FC2ブログ
[転載]『ネットイナゴの狂気と病巣』
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫
【転載記事】
『ネットイナゴの狂気と病巣』
匿名掲示板ユーザーの偏執的行動 - ネットイナゴの狂気と病巣 - livedoor Wiki(ウィキ)



匿名掲示板ユーザーの偏執的行動


匿名掲示板ユーザーの異常者特有の偏執的行動の具体的な例
「今日は車でコンビニにビールを買いに行った」と掲載されたブログ記事に対して→匿名掲示板ユーザー「こいつは飲酒運転だ通報しろ」
といった非常に主観的かつ短絡的な法解釈をこじつけ攻撃材料にする。
正しいかどうかより、自分達が気に入るか気に食わないか、が基準
スレッドの最初の100レスぐらいで大体の方針(リンチするか擁護するか)が決まり、後はその方針通りに進行していく。反対意見はどんなに優れていようが、敵対者として攻撃する

このような匿名掲示板の利用者の(精神)年齢層は低く、「ゲーム」として個人情報晒しと中傷、電凸と呼ばれる迷惑電話や一方的で理不尽な謝罪強要を楽しんでいる層
リアルから虐げられた低所得者が復讐として謝罪要求による支配欲の発露、ネットリンチで得られる一体感と達成感を求める。

日本人の民度そのものに根ざした陰湿性と排他性が顕著な2ch文化。
島国社会、村宇宙の儒教意識で集団で個人の過去をしつこく何十年もほじくり返す。
閉鎖的なコミュニティでヒステリーや狂気が密度を増していくと、どういった怪物が生まれるかということは2chという社会の地下で見ることができます。

ネットイナゴの幼態である社会不適応者に居場所を与えて開き直らせてしまった2chの罪はとてつもなく重い。
そして狂ってるのはこうした下層だけではない。
むしろ致命的作用として「逃避」と「発散」が主たる用途であるネットコミュニティでは普通に生きてる日本人の野蛮性をむき出しにしてしまう。
そしてその「野蛮の文化」の中で育った子供達がどうなるか。
ネットの狂気は、すでに実社会が侵し始めている。


2chチンピラに絡まれたときの対策
まず言葉で対抗しない

相手はどうしようもないチンピラです。やってることは強盗・山賊と一緒なわけですが
とっかかりとしてわざとぶつかってきて文句を言います。仮に後ろからぶつかってこられても
「お前がボーっと歩いてるからぶつかったんだコラ」など、いくらでも責任を押し付け、金品などを要求してくるでしょう。つまり、相手の投げかけてくる言葉に対して返答してはいけません。
論理的に対抗しようとするほどチンピラにとっては好都合です。勝手に無実の罪をおわせて、謝罪要求するネットヤクザに過ぎません。そのまま110番で警察もしく弁護士に連絡して名誉毀損で刑事告訴しましょう。


ネットイナゴ=悪霊の本質

スウェデンボルグの解説から抜粋


そこで、私が見てきた悪霊の本質を述べてから話を進めよう。 悪霊は、善とは何かを理解している。
しかし、悪とは何かをまったく理解していない。
彼らは、霊にも人間にもさまざまな悪事をするが、それが悪事だとはまったく思っていないのだ。
なぜなら、彼らは悪なるものが存在していることさえ気づいていないからだ。
彼らは善とは何かを知っていると言ったが、彼らの善とは、実は悪なのだ。
たとえば、他人を支配するのが好きだとか、他人の嘆きを見て喜ぶといった心情を、 霊になっても浄化しきれていない霊がある。
その霊にとっては、他の霊や人間を苦しめることは嬉しいこと、喜ばしいことである。 そして、自分にとって嬉しいこと、喜ばしいことが、彼らの善なのだ。
彼らの中では善悪が逆転している。 このような形で善を理解している彼らに、悪などは当然存在しないことになる。
人間を苦しめることは、彼らにとっては嬉しいこと、喜ばしいことであり、 それが彼らの善なのであって、悪ではないのである。

このような本質を持つ悪霊の本性は、さまざまな不幸を人間にもたらして、 人間を破壊することにある。
この世にいろいろなタイプの悪人がいるのと 同様に、悪霊にもいろいろなタイプがある。
なかでも、もっとも凶悪で、大きな不幸や災難、苦しみを人間に与えるのは、 復讐の悪霊というべきタイプである。
この世の人間に対して復讐の念を 燃やす悪霊は実に多い。
復讐心は、普通の人間の世界では、公然と口にしたり、行動に移したりするのは許されていない。
それだけに、人間だったときの彼らの心の中に積もり 積もって、それが霊界に行っても浄化されないためかもしれない。
彼らは復讐のことを“喜び”と呼んでいるくらいだ。

彼らに見舞われた人間は 不幸のどん底に落とされる。彼らはさまざまな手を使って復讐の喜びを果たすが、 対象にした人間をひどい病気にして、その身体を破壊するぐらいでは 満足しない。
その人間の心まで狂わせて、愚行や悪行を行なわせる。
彼らは悪のテクニックにも長けているので、最初は善霊のような顔をして 近づいてくる。
私も、善霊だと思ってつき合っていた霊が復讐の霊だったと 知ったときには、彼らの詐術の巧みさにびっくりした経験がある。
霊の世界で聞いたところでは、彼らは集団をつくって行動しているという。
復讐の念に燃える悪霊は数えきれないほどいる。
だから彼らは、自分たちだけの団体をつくっているというわけだ。
彼らの団体の内部統制はしっかりしていて、同じ団体の者どうしでは互いに 傷つけ合うことはないのだという。

悪霊の特徴は、さまざまなテクニックを使うことである。
悪霊がやってくるときには、地獄の光景とでもいうべき恐ろしいビジョンが 見えてきたりする。
しかし、これは比較的単純な悪霊の場合で、たいていは少し悪知恵があり、 美しいビジョンを見せて人間を誘う。
(略)
悪霊はこのほかにも、恐怖のビジョンを自在につくり出して、恐怖に おののかせたあとで、自分の思うとおりに人間を操ろうとする。
また、恐怖だけでなく、人の心をかき乱すことで人間を不安にしたり、 逆に信じ込ませて安心させたりして、人間を自由に操ろうとする。
彼らはそれを、類いまれな演技力や創作能力を使って行なう。
彼らの演技力や創作能力には、どんな名優も劇作家もかなうものではない。 彼らは人間にはない才能を持っているからだ。
彼らの演技力や創作能力の中でも、特に目立つのはウソやでっち上げを 自由自在に行なうことである。
彼らは、あることないことをまことしやかに でっち上げ、それを真実らしく語る

2chネットイナゴが行った残虐行為・ネット陵辱の被害者証言まとめ

・男は全員2chネラーにチェーンソーでずたずたに切られて殺された。
・女性は全員2chネラーに強姦された後に殺された。
・幼児は岩にたたきつけられたり汚物槽に生きたまま落とされた。
・2chネラーは乳房や男性器を切り落とし部位ごとに整理して積み上げた。
・母親は助かりたかったら代わりに自分の子どもを殺すよう命じられた。
・妊娠後期の妻が夫の眼前で腹を割かれ,夫は「ほら,こいつを食え」と胎児を顔に押し付けられた。



>
スポンサーサイト



編集 / 2012.09.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego