FC2ブログ
《加筆》『孤独死』防止のための企画が『一人暮らし』者の孤独を維持するアイデアである矛盾に付いて
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》

【15分以上前に出したのに、また行方不明になったかもしれないので、再送信する(!)】

「『孤独死』をなくす」ための、『見守り推進委員会』というものが考案されていると最近聞き付けた。
それに依ると、近所等周りが、一人暮らしの老人【等】を対象にした『見守り活動』をする、その組織ならない組織活動であり、
その一端として周囲が外から
・最近姿を見かけない
・夜間、電気が点灯しているか
・カーテンが開閉されているか
・新聞、郵便物がたまっていないか
・ゴミ出しが行われているか
等、何か異変に気づいたら委員に連絡する、という呼びかけである。


これは正に言われている通り「『孤独』死防止」が大義名分。

ところがその企画は、周囲が上記の箇条書きにある様な点等を注意深く観察したり、気づいた事や「キャッチした情報」は「一人で抱え込まず」委員などに連絡することが勧められるが、
孤独死の防止にも関わらず、一人暮らしの見守り対象者(老人)へ直接声をかけて確認してあげる等の関係づくりは推進されておらず、殆ど全ての交流は委員会内での頻繁な情報交換等で大部分が成立されている様で、そこには、一人暮らしの『見守り』対象者への本質的な思いやりや、正にその方々の『孤独…』の防止や解決に直接応える事の出来るところである、親切な交流や会話等の人間関係作りには一際言及されておらず、代わりに郵便受けや窓(カーテン等)やゴミ出し状態をもっぱら熱心に(ソッと)「監視/観察」するばかりの企画に見受けられる。

 しかも、掲示板に一度書きましたが、上記(箇条書き5項目)の様な『異変』に気が付いた時には、もう手遅れです。
そのような場合には、悠長に委員会に連絡などするのではなく、先ず直接そのお宅へ接触し、通報すべき所へ通報しなければならないのではないのですか...?


さらに、切り抜き記事の中には、老人(や障害者)の一人暮らしに限らず、より若い世代の『孤独死』が極低い割合ではあっても発生している事実に触れ、要するに一人暮らしを監視する雰囲気を臭わせる。しかも、監視される対象への確認や直接的な会話を一際交えずに、「気づいた事・キャッチした情報を『一人で抱え込まずに』委員会に連絡する」など、新たな『集団/赤の他人ストーカー』の再燃に繋がり兼ねない。たまたま一人暮らしであったが為に勝手に一方的に『見守り(プッ)』対象にされて居ても気付かず、しかもこっちが勝手に「好きでしている事・しない事」の数々を、一方的な『監視/観察』で勘違いされたり深読みや邪推されては、こっちの全く知らないうちに「一人で抱え込まずに見守り委員会へ報告」されて、知らないうちに見守りリストに入れられたり、勝手な解説をつけられたおかしな情報が上部へ上がり、上からは対処法(&マニュアル?)が末端へ降りて来て、何でもないこっちの勝手な生活が問題ありな対象としてヘンテコな見守りアイデアでもって集団で一方的に『見
守り』されている気配にこっちが気付いたら、またこっちは「なんですか?何かあったんですか?」と誰かに訊かずには気味が悪くなるでしょうし、訊かれた末端も自分ではどう返答して良いか自分では決められず、誤魔化したり黙りこくったり、裏でペチャクチャになる。それがよりこっちには陰湿に映るのであり、直接的な会話が無くなり、相互誤解が深刻化する…



 もし万一何かの異変ではないかと気になる事があったなら、必ず当人にまずは確認してみて貰う必要がある。



注:[もし、この記事が原因で新たな『騒音/ガスライティング etc.ハラスメント』等が始まったら、どこかの部署でこの『見守り』企画を、正にここで書いた問題点を造り上げる為に利用する策謀があり、その点を指摘された事に対する報復威嚇と受け取らずにいられないところです。

 既に、一人暮らしでゴミが毎回溜らない事もあり敢えて出さない日がある我が家では、ウチでゴミを出さなかった日に出されるゴミ回収員の奇声に嫌な思いをさせられ続けて居ます。だからといってわざわざゴミを十分に作って週5日毎日無くても出す積もりにはなりませんので、誰が私のゴミ出しを監視しているのかは知りませんが、過剰干渉は止めて下さい。]
スポンサーサイト



編集 / 2012.04.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego