FC2ブログ
【再投稿】"TRUTH" と "EXPOSE"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》





"Truth Lives a Wretched Life;
but Always Survives a Lie."
- by Anonymous


「『真理』は不運な人生を歩むが、
いつも『嘘』に打ち勝ってきている。」
(作者不詳)



  ◆ JOHN 8:31-32
31, Then said Jesus to those Jews who believed on him,
    If ye shall continue in my word, then are ye my disciples indeed;
32, And ye shal know the truth, and the truth shall make you free.


 
  ◆ 以前、あるクリスチャンが近所のNewAgeオカルトショップへ出向き(何故だか不明!)、話が上手く弾んだので(何故だか不明!)、そこの店員に、「君達のしていることの力は一体何処にあるかと訊かれたらどう答えるか?」と訊くと、こう答えたそうです:
 "SECRECY."


  ◆ X-FilesのシリーズにTUNGUSKAというのがありました。その出だしの場面で、ALEX KLEICHECKがMULDERとSCULLYに捕まり、トラックの中にいきずりこまれて詰問される場面です。
そこでMULDERがKLEICHECK等のバックにいるHANDLERSたちの弱みを知りたいのです。そのやり取りで、KLEICHECKがMULDERになんだと思うか、どうすれば捕まえられると思っているかを訊き返してみるのです。

 MULDERは "The TURTH!"と答えてみます。真実を突きつける事によって悪を崩すと言うわけです。同意しました。
 するとKLEICHECKが笑い飛ばしてこう教えてあげるのです; 
 "No! EXPOSE THEM!"

 
   このKleicheckの返事は、可なり巧妙なMisleadingです: "No! EXPOSE them!!"
... Mulderが "(by) the TRUTH!" と答えたのに対し、 "No! EXPOSE them!!" と教えるのです。
  位置情報では、これらの3つの言葉 "No!", "EXPOSE" & "Them!" のうち、一体何処が Mislead の一句になっているかというと、どれだと思いますか?
  私は、答えは"No!"だと思います。 答えは、"Yes! (That's right!) EXPOSE them!" ではないでしょうか?
  "The TRUTH"を "EXPOSE"するのでなければ、バックのハンドラー達を捕まえられないでしょう。
  どのほころびも、悪魔にとってはありがたいはずなのです。 
  "Expose" と "TRUTH" は矛盾しなくてもいい訳です。 Kleicheck の返事は "TRUTH" を discredit してしまう、狡猾な返答です。


S: What do you want Kleicheck?

K: The same thing as you do.
To find the man who tried to kill me ...

..the same man who is responsible for your father's death.
and your sister's.

S: You want these men to be brought to justice?

K: You can't bring this man into justice!
They protect him. they look to(?) Laws in this country!
They're protecting him in the name of National Security!
Do they not know or what?

M: Then why don't you put your bullets to his head like you did at the man out there!


K: These men might fear one thing.
Exposure!
You expose "him" !
Expose his crimes;
you'll destroy the destroyer's ability to destroy!

M: Anything that will destroy this man is the Truth!
K: No truth! (laugh to scorn)

...there's no truth
These men just make it up and just go along.
They're the engineers of the future.
They're the men of the real revolutionaries
like their contemporaries do!


  ◆ Cathy O’Brienの 『TRANCE FROMATION of AMERICA』 の第一章にこういう段落x2 があります:
'Secret Kowledge equals power, with the end result being control.'
&
'According to the Random House Dictionary, occultism "is the practice of alleged sciences caliming knowledge of supernatral agencies which are beyond the range of ordinary knowledge."Once again, it is a reminder that secret knolwdge equals power.'




  ◆ EPHESIANS 6:1-20
14, Stand therefore, having your loins girt about with truth, and havig on the breastplate of righteousness,
15, And your feet shod with the preparation of the gospel of peace,
16, Above all, taking the shiled of faith, wherewith ye shall be able to quench all the fiery darts of the wicked.
17, And take the helmet of salvation and the sword of the Sprit, which is the word of God.
18, Praying always with all prayer and supplication in the Spirit, and watching thereunto with all perseverane and supplication for all saints.
19, And for me, that utterance may be given unto me, that I may open my mouth boldly, to make known the mysteryof the gosprl.
20, For which I am an ambassador in bonds: that therein I may speak boldly, as I ought to speak.
[KJV]



  ◆ 悪を善と思わせ、善を悪と思わせる為に、『事実』を継ぎはぎされている。

---

( ...To be continued -later!)

スポンサーサイト



編集 / 2010.11.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego