FC2ブログ
情報挿入工作が如何に簡単かsigh
カテゴリ: ◇CoIntelPro:《被害報告&その他不審事項》

コインテルプロの常套手段と言われている、ターゲットの生活圏へデマ情報を流す/挿入して、ターゲットの風評被害や生活の霍乱を起こし、徐々に社会的抹殺へ追い込もうとする、というのは、実際に可なり簡単に行われるものの様だ。 こうして、ターゲットを取り巻く領域全てに「激しい内容のデマ情報を溢れ返らせる」のも、「ほんの些細な内容で周辺を操作する」のも、さほどの労力の違いは無いかも知れない。 昨今も行われていた『或る工作』に気付いて、各所に問い合わせ、誠意を持って対応して貰えたから良かったものの、以前の様に、デマ情報が『氾濫』し、しかも問い合わせには対応されない様にまでされて居たなら、当然、何年もに渡り経験した様な、日常生活不可能ギリギリまで追い詰められる状態で支障をきたすのは、いとも簡単に行われるものの様だ。振り返ると納得行く事が多い。

一住民であり、顧客、又は、クライアントとしての日常生活圏内に、言っても願っても居ない「要望/注文/クレーム…」がさりげなく流され、受け手がそれに従って接して来る事から生じる問題/行き違い等は、相手方のアクセスする情報へスルリと挿入される事により、簡単に成し遂げられてしまっている。また、関係した人物からは、一体何処からそのデマ情報が挿入されたかに遡るのは、簡単ではないの「かも」知れない…。
今回のは、内容もシンプルで害も大きくなかった、或いはそうなる前に下火になりそうなので、逆に良いサンプルであり、他の被害者の方々宛てに、記事に致します。また、隠蔽や復讐を危惧しての側面もあります。:

どうやら、少なくとも去年の秋位からされて居た可能性があるが、最近やっと気付いたので、慌てた。

我が家に用があって来る車輌が、「どれも」我が家の周りに(うちの前等)駐車していないのだ。
気が付くと、皆、我が家から出て、ほぼ全てが特定方向へ姿を消して行く。 気がつく度に確認すると、そんな際は、わざわざ離れているのに必ず決まったお宅の前まで、家を通過して駐車しているのです(ちなみに、関係あるかは知りませんが、気付いた限りどちらもかの特定宗教団体宅。-と、書いたら、今車が噴かして襲来した。)

そこで、幾つかのところへ問い合わせ、次の主旨で聞いてもらった:
「やっと気がついたのだが、車は一体何処に止めてますか?うちの前でないようだが… 最近、お宅に限らず、どこでもこうする様になってきたので、不審に思って、都度尋ねさせて貰っているところだ、が、我が家では、一度もその様な他者迷惑になるような奇妙な要求は一切していませんので、もし、うちでそうする様に要望した事になっている様なら、是非、そうなったいきさつ等調査して教えて貰いたい。
今後、変だなという内容の指示があり、気が付いたなら、それが本当にお客さんからの要望/指示/クレームetc.かを、直接確認して貰えると、助かる。」
一部から、説明を受ける事が出来た。 既に退社している某氏が、車輌の担当宛てにメモを残したか何かで、我が家への注意として、必ず「少し離れたところで駐車してくれ」との事だったらしい。 そのメモの写しは、折り返しの返答で、「どうやら口頭だったかも知れず」どうしてそうする様になったかは、はっきりしないらしい。ただ、他の方がそのお宅前に停めて家に出入りしたのを目撃したので、「少し離れたところで」が、その辺となった、との事。 (とはいえ、荷物の出し入れに大変なのに、常に特定宅前で無くても良いのだ。しかも、その方だけに限らず、ほぼ「全て」が、このパターンを取り始めた訳です。
以前から露骨に集ストチックな●●ね●〇〇トは、また別の◎科宅前に停めてますが、アレもアレもコレも、同じく家を通過し、特定宅前に停め始めていました。
恐らく、同様に、うちに来る際は、『ソコ』に車を停める様に、とかの「指示」が何処からとなく、我が家が注文したかの様な思い込みで流れていく形で工作されて居たと思われます。

実は、その秋口に、その車輌が停まるお宅へ来ていた工事作業員のトラックが、ガラリと空いている中、我が家の車庫前めがけて来て、そのまま車庫前に駐車されたので、丁度ゴミ出しに出たタイミングのお陰で、「車庫前はなるべくあけて欲しい、」と、頼んだ。「我が家の用ではない人物が車庫前に停めると、いざという時に車庫前を空けて貰えなくなる可能性」を説明して頼んだ。
ゴミ出しの引き返し時には、出ていた家主に(昔から良く知っているので)そちらがいっぱいになったら、家の周りまで来てもいいけど、と、説明して置いた。( … 連れの親方風の方も、気持ち良くどうもありがとうとか言っていたなぁー…)

当然乍ら、我が家では一切家を空けて他のお宅めがけて駐車させてはいなかった。


先の、説明の様に、工作が入り、さりげなくターゲットの注文の様に、デマは挿入され、簡単にそのデマ通りに流れて行く、というやり方でしょう。

スポンサーサイト



編集 / 2012.02.02 / コメント:: 0 / トラックバック:: - / PageTop↑
コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
Profile

mixedtribes(佐々木)

Author:mixedtribes(佐々木)
―可なり執拗な『成り済まし』被害に遭って来ています。どうか、私と名乗る者やそうと臭わせる『変な』通信があった場合は、精密なご調査をお願いいたします。―
 『逆カルチャーショック/Reverse Culture Shock』(=正式名)に重ねられて始まった、
CoIntelPro等とも呼ばれるこの「集団・組織的ストーカー」等への対策用にBLOGを始めました。
 帰国後、家に辿り付いて以来、北海道から一際出ていません。 私自身は一切『街宣』等に参加した事は御座いません。 街宣での自己紹介の中で、私のブログの事では?と連想させるような説明を取り入れることで、まるでその人物が私ではないか、と思い込ませ人違いを促す『成り済まし(風)』にご注意下さい。
 成り済ましが、私の肖像を盗んでやっていた可能性があります。ご注意ください。以前出した事のある子どもの頃の写真を再度以下に貼っておきます。そこにあるのは私の大切な両親ですので、この写真を自分だと偽るために盗用したとすれば、私の大切な両親までをも、自分のだと偽ったことになり、許し難いです。
 太かった事は一度もないです。細くもなく、筋肉質でもありませんが、これらが良い悪い、と言っているのではなく、成り済ましと取り違えられて居たくないため、明確にしています。背は小さいです(が、何故か昔から長身なような印象を持たれがちらしいです)。髪は13―4年、後ろで束ねた長髪で,常に(40年間)前髪があります。
 私は一人っ子です。A型でもB型でもありません。両親は科学者で、ビジネスにも関係なく、また、一切の宗教やましてやカルト・新興宗教とは関連を持っておりません。
私自身が12歳でいきなりキリスト教信仰を持ちました。
 西野のへの字屋根の一軒家の住人で、車は青いスバルです。ここにある写真は私の子供時代のものです。成り済ましが盗用して、自分のだと言っていた可能性があります。ご注意ください。上の四枚は父の要望でこのテーブル付き椅子の上で恰好を付けて学究中ゴッコをしているもの。
 
成り済ましがこのブログを自分のものだと言っている可能性があったので、ここまで公開致します。

[注意]:
大変残念ながら教会には通っていません。また道や人の家への訪問伝道や勧誘は、私の信ずるところと少し意味が違うので、しているのであれば、それはこのブログ主である私ではありません。万が一そのようなものが居り、私のブログを自分のものででもあるかのように言う者が居ましたら、この部分を読ませ、追求しておいてください。ご注意下さい。私に知らせて下さり、少なくとも警察にもご通報お願い致します。
  人が伝道することを批判しているのではなく、しているのは私ではありませんので、騙されないようにして頂きたいと思い書いて居ます。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍紹介
復活(!):本の紹介
*
❖このブログで取り上げたことのある書籍の一部をご紹介します。 ❖表紙デザインはPemberとG.LeBon以外は手持ちと同じ版を出しています。 ❖E.Hunter,H.Popov,HislopとW.Cooper著の画像は 過去に自分で手持ちをスキャンし記事に出したものです。 ❖自分のPemberとLeBonは初版かそれに近いアンチックなので、 代表的に流通している画像を使って紹介します。
*
the two babylon in search for the manchEd Hunter pic2Haralan Popov pic2 LuciferEffect W.Cooper Bc pic1
Search form
The list of Amazon items [sort by catego