FC2ブログ
《転載》『集団ストーカーの目的』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
《転載》
集団ストーカーの目的
より。
http://oo7.syogyoumujou.com/109.html



①「一匹狼タイプ、つまり、集団ストーカー行為に無防備である人々」 悪いことを見て見ぬ振り出来ない人物 正直で誠実な人物 家族愛や愛国心が強い人物 つまり加害者側から見て「目の上のタンコブタイプ」や「出る杭タイプ」のような人物をターゲットにするシステムである(それで被害者には理由が分からない)

②集団ストーカー被害は、ガスライティング手法とアンカリングを悪用したもので、決して第三者には気づかれることがない。ローテク(学会員等を動員した集団ストーカー・尾行・家宅侵入など)や ハイテク(盗聴・盗撮・電磁波攻撃など)を含む様々な手口で行われる。そのため、他人に話しても信じてもらえない、場合によっては おかしい人 被害妄想扱いされかねない。

③被害者が他人や警察に訴えても信じてもらえず、『なんだいそれ? みんなの噂になるような重要な人物だと思ってるんだ?妄想じゃないの?』などと言われて屈辱を受けるか、悔しい思いをすることになる。

④そのため、被害者は被害について黙ってしまい 完全孤立してしまうか、被害を心霊現象か何かだと思って霊能者や宗教に頼り囲われること(被害者が精神的に依存することや精神・思想的管理)も目的である。

⑤集団ストーカーは複数団体による複合体のネットワークを形成し、責任の所在を曖昧にするシステムになっている。多くの被害者たちの共通認識から 加害者は創価学会を母体として 朝鮮人組織(民団や朝鮮総連など)や暴力団組織や左翼勢力の一部が関わっているといわれる。

⑥つまり、責任の所在が曖昧なシステムであるのに、被害者が加害団体を推測・特定して非難すると、証拠がない・名誉毀損だ・言いがかりだ、などと言われるシステムだということになる

⑦この集団ストーカーの過程で、被害者は頻繁に理不尽さを感じることになるが、次第に理不尽なことに対して耐性ができてくる場合がある(それが目的であるとすれば、2chの生活板かどこかで、「そんなやつらをおとなしくする方法があるんだよ」と上司か誰かに聞かされた方の記述と合致する)

⑧他の被害者の報告を読むことで、集団ストーカーにどのような手口があるかが分かる掲示板や被害者サイトなどは、集団ストーカーにとっては邪魔なので荒らされることになる

⑨このシステムを運用・維持することが利権と結びついているとも考えられ、それがAGSAS(被害者HP)で述べられている悪徳人脈であり、金銭の他に、被害者の反応(どのような手口が有効かどうか)や、被害者から得られる情報も加害者側の利益となっているとも考えられる。

⑩ 集団ストーカーは、被害者をうつ病にしたりキレさせたりする多目的がある。電磁波犯罪で作れる統合失調症(幻覚症状)を 金儲けに悪用している。よって被害者は精神的に追い込まれ自殺したり、犯罪を起こすことになる。

コメント・・・集団ストーカー究極の目的は 日本乗っ取りのための一環だと思います。つまり、愛国心のある純日本人の殲滅作戦を兼ねた加害組織の連帯と結束であると思います。政治の流れを変え 組織的犯罪規制法案とハイテク犯罪規制法案を作らないと この犯罪はなくならないと思います。


zz http


以上は著者ご自身のご意見と思想を尊重し《コピペ》によって転載させていただいていますが、言う迄も無く、私の《コピペ》は全て、あくまでも参考と情報提供の為であり、意見の完全な同意を意味するものではありません。





スポンサーサイト



編集 / 2010.08.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego