FC2ブログ
《転載》:もうひとつの「ガスライテイング」に付いての説明 《A》
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》

もう一つの『ガスライテイング』について: victimsofbmi さんに依る 説明記事の《転載》です。
 聞き手の心理的な弱みを弱点を熟知して巧妙に刷り込んでくる『人格抹殺』目的の人間の話や情報が多くあります。

ですので、確固とした裏づけを求めずに鵜呑みにする事が無くなる為にも、独りの個人的な話題をエンタメ間隔で迎合しないで正確に選抜された情報を詳しく、慎重に、固定観念を取り払って吟味=研究・探求する様して貰いたいです。
 この被害の様に、実際にターゲットとして集中的に、長期に渡って被害を経験する迄は理解の及び難い、上層部で前々世紀から試行錯誤を繰り返して考案され抜かれた手法(有名な実験の一例として第二次大戦中の収容所内のユダヤ人を初めとする被収容者を使ったもの)ですので、一般の我々の生活の中では、気が付き難く、経験する迄は、簡単に否定的な結論を出すことは避けてもらいたいです。
...誠意をもって、調べる迄は或る個人を陥れてしまう様な内容の私語に対しては、迎合するより実証に繋がる資料を慎重に吟味したい筈です(が、真実に繋がる情報をエンタメ価値が足りない理由で歓迎しないという方々は、本当の事を知りたいのではなく、悪事の実を一緒に食べたいタイプかも)。 




用語リスト

テクノロジー犯罪の手口

 http://victimsofbmi.iza.ne.jp/blog/day/20100406/


用語リスト
テクノロジー犯罪の手口

ガスライティング

被害者(ターゲット)の悪評 を作り上げるため、作為的なトラブルに自然に巻き込まれたように作り上げる執拗な手口です。

その目的は、被害者(ターゲット)の社会的評価を失墜させるため、また被害者(ターゲット)を混乱させることでその人の自信や自尊心及び評判を落として、被害者の人生を思い通りのレベルまで破滅させるためです。

他者による作為的な手口にもかかわらず、被害者(ターゲット)自身が自滅したかのように見せかけることの出来る数々の手口と、そのしだいにひどくなっていく執拗な手口の段階的な計画のこと。

日本では集団ストーカー、テクノロジー犯罪などと呼称が分かれています。「思考盗聴」や「音声送信」で検索してもたくさんの被害者の声が並びます。

「ガスライティング」は、夫が妻をだまし、妻に妻自身が精神病だと思い込ませるストーリーの映画「ガス塔」(1944年)からつけられた名称。

コリジョンキャンペーン

コリジョンとは「衝突」という意味です。被害者(ターゲット)の行動を邪魔する行為です。
被害者(ターゲット)が移動する際に、人、自転車、バイク、車で行く手を遮ったり、被害者(ターゲット)とすれすれの位置を通り過ぎて前に出たりします。一人だけ1台だけではなく続けて数台あるいは数人が同じ行動で邪魔をします。お店のレジ、駅の改札、販売機等に並ぶ際にターゲットの前に割り込む、といったことも挙げられます。数人(数台)で道幅いっぱいに広がりながらゆっくり移動して、ターゲットがよけなければならない状況を作り出すこともあります。歩行時、運転時、他の交通機関の利用時を問わず行われます。時には加害者の薄笑いやにらみつけが加えられます。実際に「ぶつかる」事は少ないのですが、接触しても不自然ではない場合、例えば満員電車などでは、明らかに不自然にターゲットの荷物を蹴飛ばしたり、寄りかかったり、バッグの角を押し付けたり、被害者のカバンを小突く、被害者の乗っている車両には人が殺到するなどします。無言で攻撃的な態度をとる反面、「なにもおかしいことをしていない」という演技を貫き通す傾向があります。 

ひとつひとつの行為は日常生活で起こりうる「よくあること」です。被害者も規模が小さいうち、初期段階のころは 気にもかけません。
ところが、気にかけないでいると、ありえないぐらいにそういったことを繰り返し「異常な頻度」となります。さらに「不特定で多人数」の加害者組織員が被害者のいる同じ場所・同じ時間帯にたくさん集中するというありえない現象を演出してその存在を知らせてきます。「狙われているという意識」を被害者に持たせながらも、誰かに訴えると被害者のほうが「おかしな人」になるという仕組みは他の手口と同じです。

外出時にはほぼ必ず行われるのですが、この嫌がらせだけが単独で行われたとしても、「最近はマナーの悪い人が増えたな。」と思うぐらいです。しかし、繰り返されることと他の手口と同時進行で行われ、加害行為の一つであることに気づかされます。

ストリートシアター

被害者(ターゲット)の近くでさまざまな演技を行い、被害者の注意を引き、
被害者のことをからかっていることを意識させる、あるいは怖いと思わせる行為です。被害者の目の前で突然「怒鳴りあい」が始まる、いきなり大声を出す、意味不明なことをそばでずっと口走る、大声で暴言を吐く等です。

複数の人でシナリオがあるらしく小芝居が行われます。時には棒読みです。
ただ アンカリングをするために近くに現れて存在をアピールしてくるだけのものや被害者の個人的情報を強調して話しかけてくる行為は つきまといやほのめかし と呼ばれて別の手口です。

撮影するタイミングは難しいですが、実際の映像として記録できます。

ブライティング 

眩しい光やしつこい光を使って被害者(ターゲット)に執拗につきまとう行為です。車両のヘッドライト、ハザードランプやフォグランプ、ミラーと太陽光を使って被害者に眩しい思いをさせる。被害者(ターゲット)が徒歩で夜道を歩くと、通常ではありえないぐらいのハイビームやフォグランプを向けた車が多く停車しており、ターゲットが通過するタイミングにあわせてちょうど発車する。被害者(ターゲット)の移動する場所、立ち止まった場所に、必ずと言っていいほどハザードランプを点滅させた車両を近づける、部屋からちょうど見える部屋の電灯を点滅させるといった アンカリングと同時に行われます。運転中の頻繁なパッシングや、対向車のヘッドライトが上向きに調整され かなり眩しい、チカチカと点灯するライトをつけた自転車が頻繁に現れる、作業中の人が手に持ったライトを被害者に向けてくるといった例もあります。他には
被害者の自宅の窓に眩しい明かりが入るようにしむけて、夜中でも明るい状態が作られることがあります。この行為は、実際の映像として記録可能です。

ブライティングだけが行われるのであれば、「最近やたらと眩しい車が多いな」くらいで済むかもしれませんが、アンカリングと同じく、わざと被害者にわかるような行為を伴い、他の手口と併用して気づくまで繰り返されます。

ノイズキャンペーン

被害者(ターゲット)の周囲で継続的になんらかの「音」を立て、被害者(ターゲット)が「音」に敏感になるよう仕向ける行為です。
室内での壁を叩く音や水を流す音、上階のドタドタと歩く音やトンカチやドリルの音、洗濯機の音といった生活音を被害者が室内にいる時を狙って出す。
誤解しないためにも、録音をすれば、いない時はしない嫌がらせの意味合いが強いものかわかります。
、いびき、貧乏ゆすり、咳払い、独り言を繰り返す人物、工事や大工作業による騒音、車やバイクのマフラーによる排気音(爆音)、廃品回収車や広報車、宣伝カーの騒音、緊急車両のサイレン、ヘリコプターの音、車の防犯警報装置の誤作動音などの 日常に時々や一定期間は当たり前に存在する「ちょっと気になる音」が、被害者がいる周りだけ執拗に何度も 連日に渡って繰り返されます。

それぞれの「音」は日常生活であってもおかしくない「音」ですが、あなたが意識せざるを得ないのはその頻度とタイミングです。自分の部屋に戻った瞬間や机に向かった瞬間などあなたの行動と連動していて、静かな環境を望む場合を狙って四六時中繰り返されます。

*通常は録音可能ですが、被害者の思考に連動して音がするという心当たりがある場合にはテクノロジー犯罪の被害者である可能性が高いです。
つまり、BMI(ブレインマシーンインターフェース)を使って本人の脳波を読み取られている可能性があります。逆に脳に音の脳波送信(音声送信)もできますから、この場合には録音しても音は記録されません。ただし、特殊なマイクを頭蓋骨にあてて録音すれば記録できるようですが、詳細な方法については他を検索してみてください。この場合には近隣の人は普通に生活をしているだけです。誤解して被害者自らご近所トラブルを起こさないようにしてください。

モビング

「モビング」という用語は、もともと職場での嫌がらせを表す用語であり、その行為は、先進国各国で多数、報告されています。「モビング」は、職場ぐるみで、細かいながらも執拗な嫌がらせを続け、被害者(ターゲット)となった人物が、辞職せざるを得ない状態を作り上げる、集団犯罪行為です。その行為は組織的ではないとできない行為です。こういった依頼を請け負う会社も存在するようです。
自己都合退職に追い込まれますが、会社側は社内では「何も起こっていない。」という体裁を取り繕う意図がありますので、証拠となるようなあからさまなことはしてきません。「モビング」の加担者は、明らかに嫌がらせであると証明できる行為を注意深く避け、全ての行為に「偶然」を装います。

被害者だけが電話を取る状況を作っておき、ひどいクレームの電話を外部からかけさせる。奇妙な訪問者の対応を被害者がしなければならない状況を作り上げる、多数でひそひそ話をするが被害者が来ると止める、急病を装い無理な勤務やクレームの処理を被害者が請け負わなければならない状況を作るなど
よくあることですが、他の手口と同様に、その「頻度」と同じパターンが繰り返し行われます。

これが職場だけではなく、ターゲットの私的な生活、社会的な生活全般に応用されたものが、集団ストーカー、コインテルプロなどと呼ばれ、被害者は私的な生活全般、社会的な生活全般において、毎日、あらゆる場所で、組織的で、細かいながらも執拗な生活妨害行為に遭い、生活するのも困難な状態に陥れられます。モビングにより職場を離れなければならない状況を作られた上に、さらに私的にも社会的にも被害にあうことが多く、経済面でも精神面でも被害者は追い詰められることになります。

*テクノロジー犯罪の被害者の場合、BMI(ブレインマシーンインターフェース)を使って、脳波を操作されることで、仕事のミスを誘うような加害行為が行われて、職場を離れなければならない状況に追い込まれたという報告もあります。

ほのめかし

被害者本人しか知らないはずの「個人情報」そのものや被害者本人しか知らない行動について、普通ならそれを知らないはずの他人や知人が、普段の会話の中にさりげなく入れて話をしてくることです。

話題に取り上げられるのは、例えば、あなたが昨日会社の帰りに一人で購入した物の名前や 昨晩一人で聞いていた音楽の曲名や歌詞、一人でいるときに家族の服を試着してみた服の細かな特徴、普段はしないけれどたまたま昨晩だけ風呂で読むことにした本とその内容などです。

話をしてくる他人というのは被害者の近くに寄ってくる加害者組織の人たちで複数で雑談をしながら、被害者に関係する話をほのめかすときだけ声のトーンが上がって聞こえるようにしてきます。他の手口と同様に、被害者が気づかないときには、かなりしつこく繰り返し話の中に入れてきます。日常によくあることを演出してくるところも共通しています。

暗証番号や電話番号と同じ数字のナンバーをつけた車が目の前に現れるといった、視覚に訴えるほのめかしもあります。

*被害者の家になんらかの機器は仕掛けられていません。

*買い物を尾行し買ったものを確認して、それらをキーワードに数多く、ほのめかし行為を行い、数多く仕掛けたうちの数個でも効果があるという姿勢なのか、あるいは望遠レンズを使って遠くからの撮影も考えられます。
あるいはBMI(ブレインマシーンインターフェース)を使っている可能性も
あります。

*かなり詳細な個人情報が使われている場合、テクノロジー犯罪の被害者である可能性が高いです。つまり、BMI(ブレインマシーンインターフェース)を使って、本人の脳波から思考や感覚に関することが読み取られています。見ているのは被害者自身の目です。視覚で捉えた脳波を他の人物の脳とつないで見ている、あるいは言語化した思考の脳波を読み取っているのかもしれません。







スポンサーサイト



編集 / 2010.10.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego