FC2ブログ
《転載》『どうすれば出る杭を打たない日本社会になれるか? 』より。
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》


7 :名無しさんの主張 :2007/09/24(月) 00:45:48 ID:???
「謀反」を温かく見つめる社会へ
高井伸夫 弁護士

 (略)
横並びの意識が強く個性の発揮を疎む社会から、真の意味で優秀な人材が輩出
されることは決してない。
 (略)
 証券取引法違反に問われた堀江貴文氏や村上世彰氏に、確かに反省すべき点があり
有罪判決が確定すれば粛々と刑に服するのが当然であろう。しかし、彼らに違法行為が
あるとして具体的に批判するのであればともかく、巨額の利潤を手にしていたことや
巷間伝えられる派手な生活ぶりを妬む気持からのみ彼らを悪しざまに言うのは、
まさに「嫉妬の文化」そのものではないか。
 私はこの二人に代表されていた新興ビジネスの気概や、既成概念に挑戦する
新しい息吹が、急激に打ち萎えてしまうことを恐れる。少なからざる国民は、検察を含む
為政者らが、新興勢力である彼らを激しくバッシングしたように感じたのではないだろうか。
 「事業家」と「経営者」とは根本的に異なる。前者は言わば「無」から「有」を生み出すべく、
新ビジネスを立ち上げ新しい商品・ サービス等を構想し実現する者をいう。事業が
形にならず無のままで終われば「詐欺師」呼ばわりされるリスクを負っている。
他方「経営者」とは、既に成立している事業を軌道修正しながら拡大推進させていく者である。
 新事業・新ビジネスこそが、経済の新陳代謝を促進させる。それゆえ、「事業家」として、
厳しいリスクを取りながら、新しい事業を興そうとするチャレンジ精神に溢れる意欲的な若者達を、
既得権益を守るために陥れることがあってはならない。
http://www.esuj.gr.jp/cgi-local/DocumentManager.cgi?dn=6&lang=jp&md=view&pg=0&bmd=list


8 :名無しさんの主張 :2007/09/24(月) 00:46:31 ID:g8uY5pGq (3 回発言)
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


9 :名無しさんの主張 :2007/09/24(月) 00:49:12 ID:VHlVtgDA (7 回発言)
うむ


10 :名無しさんの主張 :2007/09/24(月) 01:09:07 ID:g8uY5pGq (3 回発言)
愚民死ねwwwwwwwwwwwwwwwwwww


11 :名無しさんの主張 :2007/09/24(月) 01:09:46 ID:VHlVtgDA (7 回発言)

=====


57 :名無しさんの主張 :2007/09/24(月) 23:35:54 ID:???
★生きづらい世の中。自我を主張できない日本。 1

自我と言う概念がもたらされたのは、おそらく明治以降であろう。
古くは古代ギリシャ、ローマから始まる概念。
近代以降のヨーロッパ、アメリカの個人という概念を
明治の日本はそのまま輸入してしまった。
そのためこれまであった日本独特の考え方と相容れず、
浮き足だってしまったのである。
夏目漱石も欧米の自我と言う考え方を取り入れようとしたが、
逆にそれが足かせとなってしまい、「この世は生きにくい」と
言わしめることになったのである。

この考え方は今でも通用すると自分は考えている。
自我に目覚め、それを発言しようものならば、
あらゆる方面から袋叩きにあってしまう世の中。
個人の意見が未だまかり通っていない。
恐ろしいほどの連帯意識を感じるのである。
「出る杭は打たれる」のである。
恐ろしいのは、ある為政者でも、ある思想団体でも、ある宗教団体でもない。
そしてある会社でもない。
自分の身近にある組織、近所付き合いなど、そしてもっと極端に言えば、
日本人が無意識に持っている、「排他的意識」なのである。

=====


60 :名無しさんの主張 :2007/09/24(月) 23:39:34 ID:???
★生きづらい世の中。自我を主張できない日本。 3

だから日本人は出来るだけ顔をつき合わせた形で自分の意思は言わない。
お互い「察して」コミュニケートするのである。
逆に欧米では、言葉を積み重ねることで、理解を深めるように努力する。
相手にわかってもらうために、言葉で、絵で、ジェスチャーでと、いろいろな形で表す。
そしてその言動に責任(respontibility)を負う。
(決して日本の人が責任を負わないとは言えないのだが)

そのあたりを考えると、電子掲示板のあり方と言うのが欧米と日本では顕著に現れる。
欧米は名前や顔を明かしたりする。しかし、日本の掲示板は匿名(アノニマス)が多い。
素性が分かると困るから、匿名で意見を述べた方が気分が楽だという理屈である。
それはそれで、良い点もあり、悪い点もあるので一概になんとも言いがたいが、
そういう背景があるのは確かであり、それは「どんぐりの背比べ」「みんな横並び」
「出る杭は打たれる」的な思考に基づくものであると思う。

そう、ここは日本なのだ。郷に入れば郷に従え。
ここが嫌だからと言って、他に移っても結局は同じこと。
外国に逃げても、きっと違う民族と言うことで苦労するので
やはり変わりがない。だから、ここで何とかして生きなければいけないのだ。
帰国子女の大変さというのは最近になって思うようになった。
受け入れ態勢がどうのこうのではなく、普通の学校ではきっと子供が周りから浮いてしまい、
いじめにあったり疎外されたりするからなのだろう。


61 :名無しさんの主張 :2007/09/24(月) 23:42:35 ID:hR90OPrh (4 回発言)
察してばかりいるから肩がこる社会なんじゃなかろうか
西洋人はあまり肩こりってないらしい


62 :名無しさんの主張 :2007/09/24(月) 23:44:26 ID:???
★生きづらい世の中。自我を主張できない日本。 4

日本は和の国家。良い意味でも、悪い意味でも、「一体化」する民族。
それを「世間」が認識しておかなければ、最近、政府の動きがどうだの、
経済がどうだの、東アジア問題がどうだのと言っても、
それは表層的なところでの話しであり、ちっとも解決しないであろうと思うのだが。
最終的に受け入れるかどうかというのは、国民それぞれの意識に基づいている
のではなかろうか。国がどうこうの前に自分たちはどうなのか、どう考えているのかを、
深く考える必要があると思っている。

またこんなことを書いてしまった。
また「出る杭は打たれる」かも知れないな。
哲学研究者の中島義道氏ではないが、本当に「生きにくい世の中」。。。。
そう感じてしまい、鬱々となるのである。
いっそのこと阿呆になったほうが、楽なのになぁ。
知らないほうが良いこともあるなぁ。
しばらく、鬱々とおとなしく考えてみます。

最終更新日 2006年08月18日
http://plaza.rakuten.co.jp/jaranjaran/diary/200608180000/

=====


85 :名無しさんの主張 :2007/09/25(火) 15:33:03 ID:???

日本人はとにかく徒党を組みたがる。そして少しでも自分たちと違ったことを
する人間を排除する。特に才能が優れてなくてもそれは言える。
例えば、会社の中で、新しい意見を言った人間がいるとする。
「今までのこういうやり方では、合理性に欠ける。ここのこういう
ところを改善すれば、もう少し仕事の効率が上がるのではないか」と
いう感じで。でもそこに、石頭の古い観念に凝り固まった上司や役員
がいれば、それがどんなにいい意見でも却下されてしまう。
その時に決まって出る台詞が、「前例がないから、そんなことは
できない」、「今まではこういうやり方でやってきたから、そんな
ことはできない」、「無理に決まってる」、「そこまで頑張る必要
などない」etc・・・・・。
もっと凄いのになると、「お前らは言われたことだけやってればいい」
なんてのもある。それでいて、会議などで意見を言わないと、「仕事に
対する意欲に欠ける」などと間抜けなことを言うから、質が悪い。
前進とか進歩、向上という認識が極端に欠けているのだ。
「出る杭が打たれてしまう」本質的な根がそこにはある。




92 :名無しさんの主張 :2007/09/25(火) 23:38:02 ID:???

「俺が苦労してるんだからお前も苦労しろ」みたいな感じで
押し付けてくるタイプのいじめも多い。
>>91
日本の場合目標の達成よりも横並びのほうが重要になっている。


93 :名無しさんの主張 :2007/09/25(火) 23:39:46 ID:DzQAcUBu (2 回発言)
郷に入れば郷に従え。
個人では良くても、組織の能力を落とすようなら、そいつは無能だ。


94 :92 :2007/09/25(火) 23:40:03 ID:???
>>91
協調と同調を混同してはいけない。
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1176125432/

=====


106 :さ :2007/09/27(木) 19:58:17 ID:6ZyFC7a1 (2 回発言)
日本の場合、成功する為には、ある一定のレベル以上になるまで、
あえて埋没している必要がある。

107 :名無しさんの主張 :2007/09/27(木) 20:00:31 ID:kIEe9U0X (5 回発言)
埋没してる間にほとんどの香具師は性格を歪ませたりする


108 :さ :2007/09/27(木) 20:14:18 ID:6ZyFC7a1 (2 回発言)
そこが勝負どころだ。


109 :名無しさんの主張 :2007/09/27(木) 20:20:36 ID:kIEe9U0X (5 回発言)
出る杭を打つ以前の
無言の圧力的な空気があるな この社会は


110 :名無しさんの主張 :2007/09/27(木) 20:22:03 ID:kIEe9U0X (5 回発言)
楽観的に前向きに明るく生きよう と言うとき どうしても無理な生活になる
善さは排除される か または変人として生きるか


111 :名無しさんの主張 :2007/09/27(木) 20:23:39 ID:kIEe9U0X (5 回発言)
心にもないことを言い いかにもノリ良く生きてます みたいな態度を取り 影ではせこいことを
する そうしないと 立派な常識人になれないんだ


112 :名無しさんの主張 :2007/09/27(木) 20:27:03 ID:kIEe9U0X (5 回発言)
その影では歪んだ社会を反映して怪しい宗教チックな自己成長本が大量に出版される
そんなに自己洗脳しないとうまく生きられない社会なのだ


113 :名無しさんの主張 :2007/09/27(木) 23:04:09 ID:hKfMFj2Z (2 回発言)

妬みはどこにでもあり人間社会の特性であるから
日本特有のものではなく、貴様は問題を見誤っている。

日本社会の特徴、伝統といってもいいが、それは封建的官僚的な体質である。
封建世襲制というのは、上に行くほど愚かなものが多く、無能というのが一般的であり
それが日本の近代的歴史である。
権勢体制は保身に努めるだけが能で、責任というものは無いといっても過言ではなく、
揉みつぶすことも可能だ。

勝海舟
「かの国(アメリカ)はわが日の本と異なり、身分が上になればなるほど賢こうございます」

明治維新はこれをぶちのめしたが、結局30年くらいしかもたなかった。
日本の官僚的弱小体質は日本の伝統であり、これを愛することがどうやら愛国心というものらしい。


114 :名無しさんの主張 :2007/09/27(木) 23:06:58 ID:JiNxaWdf (2 回発言)
妬みはどこの国にもあるが

それへの反応の仕方は国民性によってちがうのは当然

=====


123 :名無しさんの主張 :2007/10/23(火) 23:50:27 ID:???
白 川 語 録

ノーベル賞の自然科学分野で日本人としては実に13年ぶりの受賞となった白川英樹
筑波大名誉教授の00年10月20日の東京・有楽町・日本外国特派員協会での講演
およびその後の会見から引用(『日本の教育はおかしい』=ニュース・ウェッブ・ジャパンより)

  なぜ日本はノーベル賞受賞者を輩出できないのか?
「『出る杭は打たれる』ということが大きな原因だと思います」
「私の場合は『出る杭は打たれる』というより放任されていた、無視されていたという感じですよ」
  筑波大学を退官されて現在??

「ノーベル賞を受ける前も海外の幾つかの大学や研究機関からは、ポストの申し入れが
ありました。しかし、日本ではありませんでした(退官しても国内からは何も声がかからない。
はっきり言えば失業者ですよ)。ノーベル賞をもらってからは、話が別です。日本の大学や
研究機関からいっぱい話が来ています。『なんで今ごろ』だと言いたいです」

  日本の教育システム全体について

「小学校の時から日本人はみんなで仲良くやっていこうという気持ちが強く、横並びの方向で
やろうという雰囲気が強いのです。一人だけ抜きん出ていると叩かれる、変わり者がいじめられる
ということでは困るのです」
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/sirakawagoroku.htm


124 :名無しさんの主張 :2007/11/20(火) 21:37:42 ID:???
自分と違う人を理解するという能力が欠けている

まさにその通りですね。日本と違う海外の教育でのいい面は価値観の多様を認める
ことがベースとして根付いているところですね。なので友達がある分野で凄い才能を
持っていてもそれを賞賛し認める事はあっても必要以上に嫉妬したり卑屈にならない、
という。まぁ、もちろんそうでない人もいると思いますが日本人ほどではないでしょう。

日本は人種が多様でないせいか「同じ肌のあいつが抜きん出るのは面白くない」という
風潮がバックグラウンドにありますよね。価値観一極集中主義というか。例えば私が
小さい頃は野球やキャッチボールが下手だったら人格まで否定されかねない感じでしたし。

その辺の固定観念や価値観はなかなか変わりづらいですが、足が速いやつは速いと認め、
遅いやつは自分の特質に合う分野で頑張るで良い、ときっちり認識させて支援することが
大事だと思いますけどね。「みんな一緒が素晴らしい」「みんな横一列でゴール」という
教育は裏を返せば結局は「出る杭は打て」をマイルドにしただけで偽善的ですし、
「ちょっと違うやつは排除せよ」という異質否定の価値観につながると思いますね。
http://jamlog.podzone.org/index.php?id=841


125 :名無しさんの主張 :2007/11/21(水) 09:30:15 ID:MeR6URJ5 (1 回発言)
日本人は変化を嫌うんだろうな。
だから新しい事にも挑戦しないし
出る杭を打とうとする。


126 :名無しさんの主張 :2007/11/21(水) 18:46:24 ID:j5TVpvVk (3 回発言)
ていうかね、出る杭を叩くべきか叩かないほうがいいかってのは時と場合によるだろ。
出る杭は叩かれる=悪
みたいに捉えるのは短絡的すぎ。


127 :名無しさんの主張 :2007/11/21(水) 18:51:25 ID:IHKGgSo4 (1 回発言)
日本人特有の陰湿さ、としての出る杭たたき、を対象としています


128 :名無しさんの主張 :2007/11/21(水) 21:02:20 ID:NQ+BPwnT (3 回発言)
日本の悪しき風潮
強いものには弱く、弱いものにはめっぽう強い


129 :名無しさんの主張 :2007/11/21(水) 21:03:28 ID:NQ+BPwnT (3 回発言)
日本の悪しき風潮2
長いものには巻かれろ






=====
スポンサーサイト



編集 / 2010.09.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego