FC2ブログ
【お知らせ】今、2010年11月15日のとある記事を『改訂』しました
カテゴリ: ◇Misc.
今、読み返したわだくすの過去記事

『 幾つかプリントに成功しました!けど~ 』 (2010年11月15日の記事)

を読んで、その凄い文章に自分でショックを受けたのでただ今改定いたしました事をお知らせ致します。



【 ↓ 2014年05月11日 09:15: 書き直し部分を下に複製いたしました。 ↓ 】

「  PCを何度もフリーズされながらも、夕べから今朝にかけて重要と思われたページのプリントは成功いたしました。
  プリントには成功したとはいえ、その内容たるや、実に唖然とさせられております。本当に呆れる位酷い事が書かれているものなのですね。
いちいち考えるのも時間の無駄にさえ感じてはいるものの、あえて言わせて貰うならば、一体何故、これ程多くの人達が、事実確認もする訳でもなく、理性も知性も疑いたくなる程、いとも簡単に悪意な者達の思いのままになってしまっているのか、という点です。
インターネット上では表現がとても酷くなるものなのでしょうが、それにしてもその破壊性たるや、驚かされるばかりです。
  中でも、旧友や遠い以前からの知人達まで引き込みましたよね。 また、実際に私と出会って、直接顔を合わせている方々でさえ、作って刷り込まれたその凄いイメージが余りにも強烈過ぎるのか、通常の自然体での判断力や認識力を奪い尽すほどです。それは悪意の者達によって『騙され』ての事ですか? 或いは、何らかの『誘惑』によって欲に付け込む方法でしょうか? または、『脅迫』を利用するものなのでしょうか? 手法を知りたいところです。 
  実は、以前、あるネットを通して知り合った方が、こちらまで来られる機会があるため、他のコンタクトの方々と共にお会いする事になりました。ところが、その日程等の打ち合わせの真っ只中に、いきなりとても不自然に音信普通となり、困っていたところ、数日経過後に、確たる理由もなくいきなり私とは会わない、とキャンセルになったのです。とても不審に思わされる一件でした。 
  即座に思ったのは、これは、矢張り他の件同様に、ターゲットの孤立化のための一端として暗躍する何者かの手が加わっからでは?、という疑惑でした。 それと言うのも、孤立化をさせる必要がある理由といえば、ターゲットの実際の人間性が他の誰にも知られては困るものがいる、ということであり、そうした者の手が回る、ということです。そもそも孤立化させたくてならない理由は、流布させている風評と余りにも矛盾する事実が知れて行ってしまい、社会的抹殺を不可能にされたくないからです。(今また、PCへの悪戯が入りました)暗躍する工作員側としては、何としても、私の実際の人柄は知れてはならないわけでしょう。 ですから、ターゲットに常に張り付いている工作員は、こちらの作ろうとしている新たなコンタクトは見落とさず網羅し、手を回して来ているのです。 私が知り合う方々との最初の『第一回目』は、普通誰でもとても良い人達であるのが普通で、そこから徐々に人間関係がてて行くのが普通なのに、今回のこの集団ストーカー(?)(名称はまちまち)に絡まれて以来(また、PCの遠隔操作によると思われる悪戯で、モニターの照明度がパチパチと変えられるなど起こっています。)、私が触れるところ(人やグループなど)は総て、『二度目』、或いは三度目のコンタクトのあたりから、明らかに相手側に手が回ってしまったと判る明らかなネガティヴな態度の変化、かなり露骨で、ほぼ残酷な意地悪に相当する嫌がらせに発展してる事すら多くなり、「まただ!」「ココにも手が回ってしまった...」と思わざるを得ない急変に見舞われる、その繰り返しばかりになってしまっています。 そして、この件も、同様のものだと感じたわけです。誰も、直接ターゲットと誠実に関係を気付いて貰われては困る何者かの暗躍があります。 」


スポンサーサイト



編集 / 2014.05.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego