FC2ブログ
日本の牧師さん達へのお願い
カテゴリ: ◇Misc. / テーマ: Christianity / ジャンル: ライフ
集団ストーカーについては色々と云われて来ている今日この頃です。
私たちが被害者になったのは、そうと気が付く何年も前からの事であった様です。
ただ、この”現象?”についてはかなり複雑な要素が絡んでいますね。


今までに、他の被害者さん達のBLOGにコメントを投稿して来ていましたし、徐々にそういったものをここに持ち込んで来ようと計画中です。
ここは、私の(遅ればせ乍ら!)初めてのBLOGです~!
思い募る事があり、他の事の手を休めて開きました。

「集団ストーカーをヤッテ居るのは誰か!?」は、世界中の全てのT.I.の問いです。
宗教・カルトのカテゴリーに絞って追及する際に日本国内で一番出てきたのは、『装荷』ですし、私に対する集ストも、多分にそうと確信させられるに足る要素がありました。(『装荷』は、会員というか、の人数が』多いので余計そういった印象は免れません。) ただ、やはりこの結論では決して完結出来ないわけです。他の団体も(それと敵対している筈のグループも含めて)あらゆる集団が、集団ストーカー加害者側には多く居るからです。
『真実』というものは、又は『事実』というものは(真実や事実に、上書きは出来ないです。そう思うのはオカルト的な偽りです。)、この様に、妥協せずに追及している者にとっては殊にそうですが、時間はかかっても、必ず浮かんでくるという性質がありますね。俗っぽい例ですが、(というとポワロの作者に失礼ですが)(どうせ大衆テレビ番組にしたのですからそう云われて文句も無いとも思いますが)あのアラブ系ベルギー探偵が言ったように、
"Truth has a tendency to reveal itself." で、正にこの件でも言えることでした。
ネットを漁って集ストの実態を解明しようとしていると、装荷の他にも出てきます!又、沿うかは強酸等を批判し、キリスト教を責め、オウムも当然出てくるし、とりあえず、責め易そうな物は一通り出てきます。(私の周りは、こう書いている間も、我慢できなくなったグループか或いは個人が居るようです。きっと、人の云おうとすることをしっかり知的に読んで理解出来ないタイプなんでしょう。名前に触れただけでカッとなってしまわれたんだろうか???最後まで読んで欲しい!!)実態は、全部が装荷でもなければ、強酸も事ある度にハラスメントして来た事があるし、こうして見ると、別に特定のグループに限っても居ない。
そんな中で、私が一番ショックな事を、今日、書こうと思い、BLOGを立てました。 何故なら、クリスチャンとして、クリスチャンの人に、お願い事や相談など、当然出てくるわけです。それは昔からあることです。昔は無かったのに、現代にあることは、クリスチャンでも、平気で嘘もつけるようになったよ様であることを初めとして、ショックな現実です。その最たる物を、ここ数年のうちに経験しました。

集ストではありませんが、集ストの結果を被って、残忍で強烈な名誉毀損・風評被害がキリスト教会界中に蔓延して、知りもしない教会の説教者等が、会った事も無い一被害者について、何らかの形で、悪意な悪口が全教会に広げられ、又、鵜呑みにされ、信じ込まれている様なのです。

そこでこのBLOGを立てることによって、不特定多数の牧師さんたちに、個人的な色合いなしに聞いていただきたいお願いを読んでもらえたら、と、BLOGを立てました。又、私が未だ会った事も無い他の教会の本物のクリスチャンの牧師さんたちも、読み、実態に気付いて貰い、又、同時に、当てはまるタイプの牧師さんたちにも読んで、気付いて貰い、どちらであれ、一緒に、祈り、考えて、改善と、癒しをもたらして欲しいと思いました。

 そこで、お願いです:
 根拠の解らない噂やデータ等を鵜呑みにして、何も知らない、会った事も、話したことも無い一個人の信者について間違った思い込みや観念を抱いてしまい、それに基づいて裁きや批判を織り交ぜたメッセージを、不特定多数に広め、二次三次被害を与えるような事の無いキリスト教界にして行って下さい。
 メッセージを放てる立場の召しにあって、それによる影響力があるのに、それを破壊的に使うのではなくて、癒しやイエス様の人格を教えるようなもので養ってください。

又、ご自分を信頼して相談を持ちかけた一信者の相談内容を、他に広めないで下さい。

 野火の様に、或いは、インクが水に滴ったように、いつまでも何処からも決まった内容の攻撃や批判に出会うのは、もうあってはならないことです。教会にその様なことを期待するものは居ないのです. 個人的に会った事も無いある個人についてなのに、悪い破壊的な噂に乗って、まるであなたも信じていると、あえて解らせるように伝えるような、残忍な、攻撃的な、毒入りのメッセージを公表しないでください。本当の話を知る前に、被害者を何重にも攻撃的に批判しないで下さい。まして、実際に起こった事に付いての情報等ではなく、ある個人の主観的なことに関わる内容、例えば、その人が不幸に感じている、何々を心配している、等の情報は、信じるべきではないと思います。大抵の場合、伝達しているその人の問題であることのほうが、云われているその一個人の思いであることより、はるかに可能性が強いです。何故なら、人は自分の眼の中にある梁について、批判する傾向があるからです。噂をされている、その一個人はSCAPEGOATにされている事の方が有り得るからです。知らない一個人に対してその様な対応を取らないで欲しいのです。それは、牧師さんからは普通期待していないのです。









福音 終末論 帰国者 教会問題 組織 ハラスメント 虐待 はぐれ 羊 裏切り 嘘 失望 いじめ 希望 信仰
KJV Isaiah Jeremiah Ezekiel Revelations prophecy
apostasy
end time,
gang stalking , community mobbing, persecution
スポンサーサイト



編集 / 2010.04.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego