FC2ブログ
『私』の『替え玉』が私の思って
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
[後日、転載記事を上げる予定です。その前に…]


『私』の『替え玉』が私の思ってもいない事等を書き捲っていた『なりすまし』は、居た気がしますが…

以前にも書いて、何一つ返答は得られませんでしたが、大雑把な思い込みから(例: 「この人はコレコレだから何々に付いては云々と思っているに【違いない】。(という法則化)」→次の瞬間は「この人は何々に付いては云々と思っている。」になってしまう。)勘違いされているのであれば、別ですが、 最近より確かに感じるのは、『誰か』が『私』としてなりすまし、可なり広範にミスリード活動をして来ていたのではないか、という可能性を考えます。
私になりすまして、勝手にその人物の発想で、私が思った事も無い思想や抱いた事も無い感情を書き捲っていませんでしたか??
それらと、2010年4月から初めて開始した私自身のブログと矛盾していませんか? (車輌ハラが来ましたネ!) 直ぐに何があったのかに気が付く筈なのに、嘘が浸透したこの社会では逆に本人を疑った?
一番良い例が今は浮かばないが、記憶にある中でも割と些細だが、例えばあたかも私が政治的な思想にこだわりでもあるかの様な発言をしたかのように(中庸だとか何とかetc.)小さな例に過ぎませんが。そんな話は私自身の脳裏にすらいちいちない観念。
あと日本文化の「全て(古典文化・ご飯のお膳迄?!)」は嫌っていません。
東洋でのキリスト教改宗の中には、本当にキリスト教信仰を持つ本質的な改心の信者と、単なる『文化改宗』を決める為のがあります。
【前者】は、当然文化改宗せざるを得ない部分もあり、また、個人レベルでの『好き嫌い』から、大半は文化改宗もしますから、文化改宗があるというだけではエセとは言えません。
但し【後者】の場合、信仰より文化改宗の徹底が第一の目的なため、特に一世代前に多いのが、敗戦後の西洋化を徹底させる一端で宗教を選んだ人達が戦後のあの時代に多かった様で、その心理的な摩擦を引きずった非クリの人達なら、クリスチャンと聞けば何もかもをこの後者として非難するのが「癖になっている」年輩も少なくありません。そうした背景を考慮に入れないと、誤って「クリスチャン=日本文化破棄思考」と思い違いをしかねなくなります。実は、異教に基礎を置く文化に従わないのはあるのですが、人まで否定しません。
(余談:私は『能』が好きなのですが、能とキリスト教信仰は妙に相性が良く、『クリスチャン能』がある位です。)
簡単にチャート表現すると:
〇【前者】本質的な改心によるキリスト教信仰を持ったクリスチャンにも、文化改宗の側面がそうでないより色濃く、中東や西洋「文化」への順応・偏向はある。(が、文化改変があるものが皆エセなのではありません。)
[信仰に文化的変化が付いて行く。その逆ではない。]異文化でも異教への妥協が強いられない限り、他の文化自体が害になるのではない (注釈: 誤解を避ける為に言えば、文化に付いて書いているが、それ以外に『慣習・ならわし』があり、それらの中には、信仰上異教信仰に基づく慣習が多い。各自で、それがキリスト教信仰と確実な矛盾がある場合、「文化の否定」ではなく、「異教信仰に基づく習わしへ迎合しない」個人レベルの態度もある。これは他の文化を否定する為の「デモンストレーション」ではなくして、あくまでも、個人の信仰レベルに於ての信仰の純潔を守る必要だけから来る)。
反対に、
【後者】(敗戦後に顕著だった)西洋文化改宗を徹底させるのが主体の態度であり、その一端としてのキリスト教改宗があった場合があり、これが、徹底的な日本文化拒否を表す。

(確かに車輌ハラがグツグツ・イライラ・ジリジリとその辺で動き出しますネ…!)


この『なりすまし/替え玉』を疑うもうひとつの理由が、私の持つ傾向ではない事(の一つ)を、なんとなく殊更に、逆に私の「やりがちな」傾向と先走って決めつけた対応だらけな点です。
私が自分のブログを始めたのが2010年4月で、その頃転載したりプリントした〇チャンネルは、どれもGoogleの検索から出て来たキャッシュ等で、「正式に(?)」入口(?)を教えて貰えて、そこからお邪魔始めたのは、(調べないと違っているかも知れないが)確か去年の始めか、早くてもブログを始めて半年位は経っていた位の頃の事ですが、気が付くとあちこちでは…実はそういった掲示板だけではなく、他人のブロクコメントでさえ同じ疑いをかけられたのですが、あたかも私がそうした掲示板等に、飛び付いては暴れ連投等したかの様な言い掛かりや防衛があったからなのですが、それらから察するに、私が未だ知らない頃に私と思わせる連投等で、私自身が持ってもいない思想や抱いてもいない感情等、なりすまして書き捲られていなかったか、の疑いです。 そこから、私ではない全く別の人格が私に対して抱かれている。…それがあるとCommunication Breakdown が起きます。(ちなみに、現在でも、私が尋ね始めるブロクでは直ぐ様「荒らし(?)(いきなり誰かが可なりの愚かさを示す内容で乱
投を始めに来る様子。どれも似通っているので、同人物が百様に名前を変えて荒らすのかもしれない。そのHNや内容は、どこかしら私の実名に響きを似せる事が多いが、氏名等具体的で全く違う場合もあるが、私の方でもう他のブロクへ親しく訪ねたくなくなるのは確か。)


(今も車輌ハラがグツグツ・イライラ・ジリジリとその辺で動き出しましたネ…!)
私はブログを2010年4月に理由があって始め、他は最近書き込みをチェックする悪い癖が増えて居ますが、基本的に、信仰上の理由もあるので、出来るだけ古い「インターネットが中心にならない」生活スタイルに満足していますので、書き込みをチェックするようになってしまった分、自分本来のペースを失わないように注意はしている。が、決して、いい歳こいて掲示板やコメント欄に連投は、そうそう続きません。大体にして私はインターネット自体本来の人間関係奪取システムだと思っています。

インターネットで文献を検索したり買い物したりは便利で好きですが、communication用には使い慣れませんね。 自分の『スタイル』ではないし、自分のスタイルでない事は、甚だ大義でいつまでもしていられるものでありません。馬鹿ばかしいと思いつつついやってしまうのは、『数独』『カックロ』 そして 『スリリン』位で、一度は全て、やりかけのを全部ゴミ箱へ投げたが、それはくしくも週末で、燃えるゴミは月曜日ですが、週末それらのパズル本は、思った通り、また、ゴミ箱から机上へと舞い戻りました。その上、スリリンは全部終わってしまった為、また二冊amazonから買い、それらも終わったので、椅子の下に隠して置いた数独が舞い戻っています。
スポンサーサイト



編集 / 2012.02.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego