FC2ブログ
再読のススメ:“PROTOCOL of ZION #4"(夕べ大量に記事を削除してしまいました~(笑)!ここに一部を復活させます~!)
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

Originally Posted to my mirror @ 2010-07-16 21:40:59
〈 再読のススメ 〉

PROTOCOLS
OF
THE LEARNED ELDERS OF ZION



Protocol 4

   Every Republic passes through several stages.  The first of these is comprised in the early days of mad raging by the blind mob, tossed hithe and thither, right and left: the second is demagogy, from which is born anarchy, and that leads inevitably to despotism - not any longer legal and overt, and therefore responsible despotism, but to unseen and secretly hidden, yet nevertheless sensibly felt despotism in the hands of some secret organisation or other, whose acts are the more unscrupulous inasmuch as it works behind a screen, behind the backs of all sorts of agents, the changing of whom not only does not injuriously affect but actually aids the secret force by saving it, thanks to continual change, from the necessity of expending its resources on the rewarding of long services.

   Who and what is in a position to overthrow an invisible force?  And this is precisely what our force is.  Gentile masonry blindly serves as a screen for us and our projects, but the plan of action of our force, even its very abiding-place, remains for the whole people an unknown mystery.

   But even freedom might be harmless and have its place in the State economy without injury to the well-being of the peoples if it rested upon the foundation of faith in God, upon the brotherhood of humanity, unconnected with the conception if equality, which is navigated by the very laws of creation, for they have established subordination.  With such a faith as this a people might be governed by a wardship of parishes, and would walk contentedly and humbly under the guiding hand of its spiritual pastor submitting to the dispositions of God upon earth. 
This is the reason why it is indispensable for us to undermine all faith, to tear out of the minds if the GOYIM the every principle of Godhead and the spirit, and to put in its places arithmetical calculations and material needs.
「 こうした理由から、我々にとって全ての信仰を抑圧し、ゴイムの脳裏から神に付いての教義や霊性を破り上げ、その変わりに、算術的計算能力と物質的な生活様態を据える事が何より重要になってくるのである。」

   In order to give the goyim no time to think and take note, their minds must be diverted towards industry and trade.  Thus, all the nations will be swallowed up in the pursuit of gain and in the race for it will not take note of their common foe.  But again in order that freedom may once for all disintegrate and ruin the communities of the goyim, we must put industry on a speculative basis: the result of this will be that what is withdrawn from the land by industry will slip through the hands and pass into speculation, that is, to our classes.
「ゴイムに、考えて、またそれを記録するる時間を与えない為に、彼らの頭は産業・商業に気を逸らせる様にしておかなければならない。こうして、すべての国々は獲得とそのための競争に飲み込まれてしまい、自分達の本当の強敵が誰かには一切気が付かない様になる。同時に、ゴイムの社会からから自由というものを解体し腐食させる為に、産業を投機を中心にさせる:その地域から、投機によって退いた産業が手から離れていって、投機に手渡される、それが我々のクラスへ、である。」


   The intensified struggle for superiority and shocks delivered to economic life will create, nay, have already created, disenchanted, cold and heartless communities.  Such communities will foster a strong aversion towards the higher political and towards religion.  Their only guide is gain, that is Gold, which they will erect into a veritable cult, for the sake of those material delights which it can give.  Then will the hour strike when, not for the sake of attaining the good, not even to win wealth, but solely out of hatred towards the privileged, the lower classes of the goyim will follow our lead against our rivals for power, the intellectuals of the goyim.
「過激化する競争意識と個々人の経済生活への衝撃によって、幻滅した、冷酷な非人間的世襲が造られていくであろう、否、もうすでに出来上がっているのだ。そのようになった世襲は高等政治や宗教に対して強い嫌悪感を助長するものだ。彼らの唯一の導き手といったら「獲得すること」、すなわち『金』であり、それが与える物質的享楽のためなら正真正銘のカルトを立て上げるだろう。 そのうち、期が熟し、物質を獲得するためとか、財産を勝ち取る為でさえなく、ただひたすら恵まれた境遇の者への憎悪だけが動機で、低階級のゴイムは、我々にとっての権力の真のライバルであるところの、ゴイムの知識階級に対抗する我々の指導に従う日が彼らを襲うであろう。」

[italics - found in Original; extracted from "Behold A Pale Horse", pp.280-281]
[Emphases & Translation - by this BLOGGER]

スポンサーサイト



編集 / 2010.10.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego