FC2ブログ
『既成観念』or『洗脳』?
カテゴリ: ◇My Journals : 【管理人のブツブツ】
『既成観念』or『洗脳』(?)、
Nay,これは「『洗脳』とは?」という問いより遥か以前にあったもの。それを『既製観念』と呼んでました。
そのあたりについての記事です。カルトの手法として、心理学を悪用したいわゆる『洗脳』よりより日常的な話でした。
その辺に関する…「ブツブツ」です・・・。


貴方/女の身近に、大雑把な既成観念に基いた『定形人格パターン』に基いてしか人間を観る事が出来ない様な人物は居ませんか?
意外と多いはずですが。

  「相手」の事などこれっぽっちも知らないくせに(知った気になってしまっている人です)、何かの既成観念で出来上がった『定形人格』に依って人間を観る、裁く...そうした非常に大雑把な既成観念を強引に周りの人間に被せて来て、知りもしないくせに相手や他の人間に対する自分の思い込みを一歩も譲らない、その事にいつまでも気付いてくれない。
  よくある事ですが、一番手を焼くのは、割と近い関係筋です。
古くから単に「知って」いる仲や親類(や、恐らく人数の多い家族ならその大家族ないでも?)に割とよく居るものなのかも知れない。

  とんだ思い違いをされ続けていて、それが相手の意識に厚く覆い被ったまま。
  はっきり説明をしようが、黙って放置しようが、一向に解決に向わない相手です。
  
  「生まれた時から」、「大昔から」、「小さい頃から」知っている積もりでいるが、何十年もの間、自分の頑な『思い込み』や『決めつけ』に確信があり過ぎ、相手が実際にどういう人なのかには決して気付いてくれていない。
  誤った確信を固持するので、い幾らでも驚くような『決めつけ』発言を投げて来るばかりなので、とんでもない事を言われ続ける- 驚きと深い傷、憤りが絶えない関係になる。典型的な例で言うと、特に(世界中共通=>)子供や甥・姪など、次世代に対し、何時までも小さな子供の頃の記憶のまま、そこから抜け出てくれない。その認識を手放せない。
  又は、そうした太古に親類縁者にこびり付いた『思い込み』は、気付いた時点では中々解けない。

  話を戻します…
  それが度を越して、もし、万が一、他の住民等々といったアカの他人に自分の見解を擦り込み思い込ませる等、他を総動員しての監視までしてその対象を自分の思い通りに動かしたいなら、一種の支配・征服欲だ。
  が、それに喜んで加担する者も、自分等も私への支配欲が共有出来そうな誘惑に乗ってしまう? 卑しい根性です。

  組織ハラスメントや町内会防犯パトロールと、だぶってずれる話ですが、… こうした『思い込み』『思い違い』は、ある程度の距離のある他人同士よりも、本来は割りと近い間柄や血縁に多いだろうとも思われる。
  「知っている(!)。」という誤った確信は、反面ではどこか似たもの同士であるのも否めない点が、思い込みに拍車を掛ける。

  時間が真実に機会を与え、覆いが一つ取り除かれても、そうした人達は、自分の長い長い間の思い違いを振り返る代わりに、私があたかも自分の気に入る様な事をしたという低級で卑しい満足(あたかも自分が気に入るように「させた」という妄想であり錯覚でもあり、実は『自己欺瞞』に過ぎないのだが)に陥るからか、自分が頑迷だったとは気付こうとはしてくれない人物というのが常に一握り居るものだ(ヨネ…!) 。

  [個人的に一寸、加害者側にいるかつての近親者について気分を害した点を、少し視点を変えて書いて置く事にした。]
スポンサーサイト



編集 / 2012.01.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego