FC2ブログ
EXERPTS 【AN EXAMINATION OF GROUP EVIL】《翻訳》
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》
EXERPTS
from
PEOPLE OF THE LIE
by
M. Scott Peck, M.D.
1983, by M. Scott Peck,M.D.
A TOUCHSTONE BOOK
Simon & Schuster, New York.
Chapter 6;
"MYLAI : AN EXAMINATION OF GROUP EVIL"



1983,
by M. Scott Peck,M.D.

【ミスタイプその他、後で順次訂正していく。】
   ・24/June: 22.20[改訳:footnote in the middle & paras.10-12]


[pp.218-219]

   Whenever the roles of individuals within a group become specialized, it becomes both possible and easy for the individual to pass the moral buck to some other part of the group.
In this way, not only does the individual forsake his conscience but the conscience of the group as a whole can become so fragmented and diluted as to be nonexistent.
We will see this fragmentation again and again, one way or another, in the discussion that follows.
The plain fact of the matter is that any group will remain inevitably potentially conscienceless and evil until such time as each and every individual holds himself or herself directly responsible for the behavior of the whole group -  the organism -  of which he or she is a part.
We have not yet begun to arrive at that point.
   集団内での個人の果たす役割りが専門化するにつれて、個人が担うべきモラルの支柱をグループ内のほかの部分に押し付けることがより可能でしかも簡単になってくる。
こうして、個が良心を放棄し易くなるだけではなく、グループとしての良心もまとめて解体され溶解され、無きに等しくなる。
これから先、あらゆる方面から、こうした壊滅を何重にも議論していくことになる。
明白な事実は何かというと、どんな集団でも、自分が一部を形成することで出来上がっている生命体としての集団-のとったものとして,一人一人の個人が直接的な責任をとる様になるまでは、集団そのものは本質的に良心のない悪の状態であるということである。
私達はまだその領域までは至っていないのである。

   Bearing in mind the psychological immaturity of groups, we shall be examining aspects of both the MyLai crimes: the atrocities themselves and their cover-up.
The two crimes are quite interwoven.
Although the cover-up may seem less atricious than the atrocities, they are part of the same ball of wax.
How is it that so many individuals could have participated in such a monstrous evil without any of them being so conscience-stricken as to be compelled to confess?
    グループの心理的な未熟さに関して念頭においてもらい、MyLaiで起きた犯罪に関して、そこでの暴虐自体とそれの隠蔽の両方のついて見て生きたい。
この二つの犯罪は多分に重なりあっている。
隠蔽事態は隠蔽している暴虐自体ほどの暴虐には見受けられないであろうが、この二つは一塊のものである。
こんなに多くのものが関わって起きた膨大な悪にも拘らず、誰一人として良心の呵責に打たれて告白に至る事さえないのは何故なのか?

   The cover-up was a gigantic group lie.
Lying is simultaneously one of the symptoms and one of the causes of evil, one of the blossoms and one of the roots.
It is why this book is entitles People of the Lie.
Until now we have been considering individual people of the lie.
Now we will also be considering a whole people. 
      隠蔽作業は巨大な集団虚偽である。
嘘は、悪の症状であると同時に原因であり、その開花であり、根源である。
このことから、この本が『虚偽なる人達』と題された。
此れまでのところは、個人としての虚偽なる人々を扱ってきた。
ここからは、同時に人間を集合的にみていく。

  Certainly, by virtue of their extraordinarily common - that is, communal -  participation in the cover-up, the men of Task Force Barker were a "people of the lie."
By the time we are finished we may even conclude that the American people, at least during those war years, were also a people of the lie.

   As with any lie, the primary motive of the cover-up was fear.
The individuals who had commited the crimes - who had pulled the triggers or given the orders -  obviously had reason to fear reporting what they had done.
Court-martial waited them.
But what of the much larger number who only witnessed the atrocities yet also said nothing of that "something rather dark and bloody"
What did they have to fear?
   どんな『嘘』も、隠蔽する第一の動機は、恐怖心である。
犯罪を犯した人は、-引き金を引いたものか、その指示を出した者 - は、言うまでもなく報告を恐れる訳がある。
(Court-martial (報告を)は待っていたのだ。)
ところが、それよりもっと大勢からなる目撃者が、誰一人あの「dark and bloody」な出来事について、一切口にする者がいなかった。
彼らは、では一体何を恐れていたのだろうか?

   Anyone who thinks for a while about the nature of group pressure will realize that before a member of Task Force Barker to report the crime outside of that group would require great courage.
Whoever did so would be labeled a "squealer" or " stool pigeon."
There is no more dreadful label that can be applied to a person than that.
Stool pigeon often get murdered.
At the very least they are ostracized.
To the ordinary American civilian, ostracism may not seem such a horrible fate.
"So, if you get kicked out of one group, you can just join another," may be the reaction.
But remember that a murder of the military is not free to just join another group.
He can't leave the military at all until his enlistment is up.
Desertion itself is an enormous crime.
So he is stuck in the military and, indeed, in his particular military group, except at the discretion of the authorities.
Beyond this the military does other things quite deliberately to intensify the power of group pressure within its ranks.
From the standpoint of group dynamics and from military group dynamics in particular, it is not bizarre that the members of Task Force Barker failed to report the group's crimes.
Nor is it surprising that the man who finally did report the crimes was neither a member of the Task Force group nor even a member of the military at the time he did the reporting.
  誰しもグループからの圧力というものがどんなものかを考えれば、Task Force Barker員が自分達の犯罪を外部に報告するのにどんなに大きな勇気が必要だったかは、容易に理解できる。
誰かが報告をしようものなら、『密告者』や『伝書鳩』とレッテルを貼られたに違いない。
こういったレッテルを張られるほど恐ろしいものもない。
伝書鳩は、大抵殺される。
一番上手くいっても、孤立させられる。
極一般的なアメリカ人にとっては、別に孤立させられるだけならばさほど致命的にも思えないかもしれない。
「じゃあ、もし一箇所のグループから蹴飛ばされたのであれば、単に他の所に入行けばいいだけの事だ。」くらいの反応だろう。
ところが、軍事的な殺人犯は、他のグループに移ればよい、では済まない。
兵役期間が終るまで、軍から出られないのだ。
脱走自体が、大きな犯罪なのである。
であるから、軍に釘付けの状態であり、事実、あのグループに至っては、特に権威に頼らずには無理であった。
それより後の作業は、全て軍隊内部のグループ圧力を故意に強化することによって行う仕組みであった。
グループのダイナミック、ことに、軍事的な集団内のグループダイナミックの見地からは、バーカーTask Force員 があの集団犯罪を報告できなかったことはさほど奇異なことではない。
しかも、最終的にそれを報告したものは、その一員でもなければ、報告した時点では軍にも属していなかったことは驚くにあたらない。

   Yet I suspect there is another exremely significant reason that the crimes of MyLai went unreported for so long.
Not having spoken with the individuals involved, I offer it purely as conjecture.
But I did speak with many, many soldiers who were in VIetnam during those years, and I am deeply familiar with the attitudes prevailing in the military at that time.
My profoud suspicion, therefore, is that to a considerable extent the members of Task Force Barker did not confess their crimes simply because they were not aware that they had committed them.
  しかし、私はMyLaiでの犯罪については、それ以外にも特記すべき要因があって報告があんなにも延期されたのだと見ている。
その場に居合わせた誰かに確認した訳ではないので、純粋に推測ととってもらいたい。
しかし、私は時期を同じくしてベトナムに行っていた多くの兵士と話してきていて、あの時期の軍に属していた兵士達の特徴的な態度に精通している。
私が大いに疑うのは、そういったところから、バーカーTask Force員も、ただ単に自分達の犯した犯罪についての犯罪としての意識がなかったからゆえに、告白に至らなかったという事が大いに言えるのである。

 They knew, of course, what they had done, but whether they appreciated the meaning and nature of what they had done is another matter entirely.
I suspect that many of them did not even consider what they had done a crime.
They did not confess because they did not realize they had anything to confess.
Some undoubtedly hid their guilt.
But others, I suspect, had no guilt to hide.
   もちろん、自分達が何をしたか位は知っているが、彼らが自分達のした事が一体どんな意味や性質のものであったかを認識できていたかは全く別の話である。
私は、彼らの殆どが、自分達の行った事が犯罪であった等とは一切考えになかったのではないかと疑っている。
彼らは、自分達が告白する様な性質のことを犯したとは思ってもいなかったから告白していなかっただけではないか。
何人かは、疑う余地もなく、罪悪感をひた隠していたであろう。
しかし、それ以外のものは誰も、隠すような罪悪の意識がなかったと、思っている。 

   How can this be?
How can a sane man commit murder and not know he has murdered?
How a person who is not basically evil may participate in monstrous evil without the awareness of what he has done?
It is this question that will serve as a focal point for the discussion that follows on the relationship between individual and group evil.
In attempting to answer this question, I will proveed in the consideration of evil up the ladder from the level of the individual to the level of the small group (Task Force Barker) to the levels of ever larger groups.

. . . (omitted 5 pages) . . .

[pp225-]
. . . (omitted 5 lines) . . .

   Probably the most powerful of these group cohesive forces is narcissism.
In its simplest and most benign form, this is manifested in group pride.
As the members feel proud of their group, so the group feels proud of itself.
Once again, the military deliberately does more than most organizations to foster pride within its groups.
It does so through a variety of means, such as developing group insignia - unit standard flags, shoulder patches, even special uniform deviations such as the green berets - and encouraging group competition, ranging from intramural sports to the comparison of unit body counts.
   恐らく、グループにおけるもっとも強力な要因は自己愛であろう。
そのもっとも単純で無害な例は、グループへの『誇り』として現れる。
成員が属するグループに誇りを感じると、其の集合的自尊心を持つようになる。
繰り返すと、軍隊では、他のどの組織よりも、さらに恣意的にグループ内の誇りを鼓舞させるものである。
そこでは、例えば、軍の紋章、各部隊の旗、袖章、さらにはgreen beretsとしての特注ユニフォーム - 基地内スポーツなどによる対グループの競争を鼓舞するなど、あらゆる方法を駆使している。
It is no accident that the common term for group pride is a military one: esprit de corps.

   A less benign but priactically universal from of group narcissism is what might be called "enemy creation," or hatred of the "out-group."*
The group become cliques.
Those who do not belong to the group (the club of clique) are despised as being inferior or evil or both.
If a group does not already have an enemy, it will most likely create one in short order.
Task Force Barker, of course, had a predesignated enemy: the Viet Cong.
But the Viet Cong were largely indigenous to the South Vietnamese people, from whom they were often impossible to distinguish.
Almost inevitably the special enemy was generalized to include all Vietnamese, so that the average American soldier did not just hate the Viet Cong, he hated "Gooks" in general.
  それよりも多少無害とはいえない形で、比較的どこにおいても見受けられる集団自己愛の現れが、『敵探し』、あるいは、『外部者憎悪』という、普遍的に見られる方法である。*
徒党を組むことである。(派閥を形成する方法である。) 
そのグループ(派閥会員)に属さないものを、劣等、悪質、あるいは其の両方であるという理由で侮蔑するのだ。 もし其のグループが既に敵を持っていなけば、近いうちにほぼ間違いなく見つけ出すであろう。
ベーカーTask Forceの場合は、もちろん、最初から用意された敵、すなわち、ベトコンがいた。
ところがベトコンは殆どが南ベトナムの先住民であり、他と外見上区別しがたかった。
この特別な敵も、他のベトナム人と一般化されるのは避けられなかったため、平均的なアメリカ人にとっては、ただベトコンだけを憎むというわけには行かず、『グーク』として(ベトナム人を)一般的に憎んだ。

* Psychologists have observed that when similar groups of twelve-year-old male campers without restraining adult leadership were encouraged to compete with each other, the benign competition soon changed into violent "warfare on a twelve-year-old scale". (Myers, "A Psychology of Evil," p.29).
*心理学者達により、条件が近似した12歳男子のグループのキャンプの際、成人の指導抑制を置かずに競争心を養わせてみたところ、無害に始まった競争がやがて暴力的な「12歳なりの戦争」状態になったと報告されている。(マイヤーズ『悪の心理学』29ページ)。

   It is almost common knowledge that the best way to cement group cohesiveness is to ferment the group's hatred of an external enemy. Deficiencies within the group can be easily and painlessly overlooked by focusing attention on the deficiencies or "sins" of the out-group. Thus the Germans under Hitler could ignore their domestic problems by scapegoating the Jews. And when American troops were failing to fight effectively in New Guinea in World War II, the command improved their esprit de corps by showing them movies of Japanese committing atrocious acts. But this use of narcissism - whether unconscious or deliberate - is potentially evil. We have extensively examined the ways in which evil idividuals will flee self-examination and guilt by blaming and attempting to destroy whatever or whoever highlights their deficiencies. Now we see that the same malignant narcissism behavior comes naturally to groups. 
   グループ自体の団結を硬くするためには、グループ外部に敵を養成するというのはほぼ常識的に知られていることである。 グループ外の者の欠点や罪悪に意識を向けていれば、自分のグループ内の欠陥から容易に苦しむことなく目をそらすことができる。 そのようにして、ヒトラー政権下のドイツは、ユダヤ人をスケープゴートにして足元の問題を無視してきた。 また、アメリカが第二次大戦中ニューギニアで上手く戦えなかった際に、集合的自尊心を肥やす為に日本軍の悪質な戦闘の映画を見せる事によって、集合的自尊心を鼓舞していた。 しかしこの手の自己愛は、たとえ無意識であっても、または恣意的であっても、本質的に悪である。 これまでに私達は、悪である個人が、どの様に、他の人間を責め、また、自己の欠陥に気づかせようとするものは誰であっても何があっても破壊することによって、自分自身の罪悪感と内省から逃れてきているかを詳細に見てきた。
ここからは、どうように有害な自己愛の現れが自然にグループとしてある点を見ていく。

   From this it should be obvious that the failing group is the one likely to behave most evilly. Failure wounds our pride, and it is the wounded aniimal who is vicious. In the healthy organism failure will be a stimulus to self-examination and criticism. But since the evil individual cannot tolerate self-criticism, it is in time of failure that he or she will inevitably lash out one way or another. And so it is with groups. Group failure and the stimulation of group self-criticism act to damage group pride and cohesiveness. Group leaders in all places and ages have therefore routinely bolstered group cohesiveness in times of failure by whipping the group's hatred for foreigners or the "enemy."
  こうした事から、上手くいっていないグループこそ、よりこのような悪質な態度にでるのが明らかである。失敗は自尊心を傷つけるし、負傷した動物が最も凶暴である。健全な生命体の場合は、失敗は逆に自己点検と批判の良い肥やしになるものである。ところが、悪人というものは、批判に耐え得ないため、上手くいかない時こそ、何らかの形で、悪人は他をめがけていくのである。これが、集団にもそのままいえるのである。集団として上手くいかず、刺激な筈の集団への批判は、集合的自尊心と団結を揺るがすものである。そこで、グループのリーダーが、低迷期に団結を固めようといつの世にもして来た事というのが、外国人、または『敵』への憎しみを駆る立てることであった。


Returning to the specific subject of our examination, we will remember that at the time of MyLai the operation of Task Force Barker had been a failure.
After more tham a month in the field the enemy had still not been engaged.
Yet the Americans had slowly and regularly sustained casualties.
The enemy body count, however, was zero.
Failing in its mission - which was to kill in the first place - the group leadership was all the more hungry for blood.
Given the circumstances, the hunger had become indiscriminate, and the troops would mindlessly satisfy it.
    今まで見てきている特定の事例に戻って、MyLaiにあっては、バーカーTask Forceの作戦はは失敗だったのを良く覚えている。
一ヶ月以上現地にとどまりながら、敵と取り組むこともなく過ぎていった。
それでもアメリカ人はゆっくりではあっても定期的に負傷者を増やしていった。
敵の死体の数は、しかしゼロであった。
ミッション-最初から殺すことが目的であった-が失敗に終わり、グループのリーダーはより血に飢えていっていた。
条件がそろって、飢えも耐えがたいところまでに至り、隊員も無思慮に満たされようとしていた。


《翻訳:by This Blogger》








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 民俗・民族学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



編集 / 2010.06.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego