FC2ブログ
110番通報をする度に,誤解されていた?[微妙な校正あり:06/March]
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
  帰国直後から、少なくとも、私の記憶では昔なら考えられなかった様な迷惑行為や、微細だが執拗に不快感を与える行為等が激しくなり過ぎていて、身近な人物に「こんな時はどういう所に相談する仕組なのか?」等と相談しても「わからないなぁ…」ばかりだったので、私は生まれて初めて警察署というモノへ電話してみた。
  その後、余り不審行動や執拗な嫌がらせ、また、真夜中に敷地に入られたりと頻繁になり、門や塀を(塀は既に縦に切れ目迄入れられていた-特殊機材が必要)新しくし、時には警察へ相談したり110を回し、来て貰う事が増える様になりました。

 大抵は(「必要とされた場合」の意)、玄関に来て状況を聞いて貰えています。

 ただ、その間に増える通行人達(絶対に『野次馬』ではない私でさえ、逆の立場なら気になるので解る範囲で解りますが)、
おかしいと最初から感じていたのが、
実はそうした通行人や野次馬が、私に対して向けて来るる表情なのです。
それが「心配している」様子というよりは
「嘲った」表情で楽しそうに通過しに来る、」ので、おかしいな、と引っ掛かって居ました。
(近隣の住人としては、他人ごとではない側面があるのですから、悠長にあざけってもいられない面もあるはずでしょうが…。)

 先日も、門に貼って置いた「(セールス・勧誘etc.)の立ち入り一切お断り!」と書いた張り紙にも関わらず、玄関迄来て、2度ベルを鳴らしたセールス・勧誘?の人物(はっきり話さず聞き取り難い人物だったのも変だと思う原因でもあり)直ぐに断ると、割とすんなりと玄関から出てくれた筈が、門から先へ行かずに立ち止まり、こちら側をジッと見て、またゆっくり戻り始めたところで、慌てて110。
 あんなに大柄で好感を与えない(外回り専門らしくない)男に戻られても困り、急いで電話を掴んだ。

 以前、玄関を去ってから我が家の庭木の陰に隠れたまま、長くジッと木陰からこちらの様子を伺う者がいて警察に来て貰えた事があったので…。

 今回も、交番が早くに到着してくれ、何時も通り玄関で説明を聞きに来て、私の名前等メモして行った。


 ところが、「今迄は」全く気に掛からなかったのだが、
集まって来る通行人達の表情が、今回もはっきり言って、私を心配しているというよりは、嘲った様子に近いのです。

振り返ると、何時もそうでした。

 私はと言うと、余りにも何時もの事なので、そういう人達なのだろう(心配より浅い好奇心が優先するタイプなのだろう)と、軽く捉えて来た。

 振り返ると、実は一番最初は戸惑いましたが、その後毎回常にそうだった為、時代が悪いの一言で処理していた。


 ところが、ひょっとして、
今までに「不審人物」や「嫌がらせ」で警察に電話をし、来て貰ったあの全てが、
まさか我が家へ見に来ては嘲った表情をされていた理由は、

 まさか、
「 【私が】悪い事でもして、
  警察が、
  【私を】事情聴取でもしていたかの様な、

事実を 裏返しにされていませんでしたか?


-【私が】不審人物や嫌がらせに遭ったから、警察に来て「貰った」のに、

あたかも、

-【私が】「何か」の『嫌疑』で、警察に来「られた」、と、


 全て、警察を呼んだ度に、
実際にあった事の【裏返し】に解釈され続けていたのではないでしょうか????


 故意か、周囲の認識が腐ってしまって何でも裏返しに感じてしまっているか、どちらかと思われますが、

 はっきり言って置きます: 全て、私が、不審人物や嫌がらせの受け手で警察へ相談或いは110で、来て頂いたものばかりです。

 我が家は、警察に、【(嫌疑で)来られる】様な、悪いおかしな家庭ではありません。


―ところで、もしかして過去に、まるで【私が】何か近所を回って悪い事でもしたかの様な事になっていませんでしたか?
若しくは、故意に「偽通報」されませんでしたか?

振り返ってまさかと考え始めています。

 そうである場合、一体この私が、どんなアホな事をわざわざした事になっているか、私本人に教えて貰えませんか?

…各所に聞いた範囲では、その様な話は一切無いそうで…。


…事実確認が出来て解決したのなら、良いですが、私が 「する訳がナイダロウ!」



  ついでに、自分の書き込みのドラフト(抜粋して書き込んだ)を、コピーして貼って置きます。
近所・地域関係なので。



兎に角、事実無根過ぎたかけ離れたアイデアが流布されている気配で…

◇◆◇貼り付け開始◇◆◇


▽先程我が家の周囲の雪かきをしていたら、とても親切で優しそうな御老人が親切に声をかけて下さいました。が、私の事をこの家の住人だとは思っていなかった御様子で、何処か遠くからわざわざ来て我が家の周囲の雪かきをしていると御思いでした。

この家の住人に関して、可なり湾曲された悪質な風評被害と、それに因る事実とかけ離れたイメージが知らぬ間に根付いて居そうです。

また、もし私が外部からの者であった場合、一体どんな会話展開になっていたのだろう、と思うとゾッと致します。

家に来る方々に、私に隠れて会話が始まるのは、嫌なものです。


追伸:
こんなに風評被害による偽りの情報と、それに因って形成された我が家の住人に付いての悪質なイメージが今まで延々と維持されて来ていたと思うと、酷いなと思います。地域社会の腐敗部分に生で触れる思いであります。

こういう理由(私とちゃんと会って普通に接すれば嘘がバレる)から、[風評捏造者は]より私を孤立させて置く必要があるのでしょう。


同時に、幾つかのこうした経験から、盗撮は極限られた人員に依るもので、他の大勢はただ聞かされるだけの立場であり、そ(れら)の盗撮犯が、近所か何かのレベルで完璧に出鱈目な話に摩り替えた内容を垂れ流すのだろうと察します。


私個人の考察に限りますが、盗撮はピンからキリまでの階級(?)/Branchで可能で、ピンは世界レベルのナントカから、国内外政界関係/研究機関/ジャーナリズム界/等から、キリは近所のキチガイ等だと御見受けしている段階です。この、一番最後のカテゴリーが一番『癌』だと感じます。

◇◆◇貼り付け終了◇◆◇


スポンサーサイト



編集 / 2012.03.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego