FC2ブログ
私の『なりすまし』が居ると思います!
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
どこかで、誰かが、私になりすまして悪事をしている気がします!私が言ってもいない事を私自身が言った様に多くの人達に思わせ、出してもいない悪いメールか何かを私と思わせて出したり、知らない工作をしたり、また、それらを私がした様に工作されていて、おかしくなっていると思います!
同時多発的にあらゆる人達が怒ったり批判を浴びせたり、掲示板に書いてる訳でもないのに、批判的なほのめかしが何時も訪ねるブログで同時多発的に吹き出したり、それなのに、取り付く場所が与えられていないので、誰何を訊けば解明に繋がるかも分からない形です。掲示板では酷いとよく聞きますが、自身のブログとわずかのコメントだけで、しかも「非公開」でも、加害者は判っていて、非公開コメントの受取人の意識改革が直ぐに出来上がり、もうコメントをしない方が良いと思い、しなくても、何でも良いから(と言うか、きっかけが解らない)まとめて静まり帰り、まとめて批判やほのめかし、等、沸き上がりますから、誰かが指揮をとっているのでしょう。内容からして、多分私になりすまして、私が言っている様にされている気がします。あと、私の記事がかいざんされていないでしょうか?今大型車輌が騒音を遅い速度で出しに来ました(複数)

PCからの追記:
  
  先月-先々月、私のミラーBLOGに、勝手に".net"ドメインで終わる自動(?)ミラーが見つかりました。
問い合わせ、改竄の可能性を無くしたいので、その".net"のサイトを削除して貰う様に、同時にお願いしたのですが、何も返答も無く、しかも".net"サイトが続いていたので、とりあえず幾人かの方々のコメントに(殆どを《非公開》にして)説明を出し、注意してもらおうと思い立ちました。 一箇所はアクセス数が非常に高いBLOGだったので《公開》コメントにしたのですが、恐らくこの".net"サイトについての注意をお願いした際の、その私のコメント内容が問題の原因になっているのでは、と、つまり、どこかに私の成りすましが居そうだと思わずに居れない一連の嫌がらせが起こったのです。
  そのコメントには".net"で終わるサイトが見つかった事と合わせて、".net"が作られた理由として一度受け取っていた説明も加えて、理解してもらおうとしました。
  後に判ったことは、私のBLOGだけではなく、fc2の皆に、同じ".net"ドメインのミラーがあてがわれていたのでした。".net"サイトは、どうやら中国に住んでいるユーザーがアクセス規制を受ける事の無いようにと複製されたミラーサイトだったそうです。 ちなみに私のfc2は、登録時点において使っていた『KINGSOFT』の所為で、勝手に中国語用に判別されてしまった様で、日本語サイトではなく、多言語サイトと言う少し利用方法の違うBLOGに登録になってしまった様でした。 ところが私はその様な違いも知らず、単に英語主体でさせてもらえる、位に考えて続行していましたので、この中国でアクセス規制をされないようにとの説明に困惑し、自分が中国と一切関係の無い人間なので、判らない言語と特別なサイトを置いておきたくないと言う返答を送ったところでした。

  そのいきさつの説明を含めたコメントを他のユーザーのコメントに公開したのです。

  同時に自分の記事も新たに投稿を続けていて、同時に他にも非公開でコメントを出していた気もしますが、いつも訪問するBLOGの多くの方々から、一度に同様の内容の批判や責めるような記事が上がったのです。しかも誰一人私の".net"についての説明・お願いに対して返事が無かったのです。静まり返り、後にいきなり同様の趣旨の批判が湧き上がったのです。『仄めかし』同様、はっきり私に言う事も無く、つらい思いをしました。ただ、理由がわからなかったので、私も暫くのんきに構えていました。 仄めかしの内容は、私が「フラフラとアッチに付いたりこっちに付いたり」、「便利な方に実を寄せる」、と言った感じとか、「急に態度を逆転させる」、「都合によってカメレオンのように色を変えr」、または、「いきなり180度態度を変えた」、等...
これは私をよく知っている人は絶対に私がそのタイプでは無い事をよく知っている筈の事で、完全に侮辱でした。私はこの内容とは無関係の人間です。

  暫く考えてみて、どうもあの中国に関することが含まれていたコメントが原因の仄めかしと批判であったのではと思い、そのコメントを削除してみました。

 恐らく、あのコメントが原因だったと思うのです。が、どこかで誰かが私jに、成りすまして喋っている悪者が居ない限り、あのコメントない世9う程度では、絶対私が方向転換云々と批判等される訳がありません。 私が『KINGSOFT』で安く上げていたので、色んなサイトで勝手に中国風の登録や設定にされて来ていて可なり困惑していたのも事実で、しかも誰だって、使えない言語と、関わった事の無いグループの中に投げ出されるのは不安ですし、言語が問題で対処にも限界があるのですから、私のコメントの内容は一切おかしくないのです。 それなのに何故、一人や二人でもなく、大勢が怒り半分に批判を上げて来たのでしょう? しかも、まるで私がいきなり方向転換でもした様な(!!!)、ずるいような言いがかりです! 
  誰かが私を名乗って居ないでしょうか?
  そこでその者(達?)は出鱈目をまくし立てていないでしょうか? それを信じ切って居て、誰もコメントにすら返事すらしてももらえないのではないでしょうか? しかも、頻繁に、まるで私の記事が矛盾するようなおかしな言いがかりもつけられます。 しかし、私の記事はごらんのままです。時折、非公開にしたり、再度公開にしたり、打ち間違えを修正したり、説明を加えたりと、マイナーにしていますが、[あと、ミラーとして、これ以外には、そのFC2と、Yahooと、以前試したLivedoor(=は、ログインの度に気持ちの悪い写真が出てきて気持ちが悪くて使わなくなった)です。]矛盾はありません。

  それなのに頻繁に、矛盾して居るような批判をされました。 恐らく、誰かがどこかで私を名乗っておかしな活動をしているのではないでしょうか?
  お気づきの方はどうぞはっきりと、私に、その様なサイトがあれば、お知らせください! お願いします! 
  自分で検索しても、自分のBLOGとコメント、その他私へのリンクやコピペ位しかありません。 探して来ていますが、当の私には見付けられません。 成りすましは、一体、何処で、どの様なHNで、何時ごろから、どの様にして、皆に私と思わせて活動して来ているのでしょう? 

  教えてください。


ところで、[加害者』という人種は、こういう迷惑宣言を、「楽しんで」いるのでしょうか?

  





スポンサーサイト



編集 / 2010.11.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego