FC2ブログ
【復刻】再読のススメ:“PROTOCOL of ZION #16"
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
〈 再読のススメ 〉

PROTOCOLS
OF
THE LEARNED ELDERS OF ZION



Protocol 16

I order to effect the destruction of all collective forces exept ours we shall emasculate the first stage of collectivism - the universities, by re-educating them in a new direction. Their officials and professors will be prepared for their biusiness by detailed secret progrqammes of action from which they will not with immunity diverge, not by one iota. They will be sppointed with especial preoccupation, and will be so placed as to be wholly dependent upon the Government.

(Omitted one paragraph)

The ill-guided acquaintances of a large number persons with questions of polity creates utopian dreamers and bad subjects, as you can see for yourselves from the example of the universal education in this direction of the goyim. We must introduce into their education all those principles which have so brilliantly broken up their order. But when we are in power we shall remove every kind of disturbing subject from the course of education and shall make out of the youth obedient children of authority, loving him who rules as the support and hope of peace and quiet.

(Omitted 1 Paragraph)

Each state of life must be trained withim strict limits corresponding to its destination and work in life. The occasional genius has always managed and always will manage to slip through into other states of life, but it is the most perfect folly for the sake of this rare occasional geniuses to let through into ranks foreign to them the untalented who thus rob of their places those who belong to those ranks by birth or employment. You know yourselves in what all this has ended for the GOYIM who allowed this crying absurdity.
「 人生のそれぞれの段階に於いて、あてがわれた将来の職に応じ、厳格に制限された中で訓練されていなければならない。
時折極一部の天才達はその枠から予定していない方向へまんまと抜け出て言ったし、また常に抜け出すことに成功し続けるだろう。しかし、こういったまれな天才達にとっては、みあわない階級の中へとずれていって、生まれながらにか或いは就職によって本来彼らのものであるはずの地位を無能な者たちに奪われるこれほど完璧な愚かしさも他にない。この様な嘆くべき不条理を許してしまったゴイムの成れの果てを自分自身で周知のことだろう。」


In order that he who rules may be seated firmly in the hearts and minds of his subjects it is necessary for the time of his activity to instruct the whole nation in the school and on the market places about his meaning and his acts and all his beneficient initiatives.

We shall abolish every kind of freedom of instruction. Learners of all ages will have the right to assemble together with their parents in the educational establishments as it were in a club: during these assemblies, on holidays, teachers will read what will pass as free lectures on questions of human relations, of the laws of examples, of the limitations which are born of unconscious relations, and, finally, of the philosophy of new theories not yet declared to the world. These theories will be raised by us to the stages of a dogma of faith as a transitional stage towards our faith. On the completion of this exposition of our programme of action in the present and the future I will read you the principles of these theories.

In a word, knowing by the experiences of many centuries that people live and are guided by ideas, that these ideas are inbibed by people only by the aid of education provided with equal success for all ages of growth, but of course by varying methods, we shall swallow up and confiscate to our own use the last scintilla of independence of thought, which we have for long past been directing towards subjects and ideas useful for us. The system of bridling thought is already at work in the so-called system of teaching by object lessons, the purpose of which is to turn the goyim into unthinking submissive brutes waiting for things to be presented before their eyes in order to form an idea of them . . . In France, one of our best agents, Bourgeois, has already made public a new programme of teaching by object lessons.



スポンサーサイト



編集 / 2010.10.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego