FC2ブログ
〈改訳版〉【過去記事より】"Attack Methods"[『集スト』が頻繁に使うターゲット追い詰め方法]邦訳
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《転載》
--------------------------------------------------------------------------------
以前アップしたことのある
海外被害者による資料の一部ですが、
邦訳いたしましたので、『復習』を兼ねて再投稿いたします
〈改訳=2012年9月9日22:12〉:
--------------------------------------------------------------------------------



Attack Methods:

What are some techniques used against targets?
A few of the most common techniques are listed below.
ターゲットに対して用いられている(攻撃)テクニックにはどのようものがあるだろうか?
その中でも最も頻繁に用いられているテクニックの幾つかを以下に紹介しよう。



a) Classical conditioning.
a) 従来型の条件付け


Getting a Targeted Individual sensitized to an everyday stimuli.
The targeted individual over a period of months, or even years is negatively sensitized to an
everyday stimuli, which is then used to harass them.
It’s used out in public to let them know they are constantly being harassed and monitored.
Some examples of everyday stimulus that might be used include:
sounds, colors, patterns, actions. Eg. Red, white, yellow, strips, pens clicking, key jangling,
loud coughing, loud whistling,? loud smacking of clapping of hands together, cell phones,
laptops, etc.

  日常的に起こって居る刺激に対して過敏にさせる。
ターゲットは、何か月、時には何年もかけて極日常的な刺激に対してネガティヴな意味で過敏にさせられていき、後にその刺激を用いたハラスメントが始まる。
  こうした刺激を、公共の場(公共の目に付く状況下で)仕掛けることによって、ターゲットが恒常的にハラスメントされ、またモニターされている、という事に気付かせようとする。

この様な日常的な刺激の中には、以下のようなものがある:
音・色・模様・動作、例えば:赤・白・黄色・ストライプ・[注釈:海外で頻繁に知られている例⇒]ペンを鳴らす音・大きな口笛・強く手を叩く音・携帯やラップトップの音、etc.



b) 24/7 Surveillance
24/7(=毎日24時間体制の) 監視


 This will involve flagging and following the target everywhere they go.
Learning about the target. Where they shop, work, play, who their friends and family are.
  Getting close to the target, moving into the community or apartment where they live,
across the street.
  Monitoring the targets phone, house, and computer activity.
b)


  これは、ターゲットの行くところどこででも気が付かせ、追っていくという活動を含む。

  ターゲット自身に付いての調査・どこで買い物をするか・職場に付いて・遊び時間に付いて・友人、家族は誰か。
  ターゲットに接近する。ターゲットが属する地域や、住んでいるマンション、また近くへ移住して来る。
  ターゲットの電話、室内、PC等の盗聴、



Surveillance Policy.  
http://www.newport.gov.uk/stellent/groups/public/documents/policies_and_procedures/n_039963.pdf

c) Isolation of said target.  
c) 特定ターゲットの孤立化


  This is done via reports.
The flagging is meant to warn the community, but they act as little more than slander
campaigns.
 They present a one sided assessment of the targets behavior and activity.
The target is never allowed to tell their side of the story or to clear their name.
This one sided assessment can include
false reports, lies, and legitimate incidents where the target was set up.


   これは、レポート(広報)によって行われる。
後ろ指を指すのは、地域住民を警戒させるためであるが、実質的には噂流布に毛が生えた程度の事で足りている。
   彼らは、単に一方的な判断による悪評によって、ターゲットの『態度』、『活動内容』に関して流す。
   ターゲットは決して、自分の側の話を聞いて貰えず、また、汚名を晴らさせては貰えない。
   この、一方的な判断による悪評には、:
偽証・嘘話(デマ)・また、ターゲットをはめることによって(あたかもターゲットが起こしたように報告される)造られた事件で、実はターゲットに正当性のある情報、などが含まれる。

Eg. People in the targets community are told that the target is crazy, dangerous, a thief,
into drugs, a prostitute, pedophile, in trouble for something, needs to be watched.
This very flagging in and of itself is capable of creating paranoia, and false interpretation
of everyday incidents.
   例: ターゲットを取り巻く地域の住民は、以下のように聞かされる:
ターゲットが、 
  精神病である・危険である・泥棒である・麻薬をやっている・娼婦である・小児性愛者(変態)である・何かの問題に巻き込まれている・監視が必要な人物である、など
と聞かされる。
  こうした後ろ指だけで十分に妄想を引き起こし、日常的なことも誤って解釈し合うようになる。

Files will even be produced on the target.
It’s been shown that community notifications of any kind can and do create a sense of
paranoia within a community.??


 ターゲットに付いてのファイル資料まで用意されてしまう。
  こうした地域的な認知の活動は、ターゲットに対する地域レベルの妄想を引き起こしうるし、実際に引き起こしているという事は、確認されている。

スポンサーサイト



編集 / 2012.09.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego