FC2ブログ
『今朝あった事』ー追記ー
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
現在2010年10月21日00:24
[2010年10月20日16:44 に初回投稿した記事:『今朝あった事』に追記した時間。]の意。(時間のシーケンスが合っていないのは、この追記部分を元の記事から分けて、元の記事と同じ時間設定で投稿する事にしたから。)
今日の午前中にあった事:

《忘れていた事があるので、追記します:

 ◆ 下記の件の前に、ある特筆すべき事がありました。
訪問販売がまとめてあってという『変化』です。どれも以前問題ががあり、そのうちの一件については通報した事があります。今年の年明けの頃です。
  通報した事のある訪問は、『m@本ふとん店』(これも層化ですか?今いきなりサイバーに妨害がありポインターが激しく飛び跳ね初めてていました。)と言い、前回は不審な手ぶらの男が来て、インターフォンに答える前に画像を見ると、そのカメラをことさらに避けていて、出来る限り逆の方を向こうとしながら同時に玄関の他の部分をしきりに盗み見る様子がありました。不審だったので躊躇していると、留守と決め付けた様で家の玄関ドアにそっと手を掛け、カタカタとあけて見始めたのです! 鍵はかかっていたのですが、何度も続けたのでびっくりしてわざと大きな音を立てて玄関に向かいました。
 するとあわてて立ち去ったのですが、見ると門を出て直ぐに立ち去らず、家の庭木の陰で立ち止まり、陰険にも木陰でじっとこちらの様子を伺い続けていつではないですか!
 急いで通報しました。来られた警察はその男の容貌を詳しく聞いてくれ、その上で、パトロールに同乗させてくれて、近辺でその人物が見つかったら確認するようにといわれました。その間に入って来た現場の連絡によると、それらしき男が見つかったとの事で、通り過ぎるので、その際に間違いないか確認してくれとの事で、職務質問の現場を通過した際に、間違いなく、それは、うちの玄関に手を掛けて逃げた人物でした。
 そこでは実害も無く、警告をされて終了したようです。
 ところが、その日の午後に行ったH@MACというホームセンターの駐車場で、自分の車に戻った際に、不審な団体のマイクロバスが何台か先に止めようとして、或いは出ようとして?、居るので、こちらの注意を引き、見ると、なんとそのマイクロバスの乗員全てが私を注視していて、見つかったなりにやけ笑いでごまかしてるのです。自分の車に乗ってから気が付いたのは、そのマイクロバスには『m@本ふとん店』と書いてあったのです!!
 そのふとん店から昨日は女性の訪問員が来ましたが無視しました。
 その時点では、何もなく済んでいます。

 ◆もう一件は『下水道屋』と名乗るもので、私の帰国前に私の親にどんどん持って来る請求書に対して父は払っていて、そこの領収書の山に驚いたところです(実は、これを発見した2002年2月の2週間の帰省時に心配になり、面倒を見るときが来たかと思い、一時帰国を考え始めたきっかけです)。何の作業かわかりませんが、危険を感じさせる執拗さで来ていて、何としてでも家の下水にアクセスしようとしていたグループです。何しろ何人もが言い方を変えて来て居ました。私の姿を見ていきなり途中で引き返したりした者も居ました。数度警察に相談した事もあったのですが、当時は全く取り合ってもらえませんでした。 私が帰って来る迄は、激しい頻度で父に払わせていました。といっても、父が快く、「オイオイ!」とやっていたのですが! (父はもう老いてしまっていて、ふんだくれっぱなしでは無かったかと思います。そんなアホな人間では決して無かった人です。 『老い』だけでこんなに落ちぶれてしまうのでしょうか?判りません...)
  下水の手入れか何かだと云うのです。時には[離れた家のお宅から家の下水に(何か)が流れてしまって見させて欲しい」とまで言って来た事があり、よほど家の下水にアクセスしたい理由がありそうで、余計に警戒させられていたものです。その様な所から家の下に下水は流れませんし、そう思って断ったのも私です。
  要するに私さえ帰ってきて居なければ、老いた両親がすぐに払い続けていたのでしょう。 
  それも7年近く来ていませんでしたが、今日、たまたま私がベランダで出入りをしているタイミングで訪問して来、玄関にとどまらず、私の開けていたベランダに向かってこられ、気味が悪かったでした。
「関心が無いのでもう来ないでください。」と言っておきました。 
  執拗さといい、未だ狙っているのか、それとも私の先日の『プロジェクト・カッコウ』の記事が気に障ったグループの一員なのでしょうか?

 ◆ 『m@本ふとん店』といい、この『下水道屋』の再来といい、今朝のおまわりさん達があの[罪(zai)に地]の家から出てきたり私を見ていたり,あたかもあの嘘中毒の罪(zai)に地が偽通報をして私を陥れようとしていたかもしれない事、...全てひょっとしてあの記事で触れた[プロジェクト]に関係のある集団ではないでしょうか?

 ◆ 実は今朝のこの記事の投稿後にふと思ったのは、もしかしたら、今朝のような通報によって私を陥れようとして来ていたのは,何も今日に始まったことではないのでは?という事です。 そうだとしたら、恐ろしい事になっていた訳です!  (また、なぜ、近所の創価は、私のこの記事があんなに気に入らないのでしょうね...『音たて』騒ぎがまた始まりましたが...)
  今までずっと,この近隣を洗脳し、騙し、脅し、引き入れて、私に対してとんでもない事に巻き込んでいたのは?
それがこの嘘中毒の「害人罪(zai)に地」集団ではないかと思ったことです。知りもしない事を徹底的に作り上げて、わけの解らない事を通報したりばら撒いたりしていたのでは? 

  それを,何故だか知らないが皆そっくり鵜呑みにしたのも、「罪(za i)に地」に劣らずおかしなことだと思いますが、首謀集団はとなると、こういった図式かもしれないと、それが家の親を騙しまくって甘い蜜を吸っていたのでは? そこに私が帰ってきて,そういうものをみんな追い払い始めて逆恨みをしていたのでは?
  私のして来ていることは、別におかしくありません���誰でも、狙われ続ければその分警戒して『守り』に出ます。
  ...自分達の生活を守っているだけであり、誰でもがこの立場でする様な事です。

現在2010年10月21日00:24。









スポンサーサイト



編集 / 2010.10.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego