FC2ブログ
『民主主義と拷問』より;From "Demcracy and Torture"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《関連書籍》 / テーマ: 社会学 / ジャンル: 学問・文化・芸術

EXERPTS
from
"Demcracy and Torture"
by
Darious Rejali



2007, published by Princeton University Press
Princeton University Press,
41 William Street, Princeton,
New Jersey 08540. (USA)
In the United Kingdom:
Princeton Unversity Press,

3 Market Place, Woodstock,
Oxfordshire. OX20 1SY. (UK)
[ISBN 978-0-691-11422-4]


From BACKCOVER:

" Darius Rajli has given the world an extraordinary work of scholarship and personal passion that no one wants to hear about but that everyone must learn about. Torture and Democracy exposes the core issue facing every nation whose deepest values of human dignity are defiled by its state-sanctioned 'violence workers.' Beyond platitides, this pioneering experts descends into the torture dungeons around the world to reveal the strategies and tactics secretly used to break human will to resist. A vital book for anyone wanting to understand the whys and hows of torture being practiced today by our own government."
- Philip Zimbardo, Author of The Lucifer Effect: Understanding How Good People Turn Evil

************************************



...... [p.424., 3rd para.:] ......

"These quality of success explain why torturers generally prefer low technology to high technology in stealth torture, and why they prefer some high technology devices to others. Sensory deprivation boxes were nonlethal, painful, and left few marks. But they proved to be too visible, not easily portable, unfamiliar to users, and hard to maintain and repair. They required a support network, and they were difficult to find and create. Police could not directly link them to their routine duties. They were not multifunctional or flexible, and they lacked the quality of everydayness (with the exception of Lilly's water tank, which would be at home in a New Age resort)."

「 これらの成果は、何故拷問者が、隠蔽された拷問では原始的な拷問方法を好み、その他の場合には、ハイテクを用いた拷問を好むのかを良く説明している。 感覚遮断箱だと、致死的でもなく、痛烈であり、しかも痕跡を残さない。 ただし、これは露骨に見える方法で、持ち運びが困難で、利用者が不慣れなことが多く、維持補修が大変である。 これだと協力機関の設立が必要になるが、それが見つかりにくく形成しづらい。 警察も直接的には担当を常時関わらせていられない。 これでは万能性も順応性もなく、何しろ、日常性に極めて欠ける (リリーの水槽は例外であり、ニューエイジ・リゾートであれば当たり前のように使えるが)。」

*****************************************



...... [p.425., 3rd para.:]

" By contrast, the laboratory scientists concerned with sensory deprivation (SD) bexes (Cameron, Baldwin, Lilly) imagined no scenarios other than the narrow concerns of their experiments. They did not reflect on the kinds of questions that troubled Cover, such as portability, flexibility, multifunctionability, everydayness, linkage, cost, maintenance, repair, and replacement. Nor did the CIA, with its extensive resources, bother to look into these questions.

Scientific as these products were, they did not float effortlessly under their own volition into the world. Torturers generally found no use for them within the context of their craft.  If something survived, it was noise, and again it was torturers-tinkeres elsewhere in the world that adapted this one element that did survive the SD research.  They adapted it using ordinary devices that were miltifunctional, everyday, and easy to replace.

Some believe that modern torture rends towards high technology:  "There seems to be constantly ongoing reaearch in this field, aimed at developing more refined methods, which are effective in breaking down the victim's resistance, and which at the same time will leave little or no visible trace."2

2: Jørgen Tomsen, Karin Helweg-Larsen, and Ole Vedel Rasmussen, "Amnesty International and the Forensic Sciences," American Journal of Forensic Medicine and Pathology 54(1984): 306.

「  対照的に、実験室に於ける感覚遮断(=SD)箱(キャメロン、ボールドウィン、リリー)に関わった科学者の間では、自分達の実験に関する狭まった関心以外には余り他の状況を想定してみる事は無かった。彼らは、カバーなどが抱いていた様な、移動性適応性、万能性、日常性、協力関係、費用、維持、修理、代替、といった事に関する心配は念頭に無かった。 同時にCIAも、独自に抱える資源の故に、こういった疑問は考慮しなかった。

 科学的とは言っても、簡単に、それ自体で思うように世の中に浮上したわけでもなかった。拷問者は全般的に、これらの方法が彼らの拷問それ自体の為には特段使い道を見出せなかった。もし何か使い道があったとすれば、『音』の使い方であって、繰り返せば、世界中あちこちのの拷問屋が、唯一この感覚遮断箱実験の中で生き残った、この要素こそを適用していったのだ。 彼らは、この要素を、万能性、日常性,又、代替が容易な、極ありきたりな方法で、適用していったのだ。

 一部の人々は、近代の拷問は、もっとハイテクな方法へ寄りかかっていっていると信じている: 『絶え間なくこの種の領域の研究はなされており、より洗練された方法、即ち、より効果的に犠牲者の抵抗を崩し、同時にほとんどか、或いは全く(拷問の)痕跡を残さない方法を開発する事を目標にしている。2』 」

2: ユーゲン・トムセン、カリン・ヘルウェグ‐ラーセン、オーレ・ヴェデル。ラスムッセン、『アムネスティ・インターナショナルと法医科学』アメリカ法医学と病理学誌54(1984), 306ページ。

*************************************



........ [p.426., 1st para.:]

" ... (omitd 3 lines) ...   
Over the course of a century, torture has changed worldwide, the kind of sweeping change that is rare with any method of violence, but that is perhaps more remarkable in this case for its reliance on hidden networks. Techniques spread through backroom apprenticeships, networks of whispers, knowing glances, and the enabling power of averted eyes.3 "

3, See also Piet van Reenen, "Routine Police Torture, " Human Rights Review 4.1(2002): 54; Martha K. Huggins, Mika Haritos-Fatouros, and Philip Zimbardo, Violence Workers, (Berkeley and Los Angeles: University of California Press, 2002), 173-75.

「 ... (3行削除) ...  
この一世紀の間に、世界中の拷問に変化が、全面的な変化であって、他どんな暴力の仕方にもまれなものであった。むしろそれは、恐らく秘密下のネットワークに依存して行ったと言う点で、より特記すべき例となろう。、裏部屋での入門者同士だけの、囁きでのネットワーク、知るもの同士の目配せ、そして、目を逸らして実行可能な力によって広げられていった技術である3

3, ピエ・ファン・レーネンの『恒常的な警察の拷問』、人権レビュー4・1 (2002)、54ページ;マーサ・K.ハギンス、ミカ・ハリトス‐ファトゥーロス、フィリップ・ジンバード、『暴力員』(バークレー&ロス・アンジェルス、カリフォルニア大学出版部、2002)、173-75ページ、も同時に参照の事。

**************************************



........... [p.426., 4th para.:]

" Informal apprenticeship has other advantages in recruitment and secrecy. Soldiers and doctors who might talk balk at being involved in torture can be drawn into it in small steps until they are as implicated as anybody else.5 Such practices also tie torturers together in bonds of secrecy and fraternity.6 Apprenticeship also creates regional argot for torture, "a language with new words and expressions so that they can talk about various things without being undertstood by outsiders."
7

「 非公式な入門には、他にも勧誘や秘匿性といった利点がある。拷問などに関わらされる事に抵抗を示す兵隊や医師など、それとなく徐々に、他の皆とさほど違わないと暗に示して引き込められる。5 そういったやり方は同時に、拷問者同士が秘密の共有と同盟感から来る絆で結ばれる。6  入門者同士は又、拷問を意味する特有の隠語表現を創る;「新しい言葉と表現なので、彼らは部外者には通じない形であらゆることを話し合う。」7


5, Richard Goldstein and Parick Breslin, "Technicians of Torture: How Physicians Become Agents of State Terror, " The Sciences, March-April 1986, 14-19.
6, Huggins, Haritos-Fatouros, and Philip Zimbardo, Violence Workers, 29-62, 161-92.
7, Mohammad [pseud.], The Argot of the Victim (Copenhagen: Rehabilitation and Research Centre for Torture Victims, 1992), 4. Aside from this study, such argot has never been subjected to systematic analysis.

5,  リチャード・ゴールドシュタイン、& パトリック・ブレスリン;『拷問の技術者:如何にして医者が国家拷問員となるか』科学誌,3-4月,1986,14‐19ページ。
6,  ハギンス、ハリトス‐ファトゥーロス、フィリップ・ジンバード、『暴力員』,29-62,161-92ページ。
7,  モハメド(仮名)、『被害者の隠語』(コペンハーゲン:拷問被害者の為のリハビリと研究センター,1992) 4. この研究を除いては隠語の関する系統的な分析は取り扱われていない。

**************************************



........ [p.545., 2nd para.:]

" In Chicago, torture happened "out there" without any relationship to anyone in particular. People knew it happened, and even underdstood how it shaped the topography of their city, but they could not find the person responsible. In early Christianity, demons stood for intangible hostile feelings that drove people unexpectedly in murky social conditions or shaped aberrant, recalcitrant individuals. The "horror of the demonic was its very facelessness," 32 as Peter Brown, a distinguished scholar of classical antiquity, explains. Demons "did their business in the darkness." 33 Torture in Chicago and Auschwits, as near as the trials could tell, was the work of demons."

33, Vita sancti Severi Viennensis presbyteri (1886) cited in The Cult of Saints (Chicago: University of ChicagoPress, 1981), 112.

「  シカゴでは、別に特定の誰かに関わることなくして、拷問が「直ぐそこで」起こっていた。起これば、皆がそれと判り、皆、どの様にしてその市の社会構造が成り立ったのか理解していた。しかし、誰も、誰の責任なのか、指をさせない状態であった。 初期のキリスト教にも、悪霊というものが、予期しない混沌とした社会状況や、歪んだ、反逆的な人物の蔭に、無形の敵として立ちはだかっていた。 カの、著名な古典学者ピーター・ブラウンの説明の通り、『悪魔的な存在の恐るべきところは、正に、それが顔の無い事にあった。』32 悪魔は、『暗がりで仕事をしていた。』33  最も近代の判決が示すには、シカゴもアウシュビッツも、悪魔の仕業である。

33, Vita sancti Severi Viennensis presbyteri (1886) 『聖者のカルト』より。(シカゴ:シカゴ大学出版1981),112ページ。


[Emphases Mine]/[強調:管理人による]
(BLOG管理人:R.S.訳)  




スポンサーサイト



編集 / 2010.04.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego