FC2ブログ
《転載》『外資族マスゴミ最大のタブー...』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
外資族マスゴミ最大のタブー...



2006-04-06 22:18:52 | ネット工作 請負業者 集団ストーカー

全文は、
『Gaslighting 大人のいじめ 社会のいじめ 日本の現実』にあります。


5ae41f6f7c9534573bbe184c58f67d94.jpg 
図をクリックして拡大してください。

ナンバーから車の所有者を調べるのは簡単です。
怪しい車はまとめて調べておきましょう。
http://www.ktt.mlit.go.jp/faq/gianbu/a_jidousya.htm#siru

・集団ストーカーはあらゆる暗黒集団の主柱たる常套手段

  北朝鮮の金日成王朝
  ライブドアその他によるフジテレビバッシング、テロ
  民放各局などによるNHKバッシング、テロ

・集団ストーカーは欲望を動機にしているだけ。悪魔主義。社会=利他精神と完全に対極にある。悪魔主義に対して立ち上がれ。

・恐るべき宗教団体入会の母親による強制精神病院入所
 http://www6.ocn.ne.jp/~agsas/AGSAS_AdMovie.wmv
 そういえば私は昨年のニッポン放送買収騒ぎの頃から延べ4500通の
 ライブドア実態暴露(粉飾決算)の書き込みをヤフー掲示板でやっていました。
 家族友人にも1年間、ライブドアはエロゲー、アダルトビデオを作る
 粉飾詐欺スカトロ会社だと宣伝しまくりでした。母はそれを聞いて不思議に
 落胆していたが、集団ストーカーの工作か?私は民放テレビや大新聞を見ないので
 マスコミ内部の集団ストーカーによる扇動は私には完全に無力です。というか全部最高に逆効果に効いてきますよ(笑)

 そしてニッポン放送買収騒ぎの最中にヤフー掲示板に書き込んでいると、
 携帯に数分の間に10件以上のイタ電がかかってきていた。
 深夜2時頃に漫画喫茶から自転車で帰る途中で白い車に襲われそうになった。
 男は車から降りてきた。こちらはライトを消して路地裏に逃げた。

 周囲や職場ではライブドアの株主が一般社員を扇動して激しい仄めかしを行い、プレッシャーをかけて
きたが、すでに私は多くの詐欺師に恨まれているのでこの上、新たに詐欺師に恨まれても
別に大して変わらないです。詐欺師を10人殺すも1000人殺すのも一緒です。(笑)

・最初に集団ストーカーの存在に漠然と気付いたのが大京大暴騰の時でした。
 大京が一株150円の時、売り方やマスコミが必死に売り煽りしていました。
 私はひねくれ者なのでそれを見て生活費を切り詰めて全財産+ボーナス給料
 全額投入で買い増し、僅か500万円の元手が3500万円になりました。
 私の性と集団ストーカーマスコミの皆さんのおかげです。(嘲笑)

http://www.geocities.jp/an_idle/
http://www.johoguard.com/SSK.html
http://crusade.mpage.jp/
http://stalker.client.jp/
http://antigangstalking.join-us.jp/

世界人間牧場計画、ライブドアやオウム真理教の集団電話攻勢、マルチ商法、
職場内マルチ(ライブドア)、マスコミヨイショ報道の本質のようなので
貼り付けときます。

これまでの謎というか何者かの陰謀、モヤモヤの正体がはっきりしたようです。

JR西の脱線テロ、数々の自動車アーケード暴走轢き殺し事件、
里谷事件、中西議員事件、多くの事件は集団ストーカーによるもので、
某宗教団体マスコミのストーカーによる扇動で政治すら自由に動かせるようです。

ライブドアといい、某宗教団体、某マスコミ、某外資生保、某政党といい、
集団ストーカーは商品を作らずとも大儲けできる邪悪極まりない虚業です。


とんでもない現実の世界へようこそ。今回は、集団ストーカー実行グループの構成と、その政治的意図に関するお話です。集団ストーカー実行グループは、一般市民の方々の、とても身近な人々に関するお話です。あなたのこれまでの人生で、実は彼らに誘われていたり、無意識のうちに加担していたり、という記憶が蘇るかもしれません。私たちは、平和、安全、防犯等という、もっともらしい理由を与えられながら、監視密告社会の流れに乗せられています。ぜひ、このレポートの視点で、あなたの人生を振り返ってみてください。





本レポートの背景として、集団ストーカーとその手口についてお知りになりたい方は、AGSASサイトにあります「集団ストーカー概要と手口」、「アメリカ、カナダにおける、反集団ストーカー活動の宣伝スピーチ」、「集団ストーカーの目的について」及び、「集団ストーカーをビジネスシステムとして推理する(第二版)」をご参照願います。何の利権があるのか不思議になるくらい、必死になって集団ストーカーを否定しにかかる人々も存在しますが、そういった人々の説明よりも論理的であり、事実に基づいています。


目次



【 はじめに 】. 1

【 1. グループによるマインドコントロール 】. 3

【 2. 隠れプロ市民 】. 4

【 3. 隠れプロ市民主導の市民監視グループ 】. 5

【 4. 個人主義者 】. 7

【 5. 絶対服従グループ 】. 7

【 6. 操り人形グループ 】. 8

【 7. サンドイッチ 】. 9

【 8. 監視密告社会へまっしぐら 】. 10

【 9. おわりに 】. 12

【 参考文献など 】. 12

【 1. グループによるマインドコントロール 】
 このグループの人たちは、とてもいい人たちです。あなたに優しくしてくれます。あなたを助けてくれます。あなたを慰めてくれます。このグループでうまくやっていけば、面白い遊びを教えてくれます。仕事を紹介してくれます。異性を紹介してもらえます。場合によっては、世間に知れたら「やばい」ものも与えてくれます。理由は良くわかりませんが、このグループにいると、何をしてもいいような気になります。なぜなら、このグループのリーダーは「力」を持っているからです。このグループはあなたに「力」を分けてくれるのです。入手困難なチケットを手に入れてくれるかもしれません。芸能人に会わせてくれるかもしれません。権力者にも顔が利くかもしれません。マスメディアに顔が利くかもしれません。なんだかよくわかりませんが、とにかく「力」があるようです。その他の人々などどうでもいいのです。あなたを認めてくれない人々と違って、このグループはあなたを認めてくれます。このグループのすることに疑問を感じたとしても、そんなことは気にしないほうが身のためです。あなたの保身が、このグループの「力」によって保たれていることを、あなたは知っています。そして、自分で考える事よりも、このグループの考えに従うことのほうが楽になっています。その事に、もはやあなたは気がつきません。このグループはあなたに「正しいこと」を教えてくれます。このグループの皆の考えが正しい考えだと、盲目的に思い込むようになります。それが妄信であることに、もはやあなたは気がつきません。なぜならあなたは、このグループ無しには生きていくことが考えられないからです。もしかすると、あなたは既に、弱みを握られてしまっているかもしれません。あなたはこのグループにいるしかないのです。それしか選択肢は無いのです。他人がどうなろうと、そんなことを気にしていたら、このグループにいられなくなります。もはや、このグループのすることに疑問など生じません。疑問に思うことを、自ら止めてしまいます。その事に、もはやあなたは気がつきません。それがあなたにとって当たり前の生活であり、常識になります。そして、このグループにとって都合の悪い人は、あなたにとっても敵になります。たとえそれが全く知らない人であろうと。たとえそれがでっち上げだろうと。たとえそれが今まで親しかった友人であろうと。たとえそれが家族であろうと。もはや、事実を確認しようなどとは微塵も思いません。このグループの人たちが言っているのだから、それは事実に関係なく、正しいことなのです。疑問に思うことを、あなたは止めたのですから。そんなことを気にしてはいけません。他人がどうなろうと、そんなことを気にしていたら、このグループにいられなくなります。



 集団ストーカーを実行している加担者達は、それぞれのグループを持っています。そして、それぞれのグループには「グループリーダー役」が存在し、「グループリーダー役」は、政治活動人脈に束ねられ、操られています。デビッドローソン著の「アメリカにおける集団ストーカー」において、著者のローソン氏は、実際に、集団ストーカー実行グループに潜入し、グループの構成、及び加担者の勧誘(リクルーティング)方法を学んでいます。そして、日本の例においても、複数のグループを利用した集団ストーカー活動が行われている、と考えられる事実が存在します。ここから、日本におけるこのグループの構成を、段階を追って見て行く事とします。



【 2. 隠れプロ市民 】
 皆さんは、「プロ市民」という言葉をご存知でしょうか? 私は、「プロ市民」などという言葉は知りませんでした。おそらく、自らが集団ストーカーターゲットにならなければ、「プロ市民」の説明を聞いたとしても、「まるで映画の世界だね」「俺には関係ないよ」という感想を持ったかもしれません。ここでは、「プロ市民」の簡単なご説明をして、その後で、本レポートで使用します「隠れプロ市民」の定義を行います。



 日本において、俗に言います「プロ市民」とは、「主義」「主張」を持った市民運動家であり、その資金源(黒幕)を主に、反権力、反日勢力においている人々のことであり、その思想を広めるために、一般市民レベルに溶け込んで活動を行っている人々です。もちろん、「主義」「主張」が隠れ蓑である場合もあるでしょう。インターネットで調べようと思えば、こういった情報も得られるのですが、情報を得られない人にとっては、「まるで映画の世界だね」の話なのです。「確かに変なことに口うるさい人はいるね」「あの人はなんかの政治活動している人かもね」とは思っても、「まあ、いいか?」なのでしょう。この、情報が得られるかどうかという情報格差(「デジタルディバイド」と呼ばれます)によって、「プロ市民」という言葉、さらには、その政治活動人脈が存在すると言う現実に全く気がつかない、全く信じられない、という人々は多いでしょう。それに追い討ちをかけているのが、主要なマスメディアが報道しない、という事実です。こういったことをマスメディアが報道しないのは、「こういった事実が無いから」ではなく、「報道してはやばいから」「マスメディア内部でさえマインドコントロールされているから」です。普通の生活をしている方からすれば信じられないかもしれませんが、日本の主要なマスメディアは、「圧力に屈したメディア」であったり、実は「事実の確認をしていない人々」であったり、「触らぬ神に祟りなしの姿勢」であったりすることがわかってきます。彼らが勇敢に突進していくのは、台風中継の時くらいではないか、と思える状態です。信じられない方は、早速インターネットで調べてみましょう。





もう少し身近な例で言えば、選挙の時期になると町中に現れ、特定の政党の持ち上げ活動をあらゆる場所で行い、その思想をなかば無理やり押し付けてゆく人々等。集会を行ったり、街中で演説をしたりしている団体の人々。こういった人々は、ある程度その思想を押し付けてきますので、「プロ市民」という言葉は知らなくても、なんらかの政治活動に関係しているのだな、ということはわかるでしょう。ある意味、わかりやすい人々です。



集団ストーカーを語る上で重要であり、最も危険なのは、実は、こういった表向きの「プロ市民」ではありません。表向きは絶対にわからない「隠れプロ市民」です。「隠れプロ市民」は、政治活動人脈を背後に持っていますが、その人脈は明かさずに、または良く知らずにその人脈に操られて、一般社会に紛れ込み、一般市民に接触し、その場でグループを構成している人々です。そして、こういった「隠れプロ市民」は、無実の一般市民にとって、「関係のない人」では無いのです。この人は、あなたの友達かもしれません。この人は、あなたの同級生かもしれません。この人は、あなたの同僚かもしれません。この人は、あなたのお隣さんかもしれません。この人は、あなたの彼女や彼氏かもしれません。この人は、あなたの家族の一員であるかもしれません。彼らは、何食わぬ顔をしながら、彼等の背後にある「主義」「主張」の都合で、何の罪も無い一般人を巻き込みます。他人の命より彼等の背後にある「欲望」が優先されます。「平和」を主張していても、彼らと関係ない人の命はどうでもいいのです。実際のところは、自分の属するグループの居心地の良さ、つまり、その「隠れプロ市民」自身の「欲望」が優先されていることが多いようで、「主義」「主張」よりも、自分の属するグループの存続が第一ということになります。そして問題は、彼らが全くの一般人を装って、全くの一般人のグループに存在し、その影響力を維持している構造です。



本レポートでは、『背後にある政治活動人脈を隠し、または良く知らずに操られ、その力を借りることで、一般社会でグループを構成している人々、及びその協力者』を、「隠れプロ市民」と呼ぶこととします。次章では、そのグループ構造を見てみることにします。これを、あなたの身近に存在するグループ構造と比較してみてください。



【 3. 隠れプロ市民主導の市民監視グループ 】
 それでは、「隠れプロ市民」とそのグループ構造を見てみます。ある人物が自分の実力で「人気者」「人格者」「リーダー」である場合、そこに人が集まることは自然発生的な現象であって、そういった人の存在はありがたい存在です。そういった人は真の「リーダー」でしょう。しかし、ここで登場するのは、「リーダー」ではなく、「リーダー”役”」です。「リーダー役」は、あくまで「役」です。ですので、その人物が、なぜそれほどの影響力を持っているのかが良くわからない場合があります。これは、役職や社会的地位などとは関係ありません。



集団ストーカー被害者も、被害に気が付いた時点、及びその後も社会生活を送っていますので、何らかのグループに属しています。集団ストーカー被害者の方々のお話をお聞きすると、そのグループの中で、「なんだかよくわからないけれど自信と影響力を持っている人」「なぜかわからないけれど、何をやっても許される人」の存在が目立っていることがあります。例えば会社の場合、なぜか、その人の上司でさえ、その人には強い物言いをしません。なぜがその人のわがままが通されます。周囲の人間はそのことに文句を言いません。その人が社内に強力な人脈を持っているわけでもなく、地位が高いわけでもなく、御曹司でもなく、それだけの実力があるようにも考えられないのに、です。若者のグループの場合、この「リーダー役」は、面白い遊びを提供したり、マスメディア関係者を知っていたり、覚せい剤を入手できたりします。芸能人にあわせてもらえるかもしれません。これは実は、「リーダー役」のバックに、「政治活動人脈」が控えているからです。この「政治活動人脈」は、「集団ストーカーをビジネスシステムとして推理する(第二版)」で推論した「悪徳人脈」の「母体」に通じている人々とお考えください。「リーダー役」の背後にこういった人脈が存在するので、たとえ会社の上司でも、バイト仲間を雇っている店長でも、「リーダー役」に強い物言いが出来ないのです。そして、「リーダー役」はそれなりの「役者」であればよいのです。それなりの「主義」、「主張」、もしくは「動機」を与えられた人です。「動機」は単にその「リーダー役」の「欲望」を満たすものだけのものかもしれません。「主義」、「主張」は実は嘘で、「政治活動人脈」に踊らされているのかもしれません。とにかく、「リーダー役」の役目は、グループ内で「リーダー」を演じ、そのグループのメンバーが、そのグループに依存する生活を営む、従順な人々となる状況を作り出すことです。このグループ構造は、図2のようになります。
スポンサーサイト



編集 / 2010.06.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego