FC2ブログ
《コピペ》『赤外線透撮(透視)とはどういうもの』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《サイエンス・テクノロジー》



  数年前、家の周りの電柱が一度に数本立ち代りました。

それとほぼ同期して、周りの電灯がオレンジ-赤に近い色のものに変わってしまい、気味の悪い風景になりました。
少し離れれば真っ白の気持ちの良い色の電灯があります。

以下の記事を読みながら、この変化は家の室内を監視するのに大いに役立っていると言う予想がほぼ裏付けられた気持ちです - 勿論、こんな方法だけが使用されている訳ではありませんが...:



以下は著者ご自身のご意見と思想を尊重し《コピペ》によって転載させていただいていますが、言う迄も無く、私の《コピペ》は全て、あくまでも参考と情報提供の為であり、意見の完全な同意を意味するものではありません。
赤外線盗撮について


http://scanlock.hp.infoseek.co.jp/sekigaisen-tosatu.html

赤外線透撮(透視)とはどういうもの?

□  赤外線透撮(透視)は人の目に見えない赤外線(IR)と人の目に見える可視光線(波長が380nm~780nm)をコントロールすることによりカメラで透撮(透視)を可能にするテクニックです。

□  現在は販売されているデジカメやビデオカメラの殆ど全ての機種で画質改善のためレンズとCCDの間に赤外線カットフィルター(水晶板フィルターの機能を併せ持つフィルター)が装着され販売されていますが夜間や部屋の中など暗い所での撮影を可能にする為、レンズに入る光が非常に少ない場合は一時的に赤外線カットフィルターを外す切り替え機能が付くビデオカメラ(ソニー製ナイトショット機能付きビデオカメラなど)が存在します。
  この機能は夜間など可視光線が少ない場合でも建物や木々からは少なからず赤外線が出ている為、可視光線部分とCCDの持つ赤外線領域の感度を足し合わせる事により感度アップを図り、暗い場所での撮影を可能にするシステムです。またそれでもなお光が不足する場合はシャッタースピードをより遅くしCCDに入る光を受ける時間を長くする(露出時間を長くする)ことにより、更に感度を稼ぐ機能(スーパーナイトショット機能)を持った機種も有ります。

□  このナイトショット機能つきビデオカメラのレンズの前面に可視光線カット特性(通常、昼間ナイトショット機能をONにした場合には光量過剰になりハレーションを引き起こす)と赤外線透過特性を併せ持ったレンズ外付けタイプの赤外線フィルター(黒い色が付いたビデオカメラなどのレンズの前面に取り付けるフィルター)が販売されています。
この赤外線フィルターは昼間の日差しの強い時間帯や昼光色の光が出ている明るい所で使用します。特に太陽の光には様々な周波数の電磁波(赤外線領域から可視光線そして紫外線まで)が非常に強く放射されています。
  そこで昼間この赤外線カットフィルターを装着したビデオカメラで撮影すると赤外線がもつ特性で電磁波の波長が長い為、数ミリ程度の遮蔽物をも透過しその反射した赤外線の光だけを利用し透撮する訳です。この赤外線は布切れの様な薄い物で有れば十分透過(透視)させます。
また白い色の物よりは黒や赤、紺といった濃い目の色の生地に特に透過させ易い特性が有ります。
  昼間の強い日差しの中プールサイドやビーチで此れを使えば水着の中を透視盗撮(透撮)することが可能に成るわけです。

□  また室内など比較的暗い場所での透視盗撮(透撮)を試みる輩も一部に存在します。
  これは先ほどのカメラ前面に取り付ける赤外線フィルターと同様の物で可視光線のカット率を少し落としたタイプ(レンズの黒い部分が少し薄い)のフィルターを使用し、さらには最近のビデオカメラに内臓されれている赤外線カットフィルター(水晶板フィルターの機能も併せ持つフィルター(ローパスフィルター))を分解し、取り外した後、昼間の少し暗い場所でも赤外線撮影(透撮)仕様にカメラを改造するものです。
  室内などでは当然赤外線の量が不足します。そこでこの場合には赤外線照射器(赤外線ライトや赤外線LED、赤外線レーザなど)で強い赤外線を透視対象に向けて照射し、薄い衣服の裏側や下着などを積極的に透撮しようとする方法です。

赤外線透撮(透視)の見破り方

  一般のデジカメやビデオカメラや携帯に付属のデジカメなどのCCDやCOMSの前面に赤外線カットフィルターが付いた機種の場合でも赤外線領域にある程度の感度を有して居りますのでこれを利用します。
  身近に有るデジカメ付き携帯電話等でカメラ機能を起動させます。そしてモニター部分で辺りを見渡して見ると赤外線が出ている部分が白く輝いているのが分かります。その部分を肉眼で見てあまり明るくなく、赤い色が付いていればそれが赤外線の光源です。
おそらく其方の方向からカメラのレンズが向けられていますので次に其れを探します。
  最近はピンホールレンズタイプのカメラなども多く出回って居りますので虫眼鏡なども用意すると良いでしょう。そして出来るだけ白色の強い光を出す光源を斜め横から照らします。そうする事で比較的小さなピンホールであっても見つけ出し易くなります。
  また近頃ピンホールレンズ専用のカメラレンズ発見器(SpyFinder)なども通販等で販売されておりますので其方の購入も検討してみて下さい。ただしピンホールレンズ径が0.8mmを使用するRF SYSTEMのものは発見が難しい恐れがあります。また一部盗聴発見業者で強い赤外線を放射しピンホールレンズを目視で発見すると言う業者が存在しますが当社で実験した所レンズと赤外線放射の角度が0°でなければ発見できません(ソニー製HVL-IRCで実験済み)ので必ずこの機器で調査する様にして下さい。またCCD探知機(カムシーカー)や無線式盗撮カメラ発見器(WCS-99X2)なども有効でしょう。






スポンサーサイト



編集 / 2010.07.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego