FC2ブログ
『流出(?)』にも関わらず…?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》
[Original Posted on 2013-09-21 19:50:18]


  先日の記事で既に触れた通りです。 『コテハン(?)』等による書き込みが流出/開示されたというニュースが広まっていました。

それは本当にあった事なのでしょうか???

  私は、それに依って、
・私に成り済まして私自身が感じても思ってもいない事、書く気もあるわけの無い事等々を、あたかも私であるかの様な勘違いを読者に勘繰らせる意図をもってなされた書き込み、
・私が書きそうだと思われ兼ねない内容を悪意の感情や嫌な感性で書いたり、
・また変な(ウザい)タイミングや異常に浮いたタイミング等で書き込み、それらが私ではないかと勘違いしてしまった読者が私を浮いたおかしな人や変な感性の人だと感じさせる事に依って、私が実際の私の人柄とはかけ離れた、変な人物だと思わせたり悪意を抱かせる、
等々も、開示に依って解決するのだろう、と、つい期待をし続けて来たにも関わらず、全くその様な気配も無いどころか、寧ろ逆に不審な対応の悪化までが続出して経験してまいりました。

  また、以前から何度となくはっきり書いておりますが、私は所謂トリップも良く機能等を知りません。ところが、何度書いても、あたかも私がそういうものを使って書いていた(いる)と思い込まれているフシが有ります。が、私は、持っておりません。という事から、当然誰しもが疑うのは、私という事で誰かがトリップ等を作り、書き込みをしていた、または私のIPによるか、私のクレジットカードには決済がされていないにも関わらず、私のクレジットカードによってそうした活動をすることが可能なのか、システムが良く解らないですが、しかもIPやクレジットカードとトリップ等々と開示との関係も良く解りませんが、方法が何であれ、私の個人名に依って書き込みが出る結果になる方法で「何かをされて」しまって居る可能性を考えさせられます。開示内容にアクセス出来ず調べられずにおりますが、『流出/開示』によって私の成り済ましがはっきりさらされて貰え、解決する代わりに、むしろ、それどころか逆に、私という形で誰かの書き込みが私に擦り付けられていないだろうか、であるなら、解決の代わりに対応の悪化はあり得る訳です。

  それでは冤罪です。
  しかし、未だ証拠も揃えられずにいますし、第一知りもしないトリップ云々の固定の利用者の個人情報の流出自体自分に関係がないのもあって面倒くさい作業だけにもう殆ど忘れていましたが、人との会話等の節々から、私自身に全く心当たりが無いにも拘らず、突如関係が悪化したり、相手がいきなり不愉快になってしまっていた、などが未だしばしば起こるため、その原因の可能性の一つとして、やはり成り済ましによるインターネット上の書き込みや、メールその他の成り済ましをわたしによるメッセージと取り違えられた可能性を考えるのも妥当ですので、である限り、それは重大な問題です。一方、トリップ等を使っている面々は相変わらず何事も無かったかの様に続けて居ます…。
  こうした(上記の様な)辛い経験は、しかし、何もしていない私には未だに続いて起こって居ます。
  もし、そうした書込みやメールなどに付いて私を疑っていたり、又は調査し、開示する立場の方々側は、真摯に何時でも私のような立場に置かれた者の為の問い合わせを受けられる様な窓口があって良いとも思います。
  徹底的に調べて欲しいです。

  また、本当に上記の様な形で、私なりのID盗用によって何かがこの『流出/開示』されたのであれば、今回の流出云々によってそれを私に提出出来るようになったわけですので、どなたか、その証拠になるプリントなりを、どうか、私に突き付けてはくれないでしょうか?
  それまでは良かった間柄の人物の急な態度や感情的な面での豹変、公共・地域生活上の接点での不審な、また、不自然な対応、などの原因が、例えばこうした書き込みやメールなどに拠る成り済ましは、それらが私によるものであると確信するからには、私自身に付きつけるそうした証拠は、私にとっても、証拠として助かります。 また、メールや書き込みの場合、それらが私であると確信で来る形態であるのなら、余計私に隠す必要もありません。

  少なくともまずはっきり解って頂きたのは、私は、トリップなどは持ってもいないし、そこまでインターネットにアクセスしていませんし、第一、何度も書いて来ている通り、私がブログを始めたのは2010年の4月で、その後某有名ブログの方から正式な某掲示板へのアクセスの仕方、と言うか、そこの入り口にあたるサイトアドレスを教えていただき、それを打って初めてあの莫大なリストを見て驚き、自分で初めて書いてみたのが、その年の秋ころではなかったかと思います(携帯で少し書いてみたところ、すぐに載ってしまったのでこれは恐ろしい機能だと実感し、二つ目の書き込みが確か「掲示板は恐ろしい!」だったのです)が、すべて正確に開示される日にはっきりしますが)。それ以前には書いてもいませんので、もし、何かあったのでしたら、どんな些細な書き込みでもよいですし、必ずしもネガティヴな書き込みとは言えないものにしろ、私として書かれたものなどがありましたら、どんなものでもよいので、それらを突き付けてくださいませんか?上記以前には『何も』書き込んでなどいません。第一、2009年位以前は、殆ど日本語サイトを見ていません。 私が初めて自分のPCをもち、初めてインターネットを使用し始めたのが英国での事なので、帰国後も日本語のフォルダー名や説明や契約書なども面倒くさく、まして誰からも掲示板云々やブログなど話していなかったので、わざわざ何かをしようとは思ってもみませんでした。使った事のある主なサイトは三越で遅れたお歳暮を一度だけ注文したのと、YahooAuctionで買ったくらいです。それも一時的なもので、後は殆ど全て海外の英語サイトばかりです。掲示板云々も知りませんでしたし、海外中もチャットだけは一切関わりませんでした。それ位見えない解らない名前もはっきりしない相手とペチャクチャするのは嫌なのです。ですから、2010年秋頃以前で、日本サイトで何かがあった場合、それは私ではありませんので、どうぞ突き付けて下さい。Amazonですら、わざわざ全部UK,USA,Canada,...その他で仕入れ、JPを避けていた位、英語頭の保持に必死でいましたので、amazon日本すら割と最近で、しかも、ブログを作ろうかと思い立った2010年までは、ホームページとブログと掲示板となんだかんだと、カンダカンダの区別すらよく判らないままで居ました。
  私を名乗ったりそう思い込ませる意図のある他の方法などで、何でも良いので、何かがあった場合は、どうかどんな形でも良いので、―身を守るのであれば匿名で郵送して下さっても良いですので、悪戯でなく― 知らせて下さい。2010年4月以前にあったものは、tokeisoさんのjugemのコメントで、『名有のポーピ』としてお相手頂き、知識の豊富な方で面白かったのでコメントが増え過ぎ、失礼になる前にそろそろ自分の場所をもって好きなだけ書けるようにするかな、と、兼ねてからの件の投稿を始め、教会探しもしたく、乗り出したのです。 jugemのtoekisoはもう無いですが。一部、過去記事に間に合い転載出来たと思うので、探せば私の過去記事に一部ありますね。)
  ...ところで、あの中のとあるカタカナで濁点も半濁点もない二文字で、頭の良い女性がいますが、私と勘違いされ兼ねない位似た様な考え方をする事や、自分でもありがちな態度での書き込みも時折見受けるのですが、あれは私ではありません。(まあ、クルクルパーと取り違えられるよりはましですし、余り嫌いな方の方でもないので)すが、私は何度もはっきりトリップ等を持っていないと言ったら、そういう意味です(!)。 (トリップと固定の詳しい違いや関連は分かっていない気もしますが、名前欄があり、過去に、必要に応じて(長文が拒否された際)、『その一』『その二...』と分けた経験があった事があります。『名有り...』を加えて2度ほど書いたことがありました。 とにかく、何度も言うようですが、見えない匿名の相手とやり取り、というはっきりしないものは大嫌いですので、基本的に、書いていません。 これら全ては、全部の全部が公開されれば総て解る筈なのですが…。)信じない、その頑迷な自己投影的な不信(『嘘』という確信)が、失礼極まりないですね。 トリップ等々は無いと私は言っているならそうなのです。
  それ等が私だと思い込んでいるだけであれば、根拠もない単なる頑迷な決めつけです。が、もっと酷い事に、つまり例えば私の個人情報と一緒に『流出/開示』された、などという深刻な事になってはいないのですか?

  であれば、直のこと、どうか、私に突き付けに来て下さい。

  こうしてブログに公開いたしましたので、何らかの方法でどうか私にコンタクトを取って下さい。

お願い申し上げます。


スポンサーサイト



編集 / 2013.10.02 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego