FC2ブログ
《転載》ナチ猟奇性集団ストーカー『他板からの「コピペ」はここへ書き込め!』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

 


*以下は著者ご自身のご意見と思想を尊重し《転載》によって転載させていただいていますが、言う迄も無く、私の《転載》は全て、あくまでも参考と情報提供の為であり、意見の完全な同意を意味するものではありません。


他板からの「コピペ」はここへ書き込め!
Google Search Result : 2ch2
より《コピペ》:


他板からの「コピペ」はここへ書き込め!名無しさん@ストーカー被害
--------------------------------------------------------------------------------
1:ぴろゆき@"管理人" 01/01 16:11 ID:oEMw5XeY
(04/01/02 00:54 ID:Mn3gBsKkだけに公開)
--------------------------------------------------------------------------------
3:名無しさん 07/10 20:07 ID:E9Nc980I
98 名前:文責・名無しさん 2006/01/18(水)13:04:44
アメリカでは政府の盗聴がニュースになるだけ日本よりまだましなのかも知れない
182 名前:文責・名無しさん 2006/01/25(水)01:07:52
おそらく、暇なのと仕事を減らしたくないから
どうしても必要以上の濡れ衣をきせて
永久監視が必要とか言うレポートでも出しているのでしょう
いわゆる正義感とはちょっと異質の意識を持つ人達
人を見下したいか、優位に立ちたいと言う気持ちが強いのでしょう。
監視とか盗聴をする人間の心理とは、そう言う物だと思います。
210 名前:文責・名無しさん 2006/01/26(木)20:41:43
盗聴・盗撮ばかりしてたら、精神やられて当然だろ
やる方も、やられる方も精神蝕まれる
だから、やる方が悪い
当たり前だが
--------------------------------------------------------------------------------
4:名無しさん 07/10 22:00 ID:E9Nc980I
565:文責・名無しさん:2006/02/13(月)11:02:18
集団ストーカー行為は、ある風評などを鵜呑みにした一般市民が、犯罪抑制などと言った大義名分のもとに協力しているので、なかなか発覚して来ないのでしょう。 省14
「有ること・無いことの証明」の二元論だけに陥っているところに、問題はありませんか?
市民に噂をまかせて、まずくなったら集団ストーカー行為をやらせると言った、システムに問題がある訳で
加担している分、例え集団ストーカー行為が有ったとしても市民は何も言えず、
無かった事として、市民の手で握り潰されてしまいます。

集団性の恐ろしいところですね。
市民がやらされている事に気がつかなければ、改善しないでしょう。

歯のチップに関しても医者は加担しているので「有る」とは言えない。
実際この国で行われています。

(レス内に難しい漢字があった為一部省略しました)
--------------------------------------------------------------------------------
5: 07/10 22:28 ID:dhj8WdR2
人間同士の問題どころか、小動物の虐待なんか平気でやってるらしいし、それをまたストーキングに使うってんだから、集団ストーカーは最低だ
--------------------------------------------------------------------------------
6: 07/11 16:23 ID:DfQVumiE
11 名前:文責・名無しさん 2006/01/11(水)19:46:56
固定観念で被害者を更に闇に追い込む人間は生きる資格もない
拉致など無いと言っていた時代と一緒
日本は戦争に負けないと言っていた時代と大して変わってないんだ
日本人の感覚は。
61 名前:文責・名無しさん 2006/01/15(日)02:09:08
マスコミ業界人って退化した人類の見本みたい
--------------------------------------------------------------------------------
139: 11/07 22:26 ID:tUMkELOg
集スト工作員は、集団ストーカーという卑劣な犯罪を行っているような連中なので、
その性質は極めて救い難く、また哀れな程の低脳ぶりを発揮していますが、工作員本
人達はそれに気付いていないようです。
また集スト工作員は、被害者が何の抵抗も出来ないのをいい事に、いい気になって嫌
がらせ(犯罪行為)を仕掛けて来ます。
集スト被害者も含めた通常の人達は、相手が犯行(嫌がらせ)を続けているからと
言って、自分もそれに対抗して犯罪行為に走る事はありません。
--------------------------------------------------------------------------------
155: 03/14 21:46 ID:2OgGkTE6
心理攻撃ほど醜いものはない。
彼奴らは一人残らず、最終審判にて法廷に引きずり出されるべきだ。
コソコソと醜い醜悪さをひけらかしても、
後々ろくな事はないだろう。
今は被害者を食い物にしながら悦楽に浸っていてもだ。
それとももう、息も絶え絶えだから余裕が無くなっているのだろうか?
だから絶え間なく粘着度がエスカレートしているのか?
どのみちご都合主義の固まりに幾ら責められても、
何の説得性もなく、嫌悪感が走るだけだ。
何故ああも醜悪さを誇示しながら平気なのだろうか。
特殊な精神構造と頭の構造をしていなければ出来ないことだ。
--------------------------------------------------------------------------------
157: 05/27 12:46 ID:2sHQWD1Q
●集団ストーカー発生地域=活動拠点一覧(更新11)
省20
東京都:品川区・世田谷区(二子玉川)・東村山市・小平市・武蔵村山市・西東京市(旧田無市・旧保谷市)
    武蔵野市(吉祥寺)・杉並区(荻窪)・新宿・日活撮影所(付近)・立川・練馬
北海道:苫小牧・恵庭・札幌・釧路・函館
京都府:四条河原町
大阪府:梅田・茨木・大阪市・守口市
埼玉県:所沢市・さいたま市
神奈川県:横浜市・川崎市・厚木市
千葉県
青森県
滋賀県
愛知県:名古屋市
奈良県
岐阜県
宮城県:仙台市・登米市
広島県
山口県:下関市(山野田)
兵庫県:神戸・姫路・加古川
沖縄県 石垣島
--------------------------------------------------------------------------------
216: 05/27 13:15 ID:2sHQWD1Q
14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 18:31:42 ID:???
『仏罰』の実態に関するここまでの纏め。 省12
--------------------------------------------------------------------------------
217: 05/27 13:15 ID:2sHQWD1Q
22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 22:21:49 ID:???
『仏罰』が単なる世迷言や脅しではなく人為的で組織的なハラスメント活動であり、
さらに『権力ハラスメント』として疑念が浮上しつつあります。
この場合の権力とは政治権力あるいは統治権力に近いものと言えます。

『仏罰』という政治権力を背景とした組織的ハラスメント活動が、
社会の裏面で進行しているとするなら、これは『権力犯罪』ということになります。
また、この『権力犯罪』を実行する人間や加担者らの意識はどうなっているのでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------
218: 05/27 13:15 ID:2sHQWD1Q
23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 22:32:04 ID:???
『仏罰』の知られざる実態から、『仏罰対象者』は本人の知らない間に反社会的人物や虞犯性の高い人物に仕立て上げられ、
近隣や地域社会などから当該人物を警戒し敵視し反感を持つように、巧妙な情報操作が行われているものと推定できます。
この情報操作は所謂『風説工作』と一致します。
つまり巧妙な情報操作によって善良な市民の正義感を逆手にとって利用し、知らない間に『仏罰』≒『権力犯罪』に加担していくという図式が見えてきます。
加担者のほとんどはこのケースに街頭するものと言えます。
では『権力犯罪』の実行者は?
これは組織ハラスメント活動のプロであろうと推定できます。
つまり『イヤガラセ』を生業としているような人間達とでもいいましようか。
--------------------------------------------------------------------------------
219: 05/27 13:16 ID:2sHQWD1Q
32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 14:01:29 ID:???
『仏罰』に関する正確無比な解析から、その様々な実態が浮上してきます。

 ●『仏罰』は『政治権力』を背景とした組織的ハラスメント活動である。
 ●組織構成員は商売上の利害関係、己の保身や我が身可愛さ、女房子供の身の安全からその活動に加担していく。
 ●組織構成員は『仏罰』に加担しなければ自分がその対象者にされていくことへの恐怖心
 ●『仏罰対象者』とはカルト的呪縛世界に対してNo!を突きつける者がターゲットにされる
 ●『仏罰』『地獄』の実態が正確無比に解剖されればされていくほど、
  無関心を装い回避しそ知らぬ振りして頬かむりしてアンタッチャブル化していく。『仏罰』の実態についてはさらなる解析が進められていくことでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------
222: 05/27 13:17 ID:2sHQWD1Q
37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 13:26:16 ID:???
●周囲から排除されていく。
 ※組織的ハラスメント活動による自治会・近隣への『風説流布』による被害者のパージ。
●収入と支出のバランスがくずれ生活苦に陥る。
 ※組織的ハラスメント活動によるさまざまな生活妨害。
  例えば不法侵入による家具・食器・電化製品の破壊や、飲食物への薬物・異物混入による食品類の絶え間ざる更新。
●病気になってもまともな診療行為がなされず、不適切な処方による病状の悪化、他の病気の併発。
 ※組織的ハラスメント活動と医療従事者らによる不適切な診察行為や処方による疾病回復遅延の企図
  あるいは被害者を言いくるめて臓器の摘出に同意させる。正常な臓器にも関わらず悪化していると騙して摘出していく。
  摘出した臓器は組織ハラスメント活動によって移植に廻され『御利益』を実現する。
●金品財産の盗難・詐欺。
 ※組織的ハラスメント活動による『巧妙な不法侵入』による窃盗、業者を騙った詐欺。

以上から、『仏罰』の目的たる『頭破七分』が、実は人為的な工作活動として成立しえることが見えてきます。
--------------------------------------------------------------------------------
223: 05/27 13:17 ID:2sHQWD1Q
38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 13:37:21 ID:???
さて、『仏罰』の目的たる『頭破七分』の解析によって、
これらが所謂『集団ストーカー活動』の手口と一致していることが浮上しつつあります。
すなわち、
ガスライティング・ブライティング・ノイズキャンペーン・ストリートシアター・ほのめかしなどの精神錯乱テクニック、
追跡・待伏・盗聴盗撮・不法侵入・風説流布・薬物異物などの主たる手口。
さらに医療機関・自治会・防犯関連・警察などの関係機関などを巻き込むことによって、
ナチス的猟奇性の発露としての『頭破七分』が行われると想定してみます。
この想定からどのようなことを導き出せるかを少し考えてみたいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
224: 05/27 13:18 ID:2sHQWD1Q
39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 13:58:20 ID:???
●『仏罰』の実現手段たる『頭破七分』の解析

ナチス的猟奇性の発露としての『頭破七分』が、実は集団ストーカーサービスの諸々のテクニックとさまざまな関係機関を巻き込んだものであると想定した場合、
これは一種の国家総動員的な、あるいは社会的な総動員体制とも言えます。
現在、このような既存の社会的な存在を組み込んでひとつの目的の元に結集していく制度を考察していくと、
生活安全条例に基づく警察防犯ネットワーク活動へと至る事に気がつきます。

さて、この防犯ネットワーク活動関連が、ナチス的猟奇性の発露としての『頭破七分』に悪用されているとしたら、
これはとんでもない事態が水面下で進行しつつあることを物語ることになるはずです。
が、これについては確たる証拠がないため、ややもすると憶測の域をでないものとなります。
しかしながら、あらゆる業種業界から地域社会に至るまでを網羅する防犯ネットワーク活動関連が、
同様にあらゆる業種業界から地域社会に至るまで浸透しつつあるカルト的な一部勢力の支配権力による恣意的で手前勝手な信念や論理に基づく不適切な運用が、
絶対になされない保障もないことに気がつきます。

『仏罰』の実態についてのさらなる解析が進められていきます。
--------------------------------------------------------------------------------
225: 05/27 13:18 ID:2sHQWD1Q
40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 14:17:55 ID:???
●『仏罰』の実現手段たる『頭破七分』の解析その2

『仏罰』の実現手段たる『頭破七分』から見出される諸要素を以下に纏めて見ます。

●『頭破七分』が所謂『集団ストーカーサービス』が提供する諸々の精神錯乱テクニックと一致している点。
●社会的な総動員体制を可能足らしめる制度としての防犯ネットワーク活動関連の存在
●社会的な総動員体制を可能足らしめる組織形態を有するカルト的一部勢力とその政治的支配権力及び資本の威力

これらの諸要素から、『仏罰』の実現手段たる『頭破七分』が宗教用語で巧妙に隠蔽されたナチス的猟奇性の発露、
すなわち組織的ハラスメント活動という鬼畜行為が浮上してきます。
--------------------------------------------------------------------------------





スポンサーサイト



編集 / 2010.07.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego