FC2ブログ
気になる書き込み《転載》×2+a
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》

ここにあった部分は、記事の最後尾へ移動致しました。  ―2012年3月4日記


ところで、以下は、編集中であった《スレッド転載》2件です。

以下の転載から、
『なりすまし(恐らくネト〇ヨと呼ばれる者の様な人格がなりすましていた?!)』の人格をターゲットのものと思わせたり、
自分が私に言った事を、陰ではひっくり返して私が言った話にされていたり、
書き込みでは以下の転載さえ触れられている様に、『自己投影』し、現在でも
自分の露にした弱点を逆にターゲットに擦り付け、摩り替え、陰湿に悪評流布をする等、後を絶ちません。




*以下の、太字、色字、「××」、「{略}」、「××××』 = 管理人による。



《転載 その1》

4:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2011/08/25(木) 20:26:18.03ID:JeTrcx0s
「問題が起きると他人を恨む」


16:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2011/08/25(木) 20:28:04.17ID:xxadsjtD
これぞ××人の様式美www


自分の欠点を他人にすりかえる方法のやつやw

29:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2011/08/25(木) 20:29:08.92ID:W4qG0UID
××人の他人を非難する言葉はいつも自己紹介w

{略}

97:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2011/08/25(木) 20:37:28.59ID:/7QBZmhE
問題があると他人を恨む日本文化

島国根性のことだね
正直日本人の自分でも日本は精神的に未熟で住みにくい

283:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん:2011/08/25(木) 20:53:34.46ID:RrAej9c7
自分で問題作って他人を恨む民族・・{略}・




《転載 その2》
▽243 : 名無しさんの主張 :2010/07/06(火) 08:17:21 ID:??? ID抽出 [150/232回発言]
1 ××調査活動を長く行う(場合によっては予算対策)のために犯罪事実がないような人を対象に(ターゲット)に選ぶ。対象者に周囲で対象者にネガティブ(否定的・マイナスになるような)調査活動をする。活動段階として次のような段階がある。

第一段階 尾行調査の段階(この段階では対象者は自分がターゲットになっていることに気づかない)

第二段階 ネガティブ情報を流したりほのめかしなどの嫌がらせを執拗にくりかえす。周囲との分断工作をする。そうしてその人間の実力を計る。(この段階で対象者は周囲の異変に気づく、場合によってはどこかに書き込みをされる可能性もある。)

第三段階 薬物や機材の実験、(調査?)手法の研究をする。(この段階で対象者は公安上の危険人物に祭り上げられる。-都道府県を巻き込んだ調査をする。)

第四段階 対象者を犯人に見せかけての××××官のやりたい放題の犯罪が行なわれる。

446:ななしのいるせいかつ:2012/03/01(木) 06:29:16.41
被害者周辺宅からの電磁波照射を含めて、24時間の監視に留まらない身体的・精神的嫌がらせ、ガスライティングの目的のひとつは、ターゲットを「パニック状態」に陥らせること。
「いい加減にしてください!」「なんなんですか!」などと叫ばせたり喧嘩になるよう仕向け、そこを録音や録画。
撮影したらYouTubeやニコニコ動画にアップなどして大量に拡げる。

それによって社会的信用を失墜させる。
まさに騒音おばさん事件(あれも集団ストーカー事件と言われている)を狙っている。

YouTubeなどへのプライバシー侵害動画流出などさせる中には、
一般人のフリをしてカネをもらっているプロ市民や何らかの組織の市民協力者が相当数いる。
ネット上の「祭り」「炎上」もそう。
そういった投稿者やその素性を調べれば分かるわかることだと思う。

これをやる役目は、日頃から家で工作員をやってるようなプロ市民家庭の若手中堅が多い。
何をやっても立場が危うくならない家や職業であることが多いはず。

447:ななしのいるせいかつ:2012/03/01(木) 07:25:51.56
騒音おばさんの被害と、こちらの身近でみた被害で場所も全く違いながらも共通しているものはたくさんあるが、
そのひとつが「就寝中に窓の外などからライトを照射し、睡眠を妨害する」

正しいとは言えないことをしながらなぜか周囲が容認、味方、示し合わせているのも同じ。

電磁波もそうだがライト照射も証拠が取りにくく、
言い出せば「そんなことするわけがない。おかしいんじゃないか」と
彼女側の作り話とする筋書きだったのではないかと思う。

<stron>そしておばさん側に「家庭内に病気や障害など立場の弱い人間がいる」ところも同じような感じだった。

加害者側の態度やプライバシー侵害の情報拡散に対しては何のおとがめもなく、
彼らを違反投稿通報する人間などもいないこと。


なんらかの非公式組織などの関係者が関与している可能性は高いと思う。
非公式組織やそのネットワークには情報操作の役目をするものがあり、
情報操作という仕事自体は諜報機関や特定事業運営機関などの工作活動の一環にもある。

448:ななしのいるせいかつ:2012/03/01(木) 07:51:17.59
加害側は拷問しても絶対しゃべらない
簡単ではなくとても強烈な洗脳下にある


449:ななしのいるせいかつ:2012/03/01(木) 08:35:19.90
うん、よく分かる気はする。
自分も彼らが洗脳されているのを肌で感じてきた。
ひとりひとりの背景、所属やポジションが違っても、
彼らは何らかの力で洗脳、少なくとも恐怖や集団心理に操作されている状態にあるのはよく分かった。

そのようなことをしてきた連中は本当に罪深い。

この状態は被害者側だけでなく、多くの加害者にとっても、国にとっても不幸だ。
なおのことなんとかせねばならない。

内外のいろいろなニュースや国や行政の施策といったものと、
この被害は深く関わっている。
別々の案件同士が実は同じところに繋がっていることはかなり多い。

450:ななしのいるせいかつ:2012/03/01(木) 09:11:55.82
まあ常に加害者たちの洗脳が解けないよう画策して目を光らせている奴らがいるからなんだけどね。
何事もなくなれば人は我に帰るし喋りだすと思う。
組織や、加害者側のこういう奴らが鍵を握っている。


スポンサーサイト



編集 / 2012.03.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego