FC2ブログ
聖書にある【嘘】についての【最初の箇所】と【最後の箇所】。
カテゴリ: ◇Daily Bible Verses/日毎の聖句

【UNFINISHED RESEARCH】


✧      ✧

【嘘】に付いて:『聖書』から
What the Bible says about Liars
✧      ✧

[N/B.: This is an incomplete article & ongoing searches on several other original words of the close meanings are under way!]  

  The first place in the Bible where the word "lie(s)" appears (in Authorised Version) is in Leviticus 6:2, where it reads:

First Mention of "lie(s)/liars" in the Bible
聖書で最初に『嘘(つき)』の語がでてくる箇所

Genesis 3:1
The word "lie" is not used in Genesis 3:1, however, this is the very first incident when a creature "acted" deception.


Leviticus 6:1-5
1 " And the LORD spake unto Moses, saying,
2  If a soul sin, and commita trespass against the LORD, and lie unto his neighbour in that which was delivered him to keep, or in fellowship, or in a thing taken away by violence, or hath deceived his neighbour;
3  Or have found that which was lost, and lieth concerning it, and sweareth falsely; in anyof all these that a man doeth, sinning therein:
4  Then it shal be, because he hath sinned, he is guilty, that he shall restore that which he took violently away, or the thing which he hath deceitfully gotten, or that which was delivered him to keep, or the lost thing which he found,
5  Or all that about which he hath sworn falsely; he shall even restore it in the principal, and shall add the fifth part more thereto, and give it unto him to whom it appartaineth, in the day of his trespass offering.

..."

レビ記6:1-5
1  主はまたモーセに言われた、
2 「もし人が罪を犯し、主に対して不正をなしたとき(N/B:英語の欽定訳聖書では「嘘をついて/騙して)となっている。)、すなわち預かり物、手にした質草、またかすめた物について、その隣人を欺き、あるいはその隣人をしえたげ、
3 あるいは落し物を拾い、それについて欺き、偽って誓うなど、すべて人がそれをなして罪となることの一つについて、
4 罪を犯し、とがを得たならば、彼はそのかすめた物、、しえたげて(N/B:英語の欽定訳聖書では「騙して」となっている。)取った物、預かった物、拾った落し物、
5 または偽り誓ったすべての物を返さなければならない。すなわち残りなく償い、更にその五分の一をこれに加え、彼が愆祭をささげる日に、これをその元の持ち主に渡さなければならない。

✧      ✧ 

  By the way, the last 3 verses the word "lie(s) & liar(s)" is found are in the last page(s) at once, which are in Revelations 21:8 ; 27 ; & in 22:15, as follows:

Last 3 verses with "lie(s)/liar(s)" in the Bible
聖書で最後に『嘘(つき)』の語がでてくる箇所

Revelations
21:8
" But the fearful, and unbelieving, and the abominable, and murderers, and whoremongers, and sorcerers, and idolaters, and all liars, shall have their part in the lake which burneth with fire and brimstone: which is the second death."

21:8 
「 しかし、おくびょうなもの、信じない者、忌むべき物、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、全て偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である。」【口語訳聖書1955】
21:8 
 「しかし、おくびょう者、不信仰の者、憎むべき者、人を殺す者、不品行の者、魔術を行う者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者どもの受ける分は、火と硫黄との燃える池の中にある。これが第二の死である。」【新改訳聖書1981】

21:27
" And there shall in no wise enter into it any thing that defileth, neither whatsoever worketh abomination, or maketh a lie: but they which are written in the Lamb's book of life."

21:27
「 しかし、汚れた者や、忌むべきこと及び偽りを行う(N/B:英語の欽定訳聖書では「虚偽を作成する者」となっている。)者は、その中に決してはいれない。入れる者は、子羊のいのちの書に名をしるされている者だけである。」【口語訳聖書1955】
21:27
「 しかし、すべて汚れた者や、憎むべきことと偽りを行う(N/B:英語の欽定訳聖書では「虚偽を作成する者」となっている。)者は、決して都に入れない。子羊のいのちの書に名が書いてある者だけが、入ることができる。」【新改訳聖書1981】


22:15
15 " For without are dogs, and sorcerers, and whoremongers, and kmurderers, and idolaters, and whosoever loveth and maketh a lie.
16  I Jesus have sent mine angel to testify unto you these things in the churches. I am the root and the offsprig of David, and the bright and morning star.
17  And th Spirit and the bride say, Come. And let him that is athirst come. And whosoever will, let him take the wter of life freely.
18  For I testify unto every man that heareth the words of the prophecy of this book, If any man shall add unto there things, God shall add unto him the plague that are written in this book:
19  Ad if any man take away from the word of the book of this prophecy, God shall take away his part out of the book of life, and out of the holy city, and from the things which are written in this book.
20 He which testifieth these things saith,
Surely I come quickly.
Amen.
Even so, come,Lord Jesus.
21  The grace of our Lord Jesus Christ be with you all.
Amen." [King James Version] ➠ ➠ ➠ ➠ ➠ ➠ ➠

22:15
「15 犬ども、まじないをする者、姦淫を行う者、人殺し、偶像を拝む者、また、偽りを好みかつこれを行う者はみな、外に出されている。
16 わたしイエスは、使いをつかわして、諸教会のために、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしは、ダビデの若枝また子孫であり、輝く明けの明星である」。
17 御霊も花嫁も共に言った、「きたりませ」。また、聞く者も「きたりませ」と言いなさい。かわいている者はここに来るとよい。いのちの水がほしい者は、値なしにそれを受けるがよい。
18 この書の預言の言葉を聞く全ての人々に対して、わたしは警告する。もしこれに書き加える者があれば、神はその人に、この書に書かれている災害を加えられる。
19 また、もしこの預言の書の言葉を取り除く者があれば、神はその人の受くべき分を、この書に書かれているいのちの木と聖なる都から、とり除かれる。
20 これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。アァメン、主イエスよ、きたりませ。
21 主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように。」【口語訳聖書1955】
〔"Amen." は何処に行ったのでしょう??☝v.19☝〕
22:15
「15 犬ども、魔術を行う者、不品行の者、人殺し、偶像を拝む者、好んで偽りを行う者はみな、外に出される。
16 「わたしイエスは、御使いを遣わして、諸教会について、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしはダビデの根、また子孫、輝く明けの明星である」。
17 御霊も花嫁も言う、「来てください」。これを聞く者は、「来てください」と言いなさい。渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。
18 私は、この書の預言のことばを聞く全ての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。
19 また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分をとり除かれる。
20 これらのことをあかしする方がこう言われる。「しかり、わたしはすぐに来る」。アーメン。主イエスよ、来てください。
21 主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。アーメン。」【新改訳聖書1981】

✧      ✧






スポンサーサイト



編集 / 2010.07.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego