FC2ブログ
《転載》 『創価の集団ストーカー犯罪に関しての質問から』 より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
《転載》
『創価の集団ストーカー犯罪に関しての質問から』

より。


***【以上略】***

集団ストーカー被害は想像を絶する多くの人間、組織の関与なしには成立しない。
被害に見えるようなケース、単純に加害者からの依頼により加害風に見えるように設えられていことも多いと考えられる。
しかし、筆者を取り巻く状況は単純な偶然や思い過ごしの範疇をはるかに超えた恣意的な災禍、嫌がらせ、犯罪が多発していることは紛れもない事実である。

創価学会だけが実行犯ではなく他のカルト集団、在日系外国人、同和、公的機関、企業等組織団体も関与しているだろうが、筆者の確認したところの実行犯には、他の宗教団体所属の人間も数名居たが、主は創価学会員だった。
また、所属のビジネス環境、海外出張、海外との取り引きでも被害は多数経験していることからバックには巨大な国際的犯罪・謀略システムが存在し、その潮流の中で創価学会はエージェントの一つであり、日本における主体であると考えている。

まず、創価学会は日蓮正宗をベースにした自称宗教団体ではあるが、本質は自らが説明するような人の幸福と平和を願う善良な考え方を抱くような人間達の集まりではなく、非常に危険なカルト団体、集金システム、または政権に寄生する為の集票システム、そして社会秩序の破壊者と考えた方が正しい邪悪な存在であることは周知の事実である。

彼らは常に、周囲に敵対者を造り出し、その敵対者を付け狙い打倒することで幸福になれると考え、団結を図り、その攻撃の様を見せしめとしている。
彼らは敵対者・脱会者を攻撃することに翻弄、没頭することにより、深く自己の存在を考えることを排除し、悪行を理由付けしている排他的な思想に完全に洗脳されているサイコパスであり、本来の日本人特有の美徳として備わった倫理観を自らの選択により捨て去った浅ましい人間の集団である。
これは常日頃、多くの創価犯罪に関わるニュース、読者諸氏の経験、参与する与党政権での形振り構わぬ暴挙、種々悪法案の提案・可決の圧力行動をご覧頂けば理解頂ける説明の余地がない事実である。

この集団ストーカー犯罪は被害者だけの問題ではなく、一般の方にも目が向けられていることにご注意頂きたい。
創価学会員の悪意による行動の発端は職場や近隣で自分より優秀な人材、ライバル、ちょっとした小競り合いをした人達に牙を剥くようになり、一度目標に設定すると、日夜盗聴、盗撮、追い廻し、思考盗聴により執拗に被害者に害を間断無く24時間、365日繰り返すようになる。

この犯罪に被害者が気付くまでには長い年月、多くの観察する一般人の中から、周到にターゲット被害者を選択し、一連の加害行為により集団ストーカー被害者へと仕立て上げる。
一旦、被害が顕在化するとYouTubeに投稿した映像に観られるよりもはるかに多くの動員導入による人海戦術、身体攻撃、家宅侵入、その他犯罪、迷惑行為を集中的に行ない、被害感を与え、加害実行の状況を被害者に認識させる。
結果的に、被害が顕在化し、被害感を覚えた人間が被害者と言う事になるが、実際は多くの一般の方々、特に被害に気付かない多くの人達が被害に気付かされることなく、運命操作等による不幸、不幸な生活を強いられ、生命、安全、財産の収奪、迷惑行為の対象、暴走する犯罪被害から身を守ることがきない状態であると考えられる。
被害が顕在化していない人達はその分、より凶悪な犯罪や多大な損害が与えられていると推測される。
複数の実行犯による犯行、虚言による複数の証言者、創価警察・裁判官による罪状の隠避、情報操作が行なわれれば犯罪の事実は全く存在せず、闇に葬られることは説明を要しない。
これが集団ストーカーの人権侵害犯罪だけでなく、社会に蔓延する不幸、犯罪を生みだす組織的な犯罪システムであり、その元凶でもある。

かつての暴力団組織にしても犯罪は摘発可能であるが、いまや一般信者を巻き込んだ犯罪の実行、隠蔽、捜査撹乱は完全に社会の犯罪抑制機能、司法権の無力化を現実のものとしてしまった。
暴力団組織さえ傘下に収めるこの犯罪システムとその犯罪についてはメディアは一切報道せず、官憲はその被害者の訴えをいとも容易に棄却しする。
立法府では与党政権に寄生する創価の支配する政党により対策案の法制化、条例の成立を却下、システム温存、助長の為の法整備が行われている。
従って、これは性質的にはもはや国家犯罪に近い罪状と言えるだろう。

***【以下略】***






スポンサーサイト



編集 / 2010.06.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego