FC2ブログ
「荒らし(?)」に付いて
カテゴリ: ◇携帯投稿用一時保管庫

先週下書きをした記事です。


[未校正]

匿名掲示板は、お互いに知っている仲(や、二次的にそうなった常連)で進行させている人達自身にとっては余り気にならないのかも知れませんが、読んで居ると、そこにいきなり殴り込んで攻撃する者が一時的に現れて荒らし、スッと消え去る…(どうもこういうパターンがあります)、その発言内容は、強く印象に残されてしまいがちです。

最近になって、ひょっとしてその一部は「アクセス数稼ぎ」とか「書き込みを促す為の『サクラ』」かも知れない、と思う事もありますが、そうと知っているのは、仲間内だけで、その他の数知れないROM読者は恐らく私同様にその殴り込み者の発言内容に対して(仲間内で流しているだけなのが明瞭な場合は読者も流して読むだけでしょうが)より集中して読み込みしてしまいがちです。

注目を引き兼ねない「殴り込みとの抗戦」が、私のROM先では、必ずと言って良い頻度で起こります。また、そうした『殴り込み』の荒らしが自分のアイデンティティーをそれとなく織り混ぜる事に依って人物特定を促す時は、8割方が私に付いてと思われる個人情報(真偽共々)とだぶる為、故意に私への印象操作やなりすましによる名誉毀損を狙った潰し工作ではないか、と勘繰らない方が却って難しいレベルで頻繁に起こります。

案の定、必ずそうした荒れた書き込みは読まれている様で、しかも断片的にしか読まず分析も出鱈目な無責任な立場のROM専読者が事実から完全に逸脱した誤解をしている為、反感を表す為に一言、また一言と、事情も知らない読者が他の読者をより誤解へ引き込み、なりすまされ、荒らしの目的通りに狙った特定人物や特定人物像に結びつけて批判を増やすので、
成り済ましをされ、人物像を歪められ、一般レベルからの誤解が増幅され、…実生活にまで支障をきたし、知人が本当に騙されて来たたきらいがあり、人間関係が破壊され、成り済ましや荒らしが私自身が思っても感じてもいない事を巻くし立て続ける事で、内容を大事な関係者の心に刷り込む様にあちこちで繰り返す為、由縁のない批判や攻撃を浴びる様にもなる…
特に、私自身が軽く他愛の無いふざけた感じの書き込みをしてしまった直後に、成り済ましの荒らしが激しくなる傾向もあり、具体的に「(今日は・今月はetc.)私は書いて居ません」と明言し難くもされたり、可なり狡猾になって居ます。

それは、どんなジャンルにROM(継続的に)しても同じタイプの『(荒らし)演出』が使われるため、より「またあの同一人物に違いない!」と、誤解が深まるというカラクリ(?)です。


よく「スルー」と言いますが、私の場合、スルーすると余計加害者にとって都合が良いらしく余計ヤリまくられる傾向があります。
これは、単に私自身を心理的に追い込むばかりが目的ではなく、事実私に対する世論や少なくとも関係者を誤らせ私に対して酷く誤った認識を植え付け、反感・批判どころか『激しい憎しみ』や『完璧な軽蔑』を止むこと無く執拗に植え付けて来られている状態です。実に、私も、書き込みが実際にどれだけが知人自身のものか見極めがつき難いので、「もしこれが本当に〇〇の本心なら…」という『猶予付き』で読んだとしても、それだけでかつてあった信頼関係や相互に育んで来た筈の敬意や思いやり等を大方破壊し出すに十分であったりします。常に側に居る相手なら余り差し障りは無いかも知れませんが…。


深く読まない一般読者は、一部分を摘み食いして乱暴な内容の発言をする事もあります。例えば、決められた条件の人以外には書き込みを許可していない掲示板等がありますが、そこで理不尽な書き込みが幾ら増えても、対象人物は何も発言させて貰えずに無言で苦しみます。そうした場所で見つけた事を、理解無く非難に乗じ、あたかも対象が『いつでも』『常習犯的に』『性(悪)癖として』そのような事を行う人物であるかの様に思い込み、各所で非難を喚起する者が現れ、二重三重の被害が与えられる事も珍しくありません。

そうした被害を踏み台にした
『アクセス数稼ぎ』

『書き込み数稼ぎ』
が、常に起こっているという事でしょうか―?


私は、そうした『荒らし』や『なりすまし』、ステマの起こっている場所をいちいち全て見つける事は出来ません。



「スルー」を試して慣れていた矢先、それとは裏腹に、関係者達は「荒らし」に騙され、私に対して多くの勘違いを抱いたり、納得し難い行き違いも多々生じてきていましたから、逆に何故皆お互いにこんなに簡単に騙され、匿名にも関わらず荒らしに対しては特定してしまったヤリ合いが始まるのか、逆に不思議な位です。




[結]無し記事になります。
(他にもやる事があるので落ち着かないです)。

追記か新しい記事として[結]を完成させるかもしれません。  
9月27日09:20-ish=minor改訂あり]

かしこ。
スポンサーサイト



編集 / 2012.09.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego