FC2ブログ
「Not-過激」=標的&集スト再開
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
今の今現在も[動画は、カメラ準備開始により、他は速やかに静まり緊急車輌音とたまに発する犬位しか収められなかったが]これを書き始めて騒音・威嚇が激しくなった様に、…

昨日の記事で明言したところの:

《―私を:
・1 :『反ユダヤ』(or と同調)
・2 :『反アメリカ(リーダー格)』(or と同調)
・3 :『反(欧)王室』(or と同調)
・4 :『反皇室』(or と同調)
・5 :『(日本)国内の過激/異端/倒錯活動家に影響?感化?を受けている』
等々…?》

…等々では「ない(!)」から、集ストが再開ですか??

となると、私が上記の項目にある様な過激派・『反〇〇』ではない事が、攻撃の原因になるのですね…

  矛盾もはなはだしいですね。 「(どんな悪質な事が言われて居るかを)本人に知らせてはならない!」に決まっていますね-
自分達の嘘がばれるだけですから(!)。私が気が付いてはっきり明言する迄は、これらの項目の何れか(か、或いは全て)という理由で集団攻撃・抹殺が謀られ、気が付いて本人が語ると、今度はそれらの項目のどれでも無いのが理由で脅迫・威嚇が再開される…

  はっきり申しまして、我が家では私を、上記の様な『反〇〇』という謀反思想などを抱えて居心地の良くなるような必要は皆無で育てられて来ました。『現代のPost Modern(ヘリが襲来したのにカメラを何処においたっけ?))日本』が嫌なんだァ〜!私はもともと『能』ファン!英国でもよく思い出していた(!))(『文楽』は好きになれない))云わば私は『古典派』であり、『反「反古典・伝統派」』です。 『象牙の塔』に居た両親の大切な一人娘は、正統的で古典的な(=『オールド・オーダー』…あぁ…コレがモンダイ??)がどんどん崩れていた時代にあって、十代の頃から「(美術史上)必ず行ってみる!」と決意していた壮厳な伝統が頑固に残る英国へ飛んで行きしがみついてみた、というこの私が、何故いきなり『反〇〇』を抱く様になると思ったのでしょうね〜!)断片的なデータの掻き集めから間違ったパッチワーク[=patchworksは、あらゆる色&パターンの布切れを切断したり並べ変え、それらをら新たなパターンに従って縫い合わせる事に依って、本来の各布地パターンとは全く違った新たな一枚の絵柄や模様を造る布地の工芸。]を作ったから、作った作者の内面に帰依する『(人物)像(『像=イメージ』)』を、私にも社会にも押し付けて来ていた結果でしょう(!)。

  私の事を何も知らない輩達が、判らない情報を使い、俗悪なデータから、的外れな還元法でもって、自己投影混えて好き勝手なシナリオを構築し、ばら蒔き、洞察力・正統な教養ないタイプがそれに飛び付いて、集団リンチに持って行った…?



スポンサーサイト



編集 / 2011.12.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego