FC2ブログ
ターゲット=『鏡で覆われている人柱』:すべての人の心に巣食う痛みのシンボル[COMPLETE VERSION]
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《自分のコメント持ち込み転載》
ターゲット=『鏡で覆われている人柱』
-すべての人の心に巣食う痛みのシンボル-

ターゲットをすべての人の心に巣食う痛みのシンボルとしての『人柱』とする執念
残虐の極地


私の一番最近出させてもらったBLOG管理人さんへのコメントの《コピペ》を校正した。


今日は、突然ですいません。ご無沙汰してます。今、今迄ずっと解らずに来ている事に付いて何方かに確認したい事が身に起こり、伺いたくてまた来ました。加害者の殆どは面識もない人達なのが被害感を増長しますが、この大多数の赤の他人は一体何故どうやって、面識もない標的に対してあんなに根深い(?)強烈な、私怨レベルの悪感情を向けられるのでしょう?あれもカルト新聞等のメディア・プロパガンダ風技術でしょうか?だとしても、読者自身の現実的な体験でまないです。私などが経験するのは、加害者・加担者それぞれなりの「意見」ですらなくて、皆大量生産風に一様の呪わし気な感情を抱いて攻撃しますが、何がその様な事を可能にし得るかと不思議に思ってます。マインド・コントロールのメカニズムはは解っても、加担者はそれに全く関心が無いのでしょうか、それとも全く理解できないでいるのでしょうか、或いは、マインド・コントロールされても一向に構わないのでしょうか????現実に人が延々と標的に対して特定の悪念を持っているのを経験する度に、何故誰も理性的に自分の心の底を処理する代わりに、標的へのサディズムに変換される事実が続くことが、具体的に解りません。データをそのまま一様に首謀の思い通りの観念で自分の感情として受け取って標的を攻撃するのは何故なのでしょうか? 2010/12/11(土) 15:45:40 | mixedtribes #Rz7gfLqU


続き:  こうした、加害者&加担者の言い分等も含め、
加害の(合理化された)呪いに等しい悪感情の「理由」に当るどれもが、選ばれたターゲット固有の何かというよりは、現状に巣食う、時には人間としての普遍的な難問それ自体をもターゲットに投影し(=鏡として映し出す事によって、人類この方解決不能な難問をそのターゲット個人のみの「非難に相当するような」問題・欠点としてしまい、置き換える事によって、かかる問題を自分自身から隔離する心理) 『見えない疾病』を代わりに受けて叩かれてくれる「空っぽでない」人達に具体的ではないその『問題』の“シンボル”になって貰った末、皆で集団リンチになった、というメカニズムではないでしょうか?
だから2ちゃん(+近所・職場・学校etc.)でも、本来抽象的な問題をターゲット達に擦り付ける或はその表現になって貰う必要ばかりが延々と続くのではないでしょうか?

 要は、埋もれた問題を見える具体的な人物にその『象徴』として、『問題』の身代わりとして『人柱』にになって貰い、直面出来ない、直面するには大きすぎるし、痛みが強すぎるので、自分の問題としては抱えきれないので、その様な抽象的な問題の象徴として代わりに叩かれて貰う、という図が見受けられませんか?

それだと叩く加害者はより蝕む思いが深まるだけではないでしょうか?ターゲット自体が『身代わり』に過ぎないので、例え殺しても問題自体が膨らんで残っているのでまた次のターゲットを追いかけるのではないでしょうか? 2010/12/12(日) 17:04:35 | mixedtribes #Rz7gfLqU


『投影』=知覚の主体が客体に対して、鏡を見るように主体をそこに映し出す事によって、主体の側の属性を客体のそれと誤認すること。
 その属性は、きわめて個人的・個性的な内容である場合から、人類にとって普遍的な問題属性を主体の判断で特定の客体特有の属性としてしまうこともある。後者の場合、多分に、選ばれた客体は大集団による『人柱』的な象徴とされる危険性が増してくる。 個人レベルにも、人類この方解決不能な難問をそのターゲット個人のみの「非難に相当するような」問題・欠点として置き換える場合も、その事によって、かかる問題を自分の属性の一部と認めず、自分自身から隔離する心理。 その様に、標的・対象に、問題のシンボルになってもらう事により、その標的・対象に、自分の直面できない影の自分を写した為に、自分の代わりに標的を責める事に拠って、自分地震の視野から隠した『影の自分』自身を所有放棄を試みる。即ち、標的が自分の外に居る限り、自分の影は実は自分の葛藤ではなく、標的のそれであると、いわばなすりつけが可能となる。


 盗撮・監視が止まないのも、本当は知りもしないターゲット・対象を誰からも水を注されずに、『ターゲットの人間性や、行動・言動』の一方的・主観的な『解釈・理由付け・ターゲット本人にはいわれの全く無い批判や誹謗中傷』を浴びせるのも、監視中のターゲットが自分の隠れた心の身代わりとなって目の前に居るからな訳で、しかも、盗撮であるのでターゲット本人に、例えば、「出鱈目を言うな!」等と怒って来られる事も無く、従って訂正される面倒も無く自分の解釈をターゲットになすりつけ続けていられる状態である。

 この『投影』する問題は必ずしも観察加担者個人の問題に限らず、より普遍的な、社会広範、またはその時代を象徴すr問題の根底的な次元のシンボルとさせる事に成功すれば、その社会全体が共通に持つ痛みの故に、かかる社会全体で共有した人柱となる事も可能であり、更に広範囲な問題の象徴としても利用され得る。


 〖*下記に触れる様な、最低次元の、意識の低い教養のかけらも無い『マッチポンプシナリオ』を提供した2-3人の北部加害者の一部は、以下の項目に触れる様な下らない内容に関して、可なり個人的なレベルで自分の心の問題(以下に上げる点)がある様ですので、擦り付けたい相手=嫉妬の対象であるターゲットへの攻撃用の『インチキシナリオ』に仕立て上げる事でターゲットに擦り付けていた者達の様ですので、請け負った方々は精査し直して下さい。それから公式文書になり得るかどうか再検討お願いします。病んだ頭が発想したシナリオをわざわざ読ませるのは必ずしも良いことではありませんので。というのも、"Seed for Thoughts"になってしまいかねないからです。マシだった人たちもその様な病的なシナリオを読んで、異常な発想が感染する事も多いですので。
 一握りの人たちの凄いシナリオを読んで(下記に触れたような項目を理由にターゲットを攻撃するというおかしなシナリオの事!)他の大勢を感染させる事の無い様に守りましょう。〗 
 
 〖**同時に、私が一切念頭になどない、一度もコメントですら、間接的にすら交流の無いある読者の方の中には、お一人、私が挙げる記事が皆目意味不明でも何ら驚くにあたりませんので、そういった際は、自分なんかに一切全く関係の無い記事である事に気づいてですね、いちいち反応して叩こうとする前に、自分と関係ないようであれば深読みしないで、これは個人的な内容の記事であり、関わった事の無い自分に宛てて書いてはいないという事、こっちがいちいち自分に向けて書いているなどと思わない事、等、学んで下さい。コメント一つの交流も無い相手の場合を申しております。一切の交流が無いので、その様な方の中で、わざわざ「一体これは何のことだろう?」と、いちいち自分の考に照らして詮索して驚かれては大変迷惑です。判らなければ、通過する事を学んでください。普通の健全な人のように!〗



 極端に無教養で低俗極まりない誹謗の例は、ターゲットが、『自己中心的である』、『愛が足ない』などである(だから自分達関わりの無いゴミが集団ストーカーをするという狂気である!)。 これを限られた標的だけに当てはめる精神的稚拙さに驚いた。  しかもほぼ面識も無い間柄からの投石である。 全くいわれが無いものでもあり、またこれらの批判を投げる立場にも間柄にも無い者らの言動である。  それは、標的特有の欠点だとはまともな者は考えない。全ての人が受けるに足りず、与えるに足りない中で、それが出来る事を求めて一生を旅する。 人は全てこれらの欠点を追って生まれ、誰もマスターしたものはいない。 口にするだけでもおぞましい批判である。また、誰が決して自己中心的では無いと断言できているか? これらの言及時点で幼稚なのである。 しかもそれを、自分達の『ターゲット』に一括して擦り付けるというのである。人類全ての問いなのであり、限られた、攻撃したい標的に擦り付け得ない人間全般への広大な課題である。何も知らないからこそこれらのおぞましい言及を難なく公言できるのである。少しでもこれらについて心の底まで戦った事がある大方の大人には決して口にも出さない普遍的な、また一生の課題ではなかっただろうか? これらの非難を受けるべきが、ひとえに『集団ストーカーのターゲット』のみの課題だ等とするインチキマッチポンプシナリオを作成した集団に可なりの精神的な未開さの問題がある。 心の貧困状態を代表する浅はかさである。知っているもの程これらの課題の大きさゆえに口にもしなかった事柄である。 ここまでの言及を被害者のみの肩に乗せるような未熟者は先が長い。 また、社会での成功・不成功の論にしても、私の知る限り、人類史上殆どの人間が、若き日の夢にたどり着かない。 しかし其処に何らかの美徳が』含まれているものである。それを見出すからこそ、多くの先人は心豊かに通過しているのである。其処から人間の深みを毎年積んでいるのである。何故、『集団ストーカーのターゲット』だけに、人生の夢に届かない不幸を特注したかのような言論をおこがましくも擦り付けたいのかが、問題である。 それを舌からと言って、自分たちが成功者になるわけではない。


参考記事: Abraham Lincoln

 しかもほぼ面識も無い間柄からの投石である。 全くいわれが無いものでもあり、またこれらの批判を投げる立場にも間柄にも無い者らの言動である。 


   また、嫉妬と羨望を隠蔽する為に作り上げた出鱈目としてあるところの、「特別扱いされて育ったから」なる「集団ストーカーを掛ける理由(!)」に付いて言えば、私の知る限り、人間の一生の間には、どうやらすべての人が一度は特別扱いをして貰い、また、羨まれる立場の季節が有り、また、すべての人が逆に理不尽な拒絶の季節をも経験している様である。 そういうものの様である。 これが自分が痛めつけようとしている『集団ストーカー・ターゲット』特有でもなく、また、例え特別そうであったとしても、それと、見知らぬゴミ者達が総出で『集団ストーキング』をする事とは一切関係の無い事であり、つじつまが合っていない。 また、「特別扱いを受けて育った」事が原因では決して愛する事が出来る出来ないとは、完全に別の問題であり、「野球のピッチャーに選ばれてばかりいたから、カレーライスを上手に作れない筈である。」と同じ様なこじつけである。 何故、どの様な事から、特別扱いを受けて育った人が「愛することを学ばない」となるのか?人は自分自身を健全に大切にし、愛せていない限り、人をも愛する事は出来ない。特別扱いされて考え得る危険性は、寧ろ逆に人にもそうしてあげ「過ぎる」傾向ではあっても、「愛せない人」になる要因とは一切の関わりが無い。

 どれも、一概に言えず、決め付けられず、誰をも裁く権利の無い内容ばかりです!

 
スポンサーサイト



編集 / 2010.12.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego