうのでしょうね。
  何度もこのように書いて折角の?ブログがこの手の記事で薄まるのも気に入らないので、兎に角「私では?」と思うものがあったら、私ではないでしょう。もし私であれば、私のもは私とはっきりしたいわけですから(=別人の成り済ましている『偽物』との区別をしたいわけですから)、私だと思われたくなくてこうして焦って書く訳も無いでしょうし。何度も言いますが、成り済ましをされて迷惑しているので、私の場所でない所で(人の建てた場所)であれば書いていませんし、書くとしたら私と絶対に(勘ぐり等ではなく)判る場合と方法で、実名か"mixedtribes"か、ここに予告と書き込み自体の持ち込みをするなど、ここで書いて来ている事と矛盾させないはっきりした方法を取りますし、
ああいう小狡い最低なあんな事は、私のする事ではありません。そういう事を小狡いともわないか特に悪いと思わない人ならしていても気にならないのかも知れませんが、私はそういう裏表があるのが嫌いで、兎に角私自身らしく無過ぎて迷惑しています。
どうか、勘繰りで「私ではないか?」と思う(そこを狙っているみたいですし)場合は、疑ってください。
恐らく、私がここでこう書き続けているというのに執拗にあのように私を真似て書き込みをするのは、ここでこう書き続けている私の信用を疑わせるのを勘ぐる方の主体でするのを狙っている可能性があると、書いていて思ったので、注意してさい。
勘繰らせるようなそういう曖昧な事をして迷惑をしているのは私自身ですのでそんな事をする訳もありませんし。
私であれば、こういう目に遭って来ているわけですので、勘繰らせる様な曖昧な事は避けていますから、注意だけはして下さい。
ごみを出さなければならないので一応出しておきます。
あの成り済ましは、文章形態や表現まで徐々に凄く私自身のと似て来ているので、こうして書いていて、真似られているのが良く伝わり、キモいです。粘着して私を勉強し過ぎています、気持ち悪いですね。
編集 / 2018.06.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
05 | 2018/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego