FC2ブログ
1930年代のドイツがユダヤ人をどの様に釣っていたのか?
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《政治・社会/歴史・陰謀説》
   それでは、当時、ヒトラー政権下のドイツは一体「どの様にしてユダヤ人を「釣って」いたのか? 警察は、ユダヤ人である、という理由では捕まえて収容所へ連れて行く訳にもいかなかったのだが、『ユダヤ釣り(?)』(と訳すの??)という方法がはやったらしいです。ね。 計画的に、ユダヤ人だと知られているものに対して執拗な嫌がらせなどを行うことによって心理的に追い詰め、ギャフンと言わせ、その部分を、自分たちがしてきていたことから切り離し、悪意な内容に摩り替えて報告することによって、警察に引き渡すなどしていたらしい。[ 集団ストーカー(="Gang Stalking")と同様の例を近い過去の歴史から拾っていた方の資料から。] 
   さらに、集団ストーカー/Gang Stalking)と同様の方法が見られたのが、近い過去においてはKKKが有色人種などに対して取られた手法...
   そして、ご存知のCoIntelPro(、というか、そこから学んだ手法)に於いては、対象が人種など、客観的に判るカテゴリーではない点は、上記二件との違いですが、それだけ、対象やその関係者への波及傾向と執念も上記と異なり、次世代などに対しても続いているのが特徴のようです。これは、権力や地位などに就く立場の個人などによる、ごく個人的な理由から来る特定個人に対する脅威など、より客観的な正当性に欠いているにつけ、より原因の追跡が困難になるか、そうするかの理由で、終結が困難になっているからではないでしょうか?
 

 
[p.14]

"  Similar methods of attack have been identified with extremist
organizations.  One example is the KKK in America that is
known to have used covert warfare against American Africans.
   Some say they started and refined the practice, dating its
inception back to the early '90s.   Evidence exists that suggests
the methods were in use way before this time.  The American
FBI's COINTELPRO program, set up to keep perceived threats
in society in line, more especially communists and American
Africans, targeting those who were considered ringleaders,
even if potentially so, uitlized the same methods to isolate,
break, then eliminate not only perceived threats, but the
remotest of potential for their creation.  This program was so
deep reaching it would take into account heredity, so that the
direct descendants of those who had reacted to the system in
certain ways were prone to be harassed, prevented from
succeeding in life, or incapacitated in other ways, even when
these individuals were not in the know of what their ancestors
had done; only because such a link was seen to make them
potential risks."
 
    さらに歴史を遡ると、一般的に知られているところの、中世ヨーロッパが、都合の悪い人物などを魔女と称して魔女狩りにしていた際の捕らえ方も同じく、マッチポンプ(=False Flag Ope.)で単なる個人をひき渡していた例。
 
(編集中、∴以下一時的に削除)
 

  ただ違うのは、明らかに巻き込んだスケール、最初の動機がみみっちい私怨でも起こしうるようになった、等々、インターネットによって、思うに、嘘をつき大勢を騙し易くなっているでしょうし(匿名性、間接的過ぎるなど)(私は作っていないのですがFACEBOOKなどでは、他人の写真を使ってまでしているケースもあるらしいです。)(万が一、FACEBOOKに私と思われるものがあったなら、どうか調査してください。私はまだFACEBOOKを持っていません。一度も作っておりません。以前は、自分の名前で-姓も日本人で、名前もスペルがそう多くないにも関わらず、東南アジアに、太目の女の子で、信じられないファッションをまとい、ものすごいお化粧でして、説明も一部私とダブる部分を含め、その他の部分は逆にとても私なら耐えられない内容の自己紹介のFACEBOOKがあり、ショックでTwitterでだったか、「わたしはFACEBOOKを作っていません(英語で)」と慌てて書いておいたことがあります。)(その人物を説明した際に、海外の一部の方には、日本人が東南アジア人に対して人種差別的に見下していると誤解されて消した記憶があります)[←余談]、また、FBIやCIAなどの手法や研究室のものが一般に使われる頻度など、まさに基地外に刃物になってしまっていること、ーそれというのも、知られているように、そうした機器などが間違った手に回ってしまった、そして、全ての部署に間違ったものたちが入ってしまった(Infiltrated)、...

  他に聞くのが、本当に、実際、最古パスなどを中心に選んで巻き込んでいるらしいという点でしょう。
それ以外で一番数の多いカテゴリーは、一般的な集合らしく、弱みを握られる(それなりの規模のマッチポンプを人知れず既にやられている可能性がありますね。)などなんでしょうが、要素がかなりあり過ぎてここだけで簡単に流したくないので割愛します。

 

スポンサーサイト



編集 / 2014.01.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego