FC2ブログ
[校正]私へのメールコンタクト方法について
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

[校正@28日  07:00-ish]







  皆さん、お変わり御座いませんか?

ところで、いきなりですが、今朝起きざまに「まさか?」とハッとさせられた事があり、今、どうしても記事にしておくべきかと思い立ち、わざわざPCの電源を入れに来ました。

それは何かというと、

私のブログを尋ねた方々の中で、
私に(Plug Inに備えてあるアドレスを使って)メールを下さった方はおられますか?

私には、個人からは一切届いておりません。

以前、ある人物がこのメールアカウントを使って私に成り済まし、ある知人に成りすましメールを出した形跡がありましたが...

何人かの方々からも、「返事をしない」、という批判を仄めかされたこともあります。

その他全ては書けませんが、

まさか、私のメールアカウントを利用して、Plug Inに出してある私のYahooアカウントには反映されない形で、(一部を抜き取ってやり取りをするなど?)可能なのでしょうか?


これらは質問です。



とにかく、

私自身は、どなたからも、個人的なメールは受け取れておりませんので、ここ数年はメールのやり取りはなくなってしまっております。
数年前?に、、数度Teacupの方二人と一度づつメールを受けることが出来た頃が最後です。
[2014年01月31日 13:36追記:ですが、ネット上でのやり取りは、一切した事は御座いませんし、しておりません(!)。]



そこで、

どうか、
以前私と名乗る者とメールのやり取りがあった方を含め、
もう一度、その者に、
「やり取りが(私)本人であったなら、メールではなく、
電話、郵便、または、直接会うなどの方法で、(私本人)であったことを確認したい」、と
要求していただけませんか?


私のメールはもとより、どうせネットも張り付かれていると同然のようで、安全でもありませんし、
『成り済まし』や『嘘』の簡単な、『Internetで』はなく、ここではっきり書いて居ります通り上記のような方法で確認を
要求して下さいませんか?。

このブログ主が誰かは調べれば判ります。

「返事をしない」と批判を表現した方々は、皆、英語圏の方々でした。

その他にも、こちらの思い当たる節のない「対応の変化」やその他、判らない理由での嫌がらせの勃発も頻繁でしたし、それは振り返れば、私の口癖のようにもなってしまっている位で、頻繁に訴えているところのものです。
口癖のような「思い当たる節がないんだよね...」も、動機のはっきりしないタイミングが多かったのも、皆関係があるかも知れませんね。



再度、お願いしたいと思います。:

以前私と思った上でメール・コンタクトをとった方々は、どうか、もう一度、私と名乗るその者に、
電話(転送工作無しの前提)、もしくは、郵便(転送工作無しの前提)、(一番良いのが、この住所で会うのが一番なのでしょうが)、確認お願い致します。

第三者の(ここでは「私の」)陰口の場合、一番良いのは、そのものを私の前でそれを復唱させるのが良いのでしょうけど、

私本人は、喜んで直接私にそのメールのプリントでも何でも受け取りたいところですので、突きつけるなどして下さい。

その者が、他の方法でのコンタクトを拒絶したなら、
その者が誰であったのか、確認、調査お願いいたします。

当面は、Yahoo以外でこういったところに使えるメールを用意して居られませんので、
少なくとも、それまでの間は、
...もしどうしてもPlugInのメールアカウント:
oil8of8joy-wsheep@yahoo.co.jpを使いたい方々は...、
是非、積極的に送信し、確認の電話その他の方法を要求するなり、
其の他、どんな方法でも、
皆さんが人物ID確認に出来ると思った方法を要求していて下さい。

私本人に届いた場合は、それ以前に何があったのか、同じアドレスなどからやり取りがあったのか、など、お教えください。

私本人は、一度も、上記のように、何一つ個人的なメールは受け取れて降りませんし、
しかも、何年も前までには頻繁にあったコンタクト(向こうに居た頃からずっと続いていた関係など)も、ある時期を境に、一度にどこからも返事が来なくなるわ、拒絶されて送り返されるわで、一気に途絶えてしまい、ずっとメールは使っていないも同然の状態になっております。

犯罪のような損害を生じる方法でなく、正当で真っ直ぐでさえあれば、私の示唆した方法に捕われる事無く、どんな方法でも
どうぞ、そのものが誰であったのか、確認お願い致します。

私の方は、個人からの私宛の(スパムのことではない)受け取っておりませんし、スパム内にも届いておりません。

また、ついでにはっきり申し上げますと、というか、既に過去記事に書いてきていることですが、どなたのサイトでもやり取りがあったのは以前の2010年の記事に出した通りの方々と、その関連の『◎◎しに良くある...』の方へfc2でのIDでたまに書き、お返事を戴いておりましたが、それ以外で2010年に数件コメントを出してみましたが、ほとんどすべてが、リンチ的反応をされたり、返答もしてくれなかったので、もうどこにも書いておりません。
にも関わらず、極最近まで、「いちいち返事をするな」、等といった忠告まで受けて来ていて、不審に思う件があるのですが、

まさか、どこかで、私に成り済まして、または、成り済まし犯人自身の自演で、私と称していちいちどこかでヤリ合っていることにされているのですか???

どうか、そういったサイトを教えて下さい(!)
私をそういったサイトへ連れて行ってください。

成り済ましサイトなど、検索しようにも何で検索すれば良いのか判らずに居ますし、実は、面倒くさいのですが、見たくもないという気もしますし、とりあえず、簡単に見つける方法が判りませんので、教えて下さい。


 

上記のYahooアドレスだけでなく、どのアドレスでもですが、私が使っているアカウント以外で(私の知りもしないメールアカウントで)私に成り済ましてるのであれば、私に、それらもどうか知らせては下さいませんか?


待ちしております。

スポンサーサイト



編集 / 2014.01.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego