FC2ブログ
『加害者の予告:From URBAN DICTIONARY
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》 / テーマ: 社会心理学 / ジャンル: ブログ
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=Gang%20Stalking%20Rat

ギャング・ストーキング 『ラット』

1. Gang Stalking Rat 147 up, 8 down
buy gang stalking rat mugs, tshirts and magnetsGang Stalking Rat as in Rat Fink is an expresion that means stoolie or someone who squeals or tells bad things about a
person or what the person did so that person will get
in trouble!

The evil psychopathic person who enrolls someone into
being gang stalked for many years. This person only
has feelings for their self and do not see others as
caring human beings. They have no morals and cannot be
trusted. They are sometimes successful people but will
brutally attack others that they may perceive as a
threat to their position. This person who commits this
social life murder should be punished to the full
extent of the law. This person will eventually suffer
greatly from the evil that they know but not soon
enough!! Research in the US shows these people may be
an Allergist, Nurse, Office Worker, Scout Leader, Drug
Dealer, Car Dealer. Someone with very questionable
ethics. BEWARE you can not see it in their face until
it is too Late !! These people must be served an SRO -
Stalking Restraining Order and brought in to be
questioned, they know the answers to this evil !!!
(Only a few Police Stations per State are funded for
ASU - AntiStalking Unit)


『ラット』とは、特定の人間を何年もの間集団ストーカーの被害にあわせるために、加害者として登録させた悪質なサイコパスのことを言う。これに相当する人間は、ただ自我への感情しか持ち合わせておらず、他の人間を思いやりの対象として見ることが出来ない。彼らには倫理観というものが無く信用できない。彼らはしばしば成功を収めた人間である事も少なく無いのだが、ひとたびある人物を自身の立場への脅威と判断した際には情け容赦なく攻撃をする。社会的殺人を犯すこの人物などは法的に最大限の処罰がなされるべきだ。この人物は最終的にはこの故意の悪事のゆえに必ず大いに苦難を受ける事になるが、あまり早すぎる事はないであろう!! アメリカ国内の調査機関によると、こういった人物には、アレルギー専門医、看護師、一般事務職員、スカウトのリーダー、麻薬関係者、車関係、等(のうち)倫理観に非常に疑わしい点のあるタイプだとの事。彼らは決して外見からは絶対にそうは見えないので、気が付いた時には手遅れの場合が多い事を忘れないように!! この者たちにはSRO=即ち、『ストーキング規制法』を宛がう事によって問われるべきである、彼らはこの悪事についての申し開きが出来るからである!!!
(一州に付きわずか数箇所の警察署しかASU=『対ストーカー部』を配置できる予算が組まれていない。)
(My translation)


As proof of the above term, there was a woman in Tokyo
Japan who confessed to this evil knowledge. She is
the only Gang Stalking Rat to confess to this date.
上に挙げた説明の証拠として、ここにある東京の女性によるこの悪知恵についての告白文がある。我々の知る限りでは今日までにこの女性が唯一これを告白している。

This is is what she said to her coworker in a world wide software maker company:
以下が、彼女が某国際的ソフトウエア製造メーカーに籍を置いていた同僚に当てて言った言葉である:
"I am able to ruin you socially. Remember I had
another achievement"
「私はあなたを社会的に潰すことが出来るのよ。覚えておいて;私がもう一件成果を挙げたところだという事を。」
"You have turned on the Devil's Switch"
「あなたは、悪魔のスイッチを押してしまったのよ。」
"We could be under close surveillance. If they are
Professionals you cannot hide."
「私たち徹底的な監視の目の下かもよ。
もし彼らがプロフェッショナルなら、あなたは隠れることなんか出来ないのよ。』




スポンサーサイト



編集 / 2010.04.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego