FC2ブログ
《少し改良》:『個性の差異』 by R.Sapolsky
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《動画・静止画》

改良部分あり!(少翻訳部分が判りやすくなった)! done on 10th August,2012




"25. Individual Difference"
『25. 個性の差異』


by Professor Robert Sapolsky,
Stanford Institute of Technology

http://www.youtube.com/watch?v=-PpDq1WUtAw



後程校正に来ます。



「([少し手前での説明から]:チベット僧に依ると神様の名前が90億あるらしく、その映画では、チベット僧と共同でコンピューターにその名前をインプットしている間に空の星が一つ消え始めた、という荒筋だったが、…(との話の流れの後)」→

[42:30-ish〜]

"...it is infinitely fractal knowledg to be attained,there are never going to go inadvertently explain everything.
「…謂わば我々が科学で追い付ける事は、全世界のほんの一握りに付いてだ、従って我々(科学者)は間違っても「全て」を説明しようとしているのではない。」

[42:34-ish〜]

A wonderful quote from a geneticist Holding, is when he came up with two brothers and eight cousins; 「遺伝子学者ホールディングが兄弟二人と従兄弟八人で来た時の、もう一つの名言は、」another one of these, when he once said「もう一つはというと」:
"Life is not only stranger than we imagine;
Life is stranger than we CAN imagine."
「人生は『小説よりも』奇なり、どころか
人生は人が『小説にし得ない程』奇である。
…と言っていた。」

Scientists are never going to inadvertently go&explain everything.
「科学者は決して迂濶にも「全て」を説明して回ってはいけない。」
The purpose of science is not to cure us of some sense of mystery; the purpose of science is to constantly reinvent it.
「科学の目的は我々の抱く「物事に付いての未知感」を治癒する事にあるのではありません、科学の目的は単に、たゆまず(結果を)再生「『改良」「改訂」)させ続けて行く事にあります。」
So that's one realm in which people are threatened by all the sorts of knowledge and where this is going in terms of describing of what makes us who we are. 「という事で、こうした事柄は、これらの全科学情報が、我々一人一人の、「自分はいったいだれなのか」と言う問いへ脅威を与えているわけですが、」
There is another realm not just that what happens to our sense of selfness「私達一人一人を自分ならしめている(「自己意識」)に影響を与えているもう一つの領域があります。」: Another realm of what the society do with this, what the society do as we get more and more 「もう一つな領域とは、社会が(科学知識を使って)もつ私達一人一人へ及ぼす影響力です。…」 in terms we understand more and more where gears are, where the controls are, where the challenges are, our sense of autonomy in agency, in people, what's going to happen in that point.「私達がそういった機器がどこにあって、コントロールしてるのがどこで、どのように挑戦してくるか、などについて
より理解していくことになった時点で、私達一人一人の持ってきた自律意識に一体何が起こるのか、です。」
What's clear is, if you are poor or poorly connected, you're screwed「はっきりしている事は、もし私達が(情報に)通じていなかったなら振り回されてしまう、という事です。」; because as more and more as these labels are given out, as just the excuses that's needed to deny you, of jobs, or a health care, in housing.「というのは、こうしたレッテル(精神疾患等)が続々と発表されて行くにつれ、その分だけ、よりあなた方を拒否(否定)する言い訳に使われるのが落ちだからです、仕事にも医療福祉にも、住宅問題にでもです。」
That's clearly is enormous danger with knowledge with this.
「これは、(精神心理に関する科学的)知識に関わる紛れもなく膨大な危険です。」



...To be continued:...
【続く】


前章で、昨今のこうしたレッテル作りが、単なる個人差や自分と異なる気質・性格に対しても、(相手を否定するように)ことごとくレッテルを作成し、それらをあたかも『科学的な裏付けのある(?)診断』のお墨付きの印象を付けて悪用されていく為に、一部の人間の単なる『傾向』や『趣向』にまで病名を付けて、排除や否定目的に乱用されている例が多い点に付いて触れている。その流れからの、科学者と名乗る者はもとより、我々が「科学」の役割が何かを、広く個々に点検し、後章に続くように、より科学的に精密な検証を行えば、こうした乱用が否定されて行き、むしろ、「精神的な健康」とは何かという問いに対する科学的な回答も、決して他人を否定する事が出来なくなる様なものになる可能性に言及されて行く。




スポンサーサイト



編集 / 2011.07.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego