FC2ブログ
再読のススメ:“PROTOCOL of ZION #10"(夕べ大量に記事を削除してしまいました~(笑)!ここに一部を復活させます~!)
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

Originally Posted on 2010-10-17
〈 再読のススメ 〉

PROTOCOLS
OF
THE LEARNED ELDERS OF ZION



Protocol 10[PART] - 
Complete Version 



"  How indeed are the goyim to perceive the underlying meaning of things when their representatives give the best of their energies to enjoy themselves?"


"  By inculcation in all a sense of self importance, we shall destroy among the goyim the importance of the family and its educational value and remove the possibility of individual minds splitting off, for the mob, handled by us, will not let them come to the front nor even give them a hearing; it is accustomed to listen to us only who pay it for obedience and attention.  In this way, we shall create a blind mighty force which will never be in a position to move in any direction without the guidance of our agents...  The people will submit to this regime because it will know that upon these leaders will depend its earnings, gratification and the receipt of all kinds of benefits."
「 ゴイムに自己重視の意識を植え付け、家庭とそこでの教育の重要性、また、そうやって心が分かたれてしまう可能性を避けようとする(努力)等をことごとく破壊してしまい、我々に動かされているところの群集が彼等に前面に出て来る事も、また、その声が聞かれる事も無い様にてしまう。 それというのも、群集は従順に心して、我々の言う事以外には耳を貸す事が無い様に慣らされれてしまっているからである。 こうして、我々は、我々が送り出す者(=Agent)のガイダンスに拠らないでは、(自主的には)決してどの方向にも行ける立場には無くなった盲目な勢力に作り上げられてしまう ... 人々は、そういった政策(=Regime)に服従する、というのも、群集は生活の糧も、満足も、又その他全ての利益を、こうしたリーダーに完全に依存しているからである。」

"  When we introduced into the State organism the poison of Liberalism its whole political complexion underwent  a change.  States have been seized with a moral illnes - blood poisoning.  All that remains is to await the end of their death agony.  Liberalism produced Constitutional States which took the place of what was the only safeguard of the goyim, namely, Despotism.... Then it was that the era of republics became a possibility that could be realised; and then it was that we replaced the ruler by a caricature of a government - by a president, taken from the mob, from the midst of our puppet creatures, our slaves.   This is the foundation of the mine we have laid under the goy people."


"  The recognition of our despot ... will come when the peoples, utterly wearied by the irregularities and incompetence --- a matter which we shall arrange for --- of their rules will clamour, "Away with them and give us one king over all the earth who will unite us and annihilate the causes of discords - frontiers, nationalities, religions, State debts - who will give us peace and quiet which we cannot find under our rules and representatives."


"  Thus we must utterly 'exhaust humanity with dissention, hatred, struggle, envy and even to use torture, starvation, the inoculation of disease and want, so that the goyim see no other course open to them than to take refuge in our complete sovereignty in money and in all else.  But if we give the nations of the world a breathing space the moment we long for is hardly likely ever to arrive."
「 この様にして、我々は完璧に “分裂・憎しみ・闘争・羨望、また、拷問も利用し、疾病や飢餓を蔓延させる事によって人類を消耗させ、そうする事に因って、ゴイムは我々による金銭とその他全ての上への完全なる君臨の内に逃避して来る以外にとる道を見出せなくさせる。 但し、仮にも世界の諸国に息継ぎをする猶予を与えてしまった場合には、我々の望んでいる結果が到来する可能性は殆どなくなってしまう。」








スポンサーサイト



編集 / 2010.10.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego